★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 782.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
共産 志位氏 衆院選連携で一方的に候補者取り下げず(NHKニュース)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/782.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 10 月 23 日 00:57:42: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 

共産 志位氏 衆院選連携で一方的に候補者取り下げず
NHKニュース 10月22日 16時58分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161022/k10010740171000.html

 共産 志位氏 衆院選連携で一方的に候補者取り下げず 

共産党の志位委員長は東京都内で講演し、次の衆議院選挙での民進党などとの連携について、党の候補者を一方的に取り下げることはないとして、選挙区での候補者の一本化に向け各党が推薦を出すなど、相互協力が必要だという考えを強調しました。

この中で、共産党の志位委員長は民進党などとの野党4党の連携について、「参議院選挙の際は、まずは野党共闘を軌道に乗せるため、党の候補者をほとんど降ろした。降ろしてもまとめるという立場で臨んだことは正しかった」と述べました。

そのうえで、志位氏は次の衆議院選挙について「本来は選挙協力とは相互的なもので、共産党の候補者を一方的に降ろすことは全く考えていない。譲るところは譲るという本気の共闘を実現してこそ、選挙に勝ち安倍政権を倒すことができる」と述べ、候補者の一本化に向け各党が推薦を出すなど、相互協力が必要だという考えを強調しました。

一方、志位氏は「民進党の中には、『理念や政策が違うところとは、ともに政権を目指さない』という声があるが、共産党が呼びかけている『国民連合政府』に反対するなら、どういう政権構想を考えているか示してもらいたい」と述べました。 
 
 
【関連記事】





 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月23日 01:21:13 : SUW9q1A6a2 : UVPsnr8qZAs[1]
蓮舫、野田、しっかり答えなさい、私たちは自民党と同じですと正直に言って民進党から出ていってもいいよ。

2. 2016年10月23日 01:39:20 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[731]
いつもながら正論です。安定の高品質。
安定の低品質・産経クォリティとは真逆。

3. 2016年10月23日 06:20:21 : ZL7o43eS1o : dOhFRJJYtdE[297]
まあ、民進がどうなることやら分からんからね
牽制も含めて、言うとかないとダメだろうな

4. 2016年10月23日 13:29:54 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[12]

>一方的に候補者取り下げず

それが当然ですよ。共闘の第一原則でしょ。綱領には書いてないことでも。

民進党が共闘に愚図ったトバッチリを一方的に受け入れても馬鹿ばしいだけ。

ただ共産党は主義が外道だから。根本の議論から逃げて姑息な正義に固執してる。

そこんところを生活に勤しむ国民は組織で物を言う偽善体質を潜在的に見通しているのです。

政治史上かつてない共産党を排除しない政治的な理念は共産党単独では実現不可能なものだ。

新政権の樹立という政権交代を包含して遥かに凌駕する新日本政府の樹立こそ日本の悲願です。

現行法の廃止の一つや二つ大袈裟に言ったところで国民は万年野党の話を百年も聞いてきた。

シールド工法かシールズか国民は共産党のお客さんではないのです。

日本共産党は日本人の争点を食べて次の日に排泄するな。悪政が蔓延る原因を排除しろ。


5. 2016年10月23日 14:52:45 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[14]

それが小選挙区制度ですか。

万年野党の題目なんでしょ。

みんなで議論して決めよう。



6. 2016年10月24日 00:28:33 : MEJWow1kZM : IhhlnCb2_So[5]
共闘による野党候補の当選が最善なのは言うまでもないこと。煮え切らない民進党に対しては、どんどん圧力をかけて行きましょう。

7. 2016年10月24日 08:12:29 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[40]
志位委員長の仰られている事は全くの正論。
これに先見性をもって常に具体的な道筋を提示する小沢一郎。そして熱い答弁と演説で市民に訴える共同代表である山本太郎。更に新潟県知事選でその実力を示した森ゆうこ。
そしてこの両党と合意形成可能な社民党。

民進党への批判も勿論必要な事かと思いますが、国民はこの国の3野党の連携を一つの大きな野党勢力とみなし強く後押ししたいところ。

そうすれば民進党の党勢は衰退の方向に向かい、それが民進党に存在する個々の良識ある議員の行動を市民側に促す事に繋がる事となるのでは。現在その状況に成りつつありますが、そうなれば自公に対峙出来る本当に市民目線の強い野党勢力が生まれる事になりますね。そうなれば党勢を失った屋台骨の脆弱な民進党という政党は結果は我々国民が後押しする強い野党勢力に最終的に従うしか道は無くなるのではないか。

実態はどうかは別として、表面上は腐っても野党という立ち位置なのですから現在の在り方では最終的に手詰まりにならざるを得ないように思えます。

民進党が衰退の道を歩むのは自業自得ですし国民から見放されたらどんな政党であれ終わりです。利は3野党側にあり、志位委員長の正論を国民は支持する事でしょう。

各野党間の微妙な変化に注目しているのですが、岡田代表から蓮舫野田体制に移り変わった事により、現自由党代表の小沢一郎と共産党の志位委員長が野党第一党であるこの民進党に対し、先の参院選前の時とは打って変わり、少しお伺いを立てるというお願いの姿勢から、どちらかと言えば自分達でやるという強気の姿勢に徐々に変わりつつあるように思えるのですよね。

これは不甲斐ない民進党に対して国民自身が三行半を突き付けている証であり、野党間の勢力図が徐々に小沢志位を主体とした3野党側へシフトしつつあるように見えますので個人的になこの微妙に変化に大いに期待をしています。久しぶりに非常に良い方向に向かっていると感じますし、利がある共自社は不甲斐無い民進党に対して民意の後押しという大義のもと、益々強気で打って出て頂きたいと思います。

都民


8. 2016年10月24日 09:42:28 : 2KTN0A4mAg : aPE9K4u0BWE[62]
民主党が政権を取ったのは幻ではない。
多くの人々の意識が戦後政治を軌道修正した。
しかし、民主党は裏切った。
政治家の裏切りなど織り込み済みのはずだが、日本はそんなものに慣れてはいなかった。
一度や二度の失敗で結論を出さず、政治をダイナミックな流れに持っていかなければ多くの人々に沿った政治は訪れない。
戦後の長期政権で自民党は腐ってしまった。
それを補完する公明党がいなければ完全に瓦解をしていただろう。
現実の世界を創りうるものが政治であるとするならば、何度でも作り直していけばいい。政党や政治家はプレイヤーであり我々はオーナーである。

9. 2016年10月24日 13:56:05 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[30]

本当にその通りです。国民と自公靖国カルト政権の戦いですよ。

国民と野党のしてきた苦労が報われなければならないだろう。

野党連携には国民党を立ち上げ新日本政府を樹立する気構えが必要。

当面は各党が公平なルールのもとに成長する粒揃いの政党たるべきだ。

そうして政策協議を重ねて練ることが必要不可欠なんだが。

万年野党の居心地の良さに満足するのは国民に対する裏切りでしかない。

与党に対抗して打ち負かせるか否かだけが国民の覚悟のしどころです。

何年待たせる万年ですか。いい加減にしろ。


10. 2016年10月24日 15:59:53 : WZrSV62A4w : 3QkPIXzaJQE[1]
数合わせでするんじゃなくて、勝てる候補を相談で決めるんだぞ。
選べれるコマは多い方がいい。

11. 2016年10月24日 17:39:41 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[39]

ですからですよ。野党四党共闘の再スタートしかない。

野党の現職政治家を一人でも失うことは全滅を意味する。

あらかじめ専門分野別の適材適所もあっていいだろう。

政治家の入れ替えなど政治の素人が妄想を抱いて思うもの。

売られた喧嘩を買う馬鹿な政治家などに政治は無理でしょ。

野党の政治家とその支持者らは今すぐ喧嘩をやめてください。

正統な日本人は野党共闘が一丸となって現政権を倒すまで応援します。


12. 2016年10月24日 17:42:57 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[40]

現政権を倒した後も責任をもって応援します。

皆んなで正統な日本人を自覚していきましょう。


13. 2016年10月24日 19:46:23 : vHobfMY8CI : M5VGOv5LGHg[10]
まったくの正論。

あれが嫌だ これとは政策が一致しないとだめと全部一致したら一つの政党になるじゃないか。何抜かしているんだ民進党は。野党がそれぞれ民意を受け一致する所を模索しないで自民に対抗できるとでも思っているのか。この点悔しいけれど自民はしたたかだ。東京補選でも敵対していた小池知事の後釜を変わり身早く応援に入る。実利をとることに長けている。勝ってしまえばこっちのものといわんばかりだ。 だいたい平和の党を標榜している 公明党をうまく取り込んでいる。
共産党がいやだだの 小沢がいやだのバカか。 野党共闘なくして民進が生きる道などない。


一党で政権とれるなら好きにすればいい。 国民としては安倍政権を一刻もはやく終わらせてほしいのだ。


14. 2016年10月24日 19:51:17 : FwUAzg6SGG : TbaaOni0bk4[2]

昨日の東京10区、福岡の補欠選挙での野田豚のコメント

「ある程度の成果があった」だって→負けは負けだろうが!野田豚は責任取って出ていけ。そうするこ

とが「落とし前をつける」ということじゃないのか?


15. 2016年10月24日 21:04:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7721]
2016年10月21日(金)
「強行採決」暴言・野党共闘のあり方・憲法審査会
志位委員長が記者会見

 日本共産党の志位和夫委員長は20日、国会内で記者会見し、衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会の運営や野党共闘のあり方などについて問われ、次のように答えました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-21/2016102102_02_1.jpg
(写真)記者会見する志位和夫委員長=20日、国会内
「強行採決」暴言 

 ――山本有二農水相の「強行採決」暴言に対する見解を聞かせてください。

 志位 絶対に許し難いものです。「強行採決をやるかやらないかを決めるのは議院運営委員長だ。だから私ははせ参じた」という発言は、農水相が事実上、強行採決をけしかけたということです。謝罪・撤回で済む問題ではありません。野党4党は、農水相の辞任を強く求めています。

 一方でそういう問題が起こった同じ日に、与党と一部の政党で、地方公聴会の日程を強行する事態になりました。暴言と強行が一体になってやられています。不正常な地方公聴会の日程の決め方は元に戻せと野党4党は要求しています。

 政府・与党の政権運営に対するごう慢さ、おごり、緩みの姿勢が表れたものです。
野党共闘のあり方 

 ――衆院補欠選挙での野党共闘の状況をどう見ていますか。

 志位 野党共闘をやるからには“本気の共闘”が必要です。“本気の共闘”とは、共通の大義の旗を掲げ、互いに信頼と尊敬をもって選挙戦をたたかうことです。19日の福岡・久留米市の演説会でも4党が心を一つにたたかう姿を示せました。

 この点で、“共産党と共闘すると票が逃げる”というのは妄想だということを重ねて指摘しておきます。

 このことは、新潟知事選挙でもはっきり証明されました。共産党がしっかりと共闘の輪の中に入ったたたかいをやり、米山隆一さんは無党派層の6割、自民党支持層の3割を獲得しました。共産党と共闘すると票が逃げるどころか、自民党の支持層まで食い込んで堂々と勝利できるということを示しました。

 新潟では“本気の共闘”をやり、原発問題で大義の旗がしっかり立った。それが勝因だと考えています。

 ――野党共闘のあり方について聞かせてください。

 志位 野党共闘においては、たたかいのなかでお互いが変化することを実感しています。私自身も、野党共闘を一緒にやるなかで、民進党や他の野党の中に立派な方がたくさんいるという認識を新たにしました。民進党の皆さんの中にも、共産党と共闘するなかで、共産党を見直したという少なくない声も聞かれます。

 まだまだ不十分なところもありますが、全体としては一歩一歩乗り越えて前進していると思います。その一番の原動力は市民のたたかい、国民のたたかいが後押ししてくれていると思っています。

 共闘というのは、私たちは旗を立てたからついてこいというものではありません。それぞれが旗を立て、その中で共通項は何かとしっかり話しあって進めていくのが共闘です。
憲法審査会

 ――自民党が改憲草案をそのままで憲法審査会に出さないといっていますが、どのように見ますか。

 志位 自民党は、改憲案を撤回せず、引き続き基本文書という位置づけでやるという構えは変わっていません。この改憲案は、平和の問題でも人権抑圧という点でも憲法を憲法でなくしてしまうとんでもないものであり、それを基本方針として持ちながらことをすすめるということは到底許容できません。

 憲法審査会は、憲法改正を発議するためにつくったものであり、“憲法改定委員会”というのが実態です。私たちはこれを動かすことには反対です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-21/2016102102_02_1.html


16. 乳良〜くTIMES[14] k_uXx4Fggq1USU1FUw 2016年10月25日 13:25:42 : qyetbMWv1s : wFKmKF9CIDE[2]
共産党が政権を取る日は来るのか?なんてお話には支持者の1人である私にも興味がありません。以前にも書いたが旧帝大卒クラス以上の秀才ばっかし国会議員になる体質の党なので、「オツムも懐もお寒い蒼化」の様な人のココロをcatch出来る人材がいないからです。

半年だけ「党員」の肩書きでカンパしていた者として、痛感しました。

然し、気が付くと民進党は「もう一度政権奪還出来たら、何をしたいのか?」というプランを立てる事がまるっきし出来ない状態に陥っています。

昔に比べて共産党が「実現不可能な」ことをポスターに描くのを控え、「戦争推進法」以降は反 公明自民 の人が大同団結出来そうなスローガンが多い。

新潟知事選で、「共産と組むと、保守票が逃げる」とは、公明自民党のデマだった、というのが喜び過ぎでないのだとすれば、面白い話になるかも知れません。

憲法改悪を妨害して下さった、天皇陛下にも感謝したい。


17. 2016年11月19日 12:45:36 : QcwHsZ6gew : EgPYMUkup9I[1]
さすが日本侵略を考えている共産勢力、コミンテルン、大嘘つきだな
前回の参院選挙で協力した結果
共産勢力だけが伸びて、民進とかほかの勢力は、全て減らしたが
バカ共はまだ共産勢力の侵略活動と
日本人が共産勢力を嫌う理由が分からないんだな

日本共産党、シールズ、赤軍は、暴力革命を掲げている公安の監視対象
朝日新聞とか反日弁護士はなどはその手下
こいつらが目指しているのは、中国とか北朝鮮のような独裁弾圧国家

だから日本人でない、中国系台湾人が党首になっても、笑って見逃すし
自衛隊を叩いたり、日米の離間工作を必死になって進めようとする
ヘイト法や条例による日本人弾圧は、中国やっている事とおなじ手法


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ