★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 874.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ドゥテルテ比大統領訪日の報道から目が離せないー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/874.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 25 日 15:30:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ドゥテルテ比大統領訪日の報道から目が離せないー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp7tb5
25th Oct 2016  市村 悦延 · @hellotomhanks


いよいよきょう10月25日からドゥテルテ比大統領の訪日が始まる。

 楽しみだ。

 ドゥテルテ比大統領の訪日が楽しみなのではない。

 ドゥテルテ比大統領の訪日に関するメディアの報道どのようなものになるか。

 それを知るのが楽しみなのだ。

 きょう10月25日の読売新聞は、マニラ発向井ゆう子、池田慶太記者の記事として、

訪日に先駆けて行われた大統領と読売新聞の単独インタビューの模様を掲載した。

 今度の訪日で最大の問題点となるのは、

中国の南シナ海拡大の動きに対して日本とフィリピンの立場がどこまで一致するかだ。

 その中国の南シナ海拡大について、ドゥテルテ大統領は読売新聞に対し、

仲裁裁判所の判決の法的拘束力を認めた上で

「仲裁裁判の判決をふりかざせば『最終的には戦争になる』」と語ったという。

 「話し合いは平和的でなければならない」と語ったという。

 このインタビューの模様は今朝早朝の読売テレビでも放映されていたが、

そこではドゥテルテ大統領は、もっとはっきり語っていた。

 安倍首相とは南シナ海問題で時間をかけて意見交換する事になるだろうが、

南シナ海問題は中国との話し合いで解決するしかないと。

 これは、中国包囲網のためにフィリピンを取り込もうとする安倍首相の思惑とは全く反対の立場である。

 そしてドゥテルテ比大統領の事だから、読売新聞に語る言葉と、

首脳会談で安倍首相に語る言葉を使い分けるような姑息なことはしない。

 これを要するに、もし安倍首相が中国包囲網を強く迫れば、

それでは解決しないと、話し合いは平行線に終わるということだ。

 しかし、御用メディアは決してそうは書かないだろう。

 ドゥテルテ比大統領が仲裁裁判所の判決を認める発言をしたことを強調して、

「南シナ海の問題は法の支配を尊重して解決することで一致した」などと、会談の成功を報じるだろう。

 実際にところ、おなじくドゥテルテ比大統領との単独インタビューをこころみたNHKは、

今朝の放送で、すでにそのような趣旨の報道をしていた。

 ひょっとして、安倍首相と外務省は、はじめから中国包囲網を持ち出さす、

ドゥテルテ比大統領に迎合して「平和的解決」の重要性を繰り返すのかもしれない。

 そうであればメディアはウソを書かずに済み、

何よりもドゥテルテ比大統領からを地獄に落ちろと言われなくても済む。

 果たして、ドゥテルテ比大統領と安倍首相の首脳会談を関するメディアの報道は

どのようなものになるのか。

 いまから楽しみである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月25日 15:46:11 : nXU6RiYjM2 : 0ibUcqLi_d4[40]
 
■ 比大統領が米を非難、政権長期化なら米比軍事協定「忘れてよい」
(Reuters 2016年10月25日14:59)
 
[マニラ 25日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は25日、米政府とのもめごとは自身が始めたわけではないとした上で、自身が長期政権を築く場合、米国とフィリピン間の軍事協定は「忘れてよい」と述べ、米国を激しく攻撃した。
 
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20161025037.html

2. 2016年10月25日 15:51:00 : bMZgx0t1zM : AHWYEkXnX44[1]
マスコミがァヘを忖度してウソは書かないだろう
ドゥテルテ大統領を馬鹿にした事になるのだから

3. 2016年10月25日 19:21:04 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[310]

 ドウテルテ大統領は 中国から 3兆円 むしりとった!!

 ===

 安倍外交は  あと  何が残ってる???   何も 手段はないよ〜〜〜ん
 


4. 2016年10月25日 19:41:51 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[475]
安倍外交に残された手段としては、「出稼ぎ労働者の大量受け入れ」か。


5. 2016年10月25日 22:03:37 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7691]
World | 2016年 10月 25日 18:25 JST
関連トピックス: トップニュース
訪日直前の比大統領、米国を非難 軍事協定の破棄を示唆

http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20161025&t=2&i=1158817897&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC9O07Z
 10月25日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、米政府とのもめごとは自身が始めたわけではないとした上で、自身が長期政権を築く場合、米国とフィリピン間の軍事協定は「忘れてよい」と述べ、米国を激しく攻撃した。北京訪問から帰国し、フィリピン・ダバオ国際空港で記者団に応じる同大統領。21日撮影(2016年 ロイター/)

《マニラ/東京 25日 ロイター》 - 訪日を控えたフィリピンのドゥテルテ大統領は25日、マニラを発つ直前に会見し、軍事協定の破棄を示唆するなど米国への非難を再び繰り返した。同大統領をまもなく迎える日本政府は、「心配していない」(菅義偉官房長官)と反応。首脳会談などを通じ、大統領の真意を確認する考えだ。

ドゥテルテ大統領は会見で、米政府とのもめごとは自ら始めたわけではないなどと指摘。自身の政権が長期に及んだ場合、米国はフィリピンと結んだ「防衛協力強化に関する協定」(EDCA)を「忘れてもよい」と語った。

同大統領は、フィリピンを「綱につないだ犬」のように扱うべきではないとも発言。長く同盟関係にあった両国の今後をめぐる懸念はさらに深まりつつある。

米国は、麻薬犯罪の取り締まりのために犯人を殺害するドゥテルテ大統領の手法を、人権問題と批判してきた。同大統領はこれに反発。「軍事的にも経済的にも米国と決別する」などと米国をたびたび非難してきた。

同大統領は、米国の同盟国である日本を25日夕方から訪問する。菅官房長官はこの日午後の会見で「政府としては何も心配していない」とした上で、「日本とフィリピンのきずなとパートナシップを一層深める有意義な機会にしたい」と語った。

フィリピンは南シナ海のスカボロ―礁の領有権をめぐって中国と対立。海洋進出を強める中国をけん制するため、日本は米国とともにフィリピンを支援してきた。*内容を追加しました。

http://jp.reuters.com/article/philippines-duterte-idJPKCN12P0I8


6. 2016年10月25日 22:30:48 : XOU7hEFZRQ : bSvop4dgTpo[27]
サテ、日本国民をだますようにドゥテルテをだますことができるだろうか。
無理だろう?
アベの頭では無理だろう。詐欺師は嘘しか言えない。
外交には嘘はダメ。
他に手はない。

7. 2016年10月25日 23:56:50 : OiG59OU8sK : miVfOG0N040[6]
中国包囲網はフィリピンだけでなく、ベトナムでも水泡に帰すだろう。

ベトナムと歴史経緯的に仲の良くないタイは南沙問題では中国の立場(領土問題は主張する二国間の交渉によって解決すべき)を取っているし、ベトナムも現実的な外交で中国と必要以上の軋轢を生まないよう配慮している。


中国海軍艦艇 ベトナム カムラン湾に初寄港
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161022/k10010740501000.html

またオーストラリアも安易な中国包囲網には加わるまい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ