★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 626.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
これから沖縄基地問題の論戦は格段にレベルアップする 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/626.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 04 日 08:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             現職大臣の島尻安伊子氏を大差で破り初当選した伊波洋一氏(C)日刊ゲンダイ


これから沖縄基地問題の論戦は格段にレベルアップする 永田町の裏を読む
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186998
2016年8月4日 日刊ゲンダイ


 先の参院選の沖縄選挙区で現職大臣の島尻安伊子を大差で破って初当選した伊波洋一議員に、8月1日初登院の夜にお目にかかった。

「選挙前には接戦かと言われていたのに、大差でしたね」と称えると、「ええ、おかげさまで10万6400票差でした」と晴れやかに言う。市町村別の得票数を見ても、従来は自公両党が強かった石垣市や宮古島市でも互角に近いところまで票差を詰めており、「明らかに『オール沖縄』勢力が力を増している」とのことだった。伊波さんの勝利で、沖縄の衆参すべての選挙区から自民党が駆逐されたことの意義は大きい。今後は、同じく沖縄から参議院に出ている沖縄社会大衆党の糸数慶子議員と新会派「沖縄の風」を結成するとともに、民進党リベラル派を中心に社民、生活の一部など40人余りがつくる超党派の「立憲フォーラム」にも参加して活動を展開するという。

 伊波さんが国会に乗り込んできたことで、私が期待するのは、沖縄の辺野古はじめ基地問題や、その背景となる米軍再編、海兵隊の動向などについての論戦が格段にレベルアップするだろうということである。彼は、県議2期、普天間飛行場の地元の宜野湾市の市長2期という公式プロフィルには出てこないが、実は沖縄では誰からも一目置かれている軍事問題研究家で、市長時代には市の予算も使って膨大な米軍関係資料を収集し、翻訳し、分析してホームページで公開した。私たち沖縄基地問題に関心を持つ者にとっては、この「伊波ファイル」は貴重な情報源だった。今もその研究熱心さは変わらず、例えば「世界」の今年1月号には「沖縄は新基地を拒む」を寄稿してその最新の成果の一端を披露しているので、一読をお勧めする。

 伊波快勝に報復するかのように、日本政府は開票翌日の早朝から、本島北部・高江のヘリパッド建設の強行に着手、本土から動員した機動隊員を使って、ピケ隊の暴力的な排除を始めた。そのことを話題にし、建設工事やオスプレイ飛行でヤンバルの森に生息する特別天然記念物の県鳥「ノグチゲラ」や、準絶滅危惧種のチョウ「リュウキュウウラボシシジミ」の生息環境破壊が危ぶまれていることに触れると、彼はすぐに「あ、それは平成12年9月に日米が合意した『環境原則に関する共同発表』とそれに基づく米軍の『日本環境管理基準』への明白な違反ということで、政府を追及できます」と、日付から文書名までスラスラと口をついて出てくる。外務・防衛官僚がタジタジになるのを早く見たいものだ。


高野孟 ジャーナリスト
1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月04日 09:38:52 : VmoJnQfY7s : Uq4cr5fT4k8[158]
今週末から週明けにおいて、高江の沖縄圧殺第二弾が始まろうとしています。
前回N1ゲートにて、国が暴力と無法の限りを尽くして県道の無根拠閉鎖、県民国民の無根拠交通規制、無根拠の車両移動、テント小屋の排除、いずれも国や防衛局、警察も機動隊も明確な法的根拠の提示ができていません。

前回の沖縄圧殺に引き続き、今週末までにN1ゲート裏と言う所に置いてある車両とテントを撤去しなければ所有権を放棄したものとみなすと又もや出鱈目言いたい放題の言葉で県民を脅し、嘘の基に暴力をふるい沖縄を圧殺しようとしています。

今回は大勢の国会議員、市町村議員もこの国の横暴に立ち向かうとして沖縄高江に来ると言っています、国は此れ以上の恥を国民の前や全世界に晒すべきでは有りません、静かにお引取りをお願いします。


2. 2016年8月04日 09:50:14 : wim17cpV0Y : gzOYGdWn3ys[2]
日本こそが人権を完全に無視した悪魔の国である。
外国勢力に積極的に売国する政府なんか世界中のどこにも存在しない


3. 2016年8月04日 10:59:01 : x1hyXjzEkk : ri3WgfKaPLg[141]
>02
そうです、日本人が日本人を虐待して何とも感じない国民もどうかしている。抑止力という言葉で日本人は縛られているのだ。暴力の国と仲良くすれば日本は安心と考えたら大間違いだ。暴力の国が裏切る事はないと考えたら大間違いだ。世界中を見るがいい。暴力の国と仲良くして良くなった国は一国もない。
ムサシが何かの都合で誤作動して鳥越さんが知事になることを期待したが、残念ながら誤作動しなかった。単純ソフトだから誤作動はしないのだろう。今から何を言っても詮ない事だが、もし鳥越さんが知事になったら翁長さんと協力して宗主国の支配から日本が独立するきっかけを作ってくれると期待していた。魂を抜かれた日本国民はもう人間ではない。街頭のインタビューを聞いても反吐が出るほど無知でバカだ。小学校低学年の大人の集団だ。彼らにまともな常識や意見が理解できるはずはない。逆にすばらしい日本政府や安倍さんを批判する異端分子と避けるのが落ちだ。長年に渡ってすばらしいアメリカと教育されて育ってきたバカ国日本のバカ国民を覚醒させる手段はない。

4. 2016年8月04日 16:55:34 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[805]
03>さんに同意。沖縄の事を報道しない、沖縄の事を学ばせない、という事もあるが一番の癌はマスコミ、マスコミさえニュースで大々的に流せば嫌でも国民に知れる、NHkは一度もニュースにしない、これが公共放送なのか本当にひどい。政権はそれを意志的にさせない。本当にひどい売国安倍政権。

5. 2016年8月04日 21:02:59 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[948]
●我々は、鳥越さんにまだ期待を持っている。

>(菅原)文太氏と奥さんと鳥越氏は辺野古基金の共同代表です。

ということです。

これから沖縄と首都東京の横田基地などを中心に、日本全国に広がる基地問題や、その治外法権の基盤となっている「日米地位協定」など、従来タブー視されていた日米関係の異様な姿が問題となって浮き上がってくる。

そのときにジャーナリズムの国民に対する情報提供が重要となりますが、「安倍のマスゴミ」と化した今の大手マスゴミには何も期待できません。

鳥越さんにはジャーナリストとして、あるいは政治家として再び表舞台に立って活躍していただきたいと思います。


6. 2016年8月05日 02:37:15 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[836]
  伊波氏はかなり理論武装が出来る方のようであり、それゆえ沖縄県民は彼を国政に出したのだろう。真に頼もしいことである。
  首長と組んでオール沖縄で、あくまでも観光立県として生きて行くことを旨として頂きたい。
  本土も、大分気温、水温も上昇したが、環礁地帯はあくまでも遠浅であり、リュウマチを患った社長さんが三か月滞在したら治った、というくらいの、美しい、万人の癒しの地である。
  しこたま日本政府が米軍から買い込まされた大型兵器は、もはやテロが散発し、空爆をすればするほどテロが拡大する今、停戦活動や、難民支援、戦闘員の社会復帰など、ソフトな対策こそが鍵であるとする認識となりつつある時代、核兵器同様に、無用の長物となりつつ有る。もはや、アジアに紛争地を探すか造り出すかしなければ大型兵器の使い道が無いほど、世界は荒廃が進んでいるのである。
  米軍は、好戦型で議会が全く機能していない日本をカモ葱と狙いを付け、防衛、財務官僚のところにロビイストとして押しかけて具体的な交渉を交わし、次には首相を艦船や戦闘機に試乗させて喜ばせつつ国会で法案を可決させ、晴れて持て余し始めた巨大兵器を高額で売り渡す、という算段であろう。
   その大型兵器駐機場、はたまた、アジア諸国へ転売するための展示場、試用会場として、沖縄が選ばれたということだろう。
   辺野古、高江は巨大兵器収用基地として、宮古島、石垣島等は軍事訓練基地としての活用が企図されており、軍事要塞としての浸食が著しいのである。
   従って、これまでは「珊瑚で飯が喰えるか」と言っていた保守系の沖縄人までもが愈々、冗談じゃあない、との危機感を抱き、オール沖縄として団結する決意をしたと言えるだろう。
   今、政財官にロビイストとして来日し、陳腐化した大型兵器を法外な価格で売り込む者は皆米軍事関係者であろうが、広い米国には多数の議会関係者がおり、その多くは非戦論者であるところ、オール沖縄チームは、同じ米国でも、米軍産複合体と米議会は全く性質を異にすると認識し、非戦論を唱える議員集団を味方に付けるべきである。
   いずれにしても、知事に承認事項が多数用意されているということは、地方自治の独立性が保障されているということでもある。中央が、単に大型公共事業の建設後の維持費用を地方に持たせるために意図的に法制化したとしても、そんな理由は公式には通用しない。
   法的には、地方自治の尊重理念が原則にあるからこそ、原発、軍事基地、大型公共事業等、知事の承認を必要とする政策事項が存在するのである。
   とにかく、理論派である伊波氏は、知事と共に、「珊瑚で飯を喰って行く」と肝を据え、観光立県沖縄を取り戻すべく尽力して欲しいと思う。

7. 2016年8月05日 15:01:46 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[961]
沖縄県は世界に誇れる観光リゾートとして大変貌可能なのです。

そこを米軍基地が占拠しているとはなんとももったいない話です。

まして、米軍がグアムに移転するといいっているのを日本の害務省が引きとどめているとはいやはや。

「死の商人」日米軍産複合体と利害が一致する害務省と自公政権とゼネコンが利権漁りに沖縄県を始め日本を食い物にしている。

銃もやめられない、武器・兵器もやめられない。

そして戦争もやめられない。

「死の商人」達が生き残りをかけて極東に戦争を起こそうとしている。

「死の商人」が生きるために国民が戦争に巻き込まれて死んでゆく。


8. 2016年8月06日 09:52:06 : zg1YRxpIbw : cSDbYo4x1Do[56]
そもそも自分らの国を自分らで守ることを原則とする意思をもたない。
いまだ、国家の統合的命令系統が存在しなくてもかまわないのか、
国家元首不在の逝かれた国だ。
戦争反対も平和憲法厳守連呼もいいが、やっていることは政治家叩きや匿名ネットでのバッシング強化とか平和とは反対の足の引っ張り合いや被害者や弱者見殺し放置や精神的内戦内乱の結果にしかなっていない。このように問題山積みでも統合化
し真の平穏な環境を作ること意志は不在だ。

従来慣習の惰性放置であり、結果として米国依存と隠れた縦割り行政慣習依存強化にほかならない。断片的な社会問題が生じるたびに官邸からの指示なのか知らないが、官僚も統制のとれない規制監視をしぶしぶ作っているようだが、そのたびに天下り確保の甘い汁を用意してなんとかバランスを保っているだけにすぎない。

枝葉末節の問題処理の都度、個人の首を絞める意味不明の法制度
でますます息苦しく、不満解消に誰かを卑下したり叩いていくしかなく、
悪循環の終了ゾンビ街道から脱線することはない。
ホームレス襲撃も、小学生無差別殺戮も先の障がい者無差別殺戮も病根のウイルス
は同じだろう。

本日のように原爆投下された日でも、その都度悲惨な出来事として情緒的な習慣報道しているに過ぎず、現在の国家統制崩壊の平和とは程遠い修羅世界の日本の現実を直視し根本の問題を洗いなおそうとしない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ