★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212 > 909.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
蓮舫氏の二重国籍問題は謝罪しても終わらない
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/909.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 9 月 17 日 13:59:04: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

【第177回】 2016年9月17日 降旗 学 [ノンフィクションライター]
蓮舫氏の二重国籍問題は謝罪しても終わらない

蓮舫氏の「二重国籍問題」に決着はついたのか Photo:AFLO
 民進党の新代表には蓮舫議員が選出されたが、代表選のさなか、蓮舫議員には“二重国籍”疑惑が持ち上がり、騒動になっていた。

 疑惑は、議員は亡父が中国台湾省の出身、ご母堂が日本人なので“日台”両国の国籍を有したまま国会議員になったのではないか――、というものだ。日本のみならず、二重国籍はどの国でもあり得ることなのである。

 結論から言えば二重国籍は違法(二十歳になった時点で二重国籍だった場合、二年以内に国籍を選択しないと日本国籍を失う)なのだが、国籍法は“外国籍の離脱に努めなければならない”と努力規定を定めているだけなので、蓮舫議員は台湾籍の除籍を証明することで簡単に疑惑を晴らすことができた。それを、収拾がつかない騒動にしてしまったのは、他ならぬ蓮舫議員本人が繰り返しついた“嘘”が原因だ。

 アメリカ大統領選に出馬したヒラリー・クリントンの代名詞は“ライアー(嘘つき)”だが、一連の流れを振り返ると、民進党代表選に名乗りを挙げた蓮舫議員の嘘つきっぷりもヒラリーに負けてはいない。

 事の発端は今月三日、蓮舫議員が読売テレビに出演した際の、辛坊治郎氏とのやりとりだ。

辛坊:週刊誌やネットで二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかって話があります。これについては?
蓮舫:私は生まれたときから日本人です。(台湾)籍、抜いてます。
辛坊:いつですか?
蓮舫:高校三年の十八歳で日本人を選びましたので。

 十八歳から日本人をやっている議員が生まれたときから日本人ってのも妙ちくりんな話だが、当初から蓮舫議員は“二重国籍ではない”“台湾籍は抜いてある(十七歳のとき学校を休み、父親と一緒に台北中日経済文化代表処へ行き手続きをした)”と説明していた。

 テレビでは十八歳で日本国籍を取得したと言っているが、今月六日の記者会見では十七歳になり、過去のインタビューでは帰化は十九歳と微妙に取得年齢が異なっていたりする。その辺の記憶違いは大目に見てもいい。

 旧国籍法では、父親の台湾籍がそのまま蓮舫議員の国籍になったが、一九八五年の法改正で国籍を選べるようになった。そこで日本生まれの蓮舫議員は母親の国籍を選び、日本に帰化したと言っているのだが、問題は、そのとき台湾籍を離脱しておいたか否かだ。台湾籍を放置しておくと“二重国籍”になるのである。

 また、蓮舫議員は一九八五(昭和六〇)年一月二一日に「日本国籍を取得し、合わせて台湾籍の放棄を宣言した」と会見では言っているが、一九六七年生まれの蓮舫議員はこのとき十七歳。台湾の国籍法(第十一条)によると、自己の意志で国籍を喪失できるのは“満二〇歳を迎えてから”と規定されている。

 だから、当時十七歳の蓮舫議員が台湾籍を除籍することはできないはずなのだ。

 すると、あれだけ“二重国籍ではない”“台湾籍は除籍してある”と言い張っていた蓮舫議員だが、台湾籍の除籍条項についてツッコまれた途端、発言を翻した。二重国籍については“除籍したかどうかはまだ確認が取れていない”“台湾当局に確認の手続きを取っている(ついでに台湾籍を放棄する書類を提出した ← これ、後で重要になってきます)”と言うのである。

「生まれ育った日本に誇りを持っているし、愛している」

 今月七日の候補者集会で蓮舫議員はこうスピーチした。二重国籍の疑いをかけられた為政者が口にするには妥当な言いまわしかもしれないが、これまでの蓮舫議員の発言を拾い上げてみると……、出るわ出るわ、あんた本当に日本に誇りを持って愛してるのかい、と言わずにはいられないような嘘のオンパレードなのである。

 形勢不利な蓮舫議員の援護射撃に出たつもりなのか、元朝日新聞記者の野嶋剛氏が『Yahoo!ニュース』で単独インタビューを試みている。助け船というか、ちょっとヤラセっぽいインタビューなのだが、どんな感じか一部抜粋してみる。

野嶋:これまでのメディアの取材で「生まれたときから日本人だった」と語ったことがありましたが?
蓮舫:この間、ネットなどで私の家族を攻撃するような、いわれなき書き込みがあったので、あえて私の気持ちとしては日本で生まれて育って日本の風土で育まれたという気持ちを話しました。ですが確かに法律上は十七歳から日本人になっています(中略)当時は東亜関係協会(台北駐日経済文化代表処)と呼ばれていましたが、学校を休んだとき、東亜関係教会に行くのは国籍のことですと、高校の先生に説明し、父と一緒に行ったのは覚えています。ただ、やり取りが台湾語だったのと、当時、そこで何が行なわれているのか父に確認するモチベーションがありませんでした。当時の私は十七歳で、すべて父に任せっきりでした。
野嶋:ご自身の認識では、一九八五年に日本国籍になり、台湾籍ではなくなったと思っていたのでしょうか
蓮舫:はい。当時、国籍取得証明書を父から見せられて、「今日から日本人だ」と説明を受けたので、あ、日本人になれたんだと思って、そこで私にとっての国籍問題は終わっていました。

 いきなりの嘘である。このインタビューが掲載されたのは九月九日のことだが、遡ること二十余年、一九九二年六月二五日の朝日新聞夕刊では、蓮舫議員は“誇りがあって愛している日本”をこんなふうに言っていた。

〈父が台湾人、母が日本人、十九歳のとき、兄弟の就職もあって日本に帰化したが、東京で生まれ育った身にとって暮らしに変化はなかったけど、『赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった』〉

〈父や祖母を通して触れた台湾、アジアのアイデンティティは『日本』とは違うと感じる〉

 おやおや。日本に誇りを持ち愛していると言う蓮舫議員は、発言とは裏腹に、国籍と己のアイデンティティーについて、こんなことまで言っている。

〈在日の中国国籍の者として、アジアからの視点にこだわりたい〉(朝日新聞1993年3月16日)

〈私は中国人の父と日本人の母の間に生まれたんですが、父親が日本人として子どもを育てたので日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見て見たい、言葉を覚えたいと考えていました〉(CREA1997年2月号)

〈私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティーは『台湾人』だ〉(週刊ポスト2000年10月27日号)

 おやおや。亡父に国籍取得証明書を見せられ、台湾籍は抜いたと言っているのに。蓮舫議員が会見を開くたびに口をついて出る釈明と、Yahoo!ニュースの単独インタビューには、こんな嘘が随所に見られるのだ。

「まず私には、自分がいわゆる“二重国籍”であるという認識はありませんでした。日本人であると普通に考えていたので、メディアに質問されても、何が訊かれているのかはっきり頭の整理がついておらず、説明の仕方が十分に統一されていなかった印象を与えたことは申し訳なかったと思っています」

 これも、嘘だということがすぐにバレた。週刊現代(1993年2月6日号)での三枝成彰氏との誌上対談で、蓮舫議員は語るに落ちている。

三枝:お母さんは日本人?
蓮舫:そうです。父は台湾で、私は、二重国籍なんです。

 もはや言い逃れはできないのだが、今月十一日の候補者討論会では“真っクロ”な身の潔白を訴えた。

「私は日本の法律において日本人。日本の法律のもとで、二重国籍疑惑そのものがないと明確にさせてほしい。説明不足であれば、説明を尽くしたい」

 ところが二日後の十三日、蓮舫議員は緊急の記者会見を開き、自分が二重国籍を持っていることをあっさりと認めるのである。台北中日経済文化代表処から前日夕方に連絡があり、蓮舫議員の台湾籍は除籍されていないと告げられたそうだ。

「記憶の不正確さによってさまざまな混乱を招いたこと、一貫性を欠いた発言についてはお詫び申し上げたいと思います」

 ネット上にはまだ映像が残っているが、さんざん嘘をついてきたくせに、こう言って詫びる蓮舫議員は何故か満面の笑顔なのである。十二日必着の党員・サポーター票の郵送投票を締め切った翌日に二重国籍を打ち明けるあたり、蓮舫議員はなかなかにしたたかだ。代表選は蓮舫議員が優勢と見られているだけに、笑いが止まらなかったのだろう。

 そして、周囲をもっと驚かせたのは、日本国籍を取得して以来、三十一年間も放ったらかしにしていた台湾のパスポートが家の中をひっくり返したら出てきた、という実にタイミングのいい発見だった。台北中日経済文化代表処から連絡が来て台湾籍が抜けていなかったことを知らされたらパスポートが出てきたのである。

 蓮舫議員の発言は、全てが嘘だった。台湾籍は抜き、二重国籍ではない → 台湾籍はそのままで二重国籍だった。日本を愛している → 赤いパスポートになるのがいやだった。生まれたときから日本人 → 国籍は日本でもアイデンティティーは台湾。

 二重国籍騒動の根底にあるのは、二重国籍取得者が野党第一党の代表になろうとしている危惧と、嘘で嘘を塗り固めるような発言と言い訳に終始する蓮舫議員への嫌悪なのだ。自民党議員の不祥事をこれでもかとばかりに追及してきた蓮舫議員だからこそ、嘘にまみれた発言の数々に嫌悪感が漂うのである。

 Yahoo!で単独インタビューを試みた野嶋剛氏は、こう書いている。

〈蓮舫氏が台湾籍であることを自覚し、パスポートを取得して台湾に入国したり、投票や納税などの権利・義務を行使したりしたことはなく、台湾の国籍者としての具体的な振る舞いはなかった(中略)もし台湾籍が残っていた場合、蓮舫氏はどう対応するのだろうか〉

 蓮舫議員は応えた。自身の台湾籍がどうなっているか確認してもらっていると同時に、台湾籍放棄の申請をしていると。これにも、ちょっと怖い話がある。

 台湾籍を喪失するには、“現在有効な”中華民国パスポートの添付が必要なのだという。その場合、期限失効のパスポートでは申請を受けつけてくれないのだそうだ。

 蓮舫議員は、九月六日に台湾籍放棄の申請をし、十三日にも改めて申請をしたと言っている。家中をひっくり返して見つけ出したパスポートを書類に添付するのだが、果たしてそのパスポートの期限は有効なのか、それとも、とうのむかしに失効済みなのか――?

 それ以前に、九月六日の申請が受理されていたのであれば、蓮舫議員は家中をひっくり返すまでもなく、パスポートを見つけていたことになるが。だとすれば、家中を探してパスポートを見つけたという十三日の説明も嘘になる。

 そして、そのパスポートの期限が有効だった場合、蓮舫議員は更新を繰り返していたことになり、その事実が発覚した瞬間に蓮舫議員の政治生命は終わりを告げる。民進党は、実に胡散臭く、実にやばい人物を新代表に選んでしまった。

 ついでながら記せば、蓮舫議員はこんなやばいことまで口にしていた。

「(日本と中華民国が断交した)一九七二年以降、私の国籍は形式上「中国」になっています。仮に中国の国内法では外国籍を取得した者は自動的に喪失をしているので、二重国籍にはなりません。また、日本と台湾は国交がないので、台湾籍を有していたとしても法的に二重国籍だと認定されることもありません」

 蓮舫議員は、あたかも“台湾を国家として認めない”とでも言うような発言をしてしまった。

 これに台湾政府が激怒したとも伝えられている。蓮舫議員は、父親の祖国をも敵にまわしてしまった。もし、台湾政府が蓮舫議員の台湾籍除籍を認めず二重国籍状態が続いたら、彼女は日本国籍を失ってしまうのだから。

 蓮舫議員の嘘が見破られるにつけ、日本を誇りに思う、日本を愛しているといった発言が虚しく聞こえてしまうが、コラムニストの小田嶋隆氏は“蓮舫議員は好きではないが”と前置きしたうえで、彼女に非はないと言い、蓮舫議員の二重国籍を疑うこと自体がどうかしている、と産経新聞の記者を“常識外で不躾な質問”をした記者と切り捨てた。

〈この程度のミス(二重国籍)をことさらに問題視するのは、つまるところ、蓮舫議員という、かつて中国籍であった日本人と、はじめから日本の国籍を持って生まれてきた日本人を、別の日本人として扱おうとする人間である、と、自ら表明する行為にすぎない〉

 この方はもうちょっと“読める”方かと思っていたが、二重国籍問題を差別問題に置き換えたあたりの思考に軽い失望を覚えてしまった。小田嶋氏はこうも書く。

〈自民党は、幾人か、この騒動に便乗した愚かな政治家が現れたようだが、全体としては、静観している。こういう点は見事だと思う。政治家としてずっと大人だ〉

 自民党が静観しているのには理由がある。蓮舫議員は新代表に選ばれたが、代表選が繰り広げられている間に、自民党は公安や外事課、外務省を動かし、蓮舫議員の二重国籍の背景を徹底的に洗い上げていたはずだ。

 台湾政府とも連絡を取り、蓮舫議員のパスポートの期限をはじめ、何らかの情報をつかんでいるだろうと思う。亡父が台湾に残した資産の有無や納税状況まで調べているかもしれない。そういった情報を民進党の新代表にぶつけるために静観の構えを見せているだけで、決して大人だからではない。

 ともすれば蓮舫議員は議員資格を失うやもしれず、そのタイミングで安倍総理が衆院解散に持ち込めば、党の代表を失った民進党は議席数を大きく減らし大打撃を受ける……、だろうことは想像に難くない。

 日本国籍を選んだのだから、蓮舫議員が私たちの同胞であることに変わりはない。でも、私は嘘つきは嫌いだ。党員・サポーターの郵送投票を締め切った直後に、本当は二重国籍でしたと真実を打ち明けるようなやり方も嫌いだ。

 民進党が選んだのは稀代の嘘つきだったのか、それとも新時代を築く若きリーダーだったのか、答えはいずれわかる。

参考記事:産経新聞9月6日13日付
夕刊フジ9月9日付
時事コム9月11日付
Yahoo!ニュース9月9日付
日経ビジネスオンライン9月9日付
アゴラ9月3日付他
http://diamond.jp/articles/-/102150  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月17日 14:05:13 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2668]

日本で二大政党への道は、当面は、かなり厳しい

これでは安倍自民サポーターと言われても仕方がない

次の選挙までに大不況が来るか、自民が安保関連などで大失敗するのを期待するしかないだろうw



2. 2016年9月17日 14:07:55 : 92m6KEHjK2 : n2Npk7Pj05g[16]
またアゴラか

3. 2016年9月17日 14:10:14 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[375]
二重国籍のままがよかったのに。

4. 2016年9月17日 14:40:50 : Oew8aCqKMY : @SpEy3Kzx1M[95]
民進と蓮舫は叩きどころがいっぱいだが、ネトウヨが叩くのはこればかり。
御本家自民の二階さんなんかは「問題なし」って言ってるのは蓮舫でいいからなんだが。w

5. 2016年9月17日 14:51:17 : JUPrEPQ7Pc : a2gbcFri3TE[11]
>日本国籍を選んだのだから、蓮舫議員が私たちの同胞であることに変わりはない。

上の言葉、チョット違うのだね。

選ぶと言うことは、それだけを選ぶことであり、選ぶ前の状態で台湾国籍もあるのであれば、日本国籍を取得すると同時に台湾国籍を放棄すると言うこと。

それで始めれ選んだと言う事になる。

国籍法でも最初は二重国籍を認めていても一定の年齢までに選べと言う規定がある。

何や、かやと言っているが、実際には、その年齢(22歳か)に達した時、台湾国籍を放棄する手続きをしてなかったのであろう。

選んだことにはならない。
また、当時のことは本人ではなく両親がやっていたとしても、そこは成人。
子供のような言い訳は出来ない。

かつ、国会議員を目指すほどのものなら、自分が台湾人であったことを認識しているならば、国籍問題を確認しているはず。

おそらく台湾国籍を強いて残したのは台湾の財産との関係であろう。

蓮舫はスタートから間違っているのである。
国籍法違反の犯罪者で会ったのである。

蓮舫自身は、最初は。ともかく国会議員になりたいだけで、国籍問題などウヤムヤにできるとタカをくくっていたのであろうが、

意に反して、知らぬ間に大臣にもなり、民進党の代表選挙にも担ぎ上げられた。
幸か不幸か、それが問題になってしまった。

なにはともかく、最初に二重国籍でありながら、国会議員を目指した、その根性が許せない。


6. 2016年9月17日 16:56:44 : qRCXZPYhUM : Pm@KoslD_Kw[9]

第二の小澤が出てこない限り、民進党は政権を奪取することは不可能である.

7. 2016年9月17日 18:25:02 : pRIXbMWV9A : PGy@LqWgidI[41]
いい加減なままで立候補したということです。
一事が万事です。


8. 2016年9月17日 18:46:02 : JUPrEPQ7Pc : a2gbcFri3TE[17]
>第二の小澤が出てこない限り、民進党は政権を奪取することは不可能である.

このようなことをおっしゃる方がおいでなので、からかうつもりで、
別スレッドで書いたものを再掲します。


小沢信者が信奉する、小沢理論

そんなもの全ては概論に過ぎず、

国連中心主義の安保論理も、TPPも、年金制度も全て、実際お政治に対した時、それで通じるものではない。

政治は現実、政権を取るとは現実に厳しく対応しなければならない。
小沢の頭の中で、その対応は全く考えられていない。

だから、小沢自身が総理になっても何もできず立ち往生。
民主党がやった事と同じ結果であったであろう。
小沢は、それを知っていたので、表に立つことを、立たされることを恐れていた。

未来の党の問題も、それで理解できるであろう。
何で、あの時代表を避けねばならなかったのか。

斯く言う私は、それまで小沢の言うことを、そのまま理解してきていたが、本心を見せびらかしていたのでは、政治の世界、潰されるだけ。

だから小沢は、概論に留めて核心は政権を取った時、有無を言わせず持ち出すものと思っていた。

それが豪腕であり軍師のなすこと。
ところが、どっこい、

私自身の大きな買いかぶり。
小沢とは、見た目のままのやからであった。

ペテンが見破られそうになると逃げ出す卑怯者であった。
明治以来の憲政の歴史で、小沢のような妙ちくりんな奴が登場したためしはない。
あれだけ、騒がれながら、期待されながら、正体をさらされることを恐れて、逃げだすなどと言う醜態を見せたものなどいない。


9. 2016年9月17日 20:52:53 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[209]

レンホーだから叩いているわけじゃないからねそもそも 笑

日本の場合

多重国籍や無国籍でも許されるみたいな風潮に反対しているだけだから

これが中国だったら自由なんてないのに日本国民以上に権利を要求している外来種を許さないってだけだから


10. 2016年9月17日 23:02:35 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[213]

【民進党】蓮舫氏「私は国籍は日本人だけど心は立派な台湾人です!」

 民進党の新代表に選出された蓮舫氏。代表選終盤の9月13日、同氏は絶妙なタイミングで記者会見を開いて日本と台湾との二重国籍を認めた。

「台湾当局に確認したところ、昨夕、私の籍が残っていたという連絡を受けたので、改めて報告させていただく」

 奇しくも党員・サポーターや地方議員による郵便投票を締め切った翌日であり、投票への影響を最小限にとどめた形だ。

 蓮舫氏は、日本で台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、17歳の時に日本国籍を取得したが
台湾籍を抜いていないのではないかという二重国籍問題が発覚。「党首の資格」が問われると、「私は生まれた時から日本人だと思ってきた」などと反論していた。

 だが実は彼女、キャスター時代の2000年に本誌の外国人参政権をめぐる特集で国籍問題について“深い見解”を披露していた。

〈帰化して、日本の構成要員になって初めて手にするものが参政権だ。ただし、国籍に全員がアイデンティティを感じるものではない。
私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティは「台湾人」だ。
在日朝鮮・韓国人の方たちのアイデンティティは朝鮮・韓国という国家にあるのではなく、「在日」それ自体にあり、非常に複雑。
だからこそ、自分のアイデンティティ、国籍を深く考える。日本人はこのアイデンティティと国籍への関心がとても薄いと感じる〉(2000年10月27日号)

 今回の二重国籍問題でも、そうした見地から堂々と論争を挑めば、“蓮舫ここにあり”の印象を与えることができたかもしれない。

 だが、政治家となった蓮舫氏はキャスター時代とうって変わって説明を二転三転させ、言い訳に終始したことで女を下げてしまった。

http://news.livedoor.com/article/detail/12030407/

■二重国籍問題は、TVで放映された、みんなが知る、みんなの問題、みんなで話題にして考えよう■
10の問題点
@議員が二重国籍を疑われる場合、国籍を確認しないのは職務怠慢(辻元清美議員の指摘)法務省は調べもしない事が今回判明
A議員が二重国籍だった場合、国籍法16条に基づき日本国籍を剥奪するべき(辻元清美議員の指摘)
B議員は国費を使って、あらゆる情報にアクセスできる。二重国籍がいれば当然国家機密も間違いなく漏れる。
Cスパイ対策の問題
D二重国籍であっても、日本国籍を剥奪以外の直接の罰は存在しない。旅券法第二十三条は条件アリ。
E税収の問題。税金はどの国に納めるのか?
F脱税の問題。別国籍の別の名前で活動されると、その収益・口座を把握するのは困難
G徴兵の問題。二重国籍者はどの国の兵になるのか??
H二重選挙権の問題。二重国籍者は両国の選挙権を持つ。
I選挙による属国化問題。例えば、13億の人口の国はその約10%を日本の二重国籍者にするだけで、過半数を取れる。
 ★これは、アメリカがハワイその他に対して実際に行った

工作員確定w

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1474118726/抜粋


11. 2016年9月18日 01:05:11 : DYfNHGZ2lU : gussYb1DLYs[2]
終わらない、終わらない。
「台湾語わからなかった」とかも大嘘だった。

反日愚国 恨寓瘻


また一つ嘘をついた 〜 民進党蓮舫氏、著書で「小学生時代、台湾でプールの監視員と台湾語で話をしていた」と
http://hannichigukoku.info/blog-entry-14640.html


【民進党】蓮舫氏、著書で「小学生時代、台湾でプールの監視員と台湾語で話をしていた」と


1: マスク剥ぎ(茸)@ 2016/09/17(土) 14:37:25.07 ID:/kW+wNRc0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典

蓮舫氏の親類で台湾当局で外相にあたる外交部長を務めた陳唐山氏(81)は、産経新聞の取材に
「蓮舫さんはお父さんと一緒に、小さい頃に台湾に帰ってきていた」と説明する。

 蓮舫氏の著書「一番じゃなきゃダメですか?」(PHP研究所)では、「台湾に行くときは、いつも『台湾に帰る』と表現した」と打ち明ける。
幼少から日本語を母語として育ち、幼稚園から大学まで都内の青山学院で学んだが、小学校の夏休みは「両親や兄弟とともに、ずっと台湾に滞在」。
定宿にしていたホテルのプールで遊び、「プールの監視員と日本語と台湾語で話をしていた」という。

 父のしつけは厳格だった。夕食の献立を聞かれ、「『なんでもいいよ』と答えようものなら、父のカミナリが落ちるか何も食べさせてもらえない」(同著)こともあり、意見をきちんと語るよう教えられた。
http://www.sankei.com/premium/amp/160917/prm1609170024-a.html


12. 2016年9月18日 01:21:12 : DYfNHGZ2lU : gussYb1DLYs[3]
もえるあじあ


【蓮舫クソワロタw】鬼女板、言い訳絶対不可能なマジキチソース発見。本物のただのアホ疑惑が浮上!
2016年09月17日22:32 / カテゴリ:蓮舫二重国籍
http://www.moeruasia.net/archives/48469093.html
(コメント一部引用)


190: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:08:52.37 ID:EHKGdLss0

●「大好きな」父の没年もブレすぎて怖い
編集権のないwマスコミ記事でなく
自分の指で打ったツイッターだぞ

675 :可愛い奥様 :2016/09/17(土) 04:35:57.75 ID:KJyYdTnS0
2012年には17年前と言い、1995年没になるがその翌年・・・
https://twitter.com/renho_sha/status/190283612040605697?lang=ja

2013年には20年前だと言っている。1993年没になる。
https://twitter.com/renho_sha/status/322986729172787200?lang=ja

今年、2016年には22年前だと言っている。1994年没になる。
13歳のときの子には見えない
https://twitter.com/renho_sha/status/720040972982181888?lang=ja

2015年にも22年前だと言ってるのです。
https://twitter.com/renho_sha/status/587419895287037953

亡くなったのがずいぶん前なので勘違い?


※補足
蓮舫・れんほう@民進党 ‏@renho_sha

20:42 - 2012年4月11日
幼稚園時代からの友人のお母様のご葬儀に。
桜が舞う同じ時期、17年前に私の父も他界。明日が命日。

→17年前は1995年

1:16 - 2013年4月13日
20年前の今日、父が他界。
今日は家族でお墓参りへ。

→20年前は1993年

17:08 - 2016年4月12日
桜咲く最も美しい季節に、大好きな父が旅立ってから22年が過ぎました。政治や経済についていつも語っていた父は、私が政治家になったことを知りません。男女の双子はもう19歳ですよ。 もっと、。いっぱい話したかったと、この季節に想います。


(三十歳前後に見えるお父さんと並んだ二歳くらいの蓮舫議員の写真)と
(謝家と斉藤家と連名で彫ってある珍しいお墓の写真)


→22年前は1994年

17:59 - 2015年4月12日
22年前の今日。父が旅立ちました。 桜が綺麗な日でした。 今日はお墓参りから。 大好きな父に、今の私はどう映るのでしょう。いつも、聞きたいことがたくさんあります。

→22年前は1993年

406: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:25:58.62 ID:CcMRSnSU0

>>190
●普通は父親の没年とか忘れんだろ。

270: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:15:45.84 ID:MLiD1XQC0

>>190
鬼女板、さすがだなw

216: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:11:13.04 ID:sd1ktVDz0

>>190
これ魚拓とってあるのかな

352: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:22:09.26 ID:EHKGdLss0

>>216
鬼女様にロックオンされてるからその辺は大丈夫だろw

557: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:37:46.06 ID:jjMecvQ+0

>>190
●日本国籍取得の年も親父の没年も
ころころ変わるなんてありえんわな

虚言癖なのか本物の阿呆か

232: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:12:55.30 ID:ftPAGV2a0

>>190
こりゃ背乗り説がにわかに現実味を帯びて来るな

195: 名無しさん@1周年2016/09/17(土) 19:09:25.62 ID:8Fm2G7E50

台湾に帰ればいいやん。
この人おかしいよ色々w

元スレ【社会】蓮舫氏「国籍に全員がアイデンティティを感じるものではない。私は国籍は日本人だが、アイデンティティは台湾人
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474106138/


13. 安倍を辞めさせる会[311] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年9月18日 16:11:00 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[271]
法律的に問題がなければよいという訳にはいかない。なにしろ国家のトップに例えわずかでもある可能性のある人物が二重国籍で言い訳がない

14. 2016年9月19日 06:50:57 : jH8zACbjRg : G2yiGiy_8ag[34]
>13

殆ど無いんだけどねww


15. 2016年9月23日 02:49:04 : O9zV5tpjvT : 6nrWKkhLVsg[19]

テレビじゃ流さないニュース

またか!【朝日新聞】蓮舫問題を機に二重国籍容認への世論操作!

公開日: 2016/09/22 :
http://brief-comment.com/blog/media/54362/(一部抜粋)

@SHINBAKUN: シンバ君 2016-09-21 16:01

他国の事情がどうだろうと、日本は日本。
そもそも、大多数の国民にとって、二重国籍を認めるメリットはほとんど無いのだ。


@colo282385: おっぺ 2016-09-21 16:53

これを機に、外国人参政権に持って行きそうですね。外国人参政権に反対するのはヘイトスピーチでレイシストの所業となるでしょう。外国人参政権が認められれば、外国人首相も遠くないですね。習近平首相もありえますね。

@higomotukosu: 肥後もっこす 2016-09-21 17:50

朝日は外患罪の適用を以て廃刊にすべき!
此のまま放置すれば、何時の日か後悔の日々を見る事に為る!

CatNA ‎@CatNewsAgency

テッド・クルーズは友好国カナダとの二重国籍さえ問題視された。日本の二重国籍の大部分は、中台韓。その二重国籍者をリーダーにするということは、米国がロシアとの二重国籍者を大統領にするような話。それを「平和」「国際化」「多様なルーツ」などの綺麗ごとを理由に認めろ、というのが朝日の論理。

2016年9月20日 20:52


CatNA ‎@CatNewsAgency

出た!週刊朝日の「海外デワー」という出羽守式世論操作。蓮舫の二重国籍問題を人種問題だとするBBCの頓珍漢な記事を書いたのは、日本人の大井真理子ですな。それ以外の海外メディアは全て客観的に記事を書いている。https://dot.asahi.com/wa/2016092000241.html

2016年9月21日 11:54


早坂隆 ‎@dig_nonfiction

蓮舫議員の二重国籍問題。「事業仕分け」の際、彼女は懸命に防衛費を削ろうとしていたが、あれはどちらを向いてのことだったのかと思うと恐ろしい。国益とはこうして失われていく。

2016年9月15日 21:53


早坂隆 ‎@dig_nonfiction

しかし、二重国籍の議員など他にも沢山いるのではないか。取材や講演などで永田町を出入りしていると、そんな噂話はしょっちゅう耳に入る。はっきり言えば、朝鮮半島系。これはしっかり精査した方が良い。人種差別云々ではなく、どこの国でも当たり前にやっているチェック機能が働いていない。

2016年9月15日 21:57


早坂隆 ‎@dig_nonfiction

蓮舫氏の二重国籍問題は、国家の根幹に関わる極めて深刻な案件。甘利大臣よりも、ベッキーよりも、ショーンKよりも、カジノ好きのバドミントン選手よりも、舛添よりも恐ろしい話。

2016年9月16日 23:25


ゆうきん ‎@yukin_done

重国籍状態を長年維持し、現在も重国籍の者が党首である民進党。蓮舫が重国籍のまま国務大臣を歴任した事実だけでもぞっとするが、重国籍者の国会議員を認めるということは、よど号事件関係者のような北朝鮮との重国籍者でも認めなくてはならない。この意味を民進党支持者は理解できているのだろうか。

2016年9月20日 09:37


ゆうきん ‎@yukin_done

森大志。よど号ハイジャック犯のリーダー田宮高麿の長男。1983年北朝鮮生まれで20歳まで北朝鮮公民であった彼は2004年に日本に帰国。日本国籍を取得・戸籍編成、2011年4月に三鷹市議会議員選挙に市民の党から立候補したが落選。この市民の党に菅直人らが政治資金を供給していた。

2016年9月20日 11:26


ゆうきん ‎@yukin_done

重国籍者の議員活動を認めることがどれだけ恐ろしいことかご理解いただけますでしょうか。自民党の政策が時に親韓国寄り政策になると嫌韓右派の方々は懸念を示しますが、民主党の場合は韓国どころではなくモロに北朝鮮。直接、テロリストの息子の立候補者とその政党を支援していたことになります。

2016年9月21日 11:03

@RIRIKA19691969: RIRIKA 2016-09-20 15:09

よど号ハイジャック事件の犯人の息子や妻がしゃあしゃあと日本に来て、無理矢理拉致された方々の帰国が実現出来ていないのは矛盾を感じます。

________________________________


NAVERまとめ

売国奴!レンホー蓮舫マジコンR4心は台湾人!二重国籍!日本国籍剥奪!?外交問題!刑事告訴!逮捕?


半成りすましだったとはね。。。パスポートには期限が有り、更新していますよね!!!嘘ばかり。。。

更新日: 2016年09月23日

良い香りさん
http://matome.naver.jp/odai/2141415861377510401


16. 2016年9月23日 03:14:34 : O9zV5tpjvT : 6nrWKkhLVsg[20]

>蓮舫の二重国籍問題を人種問題だとするBBCの頓珍漢な記事を書いたのは、日本人の大井真理子ですな。

下記のサイト二つ、閲覧した後速攻で消された。↓ 監視されてるようで。

https://platform.twitter.com/jot.html

http://logql.yahoo.co.jp/v1/public/yql?yhlVer=2&yhlClient=rapid&yhlS=555003119&yhlUA=ie9&yhlCT=2&yhlBTMS=1474566632692&yhlClientVer=3.25.1&yhlRnd=xAh0Ut8w5pkCk1j9itemwflg&yhlCompressed=0


_______________________________________________


グローバル化反対!多文化共生反対!移民反対!

間接侵略や人口侵略や乗っ取り戦争に関する情報を拡散します


BBCの大井真理子って日本国籍の朝鮮人??? 驚愕の反日の実態  拡散お願いします!!!!

2016/9/16(金) 午後 2:38
http://blogs.yahoo.co.jp/mamorehinomoto/65873860.html(全文)


@CatNewsAgency この方は、日本国籍ですが、別のプログラムで間違いなく「私は、北朝鮮人です」と叫んでおりました。そして、日本では、差別されているとしておりました。 RE https://twitter.com/CatNewsAgency/status/776381931848032256 … @kohyu1952

https://twitter.com/TedYokohama/status/776453192485777409

ぞっとする顔をしている。

確かに顔面鑑定では朝鮮人のようだ。

シナ朝鮮人が日本国籍を取得して、日本人に成りすまして、日本を貶める反日プロパガンダを世界中で展開している証拠。

本当に本当に恐ろしいことが起こっています。

蓮舫もその一端です。

_____________________________________________


こっちは↓初めから閲覧できない。よってこのご両人は超怪しいと判断した。


田淵広子と同じく反日活動に勤しむ大井真理子
http://www.dailymotion.com/video/x1c7pol_%E7%94%B0%E6%B7%B5%E5%BA%83%E5%AD%90%E3%81%A8%E5%90%8C%E3%81%98%E3%81%8F%E5%8F%8D%E6%97%A5%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AB%E5%8B%A4%E3%81%97%E3%82%80%E5%A4%A7%E4%BA%95%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90-missing-histories-china-and-japan-1_news



17. 2016年10月04日 20:59:48 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8022]
Domestic | 2016年 10月 4日 20:46 JST
自民参院議員も二重国籍

 自民党の小野田紀美参院議員(33)=岡山選挙区=は4日、米国との二重国籍状態で、現在米国で米国籍放棄の手続きを進めていると、自らのフェイスブック(FB)で明らかにした。二重国籍を巡っては、民進党の蓮舫代表に台湾籍が残っていたことが分かり、問題となった経緯がある。小野田氏は「心配をかけて大変申し訳なかった」と国会内で記者団に述べた。

 小野田氏のFBなどによると、同氏は1982年12月に米国で出生し、米国籍を取得。参院選に出馬する前の2015年10月に、日本の国籍選択と米国籍放棄の手続きを日本国内で完了したとしている。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016100401002144


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK212掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK212掲示板  
次へ