★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 260.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「参院選について少し前に「赤旗日曜版」の取材を受けました。インタビュー記事:内田樹氏」 
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/260.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 10 日 00:02:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「参院選について少し前に「赤旗日曜版」の取材を受けました。インタビュー記事:内田樹氏」 
http://sun.ap.teacup.com/souun/20340.html
2016/7/10 晴耕雨読


https://twitter.com/levinassien

おはようございます。

神戸は今日も雨。

参院選まであと1日となりました。

メディアは「関心は低い」「争点が不分明」と参院選の歴史的意義を切り下げる報道に徹しているようです。

SNSはホットですけれど、これは「同種の政治的意見」がダマになって流れてくるので、全体の動向はわかりません。

最終的には大新聞とテレビがつくる「雰囲気」に投票行動はつよく影響されると思います。

でも、この二つのメディアはビジネスモデルとしては破綻に向かっています。

高齢者の「退場」とともに市場が消失するからです。

参院選は「古いメディア」が影響力を持つ最後から何番目かの選挙になるでしょう。

参院選について少し前に「赤旗日曜版」の取材を受けました。

そのインタビュー記事を掲載しておきます。

短いです。http://blog.tatsuru.com

>メディシス 大抵の人の認識って、せいぜい「自民党って憲法改正して自衛隊を軍にしたいんだね」ぐらいだと思う。まさか個人主義が削除されていたり、憲法から直接国民に義務を課せるようになっていたり、治安維持法よろしく社会秩序で市民の権利自由を制限出来るようになっているとは夢にも思っていないでしょう。

>sarah 現行憲法では3つしかない義務が30以上に増えていて、その中には婚姻維持義務なんてのもあり、離婚もおちおちできなくなると言ったら、自民党支持の人驚いていた。読んでないんです。自民党の草案。読まずに自民党に投票しようとしている。

読みさしだった萩原延壽『自由の精神』をめくっていたら「リトリート」について記された箇所がありました。

ちょっと引用。

「日本人を考えるうえで、僕にとってイギリスが非常に参考になるのは、どうもうまい日本語の表現がまだみつからないのですが、”リトリート”(retreat)、つまり、”撤退”とか”後退”の”先進国”という意味においてです。」

「世界のトップランナーの地位から徐々に撤退していくイギリスの姿、これが僕の念頭を去りません。」

「やはり憲法第九条は撤退だろうと思うんですね。」

「日本はもうそろそろリトリートして、分を知る段階、分にふさわしいところまでリトリートした方がいいんじゃないかという気がするんですがね。」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
http://blog.tatsuru.com
2016.07.09
「赤旗日曜版」の参院選インタビュー

先週の赤旗日曜版インタビューを再録しておく。
 
参院選の最大の争点は改憲です。与党は争点を隠していますが、これは自民党の改憲草案が参院選の議論の場で議論され、有権者の眼にさらされることを忌避するためです。あれを読んだら、自民党支持層の相当数が拒否反応を起こすことを与党は知っている。だから争点にしないで、選挙が終わってから「信認を得た」と言っていきなり最優先の政治課題に掲げる。そういう策略です。

安倍政権の次のねらいは自衛隊の海外派兵だと思います。治安の悪い地域で自衛隊員が死傷すれば「彼らの死を犬死にしてよいのか」という感情的な言葉がメディアを覆い尽くし、国民的規模で好戦的な気運が高まる。そういう事態を回避するためにも、何としても戦争法案を廃案に持ち込まなければならないと思います。

共産党は今回野党共闘を牽引しています。綱領的立場の違う政党同士でも、政策の一部が一致すれば一時的に共闘できることは民主主義の最もすぐれた点です。これを「野合」と否定する自民党ははしなくも彼らが理想とする体制が「全国民があらゆる政策で一致している状態」であることを露呈させました。国民全員が同じ顔つき、同じ口ぶりで、同じ政治的信条を棒読みするような全体主義的「ディストピア」を政治体制の理想と見なすような人々が政権の座にあり続けていることにこそ僕は深い恐怖を感じています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月10日 00:40:39 : vW7J2lkXCo : VIWwekXlGP4[153]
「参院選は「古いメディア」が影響力を持つ最後から何番目かの選挙になるでしょう。」

本当は最後にしたいですが…
あんなマスゴミなど、必要ありませんので。


2. 2016年7月12日 00:10:41 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9285]
参議院選挙の結果について

2016年7月11日 日本共産党中央委員会常任幹部会

(1)

 7月10日投開票でおこなわれた参議院議員選挙は、「自公と補完勢力」対「4野党プラス市民」という対決構図が鮮明となり、野党と市民が力をあわせてたたかう、戦後かつてない選挙となりました。この選挙でわが党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進という2つの大目標を掲げてたたかいました。

 野党と市民の共闘は、最初の挑戦としては大きな成功をおさめました。全国32の1人区すべてで野党統一候補を実現し、11の選挙区で激戦を制して自民党候補に勝利したことは、きわめて重要な成果です。多くのところで、無党派層の6割、7割の得票を獲得し、「1+1」が「2」ではなく、それ以上となる共闘効果≠ェ発揮されました。このたたかいのなかで、他の野党や市民のみなさんとの間で新しい連帯のきずなができたことは、今後につながる大きな財産です。

 日本共産党は、比例代表選挙で5議席を獲得し、選挙区選挙では東京で当選を勝ち取り、改選3議席を6議席へと倍増させ、非改選とあわせて14議席へと前進しました。とりわけこのなかで、比例代表選挙の得票が、躍進した2013年の参院選と比べて、515万4千票(得票率9・68%)から、601万6千票(得票率10・74%)へとさらに前進したことは重要です。

 野党共闘と日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、風雨と猛暑の中で奮闘された市民のみなさん、支持者、後援会員、党員のみなさんに心からのお礼を申し上げます。

(2)

 選挙戦では、安倍首相を先頭に、激しい野党攻撃、日本共産党攻撃が行われました。一国の首相が、日本共産党を名指しして連日攻撃する選挙というのは、かつてない異常なことでした。それは、野党共闘に本格的に踏み込み、政権打倒に全力をあげるわが党に対する、支配勢力の強い危機感、恐怖と憎悪を示すものでした。

 わが党は、「野党共闘は野合」とする自公の攻撃に対し、「立憲主義を取り戻す」という野党と市民の結束の大義を太く示して断固たる反撃をおこないました。

 自衛隊問題を利用した反共攻撃に対しても、わが党綱領が明らかにしている自衛隊政策を堂々と示すとともに、「海外で戦争する国」づくりを許すかどうかが選挙の真の争点であることを明らかにし、正面から反撃しました。

 今回の選挙での野党共闘と日本共産党の前進は、こうしたかつてない激しい野党攻撃、反共攻撃と正面からたたかって勝ち取ったものであるところに、とりわけ大きな意義があると考えるものです。

(3)

 日本共産党は、「安倍暴走政治の全体にノーの審判を下し、チェンジの意思を示そう」と公示第一声から一貫した論戦を行い、安保法制=戦争法と憲法改定の問題を選挙戦の大争点に押し上げました。「アベノミクス」の破綻について根本から明らかにし、抜本的対案である「3つのチェンジ」を語りぬきました。野党と市民の共同に力をつくす党の値打ちを押し出し、「政治は変えられる」という希望を語ったことは、多くの国民に期待と共感を広げました。

 選挙の結果、改憲勢力が議席の3分の2を占めましたが、自公は選挙戦で「憲法隠し」に終始し、国民は改憲への「白紙委任」を与えたわけでは決してありません。

 わが党は、今回の選挙で得た国会での新たな地歩を生かし、掲げた公約の実現へ、国民のみなさんとともに力をつくします。

(4)

 今度の選挙は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を一体に追求する最初の挑戦でした。私たちは、ともにたたかった野党と市民のみなさん、支持者や党員のみなさんのご意見に耳を傾け、しっかりと教訓を引き出し、今後のたたかいに生かしていく決意です。

 とりわけ、私たちは党の自力の問題を痛感しています。比例代表選挙での601万票余の獲得という貴重な結果は、立ち上がった党員と支持者のみなさんの猛奮闘によるものですが、選挙勝利のためにやるべきことをやりきれずに開票を迎えたことも事実です。党の力が、いまの情勢が求めるものに追いついていない、そこには大きなギャップがある――これがこの選挙をたたかっての私たちの実感です。

 野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本の政治を変えるうえで、日本共産党の果たすべき役割は、ますます大きくなってきます。私たちは、今日の情勢が求める強く大きな党をつくる仕事に、新たな意気込みでたちあがる決意です。

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2016/07/2016711.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ