★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 546.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
藤野保史政策委員長辞任会見・詳報「人を殺す予算」は誤り 党の方針と異なる(産経)
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/546.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2016 年 6 月 29 日 05:51:38: 8rnauVNerwl2s ie@I9ZTUjYY0MTUzlNQ
 

共産どうしたの?
やっぱり共産主義が殺人装置だと認めたの?


産経から
http://www.sankei.com/premium/news/160629/prm1606290006-n1.html


共産党の藤野保史政策委員長は28日夜、党本部で緊急の記者会見を行い、NHK番組で防衛費について「人を殺すための予算」と発言した責任を取り、政策委員長を辞任した。政策委員長を兼務することになった小池晃書記局長も同席した記者会見の詳報は次の通り。

 藤野氏「まず私からコメントを読む。NHK討論で、軍事費について『人を殺すための予算』と述べたことについて、多くの方々から厳しい批判をいただいた。この発言は、わが党の方針と異なる誤った発言で、結果として自衛隊の皆さんを傷つけるものともなってしまった。深く反省し、国民の皆さんに心からおわび申し上げる」

 「あわせて選挙をともに戦っている野党共闘の関係者の皆さん、支持者と党員の皆さんに多大なご迷惑をおかけしたことをおわびする。発言は撤回したが、党の方針と異なる発言をしたことは政策委員会の責任者として極めて重大であり、責任をとってこの職を辞したいと考える」

 小池氏「藤野さんの深い反省と辞任の申し出を尊重して、本日、常任幹部会として藤野政策委員長の職を解くことを決めた。合わせて当面私が政策委員長の代行を務めることも決めた。党としても国民の皆さんに心からおわびを申し上げる」

 −−藤野氏は今日、辞表を提出したのか

 藤野氏「今朝、指導部に辞任を申し入れた」

 小池氏「常幹については今日、選挙中なので持ち回りの形で」

 −−指導部というのは志位和夫委員長だけなのか。小池氏の代行とは

 藤野氏「私から志位委員長に辞任を申し入れた」

 小池氏「代行というのはまさに代行だ。当面、兼任をする」

 −−党本部に来た抗議の数は

 藤野氏「具体的な数は把握していないが、かなり多数の電話やメールが寄せられた。多くは批判だ」

 −−藤野氏の発言をめぐっては、志位委員長が「注意をした」「解決済みだ」と言っていたが

 藤野氏「注意を受けて、自分でさらに考えて、その後のさまざまな批判もあったので、自分で判断した」

 −−今回の発言が参院選に与える影響については

 藤野氏「ともに戦っている野党共闘の関係者の皆さんにも大変なご迷惑をかけたと思っている。また、支持者や党の皆さんにも本当に申し訳ない影響を与えたと思っている。それが今回の判断につながった」

 −−26日のNHK番組では、他党の方から「撤回した方がいいのではないか」という指摘もあった中、沈黙していた。重大だという認識に至ったのはなぜか

 藤野氏「その場で撤回すべきだったと思っている。党の方針と全く異なる発言なので、その場で撤回すべきだった。それができなかったことを含めて責任を感じて、政策委員長を辞する判断をした」

 −−そもそもどうしてあのような発言をしたのか

 藤野氏「私たちは5兆円を超える軍事費全てが問題だということではなく、海外派兵用の予算を削って暮らしに回せという主張をしている。軍事費の全部を削れとは言っていないが、私の発言は『全部がダメだ』という趣旨になってしまった。これは党の方針と明確に異なる発言だ」

 −−藤野氏は国会議員になって長い年月ではない

 藤野氏「そういう意味では、そのことも含めて、責任を感じて今回の決断をした」

 −−政策委員長は空席か

 小池氏「政策委員長の代行をするわけだから、政策委員長は私ということになる。当面。書記局長と兼任」

 −−参院選への影響は

 小池氏「今後の参院選での戦いは頑張るしかない。その一言に尽きる」

 −−発言による影響は

 小池氏「そういったことも含めてこういった形で重い判断を受け止めて。全力を尽くして頑張るしかない」

 −−発言の内容そのものを問題視したのか。それとも参院選への影響を重視したのか。表現の仕方の問題だったという気もするが、どこが不適切だったか

 藤野氏「防衛費全体が削減の対象ではなく、そのうちの専守防衛ではないような海外派兵型の部分について削減して暮らしにまわすべきだと主張している。私の発言はそうした党の方針と全く違う趣旨になっている。中身が問題だ」

 −−批判の声があったということだが、「辞任すべきだ」というような声はあったか

 藤野氏「そういった声もあった」

 −−議員辞職は

 藤野氏「辞職も含めていろいろな意見があった」

 −−就任してからわずか2カ月。任命責任は

 小池氏「今回、こういう重い判断を受け止めて、われわれとしては辞任という決断をした。今回は本人の深い反省として辞任の決意を受け止めた」

 −−問題があったと思っているのはどこか

 藤野氏「『人を殺す』という表現を使ったことが党の方針を間違って伝えた」

 −−表現自体にも問題があったのか

 藤野氏「もちろんだ」

 −−共産党として防衛費をどうとらえているのか

 小池氏「いま藤野氏から話があった通りだが、防衛費を全てなくせ、ゼロにしろと主張したことは一度もない。海外派兵用の兵器、高い殺傷能力を持つもの、敵基地攻撃能力を持つようなものとか、あるいはオスプレイなど、日本の国土を守ることから逸脱したようなものについては削減の対象と、一貫して党の政策では求めている。共産党として削減すべき防衛費は示している。それと今回の発言は矛盾をする。党の方針と違う発言になってしまった」

 −−自衛隊の存在は明確に認め、尊重するということで謝罪をするのか

 小池氏「党の自衛隊についての見解について言うと、『違憲である』という立場は変わらない。しかし、国民の合意がない限りすぐになくすことはできない。かなりの長期にわたって自衛隊は存続することになる。万が一、その期間に急迫不正の大災害とかがあった場合は自衛隊には働いていただくというのが、わが党の立場だ。その立場には変更はないし、綱領に書かれている立場から照らしても防衛費全体を『人殺しのための予算』としてしまうのは党の立場とも異なる」

 −−急迫不正の防衛のための自衛隊の役割は明確に認めるのか

 小池氏「今は、そういう場合には、自衛隊の皆さんにも働いていただくというのは、この間、何度も申し上げている通りだ。そこは変わらない」

 −−参院選での野党共闘への影響は

 小池氏「そういうこともあるので、藤野さんもこういう決断をした。われわれとしては誠心誠意、共闘の前進のために力を尽くしたい」

 −−今まで共産党は自衛隊の解消を訴えてきた。自衛隊の方に謝罪するのは異例だと思う。自衛隊の任務に対しては党としても尊重するのか

小池氏「私どもは災害時に自衛隊が大きな役割を果たしているということはこれまでも表明してきている。立場は変わらない。一貫している」

 藤野氏「私も災害救援などで頑張っている自衛官の皆さんには心から敬意を表している」

 −−防衛に関しては

 藤野氏「そうしたさまざまな自衛隊で頑張っている方を、防衛というところを超えて、今度の安保法制で海外に送る、危険な任務を加えるということが心にあった。そうした安全保障法制をなくしていくという点については、今後も頑張らなければいけないという気持ちは変わらない」

(終わり)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月29日 06:42:58 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[282]
ところで、4153
敵のレーダーに映らない
ステルス戦闘爆撃や
遠距離への武力制圧が主目的のオスプレイ
どこが防衛兵器なのか
当然説明できるよな
それとも先制攻撃派なのか
真珠湾に行って
アメリカに大義名分を与えてしまった
先の戦争に学ばない

2. 2016年6月29日 06:46:54 : x77MXoyvl2 : w40XIxOzBhA[135]
  藤野氏が政策委員長を辞任し小池氏が代行。
 素早い対応、これはこれでいい。
 しかし「軍事費は人殺し費」はあながち間違いではない。究極的にはその通り。

3. 2016年6月29日 07:04:34 : 3fO4ayX48A : qI7tOEcDlE8[17]
たしかに、これは「共産党は変わった」ことを印象づける素早い対応だな。ここまでする(当然、辞任させたのよ、志位さんが)とはオレも思わなかった。それだけ、執行部の危機感も強かったんだろう。

古い党員には「主権国家なのだから防衛軍を持つのは当たり前」と思っている人も意外と多いから、党の士気にもそれほど影響しないんじゃないの。若い人は少し混乱するかもしれんが。

最近の日本共産党は、物事を単純化した扇動の言葉を安易に使いすぎるのよ。有権者はバカじゃないんだから、こういうしっぺ返しを食らうわけね。

で爺


4. 2016年6月29日 07:05:32 : cdbcGkQvdc : d5anAZxbEu0[2]
ネトウヨに餌を与えないでください

ネトウヨの給与は歩合制

コメント数やアクセス数に応じて増える仕組みです

あなたがコメントすればネトウヨの収入になるのです

それにしても趣旨が理解できないのに、難癖をつけようとしていますな

幸福の道は


5. 2016年6月29日 07:14:57 : 4OAG5Jdpn6 : lmN1oQvkOoY[355]
2氏の書いたとおり。

アホウの『ナチスに学べ』のほうがもっと罪深い。

>>4
なにを言う。
君らがあちこちに同様の文章をコメントして、
ネトウヨの収入に貢献しているではないか。
 


6. 知る大切さ[5319] km2C6ZHlkNiCsw 2016年6月29日 08:45:36 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[1506]
当方は無党派だが

防衛省の平成28年度「我が国の防衛と予算」

http://www.mod.go.jp/j/yosan/2016/gaisan.pdf


とか見て、先の戦争法案可決までの経緯みても

あながち言い過ぎとも思えないけどね。

でも今は選挙期間中、、、、、自公にあえて塩を贈る事は避けるのは懸命な判断。

自民党の
「ナチスに学べ」なマフィアみたいな人は何か辞任したかな?(財務大臣じゃやなかろうか?)


7. 2016年6月29日 09:11:51 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9597]
Domestic | 2016年 06月 28日 22:54 JST
共産、藤野政策委員長を更迭

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160628&t=2&i=1143220416&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016062801002219.-.-.CI0003
共産、藤野政策委員長を更迭

 共産党の藤野保史政策委員長は28日夜、党本部で記者会見し、防衛費を「人を殺すための予算」と発言したのは不適切だったとして同日付で政策委員長を辞任すると表明した。持ち回りの常任幹部会で決定した。事実上の更迭で、後任は小池晃書記局長が当面兼務する。藤野氏は「自衛隊の皆さんを傷つけてしまった。深く反省し、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 発言を巡っては、与党側が「自衛隊に対する侮辱だ」(安倍晋三首相)と厳しく批判。民進党も「関係者に不快感を与える発言」(枝野幸男幹事長)などとした。共産党の志位和夫委員長は「不適切だ」と藤野氏を注意していた。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016062801002213


8. 2016年6月29日 09:48:57 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-947]

社民党福島みずほ、公職選挙法違反指摘されダッシュ逃亡
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/464.html#c5

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示
9. 2016年6月29日 10:17:58 : WuEAqLhXIv : 2dCCimxBF5M[2]
まあTPP反対詐欺の売国奴4153ごときが日本の政治問題を語ること自体片腹痛いだけだが、それは措いて共産党がこのような謝罪をするということ自体、以前なら考えられなかった。

独善主義体質の党だけに不始末は隠し、何らかの責任を負わせて党から排除するというのがこの党の体質だったし、ゆえにそれえの反駁から反共産党告発に燃える元党員が多いのもこの党の体質ではあった。

ところがなにが悪いと開き直りも、内々で秘密裏に役を降格させていた等の粛清もやらず、こうしてマスコミの前に出てきて謝罪会見に及ぶなど、明らかに以前の共産党とは違う。

しかも志位が直々に不適切といった背景には、下手なことで言質をとられ野党共闘の足を引っ張られたらたまらないという本物の決意が見える。
これは期待して良いと俺は思う。


10. 2016年6月29日 10:26:51 : IGNoLKTk72 : AnJEBJFI91Y[212]
>>9
そういうこと。
くるくるぱよくなら、「何がおかしい!間違ってない!」って強弁するところを
個人レベルでは幕引きを図れずとも、あとから党としてけじめを取らせたのは
なかなかだと思う。バカみたいなスローガンを連呼してるだけじゃなく成長してきてるんだよ。
ディープなサヨク層は物足りないだろうけど、多数の支持を取り付けるには変わらないと
いけないって共産党の政治家は気づき始めたんだよ。これは社会党も通った道。

11. 2016年6月29日 10:29:59 : Pk2dB8Sj4U : VxCGcifLY0s[1]
国民に主権がなく人権も要らない。お上が決めた戦争に行けという自民党。人殺し政党およびそれに追随するやつらが何か言っているが、

自衛隊は日々、人を殺す訓練に励んでいる集団であることも確かだ。その人を殺す能力が防衛でなく侵略に使われることを危惧している。


12. 2016年6月29日 11:17:20 : 8rfQzL5Qyw : DnIKgZKyh_U[453]
 防衛・自衛(と言い訳しても、加害行為である可能性が十分にある)と言っても戦争は「人殺し」である。自衛隊の主任務から考えて、だれが考えてもこれは「真実」である。

 現に自民党の一部には、専守防衛論から逸脱し、先制攻撃可能論さえある。これは、適当なでっち上げ(米国のイラク侵攻など、数々の不法行為を思い出すがよい)で、相手国攻撃を可能とする考え方であり、一方的な人殺しの可能性が十分だ。また、すでに集団的自衛権の行使も可能になり、米国の手先となり、例えば中東などで人殺しを実行する可能性さへ杞憂ではなくなってきてしまった。

 それでも領土(領空・領海)内で、外国からの攻撃に対して、国民と領土を守るということに完全に限定して、自衛隊組織を運用するなら、現時点で、あえてその人殺し組織を完全に否定するつもりはない。ただし内乱や間接侵略などには警察権で対応すべきことは、当たり前で、自衛隊を使うべきではない。

 唯、長期的には「日本国憲法の戦争放棄・戦力不保持」が実現化するだろう。現在の独仏関係が、100年前には想像の範囲を超えていたことから考えて、十分にありうることと考える。

 


13. 2016年6月29日 11:55:38 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2960]
「やっぱり共産主義が殺人装置だと認めたの?」

どこをどう読めばそうなるのか? 頭がおかしいですね。

「結果として自衛隊の皆さんを傷つけるものともなってしまった。」
理由はコレですね。


14. 2016年6月29日 12:01:19 : BuEszadig6 : t_UKKwQQZZk[1]
>共産どうしたの?
 やっぱり共産主義が殺人装置だと認めたの?


お前はバカか。

『民主主義』国家アメリカは建国以来休むことなく戦争に明け暮れ、

人を殺しまくってるではないか。

原爆を落とし民間人を大虐殺したのは『民主主義』国家ではないか。

国家公務員を傷つける藤野発言と

国民を傷つける麻生発言(いつまで生きてるつもりだ)

どちらが罪が重いか。

考えるまでもない。

辞任して責任を取る共産党と

何の責任も取らない自民党。

どちらが信頼できるか国民はしっかりと判断すべきだ。



15. 2016年6月29日 12:06:06 : DkwqmygT32 : kudxFhXkmmU[2]
「軍事費(防衛費)は人を殺すための予算」というのは、ここでコメントしておられる方々もおっしゃる通り必ずしも間違っているとは言えません。ましてや「自衛隊に対する侮辱」などという事はあり得ません。しかしながら、今までの共産党ならば「発言自体は間違ってはいません」と言って処分は拒否していたでしょう。「発言には問題があった」と陳謝するというのは、やはり共産党は変わった、という事だと思います。

16. 真相の道[1097] kF6RioLMk7k 2016年6月29日 12:07:07 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[9]

> 党の方針と異なる


共産党の方針、つまり共産党の綱領では自衛隊は違憲であり解消すると明確に記載されています。

これが共産党の方針であり、「人を殺す予算」というのはホンネなのでしょう。
  
   


17. 2016年6月29日 12:25:44 : WuEAqLhXIv : 2dCCimxBF5M[8]
共産党の主張は凍結したからそれは問題の争点ではない。

自公政権の卑しさを隠しておいて、民共合作だけ非難するのはフェアではないと言っておくが、その前に真相の道は自民党に公明党が協力していることに触れたくない(触れられたくない)ようだなw
日本会議の連中も創価の悪口はたんと書くが、自公政権そのものについては与党の基礎を壊すことになりかねんので口をつぐんでるものな。

以上のように、政権を取るということは水と油が交わることも厭わない覚悟でないとできないし、政権を維持することもそれ以上に薄汚いことをせにゃあ維持できないということがよくわかったろ。

オマエの工作はそういう事情が透けて見えるんだよ。
武士の情けでこれ以上ツッコむのはやめるが、オマエもいつまでもガキみたいなことを言ってんじゃないよ。
見苦しい。


18. 2016年6月29日 12:34:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9592]
2016年6月29日(水)
藤野政策委員長がおわびし、辞任
NHK番組発言で

 日本共産党の藤野保史政策委員会責任者は28日、党本部で小池晃書記局長とともに記者会見し、26日のNHKテレビ討論会での発言について、おわびのコメントを発表するとともに、同責任者を辞任することを明らかにしました。

 その内容は次のとおりです。

 NHK討論で、軍事費について、「人を殺すための予算」と述べたことについて、多くの方々から厳しい批判をいただきました。この発言は、わが党の方針と異なる誤った発言であり、結果として自衛隊のみなさんを傷つけるものとなってしまいました。深く反省し、国民のみなさんに心からおわび申し上げます。あわせて選挙をともにたたかっている野党共闘の関係者のみなさん、支持者と党員のみなさんに、多大なご迷惑をおかけしたことをおわびいたします。

 発言は撤回しましたが、党の方針と異なる発言をしたことは、政策委員会責任者として極めて重大であり、責任をとってこの職を辞したいと考えます。
小池書記局長が政策委員会責任者を代行

 日本共産党中央委員会常任幹部会は28日、藤野保史政策委員会責任者からの申し出を受けて、藤野氏の政策委責任者の任を解き、当面小池晃書記局長が政策委員会責任者を代行することを決めました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-29/2016062901_04_1.html


19. 2016年6月29日 13:25:49 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[500]
共産党の元議員の筆坂秀世政策委員長が転向し反共陣営の札付きとして口を極めて共産党を非難し罵倒し、続けている。「共産党の政策委員長はどうも鬼門のようだ」。だから私は共産党の政策委員長なるものを全く信用していない。今回舌禍で辞任した藤野政策委員長が、先輩の筆坂元議員の道を辿らぬよう期待したい。日本共産党は昔からいわゆる裏切り者や転向者が、パラノイアか毒蛇「まむし」のように反共活動「大手メデイアの経営者や幹部含めて」にうつつをぬかしている。のが歴史的厳しい現実だ。

20. 真相の道[1099] kF6RioLMk7k 2016年6月29日 13:41:15 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[11]
  
>>17
>共産党の主張は凍結したからそれは問題の争点ではない。


いいえ、今回の選挙の極めて重要な争点ですよ。

共産党は他でも自衛隊は人殺しであり、憲法違反であり、自衛隊を解消すると断言してます。(下記)

http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/559.html


これは日本の安全保障という国政の根幹にかかわる。

自衛隊は憲法違反であるとして廃止て良いのか。

これは極めて重要な争点です。
  
  


21. 2016年6月29日 14:19:53 : ZLStq30Mq2 : P6dELjsmkC8[1]
>>21

>>17だよ

うるさいねオマエw

俺が争点じゃねえよってんだから争点じゃねえんだよ。

自公の異なる争点を与党相乗りで無いものにして誤魔化してるくせに、なにが争点です、だ。

笑わせるな。

工作やるんなら俺にミス突かれないようにもうちっと上手くやりなさい。

日本会議の工作員君。


22. 2016年6月29日 14:22:12 : ZLStq30Mq2 : P6dELjsmkC8[2]
あっ、イケネ。

>>20、間違えてスマン。

>>21>>20宛てのレスだった。

平にご容赦。


23. 真相の道[1102] kF6RioLMk7k 2016年6月29日 14:34:57 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[14]
>>21さん
>俺が争点じゃねえよってんだから争点じゃねえんだよ。

なるほど、自分の主張だけが正しくて他者の主張は間違いであると根拠もなく強制的に押し付けるわけですね。

これこそが正に共産主義者の主張です。

共産主義を目指した国家は、ことごとく独裁国家となりました。

ソ連しかり、旧東側諸国しかり、中国しかり。

日本をそのような共産主義・独裁国家にしていよいのか。

そして自衛隊を違憲だと独善的に決めつけて廃止して良いのか。

参院選の重大な争点です。
  
   


24. 2016年6月29日 15:31:51 : ZLStq30Mq2 : P6dELjsmkC8[6]
>>23
真相の日本会議君

なにを言っても自由だけど、俺は共産主義者じゃないんでそこのところだけ頼むよw


25. 2016年6月29日 16:14:14 : vW7J2lkXCo : VIWwekXlGP4[5]
自民参院候補・青山繁晴氏が公私混同で退社の過去
経費の私的流用を指摘され、共同通信を退社していた
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6307

・ペルーの乗馬クラブの利用代金
・ホテルのメモパッドに金額を書いた紙が領収書として提出されていた

結局、私的流用だと認めて、自分で辞めたのですね。お粗末な奴。


26. 2016年6月29日 19:20:57 : ZLStq30Mq2 : P6dELjsmkC8[8]
ありゃりゃ、文春も容赦ないわw


27. 2016年6月30日 05:14:26 : j9E1GKMSRQ : auGFQrqOVRA[132]
自民の森山はTPPに行く前に養鶏協会から20万円貰っていたそうだ。

養鶏協会は政府から補助金を貰っているという。

結局税金で選別を受け取ったという事になる。

宮越、西川も貰っていたという。

菅官房長官は返したから問題ないと言っている。(日刊ゲンダイ)

甘利共々問題ちゃう。

共産党が失言で政策委員長が辞めるなら、

自民党はお金を貰った森山らはどうするのだろうか。


28. 2016年6月30日 09:40:43 : fQdXBnTSzQ : eB8Q3HHL4no[23]
http://netgeek.biz/archives/76699

公選法違反発見


29. 2016年6月30日 12:35:11 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9569]
2016年6月30日(木)
藤野前政策委員長と小池書記局長の記者会見(要旨)

 日本共産党の藤野保史前政策委員長は28日夜、NHK番組(26日)での発言について記者会見をおこないました。会見には、小池晃書記局長が同席。冒頭、藤野氏が用意したコメントを読み上げ、小池氏が藤野政策委員長の解任と自身が政策委員長代行を務めることをのべ、国民のみなさんへのおわびを表明しました(29日付既報http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-29/2016062901_04_1.html)。以下、記者とのやりとりの要旨を紹介します。

 ―辞任にいたる事実関係は?

 藤野 きょう、私から志位委員長に辞任を申し出ました。党本部には、多数の電話やメールが寄せられ、多くが批判でした。委員長からも注意を受け、その後さまざまなご批判もあったので、自分で判断したということです。

 ―26日のNHK討論会では、他党の方から「発言を撤回した方がいい」との指摘もあったが。

 藤野 党の方針とまったく異なる発言ですので、その場で撤回すべきだった。それができなかったこともふくめて責任を感じていて、政策委員長を辞職するという判断をしました。

 ―どこが不適切だったか、具体的に。

 藤野 私たちは5兆円を超える軍事費すべてが問題だということではなく、いわゆる「海外派兵用の予算をけずって暮らしにまわせ」という主張をしております。ですから「軍事費の全部をけずれ」とは言っていないのですけれど、私の発言は、全部がだめだという趣旨になってしまったので、これは党の方針と明確に異なる発言です。

 また、「人を殺す(ための予算)」という表現を使ったことが、党の方針を間違って伝えることになりましたので、そうした表現を使ったこともやはり問題です。

 ―共産党として防衛費をどのようにしてとらえているのか。党の方針を説明いただきたい。

 小池 われわれは「防衛費(軍事費)をすべてなくせ、ゼロにしろ」というようなことを主張していることはいままで一度もないわけです。海外で戦争するための装備、高い殺傷能力をもつもの、敵基地攻撃能力をもつような、ステルスF35(戦闘機)とか、あるいは(垂直離着陸機)オスプレイ、無人機のグローバルホークなどなどについては、削減の対象としてきました。これは一貫して党の政策では、そういったことを求めてきています。

 共産党として削減すべき軍事費は、こういう部分だと示しておりますから、今回の発言はそれと矛盾する、まったく党の方針とちがう発言になってしまったということです。

 ―自衛隊に対する謝罪もあったが、現在の自衛隊の存在は明確に認め、尊重するということで謝罪するのか。

 小池 われわれの党の自衛隊についての見解について言うと、これは違憲であるという立場は変わりません。しかし国民の合意がない限りすぐになくすことはできないわけで、かなりの長期にわたって自衛隊が存続することになるわけです。万が一、その期間に急迫不正の侵害とか大災害があった場合は自衛隊にも働いていただくというのがわが党の立場ですから、この立場には変更ありません。これは綱領でかかげている立場なわけです。

 私どもは災害時に自衛隊が、この間、東日本大震災でもあるいは熊本の地震でも災害救援活動をおこない、非常に大きな役割を果たしていると表明してきています。その立場は変わりません。

 藤野 私も災害救援などで頑張っていらっしゃる自衛官のみなさんには心から敬意を表明します。そうした自衛隊の頑張っていらっしゃる方を防衛ということを超えて、今度の安保法制(戦争法)で海外に送る。そしていままでやらなかった危険な任務を加えるということが心にあったものですから、そうした安保法制をなくしていくという点については今後も頑張らなければいけないという気持ちは変わりません。

 ―参院選、野党共闘への影響は?

 小池 参院選については、(藤野氏の)重い決断を受け止めて、こういう処置をとったわけですから、それを踏まえて全力を尽くして頑張るしかないと思っています。(野党共闘についても)われわれとしては誠心誠意、共闘の前進のために力を尽くしたいと思います。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-30/2016063004_06_0.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ