★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 629.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
参院選の争点が最後まで見えなかった理由 ニュース・コメンタリー(ビデオニュース・ドットコム)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/629.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 17 日 13:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

参院選の争点が最後まで見えなかった理由
http://www.videonews.com/commentary/160716-01/
2016年7月16日 ニュース・コメンタリー ビデオニュース・ドットコム


参院選の争点が最後まで見えなかった理由


 参院選は与党の勝利に終わった。選挙前より6議席増やした自民党は27年ぶりの参院単独過半数を確保し、おおさか維新などを含む改憲勢力としても、改憲発議に必要な参院の3分の2を超えるなど、自民党の強さが際立った選挙だった。

 一方の野党陣営は共産党が比例区で検討し議席を伸ばした他は全体として低調で、特に最大野党の民進党が14議席も減らしたため、与野党の勢力差は更に拡がる結果となった。

 安倍首相は選挙後の会見で、選挙戦の勝利を宣言するとともに、アベノミクスの一層の推進と憲法改正に向けた手続きを進めていく意志などを明確に打ち出した。

 一方、大きく議席を減らした民進党の岡田代表は、敗因について、選挙前に与党が野党との論戦を避けたために、争点を明確にすることができなかったと指摘した。

 「まともに戦って負けたのならしょうがないが、逃げ回られたので負けた気がしない」

 岡田代表はこのように述べ、安倍政権の争点隠しを批判した。

 確かに争点が見えない選挙だった。当初、安倍政権は消費増税の再延期の信を問う選挙と位置付けていたが、全政党が消費増税の延期を主張したために、最大の争点となるはずの消費税が完全に争点から消えてしまった。一方、野党が争点に据えようとした安倍政権の憲法改正に向けた姿勢については、そもそも自民党が憲法改正を争点に据えていない上、自公の連立与党だけでは憲法改正の発議すらできない状態にあるため、現実的な争点とは受け止められなかった。

 また、安倍政権が選挙前の党首討論を避けたり、メディアに細かい注文を付けるなどして、自分たちにとって不都合な争点が前面に出てくることを押さえ込んだ面があったことも事実だろう。

 しかし、やはり争点が見えなかった最大の原因は野党側にあったと言わなければならない。

 特に民進党は成長重視のアベノミクスに対して、再分配に力を注ぐ経済政策を打ち出していたが、消費増税の延期に賛成している民進党の政策では、そもそも新たな財源などどこにもない。そのため民進党が主張する再分配を実現するためには、どこから取って、どこに分配するのかを明示する必要があったが、民進党内にはいろいろな意見があり、そこまで踏み込むことができなかった。

 同じく憲法改正についても、民進党は安倍政権の下での改正には反対であるとか、憲法9条の改正には反対などの論陣を張って、何とか対立軸を浮き彫りにしようと努力はしていたが、そもそも民進党内に一定数の改憲派が存在することは周知の事実だ。この主張も説得力に欠けていた。

 結局のところ、最大野党の民進党が腰を据えて党内で意見集約を行い、自民党とは明確な差別化が図られた、なおかつ説得力があり魅力もある政策パッケージを提案できるようにならない限り、与党の優勢が揺らぐことはないだろう。争点が浮き彫りにならなかったのは、一重に民進党が自民党と明確に差別化された政策提案ができていないからなのだ。

 これで4回連続で国政選挙に勝利したことになる安倍首相は、秋の臨時国会で大型補正を含む景気刺激策の策定に早速取り組むという。また、憲法審査会で憲法改正の議論を前進させていくことに意欲を示している。膨らみ続ける財政赤字や、何ともできの悪い自民党憲法改正草案の中身を考えると、現在の路線をそのまま進むことについては不安も多いが、かといって今のままを続けていても、民進党が有権者の信頼を取り戻す道のりは険しそうだ。

 なぜ争点なき参院選になってしまったのか。戦犯は誰だったのか。どうすれば争点の可視化が可能になるのかなどについて、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月17日 14:10:02 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1151]
> 岡田代表は、敗因について、選挙前に与党が野党との論戦を避けたために、争点を明確にすることができなかったと指摘した。

こいつは社民党みたくの泡沫になる迄悟る事は無いのだろうかな。
尤も其処迄減れば自動的にそうなったもんだが最大の敗因は過去総括のサボタージュと、
余計な混ざり者のせいで視認性を頗る悪くして居る濁った旗色だ。
其処に在るのが第二自民党だと知っていて躊躇せずに投票する御調子ものが釣れる物なら釣って見せたが良い。
結果は此の有り様だ。
民の票を集めたいなら御用組合と縁を切ってビビッドになって見せろ。
責任転嫁で二度信用を貶めたと自分で解る感覚ぐらいまともに持て。今、うぬ等に対する巷の目線は其れ以上でも以下でもあるまい。


2. 2016年7月17日 15:32:01 : vW7J2lkXCo : VIWwekXlGP4[266]
コチラもメディア批判。

中島京子氏
「参院選後の各テレビ局の特番を見て、ほんとうに腹が立った。選挙がすべて終わったとたんに、どんな候補が出ていて、どんなふうに選挙戦を戦ったかを見せるって、どういうこと? みんな思ったはずだ。「そういうことは、選挙中にやって」。」
http://mainichi.jp/articles/20160717/ddm/002/070/061000c

公職選挙法にも問題があるのですかねぇ…
やはり放送法なのかな…


3. 2016年7月17日 15:49:32 : DkwqmygT32 : kudxFhXkmmU[33]
選挙前
岡田「増税無しで社会保障策を行うためには国債発行もやむを得ない」
安倍「民進党は国債で社会保障費をまかなう、という無責任な提案をしている」
選挙後
安倍「10兆円規模の経済対策を行います。財源は国債発行でまかないます」

これでは「明確に差別化された政策提案」も何もあったものじゃない、と思うのは私だけでしょうか?


4. 2016年7月17日 16:24:52 : MgNiAHovk7 : hyl3ak1b73Q[15]
メディア批判とか争点が見えないとか・・・・
誰かに情報や争点を与えられないとならないなんて
とんだ民度の国もあったものだ

各党がなにを訴えているかも、改憲に関することも調べれば
わかることだろう
後からどこの誰がなにを言おうがそんなのはどうでもいいはずだ
自分の一票は自分で調べてきめるべきなんだからな


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ