★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 376.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日中政経落差<本澤二郎の「日本の風景」(2473) <改憲派一色の民主党代表選> <護憲共産党への期待?>
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/376.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 9 月 05 日 16:39:17: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52148740.html
2016年09月05日 「ジャーナリスト同盟」通信

<改憲派一色の民主党代表選>

 北京から東京を眺めると、悲しいかな、さわやかな秋の東風が伝わってこない。再生民進党どころか、改憲派一色の代表選挙に衝撃を受ける。世界に冠たる日本国憲法を誇れる候補者が一人もいない。これでは、日本会議のための改憲政党になるのではないか。野党の資格喪失である。北京は連日、杭州・西湖からのG20首脳会議の希望のニュースがテレビを占拠していた。

<護憲共産党への期待?>

 「民進党が駄目なら共産党があるさ」という流れを促している。
 志位委員長は、9月3日のクワラルンプールでの37か国87政党の国際会議(アジア政党国際会議)で「北東アジア平和協力構想」を提唱して注目を集めていた。
 東アジア経済共同体と連動するものであろう。これの実現には、現在の極右政権を退陣させる必要がある。新聞テレビの客観報道が前提となるが、これまた悲しいかな前途は暗い。共産党への国民の期待は、護憲路線にある。公明党が護憲を放棄してしまったことから、共産党の存在は一段と重い責任が課せられている。
 北東アジアの平和と安定を実現するためには、日本が平和憲法を前面に掲げるしかない。これほど大事な憲法はないのだから。多数国民の思いでもある。

<羽を広げて無党派層取り込め>

 日本共産党は、いまや大きく変身している。かつての社会党と同じ路線を走っている。
 生前の宇都宮徳馬は、自民党の右傾化に危機感を覚えていたころ、共産党に対して「党名変更を考えてはどうか」と示唆していた。
 何よりも平和を愛する日本国民を、糾合するような党名を検討してはどうだろうか。時代が求めている。羽を広げて無党派層を抱え込む努力をしてはどうか。

<小池公約・給与半減の行方>

 話題を変えたい。都知事に就任した小池百合子公約の行方に注目したいのだが、その一つがべらぼうに高額な知事給与である。彼女は2900万円の年収を半減すると公約した。1450万にするという。これは沈没寸前の日本にとって正論である。これを都議会から国会議員、首相、議長、最高裁判事へと波及させると、日本が変わるだろう。

 知事の月収145万6000円、これに地域手当という不思議な手当てが20%も上乗せされる。それに年2回の期末手当がつく。そこから見えてくる都庁官僚の腐敗を見てとれる。都議は年収1700万円と、こちらも法外な金額である。
 自民党秘書の「都議はもっぱら利権アサリ。それでいて高額報酬。国会議員よりも実入りがある」という解説を思い出してしまった。200万円以下で生活している非正規労働者や年金生活者との落差は、けた違いである。
 伏魔殿・東京改革はここから始めるべきだろう。名古屋の河村市長を見習うべきだ。それも急ぎ決着をつけなければならない。そこから石原都政の腐敗や森喜朗の五輪利権にメスが入ることになろう。

<安倍・日本会議の軍拡・戦争法予算>

 わが日本国首相はというと、戦後最大の軍拡予算を強行しようとしている。既に、戦争法と特定秘密保護法を、公明党創価学会の協力で実現している。「ムサシ」二本刀でG20に乗り込んだ。
 中国のテレビでは、鎧兜の安倍・日本会議の姿を見ることが出来ない。何をしているのか?
 友人の話では、従来、このような国際会議では「日本語」も翻訳されていたが、今回から無くなってしまった。4日の数時間にわたる生中継で、安倍の姿は瞬間、1度か2度しか見られなかった。
 戦争屋は嫌われているのであろうか。

<杭州G20で回る地球>

 いえることは、地球はG7からG20に移行したことである。伊勢志摩サミットは、はるか昔の記憶でしかなかった。G20の主役は主催者の習近平を除くと、米ロ印、それに独仏英といったところ。4日の二国間首脳会議は、中進国や途上国にもスポットを当てていた。G7よ、サヨナラである。

 そこでの大きな成果は地球温暖化にアクセルを踏んだことである。これは大きな成果である。オバマの決断がわかると、北京も急ぎ決断した。地球救済へ米中が踏み出したのだ。米中首脳会談は、東屋で通訳2人を加えたサシの会談が印象的だった。
 次期大統領といわれるヒラリー政権や産軍複合体の動向など、北京の知りたいことも話題になったはずである。東京の日本会議のことも?

<協力の橋に期待と希望>

 西湖の湖畔で開催された「G20峰会」の圧巻は、湖上での大がかりな中国芸術の粋を集めた演舞の数々だった。これには各国首脳も立ち上がって感動的な拍手を送っていた。争いよりも文化交流・経済の交流、西湖の橋にかこつけた「協力の橋」で共に発展しようと印象付けていた。

2016年9月5日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月05日 16:51:40 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8424]
 都知事選での分裂選挙の影響で自民党内部が二派以上に割れてきて、結果パラレルで野党サイド内部に左派政党の議席復活の兆しが現れる。今後の政局の流れはそんなところではないだろうか。左派の政策の主軸を担うのはもちろん共産党。

2. 2016年9月05日 19:48:58 : 31o8Pp9mKB : JJ4@8et@MIA[1]
確かにもうG7の時代ではない。G20が実際には世界のことを決める会合になる。

人口世界一と世界第二の国が参加しない。GDP世界二位で将来は一位が確実な国も参加しない。資源の潜在力世界一で世界第二位の軍事力を持つ国も参加しない。将来の成長が見込める地域大国も参加しない。そんなG7はもう旧時代の経済国のサロン。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ