★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 853.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自衛隊は常時破壊措置命令を受けて具体的にどう動くのか  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/853.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 09 日 12:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


自衛隊は常時破壊措置命令を受けて具体的にどう動くのか
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/08/09/post-5104/
9Aug2016 天木直人のブログ


 稲田朋美防衛大臣はきのう8月8日、常時破壊措置命令を出したらしい。

 常時破壊措置命令が検討されているとNHKが5日の早朝6時のニュースで第一報を流してから、わずか3日後の発令だ。

 何のことはない。

 はじめから決まっていたということだ。

 しかし、常時破壊措置とは具体的にどういう措置か。

 自衛隊は、常時破壊措置命令を受けて、具体的にどう動くのか。

 その事に関する記事はどこにもない。

 北朝鮮が核ミサイルを発射した直後に迎撃する海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を積んだイージス艦を日本海に展開するというのはまだわかる。

 もっとも、それとても、どこから飛んでくるかわからない北朝鮮の核ミサイルを撃ち落とすために、日本海のどこをウロウロするかは不明だ。

 発射直後に撃ち落とせなかった北朝鮮の核ミサイルを、本土に着弾する直前に撃ち落とす地上配備型ミサイル(PAC3)の配備に至っては、まったく不明だ。

 市ヶ谷の自衛隊駐屯地からゴロゴロと引っ張り出しておくのはわかる。

 しかし、どこに常時配備しておくのか。

 それを配備した途端、北朝鮮はそれを知る事になる。

 だからその場所を避けて打ち込む事になる。

 ただでさえ猛スピードで落ちてくるミサイルを、射程距離数十キロの範囲でしか迎撃出来ないPAC3が、配備されていないところをめがけて撃って来る北朝鮮のミサイルをどうやって撃ち落とせるというのか。

 常時破壊措置とは壮大なジョークだ。

 稲田朋美防衛大臣はよくもこのような馬鹿な命令を下したものだ。

 すべては先般の北朝鮮のミサイル発射に対して、手も足も出なかった醜態を隠すためのアリバイ作りだ。

 そのような子供だましの措置を命令する安倍政権も安倍政権だが、そんな命令を無批判に垂れ流すメディアもメディアだ。

 しかも、こともあろうに各紙とも一斉に同じ記事を流している。

 ただの一紙も、常時破壊措置命令の馬鹿さ加減を指摘するものはない。

 安倍政権よりも劣るメディアだから、安倍政権の暴走がとまらないのである(了)


             ◇


政府 北朝鮮ミサイルに備え破壊措置命令
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160808/k10010627351000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013
8月8日 19時17分 NHK


政府は、北朝鮮による弾道ミサイル発射の兆候が事前につかみにくくなっているとして、警戒・監視を一層強めるため、8日夜、自衛隊に対し、「破壊措置命令」を発令しました。政府としては、不測の事態に備えて、「破壊措置命令」を、常に発令された状態とするため、当面3か月ごとに更新し、万全の態勢を取ることにしています。

北朝鮮は、ことしに入って弾道ミサイルを繰り返し発射しており、今月3日には、日本のほぼ全域を射程におさめる中距離弾道ミサイル「ノドン」が、秋田県の男鹿半島から西におよそ250キロの日本の排他的経済水域に落下したとみられています。

この弾道ミサイルは、兆候がつかみにくい移動式の発射台を使って発射されたとみられ、これまでの発射でも移動式の発射台が使われた可能性が高いとみられています。

政府は、北朝鮮による弾道ミサイル発射の兆候が事前につかみにくくなっているとして、警戒・監視を一層強めるため、8日夜、自衛隊に対し、これまで兆候が把握できた際に発令していた「破壊措置命令」を出しました。

これを受けて、今後、高性能レーダーや海上配備型の迎撃ミサイルを備えたイージス艦や、地上配備型の迎撃ミサイルPAC3の部隊が展開できるようになります。

政府としては、不測の事態に備えて、「破壊措置命令」を、常に発令された状態とするため、当面3か月ごとに命令を更新し、万全の態勢を取ることにしています。

自衛隊 PAC3など展開

北朝鮮による弾道ミサイルの発射に警戒・監視を強めるため、政府が破壊措置命令を出したのを受け、自衛隊は迎撃ミサイル・PAC3を防衛省に設置するとともに、高性能レーダーを備えたイージス艦を日本海に向け出港させました。今後は状況に応じて部隊の規模や配置先を検討することにしています。

政府は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射に警戒・監視を強めるため、8日夜、破壊措置命令を出し、不測の事態に備えて当面3か月ごとに更新することにしています。

これを受けて航空自衛隊は8日夜、地上配備型の迎撃ミサイル・PAC3の部隊を防衛省の敷地内に展開し、午後10時ごろまでに発射機などの設置作業が完了しました。また、海上自衛隊も弾道ミサイルを追尾できる高性能レーダーを備えたイージス艦1隻を日本海に向け出港させました。

破壊措置命令は、これまで北朝鮮からの発射に関する事前の情報や兆候が確認された際に発令され、およそ2か月半にわたって続いたケースもありましたが、命令が終結すると部隊はすぐ撤収していました。

自衛隊は当面、今回展開したPAC3とイージス艦で警戒を続けながら、今後、状況に応じて部隊の規模や配置先を改めて検討することにしています。

過去の破壊措置命令

破壊措置命令は、弾道ミサイルや部品などが日本国内に落下するおそれがある場合に自衛隊が迎撃するためのもので、防衛大臣が命じます。

初めて破壊措置命令が出されたのは、平成21年3月で、北朝鮮が人工衛星を打ち上げるとして事実上の長距離弾道ミサイルの発射を予告したことを受けたものでした。

3年後の平成24年の3月と12月にも、北朝鮮による人工衛星の打ち上げと称した事実上の長距離弾道ミサイルの発射予告を受けて破壊措置命令が出され、政府は3回とも発令したことを公表しました。

一方、4回目となった平成25年4月の命令は、北朝鮮で発射の兆候があるとして出されましたが、北朝鮮から予告はなく、政府は「日本側の対応を明かすことになる」などとして発令を公表しませんでした。

このときは発射への警戒が続き、破壊措置命令はおよそ2か月半にわたって継続されました。
また、ことしに入ってからは、北朝鮮から事実上の長距離弾道ミサイルや中距離弾道ミサイルのノドン、それに、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルとみられるものなどが相次いで発射され、破壊措置命令も複数回、出されました。

このうち、ことし3月に出された命令は2か月近く続くなど、長期化する傾向も見られていました。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月09日 13:00:29 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-737]
自衛隊は常時破壊措置命令を受けて具体的にどう動くのか  天木直

↑ 馬鹿か おまぃわ 

そんなこた軍事機密。金兵衛さんの回し者かおまぃわ



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 知る大切さ[5580] km2C6ZHlkNiCsw 2016年8月09日 13:13:48 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[1740]
ミサイルから日本を守る最後の要…PAC3の実力とは
http://matome.naver.jp/odai/2136543749651960701

で配備数は?
衛省・自衛隊が公表しているミサイル防衛計画の内容
http://www.peace-forum.com/mnforce/MD/08.htm

張り子の虎さんですね。

やってるやってる詐欺。

政府広報のタレ流しそれがまずゴミ 何も検証しない、考えないタレ流すのみ。


3. 2016年8月09日 14:40:23 : vTsLBfkXnA : ceZnSSmldiI[14]

 命令されても,打ち落とすことができないのでポカーンと
 口開けて常時お空を眺めていることにしますね,隊長! 

4. 2016年8月09日 15:25:47 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8751]
2016年8月9日(火)
安倍内閣 経済対策を口実に自衛隊増強
PAC3ミサイル調達 F15戦闘機近代化改修
赤嶺衆院議員への提出資料で判明

 安倍内閣が2日に閣議決定した28兆円規模の経済対策の中で、防衛省がPAC3ミサイルや新型哨戒機P1といった兵器の調達、F15戦闘機の近代化改修を計画していることが、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員への提出資料からわかりました。

 2012年末の第2次安倍内閣発足以降、補正予算を使った兵器調達が常態化しており、参院選直後にあらゆる口実を使って自衛隊増強を進める姿勢が、改めて浮き彫りになりました。

 計画されているのは、新型哨戒機P1▽SH60K哨戒ヘリコプター▽C2輸送機▽CH47ヘリコプター▽PAC3ミサイル―などの調達と、F15戦闘機やCH47ヘリコプターの改修といった事業。防衛省所管部分の総額や、調達数量は現時点で示されていません。

 今回の経済対策では、「安全・安心を確保するため、自衛隊の運用態勢を強化すること等により、厳しさを増す安全保障環境に対処する」として、「安全・安心」の名で自衛隊増強を経済対策だと主張しています。安倍内閣はこれまでも「経済対策」との名目で補正予算を自衛隊増強だけでなく、米軍基地強化を進める再編経費などにも充ててきています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-09/2016080902_01_1.html


5. 2016年8月09日 16:52:59 : 1cLjcfWQaM : xFeeyav0Cuw[1]
>  ただの一紙も、常時破壊措置命令の
  馬鹿さ加減を指摘するものはない。

−−言い得て妙なり。
  天木氏日本メディアを滅多切り!。


6. 2016年8月10日 12:57:07 : yyla6Isivw : mugS7v5kncs[4]
三菱重工より 稲田朋美防衛大臣に表彰状と金一封

もっとヤレと発破をかける



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ