★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 228.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フィリピン担当の第14軍の司令官だった田中静壱は生長の家の信者、彼の副官は創価学会顧問に(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/228.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 26 日 17:55:16: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

フィリピン担当の第14軍の司令官だった田中静壱は生長の家の信者、彼の副官は創価学会顧問に
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201607250000/
2016.07.26 11:52:03 櫻井ジャーナル


 安倍晋三政権を支えている「日本会議」は1997年5月、「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」が統合されて誕生した。そのうち「日本を守る会」は1973年6月に神社本庁と生長の家などが伊勢神宮で開いた懇談会を母体にして創設されている。現在、「日本会議」の事務局的な役割を果たしているという「日本青年協議会」の多くのメンバーは「生長の家」の創始者である谷口雅春を信奉している人びとだという。

 世間に流れている経歴を見ると、この谷口は1893年11月に兵庫県神戸市で誕生、早稲田大学文学部を中退して大本教の専従活動家になっている。大本教は1921年と35年に不敬罪で弾圧を受けているが、谷口は22年に教団から脱退、30年3月に「生長の家」誌を自費出版、その発行日が立教記念日だとされている。神道、仏教、キリスト教、ユダヤ教、心理学、哲学などを融合させたという「生長の家」の誕生だ。

 谷口が所属していた大本教は出口なおが開祖で、娘婿の出口王仁三郎が教団を発展させた。第1次弾圧の公判中に出獄して中国東北部へわたった王仁三郎は張作霖の保護下、大本ラマ教を創始、1924年から中国で紅卍字会と手を組んだようだ。紅卍字会は1922年に設立された宗教団体で、儒教、仏教、道教、キリスト教、イスラムの5教は一元であると主張している。この主張が谷口に影響を与えた可能性もあるだろう。

 「生長の家」が設立された13年後、ひとりの軍人が信者になったと言われている。第14軍司令官だった田中静壱だ。第14軍はフィリピン方面を担当、1944年7月に第14方面軍に改編された。

 第2次世界大戦でドイツがヨーロッパ各国の中央銀行などから金塊を盗み、戦後、それがアメリカの支配層へ流れたことが知られている。いわゆる「ナチ・ゴールド」だ。

 日本軍は1937年から中国で財宝の略奪を組織的に始めたが、中国はヨーロッパと違って財宝は個人が管理、そこで官庁や銀行だけでなく、富裕な家に押し入って金や宝石などを盗んだという。

 その盗んだ財宝は一旦、フィリピンに集められ、金塊は東京にあるスイス系銀行、マカオにあるポルトガル系銀行、あるいはチリやアルゼンチンの銀行に運び込まれたが、その途中に戦局の悪化でフィリピンから運び出すことが困難になり、相当部分が山の中に隠されることになったという。(Sterling & Peggy Seagrave, “Gold Warriors”, Verso, 2003)

 隠匿工作を実行したのは第14軍/第14方面軍で、司令官は1942年8月から43年5月までが田中静壱、43年5月から44年9月までが黒田重徳、そして最後が山下奉文だ。フィリピンに隠された財宝は「山下兵団の宝物」と呼ばれることがあるが、山下が赴任してきたときは工作の終盤。実際は田中や黒田の時代で、指揮していたのは秩父宮雍仁、その補佐役は竹田宮恒徳だったとされている。(前掲書)

 「真相」誌1953円11月号によると、略奪したダイヤモンドの大半を1943年3月にふたりの将校が日本へ持ち帰ったという。そのひとりが田中静壱の副官になる塚本清(通称、塚本素山)少佐だ。「生長の家」の信者だった田中は1945年8月24日に自殺、塚本は敗戦後に「実業家」として名をなし、1961年には創価学会の顧問に就任している。

 戦後、もうひとりの将校が持ち帰ったダイヤモンドは千葉銀行へ運ばれる。同行の頭取は古荘四郎彦。この人物の兄、古荘幹郎は陸軍大将で、陸軍次官を務めたこともある。このダイヤモンドは1945年3月にどこかへ運び出された。その行き先は不明だが、熱海に本部を置いていた某教団だとする説がある。

 兜町の古老らに聞くと、その後、千葉銀行は情報や相場の関係者が出入りするようになり、児玉誉士夫の側近と言われる吉田彦太郎など怪しげな人物の巣窟のような存在になっていたという。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月26日 20:23:22 : e215b3DsOs : oHsKCPiwWF0[387]
塚本素山が会員のころは学会は池田会長ではなかったのでは?

三菱財閥とは親しい人のようでしたが

彼の自宅は美術館になっていて、行ったことがあります。刀剣とか多い

あと、数寄屋橋次郎という寿司屋のある塚本ビルの持主として有名ですね


2. 2016年7月26日 20:51:13 : XYQ4wYAl2c : bWnJ173sJrA[34]
『黄金の百合』作戦のNo2でもあった竹田宮は、『731』にも関わっていました。
【731】●731部隊に直接関っていた担当は天皇の従兄弟である皇族・竹田宮恒徳王(宮田参謀)で、天皇の弟・三笠宮も視察していた。竹田宮恒徳は関東軍作戦主任であり、731部隊の担当で、731部隊や他の部隊に金を調達する首席主計官の任にあった。また、竹田宮は731部隊や、家畜や軍馬などの動物に対しての細菌攻撃研究にあたった100部隊などの事業を監督するための、特別委員会の幕僚メンバーを務めた。731部隊新設の命令には、天皇の印鑑が押されていた。
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=7
【竹田宮】●竹田宮はコードネームとして、Kimsu Murakusi と名乗っていたと指摘しているが、これはどう見ても日本人の名前ではない。強いて言えば、朝鮮人だ。実際には、彼は「宮田参謀」という秘匿名を名乗っていたという。
http://amesei.exblog.jp/5032631/
【黄金の百合】●黄金の百合作戦(レッ・ボルテール:山下の黄金の「伝説」)
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/768.html
【小野田寛郎】●戦争に名を借りて人殺しをしていた小野田 寛郎ごときのため、政府はなぜ、3億円を払ったのか
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/226.html
・3億円をフィリピン政府に支払ったのは、口止め料でしょ。
・騒動後に日本政府がフィリピンに供与した3億円も、何やら別の意味があったかもしれません。
・つまり、隠されている隠匿物資の監視だ。参謀本部は戦争終結を見込んで、終戦になっても誰も財宝に近づけないように小野田さんを派遣したのだろう。その任務を解く事が出来る人間は限られていた。小野田さんに指令を出したのは竹田宮だった。
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/226.html#c3←コメント3

3. 2016年7月27日 11:05:26 : VYyK1mAchc : I8@PpubYefg[5]
 
 
  新右翼団体「一水会」顧問   鈴木邦男
 
 
 一水会をつくって二十年。学生運動を含めると二十五年以上、この民族派の運動をやってきた。それを支えたのは何もイデオロギーでもないし、三島由紀夫でもなかった。生長の家で学んだ宗教的、精神的なものだったと思う。そうした内面的なものがなければ、とっくの昔にこんなことはやめていただろう。・・・・・・
 
 今、大川隆法氏が政治改革経済改革と言っているが、二十年以上前に生長の家では同じ事を主張していたのだ。あっ思い出したぞ。あの頃は、霊的学問大系の樹立とか霊的文化大系とかも言ってたなー。生長の家の総論は谷口雅春先生が述べられている。だから各論は俺たち学生がつくるのだと意気に燃えていた。 ・・・・・・
 
 宗教には昔から関心を持っていた。いや、関心なんてものじゃない。母親が生長の家という宗教団体に入っていた関係で、小学生の頃から生長の家の神童会に時々行かされていた。中学生になってからは、三泊四日の中学生練成会に参加した。高校では生高連の宮城県の責任者だった。それに高校は東北学院というミッションスクールで毎朝、礼拝があった。
 
 だから、もの心がついた時から宗教の中にひたって生きてきたようだ。大学に入ると生長の家の学生道場に入り毎朝四時五十分に起きてお祈りをした。それを六年間、一日も休まずに続けた。今考えても、すごいと思う。生長の家の学生組織「生学連」の書記長をやり、それを基盤にした民族派の全国組織「全国学協」を作り、そこの初代委員長となった。
 
 そして、三十年近く、この民族派の運動をやってきた。こうしてみてくると筋金入りの宗教活動家のようだが、そうでもない。生長の家は、信じられないほど明るく自由な宗教だった。いやなこともあったが楽しかったことの方が多い。生長の家の運動の中で青春を燃やし、一途に生きてきた。無神論者から見ると、その頃の僕なども「狐つき」であり、「クレージー」に見えたかもしれない。
 しかし、信仰を持ち、宗教活動に打ち込めたことは本当に素晴らしかったと思う。何ら悔いることはない。
 
 
 鈴木邦男氏と生長の家「生長の家とは何だったのか? 人類光明化運動とは何なのか」
 http://blogs.yahoo.co.jp/indianphilosophy2005/32996534.html
 
 
 

4. 2016年7月27日 11:14:26 : VYyK1mAchc : I8@PpubYefg[6]
 
 
   【猿ではわからない難しい「日本会議」???】
 
 
 「日本会議」を単なるカルト集団と言って切り捨てられるほど簡単な奴らではないのである。
 
 つまり なかなか手ごわい相手であると言わざるをえない。
 
 ただのネトウヨと侮れないのである。
 
 特殊な知名度を持つ(学者としてではなく)百地章だが、日本会議をとりまく「一群の人々」の中ではVIPとされているのである。
 
 その彼が静岡大学を卒業したのが1969年。
 
 ちょうど東京では、長崎大学の椛島有三(冒頭の写真)を中心として『全国学協』が結成されたころだった。
 
 全国学協とは「生長の家」の信者学生の運動を軸として「民族派学生の全共闘」をめざして結成されたもので、あくまでも運動目標は「左翼・セクト学生運動(僕はこっちの方にいた)との闘争」にあった。
 
 そのため 民族派学生運動のなかから「闘争一本やりではなく、サークル団体として学生たちに文化的な活動を通じて思想教育をする運動体が必要だ」との機運が高まり、
 
 その結果生まれたのが、『全日本学生文化会議』であり、
 
 この『全日本学生文化会議』も生長の家の信者学生の運動とその周辺にあつまる民族派学生の運動(その全国のリーダが鈴木邦夫さんであった)を母体として組織されていった
 
 という覚えがある。
 
 
●「日教組とマスコミと日本の左派が恐れてやまない日本会議と生長の家と安倍首相。」(無邪気な脳天気 小我観を見抜き、挫く。)
  http://blogs.yahoo.co.jp/tptakai/14304752.html
 
 

5. 2016年7月27日 13:14:43 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[13]
政教分離で 政治と宗教は切り離すべき。

宗教てのは本来は キリストの説く「愛」 仏教の「慈悲、貪欲をすてる」

とか、清く正しい生活をせよと教えている。

もともとは金儲けや 政治とは離れていた。

ぶっちゃけていうと、心の中 心を平和な心にする を目標とするもの。

そのための方法を 教えを説くもの。

学会その他宗教団体が政治活動に重点をおくのは、本来の役目を離れたもの

と考える。 


6. 2016年7月27日 20:16:29 : hynQAM2ChA : vsEz3OLWJF4[57]
生長の 家から巣立つ 戦場に

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ