★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 554.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
絶望の日本刑事司法ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/554.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 09 日 20:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

絶望の日本刑事司法ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp3br3
9th Sep 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


日本の刑事司法は腐敗している。

刑事司法の第一の鉄則は

「冤罪の防止」

である。

しかし、これは教科書的な鉄則に過ぎず、現実にはこの原則は存在しない。

「冤罪の防止」

「無辜の不処罰」

とも言われる。

「無辜」

というのは

「罪のない者」

のことだ。

「無実の人間を処罰してはならない」

これが刑事司法の鉄則だが、現実は違う。

「たとえ10人の犯罪者を取り逃がしても、1人の無辜を処罰してはならない」

が「無辜の不処罰」だが、現実には

「たとえ10人の無辜を取り押さえても、1人の真犯人を取り逃がしてはならない」

というのが現実である。

犯罪者を一人残らず検挙するには、「疑わしきは罰す」の原則で、

無辜の者が処罰されることはやむを得ない。

これが現実と言われる。


これでも問題だが、日本の現実はさらに異なっている。

私は日本の刑事司法の根本的な問題を三つに整理して示している。

第一は、警察、検察に不当に巨大な裁量権が付与されていること、

第二は、日本の刑事司法において基本的人権が尊重されていないこと、

第三は、法の番人であり、人権を守る砦であるはずの裁判所が警察・検察と一体化し、

権力機関と化してしまっていること、

である。

刑事訴訟法は第1条に次の条文を置いている。

第一条 この法律は、刑事事件につき、公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ、

事案の真相を明らかにし、刑罰法令を適正且つ迅速に適用実現することを目的とする。

ここにある

「個人の基本的人権の保障」

が全うされていない。

また、

「刑罰法令を適正且つ迅速に適用実現する」

ことも実現していない。

現実は刑事訴訟法の目的を実現するものになっていない。


第一の問題点の「不当に巨大な裁量権」とは何か。

端的に言うなら、

「無実の人間を犯罪者に仕立て上げる裁量権」

「犯罪者を無罪放免する裁量権」

である。

この裁量権が「恣意的に」活用されている。

その目的は

「人物破壊」

「利権」

である。

この「裁量権」が警察、検察の最大の「利権の源泉」である。

一つの具体例は、多くの企業が警察、検察OBの天下りを受け入れていることだ。

この現実が厳然と存在している。

一般の事案に関しては通常の警察、検察の役割が果たされることが多いが、

「人物破壊」

「利権」

に絡む分野では、日本の刑事司法は完全に破綻している。

法治国家と言えぬほど破綻している。

「絶望の腐敗国家」

と言うほかはない。


無実の人間を犯罪者に仕立て上げることは簡単だ。

すべての取り調べが密室で行われる。

この密室で犯罪を「創作」してしまえばいいのである。

密室で「創作」された「犯罪」は「台本」によって法廷で演じられる。

法廷における「証言」は第一級の「証拠」とされるのだ。

「無」から「有」を生み出すことができる。

このねつ造された「証拠」に反する決定的な証拠が存在しても、それをもみ消すこともできる。

無実を証明する決定的な「証言」が法廷で示されても、それを無視して判決を書くこともできる。

こうして、無実の人間が犯罪者に仕立て上げられる。


こうした、人為的な犯罪捏造は、特殊な「人物破壊工作」として実行されるから、

事例としてはそれほど多く存在するものではない。

数が少ないから、闇のなかで平然と実行される。

オランダの政治学者カレル・ヴァン・ウォルフレン氏が

『誰が小沢一郎を殺すのか』(角川書店)

http://goo.gl/8ohHaR

“Character Assassination”

という言葉を用いた。

「人物破壊工作」

の原語である。

欧米では政治的な敵対者を抹殺する手法として、物理的な暗殺と並び、

「人物破壊工作」

=“Character Assassination”

が用いられることが知られていることを紹介した。

この著書によって、日本においても人物破壊工作が行われていることが、少しずつ認識されるようになった。


小沢一郎氏や鳩山友紀夫氏が人物破壊工作の標的とされたわけだが、

私自身もまさに人物破壊工作の標的とされたのだと理解できる。

上述の密室における「犯罪の創作」は、

「取り調べ室の密室性」

によって支えられている。

「取り調べ室の密室性」

で問題になるのは被疑者の取り調べだけではない。

警察当局が犯罪を「創作」する際に、必要不可欠になるのが、

「被害者」の供述であり、

「目撃者」の供述であり、

現場に居合わせた「関係者」の供述であり、

さらに警察当局は

身内の「警察官」の供述を証拠として「創作」する。

これらがすべての辻褄が合うように、密室で「創作」される。

裁判で証言を行う際には、事前に綿密な「リハーサル」が行われる。

そして、「台本」を完全に「暗記」させ、さらに反対尋問で「ボロ」が出ぬように

十分な「練習」を繰り返して法廷に臨む。

こうして犯罪が「捏造」されるのである。


したがって、こうした「創作」を防ぐには、まず、「取調べ過程」を完全に「可視化」することが必要不可欠なのだ。

何よりも重要なことは、

可視化の対象を被疑者だけでなく、被害者、目撃者、その他すべての関係者に拡張することである。

そして、「可視化」の外側に「打ち合わせ」、「口裏合わせ」が介在しないように、

取調べ過程の「全面的な」可視化を実行する必要がある。

全国のNシステム構築をはじめ、警察に巨大な予算が付けられている。

これらの予算の優先順位を変えれば、取調べ過程の

「全面」

「完全」

可視化が実現するはずだ。

こんなこともやらずに、

「基本的人権の保障を全うする」

ことなどできるわけがない。


私が巻き込まれた冤罪事案では、決定的証拠である防犯カメラ映像を、

私が終始一貫して提出を要求したにもかかわらず、警察当局が提出を拒否し、破棄したのである。

二番目の問題として挙げた「基本的人権の無視」には、上記の問題も含まれるが、日本においては、

適法手続き

無罪推定原則、

罪刑法定主義

などの基本原則さえ無視されている。

そして、こうした憲法違反の捜査手法に対して、裁判所が何も文句をつけない。

被疑者護送の方法、被疑者のカメラ撮影の可否、家宅捜索の有無などのすべてにわたり、日本では

「法の下の平等」

も確保されていない。

すべて、警察、検察当局が「恣意的に」運用している。

私たちが住む日本は、部分的に見れば北朝鮮などとまったく違いがない。

暗黒の無法国家、人権弾圧国家の側面をふんだんに有しているのである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月09日 20:41:58 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[206]
「取調べ過程の「全面的な」可視化を実行する必要がある。」

大賛成です。
原始人警察官は、まだ取り調べを密室でやっているのかもしれませんが、近代人はそんなことはしませんね。司法のなかでの最悪、つまり冤罪の温床になってしまいますから。

(1)取り調べ過程の全面可視化
(2)証拠の全面開示
(3)弁護士の立ち会い
(4)代用監獄の廃止
(5)死刑廃止

これらをすぐに法制化してほしいです。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2016年9月10日 08:05:02 : HLMsGMGeDA : gkEBYf2Yq5U[1]
着目される政治家の「人物破壊」のために検察はあることを国民監視の下、証明したのは小澤問題。
田代佐久間両検事の作成した検察審査会宛の虚偽報告書、検察は彼らに刑事責任を取らせなかった。
最高裁事務総局の掌握する各地の選挙人名簿から作出されたとされる、改竄自由の検察審査会構成員7000万管理ソフト。300万もあれば出来る正しいソフトに差し替えられたとの広報はない。山下幸夫が予定された補助員ベンゴシから排除されたが弁護士会は山下の抗議調査を無視した。こうして法曹三者は結託してひとつの意志の基に動いた。鳥越は小澤を擁護したそうな。日本弁護士会会長だったハゲは、ドウ動いたか。
「利権」政治家の弾劾拒否

3. 2016年9月10日 09:16:22 : hHRtp9LWdY : Ij0C7RTOICU[15]
憲法違反犯罪を、野放しにしている、
最●裁判事様達がもっとも犯罪性が高い
現行犯 犯●者デス!!

職務を果たさない高給取り判事様、
国を騒乱させるネオコンヒトゴロシ傀儡政権の
方々とグルですか??

小沢事件(犯罪者は東京地検・最高検等の方々・・・)では、
小沢氏が無罪になるときネオコン日本料理研究所に
たしか判事様がお伺いに行ってたような・・・!
皆様、ご照査ください。

ついでに、
憲法違反犯罪の実質的損害は、膨大に発生しているのに
「実質的損害が発生してから・・」とほざくコイツラ、

まずは、実質的損害の人的被害を最初に、
是非、被ってください。
そうなった時に、後悔しないでください。
あなた達が招いた大惨事です。

パナマってる可能性も有る、
そして高給をアベから貰っていると勘違いしている
犯罪者様達に、
是非、先の対戦で憲法違反犯罪者の爺さん達に、
だまされ殺された、300万人に代わり、
お祈りします。

全国の、憲法違反に反対する方々様も、
一緒にお祈りしましょう。
よろしくお願いします。


4. 2016年9月10日 15:20:42 : ShYIBRJLEA : qCv88@FifOw[81]
小沢事件以来ネットを見るようになってからこの国が法治国家でもなく、民主国家でもない事がよくわかりました。国民が錯覚している点においては日本は北朝鮮より酷い、北朝鮮の国民はキムジョウン独裁体制と皆解っている。

5. 2016年9月10日 19:35:26 : M8Ad4WoBqc : ntEXap5l2zs[1]
日本は酷くなってきた
アベコベ晋三が戻ってきて状況は最悪化
もう地獄の日本に一色線
懲りない日本の民は アベコベ晋三に政治を任せて良いとは思っているが、問題は 何も行動しない。選挙で態度を示せ国民の皆さん、外国人より。

6. shue777[51] gpOCiIKVgoWCVoJWglY 2016年9月10日 20:07:29 : Lw7GYPBbz2 : PIWIcvL8F0E[5]
冤罪を犯さないよう努めるってことは、
隠された更なる罪を洗い出すことにも繋がる。
罪を取り逃がすことには繋がらない。
そう思います。

それから死刑制度は国民の心の清浄さを汚す。
そう思います。


7. 2016年9月10日 20:30:12 : gNM94mG1C2 : XuXldcAHKSA[13]
公正と 未だ信じる お人好し

8. 2016年9月10日 21:06:41 : IPpMF3eYT2 : 1@@GT0y8hz8[72]
>絶望の日本刑事司法

3権分立とは言え、国会議員で裁判官の弾劾裁判所をつくっているなら、司法の是正も可能じゃないのか?


9. 2016年9月11日 16:44:25 : O8oP5UbusY : Dx_5qN_DTdA[1]
地震・洪水・捏造・八百長の犯人を知りながらそこに擁護と喝采を贈り弱者叩きと欺瞞を決め込むと収入と安定が保証されるカルト社会です。

11. 2016年9月11日 21:23:35 : DadlMiKxbM : KGwCLDhKqD8[45]
これはとてもよいビデオだと思います。
よろしければどうぞご視聴ください。ご拡散ください。

偽装社会 
数千兆円の日本強奪に気がついていた! 霞が関殺戮錬金術 とくに後半に不可解な金融政策は米国に命令された強奪計画であった核心部分で排除目的の逮捕

https://www.youtube.com/watch?v=yEkLv2Tc2pc&list=PL306CCA134287EE3E&index=4



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ