★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 159.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鳥越俊太郎氏が決意 「東京は憲法を守るという旗立てる」 注目の人 直撃インタビュー(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/159.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 25 日 09:25:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


鳥越俊太郎氏が決意 「東京は憲法を守るという旗立てる」 注目の人 直撃インタビュー
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186107
2016年7月25日 日刊ゲンダイ



野党統一候補として出馬した鳥越氏(C)日刊ゲンダイ


 この4年で3回目となる東京都知事選(31日投開票)は事実上、保守分裂と野党統一候補による三つ巴の戦いだ。安保法制反対デモの中心にいたこの人は、参院選の自公勝利を受けて告示直前に手を挙げた。それに対し、「なぜ都政?」と首をかしげる都民は少なくない。全候補者の中で最高齢の76歳。健康不安や準備不足を指摘する声も多いが、どう受け止めているのか。“究極の後出しジャンケン”で挑む決意を聞いた。

――大型選挙があるたびに、名前が挙がっていました。立候補の打診は以前から多かったと聞きます。なぜ今回は出馬を決断したんですか。

 正直言って、都知事選だけで3回打診を受けました。石原(慎太郎)さん時代の2回と、舛添(要一)さんが当選した前回です。でも、すべてお断りした。僕はとてもそんな任を預かる人間じゃないと自分で思っていたし、そういう状況でもないと思っていたので。

――今回はこれまでとどう違うんでしょう。

 日本の状況が明らかに違います。東京都を含む日本全体の空気が変わっていますよね。参院選の開票結果を見て強く感じたのが、日本全体がヤバくなってきて、憲法を変えてもいいんじゃないか、という雰囲気になってきたこと。国民投票までいってしまうんじゃないか。そんな中で、東京に「ちょっと待った」という旗を立てれば、日本全体に影響を広げられるでしょう。

――旗ですか。

 東京都は憲法をしっかり守る、という旗です。みなさんにも考えてもらいたい。東京から発信して、もう一回、日本全体を変えたい。それが出馬を決意した動機です。都政と国政は分けられない。東京都政の問題=日本の国の問題でもあるんです。都の予算は約13兆円、スウェーデン並みの財政規模ですから、いわばひとつの国です。東京という“国”が動けば、インパクトがあると思うんです。

――告示から1週間経ちました。選挙戦の感触は?

 反応はすごくいいですね。ビンビンです。遊説に行くと、街頭はどこも人でいっぱいになる。立すいの余地もないくらい集まりますよ。手応えアリです。十分勝負できます。

――街頭演説は1日2カ所ほど。他候補と比べるとかなり少ないですね。理由があるんですか。

 それぞれの陣営のやり方でしょう。僕は僕なりに戦っています。数が多いとか少ないとか論評する人がいるんだとしたら、勝手におやりくださいという話。僕はこれで勝つつもりでいますから。1日何回かは街頭(演説)をやっていますし、テレビ出演とか取材とか、メディアのオファーにはできるだけこたえています。

■76年間生きてきて今が一番元気

――高齢やがん闘病歴から体力面に不安があるという声が消えません。それで、ハードなスケジュールを避けているという見方もありますが。

 嘘だと思うかもしれませんが、76年間生きてきて、今が一番元気です。がんをやったおかげです。手術したりしましたから、健康や体に気を配るようになった。食事、運動、睡眠。ちゃんと注意しながらやっています。選挙期間中は控えていますが、普段は週に3回ジムに行って、2時間たっぷり体を動かしている。だから、筋肉もいっぱいついているんです。裸を見せたいくらいですよ。

――年齢や病歴による健康面の不安はない、と。

 僕には3つの年齢がある。実年齢、体力年齢、精神年齢です。実年齢は76歳だけれど、体力的にはその7掛けだと思っています。53歳くらいの気分です。体内年齢を測れる体重計があるでしょう。あれに乗ると、僕は48歳ですよ。それに、精神年齢は18歳。精神年齢は好奇心がどれくらいあるかで測るからです。僕の場合、好奇心の幅と量は年齢とパラレルしている。26歳から記者をはじめ、報道の現場を歩いてきた。好奇心をフルオープンにしないといろんな問題を取材できない。この年になっても好奇心が全く衰えていません。むしろ、18歳のころと比べると、好奇心の質量ともに充実しています。



40年来の友人である森進一も応援(C)日刊ゲンダイ


予算をモノから人へシフトさせる

――街頭演説ではがん検診100%や、安倍政権批判が大半で、都政に踏み込まない印象があります。政策の準備は追い付いているのでしょうか。

 政策? 十分に追い付いていますよ。演説場所によってテーマを変えているんです。バリエーションですよ。人間というのは、同じ話を何度もするのは嫌なもの。テレビキャスターをやっていた時によく感じたことなんですけどね。学者の先生などゲストは打ち合わせの時、すごくいいこと言う。ところが、それを本番でも言ってほしいのに、違うことを言うんです。人間は同じことを二度話さない習性がある。だから、僕もちょっとずつ変えているんです。

――主要3候補に数えられる増田寛也元総務相(64)や小池百合子元防衛相(64)との違いはどんなところでしょうか。

 調べていないので詳しくは知りませんが、増田さんは自民党の推薦を受けている。小池さんは自民党員です。僕は反自民、反安倍。安倍政権を支持しているかどうか。そこが最大の違いです。

――当選すれば、“反安倍知事”ということになりますが、改憲反対や脱原発など、国政とは異なるスタンスを東京から発信していくのですね。

 基本的にはそうですけど、実際にやるときにはいろんなところと話さなきゃいけない。“反安倍”という旗と、都知事として都政を執行する場合、違いは出ますよね。“反安倍”ばっかり言ってるわけにはいかないでしょう。安倍さんをはじめ、東京五輪だったら(東京五輪組織委会長の)森喜朗さんとも話し合わなきゃいけない。反対だから話をしない、そんな子どもみたいなことはできない。現実的な対応をしなければならない。合意点を見つける政治をやりたいですね。

――都政の重要課題をどうお考えですか。

 世論調査を見ると、都民が不安に思っているのは、高齢化や介護問題ですよね。これは待ったなしです。少子化も進んでいる。東京都の出生率は1・17で、全国最低です。共働き夫婦が多く、子どもの預け先がないことから出産を躊躇してしまうことが要因のひとつ。これも待ったなしです。働きながら育児ができる環境をつくらないといけない。保育所と保育士の両面を手当てする必要があります。予算をモノから人へシフトさせる。東京の将来を見据えて人にお金をかけます。

■都議会とは人間力をさらけ出して話し合う

――少子高齢化や保育問題はずいぶん前から俎上に載っていますが、ちっとも改善されません。

 知事の本気度によるのでしょう。決意次第ですよ。本気になればできないわけじゃない。実際には都議会と話し合っていくことになります。知事が決めれば進むわけじゃないので、誠心誠意やっていくしかない。

――少数与党になりますが、都議会とはうまくやっていけますか。

 僕の人間力をさらけ出して話し合うしかない。だまし討ちとか変な手を使うつもりはありません。当選したら、僕の後ろには都民の多数派がついているというのが大前提になります。都議も都民から選ばれていますが、都議は地域の代表で、都知事は東京都全体の代表。ある程度の差があるわけですから。

――都庁は約16万人の職員を抱える大組織で、伏魔殿という言われ方もします。かじ取りは大変です。

 スタッフを揃えなきゃいけませんね。僕の思いに共鳴してくれる人を集め、手足となって実行してくれる体制をつくらなきゃいけないとは考えています。

――選挙期間中に鳥越さんのスキャンダルを報じる動きがあります。

 僕のウイークポイントはおそらくね、年齢、健康、過去の女性問題。特に女性問題については何もないんです。ウワサがぐるぐる回っている。証拠を出して下さいよ、と言いたいくらいです。まったく身に覚えがないですから。おかしなことを書いたら、即座に名誉毀損で訴えます。

(聞き手=本紙・坂本千晶)

▽とりごえ・しゅんたろう 1940年、福岡県生まれ。京大文学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部、外信部(テヘラン特派員)を経て、サンデー毎日編集長。民放番組のキャスターも務めた。01年、桶川女子大生ストーカー殺人事件報道で「日本記者クラブ賞」受賞。












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月25日 10:12:11 : zFVz3WJuBj : 3VzibwvUTJc[1]
都知事の仕事は都民の生活環境向上、福祉向上、防災のために実行力を発揮することじゃないの?憲法は関係ないだろう。

2. 2016年7月25日 10:18:49 : ko7D6voqkE : MqUbGQI7@3Y[13]
> 鳥越俊太郎氏が決意 「東京は憲法を守るという旗立てる」

その前に鳥越俊太郎氏には「SEXスキャンダルを当事者として洗いざらい公表」して欲しい[註]。

[註] 鳥越「SEXスキャンダルを告白したクリントンは見直された。僕も当事者になったら洗いざらい公表」鳥越「SEXスキャンダルを告白したクリントンは見直された。僕も当事者になったら洗いざらい公表」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6303.html
さらに、女子大生淫行事件(準強制わいせつ罪及び強姦未遂罪)とは別件で、強烈な事案があるとの情報も実しやかに飛び交っている。
――――――――――
489 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 sage 2016/07/22(金) 13:34:23.51 ID:hBRIVHRr0
鳥越が日曜夕方のレギュラー番組を持ってた時代、番組の20代女性ADと不倫。
鳥越は離婚しこの娘と一緒になる約束をしたものの、彼女が妊娠したら突然豹変。
別れ話を切りだし堕胎を進める。
絶望の底淵でこのADは自殺。
両親宛の遺書には、鳥越への憎しみ恨み辛みがいっぱい書かれていた。
文春はその遺書を入手。


3. 2016年7月25日 12:58:01 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9019]
 都知事選に立候補することによって国政での護憲政党の立場を強める。本当の狙いはその辺かも知れない。

4. 2016年7月25日 14:55:48 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1217]
>>2
洗い浚い公表する宣言は、文春との法廷闘争開始の其れを以て既に出て居る。
(「裁判所で争う」は即ち「全てを衆人監視のもとに提示して争う」行為其の物である)
にも関わらず此の件に関して一々諄いのは窺う処とは別の目的を企図した悪意の反復では無いか?
其れは己の意思に依るものか何者かの有償乃至無償の依頼に依る物か。
このあなたのスキャンダルを当事者として洗いざらい公表して欲しい。
(件についてあなたの法廷闘争でも開始してみては如何か。
 この様に何時迄グダグダ反復せずとも一発で決着だ。なに簡単。
 件についての鳥越の行動をなぞるだけで良い。   もっとも…
 「『別の目的』を企図して」の事であれば
 「全てを衆人監視のもとに提示して争う」なんざ一切出来まい法廷にも持ち込めまい)

開いた理屈建てでは難しくて何云ってるか解らない? ならば一言に要約する。

    『諄い!』

(今度は短すぎて解らない?ならばもう一度上を読んで己の頭の悪さに臍を噛みながら理解に努めろ。
 其れでも解らないなら、他人様のせいにして解決する物は最早何も存在しない全ては己の不徳だから
 せめて社会の迷惑にならぬ様静かに暮らす事だ)

 

>>1
戦後の日本の警察は国家警察では無い。其れは過去の歴史の反省の下、地方自治の枠の中にあって運用される事になっている。
此の際警視庁にあっては東京都。当然件の予算は東京都民の税をもって予算され、主に東京の自治の一環としての
東京都下の自治に与する為の法人格が警視庁だ。
では今現在実態としての運用で何が起きているかを思い起こして欲しい。
警視庁管内に編成されている第一から第八、そして此れに所謂「マル特」を加えた9隊の内のかなりの
部分が海を隔てた遥か遠くの他県に赴き、
何をやっているのかと言えば、隊員の一挙一動にあって其の法的根拠が一々皆無な、「御協力」と彼らの呼称する物理的な 殴る 蹴る 痣だらけにする 締める 車で撥ねる 病院送りにする 等々の行為による
彼の地の自治への干渉だ。
此等が東京都の自治の為に拠出された予算の中から、そう云った東京都の本来の意図を離れているにも関わらず其れを費やして行われている。

では彼らは今現在何処の権限を以て派遣され行動しているのか?
中央政府だろう。東京都はその様な指示は全くしては居るまい。
(そもそも其れは足元の自治の根幹に鏡返しで何れ跳ね返る問題だ。東京都が彼の地に鑑賞する道理は基より無い)
消去法で考えても中央政府だし、いちいちそんな事はせんでも中央政府なのは誰に聞こうが衆知だ。

ではこれを、金の問題に単純化して考えて貰いたい。
「東京都民は、東京都税を通じて、現在東京都下の治安に全く与していない且つ、
 地方政府東京都庁の監理の及ばぬ処が現在実態である
 機動隊(然しそれでも都下は現在平安である)の予算の拠出をさせられているをもって、
 東京都の自治予算の中から中央政府に理不尽な収奪をされている」
のではないか?
これで国政問題に蹂躙される都政の構造が見えて来ただろう。

また今度は此れを地方自治の角度に単純化すれば
上の様にくどくどと並べずとも憲法の問題にフィードバックされて来る物だと理解も容易かろう。
(「鏡返し」と先述した。
 彼の地で行われている事は都下でも何れ起きる(実は局所的には既に何度も起きている))
この実態としての国家暴力装置から都民を守るのは自治東京都の役割に他ならない。
そして其れを根拠付けるのがまさに現憲法だ。

さて、思考実験を進める事で面白い発見が在る。
仮に警視庁予算拠出を機動隊分締め上げたと考えよう。
恐らく「五輪警備が云々」とか抜かし始めるに違いない。
まず此処で五輪無用の論拠が発生し始める。…面白い事だ。が、此れはこの思考実験にあっては小事だ。
改めて…、
警視庁予算拠出を機動隊分締め上げたと考えよう。
恐らく「不足分を国の予算から補填する」とか言い出すに違いない。
其れをやるのはアベ名物の「閣議決定」とやらだろう。或いは人間かまくらの再現か?
此処で一つ大きな問題が全国民の眼前に浮上する形になる。
此れは東京都政を切っ掛けにして全国地方自治、引いては日本の国としての有り様に物議を醸す意味でも面白い事になるのではないかと思うのだが、
それは即ち事実上、

    「国家警察」

に相当する物が出来上がる成り行きを意味するからだ。

此処にもって、
一大憲法問題が浮上する。
先の「鏡返し」の辺りで案内した問題の形が、国政暴走の結果として
より規模とその輪郭をはっきりさせる事になると思って頂ければ良い。
流石に此処迄来れば全国津々浦々何処の馬鹿でも事の重大さに気付くだろう期待する(ぃゃそれでもダメか…)。

面白い結論に至ったが、基よりその様な事態は御免である。御理解頂きたい。

 

> 都知事の仕事は都民の生活環境向上、福祉向上、防災のために実行力を発揮することじゃないの?

そうですね。

> 憲法は関係ないだろう。

てな具合ですので関係してた様です。
無い袖は振れませんし、都民も霞喰ってる訳でもありませんので生活も福祉も防災も遣り繰りです。
其処に自治が在ります。自治への強権干渉が在れば都民なり県民なりを其処から防衛すべきが自治ですし。
其れを担保するのが憲法かと思います。
今一度冒頭から良く噛んで読み返して頂ければ有り難い。

 
そして、
鳥越氏。
公約に件を大急ぎで盛り込んで頂きたい。
対立候補とのコントラストを浮き彫りにして且つ具体的に説明可能且つタイムリーな事案なのでアイキャッチも良い。
此れは武器になる筈だ


5. 2016年7月25日 17:18:23 : dRN2u9FbCQ : wE48qI0uX@U[1]
>>4
想像でものを言わないことですね。論理の飛躍で何を言いたいのか分かりません。簡潔さを欠いた長ったらしい論評は言い訳みたいで、読みにくいだけです。短く簡潔で核心をついたコメントを求めます。

6. 2016年7月25日 17:29:00 : Hi9E3d0F7Y : SvWSo8GupLY[37]
現憲法を守るという事は国民一人一人全員の命にかかってくる問題だ。
東京都民は全国民の10%にも及ぶ、当然1000万人の命にかかわる問題だ。
都民にとって大問題だよ。
その都民が憲法改憲はNOだと言えば憲法改正なと吹っ飛ぶだろうよ。
だから憲法を守る事を都知事選の問題にする事は一番大切な事だと思う。

憲法がアメリカから押し付けられたものだから変えなければならないという人がいるが、今沖縄で起きているヘリパット問題を考えてみよ。
ヘリパットが沖縄高江野村に出来たら150世帯の住民は福島の人と同じく高江で暮らしてはいけないと言う。
だからそれこそ命を張った抵抗をしている。
たった150世帯の高江の女や年寄りまで、政府から送り込まれたあの屈強な公安の500人もの人に、死に物狂いで抵抗している。

役所に訴えても「日本はアメリカに対して何にも物を言える立場にはないんですよ!」と高飛車に切り捨てた。

憲法がアメリカに押し付けられたものだから変えるというのなら、このアメリカの理不尽になんで政府は立ち向かわないのだ?

「憲法がアメリカに押し付けられたものだから変える」は嘘だって事はこれを見ても明らかではないか!

自民党政権維持の為に、自民党政府はアメリカにおべっか使って、アメリカの戦争に加担したくてたまらないのだ。
だからアメリカの要請に寄り添い、今の戦争の出来ない現平和憲法を「戦争の出来る憲法に変えたいと、「憲法を変える」と言っているに他ならない。

だから都議選で憲法を守る事を公約にすることは決して間違っていない!
戦争になれば第一番に東京がやられる事は必定だ。

戦争なんかで、幸せになれる筈はないのに、小池は戦争イケイケドンドンの候補だ。

戦争はすべての東京都民をの命を脅かすばかりか先の戦争を見ても誰だってわかるが何もかも全てを無くす事だ。

現平和憲法を守れ!

「集団的自衛権」行使容認とはアメリカとその同盟国の戦争に加担し、兵站の任務を負う事だ。
兵站の任務って分るか?
弾薬・クラスター爆弾・ミサイル・核爆弾・科学兵器・車両(戦車も含む)・その補修人員・兵・食料・医薬品などなどおよそ戦争に必要な物資の調達を日本が担うという事だ。
それは防衛大臣が、国会でそう答えている。
ちゃんとyoutubeに残っているよ。

調達って言ったって、それらをどこから調達するのだ?
そんなものをどこから調達すると思うのだ?
日本が製造するに決まってるだろう。
自衛隊に被害が出て兵士が足りなくなったら、どこからその兵士を調達するのだ?

だから決して都政に無関係ではないのだ。


7. 2016年7月25日 19:12:35 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1221]
>>5
では読解力のないあなたに>>4から纏めよう。
貴方が「想像」とやらの雲に乗って転寝している今の、下界にあっての現実を以下二項で提示する。

1)1-1.法廷は公開である。 1-2.既に法廷闘争を宣言している。
(あなたがネイティブである事が前提で要約した。
 此処で日本語教室を開くつもりは無いので省略された名詞の其れに関する
 日本語文法の有り様の解説は其れ専門のサイトに任せる)
2)2-1.警察は地方自治の予算から運用されている。
  2-2.現在警察は出費した自治体の治安に与しない活動に其れを浪費している。
  2-3.自治体はこの警察活動に積極関与できて居ない。
  自治体以外の主体が警察の活動(命令)をコントロールして居り、其れが都税浪費の主因である。
  2-4.然しながら、都税からの警察予算出動のみは間違い無く自治体の管轄下に在り、抑制措置が可能である。


補)不足の警察予算を予算を国が拠出し、調節コントロール下に置いた場合、
   其れは事実上の「国家警察」の有り様であり、
   憲法に於ける自治の理念に反した物が具現化する事になる。

まだ想像と仰るなら、
あなたが今夜食べた夕食も私の其れも、恐らく仙人の霞か何かなのだろう。


8. 2016年7月25日 19:45:13 : BGfEDTdhdM : W7mPr6dCvBk[1]
なにより大事な政治家の役割は、まず第一に! 住民の命を守ることだよ!

9. 信陵君[212] kE2Xy4xO 2016年7月25日 22:43:55 : bOe8YvxgKU : iaHnQrHc@zs[97]
東京都も日本の一部である。憲法擁護することは都政と無関係ではない。大いに関係あり、憲法が守られてこそ、生活環境向上、福祉向上、防災が生きてくるのだ。憲法が変わり、人権侵害酷かったら、生活、福祉、防災が何の役にたつというのかね。

10. 2016年7月25日 23:14:56 : Hi9E3d0F7Y : SvWSo8GupLY[38]
憲法が自民党の草案のように改悪されたら、それに付随して「緊急事態法」も可決されます。
その「緊急事態法」が何より恐ろしいのです。
ドイツのヒットラーがあのように独裁が出来たのはワイマール憲法に付随して「緊急事態法」が有ったからです。

つまり時の総理大臣の気分次第で、何をやっても勝手であると言う法律なのです。
時の総理大臣が「今は緊急事態である」と言うだけで、何でも勝手が許されるという法なのです。
証拠もなしに誰でも逮捕出来るし、「ここに放射能処分場を造ります、これは総理大臣の命令です」と言えば反対運動などするものなら即逮捕も可能になるという事です。

今の沖縄の高江のヘリパッド建設と同じに問答無用なのです。

誰の土地だろうと国家が必要とあれば召し上げも自由です。
それが一事が万事って事ですから。

自民党政権がそれを可決するという事は、自民党政権はもう不滅という事です。
政権がひっくり返されそうなら、「緊急事態です!」を発令すればいいのですから。

小池ゆり子は安倍晋三・稲田朋美ら400人以上からなる戦争推進の「日本会議」のメンバーです。
沖縄の高江村は世界でただ一か所、アメリカが戦闘訓練をしている場所だそうです。
ISやその他のアメリカと敵対する国にとって、日本が標的にならないとも限りません。
もし標的になるとしたら、東京や、原発自治体が一番狙われるに違いありません。

だから

平和憲法の改正は決してあってはならないのです。
日本を戦争の出来る国になどしてはならないのです。
それゆえ戦争イケイケドンドンの、憲法改正賛成の、小池ゆり子などを都知事にしてはならないのです。

依って、鳥越氏の「憲法問題を第一に考える」は正しいのです。

あなたの息子や娘が戦争に反対する未来を生きたいと願う事をあなたは阻止することができますか?
逮捕されるかもしれないからやめなさいと止める自信がありますか?



11. 2016年7月26日 06:35:01 : EYCSp0M8Tw : qnio2lBwNco[305]
憲法以前に、女性の人権を守らなきゃダメじゃん。

12. 2016年7月26日 07:41:30 : PpQztwMDdI : ybwqm6I63Iw[1]
当時の鳩山総理は、「国民の命をまもりたい」と言いました。
多くの人は、「何じゃそりゃ?」と思いました。

いま、・・・国民の命があぶない。

改めて思う。国民の生活が第一。


13. 2016年7月26日 09:04:31 : Hi9E3d0F7Y : SvWSo8GupLY[40]
>>11
>憲法以前に、女性の人権を守らなきゃダメじゃん。

あんた!言っていることが真逆だよ!
言うべきは

「女性の人権を守る」なんていう前に「老若男女すべての日本人の命を守る平和憲法を守れ!と言うべき!」でしょうがっ!

鳥越氏の「平和憲法をまもれ」が正しい。

憲法を改憲されたら、それに付随して「緊急事態条項」も可決されてしまうんだよ。
知らぬが仏なんだろうが、それがどんなに恐ろしい法律かあんたは知らない。

「緊急事態法」が可決したら女性の人権どころか日本国民の人権そのものが全部なくなるんだよ!日本国民の人権が根こそぎなくなってしまうのに、女性の人権もへったくれもあるものか!それが分らんのか?あほがっ!

あんたは蛇の頭も尻尾も見分けのつかないあほだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ