★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 580.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
内部資料で浮き彫り “高度な通訳”に計1725万円のムダ遣い 東京都 「海外出張費」デタラメ検証(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/580.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 16 日 15:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

     


内部資料で浮き彫り “高度な通訳”に計1725万円のムダ遣い 東京都 「海外出張費」デタラメ検証
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185796
2016年7月16日 日刊ゲンダイ



15年仏英出張でパリのタウン・ホールを視察する舛添都知事(当時)/(C)AP


 移動はファーストクラス、宿泊はスイートルーム。任期2年4カ月で計9回、7カ国を訪問、経費は総額約2億4700万円――舛添要一前都知事の海外出張は都民の血税を浪費した“豪華大名旅行”と批判されたが、十分な検証を待たずに舛添氏本人は辞任。その後はウヤムヤだ。そこで日刊ゲンダイは情報公開請求により、都の海外出張に関する内部資料を入手。A4用紙3537枚に上る資料を精査すると、デタラメ実態が出るわ、出るわ。第1弾は通訳費のムダ遣いを浮き彫りにする。



 東京都は9回の海外出張のうち、実に7回の通訳「雇上げ」をサイマル・インターナショナル社(東京・築地)に委託した。いずれも競争入札を経ず“特命契約”による発注。通訳の総経費の約88%、約1725万円が同社に流れていた。

 いずれの内部資料にも特命理由書が添付されている。担当者による“コピペ”のようで〈高度な技術が不可欠。サイマル社は国際会議、都知事の通訳業務も豊富な実績があり、良好な成績で履行している〉と判で押したように同じ理由が繰り返されている。

 なぜ、競争入札ができないのか。改めて都に聞いても、「過去に知事通訳の十分な実績がある」(政策企画外務部管理課)などと、前出のコピペの内容とほぼ同じ回答を文書で送ってきた。

 サイマル社は日本初の同時通訳会社で50年の歴史を持つ老舗だ。1969年、アポロ11号の月面着陸の中継を同時通訳した国弘正雄元参院議員らが創設した。

 サイマル社の広報に契約の実態を聞くと、「都が当社に特命で発注しているとは知りませんでした」とこう説明した。

「会議通訳は国家資格がなく、客観的な技術の指標もない。どうしても経験と実績を重視して頼んでしまうのでしょう。都知事の通訳は、都政や知事の従来の発言を踏まえて的確に訳さなくてはいけません。出張前の事前準備も大変で、経験プラス勉強が必要。都には我が社が公開している料金の単価表に基づいて見積もりしています」

 確かに都の通訳委託の内訳書に記載された1日当たりの単価は10万〜12万円と、サイマル社の価格表通りだ。最高クラスの通訳の価格帯としては相場並みの料金である。

 だが、ここで疑問が湧く。サイマル社に委託した7回の出張日程で、“高度な通訳”を要する場面がどれだけあったのか、ということだ。

 例えば2014年2月のソチ五輪出張だと、舛添が到着後すぐに臨んだIOCのトーマス・バッハ会長らとの会談くらいなもの。会談当日と翌日の2日間の通訳費やその超過分などで計36万9500円を計上したが、当日の選手村の見学やスピードスケートの観戦、翌日のアイスホッケー決勝観戦に“高度な通訳”は必要だったのか。

 しかも、通訳の実働はこの2日のみ。以降は拘束費として3日間で計15万円を支出。さらに航空費や宿泊費などで計192万1140円を費やしていた。これだけの税金を使って高度な通訳を“寝かせ”ておくなんて嗚呼、もったいない。

 他の出張の資料を見ても、3〜5日の日程で、要人と会談する機会は1度か2度だけなんてケースがザラ。一言一句が緊迫する外交交渉ならともかく、ほとんどが表敬訪問だ。これじゃあ、せっかくの高度な通訳も宝の持ち腐れだ。税金を払う都民はもちろん、老舗通訳会社にとっても迷惑千万である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月16日 16:19:42 : vdnbOcZFxQ : tbogIQsIKBw[148]
観光ガイドなんて、言うこと決まってるんだし、情報はガイドブックやネットでいくらでも手に入るんだし。
テロとかよっぽどの事でもない限り、言葉なんか大して通じなくたって、迷子になってないか気にしてくれて、無事に連れて帰ってくれさえすればいいんだよ。

2. 2016年7月16日 21:46:49 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[772]
舛添は、韓国の血が入っているから韓国語の通訳はいらんのでないか?


3. 2016年7月17日 15:36:44 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[767]
  問題は、知事が幾らファーストクラスの飛行機代を出せ、といっても、職員が真面目で有れば、規定に沿って歳出する筈であり、通訳も、任意契約では無く公平に入札すべきだ、という流れに為る筈である。
  前例主義とは慣行の順送りであり、行政事務においては良いことでは無く、予算に関しては徹底して効率を加味すべきであり、また最終的な行政事務の結果責任者は立法府サイドから派遣されている知事であるところ、予算化に当たっては知事のサインを以て承認とするべきだ。ここで、知事の良識が判明する。
  ところが、国政もそうだが、肝心の立法府の人間が、行政府にいながら、納税者に代わる行政歳出事務の責任者としての自覚が全く無いのである。
  人事も、予算も、全て幹部級職員の胸先三寸で履行されているのが実態だろう。この道数十年の幹部職員に、前例はこうでした、と言われて引っ込むような知事では、都民の血税は失われる一方であろう。
  当然ながら、規定を外れた予算の支出に異議を唱えるような部下は部内で冷遇に合っているだろう。ひとたび上位から不適切との烙印を押されれば、二度と権限ある立場には昇れない仕組みであっては、無節操な歳出事務を是認し、奨励するような者しか権限ある立場には行かないのであるから、事務方の人事が部内で完結してしまっていることも、大きな問題である。
  かくして、例えば事業者社に専属委託することによって幹部職員の天下り先となったり、あるいは幹部職員が委託を受ける事業を立ち上げて専属委託を受けていたとしても、知事が知らぬ存ぜぬでは血税は幾ら有っても足りないのである。
  舛添が大名旅行だとして批判されたが、ほどなくして舛添の政治資金の使い方に焦点が移り、血税の、都を挙げての歳出事務の杜撰は無視されていたが、本来は、歴代新任都知事を囲む幹部職員が、部下に切らせる伝票が問題なのである。
  国広氏の当時と違い、今は留学経験者も多く、本来は間違って聞き取らないよう二、三人の関係者が同行し、テープなどで記録に残せば良いのである。
  それよりも、今やどこの国のトップも共通語である英語は癖が有っても喋るのであるから、それくらいの心得のある者か、自身の報酬を使って学ぶ意欲のある者が、首長になる事が必要であると思う。
  英語が出来ても日本の為にならない、旨言われるが、主権者はトップの政策の展開に期待する訳では無く、主権者の意向を内外にトップが正確に発信してくれれば良いのである。その都度トップの思想信条を披歴するのではないから、並み以上の通訳は不要であろう。
  予め議会でまとめた主権者の意思の反映として英語で原稿を作り、トップが説明出来れば良いのである。
  視察の成果は、記録を残しておけば、知事にやる気が有れば、報告書にて幾らでも議会で報告が出来るだろう。
  いずれにしてもベテラン職員に任せきりのナンチャッテ知事では駄目だということである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ