★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 522.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相は、国民の医療費などをアメリカのグローバル企業に売り渡した(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/522.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 11 月 05 日 16:14:45: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/e27c64ee3bcbd72040b69b3a45ffcedf
2016-11-05 08:38:59

 盲腸だ。手術しなければならない。そのとき、アメリカなら約700万円がいります。しかし、手術の費用がなければ、つまり保険がなければあきらめざるを得ない。そんな人が、アメリカでは大勢おり、実際にたくさんの人が手術を受けられません。そして、次は日本です。安倍首相は、こんな盲腸の人でも保険に入らざるを得なくなり、犠牲になります。

 日本の場合は、保険が必要になり、たとえばアフラックです。病院では、医者がまず「あなたの保険は何に入っていますか」と聞き、それにあわせて手術を行います。手術を受けられない人は、おなかが痛くてもあきらめざるを得ない。

 手術をあきらめて、売薬で我慢するにしても、ジェネリックの薬は使えない。先発のメーカーが、ジュネリックのメーカーにいろいろ難癖をつけて発売させないようにする。あるいは発売を少し遅らせる。すると、先発のメーカーはその分だけ儲けになる。

 そしてそれがいやなら「ISDS条項」です。投資家が、その国家を訴えます。しかし、敵はさるもので3人の仲裁裁判所で必ず勝ちにいきます。すでにこの裁判で負けた国が、たとえばカナダやメキシコなどです。

 安倍首相は、11月4日は三笠宮の葬儀で、騒ぎを起こしてはならないとし、しかし、結局騒ぎを起こしたのも安倍首相側でした。野党は単に一杯食わされただけでした。

 しかも、山本有二農水相は、おとがめなし。ただし、9日には辞任し、10日には新大臣という段取りです。

 つまり、野党にとっては、なんの手柄にもならない「大臣の首」一つで、TPP(環太平洋経済連携協定)をアメリカに差し出す。

 今回の日本のやり方は、文化をはじめさまざまな分野に影響を及ぼします。日本の与党側があとでどんなにあわてても後の祭りです。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 天橋立の愚痴人間[87] k1aLtJengsyL8JJzkGyK1A 2016年11月05日 18:41:29 : 0eWnvs0BjQ : bCnPNlJCm7c[7]
TPPに置ける医療の問題を、具体的に説明しましょう。

混合診療を認めると言うことです。

「混合診療」
保険診療と、私費による自由診療とを組み合わせること。日本では原則として禁止されているが、例外として特定療養費制度が設けられ、差額ベッドなどの選定療養と、大学病院など特定の医療機関で行う高度先進医療が認められている。

上記にある私費による診療とありますが、私費とはその金を個人が払うのではなく、他の民間の医療保険でも支払える様にすることです。
ちなみに現在は「混合診療」を認めていないので医療保険と言えば社会保険か国民健康保険の事をいいます。

これも少し解りにくい文章ですので追加説明します。
 
上記の文章でも触れていますが、現在の制度の下でも、保険による先端医療は相当進んでいます、それは皆さん自身経験しておられるでしょう。

それが混合診療を認めるとなれば、今まで受けられたものまで、遠慮なく公的保険外とされ(私費による保険を利用しなさい)、金持ちで無いと先端医療が受けられなくなって行くと言う事です。 
要するに風邪や腹痛くらいは従来通りですが、手術を伴うような大病に罹った貧乏人は死んでしまえと言う法律である。

なぜ、アメリカがTPPにこだわるかというと、問題はこれからです。

金持ちでもやはり、イザと言う時の保障は欲しい。
そこで登場するのが、アメリカの保険屋共です。
TPPと言うのは、日本の社会の公平性をぶっ壊し、富めるものと貧者を識別し、富めるもの相手に保険業をしようとしているのです。

日本の国が長年かけて築き上げてきた国民皆保険制度を崩すものです。
もっとも厚生労働省の奴らは、財政難のおり、保険制度の維持のための苦労から解放されて喜ぶでしょう。


2. 天橋立の愚痴人間[88] k1aLtJengsyL8JJzkGyK1A 2016年11月05日 19:03:20 : 0eWnvs0BjQ : bCnPNlJCm7c[8]
TPPと言えば農業の事が一番の問題だとおもっている人が多いでしょうが。
この混合医療を認めることは、国民生活にとって一番の死活の問題であり、すぐさまに体験しなければならない大問題なのであります。

ところがメディアは農業の問題は取り上げても混合診療の問題はいいません。
それはなぜかなどとは言わないでも解っているでしょう。

厚生労働省は、混合診療を採用すれば、現在、ほとほと困っている医療保険の財政の問題がなくなり、ホットするでしょう。

皆さん自身、現在も病院へ通っている方も多いでしょう。
混合医療制度が実施された、みなさんの治療が、どの様に変わるかを想像されれば、如何にこの問題が深刻であるか判るでしょう。

TPP参加へ向かうような奴は、皆殺しにしてでも防止しなければならない。


3. 2016年11月05日 21:28:15 : 2lnQG0Rg9o : FkcgqvFMZzw[12]
強行だ つべこべ言わず 売り渡せ

4. 2016年11月07日 00:34:30 : t3EZ96TTxM : 4h_mS6@kbxY[76]
今日本は皆保険と言って日本人なら誰もがにな国民健康保険か社会保険に入ることになっています。
だから誰でも1か月2万円か3万円くらいの保険料で済んでいるのです。
今でももし保険に入っていなければ日本でも盲腸でも安くても100万とかそれ以上の金がかかると思いますよ。
ただ日本人はその皆保険のおかげで、窓口で払う金額はそんなに高額ではなくたとえ手術をしてもせいぜい数万円だから、まさか盲腸で何百万もかかるなんて信じられないのでしょう。
でも、保険に入っていなければ本当にかかる金額なのです。がんの手術になどなろうものなら1000万円とか2000万円なんて治療費も嘘じゃないのですよ。
日本には高額医療制度というものもあって、それでも病気が多くて医療費が多くかかる人には制限が設けられ、ある一定の金額以上は支払わなくても良い事になっているはずです。

TPPになったとしても普通の保険に入っていればたとえ手術をしても100万円とか300まん円かかるとかは無いでしょうが、ただその毎月の保険料が今のように2万円や3万円では済まないと思います。
1か月7万円とか10万円とかかかることになれば、当然保険に入れない人が出てくるでしょう。
そういう人が保険無しになった時、病気になって病院へ行けばとてつもない治療費を請求されるので、病院にはかかれなくなるという事態も出てきます。
もちろんもしその高額な保険に入ったとしても窓口支払いも今の3割負担では済まなくなるでしょうけどね。
5割とか下手したら7割を負担なんて事にもなりかねません。

貧乏人は病院へもかかれないし、薬価も又アメリカは値上げをしたくて日本がTPPに入るのを手ぐすね引いて待っているのです。

つまり貧乏人は高額な保険には入れない、つまり病院で診てもらえない。
もし無理をして1か月10万円もの保険の支払いができたとしても、窓口支払いも今より2倍もとられることになる。
医者を諦めて売薬を買おうとしてもその薬もアメリカは値上げしてくるって事です。
今迄みたいに20円値上げとか50円値上げとかチンケな値上げじゃなく10倍とか15倍とか20倍とかそういう値上げになるかもしれません。

その薬がないと命をつなげないような薬ほどそうなるのです。
足元を見るとはまさにこのことです。
何しろ日本の金を根こそぎ巻き上げに来るのですから当然です。

それでも貧乏人はアメリカにしっぽを振る安倍政権に投票したいのですかね〜?
気が知れないけど。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ