★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 301.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ黒田総裁は辞めないのか デフレ逆噴射が始まった(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/301.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 31 日 20:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

  


なぜ黒田総裁は辞めないのか デフレ逆噴射が始まった
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/192933
2016年10月31日 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   いつまでやるのか(C)日刊ゲンダイ


 凄まじい勢いでデフレが進行している。モノの値段がどんどん下がり始めているのだ。28日に発表された9月の消費者物価指数は、前年同月比0.5%の下落だった。物価の下落はこれで7カ月連続である。日本経済はデフレ不況に逆戻りしている。

 安倍首相は二言目には「だから民進党は」とバカにしているが、物価の下落は民主党政権時代の比じゃない。足元の消費者物価は、ピークの2014年10月から23カ月間で0.7ポイントも下落している。民主党政権の最後の23カ月は0.3ポイントの下落だった。

 モノの値段が下がるのも当然である。家計支出は実質13カ月連続で減少している。モノを買わないのだから、値段が上がるはずがない。

 経済ジャーナリストの松崎隆司氏がこう言う。

「日本経済はすっかりデフレ経済に戻っています。まず、高いモノが売れない。地方を中心にデパートが次々に閉鎖に追い込まれています。繁盛しているのは、串カツ1本100円〜がウリの『串カツ田中』や、280円均一が受けている居酒屋『鳥貴族』など激安店です。値上げした『ユニクロ』はパッタリ売れなくなり、慌てて値下げしている。『吉野家』も安売り競争から抜け出そうとしたが、客離れに苦しみ、安い“豚丼”をメニューに追加しています。エンドユーザーに接している経営者は、まだまだデフレは続くと腹を固めていますよ」

 無責任なことに、日銀の黒田総裁も“デフレ脱却”を諦め始めている。日銀は31日と11月1日、「政策決定会合」を開き、「物価の展望リポート」を公表するが、2%目標の達成時期を、現在の「2017年度中」から「18年度以降」に先送りする予定だ。黒田総裁の任期が終了する18年4月までに、“デフレ脱却”は果たせないということである。

■デフレの原因を理解していない

 この3年半、黒田日銀が続けた「異次元緩和」は一体、何だったのか。2013年4月の就任時、黒田総裁はエラソーに「2年で2%」と物価上昇を公約していたはずだ。岩田規久男副総裁に至っては「実現できなかったら辞任する」と豪語していた。2人ともなぜ、辞めないのか。責任をどう取るつもりなのか。よくも、恥ずかしげもなく総裁を続けられるものだ。

 黒田日銀の「異次元緩和」が失敗に終わった理由は、ハッキリしている。日本経済がデフレ不況に苦しんでいる原因を見誤ったからだ。

「黒田総裁や岩田副総裁を代表とするリフレ派は、マネタリーベースさえ増やせば、デフレ脱却できるという考え方でした。デフレは貨幣的な現象だと思い込んでいた。だから、市場をマネーでジャブジャブにする前代未聞の“異次元緩和”に踏み切ったのでしょう。しかし、明らかな誤診です。20年近くもデフレが続いているのは、国民の将来不安が強いからですよ。将来に備えて貯蓄に励み、モノを買わない。経営者も、日本経済の将来に展望を持てないから投資しない。将来に明るい見通しがあったら、人は活発に消費するもの。経済は人の営みなのに、黒田総裁は国民を見ようとしない。異次元緩和が失敗した原因は、そこですよ」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)

 国民の将来不安を解消するためには本来、金利を4%程度まで引き上げるべきだったのに、マイナス金利まで導入したのだから最悪である。金利4%なら年金運用もラクになる。年金運用の定番である「10年物国債」の利回りは、1990年には6%あったのに、今やマイナス0.1%前後だ。国民が「年金制度は崩壊する」と不安を強めるのも当然である。黒田総裁も岩田副総裁も、まったく庶民の気持ちが分かっていない。


 
  国税当局はタワーマンションに課税強化の方針(C)日刊ゲンダイ


不動産バブル崩壊が迫っている

 そもそも「物価2%上昇」を掲げたことが正しかったのかどうか。日経新聞のコラム「大機小機」が指摘していたように、物価2%引き上げに固執すれば、電気料金や授業料の値上がりもプラスという倒錯的な思考に陥りかねない。何より2%に縛られ、ムリヤリ物価を上げるために、副作用の強い政策を乱発することになってしまう。

 実際、黒田日銀は、後先を考えずに「国債80兆円購入」「マイナス金利導入」「ETF6兆円購入」と副作用の強い政策を次々に実施。その結果、日本経済は深刻な事態に直面している。目前に迫っているのが「不動産バブルの崩壊」である。

 日銀の統計によると、金融機関の不動産業向け貸出残高は、今年3月末時点で67兆6991億円と過去最大に膨れ上がっている。不動産バブルに日本中が踊った1980年代後半を上回る異常な数字である。不動産価格は高騰し、全国の商業地の地価は9年ぶりに上昇した。

 ところが、とうとう「不動産バブル崩壊」の兆候が表れ始めている。2016年度上半期の首都圏のマンション発売戸数は、前年に比べて12・4%減。24年ぶりの低水準だった。不動産バブルが崩壊したら、大不況に陥るのは確実である。

「不動産業向けの融資が膨らんだのは、日銀が異常な低金利にしてしまったからです。運用先に困った金融機関が唯一、金利を稼げるのが不動産融資でした。危険だと心配しながら融資するしかなかった。しかし、不動産バブルが崩壊したら、日本経済は物凄い打撃を受けてしまう。資産価格の下落が景気を冷やすだけでなく、分譲価格や賃貸価格が下がることで、デフレを加速させてしまうでしょう。もちろん、金融機関は巨額な不良債権を抱えることになります。心配なのは、国税当局が課税強化の方針を打ち出したことで、“節税対策”で買われてきたタワーマンションの価格が急落することです。不動産バブル崩壊の引き金になる可能性もあります」(経済評論家・斎藤満氏)

■発想は中国共産党と同じ

「2%の呪縛」に陥った黒田日銀は、日本経済から「市場機能」まで奪ってしまった。

「異次元緩和」などと称して、日銀が毎年80兆円も「国債」を買い続けているために、債券市場は、今やプレーヤーは日銀だけという状況である。

 株式市場もマーケットの機能を失っている。日銀がETFを年間6兆円も買うようになったことで、活気を失い、取引をしているのは、日銀とGPIFと外国資本だけというありさまである。一般投資家は株式市場から手を引き始めている。東証1部の売買代金は、1日当たり1兆8000億円という少なさである。アベノミクスの初期は4兆円だったのに、半分以下に縮小してしまった。

「個人投資家は、株価が下がったところで買うのが鉄則です。なのに、日銀がETF購入で株価を買い支えているために、株価が下がらず“買い場”を失っている状況です。買いたくても、日経平均が1万7000円台では、企業業績の実態と比べて高過ぎるので怖く手を出しづらい。政府日銀が今、やっていることは、中国政府と同じです。上海株が暴落した後、中国共産党は必死に市場をコントロールしています。その結果、市場が歪み、取引規模は10分の1に縮小してしまった。政府日銀がやっていることは、市場を殺しているのも同然です」(斎藤満氏=前出)

「異次元緩和」は3年半続けてもデフレから脱却できず、しかも、とんでもない弊害を日本経済にもたらしている。最大の問題は「失敗しました」では済まないことだ。もう3年半前には戻れない。黒田総裁は一体、この落とし前をどうつけるつもりなのか。


関連記事
物価2%目標先送りで囁かれる黒田総裁「任期延長」の悪夢(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/298.html


          
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月31日 21:00:01 : 8zySsUnVT2 : 4Mg8lPdF7oY[1]
国民の消費マインドというのもあるだろうが、

それよりも、日銀が金融機関から国債を買っても、そのカネが一般国民の所には落ちてこないからだろう。

それら日銀資金は内外株や外国債、不動産など投機に回っている。

そして大企業はもうけても、従業員にはほとんど還元しない。

俗に「ヘリコプター・マネー」などと言うが、本当にヘリコプターで全国民ばらまいてるわけじゃなく、ごく一部の金持ちにしか、マネーは落ちてこないしくみになっている。

カネが国民にまわって来る根本的な仕組みができていないから、デフレ脱却できるわけがない。


2. 2016年10月31日 21:07:16 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[337]

 黒田さん よくやってると思うよ〜〜ん    by 愛
 
 21世紀の経済だから  普通の評論では意味がない
 

3. 2016年10月31日 21:17:09 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[493]
 誰のために「よくやってる」んだよ?

なにが「by 愛」だ馬鹿ヤロ。


4. 2016年10月31日 21:24:41 : 8zySsUnVT2 : 4Mg8lPdF7oY[2]
>>3

愛さんは、社長さんですよ。

いつも自分の商売の観点から、コメントを書くので、勘弁してやってください。


5. 2016年10月31日 21:30:10 : fU9GTBcVtg : P7xPT4ORnLE[4]
ひとりひとりの国民が力を合わせれば大きな力になる、ということですね
黒田が  るまで、デフレがんばりましょう

6. 2016年10月31日 21:37:34 : uhzw3YZ6lY : VxMW9qr1OeU[27]
>>1
本当の意味でヘリマネを実行するべきだろうね

そもそも、日銀に出来ることは限られている
それに、ETF購入をやめても個人投資家は戻ってこないよ
ただ暴落するだけ
だって、この国には有効な投資先がないんだもの
そういう意味では、よく時間稼ぎをやってるとも言えるけど(笑)


7. 佐助[3945] jbKPlQ 2016年10月31日 22:04:47 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[84]
バブル崩壊させた真犯人は国家の指導者たち,政府日銀
そしてこれから世界信用パニックの震源地になる日本

信用が収縮すると,一国の景気循環は、長期の景気下降期には、三年半前後の景気の山と一年前後の谷の長さが反転し、山は一年前後しか回復することができない。アベノミクスで一年半回復したので,これから三年半前後,景気は回復しない。

そして、短い山で景気が復活したと喜んだ翌年は、より一層の不況に見舞われる。さらに恐ろしいことは,その縮小スピードを、景気の縮小速度より遅延させれば、倒産消滅は避けらない。

しかも各産業のトップ企業を入れ替え、次の時代をリードする企業を誕生させ急成長させる。

そして求人を四分の一以下に激減させ、給与所得は平均30%減になり、失業者は瞬間的に、三人に一人まで拡大させるまで落ち込む。

そして生産工場を海外に移転し、労働者の賃金を抑制したために、国内の消費市場は横ばいだったため、企業は「付加価値」を上げたいが、それよりも「利潤」の低下から自己防衛するために、偽装し腐敗し糾弾されている。それを、国家レベルでは、対症療法的、官僚的に規則と罰則を強化し、自己の不作為政策の失敗の追及から逃れようとする。そのため、消費市場の縮小を一層加速し、朝令暮改で混乱させる。

しかも消費習慣をスグには変えられない「怒り」から「節約」に、そして「買い控え」へと反転する。

日本のデフレは、日本の生産工場を半分移転することによって、労働者の収入が抑えられたために維持された。企業はデフレ=価格上昇できないために「偽装」努力する。

「通貨」と「物価」の関係だけに限定すれば、通貨の垂れ流しは、必ずインフレ=物価の上昇を発生させる。だが、通貨の価値の下降=物価の上昇を発生させるハズなのに、インフレが発生しない現象だから、デフレ(インフレにならないインフレ)となる。

自国の消費市場の縮小は世界貿易を縮小させる。各国の原産地表示とその国で生産した部品を使用しなければならない範囲は拡大され規制される。そして、自由貿易主義は、中小企業と農業の既得権益を奪い、自国の労働者の職を奪い、開発途上国を疲弊させる元凶だとして批判されるようになる。世界的な信用恐慌でのTPPは海外に移転しているのと信用収縮では逆作用が働く。


世界通貨ポンドの崩壊を見えない震源とした、1929年のニューヨーク株式市場を震源地とした第一次世界信用恐慌と同じタイプである。2007年末に東京株式市場を震源地とする第二次世界信用パニックは、世界通貨ドル崩壊を、見えない震源として発生させた。そして今回は二番底・三番底が終焉させていない。放置したまま金融緩和と官制相場に走った。しかも大切な年金を株に使い込み,経済を放置した。

しかし、迫りくるパニックの正体を突きとめない限り阻止することはできない。最初の傷口は、米国の不動産暴落と香港ドル暴落の二つである。

こうした日常体験から、だれもが不動産や株の暴落や失業や倒産を望んでないのだから、国家や企業は、必ず対策をこうじてくれると期待するのは、自然な感情だと言える。だが、その期待は、国家や産業や企業の指導者の予想が間違っていると大きく外れてしまう。

そのため、それぞれの人間集団のレベルごとに、自分だけが破産から助かるために、自己防衛的に思考し行動せざるをえなくなる。

しかも経済は、固定概念が反転するタイミングが遅れるために、需要と供給のバランスを均衡させることができない。そのため、レベル間に利害的な矛盾が発生し対立し、自己防衛的な思考と行動に反転して、パニックを避けられなくなる。

暴落を買い支えた会社と個人は、世界的信用崩壊の過程では確実に破産する。不動産暴落が株暴落に先行することが多いのは、この「不動産危機の遅延法則」のセイである。

そして日本の政府日銀はキン準備を先進国で最低のまま放置し、米国の顔色みて最後に第三次金本位制に参加するため世界信用パニックの震源地になる。


1929年の第一次世界信用パニックの震源地となった米国は,40%もの高関税障壁に固執した。固執して、欧州からの投資と自国農業を保護した。当然、他国は高い関税で報復した。にもかかわらず、米国商品は高関税障壁を乗り越えて輸出を延ばした。この米国商品の優位性を指摘している歴史家は米国でも皆無だ。


8. 2016年10月31日 22:42:46 : HjCHbiL9yc : r66eSYUSdgw[115]
消費者が将来不安で消費できないのは、安倍政権の政策のためだが、2%の物価上昇を言明した日銀の総裁・副総裁が辞任すべきことは論をまたない。

9. 2016年11月01日 00:07:39 : MiR2JaQdPA : niAf4py_ivA[97]
安倍が最大の書房者だということ忘れてはいけません。

白川前総裁を、辞任に追いやったのは安倍だ。

安倍-黒田(岩田)は、国会前で公開処刑(断首)!

国民の年金、日銀資産劣化、郵貯・簡保、生命保険会社の資産を、溶かし日本国を弱体化させた罪である。

結局国際資本家に富を渡しているのだ。

国民を守る、国益を守る!は大嘘であった。

安保法制も間違い!自衛隊のご遺体が日本に送られてくるのは目に見えている。

コイツ(安倍)は、日本の政治家なのか?

TPPで主権を世界企業に売り渡す、、、

平和憲法を改悪する、、、、、

国内を監視社会にし国民の自由を制限する、、は、まさにソ連、中国共産党と全く同じ政策ではないか。

子供は、国家のもの、、国家に従順に、、、は戦前に戻った政治ですね。

金融資本家・政治家が起こす戦争に、日本の子供を行かせたいのでしょう。

安倍の子供を戦争に行かせたいが、残念ながら安倍には子供がいない。

日露戦争で、子供2人失い、戦死者をたくさん出した責任で、自決した乃木大将。

そんな気持ちがおありでしょうか?安倍よ。聞いてみたいですね。

明治時代は、政治家は責任感を持ち政治をおこなった時代だったのです。

アフリカから、ご遺体が送られてくると、自民・公明政治家は責任をとるか?

よく観察しましょう。

こんな政治、国民は信任するのか?


10. 2016年11月01日 01:07:00 : 3ZwzD0VhQ2 : ni0DEGHV6Tg[11]
>>9
物言わぬ国民ですから
沈黙は信任ですよ

さて、肝心の国民はいつまで黙ってるんでしょうかね
国家の問題、政治の問題はどうあっても最後は国民に付けが廻るもんですが


11. 2016年11月01日 03:27:48 : 5XOn1Utkbs : pc1pJCxNVIk[21]
>20年近くもデフレが続いているのは、国民の将来不安が強い
>からですよ。将来に備えて貯蓄に励み、モノを買わない。経営者も、日本経済の
>将来に展望を持てないから投資しない。将来に明るい見通しがあったら、人は活発に
>消費するもの。経済は人の営みなのに、黒田総裁は国民を見ようとしない。
>異次元緩和が失敗した原因は、そこですよ」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)

これも明らかな誤診です。

将来に展望が持てないのはいつの時代でもそうです。

と言うよりも、ほとんど全ての人間には未来など読めないのです。

政治家でもサラリーマンでも占い師でも経営者でもそれは同じです。

ただし見えているようなフリはします。

読めない未来に展望などありません。それでも人々が生きているのは

ただ漠然と「昨日も生きていて、今日も生きている。

だから明日も生きているだろう。」程度の展望で生きています。

遠い将来などとても読めないので、極少数のとても我慢強い人間でなければ、

将来の展望で、モノを買ったり買わなかったりすることはありえません。

それよりは、手元の財布に幾ら残っているかどうかで、モノを買うか買わないかを

決めるのです。

この手元の財布に普通預金を含めてもいいかもしれません。

要は直近で引き出せる金額です。

この金額はまず、給与などの所得によって決まります。

所得が増えない限りは、今まで以上にモノを買い足すことはありません。

昨日と同じように今日を生きます。

所得が一定であればほぼ一定の支出はあります。

ですが、所得は年々減り続けています。

一方消費税などの税金は年々増えています。

これは手元の財布に残っているお金が減っている事を意味します。

手元の財布にお金が無いのにモノを買うバカはいません。

借金してまで買うバカはただのバカです。バカを基準にしてはいけません。

普通の人は財布にお金がなくなれば買い物をやめます。

これは金が湯水のごとく沸いてでる魔法の財布を持っている

経済学者のような金持ちには解からない事かも知れませんが

当たり前のことなのです。

ここ20年に渡り政府は消費税をはじめとした下々から多く毟り取る税金を増やし

控除を減らしてきました。

これは政府が財布のお金を横から盗み取ることと同じです。

国に盗み取られた金はもう帰ってこないので残った金で

やりくりを考えなければなりません。

そんなときに消費税増税です。消費税とは消費すると取られる罰金です。

罰金を喜んで払う人はいません。

国民の殆どは下々のほうで生きています。下々の財布はもう空なのです。

国民の大半が消費不可能な状態になっているので

個人消費が伸びるわけがありません。


経済学者はバカですか?

あと1ミニムでもいいので少ない脳みそで税金が経済に与える甚大な影響も

考えてみてください。


12. 2016年11月01日 04:24:06 : ThvQP0ntvE : J7bqvGPaOB0[13]
>>11 氏の意見に賛成

中低所得層の可処分所得を増やす以外にデフレ脱却は不可能なのに、売国奴政治屋・官僚に乗っ取られた政府は、庶民の可処分所得を積極的に減らしていった。
減税廃止や増税、公共料金値上げ、年金支給額減額など、国民生活をより一層疲弊させる愚策を連発した。
結局、デフレ脱却のスローガンは単なるポーズで、国民の99%を騙すための方便でしかなかった。


13. 2016年11月01日 12:19:38 : l3vMUlteik : 9pGaLSyUtwM[46]
アベサマの友達、
ノーベル経済学賞サギシ、ポールクルーグマンさんが書きました。

「ブッシュ政権下で、金融緩和せよとしてしたら、ウラギラレタ!!」
「結局、中・低所得者層のお金を、富裕層に付け替えただけだった、
クヤシ〜!!」
こいつバカでしょ!!

愚書「うそつき大統領のデタラメ経済学」←こんな名前のクソ書

日本料理研究所の邪悪な犯罪者は、ブッシュヒ●ゴロシ政権の
取り巻きと一緒です。

皆様、しっかりと、
御照査ください。
よろしくお願いします。

ついでに、
中央銀行の金を大量に刷ってばら撒いて景気浮揚??
これノーベル経済学賞の程度です。

そもそも、公金で民間会社の株や国債買ったら、
経済政策ではなく、経済犯罪ですヨネ!

はっきり言って上げましょう!

よろしくお願いします。


14. 2016年11月01日 20:27:26 : 7jDqmYQGZs : JsL1MmnOrqI[33]

黒田は涼しい顔でまだまだ頑張るだろう。
政権与党の誰も責めないからね。

黒田バズーカだとかなんとかかんとか言って国民の目をくらまし
てこられたじゃないか。
その間に、安倍は年金の株式投入も出来て、そのインフレ期待
とやらの二つの政策?で、何とかここまで株価を演出出来ている。

それだけしておけば、国民は騙されて何か新しい事が起こり
そうだと期待してくれる。

こういうイカサマ師が安倍のミクスにはどうしても必要だった。
その役割をきっちり果たしているんだから、自民党からは誰にも
文句を言われない。
国民の年金目減りなんか、最初から問題にも上がらない。

そろそろ株も急落で危ないので、厚生年金に買わせておけば
企業の内部留保は棄損しなくて済むだろう。
こうして、国民の資産は企業に吸い上げられて、大成功。
黒田には勲章授与を考えておこう(アベ)。

こうしている間に、イカサマ政権を持続でき、イカサマ安保
も、秘密保護法も通ったし、もうじきTPPもこっちのもの。
黒田を差し置いて余人なしだ。



15. 2016年11月01日 21:04:19 : ZLNQZFSqzI : emARCcmDZU4[63]
本当に 実現したら 困るのさ
執念燃やす ハゲタカのため

16. 2016年11月01日 22:03:04 : rI9sNxR60w : 4N@ns2OZohU[28]
株式市場は廃止にしてしまえば良い。アメリカ人以外、誰も困らない。

17. 2016年11月02日 18:41:19 : zx30TBWW1I : tLVT8VmP@oA[2]
物価目標は手段に過ぎないのに、目的になってしまっている。お笑い。
いくら金融緩和しても、金は、株や国債のようなマネーゲームの舞台に流れるだけ。


デフレの原因が需要不足とか言ってるのだから、低所得層を中心に毎月現金給付した方が余程、物価目標を達成できるのでは?当面は。



18. 2016年11月04日 01:23:47 : KiHueY7ss6 : gpZEOz38i14[2]
日銀 物価目標の達成 黒田総裁任期中は困難に
11月1日 13時09分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161101/k10010752001000.html

日銀みずから、黒田総裁の現在の任期中には物価目標の達成は困難だという見通しを示した形です。

日銀みずから、黒田総裁の現在の任期である再来年4月までに物価目標を達成することは困難だという見通しを示した形です。

以上抜粋なので原文参照の事。

この世界的にも希少動物で天然記念物的存在の天才バカボンさんが任期がきたら辞めると表明されたようです。
人から聞いた話では今日の犬アッチ行けー辺りで流れたらしい。
ただし任期は来年の4月まで残っている。

禿鷹ファンド担当連中が相当な阿保でも馬鹿でも完全なる無能力でも確実に利益が上がるように多大なる努力をされましたので来年はノーベル経済学 症(賞?)位は多くの人からのご推薦で受賞されるのではありませんか。
何せ高速取引と空売りの悪徳ファンド連中ご専用の特殊というか突然変異的経済理論でノーベル経済学 症(賞?)を確か与えられましたので可能性は十分あると愚考いたしますです。
(ただし後々真面目な数理科学者がこの理論を検証したらこれは唯の塵であり無意味であると反論されたやつです。)
 症(賞?)を貰われた場合にはアベさんと一緒に山口方面で県を挙げて喜びましょう。
よかった ヨカッタ 本当に辞める目星 がついてエガッタ。

ところで

2. 2016年10月31日 21:07:16 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[337]
 黒田さん よくやってると思うよ〜〜ん    by 愛
 21世紀の経済だから  普通の評論では意味がない

さんってのはやはり面白い。
確かに仰せの通り。
一般人と同じような考え方では商売にも失敗するもんな。
エッチじゃ無くてニッチを狙わないといけんもんな。
しかし相当楽なお商売のようで何にもコレッポッチも全く全然考えなくてもいいのが羨ましい。
文体がズーとキモイから例えば各種お釜の展示販売業を営むお方みたいにも思える。
しかしこの文面は オ エ ー 気もち悪。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ