★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 760.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍晋三首相「野党はまとまった政策がないから一昨日も批判、昨日も批判、おそらく今日も批判ばっかり」
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/760.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 03 日 22:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍晋三首相「野党はまとまった政策がないから一昨日も批判、昨日も批判、おそらく今日も批判ばっかり」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12339.html
2016.07.03 21:00 情報速報ドットコム



安倍首相「野党は今日も批判ばっかりしているんでしょう」 アベノミクスの進展強調
http://www.sankei.com/politics/news/160612/plt1606120019-n1.html
 安倍晋三首相(自民党総裁)は12日、夏の参院選(22日公示、7月10日投開票)を前に長野県に入った。飯田市での街頭演説では、選挙戦の争点が経済政策であることを訴え、「野党はまとまった政策がないから一昨日も批判、昨日も批判、おそらく今日も批判ばっかりしているんでしょう」とまくし立てた。


安倍首相「気をつけよう、甘い言葉と民進党」」 聴きくらべ!街頭演説@参院選宮城 16.6.25 安倍晋三首相(自由民主党・衆議院議員)










安倍首相は本当に野党の批判が鬱陶しいみたいで、街頭演説を聞くと野党批判の言葉が非常に多いです。公示直前の時も「民進党と甘い言葉に気をつけよう」とか言っていましたが、それは安倍首相も同じだと私は思います。

2012年の総選挙で自民党が掲げていた公約と、今年の選挙の公約は随分と変わっていました。TPPや原発廃炉もそうですが、安倍首相こそ甘い言葉を言い過ぎないように気をつけたほうが良いです。


安倍総理街頭演説市川駅北口2016/6/19


【一触即発】安倍総理 街頭演説 vs 反対派団体!2016/6/19 吉祥寺駅前 HD ノーカット

2016/06/19 に公開
たまたま訪れた吉祥寺で安倍総理の演説があったので、撮影してみました。
テレビでは見られないノーカット版の演説映像です。
反対派団体の方達が行う激しい妨害や、
それを受けて安倍総理が皮肉を返すやり合いも無編集で収めているので、
貴重な映像になったのでは、と思います。


記事コメント


自民党は野党批判ばっかり
改憲するなら憲法の話をしろ
[ 2016/07/03 21:10 ] 愛国者 [ 編集 ]


>共産党の小池晃書記局長は3日、フジテレビの番組で、天皇制について
>「かなり長期にわたって日本の社会に残っていくと考えている。
>今、これを変えようなんて一切主張していない」と述べた。
>自衛隊に関しても「今の東アジアの(安全保障)環境の中で、なくせるわけはない」
>との認識を示した。


あれ?どうした共産党!?民進党と合体した効果が出てるのか?
民共合体で共産党が大人に?やっと議論ができる段階にきたのかもしれない
ほらほら共産党工作員のみなさんも党の方針に従わないとね
[ 2016/07/03 21:14 ] 名無し [ 編集 ]


「野党は批判ばかり」と批判する安部首相…
他人のことはわかるけど、自分のことはわからないんだねえ。
俺も気をつけよう。
[ 2016/07/03 21:15 ] エヌ [ 編集 ]


>どうした共産党!?
前からすぐになくすなんて言ってないだろ
[ 2016/07/03 21:17 ] 愛国者 [ 編集 ]


>2016/07/03 21:17
>前からすぐになくすなんて言ってないだろ


いずれなくすんだろ?共産党は第一章の一条からの改憲派じゃん!?
[ 2016/07/03 21:21 ] 名無し [ 編集 ]


自民党の争点隠しに騙されるな! 野党はアベノミクスの転換で一致している
与党、政治安定で対策を 野党は経済政策の転換要求
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016062601001151.html

 一方、民進党の山尾志桜里政調会長は金融市場の不安定さを取り上げ「アベノミクスのもろさがあらわになる。
株、為替頼みでなく内需主導経済をつくり直す」と主張。


社民党の吉川元・政審会長も同調した。山尾氏は財政出動に関し「旧来型の公共事業でなく『人への投資』なら一つの考え方だ」と記者団に述べた。


 共産党の藤野保史政策委員長は番組で「アベノミクスの破綻は明らか。個人消費を温める政策に変えないといけない」とし、


生活の党の玉城デニー幹事長は中小企業支援策を進めるよう訴えた。


[ 2016/07/03 21:21 ] 名無し [ 編集 ]


自民党は、自分の政策言わずに野党批判ばかりしている。
[ 2016/07/03 21:23 ] 名無し [ 編集 ]


憲法改正はどうなったんですかねえ?
日本会議や統一教会との御関係は?
[ 2016/07/03 21:26 ] 名無し [ 編集 ]


民進党も、即時原発ゼロを党是とすれば票が稼げるだろうに、2030年代原発ゼロを目指すと微妙に現実的ですからねぇ。
[ 2016/07/03 21:30 ] 名無し [ 編集 ]


くらべてみよう 現憲法と改憲案


https://www.youtube.com/watch?v=6TNg8xauLCY
[ 2016/07/03 21:30 ] 名無し [ 編集 ]


麻生太郎「ナチス発言」の本当の危うさとは?
現在の自民党の戦略は正にこれですね。


■大衆に浸透するナチスの宣伝活動
ナチスは効果的な宣伝で支持者をひろげましたが、ヒトラーの演説は意図的なデマと誇張を利用して大衆の感性に訴えるものでした。ヒトラー自身が次のように書いています。「大衆の心情は単純で幼稚である。小さな嘘より大きな嘘に引っかかる。」「大衆の理解力は小さく、忘却力は大きい。効果的な宣伝はスローガンのかたちでくりかえせ。」と。
[ 2016/07/03 21:31 ] 名無し [ 編集 ]


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月03日 23:39:28 : AmQyUrkqOE : RjFWWI4A8hE[14]
安部君の顔がますますしかめっ面になってきたな。目も垂れてぶよぶよしてきた。

もう精神的には相当まいってきている。もう少しで発病する。


2. 2016年7月03日 23:51:57 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-390]
安倍悪いただそれだけの選挙戦

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
3. 2016年7月04日 00:38:30 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[572]
野党は政府与党を攻撃するのが使命、それのどこが問題なんだ、安保法案やめちゃくちゃな金融政策など憲法に違反していたり経済原則を無視している法案に対案なんか出せるわけがないだろう。
本当に問題なのは、政府与党が野党批判ばかりできっちりした政策を示せない事だ、安倍政権の逝去公約は嘘にまみれたアベノミクスの実績とやらばかりじゃないか。選挙公約はたった一つ「今まで通りの政策を続ける」だ、今後も庶民の窮乏化を進めますと言っている。

4. ワニ子[70] g4@Dao5x 2016年7月04日 03:23:59 : UiOd73SM7Q : qQyRgFPQKS0[73]
えっ!?
行く先々で野党の批判ばかりしてる安倍がなに言ってんの?
現場の野次馬さんたちはそこんとこすかさず茶々野次を入れないとっ

5. 2016年7月04日 11:06:23 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1049]
専門学校が昔っからやってる、最早衆知であり笑いの種ですらある詐欺的営業コピーに
「就職率100%!」ってのがある。

大概のところ、その専学の専門や選考のジャンルに関わらず、
卒業生をマクドでもポスティング業者にでも捩じ込んでしまう。
する事で学校案内に「就職率100%!」を毎年毎年掲げ続ける訳だ。
公取も為す術べ無しだが、もう此処迄知れ渡ってるネタだけに実害は何とか少なく今にある。
(とは言え田舎のカモは一定数毎年引っかかる。なかなかブラックな商いだ)
最近では漫画家を養成するなんてな、如何にも御時世な学科もある訳だが
此れの場合は更に笑える(然し笑ってる場合じゃない)手管があるとかで、
どういう具合なのかというと、
学生に商業誌に読者投稿をさせる訳だ。…すると

…すると「商業誌デビュー!」ってな事になる。 100%すげー(笑)

 

 
さて。 アベだ。
イイ演説だなー
雇用が(以下略


6. 2016年7月04日 17:33:34 : hvDbtDg78E : pP0dFHm_pUU[3]
安倍はISとの戦いに参加する旨の発言をして、

2兆円という援助を反IS諸国に出すと約束した。

それはISとの戦いを正式に表明したことに他ならず、

日本国民がISのテロの標的になった原因だ。

ど〜〜〜すんだよ安倍晋三!

お前の発言が原因で日本人が殺されたんだぞ。

どう責任取るつもりなんだよ。

野党を批判してる暇があったら国民に詫びたらどうなんだよ。


7. 2016年7月04日 18:51:36 : nynu0MNF5c : gbRTsIAk3VI[5]
自民党、民進党も同じくらいダメ。
民進当は、旧民主党時代は何もやらなかったことが最大の功績(結果論)。
今の安部糞内閣は、なにが何でも米国追従、正しくは米国を乗っ取た一部のためにしか働いていない。

8. 2016年7月04日 18:52:04 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[709]
   野党による批判といっても、自民党そのものに対する批判というより自民党が閣僚ポストを得て政策を担っている内容についての批判であり、これは国民代表議会制度である以上当然である。
  そもそも国会を国権の最高機関とするからには、あらゆる法律は国会で制定されるものであるところ、一旦制定された法律は、最高法規である憲法理念に忠実であるべきはもとより、制定された基本法の原則に忠実な行政事務、歳出事務が行われているかを、基本法を制定した立法府の人間が、有権者、納税者を代表して管理監督することは至極当然である。
  政権党というのは、大臣ポストを各省に置き、国会で制定された基本法の原則に忠実な事務処理が行われているかを大臣が目を皿のようにして見守らねばならないところ、その管理監督任務が不適正であったり不足であったりすることから、野党の批判を浴びることになるのである。
  野党の批判の他に、多数決の原理から漏れた少数の納税者による国賠訴訟や行政不服訴訟もあるが、全て、政権を担当している総理と閣僚による行政事務の管理監督責任を問う方途であり、これを忌避したり揶揄侮蔑したりする政権党は、もはや政権党としての役目は果たせないし果たすつもりがそもそも無い、と見做さざるを得ないのである。
  野党が批判ばかりなのは、野党は政権党としての自民党を唯一の行政事務の管理監督者として承認しているゆえ、その政権党が行政事務の瑕疵、誤謬を発見出来ず、よって修正する意欲も能力も無ければ、与党の不適切な行政事務の管理監督が国民生活に直結するのであるから、立法府に属する代議士として、野党が有権者を代表して与党批判に及ぶのは、当然の権利でもあり、義務でもある。
  安倍首相や閣僚に代表される与党が勘違いをしているのは、自分ら与党が、唯一立法府から派遣され、行政事務の管理監督義務を負う任務を国民から委託されているとは全く考えてもいないことである。
  それどころか、官僚から立法案を提示され、それを数の力で可決することを任務としており、よって、常に行政事務方の事務処理の擁護、弁護に終始しているのである。
  これでは、財布を預かった行政機構が勝手自在に血税を使用したとて、警告することも出来ない。官僚が既得権益者として補助金、交付金を企業に配分し、その一部を与党が献金として受け取り、官僚や幹部公務員が天下り先の提供や接待を企業から受ける、この循環の中に入り、国民の血税の収奪を政財官で行っているだけの事になる。
  この血税収奪のサイクルの中で、既得権益者として与党が存在している以上、国民納税者の利益は大きく損なわれるのであるから、野党としては、政財官による国税の収奪が如何に国民の利益を損なっているかを批判するしか無いのである。
  本来は、野党の攻撃を受けるまでも無く、与党自ら、閣僚ポストを使って行政事務が憲法理念と基本法原則に忠実であるかを監督し、適切に行政事務を主権者国民のためになるよう警告し、導かねばならないのである。
   閣僚が閣僚として、当該省庁の行政事務の管理監督機能を主権者に代わって発揮出来ているか、大臣を総合管理する責任が総理大臣にあるのだが、それが理解出来ないのであれば政権党としては完全に失格であり、英国キャメロン首相の如くに安倍政権は潔く退陣するのが筋であろう。
  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ