★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 163.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改憲したいものが改憲案を確定することからすべてが始まる  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/163.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 08 日 15:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

          自民党の憲法改正草案の違いは? :毎日新聞 


改憲したいものが改憲案を確定することからすべてが始まる
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/10/08/post-5532/
8Oct2016 天木直人のブログ


 きょう10月8日の毎日新聞が一面でスクープ報道した。

 「自民党は国会の憲法審査会で憲法改正の議論を促すため、野党の批判が強い2012年の憲法改正草案だけでなく、2005年に確定した新憲法草案もベースに改憲項目を盛り込む方針を固めたと。
 
 2012年草案のうち保守色の強い条文を事実上、棚上げすることで、野党を議論の土俵に乗せる狙いと見られる」と。

 スクープというほどのものではない。

 こうなることはすでにわかりきっていたことだ。

 そして、この短い文章の中に、今の改憲論争の馬鹿さ加減のすべてが凝縮されている。

 まず自民党の2012年の改憲案の酷さだ。

 安倍側近のウルトラ保守が主導して作ったお粗末な改憲案など、野党が反発するまでもなく、まともな国民なら相手に出来ない酷さだ。

 だから野党はその草案の撤回を求めるのではなく、それをベースに逐一議論して、その馬鹿さ加減を白日の下にさらすだけでいいのだ。

 そう私は繰り返し書いてきた。

 自民党も馬鹿ではないからて、それに気づき、野党に譲歩した形で棚上げしただけの話だ。

 その動きは既にかなり前から見られた。

 野党はここで自民党の戦略に乗せられてはいけない。

 改憲したいのは自民党なのだから、自民党の確定案は一体どっちなんだ、そもそも確定案はあるのか、と詰め寄るだけでいいのだ。

 自民党は2005年に策定した新憲法案もベースに改憲項目を絞り込むという。

 2012年と2005年の改憲案のどっちなんだ。

 それともあらたに折衷案をつくって提出し直すというのか。

 そもそも自民党は、改憲草案について最終的な確定案をつくれるのか。

 実は、その時、その時に自民党草案なるものが出来て、それが再び変更されて来たのが自民党草案の歴史だった。

 つまり自民党はいつまでたっても最終的な確定案がつくれないのだ。

 それほど改憲は自民党内でも議論が百出し、まとめる事が難しい一大事業なのである。

 野党は間違っても対案を出してはいけない。

 自民党に、これ以外にはないという確定案を出せと詰め寄るだけでいいのだ。

 それが出て初めて、条文ごとの議論を始めればいいのだ。

 そうすれば、いつまでたっても自民党は確定案を出せずじまいで終わるだろう。

 つまり自民党に憲法改正など出来ないのだ。

 ましてや精緻な議論の出来ない安倍首相の頭では100%出来ない。

 それをごまかすために安倍首相は、今度は野党の番だ。対案をお示し下さいと、ボールを投げ返してくるに違いない。

 野党はそれに乗ってはいけない。

 当たり前だろう。

 改憲案は改憲したいものが出すのが当たり前の事だ。

 もっとも、野党もまた改憲したいというのであれば、何をかいわんやである(了)


           ◇

自民党 12年草案一部棚上げ…保守色弱め改憲議論
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00m/010/178000c
毎日新聞2016年10月8日 07時30分(最終更新 10月8日 07時30分)

 自民党は、国会の憲法審査会で憲法改正の議論を促すため、野党の批判が強い2012年の憲法改正草案だけでなく、05年に作った新憲法草案もベースにして改憲項目を絞り込む方針を固めた。12年草案のうち保守色の強い条文を事実上、棚上げし、野党が土俵に乗りやすくする狙いとみられる。自民党憲法改正推進本部(保岡興治本部長)は18日に全体会合を開き、党内論議を本格化させる。

 民進党は蓮舫代表のもと、憲法審査会に積極的に参加する姿勢を示す一方、その前提として自民党に12年草案を撤回するよう求めた。しかし、安倍晋三首相は9月30日の衆院予算委員会で、撤回しないことを明言した。首相は「特定の党の主張がそのまま通ることはない」と12年草案にこだわらない考えだが、改憲案を示していない民進党を繰り返し批判してきた経緯があり、簡単に撤回できないのも事実だ。とはいえ、このままでは与野党が議論の入り口で対立する可能性があり、自民党は下村博文幹事長代行が12年草案を「封印する」と述べるなど、野党との妥協点を探っている。

 12年草案は保守色が強く、今国会では、基本的人権を「永久の権利」と規定した97条が草案から削除されたことを野党に追及された。一方、05年草案は抑制的で、家族の助け合い義務などは盛り込まれていない。同党関係者は両案の並行協議を「12年草案が絶対的ではないと対外的に示す工夫」と期待する。

 ただ、05年草案も「自衛軍」を憲法に位置付けようとしており、9条改正に反対する民進党が歩み寄る保証はない。【飼手勇介】


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月08日 16:03:10 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7949]
 高村副総裁は日本国憲法の掲げる理想と現実との間に生じるギャップを埋めるために(時宜的に)文章の修正作業をする。それをまとめたのが時々の改憲草案だという説明を韓国メディアにしたことがあるようだが、本音だろうか?その分かりにくさが焦燥感を募らせるのだが。

http://japanese.joins.com/article/083/70083.html?servcode=200§code=200


2. 2016年10月08日 19:54:28 : T6aqMW7KlI : k@eZU@GqVJ8[1]
 憲法は国家権力から国民を守り、国家権力を規制するためのものであり、権力が憲法を変えることは泥棒が縛縄を綯うようなものだ。国民はその点で、憲法改正を監視しなければならない。権力が国民に制限を加えるものは憲法ではなく、法律だ。自民党の改憲案のほとんどは、国家権力を縛るものではなく、逆に国民を縛り付け義務を強化するものだ、自民党は憲法の意味が分かっているのだろうか。

3. 2016年10月08日 20:47:05 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[68]
>>2さん

 全く同感です。

 私はたとえを次のように表現しています。内容的には変わりませんが・・・。

 「(自民党)国会議員改憲勢力が憲法改正することは、刑法犯に刑法改正を任せることに等しい」


4. 2016年10月08日 21:14:24 : T6aqMW7KlI : k@eZU@GqVJ8[2]
>03氏

 同じく仰られるとおりだと思います。また、天皇を象徴で元首とは、これも官僚や行政府がこれまで以上にさらに都合よく政治利用するための魂胆が透けて見えますね。都合の良い時は象徴、都合のいい時は元首。象徴で元首とは、天皇陛下を実態のない元首として臣下が主君を飾り物ににしてその権能を簒奪するというやってはならない背徳行為だと思います。


5. 2016年10月09日 07:22:40 : B4EW34iI4E : UrLEb6eZXME[2]
2012年の憲法改正草案が安倍自民党の本音です。異図がもろに出ています。

6. 安倍を辞めさせる会[357] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年10月09日 19:49:46 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[317]
町内会のレベル。憲法に家族の有りようを規定するとは憲法のなにかを理解していない証左である

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ