★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 342.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改憲勢力3分の2で安倍首相が膳場貴子や池上彰にキレ気味で本音「改憲はもうイエスかノーかの段階じゃない」(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/342.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 11 日 15:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              YouTube「ANNnewsCH」より


改憲勢力3分の2で安倍首相が膳場貴子や池上彰にキレ気味で本音「改憲はもうイエスかノーかの段階じゃない」
http://lite-ra.com/2016/07/post-2409.html
2016.07.11. 安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音  リテラ


 参議院選の結果、安倍政権は、改憲勢力での3分の2議席を確保した。昨日、安倍首相は各局の選挙特番に出演。憲法改正について、「与党野党の区別なく国会の憲法審査会で合意をつくっていく」「落ち着いて取り組んでいきたい」という言葉を繰り返した。

 それを受けて、マスコミは“一気呵成に改憲に進むことはない”という論調で報じているが、冗談じゃない。むしろ今回の“争点隠し”により衆参3分の2を確保したことで、安倍首相は自分の任期中に一気に憲法改正の発議にもっていくだろう。それは、各局インタビューでのやりとりからも明らかだ。

 たとえばテレビ朝日『選挙ステーション』では、『報ステ』キャスターの富川悠太が「やっぱり街頭演説で(憲法改正をすると)言わないと民意を問うていることにならないんじゃないか。民意は反映されてないんじゃないか。それでも(発議を)やるんでしょうか?」という声が番組に届けられていると指摘。すると、安倍首相は小馬鹿にしたようにプッと吹き出して、ニヤニヤしながらこうのたまった。

「いま申し上げたんですが、自民党はそもそも憲法改正しようということをずっと言っている党でありますから、自民党はそういう人たちが集まっている党であります。ですから自民党で出ている以上、党の基本的な考え方、政権公約のなかにも入っていますから、当然、それを前提に票は入れていただいているんだと思います」

 絶句するような詭弁だが、これ対して富川キャスターが「ということは民意を得られていると考えているのか」と食い下がると、「もう!議論が噛み合ない!」と安倍首相はイライラしながら「民意を得られるかどうかはですね、そこのところ多くの方が基本的にわかっておられないんだろうと思います」と愚弄。さらに発議前に解散してしっかり信を問うという選択肢について聞かれると、キレ気味に「発議したあと国民投票するんですから、その議論はちょっとおかしいんじゃないですか?」と嘲笑した。そして「いまなんとなく、アナウンサーの方と議論が噛み合わないのは、法律と憲法をごっちゃにされているんですね」と、富川キャスターをあえて名前ではなく「アナウンサーの方」と呼んで、完全にバカにするありさまだった。

 こうした安倍首相の国民をバカにした振る舞いは、TBSの選挙特番でも同様だった。膳場貴子キャスターからの「この選挙結果をもって憲法改正への民意は示されたとお考えですか?」との質問に対し、安倍首相はこうまくしたてた。

「何をもって改憲勢力と言うのかはわかりませんが、民進党のなかにも憲法改正をする必要性を感じている方もおそらくいらっしゃるんだろうと思います。それは今後、憲法審査会のなかで色んな議論が出てくる。お互いが議論を深めていくなかで、どの条文をどういうふうに変えるかが大切なんであって、憲法改正に対してイエスかノーかというのはもういまの段階ではもうあまり意味がないのかなと思っています」

 つまり“改憲はもう決まっていること”“最後は国民投票するんだからつべこべ言うなよ”ということらしい。しかし、何度でも繰り返すが、安倍首相は改憲について街頭演説で一言も触れず、自民党の選挙公約にもいちばん最後にほんの数行しか書いていない。にもかかわらず選挙が終わったとたんに“改憲前提”を主張するのは、完全に詐欺的行為だろう。安倍首相は「イエスかノーか」という段階を、参院選の“争点隠し”で意図的にすっ飛ばしたのである。言うまでもなく、国民のなかには現行憲法のままで十分であって発議自体が必要ないと考えている人は多数いる。安倍首相は、そうした“国民の発言権”を根こそぎ奪いとったのだ。

 事実、朝日新聞による今月の世論調査では、〈安倍首相は憲法改正について、「参議院選挙で争点とすることは必ずしも必要がない」と話しています。こうした安倍首相の姿勢について、妥当だと思いますか。妥当ではないと思いますか〉という問いに対し、〈妥当だ〉がわずか28パーセント、〈妥当ではない〉が52パーセントと、半数以上の国民がこの“改憲争点隠し”を疑問視していた。他の最新世論調査でも、憲法を改正するべきでないという答えが改正すべきを上回っているものがほとんどだ。それを安倍首相は「国民投票があるのだから選挙で信を得る必要はない」などと強弁するのだから、開いた口がふさがらない。

 そんな安倍首相がもっとも回答に窮したのは、やはり池上彰がキャスターを務めたテレビ東京の選挙特番だった。池上が、安倍首相が街頭演説で一言も改憲について触れなかったことに対し、「今年の年頭の記者会見では参議院選挙で憲法改正を国民に問うとおっしゃっていましたね」と切り込むと、安倍首相はしどろもどろになって、こんな本音をポロリとこぼしたのだ。

「あのー、いわば、それはですね、憲法改正する、あるいは、憲法改正について指一本触れないという主張との違いということについてですね、この3分の2以上の方々が憲法を改正するという考え方が調整をしておかないと、そもそも議論が進んでいかないわけであります」

 日本語になっていない“アベ語”の典型のような受け答えだが、しかし、安倍首相は少なくとも国民に知らせないまま、とにかく憲法を改正してもいいという「3分の2以上の方々」をつくるべく「調整」していたことを明かしたのだ。

 実際、その動きは着々と進んでいた。たとえば、連立与党を組む公明党はこれまでは平和主義と9条の堅持を主張していたが、今回の選挙公約では憲法に関する記述の一切を削除していた。これは明らかに憲法改正に向けて行動を共にすることを自民党との間で合意したと考えていいだろう。

 おおさか維新の会については、本サイトでも何度も指摘しているように、とっくに密約ができている。

 そしてこれから、その黒い手は民進党内に伸びていくだろう。先にも触れたとおり、安倍首相はテレ朝やTBS、フジテレビなどのインタビューでも“民進党のなかにも改憲すべきだという人がいる”と強調していた。これは、改憲をアジェンダにして民進党党内に楔を打ち、内部分裂させることを宣言したものだ。

 今回の参院選で安倍政権がもっとも警戒したのは、もちろん野党共闘だった。昨年の安保国会からの流れで“反改憲”の風が吹けば、自民党にとって大打撃は必至。それで選挙戦では改憲に触れず、民進、共産攻撃を執拗に繰り返したわけだが、いよいよ議席を確保したいま、今度は「与野党合意」という大義名分を得るために本格的に民進党内の改憲派を切り崩しにかかろうとするはずだ。

 ようするに、安倍首相は“憲法審査会で議論する”などと言っているが、その本質は「議論」などという上等なものではなく、さまざまな謀略を張りめぐらした“反・安倍改憲”の民意が盛り上がる芽を徹底して潰し、おそらく一気に「緊急事態条項」の新設に踏み切ろうとするはずだ。マスコミが報じている“安倍政権は慎重に改憲議論を重ねる”というのは、まったくの見立て違いなのである。

 さらに言えば、マスコミは安倍首相がいきなり9条改正を発議にかけることはないと予想しているが、それも今後の情勢次第ではどうなるかわからない。切り崩しが奏功して、もし民進党が党を割るようなことがあったら、前言を撤回して「選挙で信を問う」などと解散総選挙を行い、野党共闘を完全に崩壊させようとする可能性は決して低くはない。加えて、アメリカの大統領選も関係してくる。仮にトランプが大統領になって日米同盟見直しの機運が高まれば、一気に「9条2項改正」に打って出ることも考えられる。

 いずれにせよ、今回衆参3分の2を確保して主導権を得たことで、安倍政権が切ることのできるカードは倍増した。このままの情勢では憲法改悪は避けられない。そして、圧力に萎縮し政権を忖度してばかりのマスメディアが盛んに改憲の話題を扱うのも、せいぜい今週までだ。そのあとは、またぞろだんまりを決め込むだろう。

 しかし、失望する必要はない。たしかに、今回の参院選で与野党の議席は過半数を大きく超え、おおさか維新や日本のこころ、無所属も含めた改憲勢力は3分の2を超えた。

 だが、一方で、野党共闘は御用マスコミの言うように「不発に終わった」わけではない。2013年の参院選では31の一人区で非自民が獲得したのはわずか2議席だったが、今回は32の一人区のうち11の選挙区で議席を確保し、当初、確実視された自民党の単独過半数をぎりぎりのところで阻止した。そして、福島、沖縄という日本のなかでいちばん犠牲になっている2つの選挙区では、安倍内閣の現職閣僚が揃って落選した。これは旧民主党がぼろ負けした2012年の衆院選で閣僚8人が落選して以来の事態だ。

 マスコミ、とくにテレビが安倍政権の宣伝装置と化し、一切の批判を封印しているなかで、この結果は大きな前進といえるだろう。

 そういう意味で言うと、わたしたちがいま、もっとも気をつけなければいけないことは、御用マスコミによる「野党共闘は失敗だった」という扇動に乗らないことだ。むしろ、安倍政権と民進党内にある保守派の動きを細かく注視し、野党が切り崩しに屈さないよう、声を大にして発破をかけることだ。そして確実に言えるのは、なんとなく改憲をよしとする空気感をつくり出そうとしている安倍政権のやり方に決して乗らない、ということだ。

 法を護ろうと考える過半数以上の国民にとって、本当の戦いは今日から始まっている。

(編集部)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[2615] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年7月11日 15:38:06 : mFuG9qQlTk : haqrMEPyuI4[139]

ヨシっ!寝て元気出た!!

真正面から戦ってやるゼぃ、待ってろヨ、安倍シンゾー、自民党よっ!!!


2. 真相の道[1258] kF6RioLMk7k 2016年7月11日 17:08:20 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[173]
> 今後、憲法審査会のなかで色んな議論が出てくる。お互いが議論を深めていくなかで、どの条文をどういうふうに変えるかが大切なんであって、憲法改正に対してイエスかノーかというのはもういまの段階ではもうあまり意味がないのかなと思っています」
 つまり“改憲はもう決まっていること”“最後は国民投票するんだからつべこべ言うなよ”ということらしい。
  
   
リテラは日本語も理解できないようだ。

担当者はどこの国の人なのだろう?

安倍総理が言っているのは、安倍総理が独断で「この条文に憲法改正する」という方法ではなく、憲法審査会のなかでいろいろな議論がされ、条文が決まっていく。

だから今の段階でイエスとかノーとかいうのは意味がない。

まだこの条文でいくなどとは全く決まっておらず、これから議論をするのだからあたりまえです。

リテラは頭がおかしいので、中学生でも理解できることが全く理解できないのです。
   
   


3. 2016年7月11日 17:16:29 : 5syXLWFQTg : 1gUYFpcztug[147]
いよいよ、民進党がイエスかノーかを迫られています。
あの政策については安倍と同じ、
とか、
共産党と組むよりは独自路線を堅持する
などと言っている人とは別な党を作るくらいでないとダメ。
民進党なんて汚れた旗は残った人にくれてやればいい。

4. 新共産主義クラブ[2205] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年7月11日 17:24:02 : okYIEeje0U : uKF0pkE_pb8[56]
  
 まずは、参院選挙前の「NHK日曜討論」での、憲法改正についての安倍晋三・自民党総裁の発言を聞いてもらいたい。
 
  ■NHK総合 日曜討論参院選22日公示 党首に問う
  2016年6月19日(日)9:00-10:15放送
  憲法改正についての安倍晋三首相の発言(動画開始後 1時間5分42秒〜1時間7分3秒)
  https://www.youtube.com/watch?v=r7oQRqoqSN4#t=65m42s
  
 これを聞いたら、普通の人は、安倍晋三・自民党総裁は、今回の参院選だけでなく、与野党の国会で議論をおこない、何回かの国政選挙を経てから、国会における憲法改正の発議をおこなう方針だと勘違いするのではないだろうか。
 
 実際に、安倍晋三・自民党総裁が上で主張している内容は、
 
 「通常の法律は、与党が衆参で過半数の議席を得れば、採決によって自動的にすべての法律が成立してしまう。
 
 だから、与党が成立を目指す法案の内容を、あらかじめ選挙の前に、国民に公約として示すことが必要だ。
 
 しかし、憲法改正においては、国会では発議をおこなうだけで、実際に憲法改正案に賛成か反対かを決めるのは国民投票によっておこなわれる。
 
 つまり、憲法改正の発議と、通常の法律の法案とは異なる種類のものである。
 
 したがって、憲法改正の発議を与党が行なうかどうかは、選挙の前に公約として、国民に知らせる必要はない。」
 
 ということである。
 
 つまり、安倍晋三・自民党総裁は、参院選挙の前に公約として、憲法改正の発議をおこなう可能性を国民に知らせるておく必要はなく、この参院選の後の国政選挙で憲法改正の発議の可否を問うことなく、参院選後の憲法審査会で憲法改正の条文が決まれば、憲法改正の発議がおこなわれ、発議が可決されれば、憲法改正の国民投票がおこなわれる可能性があると言っているのだ。
 
 この発言は、故意に国民をだますためにおこなわれた、国民に対する詐欺的発言と言ってもよい。
 
 安倍晋三・自民党総裁は、詐欺的発言について陳謝して、次の国政選挙をおこなう前に、憲法改正の発議をおこなうことはないと宣言するべきだ。
 
 もしそうでないなら、国民に対する言動に誠意のない自民党総裁が提案する憲法改正についての審議には応じられないと、野党党首らは、自民党総裁の交代を要求し、もし受け入れられないならば、憲法審査会における審議を拒否するべきである。
 
(参考)
■自民党の高村正彦副総裁「岡田代表の発言はデマのたぐい」⇒民進党が大激怒!「全くの誹謗中傷」
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/192.html#c1
 
 


5. 2016年7月11日 18:44:20 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[211]
<改憲はもうイエスかノーかの段階じゃない>!そうですね。「憲法改正」に着手する。選挙結果ですよ。
少数野党がどんなに反対しても、我々の進む道は一つしかないの!大切なオトモダチ米国様に奉仕する事。

BS1の外国放送を見ていると確かに日本は平和ですね。自衛隊が暇そうだから「中国包囲網」は実行に移す。
日米安全保障条約の「ガイドライン」も見直したし、極東の戦力として活躍できるのです。腕が鳴るかな?

今回の参議院選挙に関心を寄せている中国は、<日本の内政問題ではあるが、今後の日本政治について、…
…中国を抑え込む『米国の番犬』になるのか、今は正確な判断ができない>と示した。忙しくなりそうだね!

韓国はTHAADの配備を決めた。ロシアは東部領域に韓国配備のMDゾーンを網羅するミサイルを配備するかと。
世界で今進行中の様々な事象は、日本にも波及してくる時代ですよ。日本国民は覚悟できているのかな?


6. 戦争とはこういう物[1272] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年7月11日 19:14:08 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[322]
まるで「アベノミクス選挙」とやらで票を稼いだことが、お爺ちゃまの悲願「カイケン」をみんなが大賛成してくれると思い込んでいるような安倍茶魔くん。

カイケン不要を問われると「イチジイックですか?!」と浣腸でもするように繰り返すのみ。

本当に変える事が正義なら、インタビューから逃げずに堂々と説明すればよい。

■「自民党側からニッポン放送を指名された。今回から何故か変わった」(一国の首相がラジオインタビュー何故か拒否!?)
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/191.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 7 月 11 日 15:39:31: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo


7. 2016年7月11日 20:30:32 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[164]
> 「いま申し上げたんですが、自民党はそもそも憲法改正しようということをずっと言っている党でありますから、自民党はそういう人たちが集まっている党であります。ですから自民党で出ている以上、党の基本的な考え方、政権公約のなかにも入っていますから、当然、それを前提に票は入れていただいているんだと思います」
> 絶句するような詭弁だが、

自民党が憲法の改正を目指していることを知らないで自民党に投票した愚か者が今時居るわけがない。
李テラは有権者を馬鹿にしている。
「絶句するような詭弁だ」は李テラの方に当てはまる。


8. 2016年7月11日 22:45:25 : N1NSSgRYsc : sh5Da2H4b5w[87]
でも

もう1回選挙は必要だ

そのとき

その衆院選で

憲法改正を公約とする

憲法改正は

1発で決めねばならん

今は未だできない

裏切り者が存在している


9. 2016年7月11日 23:24:13 : Zdp8bcnNMg : U2u9@KNSCwo[73]
批判する 相手はボスの 亭主だぜ
だから安心 プロレスごっこ

10. 2016年7月12日 09:10:28 : 4StJrsGOiw : WlD54smH@BY[7]

お〜い「晋三の道」ヨ〜

憲法審査会のなかで色んな議論が出てくる?

その憲法審査会で3人の憲法学者全員が「集団的自衛権は違憲」であると断言した。

しかも「自民党」「公明党」が推薦した憲法学者までが!

それで慌てたキチガイ安倍総理は「憲法審査会」を以後封鎖した。

今回参院選では憲法改悪議論を封じ込み、野党野合批判・民主党政権時代政策批判・すでに失敗しているのに無理やり成果を捏造したアホノミクスしか街頭演説・党首討論では発言しなかった。

そして改憲派3分の2を確保すると、先に封印した憲法審査会を「質屋流れ寸前の質種」の如く引き出して来た。

こんな詐欺師キチガイ総理は今迄見たことない!。

「晋三の道」アンタ見たことある?

あ〜ぁ アンタがコメ打ちバイト詐欺師だから、毎日鏡で見てるか〜!?


11. 2016年7月12日 12:44:13 : ZmIxQ3PkF6 : kXycXtaJD_U[369]
2さん
お前さんの頭の方がおかしいみたいだよ(笑)
安倍好きが高じると頭もおかしくなるようだ

12. 2016年7月12日 13:14:53 : FbBFDZXOVv : pqHnTvH8E6U[222]
汚い手口で国民を騙すペテン師アベは絶対に許せない。
国会から即刻抹殺すべき。

13. 新共産主義クラブ[2217] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年7月12日 18:36:53 : 1MIqSkh9yo : GUS3M28ibjk[3]
>>12さん
>汚い手口で国民を騙すペテン師アベは絶対に許せない。
  
>>4(補足)
 
 司会者に「今度の選挙では、この憲法改正について、どう訴えるのですか?」と聞かれて、安倍晋三・自由民主党総裁は、「憲法改正は最終的には国民投票で決めるのだから、選挙前に、選挙後に憲法改正の発議を国会でおこなうかを表明する必要はない」と答えて、はぐらかしている。
 
 しかも、このはぐらかしの発言は、普通の人には、参院選後にも、国会では憲法改正の議論だけをおこない、憲法改正の発議は、もっと先の話であるかのように聞こえる言い方をして、国民をだましている。
 
 これは、本当に自由民主党総裁による国民に対する詐欺行為だといえる。
 
 このまま見過ごして良い問題か?
 
 
■NHK総合 日曜討論参院選22日公示 党首に問う
  2016年6月19日(日)9:00-10:15放送
  憲法改正についての安倍晋三首相の発言(動画開始後 1時間5分42秒〜1時間7分3秒)
  https://www.youtube.com/watch?v=r7oQRqoqSN4#t=65m42s
 
 【書き起こし】
 
(司会 島田敏男)
 
 自民党安倍さんに聞きます
 
 今度の選挙では、この憲法改正について、どう訴えるのですか?
 
(自由民主党総裁 安倍晋三)
 
 自民党は、結党以来ですね、憲法改正をすると明言しています。
 
 中身については、既に谷垣さんが総裁の時に作った草案があります。
 
 ただ、ここで、はっきりと申し上げておかなければいけないことは、憲法改正と普通の法律とは違います。
 
 法律は、いわば国会議員がそれぞれ過半数賛成すれば成立をします。
 
 国会の中でだけで完結をしますから、選挙の前に「これをやりますよ」、で、過半数をとれば、その法律を成立をさせていく
 
 しかし、憲法は違います。
 
 憲法は3分の2の合意を得た後ですね、国民投票です。
 
 正に、国民の皆様にお諮りするのは、この国民投票の時にお諮りをするわけでありまして、憲法を議論する、国民に諮るのであれば、逐条的に議論しなければいけませんし、我々は、そもそも3分の2、今回目指しているわけではありません。自民党、公明党でですね。
 
 この後、憲法審査会において、逐条的に色んな議論をしていく。
 
 私達も私達の草案がですね、そのまま通るとは思っていません。
 
 恐らく大きく修正されるでしょう
 
 そして、それで3分の2の多数を、これは与野党を超えて多数を得た後ですね、国民の皆さんに一票を入れていただく。
 
 憲法改正は国民投票が正に主役だということは申し上げておきたいと思います。
 

14. 2016年7月12日 19:19:32 : N1NSSgRYsc : sh5Da2H4b5w[101]
>>13
その通りだ

首相の言葉からは

選挙を題材に、もう1回選挙があることを伺わせている

憲法審査会通過後に

国民の皆さまに2/3を入れていただく

こう、はっきり宣言されている

憲法審査会を草案が通るのはコレからだし

草案の段階で選挙の争点としなかったことを責めるなど

池上はじめマスコミの方が異常であり

首相の方が数段まともだ

ここで衆議院を解散し同時選挙としなかったのは

このためだ


15. 2016年7月12日 19:21:51 : N1NSSgRYsc : sh5Da2H4b5w[102]
2年おきに12月に選挙というのもなあ、、、

もう衆議院の任期を2年にしたらどうか?


16. 2016年7月12日 22:55:53 : FbBFDZXOVv : pqHnTvH8E6U[227]
>>14

自民党工作員の言うことは無視です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ