★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211 > 754.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
メディアがまったく報じない常時破壊措置命令のその後  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/754.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 26 日 13:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

メディアがまったく報じない常時破壊措置命令のその後
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/08/26/post-5258/
26Aug2016 天木直人のブログ


 北朝鮮がついに潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。

 メディアは北朝鮮の脅威と攻撃能力ばかりを書き立てているが、肝心の日本の迎撃能力については一切書かない。

 そこで思い出すのが常時破壊措置命令だ。

 日本は北朝鮮の度重なるミサイル発射に対し、8月8日にいわゆる常時破壊措置命令を発した。

 それは今度の北朝鮮の潜水艦ミサイル発射の二週間以上も前の事だ。

 この常時破壊措置命令を受けて自衛隊はこの二週間どう動いたのか。

 なによりも、25日に発射成功したといわれている潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射にどう対応したのか。

 その事を教えてくれるメディアはどこにもない。

 なぜか。

 それは日本のミサイル防衛体制は機能不全であるからだ。

 知っていながらメディアは一切それを書かない。

 メディアが書いていることは、たとえば25日に行われた河野克俊統合幕僚長のつぎのような発言報道だ。

 「(北朝鮮はまだ)潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を実戦運用できるレベルにまだ到達していないとみている」

 「(ただ北朝鮮のSLBMの開発状況に関しては)技術的な進歩も確実にある」

 メディアが書いていることは、たとえば国連の安保理事会は北朝鮮のSLBM発射を非難する声明をめぐって緊急会合を開いたが結論に至らなかったということだ。

 これを要するに、日本はミサイル攻撃に対し、まったく無防備であるということだ。

 北朝鮮が日本をいますぐにミサイル攻撃してくることはあり得ないと言い聞かせ、祈るしかないということだ。

 万が一ミサイル攻撃が起きたら日本は滅びるしかないということだ。

 日本政府もメディアも、壮大なごまかしの中で毎日を生きのびているという事である。

 安保法や憲法改憲を論じるのは現実逃避でしかない(了)


           ◇


「ミサイル、成功と言わざるを…」政府に強い危機感(2016/08/24 17:21)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000082019.html


 北朝鮮がまたSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射しました。日本政府の対応です。

 (政治部・小池直子記者報告)
 日本政府は、数日前からこの潜水艦を巡る動きを察知していて、ミサイルが発射されるのではないかと警戒レベルを上げていました。政府関係者は「飛距離と高さが出ているので、今回は成功と言わざるを得ない」と述べています。高い技術が必要な潜水艦からのミサイル発射という事態に対して、これまでよりも一段高い危機感を示しています。

 (Q.日中韓外相会議が開かれているが、ミサイル発射の問題はどのように取り上げられた?)

 日中韓外相会議は1時間余り行わましたが、やはり北朝鮮に対する問題が最大の関心事でした。

 岸田外務大臣:「本日朝、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイルを発射したことは断じて容認することはできず、我が国は直ちに抗議しました」

 岸田大臣は「北朝鮮の挑発行動は断じて容認できないということで一致した」と説明しています。また、北朝鮮に対して大きな影響力を持つ中国の王毅外相に対しては、責任ある国連安保理の常任理事国として対応するよう促したことを明らかにしています。これに対して王毅外相は「北朝鮮の挑発行動については明確に反対する」としたものの、「安保理決議の順守が重要だ」と述べるにとどめました。まさに会議当日のミサイル発射ということで、皮肉にも、3カ国の外相が北朝鮮に対する認識を共有する結果となったようです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月26日 13:58:01 : vwPGVbm98o : 9KHbjV4NE1U[1]
北朝鮮は何度も挑発的なミサイルを発射し、中国は尖閣諸島に漁船と称した船を大量に送り込んで、韓国は竹島に議員が上陸し・・・

そんな中でも口では勇ましいこと言う安倍晋三は、3回も夏休みをとってアホボンスタイルでゴルフに高じ、夜は寿司友を集めてどんちゃん騒ぎ。

網タイツ大臣は公務で視察と言いながらも、バカンススタイルでお出かけ。おまけに狭い潜水艦な中をハイヒールでウロウロ。

自称「最高責任者」と「その取り巻き連中」がこの体たらくでは、彼の国らにとっては日本を攻撃することなどは赤子をひねるより簡単なことだろう。

自衛隊とその家族の皆さんは、こんな連中に自らとその家族の生殺与奪を委ねてもいいと思っているのか?
自民党に投票するということは、そういうことだということを理解した上で選挙に行ったのか?


2. 2016年8月26日 14:00:24 : D9IjuCxd4E : HZt6r@7CFk4[1]
コメに頼まれて撃っている茶番ミサルだよん!

3. 日高見連邦共和国[3049] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年8月26日 14:17:57 : wBcnzscego : 4V4zftCCT0Y[67]

>安保法や憲法改憲を論じるのは現実逃避でしかない(了)

なにやらご立派なことを言ってるようで、最後の結論がコレじゃ。(笑)


4. 2016年8月26日 14:18:06 : qOvrxymaFc : A1rrU9AAjuk[21]
>>1さん

 日本国が攻撃されることなんて有り得ないことを彼らは十二分に理解しているから、それほどのんびりできるということだと思います。現代の世界で、安定した国家に戦争を仕掛け侵略しようなどと思う国は存在しませんから。もし万が一あるとすれば北を追い詰めすぎて「日本が対米戦を開始してしまった」例のように、北が暴発する可能性が少しあるくらいだろう。

 竹島(独島)・尖閣も(法的根拠が確立していないということなので)中韓との対立を政権維持に利用しているだけ、北方領土だって本気で返還できるなんてとても信じている訳でなく、これも単にポーズだけではないですか?第一、北方領土はすでにロシア人が生活し、生活基盤が出来上がっています。

 以上のように考えると彼らがのんびりしていられる理由が良く判りますね。

 


5. 2016年8月26日 16:16:55 : qOvrxymaFc : A1rrU9AAjuk[22]
>>4の追加です

 私の4のコメントの領土問題に関しては、一部の人から「猛烈な反発」を喰らうと思います。

 その場合は主張の根拠(我が国の主張と相手国の主張を並列してほしい)を明示していただきたいと思います。

 私は「領土問題」は「国境画定委員会(該当国の参加による)」のような機関を設け、何年でも何十年でも何百年でもかけて冷静な研究・論議により、最終的な結論に至るべきであると考えています。(特に生活する人間が居ない場合)

 なお、その場合、「共同管理」・「面積二分の一での分割確定」なども解決策としては可能と考えます。


6. 2016年8月26日 16:34:21 : qOvrxymaFc : A1rrU9AAjuk[23]
>>5の追加

 遠い将来「国家」概念がなくなれば、問題は当然のこととして国境問題は焼失(ほんとは「消失」)しますね。特権階級を追放すれば「案外に早く実現する」かもしれません。それには「各国の武力」を削減消滅させておくことが肝要かと考えます。これは国内の住民を守るためであります。(日本の自衛隊も政府が「関接侵略」と認定すれば自国民に銃口を向けることが可能である)


7. 2016年8月26日 19:55:44 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[56]
「知っていながらメディアは一切それを書かない。」

ふざけてますね、マスゴミは。
この国の政治をまともにしてくれるジャーナリズムを育てましょう。


8. 2016年8月27日 03:09:16 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[918]
  日本政府が日米安保条約締結の論拠とした抑止効果論は、完全に破綻している。
   中国、北朝鮮の挑発には、一層の軍拡で備えなければならない、などと馬鹿な事を政府が言うのは、米という大樹に寄った抑止効果が、全く無いことの証明である。
   もしや、米、中、北が水面下で結託して挑発を続ければ、愚かな日韓政府はこぞって米軍産複合体から大量に、税金に糸目を付けずに兵器を買い込むだろう、という裏を疑った方が良い。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK211掲示板  
次へ