★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 546.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新潟県知事選 安倍内閣の原発政策と謀略に有権者が鉄槌 無党派層が動けば政治は変わる(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/546.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 17 日 17:55:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


新潟県知事選 安倍内閣の原発政策と謀略に有権者が鉄槌
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191981
2016年10月17日 日刊ゲンダイ


  
   劇的な逆転勝利(万歳する米山氏=央)/(C)日刊ゲンダイ


 歴史的な快挙だ。原発再稼働が最大の争点になった新潟県知事選が16日投開票され、脱原発派で共産・社民・自由(生活)推薦の米山隆一氏が勝利した。

 自公が推薦した前長岡市長の森民夫氏と、事実上の一騎打ち。民進党の支持基盤である連合新潟も早々に森の支援を決め、当初は森の圧勝とみられていた。

「告示の時には遠くに見えた相手候補の背中が、すぐ目の前に迫っている。もしかしたら、追い越せる」

 13日に森のお膝元である長岡市で演説した米山は、こう訴えていたが、その言葉通り、驚異の追い上げで逆転勝利を手にした。これは、脱原発を願う民意の勝利だ。NHKの出口調査によれば、投票所に足を運んだ有権者の73%が原発再稼働に反対の立場だったという。

 新潟県にある東京電力・柏崎刈羽原発は、原子炉7基の出力が合計820万キロワットと世界最大規模だ。ひとたび事故が起きれば、とてつもない影響が出る。実際、07年の中越沖地震で放射能漏れなどが起きたこともあり、現職の泉田裕彦知事は再稼働に慎重な姿勢を貫いてきた。その泉田は4選を目指して出馬を表明していたのだが、8月に突然、地元紙との確執を理由に出馬を撤回。その裏には原子力ムラの暗躍もあったとされる。

「県民の安全を最優先し、原発再稼働を進める国に対してモノを申してきた泉田知事の不可解な出馬取りやめに、県民は疑問を感じていたはずです。その結果、泉田路線を継承すると宣言した米山氏に支持が集まった。決定打になったのは、13日に安倍首相が官邸で泉田知事と面会したことでしょう。敵対するなというドーカツなのか、何らかの密約で懐柔しようとしたのか、いずれにせよ、自民党と原子力ムラは汚いという印象を県民に与えた。こうした権力をカサにきて新潟県民をバカにするような動きが、寝た子を起こすことになったのではないでしょうか」(政治評論家・野上忠興氏)

■無党派層が動けば政治は変わる

 新潟県知事選の投票率は53.05%と、前回の43.95%から10ポイント近く上昇した。無党派層が選挙に行って怒りの一票を投じれば、巨大権力がどんな汚い手を使っても太刀打ちできないということが証明された。これは大きな希望になる。権力の横暴を有権者の良識が止める。この国の民主主義は首の皮一枚でつながったのだ。

 政府の原発推進政策にとって目の上のタンコブだった泉田を出馬断念に追い込み、余裕をかましていた自民党は、脱原発派の米山が猛烈な追い上げを見せたことに焦り、なりふり構わぬ選挙戦を展開した。

 終盤には、「共産党・生活の党・社民党主導の知事では、県政が大混乱し、新潟県は国から見放されてしまいます!!」「赤旗を県庁に立てさせてもいいのですか?」などと書いたビラが全県にまかれた。これが自民党の法定ビラというから驚く。

 念のため言っておくと、新潟県旗はもともと赤い。的外れな中傷は、県民の反感を呼んで、自民が白旗を揚げる要因になるだけだった。

 党幹部も大量投入。古屋選対委員長は告示後3回も新潟入りし、「エネルギー政策も原子力政策もただ反対、批判するだけでは何も生まれない」「何よりもこの知事選で絶対に勝たなければならない」と叫んだ。二階幹事長も12日に新潟を訪れ、土地改良関連団体や建設業協会など企業・団体を回って締め付け、支援を要請した。


  
   利益誘導選挙は通用しなかった(新潟入りした二階幹事長)/(C)日刊ゲンダイ


この国の民主主義を守る戦いが一関門を突破した

 現地で新潟県知事選の取材を続けてきたジャーナリストの横田一氏が言う。

「二階幹事長は7日に行われた経団連との懇談会でも、『電力業界などオール日本で勝たせる』と言っていました。それで電力、建設、土地改良など企業・団体をフル稼働させたにもかかわらず、敗北を喫した。原発再稼働の是非が正面から問われ、争点そらしができない選挙で、野党と脱原発の民意が勝った画期的な選挙なのです。米どころの新潟ではTPP反対の声も根強い。自公推薦の森氏がアピールした公共事業バラマキに対する批判もあった。足元が定まらない民進党が自主投票にしたことで、安倍政権との違いを明確に打ち出せたことが勝因です。旧来型の利益誘導政治に鉄槌を下し、横暴政権に対峙するモデルケースになり得ます」

 問題は、この選挙結果で今後の政治がどう変わるかだ。安倍独裁政権の暴走が止まるのか。野党共闘は次のステージに進むのか。民意無視で再稼働ありきの悪魔的な原発行政は、本当に見直しを迫られるのか。

 柏崎刈羽原発は現在、6、7号機が原子力規制委員会の安全審査中だ。年内か、遅くとも来年には結論が出る。再稼働には地元知事の同意が必須で、ここで再稼働反対派の新知事が誕生したことは重い意味を持つ。もし自公推薦候補が勝っていたら、全国の原発再稼働がなし崩しで進められただろう。

■電力会社最優先の政策に民意は「NO」

 すでに九州電力・川内原発や四国電力・伊方原発などで再稼働が実現しているが、柏崎刈羽を動かすことは、福島で過酷事故を起こした東電にとってのメルクマールになる。3・11後に再稼働できた原発は、今のところ「加圧水型」だけで、事故を起こした福島第1原発と同じ「沸騰水型」の柏崎刈羽を再稼働させることは悲願だ。来年1月に改定する新たな再建計画も、柏崎刈羽の稼働が前提になっていて、再稼働の見通しが立たなければ再建計画も進まない。

「会社の存亡がかかっているから、東電や原子力ムラは、あらゆる手を使って柏崎刈羽を動かそうと画策してくるでしょう。ただ、7月の鹿児島県知事選でも九電・川内原発の一時停止を求める三反園訓氏が当選していて、これだけの民意が示された以上、あまりにも強引な進め方はできなくなったと思います」(横田一氏=前出)

 当然、原発推進の安倍官邸にも大打撃だ。ただでさえ、支持率が下落傾向にある中で、安倍自身がわざわざ泉田と会うなどシャシャリ出てきたのに惨敗。痛恨の新潟ショックだ。

「民主主義を愚弄してきた政権の自業自得ですよ。世論をバカにしてはいけない。傲りには必ず綻びが生じることを示した選挙結果でした」(野上忠興氏=前出)

 こうなると、大メディアが煽りまくっている解散どころの話じゃなくなってくるのではないか。

「自民党に真っ向から対抗する勢力があれば、民意の受け皿になる。物事の強引な進め方や国会論戦での詭弁を見て、安倍政権の一党独裁がいかに危険かということを有権者も理解してきたはずです。新潟の選挙結果は、巨大与党の暴走に一石を投じ、今後の政局に少なからぬ影響を与える。田中角栄本がブームになっているタイミングで、新潟から新しい政治がスタートすることには、歴史的な必然性を感じます」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 民主主義を守る戦いは、なんとか第一関門を突破した。こうなったら、支持率を急落させる二の矢、三の矢が必要だ。一強多弱といわれていても、支持率が下がれば、さすがに好き放題はできなくなる。パフォーマンスとイメージ戦略だけの無能政権なんて、有権者の怒りの前にはひとたまりもないのだ。

【新潟県知事選開票結果】
当528,455 米山隆一 無新 共産・自由・社民推薦
 465,044 森民夫  無新 自民・公明推薦













 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月17日 18:31:32 : OkXopCDtCI : A8c@zeLIHq8[290]
自民党のみなさん。

赤い新潟県旗や白地に赤い日の丸を県庁に揚げてもよろしいですかぁぁ?


2. 2016年10月17日 19:11:26 : sDyUo23bOc : lOtzJVYveL0[1]
俺んとこ(静岡県)のローカルニュース見てたら、昨日の新潟県知事選で反原発の米山さんが勝ったことを川勝静岡県知事が民意の勝利、原発廃止は当然のことだとし浜岡原発再稼働問題を抱える静岡県の知事として安倍総理の原発推進の政治姿勢に疑問を呈すと知事の定例会見で述べていたとの報道が流れた。

米山新知事の誕生は泉田前知事の継承だけでなく、同じ原発問題を抱える地方にとって国に物申す契機になったと思う。



3. 2016年10月17日 20:10:32 : KCZIr5cOkU : S5XLuAfb0as[4]
自民党支持の皆さんは、新潟県庁に創価学会の三色旗を揚げさせてもいいのですか?

創価学会は日本国以外では、カルト宗教集団としてそれこそ当局、公安がマークしているような団体ですよ。

そんな団体、政党が推薦する知事を県知事に選ばなかったことは、新潟県民の民意の高さを象徴する出来事だと思いますよ。


4. 2016年10月17日 20:32:06 : JEt4nTFAxo : mRxBIVZlJvg[44]
>>3
その学会員が「大量の投票用紙書きをさせられた」という内部告発もありました。

戦争法案反対の署名活動をする学会員は、「イジメられている」と訴えていました。
殺し合いを認めるなんて、人間を大切にする「平和の党」ではないですね!


5. 2016年10月18日 09:56:44 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7814]
2016年10月18日(火)
新潟知事選 米山さん勝利
政権与党 衝撃走る
「負け自体が想定外」「県民から審判」「野党共闘が勢いづくのが一番怖い」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101801_01_1.jpg
(写真)新潟県知事選の結果を報じる各紙

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が大争点となった16日投票の新潟県知事選で、市民と野党の統一候補・米山隆一氏が自公推薦候補を打ち破って当選を果たしたことに、自民党内に大きな衝撃が走っています。その危機感は、今後の野党共闘に向けられています。(中祖寅一)

 「負けること自体を当初は想定していなかった。これほど大差の敗北も想定外だ。完敗だ」

 ある自民党関係者は選挙結果に厳しい表情を浮かべました。「原発問題は『第二の沖縄』だ。基地と原発を抱えた地域でのたたかいは厳しくなる。われわれは原発だけが争点ではないといってきたが、有権者はこれを争点として決着をつけた」

 自民党衆院議員の一人は「県政の問題だ。国政に影響はない」と述べますが、一方で自民党新潟県議の一人は「(原発再稼働は)安倍政権の基本政策だ。われわれはやめてくれといったのに、選挙が厳しくなると中央から幹部を送り込んできた。政権と県民の対決という構図になり、審判を受けた」と今回の敗北を重く受け止めています。

 新潟では7月の参院選に続き今回の知事選で政権・与党が2連敗。九州電力の川内原発の再稼働が争点となった7月の鹿児島県知事選挙でも、再稼働反対派の候補が勝ちました。安倍政権の原発再稼働路線が大きくつまずきました。

 選挙中、自民党内から「党はバラバラ」という声が漏れ、保守派にも再稼働反対の声は深く広がっていました。従業員数百人の先端技術産業の経営者の一人は「新潟で勝って、再稼働そのものを止める」と述べました。

 自民党内からは「野党共闘が勢いづくのが一番怖い」という声が出ています。ある閣僚経験者は「野党共闘がいっそう強くなっている。共産党を中心に強力だった。衆院選挙に向けて、どのような選挙構図になっていくか注視する」と述べます。新潟県連関係者は「組織力・機動力の担い手は共産党だ」と共産党の存在に注目します。「産経」も「次期衆院選へ共闘加速 共産存在感」と報じています。

 衆院の解散戦略をめぐり自民党関係者の一人は「新潟で勝ち衆院補選で勝って解散へ、というシナリオは崩れた」と述べます。他方、「早期解散が強まる可能性もある。民進党の人気が上がらず、共闘の体制が整う前に仕掛けるという考え方だ」(閣僚経験者)との見方も示します。

 自主投票だった民進党の幹部は「共闘で与党に打撃を与えたことは大きい。共闘を深めていきたい」と述べます。共闘支持の民進党関係者からは「共闘の力が示された」「新潟の例でも、共闘は積み重ねが大事。その中で力は強まっていく」と語りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101801_01_1.html

2016年10月18日(火)
新潟知事選 米山氏当選
原発再稼働への明確な審判 市民と野党の共闘の力示した
小池書記局長が会見

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101802_01_1.jpg
(写真)定例会見をする小池晃書記局長=17日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は17日、国会内で記者会見し、16日投開票された新潟県知事選挙で市民と野党が擁立した米山隆一氏が当選したことについて、原発再稼働に対する県民の明確な審判であり、「市民と野党の共闘の力を示したものだった。新潟だけでなく、日本の政治に非常に大きな希望をもたらすものだ」と力を込めました。

 小池氏は選挙戦を振り返り、「柏崎刈羽原発再稼働に対する県民の不安・不信・怒り、国や東京電力の福島第1原発事故への対応に対する不信・怒りの深さを感じた」と強調。今回の結果は「原発再稼働を認めないという県民の明確な審判が下ったものだ。政府と東京電力は結果を重く受け止めるべきだ」と述べました。

 また、「輸入米の価格偽装問題も問題となり、候補者や応援弁士が『TPPから新潟のコメ、農業を守れ』と訴える中での選挙だった」と指摘。「TPPに対する新潟県民の審判でもある」と強調しました。

 小池氏は「選挙結果は、野党と市民が力を合わせれば大きな結果を生み出すことができるということ、政府・与党、電力業界が権力総ぐるみでかかってきても、それをはね返すことができるということを示した」と指摘。「保守王国だった新潟県で、野党の統一候補、共産党も推薦する知事が誕生するところに今の大きな政治の変化を感じる」と語りました。

 その上で、実質的に共闘に加わる形になった民進党も含め「引き続き野党共闘、衆院選での選挙協力に向けた前向きな協議を進めていきたい」と表明しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101802_01_1.html

2016年10月18日(火)
新潟の勝利 東京でも
衆院10区補選 練馬で市民ら集会

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101801_04_1.jpg
(写真)衆院東京10区補選の勝利必ずと開かれた市民集会であいさつする笠井亮衆院議員(左端)=17日、東京都練馬区

 衆院東京10区補選(23日投開票)の野党統一候補・鈴木ようすけ氏=民進党公認=を支援する市民団体「TeNネットワーク2016(TeN16)」は17日夜、練馬区で「市民と野党共同の候補で、安倍政治のチェンジを」と集会を開きました。約350人が参加し、「新潟での勝利を東京でも」との訴えに応える声が上がりました。

 鈴木候補を支援する各政党の代表が、連帯のあいさつをしました。

 日本共産党の笠井亮衆院議員は、戦争法廃止など「10項目の政策協定の旗印のもとに、野党と市民が本気で共闘すれば『10区ショック』を起こすことができる。共産党も全力で頑張ります」と決意表明しました。

 参院会派「沖縄の風」の伊波洋一参院議員は「都民の代表として新潟知事選に続く勝利をつくっていこう」とあいさつしました。

 民進党の浅野克彦都議が「国政への危機感を市民と共有し、選挙戦をたたかう」と表明。生活者ネットの代表も参加者を激励しました。

 市民連合から山口二郎・法政大学教授が連帯のスピーチ。「市民プラス野党の結集のパワーを見せつけることが、この国の政治をよくすることにつながります」と訴えました。

 社民党の福島瑞穂副党首、自由党の小沢一郎代表のメッセージが、紹介されました。

 「TeN16」から今後の行動提起が行われ、集会後に参加者は、練馬駅前での鈴木候補の街頭演説に合流しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101801_04_1.html

2016年10月18日(火)
主張
新潟県知事選勝利
原発再稼働反対 民意に応えよ

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市など)の再稼働を大争点にたたかわれた新潟県知事選で、再稼働反対を訴えた米山隆一氏が初当選を果たしました。安倍晋三政権と電力業界が再稼働への動きを加速する中で、市民と野党の統一候補としてたたかった米山氏が、自民・公明推薦候補に約6万票差で勝利したことは、柏崎刈羽原発の危険な再稼働は認められないとする県民の強固な意志を鮮明に示した重要な勝利です。安倍政権と電力会社は県民の審判を受け止め、柏崎刈羽原発をはじめ全国各地での再稼働を中止し、原発依存の姿勢をやめるべきです。
柏崎刈羽への批判鮮明

 任期満了による知事選は、県民の暮らしや地域経済などが問われましたが、何といっても最大争点は、柏崎刈羽原発の再稼働でした。柏崎刈羽原発は1〜7号機まであり総出力では世界最大の原発です。5年7カ月前の東日本大震災で深刻な事故を起こした東電福島原発と同じ「沸騰水型」で、1基あたりの出力規模は福島原発1基の2〜3倍です。ひとたび事故が起きれば、その被害の甚大さと深刻さは計り知れません。

 新潟中越沖地震で深刻な被害を受けるなどして全基が停止した後、東電は6、7号機の適合審査を原子力規制委員会に申請するなど再稼働の動きを強めてきました。しかし、泉田裕彦知事が「福島原発事故の検証なしに再稼働の議論はできない」としてきたため、再稼働できないできました。泉田知事の路線継承を公約した米山氏の勝利は、柏崎刈羽を再稼働の突破口にすることを狙う安倍政権と電力業界に、県民が改めて「ノー」の意思を突き付けたものです。

 マスメディアが投票所で行った「出口調査」でも、再稼働反対は6割以上を占め、その大多数が米山氏に投票しました。無党派層の約6割、自民党支持層の3割が米山氏に一票を託しました。告示6日前に急きょ出馬表明した米山氏が短期間で急速に支持を広げたのは、支持政党の違いを超えて再稼働は許せないという「オール新潟」の力であることは明らかです。

 7月の鹿児島県知事選で、再稼働した九州電力川内原発の一時停止を掲げた三反園訓知事が当選したのに続く米山氏の勝利は、原発を抱える地方自治体の住民が民意に反して再稼働に突き進む安倍政権と電力業界へ厳しい批判と不信を抱いていることの証明です。再稼働が問われた知事選で2連敗したことを安倍政権は直視すべきです。

 コメどころ新潟県で与党候補を敗北させたことは、環太平洋連携協定(TPP)の早期批准をすすめる安倍政権への批判と怒りの意思表示として注目されます。
市民と野党の共同に未来

 自民党の二階俊博幹事長が「電力業界などオールジャパンで対抗」と主張するなど総力体制をとった自公陣営との大激戦を制したことは、市民と野党が本気で力を合わせれば、政治を変えることができることを示しました。

 米山氏を日本共産党、自由党、社民党など5党が推薦し、「自主投票」の民進党とも実質的な共闘が実現しました。この知事選の結果は、日本の政治の未来に大きな希望をもたらすものです。23日投票の東京10区・福岡6区の衆院補欠選挙や、衆院選でも市民と野党の共闘をいかすことが重要です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-18/2016101801_05_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ