★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
完全に行き詰まり!本当にこんな「民主党代表選」でいいんですか? 日本経済「壊滅」の可能性も…(週刊現代)
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 10 日 11:20:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             写真:民進党のwebサイトより


完全に行き詰まり!本当にこんな「民主党代表選」でいいんですか? 日本経済「壊滅」の可能性も…
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49654
2016.9.10 週刊現代 :現代ビジネス


民進党の代表選が9月15日に行われる。出馬を表明しているのは、蓮舫代表代行と前原誠司衆議院議員、玉木雄一郎国対副委員長の3名。ひとまずは蓮舫・前原両氏が有力候補となりそうだ。

蓮舫氏は記者会見で、アベノミクスは「行き詰まり」であるとし、特に「分配のあり方を大きく変えたい」と宣言。また前原氏も「国民にしっかりとした選択肢を示す」と、民進党独自の政策を進めることを強調した。

民主党から改名後も、いまひとつ存在感を発揮できない民進党。野党第一党として政界での影響力を維持するためには、アベノミクスに「対抗」できるような経済政策を打ち出す必要がある。さて、今回の2人の候補者は、どのような政策プランを持っているのか。

■緊縮政策はやるべきではない

まず、蓮舫氏は岡田克也前代表がこれまで提示してきた政策を踏襲していくようだ。マイナス金利をはじめとする金融緩和を否定。また消費増税の延期にも難色を示している。一方で、出産・育児における経済的な「将来不安」を取り除く必要性を訴えている。そのために消費増税をして、社会保障を拡充していきましょう、というのが蓮舫氏のロジックだ。

前原氏も、金融緩和と消費増税の延期を明確に否定。「インフレ目標を2%に設定したら、国債が暴落してハイパーインフレになる」と言うほどである。また、「財源論から逃げない」とも発言。増税と社会保障充実を両立していくとしている。

二人の経済政策の共通点は、今のアベノミクスの軸である金融緩和と積極財政を真っ向から否定していること。対案は、金融引き締めと緊縮財政の一点張りである。

しかし、実際に彼らの言うとおりに金融引き締めを実行すれば、安倍政権になってからの良好な雇用環境や、減少してきた企業倒産数は「悪化」。さらに、緊縮財政に急転換すれば、やっと'14年の消費増税の悪影響から脱しつつあるGDP成長率は再びマイナスに逆戻りし、日本経済は「壊滅的」になりかねない。

■憲法改正の議論もなし

そもそも、金融引き締めと緊縮財政を主張する左派政党が世界のどこにあるだろうか。外国人から「右派政党の代表選」と勘違いされても仕方がないレベルだ。

何よりも二人の経済政策で浮かばれないのは、民進党の支持基盤であるはずの労働者たち。これでは、支持者からも「安倍政権のほうがいい」と「反発」が出てしまう。

ちなみに、経済政策は似たり寄ったりの二人だが憲法改正に関しては蓮舫氏が改正に反対、前原氏が賛成と割れている。民進党ではこの二人の意見を折衷し、「安倍政権での」憲法改正は反対、という「党内一致」を作り上げた。だから、今回の代表選で憲法改正の議論はできず、広がりのある論戦は期待できない。

そうなると、今回の代表選は、二人して安倍政権批判をしつつ、お互いの微妙な政策の違いを競い合う様相を呈するだろう。蓮舫氏は岡田前代表を「つまらない男」と評したが、このままでは15日も「つまらない代表選」と揶揄されかねない。

せめて二人のどちらかは、「今のアベノミクスでは生ぬるい」と、更なる金融緩和と積極財政を訴えたほうがいい。それが、左派政党であるはずの民進党が取るべき方針だ。

『週刊現代』2016年9月17日号より
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 雅則[353] ieuRpQ 2016年9月10日 12:06:32 : xn6KEm5ovs : B0BV3@N4oQo[8]
電気料金28年9月分
ご使用期間8月4日―9月5日(33日)エネファームで発電エコぷらん
ガスご使用量20㎥請求予定金額15591円
エネファーム発電設備料金トウキョウガスリース18620円合計で34211円
電気料金28年8月分
ご使用期間7月6日―8月3日(29日)
ガスご使用量30㎥ガス料金4113円消費税304円
      電気料金6820円
      マイツーホー367円計11300円領収
エネファーム発電設備トウキョウガスリース18620円合計29920円
安心安全問題なく発電をつずけている。(ガスの成分80%が水素ガス)
東京ガスのエネファーム発電エコぷらん

[32初期非表示理由]:担当:意味なし
2. 2016年9月10日 13:43:56 : 4qU0QcGXGk : NKu1mnIyn1g[58]
今のアベノミクスでは生ぬるいと更なる金融緩和と積極財政を訴えたほうがいい

それだと過去に民主党が小泉政権の時に改革競争をして埋没したのを思い出す。

あと今のアベノミクスが生ぬるいと思ってる人は野党で実行力のない民進よりも安倍政権にやってほしいと思うし。


3. ピッコ[1134] g3ODYoNS 2016年9月10日 18:49:37 : PMkQWyWfeQ : @xOdtqQjvHQ[1]
>野党第一党として政界での影響力を維持するためには、アベノミクスに「対抗」できるような経済政策を打ち出す必要がある。

3年半に及ぶアベノミクスの、過去に例のない大規模な金融緩和政策により、いま日本は、安倍政権のアベノミクスの失敗を政府が正式に認めるだけで国債は大暴落し、その利払い費が税収の何倍にも膨れ上がるというところまで来ているのだ。 アメリカと同じ、いわゆる『双子の赤字国家』、つまり、国の借金の利払いに充てる金が税収だけでは足らず、そのためにさらなる借金をする借金地獄、財政破綻国家となるのだ。 アメリカは世界で最強の軍事力を持ち、アメリカドルは世界の基軸通貨なので、アメリカが双子の赤字国家であっても、その信用力でアメリカの国債は買われ続け、世界が双子の赤字国家アメリカを支えてくれる。 しかし、そういうものが何一つない日本は、財政破綻するしか道が残されていないのだ。 ギリシャを見ればわかるように、元来どこの国でも国民は緊縮政策が嫌いで、この日本も違わず、そのために国の借金が世界最悪規模になっているわけだし、おそらく日本国民は今のまま『アベノミクス』という麻薬を死ぬまで飲み続けていくのだろう。 「モノからヒトへ」という、緊縮を含めた新しい道を示した先の民主党政権が、日本国民にとって最後の日本再生のチャンスだったのだと私は考えている。 ”アベノミクスに「対抗」できるような経済政策”? そもそも、アベノミクスはリフレ派と呼ばれる頭の悪い一部の経済学者たちが考え出した妄想なのだ。 頭の悪いリフレ派経済学者たちによる、ただの経済実験。 「経済政策」と呼ばれるような代物ではない。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ