★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 781.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
極右の防衛大臣の下での、安保法を前提とする自衛隊派遣(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/781.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 8 月 07 日 22:26:23: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201608/article_6.html
2016/08/07 22:07

安保法が強行採決されたが、国民の中にはもうそんなことがあったことは忘れてしまった人も多いだろう。その中、ネット情報では匿名の自衛隊員の陰の声として、実弾を使った実践訓練が圧倒的に多くなったと出ている。参議院選挙が終わるまでは、安保法を前提とした自衛隊の派遣はないと言われていた。

ここに来て、いよいよ「駆け付け警護」などの新任務に向けた訓練を開始する方針を固めたと書かれている。訓練を開始するとあるが、前述したように、もう訓練は始まっていると見てよい。南スーダンのPKOの交代要員として11月に青森の陸自第5普通科連隊の名が挙がっている。

自衛隊員は自分のやっている業務は、家族にも言ってはならぬ非守義務があるので、家族には本当の訓練の内容等は言えない。しかし、南スーダンに夫、子供が行くことはわかる。今までの派遣部隊は、警護している場合も、相手との交戦は基本的に禁じられているが、助けを求められれば、駆け付けて銃器を使って制圧しなければならない。格段に危険度が増す。当然、死者が出ることを覚悟しなければならない。家族に補償金が入ってきても、死者は帰ってこない。自公に投票した支持者は、この重大性をどこまで認識しているのか?

皮肉にも、歴代防衛大臣の中で、最も右寄りの稲田氏が就任するのも因果なことである。ツイッターで、稲田氏を右翼と言うなら、国民のほとんどが左翼になると言っていた。したがって、稲田氏は極右と呼ぶべきであると書かれていた。なるほどと思う。安倍首相もこのタイミングで稲田氏を選んだのも、考えがあってのことだろう。何もないことを祈るだけだ。


月内にも新任務訓練開始 安保法、11月付与も視野
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016080701001427.html

 政府は、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」など自衛隊の新任務実施に向け、月内にも訓練を開始する方針を固めた。陸上自衛隊が参加する南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で11月に派遣予定の11次隊への新任務付与を視野に入れる。近く訓練開始について正式発表する見通しだ。政府関係者が7日、明らかにした。
 新任務を実際に付与するかどうかは、現地の情勢や新任務に対する部隊の習熟度合いなどを見極めて最終判断する。自衛隊では、11次隊として陸自第5普通科連隊(青森市)を派遣することが既に内定している。
(共同)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月08日 07:56:45 : zHHaqIJjpv : TvqO9_JajC4[5]
「駆け付け警護」なるほど。さも、
自衛隊が武器使用で人殺しをする事に対する命令責任が

無いが如くの語録を使い国民を誤魔化しているようだ。
しかし、この一線を越えれば次には自衛隊が直接標的として

狙われ、攻撃され次は国内にテロを呼び込む事になるのは明らか。
それでも誤魔化して成立させた法律を盾に易々と一線を越えるのか

?自衛隊。


2. 2016年8月08日 13:18:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8770]
2016年8月8日(月)
南スーダンPKOに新任務「駆け付け警護」
憲法違反の武力行使 「殺し殺される」危険

 安倍政権は有権者をだまし討ちするようにして安保法制=戦争法の具体化に着手しました。これにより、歴代政権が自衛隊の海外派兵においても課してきた憲法上の制約が緩み、憲法が禁じる海外での武力行使に踏み切る危険が本格化してきました。

 南スーダンPKO(国連平和維持活動)への陸上自衛隊派遣部隊に付与する新任務として、政府が当面検討しているのは、PKO要員やNGO(非政府組織)関係者が襲撃された際に救援に向かう「駆け付け警護」と、宿営地が襲撃された際に他国軍とともに対処する「宿営地共同防護」です。

 日本共産党の笠井亮衆院議員が国会で暴露した防衛省内部文書によれば、自衛隊員の犠牲者に加え、武装集団の「狙撃・射殺」まで想定しています。

 さらに、笠井氏が暴露した自衛隊内部文書によれば、2013年末に南スーダンで大統領派と前副大統領派との武力衝突が発生した際、PKO司令部が日本を含む各国部隊に「火網の連携」による宿営地の警備施設強化命令を下しました。しかし、自衛隊は「わが国の従来の憲法解釈において違憲とされる武力行使にあたる」として実施を拒否しています。

 南スーダンでは7月にも両派の武力衝突が発生し、自衛隊宿営地にも着弾しました。今後も内戦状態が続く可能性は高く、自衛隊はみずから「違憲」とみなした活動に踏み切る危険があります。

 国連安保理は南スーダンPKOについて、政府軍・反政府軍双方の攻撃から「住民保護」を行うため、いっそうの重武装化を検討しています。国連PKOが攻撃的な性格を強める中、自衛隊が任務を拡大すれば、1人の戦死者も出さず、1人の外国人も殺してこなかった戦後史に重大な汚点を残す危険があります。戦争法の発動は許されません。(竹下岳)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-08/2016080801_02_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ