★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 148.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
選挙報道の虚実(HUNTER)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/148.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 08 日 00:01:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

選挙報道の虚実
http://hunter-investigate.jp/news/2016/07/post-905.html
2016年7月 7日 10:25 HUNTER



 今月10日投開票の参院選を巡り、無所属や諸派の候補者名を省いて投票先を聞き出していた日経、読売両紙の選挙情勢調査。既成政党の候補者に数字が集まるよう操作しており、調査の信頼性に疑問符が付いた格好だ。

 選挙の時期に氾濫する議席予測は、どこまで信用できるのか――こうした疑念を増幅させるような実例が存在する。

 今週発売の「週刊現代」が報じた参院選の特集は、メディア各社の調査生データをまとめたもの。同じであるはずの日経と読売の数字が、大きく違っていたのである。
(右が週刊現代の誌面)

同一データで異なる数字

 読売と日経の情勢調査を請負ったのは日経のグループ企業「日経リサーチ」。日経リサーチは、コールセンターを持つ「トランスコスモス」という会社に、実務を再委託していたことが分かっている。これまで報じてきたように、トランスコスモスの電話調査は無所属や諸派の候補者を省いたもの。事前の見立てで不必要と判断した候補者の名前を外していた。共同調査である以上、そうやって得られたデータは一つ。当然両紙が持つ「生データ」の数字は、すべて同じものになるはずだ。ところが……。

 下は、「週刊現代」7/16号の参院選直前大特集“全国紙・NHK・共同通信が調査した最終当落「生データ」を一挙公開!”の誌面。先月22日の公示直後に実施された新聞と共同通信、NHK、自民党本部の調査結果生データなのだという。すると、日経と読売の数字は同じでなければならない。



 だが、データの一覧をよく見ると、同じ数字であるはずの読売と日経の「生データ」がまるで違っている。日経の数字と比べ、読売の「生データ」では自民党候補の数字と民進党候補者との差が極端に離れているのだ。日経の数字を基準にすると、読売の自民党候補の数字は、すべて数ポイント下駄をはかせた状態だ。酷いもので、愛知選挙区の自民党候補などは12.1ポインも上乗せされている。逆に、民進党の候補者の数字は、どこの選挙区も1〜5ポイント少ない。

 報道機関の情勢調査では、実施段階での数字を「生数字」と呼ぶ。調査は、曜日や時間帯、回答者の年齢などによって偏りが出るため、報道機関ごとに決めた方法で修正値を算出するのが普通だ。現代に掲載されたデータについては、同一データであるはずの読売と日経の数字が違っているので、次の二つのことが考えられる。

・読売・日経のどちらかの数字が生で一方が修正値
・どちらも修正値

実際の記事は……

 どちらのケースであったにせよ、読売が現代に掲載されているデータを使って記事を書けば、自民党が圧倒的に強いか、負けているところでも接戦ということになりかねない。しかし、6月24日読売新聞朝刊に掲載された選挙区ごとの情勢分析は、日経のデータとほぼ同じ内容になっている。例えば、福岡選挙区。現代に掲載されたデータでは、日経が自民党の大家氏の数字を「31」としているのに対し、読売のそれは「40.4」。大家氏は9.4ポイントも加点した形でダントツ一位になるはずだ(下が、週刊現代に掲載された福岡選挙区のデータ一覧)



 少し説明しておくと、新聞の情勢分析は「届け出順」ではない。情勢調査で得た数字や取材結果を加味して、記事の中で順位付けしているのが普通だ。「接戦」「横一線」とあっても、先に名前が出てくる方がリードしているということ。現代が掲載した読売のデータが本物なら、自民大家氏の名前が先に出てこなければならない。しかし、実際の記事はこうなっていた。



 古賀氏リードの書き方。データとはまるで違う結果なのだ。新聞記事に合致しているのは、日経の数字。現代に掲載された読売の生データは、公示日直後に実施された情勢調査の数字ではない可能性がある。

 以上、新聞や週刊誌に出てくる選挙情勢調査の数字が、いかにうさん臭いものであるかを表す事例である。最後に、実際に電話調査を受けたという読者からのメールを紹介しておきたい。

“6月末から先週土曜日まで、5回(参議院選挙3回・都知事選2回)も世論調査の電話アンケートが来ました。土日の電話でも出るのは主に主婦である私です。

 参議院選挙に関するアンケートでは、選挙区の候補名の中に、街頭演説会で何千人もの支持者を集めている候補者の名前がなく、「決めていない」を選択しなくてはなりませんでした。「その他」の選択肢さえなかったのです。比例区も同様。既成政党だけで、届出されたすべてを並べたわけではありませんでした。

 それにしても、同じ家に5回もかかって来るのはおかしいと思いませんか?無作為抽出なんて嘘ですよね!”

 選挙情勢調査の闇は、思った以上に深そうだ。


関連記事
自民党の議席調査「最新生データ」を入手! 参院選「落ちる議員/落ちそうな議員」(週刊現代)
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/773.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月08日 06:10:47 : o3KLXExRfg : @rZivTGvRhE[4]
これは、重大な情報ですね。
ぜひ、主要な新聞社でも、スクープで扱ってほしいですね。
そんなことはないか。

2. 2016年7月08日 09:15:39 : Sa4FLX3dv6 : 8fbajbiO3eU[10]
電話調査の無作為抽出なんて嘘だ。

おそらく宅配購読を申し込むときに記載した電話番号を事前に入力して、その中から抽出して電話をかけているのだろう。だから産経なんかの調査では下駄を履かせる前から自民党有利の結果がでるのではないだろうか。

日経の購読者は、富裕層の方が多いだろう。だから日経読者に電話をかければ、当然与党有利になるはずだ。

そして一度でも回答に応じた人には、過去の回答歴から自分たち(メディア側)の都合のいい数字を作るために、リスト化されていると思う。

記事にもあるように、同じ人に5回も電話がかかってくるという「ヤラセ」がある。


3. 2016年7月08日 09:32:12 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9366]
>古賀氏リードの書き方。データとはまるで違う結果なのだ。

古賀氏は読売系列の民放局の元職員でその局の株主構成は九電と読売Gだけで発行株式の50%以上。表向き安保法制に反対という公約を打ち出しているが腹の中は地元の財界や当選濃厚な自民党候補と二人三脚で原発再稼働を後押ししたいという本音があることが推察される。単にデータを歪めて選挙戦をミスリードしたいという意味で記事を書いているのではないだろう。


4. 2016年7月08日 20:23:32 : 8iKRoPchEM : qNj6aYNVdtM[2]
ゴミ売り新聞の捏造記事は今に始まった事ではない。オレオレ詐欺もびっくり!
記事データーを客観的に分析して見ればわかる。つい最近も某ラジオ番組で
”手つなぎ運動会”の検証で数年遡った所、発端はごみ売り新聞の根拠のない捏造記事だった事が発覚した。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ