★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 821.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪特別編≫トランプ勝利翌日の衆院“強行”通過は安倍首相の懇願メッセージ 暴走TPP「10のウソ」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/821.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 12 日 22:40:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

     


【特別編】トランプ勝利翌日の衆院“強行”通過は安倍首相の懇願メッセージ 暴走TPP「10のウソ」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193773
2016年11月12日 日刊ゲンダイ


  
   TPP衆院通過で喜ぶ安倍首相(C)日刊ゲンダイ


 トランプ大統領が決まった翌10日に、世界の笑いものになりながらも、TPPが衆議院本会議で「強行採決」された。どうしてそこまでしたのか。

「2020東京五輪まで続けたい」(さらには無期限に?)という意向に象徴されるように、「米国に追従することで自らの地位を守る」ことを至上命題としてきたのが安倍首相である。強行採決の裏には、トランプ大統領に向けた次のようなメッセージが込められている。

「まず、TPPレベルの日本の国益差し出しは決めました。次は、トランプ大統領の要請に応じて、もっと日本の国益を差し出しますから、見捨てないで下さい」

 日本政府はすでに米国の批准を後押しするために、水面下で国益を差し出し続けてきている。それを加速させて、トランプ大統領のご機嫌取りに奔走するつもりだろう。

 トランプ大統領の誕生で、オバマ政権のレームダック(死に体)期間に米国がTPPの批准を模索する動きは困難になったと思われる。

 だが、トランプ新大統領は、「TPPには署名しない。2国間FTA(自由貿易協定)でよい」「日本の負担が足りない」と主張しているので、TPP以上に日本がより一層譲歩させられた「日米FTA」が成立しかねない。

 この流れに自ら喜んで応じる“決意表明”が、今回の強行採決とみていいだろう。今後、さらに「売国行為」が進む危険性を認識しなくてはならない。

 そもそも、農産物関税のみならず、政権公約や国会決議で、TPP交渉において守るべき国益とされた食の安全、医療、自動車などの非関税措置については全て譲り終えている。これらはTPPが発効しなくても、日本が“自主的に”行った措置として、実質的にはすでに発効しているのである。

 つまり、2国間の力関係の結果、日本はズルズル押し込まれている。今後はさらにこの流れが強まる。「日本の負担が足りない」と言うトランプ氏に渡す“譲歩リスト”を政府はもう作成しているだろう。農産物の関税についてはFTAなどが発効しないと効力が生じないから、米国が2国間FTAなどに切り替えようとする動きは当然予想される。

 米国の要求に応え続ける姿勢から脱却し、真に国民の将来を見据えない限り、問題は永続することを忘れてはならない。


鈴木宣弘 東京大学教授
1958年、三重県生まれ。82年東大農学部卒。農水省、九州大学教授を経て、06年から東大教授。専門は農業経済学。「食の戦争」(文芸春秋)、「悪夢の食卓」(角川書店)など著書多数。

















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 佐助[4000] jbKPlQ 2016年11月12日 23:59:54 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[139]
TTPや二国間貿易協定は,信用収縮の時にやると,各産業のトップ企業を入れ替え、次の時代をリードする企業を誕生させ急成長させます。すなわち日本の大企業の消失劇が発生する。安倍ルール破壊総理は,この実験をしたいのだと思います。

慣習期の商品にあぐらをかき、市場拡大のインパクトのある商品を開発できなかった企業は、縮小&倒産は避けられない。ただし産業革命を加速させると,逃げられる。

従ってTTPや二国間貿易協定でも、新しい技術や先覚商品の開発に成功した、個人と企業と産業は、スーパーバブル下で、縮小を軽減できるだけでなく、急成長することが可能だ。

今回の技術革新は,パリ協定の「「放射能・CO2を発生させない動力」への転換革命です」もう少し具体的には,エンジンレスの本命、水素発電と電磁波起電力です。

家庭も工場も乗り物も、都市も農業も漁業も電子電池電源で動く時代で,すべて電子化(すべて電子図書化)です。


2. ダイビング[127] g1@DQ4Nyg5ODTw 2016年11月13日 05:58:43 : GLUiH1o95U : z_48yBWfvSI[132]

あほのゲリゾーが17日にトランプと面談するのだそうだが、おかしくないか?

トランプは来年の1月に次期大統領になることが確定しているのだが、今は何の

国家機関でもない。 組閣準備で大忙しだ。

あほのゲリゾーは自らを国家機関と認識してトランプと面会するのか?

現大統領オバマとの関係はどうなる。 外交儀礼として正しいのか?

あほのゲリゾーとその取り巻き連中の知能はもう破裂してるね。

国庫から貢物は持っていくのだろうが、団体で会見して、ご苦労ご苦労で無収穫だね。

トランプ側には現状約束できる機能も意欲もない。トランプはオバマに敬意を

表していなければならないし、そうするだろう。

自分のことしか考えないニワトリアタマがきょどきょどしてるだけ。


3. 2016年11月13日 15:27:34 : AawostfEjk : bRGuUIBBo64[267]
自分の権力維持の為なら血税を思う存分使いアメリカにひれ伏し、国民には我慢を強いて東京五輪まで総理をしようと目論んでいる。そういう点では祖父の岸信介とまるで同じだ。

4. 2016年11月13日 22:06:44 : FzqCnmb7lc : b2dr5dLSUr0[1]

>3さんに同意、同感!

昭和の妖怪、岸信介(A級戦犯)の孫=安倍晋三!

頭の中はカラッポなのに、プライドは高い、平成の悪魔=安倍晋三!

国民の血税を海外でバラマキ、GPIFを株式に注ぎ込み、その損失を「年金カット法案」で、国民におしつ

ける。

国民ファーストの考えは皆無の安倍晋三!

日本も韓国のように100万人デモで安倍晋三を引きずりおとそう!


5. 2016年11月13日 22:08:12 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7445]
福島みずほ ‏@mizuhofukushima 5 時間5 時間前

参議院のTPP特別委員会は、14日と15日がそれぞれ総理入りで質問。その後、正式決定ではないが、16日が一般質疑、17日が地方公聴会(北海道、水戸)、18日が参考人質疑といわれている。とっとと成立させようとしているのではないか。こんな重要な協定なのに。
https://twitter.com/mizuhofukushima?ref_src=twsrc%5Etfw


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ