★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 798.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
6年間の悪夢越え政権刷新の偉業を再びー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/798.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 03 日 21:05:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

6年間の悪夢越え政権刷新の偉業を再びー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp5n41
2nd Oct 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


2009年9月16日の鳩山由紀夫政権誕生から7年の時間が経過した。

第2次安倍政権が発足したのは2012年12月。

ここからまもなく4年の時間が経過する。

鳩山政権誕生の意義を粉々に粉砕したのが菅直人政権と野田佳彦政権。

この二つの政権が政権交代の意義を全否定したから第二次安倍政権が誕生した。

本当の新政権の時代は8ヵ月しかなかった。

鳩山政権が総攻撃を受けて破壊されたのは、鳩山政権が真正の日本政治刷新政権であったからだ。

だからこそ、激しい攻撃を受けた。

激しい攻撃を受ける人物を見たら、その人物が「本物」である可能性を考えるべきだ。

小沢一郎氏にしろ、鳩山友紀夫氏(現在は漢字表記を改めている)にしろ、

既得権者にとって「危険な存在」であったからこそ、激しい攻撃を受けた。

大変僭越な言い方になって申し訳ないが、私が激しい攻撃を受けてきたことも、

基本的には同じ文脈の流れのなかで理解することができると考えている。

あの政権交代実現から7年の時間が経過し、日本は最悪の状況になった。

安倍晋三氏の暴走ぶりは目に余る。

多くの心ある主権者がそう考えている。

しかし、国会の多数議席を盾に取って、暴政を改めるどころか、いまなお加速させている。


現状を見て絶望する人は多いが、希望を捨てるのはまだ早い。

2009年に実現した現実がある。

夢でも幻でもない。

天の時、地の利、人の和が整えば、あの状況を再現できるはずだ。

安倍政権が推進する基本政策路線に反対する主権者は多い。

恐らく主権者全体の過半数を超えているだろう。

しかし、この主権者の意思が政治状況に反映されていない。

それは、安倍政権の側、つまり、日本の既得権勢力が、巧妙な策謀を巡らせているからだ。

その策謀は三つの柱から成り立っていると思う。

第一は、野党第一党の民進党を「隠れ与党化」すること

第二は、公明党と共産党を対立させておくこと

第三は、「隠れ与党」勢力を「第三極」として人為的に創出すること。

この三つの策謀によって、主権者多数の意思が政治に反映されない状況が生み出されている。

旧民主党の小沢一郎氏と鳩山友紀夫氏は、民主党を本当の革新政党=改革政党にしてしまった。

このために、既得権勢力の総攻撃、猛攻撃を受けてきた。

2010年6月に民主党の実権は「クーデター」によって強奪されたが、

菅直人氏、野田佳彦氏が率いた民主党はすでに改革政党ではなく「隠れ与党」に堕したものだった。


公明党は本来「平和と福祉」の看板を掲げる政党だが、

この政党が安倍政権に寄り添っていることが日本政治を歪める大きな一因になっている。

公明党支持者の多くは根本的な疑問を感じているはずだが、トップダウンの組織では、

一般支持者の素朴な疑問によって党の行動は是正されにくい。

公明党が既得権勢力の側でなく、日本政治刷新を目指す勢力の側に立ち位置を変えれば、

直ちに日本政治には激震が走る。

一見強いように見える安倍政権だが、公明党が離反すれば情勢は一気に激変する。

そして、2008年以降、「隠れ与党」としての「第三極」が人為的に創作され続けてきた。

私は「偽装CHANGE」の言葉で表現してきたが、「みんなの党」、「維新」勢力がこの系譜に入る。

大阪都構想の失敗で橋下維新は基盤を喪失したが、

いまなお、マスメディアが全面的にサポートして、

この「隠れ与党=第三極」の人為的な存立維持が図られている。

これが「敵側」の戦略であり、これを知り、その上で、こちら側の戦略を改めることによって、

勝利の方程式が見えてくる。

決して不可能なことでない。

それは、一言で言えば、

「基本政策を軸に結集すること」

だ。

「少しの違い」を乗り越えて、団結、連帯しなければならない。

逆に言えば、「大きな違い」を呑み込んではいけない。

ここがポイントだ。

具体的に言えば、共産、生活、社民がひとつになり、ここに、現在の民進党の良質部分だけを加えることだ。

単純な野党共闘ではなく、民進党を分断するかたちで本当の野党共闘を確立することが重要である。


現在の民進党の矛盾は新潟県知事選の構図にくっきりと表れている。

知事選最大の争点は柏崎刈羽原発の再稼働問題だろう。

経済の問題は重要だが、それ以前の問題として原発稼働問題は根源的な問題だ。

7月10日の参院選では森ゆう子氏が激戦を勝ち抜いた。

安倍晋三氏が直々に、3度も選挙区入りして総力戦を展開した。

しかし、森ゆう子氏が激戦を制した。

森氏は原発再稼働反対を明確に述べた。

TPP阻止も述べた。

新潟県民の良識が森氏を勝利に導いた。


しかし、今回の新潟県知事選。

原発再稼働阻止の米山隆一氏を民進党は推薦しない。

民進党は自主投票だ。

米山隆一氏は民進党を離党して、共産、生活、社民の推薦で出馬した。

民進党支持母体の連合新潟は、驚くなかれ、原発推進派と言ってよい自公推薦候補森民夫氏推薦を決めた。

民進党が「隠れ与党」である最大の背景は、

民進党最大の支持母体である「連合」が「国民」=「主権者」の側ではなく、

「既得権勢力」=「米官業」の側に立っていることにある。

「連合」は労働組合の総連合であるかのように思われているが、「連合」を支配しているのは、

「電力」、「電機」、「自動車」、「鉄鋼」産業の

「御用組合」

である。

この「御用組合」は

「原発熱烈推進」

なのだ。


民進党議員、および民進党立候補予定者は、

選挙の際に連合の支援がなければ選挙を戦えないと思っているものがほとんどである。

だから、「連合」に逆らえない。

そのために民進党が「隠れ与党」になっている。

この「連合」が、

原発再稼働

集団的自衛権行使、

TPP参加

辺野古基地建設

消費税増税

を基本的に推進しているのだ。

このような勢力が野党第一党の地位を占めていたら、主権者は自分の思いを託す先がなくなる。

共産党がその大きな受け皿になっているが、

最終的に共産主義社会創設を目指す共産党には投票できないと考える人も少なくはないだろう。


「安倍政治」は好きでないが、

「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」

と叫んでおいて、

「シロアリを退治しないで消費税増税に暴走した菅・野田民主党」にだけは絶対に投票したくない、

と考える主権者も多い。


いま必要なことは、民進党を主権者が解体することだ。

この党を丸ごとは絶対支持できない。

なぜなら、

「本質が隠れ与党であるから」

だ。

連合に加盟している労働組合はもっと真剣に考えるべきだ。

本当に労働者の幸福、日本の主権者の幸福を考えるなら、「御用組合」と袂を分かつべきだ。

「隠れ与党」の「労働組合政党」を創設したのはCIAである。

その延長上にいまの民進党がある。

主権者が主導して、政策を基軸に

「大連帯」

を作る。

「平和と共生」の政治を実現する「オールジャパン」の

「大連帯」

を作るのだ。

この「オールジャパン平和と共生」が

全選挙区の統一候補を1人に絞り込む。

主権者の投票をこの「オールジャパン候補」に集中させる。

これを実行すれば、絶対に、再度政権交代を成就できる。

その際、大事なことは

「小さな違いを乗り越えること」

だ。

「大きな違いは呑み込まない」

「小さな違いは乗り越える」

こと。

選挙が近い。オールジャパンの取組みが何よりも大事になる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月03日 21:43:25 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[117]
連合やその傘下の組合がだれを支持・推薦しようがその組合に属する組合員は、選挙行動に左右されるものではない。
電力労連以外の組合員は自分の信念に従って投票するので心配することはない。

米山さんは十分に勝てるのでしっかり頑張ってもらいたい。


2. 2016年10月03日 22:15:27 : 6ibqGpRUC2 : 6sIqbrioEME[2]
社会主義協会のながれを汲む新社会党が核となり、自公政権ならびにその補完政党に真っ向から対峙する政党をミョウバンのように結晶化することです。
その名も“日本共生党”です。
多くの国民が待ち望んでいるのは、紛れもなく“日本共生党”です。

3. 2016年10月03日 22:25:36 : EWW1Bsrc16 : EusQ7dPd@@w[18]

植草先生の言説は正論です しかし腐敗権力は自分たちの権益体制を
維持するためには何でもすると云う事です

その最終ツールがムサシ不正開票であり御用メディアを動員した洗脳世論誘導です捏造世論調査もその一環です 現在の安倍政権もムサシ不正開票で樹立された
政権であり腐敗支配権力は自分たちの体制が安泰になり確立されるまで
現在の異常な洗脳報道政治が続くと思います

小渕政権以前はこの様な政治状況では有りませんでした 逆説的に思考すれば
安倍自公政権はそれだけ不安定であり不正開票による政権と思考するのが普通であります


4. 2016年10月03日 22:26:06 : UriUMyAuHw : pFoFQvN3BG0[65]
原点に 戻れと叫ぶ 諦めず

5. 2016年10月03日 23:47:41 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[578]
「現状を見て絶望する人は多いが、希望を捨てるのはまだ早い。2009年に実現した現実がある。夢でも幻でもない。天の時、地の利、人の和が整えば、あの状況を再現できるはずだ。」

そうなんですよね…
政権交代を希望する人はみな、「2009年の再現」が政権交代だと思ってしまうのですよね…
そして「あれだとちょっとねぇ…」と絶望してしまうと思います。

でも政権交代があるとすれば、「再現」じゃないんじゃないかと思います。
オール沖縄の形だと思います。つまり「民主党(民進党)抜き」だと、私は思っています。
核となるのは共産党で、そこに他の野党が結集する形。それだと思いますね。個人的には。

植草氏、がんばってください。応援しております。


6. 2016年10月04日 10:04:11 : CY6b7FeqUw : xpgvOR6_YO4[2]
多くの日本人が望むことは日本共産党の言っていることなのに
多くの日本人が日本共産党を望んでいないという矛盾


7. 2016年10月04日 15:18:45 : UhDRXwZ25A : ZnzOYt0I50w[29]
ミラーマン植草は何回同じこというんだよ もう聞き飽きたわ

8. やもめーる[-278] guKC4ILfgVuC6Q 2016年10月04日 20:49:15 : 6fv9XHXSvM : 7NR7avntYBc[5]
>>8
アへ・ケケ中のケツ舐めは何度同じ屁理屈をかましたら
気が済むのかね?(笑)貴様の得手勝手な自己弁論こそ
聞きしに勝る悪態だ!!

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
9. やもめーる[-277] guKC4ILfgVuC6Q 2016年10月04日 20:50:17 : 6fv9XHXSvM : 7NR7avntYBc[6]
訂正
誤:>>8→正:>>7


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
10. 2016年10月04日 22:03:40 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[181]
植草さんの力で、鳩山さんを復活させてくださいよ。お願い!

11. 2016年10月04日 23:07:46 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[183]
>>7. 2016年10月04日 15:18:45 : UhDRXwZ25A : ZnzOYt0I50w[29]
>ミラーマン植草は何回同じこというんだよ もう聞き飽きたわ

お前の「ミラーマン」何回同じこというんだよ、もう反吐が出るよ!

橋下命さんよーーーー。

あきたなら来るなよ!橋下命さんよーーーー。

そんなに暇か? 橋下命さんよーーーー。

まともな意見たまに言ってみろよ! 端毛命さんよーーー。


12. 2016年10月04日 23:32:22 : nhDcAIxN3g : MSuwriNLKrg[1]

虫の知らせというか、植草先生の言葉がどうしても気になって、この数週間のことを改めて振り返ってみたわけですが、やはり岡田前代表があのタイミングで辞意を表明したのも不自然でしたが代表選で蓮舫支持に回ったのをみても、今の状況を作り出すための伏線だったのだろうかと、岡田の顔がまたまたフランケンとかぶり始めてきた今日この頃です。

下の主要登場人物のセリフ時系列から何かが見えてくるのか来ないのか、見方にもよりますが、来るべき総選挙を“鵺”抜きで、かつマスメディアの嵐のような妨害の中で勝利するためには99%の心を鷲掴みにする以外になく、この期に及んで翻弄劇の相手をさせられているヒマなどないことだけは確かです。


■8月22日頃 神津(連合)会長 『 衆院選は、本当の意味で基本政策の一致がなければ「共闘」という文字にふさわしくない ・・・ 共産党と互いに信頼できる間柄にはならない ・・・ (自民党との)大連立は、条件が整うならばあっていい話だ 』(産経単独インタビュー)

●9月16日 野田(民進党)幹事長 『 強い自民党・公明党連合軍に挑んで戦っていくには野党間の連携も不可欠だ 』(記者団取材に)

◎9月17日 小沢(生活の党)共同代表 『 (野田民進党幹事長が)野党共闘を否定することはできない 』(記者団取材に)

◎9月18日 小沢共同代表 『 (野)党がばらばらでは勝てるわけがない。衆院選は一つの統一体で与党に対決しないと(野党は)全滅に近い ・・・ 小選挙区で候補者を1人に絞るだけでは十分な効果が出ない 』(記者会見)

●9月19日 蓮舫(民進党)代表 『 補欠選挙では、勝つということも出てくる。これまでの基本的な枠組みを維持しながら、どういう形ができるのか、これから詰めたい ・・・ 政権を担うことを問わせていただく(総)選挙で、綱領の違うところとは一緒にやらない 』(記者団取材に)

○9月21日 志位(共産党)委員長 『 綱領も理念も違う政党が当面する一致点で政権を構成しようというのが、連合政権ですから、私たちは国民連合政府という提案を示している 』(記者会見)

●9月23日 蓮舫代表 『 「できる限り協力していく」とした公党間の約束は重い。踏襲していくのは当然だ ・・・ 綱領や基本的政策が大きく違う党と連立政権をめざすことはない 』(記者会見)

●9月23日 野田幹事長 『 綱領や基本的な理念が違う政党と一緒に政権を目指すことは出来ない。その上で各党間の合意事項があるので、それを踏まえてこれからの選挙について結論を出していきたい 』(民進党広報局)

◎9月26日 小沢共同代表 『 基本方針が決まらなければ、具体的協議はできない ・・・ 野党共闘で戦うには、総選挙は1人区なので、野党統一候補として戦うことになる。その確認をしないと意味がない 』(記者会見)

☆9月28日 植草一秀氏 『 「鵺(ぬえ)の民進党」を全滅に追い込むことが先決だ。できれば、年内に民進党を分離に追い込み、主権者勢力が結集できる野党第一党候補になる新党創設を目指すべきだ 』(ツイート)

●10月2日 蓮舫代表 『 補選は全国で二カ所しかない。野党対与党のシンプルな構図が望ましいと思うが、どういう形が良いか、なお検討している 』(記者団取材に)

○10月3日 小池(共産党)書記局長 『 「国民連合政府」構想は「立憲主義の回復」と安全保障法制の廃止のみを目的としていたが、今は目的が安倍政権下での憲法改正反対にも拡大し ・・・ (この3点)さえ一致していれば十分選挙も一緒に戦えるし、当面の国民連合政府の運営にも何の支障もない 』(記者会見)

☆10月3日 植草一秀氏 『 共産、生活、社民がひとつになり、ここに、現在の民進党の良質部分だけを加えることだ。単純な野党共闘ではなく、民進党を分断するかたちで本当の野党共闘を確立することが重要である ・・・ 民進党が「隠れ与党」である最大の背景は、民進党最大の支持母体である「連合」が「国民」=「主権者」の側ではなく、「既得権勢力」=「米官業」の側に立っていることにある。 』(ツイート)


🌀熱帯性無気力症候群(33.01)
 


13. 2016年10月05日 15:30:08 : UhDRXwZ25A : ZnzOYt0I50w[31]
>>11
おまえは何勝手にレッテル貼ってんの 植草を批判したら何故橋下命になるの?
俺がいつ橋下命になったの?
俺は一度も橋下を絶賛したことはないが


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ