★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 130.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
現地では真剣な議論 日本国民は沖縄を独立させたいのか 日本外交と政治の正体(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/130.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 07 日 20:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


現地では真剣な議論 日本国民は沖縄を独立させたいのか 日本外交と政治の正体
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191350
2016年10月7日 孫崎享 外交評論家 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   沖縄県内で独立論が活発に…(C)日刊ゲンダイ


 近年、沖縄県内で「独立論」が活発に議論されるようになった。きっかけとなったのは、米軍普天間基地の移設問題や、高江のヘリパッド建設強行である。

 2013年12月、仲井真弘多知事は公約を翻し、政府の辺野古埋め立て申請を承認したと発表した。多くの県民がこれに怒り、翌14年11月の知事選では、埋め立て反対派の翁長雄志氏が大差で仲井真氏を退けた。この県民の意思を反映して翁長知事が埋め立ての承認を取り消したところ、国は「無効」と裁判所に訴え、今年9月、福岡高裁那覇支部は国の主張を認める判決を言い渡した。

 選挙で選ばれた知事が民意に従って行動すれば違法になるという――民主主義を否定する日本政府と裁判所の判断はめちゃくちゃだ。沖縄県民が反発するのは当然で、この県民の怒りを代弁した糸数慶子・参議院議員は外国特派員協会の会見でこう訴えていた。

「県民の中に、これ以上自分たちの思いが届かず、自己決定権すらないのであれば独立を、との動きがあるのも事実」

 数年前に沖縄の地元紙「琉球新報」主催の政経懇話会に招かれた際、「琉球新報」の社長や大田昌秀・元県知事と懇談した。その時、話が沖縄独立論に及び、大田元知事は「これはちゃんと勉強しなければならない。自分は今、勉強中だ」と話していた。「琉球新報」の社長も、講演に集まった沖縄の政財界の著名人の前で「今日から私は沖縄独立論を主張する」と断言していた。

 沖縄では今、辺野古移設や高江のヘリパッド建設に反対する「島ぐるみ運動」も独立を訴え始めたほか、国連の先住民族擁護の流れに乗ろうとする「先住民族派」や、13年5月に発足した「琉球民族独立総合研究学会」も独立を唱え始めている。もはや沖縄独立論は一部の人が、酒席などで持ち出す与太話ではない。沖縄で政財界の中枢にいる人々が真剣に論議する段階に入ったのだ。この問題に火がつけば、琉球処分や沖縄戦など、過去の問題が再燃する。尖閣という無人島で大騒ぎする日本人が沖縄独立論に無関心でいられるのは不思議な話だ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月07日 21:29:56 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[609]
独立したほうがいいですね。
あるいは、日本国だけど、条約の拒否権などを持つ高度な自治区になる。
ヤマトンチュウですが、独立に賛成いたします。

2. 2016年10月08日 08:39:52 : 4303flSYGA : PfRu98D90_U[5]

沖縄県民の皆さんは県知事の選挙を間違いましたね。

その責任は自公靖国カルト政権を誕生させた日本国民も全く同じ。

国民の多くが未だに謗法の恐ろしさを認識せず正法を信受もせずの状態。

正統な日本人の自覚を共有しなければ仮に沖縄が日本から独立しても同じ過ちは繰り返される。

日本全体が現政権の悪政に苦しんでいる現実があります。靖国カルト思想の政教一致の悪政です。

謗法を断絶し正法が興隆しない限り国民の願いが成就しないという仏法の理を信じるべきです。


3. 2016年10月08日 15:34:44 : AawostfEjk : bRGuUIBBo64[72]
地方自治体の意向を全く無視した安倍政権、沖縄は特にアメリカ奴隷国家のようだ、戦後70年過ぎても相変わらずアメリカ様様、外務、防衛官僚と政治家が如何に売国奴であり堕落しているかの表れである。いつになったら本当の独立国になれるのか、沖縄はもう犠牲になる必要はない。

4. 雅則[366] ieuRpQ 2016年10月08日 15:47:20 : xn6KEm5ovs : B0BV3@N4oQo[21]
憲法9条戦争の放棄の平和憲法を守っていけばアメリカ合衆国と共に戦争できる国に為りたい日本政府とアメリカ合衆国は沖縄に居たら戦争出来ないから国を守るれないと出ていくよ。独立より韓国中国台湾と戦争の放棄の命を大切にする国に成る様に話し合いで戦争のない地域造りに励むことが大切だ。本土にも憲法9条戦争の放棄の平和憲法を守る国民は幾らでもいるよ。ヨーロッパの難民もウクライナもアフガニスタン、イラク。シリア。中東アフリカもアメリカ合衆国の絡んだ戦争の結果です。加害者になりたい日本は孤立の道に入り込む。沖縄の皆さん日本の平和憲法戦争放棄の憲法を守っていけば平和を求める多くの世界の人々と共に歩むことが出来ます。独立をあせらなくても日米政府が平和を求める国々から孤立の道に追い込まれます。日露平和条約も憲法9条戦争の放棄の平和憲法を守る為にも大切な一歩です。北朝鮮韓国中国台湾と平和に暮らす決心が大切です。戦争で国が豊かに成る事はないのです。

5. 2016年10月08日 17:29:09 : HrFTRFNcGS : QtQYPlSKr2A[160]
琉球王国最高が望ましい
歴史も文化もあったのです
もはや日本の「捨て石」であってはならない
安倍政権は沖縄差別が甚だしい

6. 2016年10月08日 20:21:30 : UriUMyAuHw : pFoFQvN3BG0[147]
独立が いいね軛に さようなら

7. 2016年10月09日 09:49:35 : 1rBjvOaqbA : SWN19uwAdsk[58]
日米同盟命が生み出している日本中枢の思考停止、社会の閉塞感を打ち破るという波及効果も期待できる。琉球王国復活に一票。

8. 2016年10月09日 21:39:45 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7926]
2016年10月9日(日)
高江着陸帯 完成年内に
菅官房長官が地元首長に明言

 菅義偉官房長官は8日、米軍北部訓練場(沖縄県東(ひがし)村・国頭(くにがみ)村)で建設を強行しているオスプレイパッド(着陸帯)工事を年内に完了させ、「(同訓練場の過半の)年内返還という形で米軍と交渉していきたい」と述べました。名護市内で行われた東、国頭の両村長との会談の場で表明しました。

 安倍晋三首相は9月26日の臨時国会所信表明演説で、「先送りは許されない」として「年内完成」の意向を示していましたが、政権幹部が完成時期を明言するのは初めて。

 菅氏は会談に先立ち、自衛隊ヘリコプターで上空から北部訓練場を視察。実際は反対運動に包囲され、工法変更と遅れが相次いでいるにもかかわらず、「順調に工事は進んでいる。年内には完成する見通しだ」と記者団の前で強調。東村高江区への直接交付金による“買収”についても、「これから調整する」と実施を目指す姿勢を示しました。

 工事車両が出入りするN1ゲート前では約200人が抗議集会を開催。菅氏が乗ったとみられるヘリが横切ると、参加者らはいっせいに「沖縄から帰れ」と怒りの拳をつきあげました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-09/2016100901_02_1.html


9. 2016年12月01日 02:19:54 : s3VXeaueDg : MphHkB9lUW4[11]

農と島のありんくりん

移り変わる自然、移り変わる世情の中で、真実らしきものを探求する


琉球王国が「武器を持たない国」だったってほんと?
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-4512.html(抜粋)

琉球王国とは一体どんな「国家」だっのでしょうか。

宗教的権威と世俗権力が一体化していたり、サンシンが刀の代わりに床の間に飾ってあった、なんていうイメージが支配的ですね。

いわば動乱の東シナ海に咲く白百合一輪、それを摘む汗臭い暴漢の薩摩藩、やがて哀れ明治国家という悪逆非道の軍事国家に支配されて皇民化教育のあげく戦争へ・・・、とまぁこんなストーリーでしょうか。

事実、沖縄の平和団体は、常日頃そう言い続けてきました。

●あまり長い時間それをしつこくリピートしたために、もはや異論を許さない神聖不可侵な9条モードになってしまっています。

●新たな琉球王国の姿を描き出した高良倉吉氏や上里隆史氏などは、気の毒にも歴史修正主義者呼ばわりされている始末です。

どんな「神話」なのか、ちょっと覗いてみます。

(略)

●八重山、奄美の軍事侵攻において、一回につき平均2千から3千人の兵力の海を渡った戦力投射能力が可能な琉球王朝のどこが「平和国家」なのでしょうか。

八重山、奄美への侵攻は別に秘史でもなんでもなく、通史にしばしば登場するのですから、どうしてそれだけの巨大な軍隊を動かす国家が、「武器なき国家」だと思えるのか、逆に不思議なほどです。

これが15世紀末から16世紀前半に至る、尚真王統治の「琉球王国黄金期」だったのです。

●貿易による繁栄は国を富ませ、当然武力を充実させていきます

(略)

●時代によって歴史観が変わるのは時の常ですが、自分の父祖の歴史は、尊いと思いつつも、突き放してその光と影を見るべきです。

●さもないと、また同じ悲劇を繰り返すことになります。

●今日の結論。大田昌秀知事が絶賛する「平和国家・琉球王国」はファンタジー。

●正しくは、当時の東アジアで抜きんでた軍事強国でした。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ