★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 629.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自公不参加でも翁長知事が強気になれた理由〈AERA〉
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/629.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 01 日 00:03:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「慰霊の日」の朝、戦争犠牲者の名前が刻まれた「平和の礎」の前に座り込んで手を合わせる人たち。今年は新たに84人の名が加えられ、刻銘者は24万1414人になった/6月23日、沖縄県糸満市 (c)朝日新聞社


自公不参加でも翁長知事が強気になれた理由〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00000231-sasahi-pol
AERA  2016年7月4日号


「海兵隊の撤退・削減を含む基地の整理縮小、新辺野古基地建設阻止に取り組んでいく不退転の決意を表明する」

 沖縄県の翁長雄志知事は6月19日の県民大会でこうあいさつ。公式の場で米海兵隊撤退に初めて言及した。

 今回の県民大会は、翁長知事を支える社民や共産などの県政与党や企業関係者らでつくるグループが主催。自民、公明などは「海兵隊撤退」を盛り込んだ大会決議案などに反発し、参加を見送った。このため、3米兵による少女暴行事件に抗議した1995年の県民大会のような「超党派」の体制は築けなかった。一方で、主催者の政治スタンスが拡散しなかったことで、思い切った決議採択につながったとも言える。

 そこで注目されるのが、翁長知事の今後だ。これまでの知事の公約には、名護市辺野古の「新基地建設阻止」はあっても、海兵隊撤退までは求めていなかった。「全基地撤去よりは弱いが、知事の公約を超える」(県幹部)この新要求を、知事はどう扱うのか。

●海兵隊撤退は民意集約

 翁長知事は大会終了後、「海兵隊撤退の中には(中略)県民がそれぞれ持っているものが集約されている」と記者団に説明した。海兵隊撤退要求は、海兵隊が使用する普天間飛行場の代替施設となる辺野古基地建設の阻止だけでなく、自民党が掲げる「米軍基地の整理縮小」や、公明党沖縄県本部が主張する普天間飛行場の「県外・国外移設」要求とも矛盾しない。したがって、県民の総意を包含する、との認識だ。

 沖縄県議会が5月、「在沖米海兵隊の撤退」を求める初の決議を採択したことが、翁長知事のスタンスを「海兵隊撤退」に踏み切らせるきっかけになる、と本誌6月20日号で予測していた沖縄の政治アナリスト、比嘉良彦氏はこう解説する。

「県民大会に自民・公明が参加しないことを最も気にかけていたのは知事です。しかし、自公不参加でも大会の成功を確信し、自信をもって『海兵隊撤退』に言及できる、と判断したのです」

●政府は「県全体でない」

 これに対し、政府の姿勢は依然、冷淡だ。菅義偉官房長官は県民大会の翌日、自公などが参加していないことを理由に、こうコメントした。

「よく県全体(の大会)という話がされるが、それはまったく当たらない」

 ただこれは、沖縄の県民感情をまったく理解していない発言だ。

 95年の県民大会以降、日米両政府は「基地負担軽減」や「事件事故の再発防止」を繰り返し唱えてきたのに、十分な成果を上げていないことへのいら立ちを沖縄県民は広く共有する。

 また近年は、米側が再三にわたって在沖米海兵隊の撤退を検討していたことや、それが実現してこなかった要因として日本政府が引きとめていた実態が、研究者が発掘した資料で浮き彫りになっている。

 にもかかわらず、本質とはかけ離れた部分で「対抗」する姿勢では、県民の理解が得られるわけがない。

 とはいえ、県民大会については、在京メディアの扱いも大きく分かれた。ジャーナリストの大谷昭宏氏はこう指摘する。

「自公が欠席し、一部の党派が主催する、しかも参院選の公示日を目前に控えたタイミングで開かれる大会を大きく取り上げると、『公平性を担保できない』という大義名分を、私は認める気はないが一部のメディアの側に与えてしまった」

 問われているのは、政権の意向を忖度(そんたく)し、沖縄で起きている民意のうねりを過小評価する一部メディアの姿勢だ。沖縄との紐帯がかつてないほどほころんでいる今、本当に「本土」は無関心のままでよいのか。

●本土も「第二の加害者」

 県民大会の会場で一段と大きな拍手がわき起こったのは、壇上で玉城愛さんがこう訴えたときだった。

「安倍晋三さん、日本本土にお住まいの皆さん。今回の事件の第二の加害者は誰ですか? あなたたちです。しっかり沖縄に向き合っていただけませんか」

 6月22日に公示された参院選で、沖縄選挙区は、自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明推薦=と、辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄」を掲げる新顔の伊波洋一氏(64)の事実上の一騎打ちになっている。

 党中央とは異なり、辺野古移設に「反対」の姿勢を貫く公明党沖縄県本部は、自民とともに県民大会への参加は見送ったものの、大会前日には被害者を追悼し、事件に抗議する独自の1500人規模の集会を那覇市内で開催した。

 沖縄の公明党関係者はこう本音を漏らす。

「辺野古移設推進を唱えてきた島尻氏と積極的に共闘したいという沖縄の公明党関係者はほとんどいません。でも、比例区で票を伸ばすには保守系の票に分け入っていくしかないのです」

 公示翌日の「慰霊の日」に開かれた沖縄全戦没者追悼式。翁長知事は平和宣言で、辺野古移設に改めて反対を表明した上で、昨年にはなかった「米海兵隊の削減」に触れた。県主催の追悼式ということを考慮してか、県民大会のように「撤退」までは言及しなかったものの、沖縄の米軍基地面積の7割強を占める海兵隊が問題の核心であることを強くにじませた。

 一方、追悼式に参列した安倍首相は、基地負担軽減という一般論に終始し、翁長知事の要求には直接答えなかった。

 辺野古移設問題では、国地方係争処理委員会が6月17日、委員会としての判断を下さず、政府と県の話し合いによる解決を求める異例の決定をした。それに対して菅官房長官は会見で、翁長知事に提訴を促すなど、「対決」姿勢を崩していない。

 前出の比嘉氏は参院選をこう位置づける。

「選挙の勝敗はこれまでの総決算。言い訳は通じません。敗れた方はすべて終わりです」

(編集部・渡辺豪)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月01日 02:51:37 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-963]
翁長知事が強気になれた理由?

中国共産党が後ろにいるから♪

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

2. めんたいこ[134] gt@C8YK9gqKCsQ 2016年7月01日 04:09:07 : lceuzNNi08 : 1zK9uN@Xz1w[1]
>>1

  あほ

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

3. 2016年7月01日 04:37:03 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1035]
>>>1
「よく中国共産党が後ろにいるから♪という荒しがされるが、それはまったく当たらない」

4. 2016年7月01日 08:39:34 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[95]
沖縄の者です。

沖縄の基本的人権が本土に理解されつつあり
沖縄の声が大きくなっていけている実感があります

一方で、置いてきぼりにされているアイヌの人達
小さな集団を無視していいのか
それでは、かっての沖縄と同じじゃないか
基地だけが問題?
気にしだすと とても気になってきてます
歴史を繰ってみます


5. 2016年7月01日 20:05:21 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1036]
>>4
按ずる無かれ。先ず良き前例を勝ち取ろう。

6. 2016年7月01日 20:13:11 : ewUNDXeW9E : _kYA4_QcorQ[40]
沖縄の自民党は安倍が圧勝する前はヘノコ移設に反対していた、圧勝でヘノコ移設を推進!!沖縄自民党は単なる裏切り者だよ
公明党は相変わらず優柔不断

沖縄に自民党はいらない! 沖縄公明党はっきりせ−よ!


7. 2016年7月02日 11:39:43 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[290]
「岩国基地への移転」を決定すれば、自民は圧勝するだろう。
安倍は「勝つためには何でもする」と公言している。
やってみなはれ。

8. 2016年7月02日 14:40:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9514]
2016年7月2日(土)
沖縄・イハ洋一必勝大演説会
志位委員長の訴え

 1日、那覇市内で開かれた「イハ洋一必勝大演説会」での日本共産党の志位和夫委員長の訴え(要旨)は次の通りです。

 沖縄のみなさん、こんにちは。日本共産党の志位和夫です(拍手)。参院選の投票日まであと8日。沖縄と日本の命運がかかった大事な選挙です。大激戦を制し、イハ洋一さんの勝利を必ずかちとらせていただきたいと、お願いにあがりました。(拍手)

 私は、イハさんに沖縄県民の切実な三つの願いをたくしてほしいと訴えたいと思います。
辺野古新基地ストップ、 基地のない平和な沖縄を

 第一に、辺野古新基地建設ストップ、基地のない平和な沖縄を願う一票は、どうかこぞってイハ洋一さんにたくしてください。(大きな拍手)

 元米海兵隊員による女性暴行殺害事件。私も言葉で表現できない深い憤りを感じます。6月19日、6万5千人が集った県民大会では、「怒りと悲しみは限界を超えた」という声があふれました。

 県民大会に寄せられた被害女性のお父さんからのメッセージには、「次の被害者を出さないためにも『全基地撤去』『辺野古新基地建設反対』。県民が一つになれば、可能だと思っています」とのべられていました。この声にこたえることができる候補者はだれか。

 相手候補は、「県外移設」の公約を投げ捨て、県民を裏切って辺野古容認に転じ、国会で「妨害活動を阻止せよ」とまでいった人物です。みなさん。ユクサー(うそつき)の候補者に負けるわけにはいきません(「そうだ」の声)。マクトゥ(誠実)の候補者――イハ洋一さんを必ず勝たせようではありませんか。(大きな拍手)

 イハ洋一さんが勝利すれば、沖縄の衆参の選挙区選出の国会議員6人の全員が、新基地建設反対、「オール沖縄」の議員となります。6人の国会議員、翁長知事、沖縄県民がしっかり団結すれば、辺野古新基地をつくることは不可能になります。イハさん勝利で、基地のない平和な沖縄への道を開こうではありませんか。
安保法制=戦争法を廃止し、 憲法9条を守り抜こう

 第二に、憲法違反の安保法制=戦争法を廃止し、憲法9条を守り抜く一票は、どうかこぞってイハ洋一さんにおよせください。(拍手)

 安倍首相は、選挙遊説で、憲法を一言も語ろうとしません。憲法隠しで選挙をやりすごそうとしています。

 しかし、党首討論会となると、そうはいきません。問われて、首相は、「憲法を変える。しかしどの条文を変えるかは言えない」という。

 そこで私は、“安倍さん、そうはいきませんよ。なぜなら、自民党は「憲法改正草案」を決めているじゃないですか。そこには、憲法9条2項を削除し、「国防軍」を持つと書いてあるじゃないですか。そんなことになったら、海外での武力行使が無条件、無制限になってしまうじゃないですか。9条に手をつけないといえますか”と、繰り返しただしました。首相は、「手をつけない」とは決して言いませんでした。手をつけようと思っていますからね。

 安倍改憲の本丸は9条改憲だということがはっきりしました。自民党への一票は、9条を壊す一票になります。そのような道は絶対に許してはなりません。(大きな拍手)

 沖縄の本土復帰の原点はどこにあったでしょうか。1971年、当時の琉球政府・屋良朝苗主席が政府にあてた「建議書」には、「県民が願っているのは平和憲法のもとへの復帰」「県民は戦争につながる一切のものを拒否している」とあります。みなさん。この本土復帰の原点を根本から壊す、安倍政権による「海外で戦争する国」づくりの道を断固拒否しようではありませんか。(大きな拍手)

 世界に誇る憲法9条を守り抜こう――この願いをこぞってイハ洋一さんにたくしてください。(大きな拍手)
翁長知事とともに暮らしを守る政治を築こう

 第三に、翁長知事とともに暮らしを守る政治を築こうという一票は、どうかこぞってイハ洋一さんにたくしてください。

 翁長県政のもとで、子どもの貧困対策が県政の柱にすえられ、子どもの医療費助成の充実、返済不要の給付型奨学金の創設、待機児童解消のための保育士の給与補助などがすすめられています。(拍手)

 これらはどれも国がやってしかるべきことではないでしょうか。イハ洋一さんに国会でやってもらおうではありませんか。(大きな拍手)

 県民の暮らしを壊す消費税10%は中止する、沖縄の経済を壊すTPPは断固反対――この願いも、イハ洋一さんにたくしてください。(拍手)
沖縄で勝ち、 全国で勝ち、 安倍政権を倒そう

 みなさん。今回の参議院選挙は、全国32の1人区のすべてで野党統一候補が実現する画期的な選挙となっています(拍手)。32のすべてで勝利するために、最後まで全力をあげる決意です。

 この流れがどこから始まったか。ここ沖縄から始まりました。2014年の名護市長選挙、県知事選挙、総選挙での「オール沖縄」の勝利が、今日の野党共闘の発展につながりました。(拍手)

 みなさん。沖縄で勝ち、全国で勝ち、安倍政権を倒そうではありませんか(大きな拍手)。新しい政治を沖縄からおこそうではありませんか。(拍手)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070204_05_0.html


9. 2016年7月02日 19:42:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9509]
2016年7月2日(土)
イハ勝利で基地のない沖縄を
公約裏切りの自民に負けられない
「オール沖縄」街頭演説 志位委員長ら訴え
生活の党 小沢代表も

 沖縄と日本の命運がかかった参院選沖縄選挙区(改選数1)で、名護市辺野古の新基地建設を許さない「オール沖縄」のイハ洋一候補を何としても押し上げようと、必勝大演説会が1日夕、県庁前で行われました。イハ氏は「この選挙戦で勝利して、日米両政府を新基地建設中断に追い込もう。安倍政権打倒、憲法9条を守るトップランナーとして頑張らせてください」と気迫を込めました。(志位氏訴え要旨)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070201_01_1.jpg
(写真)イハ候補勝利のためがんばろうと唱和する(左から)金城、荒井、志位、小沢、イハ、照屋、仲里の各氏=1日、那覇市

 日本共産党の志位和夫委員長は「県民の切実な三つの願いをイハ候補に託してほしい」と訴えました。

 第1は、新基地建設ストップ、基地のない平和な沖縄への願いです。相手の自民党候補は普天間基地「県外移設」の公約を裏切り、辺野古容認に転じた人物です。「ユクサー(うそつき)の候補に負けるわけにいかない。マクトゥ(誠実)のイハさんを必ず勝たせよう」と力を込めました。

 志位氏は、イハ氏が勝利すれば、沖縄の衆参の選挙区選出6人全員が「オール沖縄」の議員になると指摘。「基地のない平和な沖縄への願いをイハさんに託してください」と訴え、大きな拍手に包まれました。

 第2は、憲法違反の安保法制=戦争法廃止、世界に誇る憲法9条を守り抜く願いです。志位氏は「『安倍改憲』の本丸は9条改憲です。自民党への1票は9条を壊す1票になります」と強く批判。「沖縄の本土復帰の原点は平和憲法のもとへの復帰でした。この原点を根本から壊す政治は絶対に許せません」と力を込めました。

 第3は、翁長雄志知事とともに暮らしを守る政治を築く願いです。「県政の柱である子どもの貧困対策や給付型の奨学金創設などを、国会でイハさんに取り組んでもらおう」と訴えました。

 そして「全国に広がる野党共闘の流れは沖縄から始まりました。沖縄で勝ち、全国で勝ち、安倍政権を倒そう。共産党も頑張ります」と決意を示しました。

 生活の党の小沢一郎代表、民進党の荒井聡衆院議員、社民党の照屋寛徳衆院議員、沖縄社大党の糸数慶子代表、仲里利信衆院議員(無所属)、県議会会派「おきなわ」の瑞慶覧功県議、那覇市議会の金城徹議長が壇上から訴え、文字通り「オール沖縄」の陣容となりました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070201_01_1.html


10. 2016年7月02日 20:17:14 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9508]
2016年7月2日(土)
沖縄戦体験者と志位委員長が懇談
野党共闘「すごく期待」
身元不明孤児問題いまも

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070214_01_1.jpg
(写真)戦争体験をした人たちと懇談する志位和夫委員長(左)=1日、那覇市

 日本共産党の志位和夫委員長は1日、参院選の遊説で訪れた那覇市城岳公園の「二中健児の塔」の前で、沖縄戦体験者らと懇談しました。体験者らは、凄惨(せいさん)な地上戦による家族との離散や米軍収容所での非人間的扱いを語りながら、戦争を拒否する思いの原点や本土での野党共闘の広がりに対する期待を志位氏に伝えました。

 「二中健児の塔」は、沖縄県立第二中学校(現那覇高校)の生徒・職員らの戦死者の「慰霊碑」。元高校教諭の大城宏捷さん(79)は、那覇市の空襲の惨状を話し、「辺野古の美しい海を埋め立て、人殺しの基地をつくっては絶対にいけない」と要望。上原源栄さん(85)は、沖縄のような野党共闘が本土でも広がっていることにふれ、「すごく期待している」と語りました。

 志位氏は、2014年に新基地反対の民意を示した一連の選挙を受け、「『オール沖縄』方式で(全国で今の)野党共闘ができた」と強調。「県民と本土のたたかいが合流すれば、政治は変えられる」と展望を語りました。

 戦中に家族とはぐれ、孤児として戦後をすごした親泊美根子さん(76)と、終戦40年後に再会した姉の安里光子さん(79)は、姉妹で懇談に参加。光子さんは凄惨な光景が今も胸に刻まれているとし、「この体験を二度と子や孫にさせてはいけない」と不戦への思いを語りました。

 遺骨収集家の具志堅隆松さん(62)は、米軍収容所で孤児になりながら、自分の名前もわからないまま戦後71年を過ごしてきた身元不明孤児の問題を紹介し、「戦争責任として国に対応してほしい」と訴えました。

 志位氏は「身元不明孤児の問題は党としてもしっかり受け止め、政府に対策を求めていきたい」と約束しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070214_01_1.html


11. 2016年7月04日 10:55:36 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9470]
米軍曹が酒気帯び運転 沖縄・嘉手納基地所属 規制緩和後で初の逮捕

沖縄タイムス 7月4日(月)9時53分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000007-okinawat-oki.view-000
沖縄署

 沖縄署は4日午前4時30分、北谷町美浜の路上で、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、嘉手納航空基地所属で二等軍曹の容疑者(27)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。飲酒規制の緩和後、同容疑で沖縄に住む米軍人が逮捕されるのは初めて。
 沖縄署によると、同日午前4時5分ごろ、北谷町美浜の路上で、ふらついて走っていた車を警察官が発見し、職務質問をして発覚した。同容疑者は「酒は飲んでいない」と容疑を否認している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000007-okinawat-oki


12. 2016年7月04日 13:52:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9458]
Domestic | 2016年 07月 4日 00:31 JST
飲酒運転容疑で米軍人逮捕、沖縄

 沖縄県警沖縄署は4日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)に所属する2等軍曹クリストファー・アーロン・プラット容疑者(27)を現行犯逮捕した。女性暴行殺害事件を受けた飲酒規制が6月28日に緩和されて以降、沖縄に住む米軍人の同容疑での逮捕が明らかになるのは初めて。

 逮捕容疑は、4日午前4時ごろ、北谷町美浜1丁目の町道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。同署によると、「酒は飲んでいない」と容疑を否認している。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016070401001351


13. 2016年7月05日 12:12:51 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9435]
2016年7月5日(火)
沖縄・女性殺害 “県民が厳罰の予断”
容疑者側 審理の管轄移転請求

 沖縄県で起きた米軍属による女性暴行殺人事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死の罪で追起訴されたシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者の弁護人を務める高江洲歳満弁護士は4日、浦添市で記者会見し、裁判の審理を東京地裁で行うよう求める管轄移転の請求を那覇地裁に申し立てたと発表しました。

 事件は裁判員裁判となります。管轄移転請求書では、事件の報道などによって県民が有罪や厳罰にすべきだとの予断をもっており、その中から裁判員が選ばれるのは公平性を維持することができないおそれがあるなどとして、管轄の移転を求めています。

 高江洲弁護士によると、シンザト容疑者は「沖縄の人の裁判は受けない。アメリカ人に対する敵意がひどすぎる」と話しているといいます。

 今後、最高裁が管轄の移転を認めるかどうか判断します。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-05/2016070515_02_1.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ