★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 407.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP批准阻止の不可能を可能にする方法−(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/407.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 03 日 00:01:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

TPP批准阻止の不可能を可能にする方法−(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp8njp
2nd Nov 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


TPP承認案の衆議院特別委採決が11月2日に行われないことになった。

自民、民進両党は11月1日に、11月2日の衆院TPP特別委での総括質疑と採決、

4日の衆院本会議での採決で合意していた。

ところが、その11月1日夜に、山本農水相が東京都内での会合で

「こないだ冗談を言ったら首になりそうになった」

と発言。

さらに、

「JAの方が大勢いる。あすでも農林水産省に来てもらえれば、何か良いことがあるかもしれない」

と述べた。

山本農水相は、10月18日夜に開かれた衆議院議院運営委員会委員長の

自民党衆院議員佐藤勉氏のパーティーで、

「野党が必ず強行採決するだろうと総理に質問するが、強行採決するかどうかはこの佐藤勉さんが決める。

だから私は、はせ参じた。」

と述べて、野党から辞任を要求され、TPP特別委で陳謝し、発言を撤回したばかり。

これにさかのぼる9月29日には、衆議院TPP特別委員会理事に任命された自民党の福田照衆院議員が、

同氏が所属する二階派の会合で、

「この国会ではTPPの委員会で西川(公也)先生の思いを、強行採決という形で実現するよう頑張らせていただく」

と発言して同委員会理事ならびに委員を更迭された。

福田議員の更迭について安倍首相は、10月17日の衆院TPP特別委の答弁で、

「我が党においては(1955年の)結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」

「円滑に議論し、議論が熟した際には採決する。民主主義のルールにのっとっていくのは当然のこと。」

「この考え方とは相いれない発言であったから(福井氏)本人が辞職した」

と述べている。

10月18日の山本農水相の発言は、

佐藤勉衆院議院運営委員長に強行採決をお願いするためにパーティーにはせ参じたと受け取れる発言で、

安倍首相の福井議員更迭に関する国会答弁を踏まえれば、山本農水相の辞任は必須だった。

ところが、安倍政権は山本農水相を更迭せず、続投させている。

その山本農水相が再び重大な問題発言を行った。


今回の山本農水相発言は、10月18日の発言について真摯な反省など微塵もないことを告白するものである。

山本農水相の今回の発言は、国会を軽視するとともに、

農業関係者への利益誘導とも受け取れるもので、TPP協定を審議する大臣としての資質に欠けるものである。

11月2日午前、民進、共産、自由、社民の野党4党の国会対策委員長は

山本大臣の辞任を求めることで一致したが、当然のことである。

11月2日のTPP特別委での採決は先送りされ、11月4日のTPP承認案の衆院通過は難しい情勢になった。

TPP批准阻止の戦術としては、

いかなることがあっても、11月1日までの衆院通過を阻止することが最低到達ラインであるとしてきた。

このラインを何とか突破することができた.

これを達成したなら、次の目標実現に向けての努力を注ぐ。

それは、あらゆる手段を用いて、衆院採決を先送りさせること。

そして、万が一、衆院を通過してしまった場合には、臨時国会の会期中の参院通過を、

あらゆる手段を用いて阻止すること、である。


民進党は11月1日までの採決阻止の目標を達成したと同時に、

やや腰砕けの様相を示したが、これではTPP批准阻止は実現しない。

極めて危ういところだったが、山本農水相のグッジョブである。

実は、山本有二農水相は昨年11月、

山本氏の選挙区である高知県須崎市で開かれたJA土佐くろしお主催のJAまつりにおいて、

イベントの一角で、農商工団体が

「消費税10%増税中止」

「TPP合意撤回」

の署名集めをした際、「増税反対」には署名せず、「TPP反対」には署名していた。

この事実が明るみに出た。

こうなると、山本農水相の度重なる不規則発言は

「失言」ではなく

「意図のある合理的行動」

なのだろう。

こうなると完全な閣内不一致である。

さすがに今回は陳謝、発言撤回での幕引きは困難だ。

野党は山本農水相辞任を実現するまで、てこでも動くべきでない。

天の時、地の利、人の和で、情勢が変化しつつある。

本日11月2日も、午後5時から議員会館内で情報共有集会、

午後6時半から議員会館前でのTPP批准阻止水曜行動が実施される。

一人でも多くの主権者の参集を望む。

情報共有会は衆議院第2議員会館多目的会議室、国会前行動は衆議院第2議員会館前で実施される。


民進党は11月2日の衆院特別委での採決、

11月4日の衆院本会議での採決で自民党と合意したと伝えられたが、対応が甘すぎる。

TPPの審議は十分でない。

10月31日付本ブログ、メルマガ記事で伝えたが、

共同通信社世論調査では、TPP審議について次の調査結果が示されている。

環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案について

今国会で成立させるべきだ        17.7%

今国会にこだわらず慎重に審議するべきだ 66・5%

今国会で成立させる必要はない      10.3%

分からない・無回答            5.5%

「成立させる必要なし」と「慎重に審議するべき」を合わせると、

76.8%

が今国会での拙速批准に反対ということになる。

これが民意である。

民主主義は主権者である国民の意思に沿う政治を実現するものである。

国民の77%が反対、賛成は18%しかいない。

しかも、TPPの巨大な問題点についての審議はほとんど行われていない。


自民党が何が何でも採決を主張するなら、野党は徹底抗戦して、

そのうえで

「強行採決」

の形態に追い込むべきである。

自公は「数」を持っているのだから、採決すれば可決されることは明白である。

本当に審議が不十分で、しかも、内容に反対するなら、

自公の採決を容認するような態度を取るべきでない。

それが、TPP慎重審議、TPP反対の78%の国民の負託に向き合う政治行動である。

自民、民進での採決日程合意は談合政治そのものである。


危うくTPP拙速批准が進行するところだったが、恵みの雨が降った。

山本農水相がTPP批准を阻止するために

「名演技」

をしているなら、アカデミー主演男優賞を与えてもいいだろう。

しかし、実態は、大臣の職責を担う資質を欠いているというだけなのだろう。

このような人物を最重要閣僚の農水相に起用するようでは、安倍政権の行く手がはっきり見えたも同然だ。

いよいよ安倍政権の瓦解が始まるときが来たようだ。


米国大統領選でも最終局面で情勢の重大な変化が進行している。

メディアがあれほどまでにヒステリックなトランプ叩きをしてきた本当の理由は、

トランプ支持があまりにも強固であるという点にあった。

メディアの情報誘導でクリントン優位を人的に創作しようとしてきたが、実はあまりうまくいっていない。

そして、最終局面でFBIによる捜査再開が伝えられ、トランプの地滑り勝利の可能性さえ浮上している。

選挙戦終盤に、わざわざクリントン候補と面会した(面会したのは替え玉だったという説もある)安倍晋三首相は、

トランプ氏が大統領に選出された場合には、一気に凋落する。

3期9年など、「夢のまた夢」の世界に転落する。


トランプ氏が選出される場合には、ほぼ確実にTPPは消滅する。

TPP阻止のために、とにかくできることから進めてゆく。

「数の力」だけを観察すると不可能に見えることも、

目の前にある、

やれることをやり抜く

ことを継続することによって、

可能になることはある。

不屈の精神、たゆまぬ努力、そして、希望を持ち続けること。

これが道を切り拓く方法である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月03日 10:33:15 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[794]
「不屈の精神、たゆまぬ努力、そして、希望を持ち続けること。これが道を切り拓く方法である。」

平凡なのに、誰でもできることではないですね。難しいことです。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2016年11月03日 14:40:44 : 7jDqmYQGZs : JsL1MmnOrqI[37]

そうだ・そうだ・その通り

民進は植草氏の爪の垢に山本太郎の鼻くそでももらって、
飲まなくてもいいから拝んでいろ。

全国津々浦々の各県から、TPP反対行進を出発させて、
11月下旬に国会前集合・師走の国会包囲行動を組織
すべき


3. 2016年11月03日 20:50:59 : JE8FIsjhno : kS0baiusH0M[1]
安倍晋三一味の不正選挙を追及しよう!

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51996114.html
テネシー州のローカルTV局が大統領選の結果をうっかり映してしまいました!

世界中に拡散しようね!

[32初期非表示理由]:担当:重複コメント多数により全部初期非表示

4. 2016年11月03日 22:41:33 : rT1BFrs8Yw : C1CgR0LnZ_0[11]
3. 2016年11月03日 20:50:59 : JE8FIsjhno : kS0baiusH0M[1]

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51996114.html
テネシー州のローカルTV局が大統領選の結果をうっかり映してしまいました

面白いけれどガセでは?


6. 2016年11月04日 10:22:14 : AawostfEjk : bRGuUIBBo64[229]
安倍政権の本当の支持率とTPPに賛成している人の割合は合致している。共に2割前後と言うのが真実でしょう。地方でのマスコミの世論調査ではいつも支持率は2割前後それが大手5紙の世論調査になると5割前後、明らかに操作している。国民の大多数はTPPの中身は殆ど解っていない、自公民の議員でさえ解っていない、殆ど黒塗りの解説書でどう理解しろと言うのか、国民を欺くのもいい加減にしてほしい。

7. 2016年11月04日 10:56:44 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7593]
TPPとは「アメリカ対日本」、「日本対インドネシア」のような国家間の対立構図ではない! 「1%対99%」グローバリゼーションの対立の構図そのもの! 2016.10.19
IWJはTPPに反対します!
公共性に鑑みフル公開します。ぜひ拡散して下さい。
IWJは、会員の方々と皆さまのご寄付で支えられています。ご支援を何卒よろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/339910

8. 2016年11月04日 12:36:16 : QACuDZIceo : k5sR9jCzRBw[33]
内閣府の中に官僚の大ボスがいてそいつがアメリカのスパイ同然というかいいなりの御仁がいるそうな。そいつを憲法違反でツマミ出さないといかん。

9. 2016年11月04日 13:02:34 : Szw5T4twqU : tMYIXtEuBoE[49]
問答無用で国全体が従米に走り出しているようです。どんな力が働いているのか。昔は大蔵省が仕切っていたが、今は外務省が仕切っているのかいや防衛省が仕切っているのか政治はただ命令に従っているだけの感がある。憲法違反をしてまでも集団的自衛権を認めそして国の存在を放棄するがのごとくのTPPに血道をあげている。国が気がふれた感じになってしまっている。その暴走を誰も止める事ができない。民主主義の仮面をかぶった自民党一党独裁政権だ。座して死を待つ国民、哀れである。

10. 2016年11月04日 21:16:31 : BU5MY2aOUk : PJp_J8_mrf0[12]

つまらん小細工などせず

批准すりゃよろしい


11. 安倍を辞めさせる会[420] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年11月05日 19:55:23 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[380]
日本は日本自身で変われないことが改めてわからました。今韓国では大統領が辞任かどうかで揺れているし、アメリカではトランプかクリントンで揺れている。それに引き換え日本は相変わらず強行採決してもなんの批判もない。要するに日本は黒船が来なければ何にも変われないのである。韓国の大統領の辞任とトランプが大統領になれば日本もこのままでいられる訳がない。どんなシナリオが用意されているか私にも全くわからないがいまのままであるはずがない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ