★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 111.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
古賀茂明が読み解く。安倍政権がTPP批准を急ぐ理由は「北方領土交渉」にある!(週プレNEWS)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/111.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 15 日 12:25:26: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「なぜ安倍首相はTPP批准を急ぐ? その答えはプーチンとの『北方領土交渉』にあった!」と分析するする古賀茂明氏


古賀茂明が読み解く。安倍政権がTPP批准を急ぐ理由は「北方領土交渉」にある!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00075228-playboyz-pol
週プレNEWS 11/15(火) 6:00配信


11月10日に衆院を通過したTPP承認案と関連法案。

アメリカが批准しなければTPPは漂流状態だが、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明は、安倍政権がTPP批准を急ぐ理由を看破する!

* * *

安倍政権がTPPの批准を急いでいる。このコラムの掲載号『週刊プレイボーイ』47号が発売される頃には、TPPの承認案と関連法案が衆院で採決されているはずだ。

衆院で可決されれば、審議の舞台は参院に移るが、TPPは条約なので、参院が採決しなくても憲法の規定により、30日以内に「自然承認」される。

TPP発効には、協定署名から2年以内なら参加12ヵ国の議会承認、以後は参加国のGDPの85%を占める6ヵ国以上の国内法上の手続きが必要となる。

そのなかで見逃せないのが、やはりアメリカの動向だ。大統領選に勝利した共和党・トランプはTPP反対を主張しており、国内手続きのメドは立っていない。アメリカが批准しなければ、いくら日本が動いても、TPPは事実上、漂流状態となる。

そのため、多くのTPP参加国は、アメリカの政治状況を見極めてから国内手続きに入ろうと様子見をしている。そんななか、日本だけが前のめりにTPP批准へとひた走っているわけで、その姿は異様だ。

なぜ、安倍政権はこんなにもTPP批准を急ぐのか?

安倍首相は「日本が早期に批准し、アメリカに承認を促すことで、TPP発効を後押しできる」と説明するが、大ウソだ。

TPP早期批准の狙いは「ある目標」を達成するため、これまでTPP発効に尽力してきたオバマ大統領に恩を売ることにある。「ある目標」とは12月に予定されているロシア・プーチン大統領との首脳会談を成功させ、懸案の北方領土問題解決に一定のメドをつけることだ。

もともと、アメリカはこの安倍首相の動きを快く思っていない。特にアメリカが問題視しているのが、日露の経済協力だ。安倍内閣は大規模な対露経済支援をエサに、北方四島の返還を実現しようと動いている。そのなかには「東シベリア―太平洋パイプライン」建設やサハリン島沖海底油田開発など、エネルギー分野での経済協力も含まれる。

アメリカはEUとともに、クリミアを武力で併合したロシアに厳しい経済制裁を実施している。そんな時期に日本が大規模な対ロシア経済支援に動けば、欧米の制裁の効果を著しく損なう。へたをすればアメリカの逆鱗(げきりん)に触れることになるだろう。

そこでTPPを12ヵ国に先駆けて批准することでオバマ大統領に恩を売り、日露交渉に目をつぶってもらおうというのが、安倍首相の魂胆だ。政府が米大統領選のある11月8日より前に、TPP法案の衆院通過にこだわっているのはそのためなのだ。

だが、そうした首相の思惑は空振りに終わる危険性が高い。したたかなプーチン大統領は領土問題の解決をにおわせるリップサービスはしても、四島返還につながるような明確な言質を日本側に与えないだろう。

TPPは広範な分野にまたがり、国民はその内容に疑念を抱いている。拙速に今国会での批准を目指すより、来年の通常国会までかけて国会で丁寧に審議して、国民の不安を取り除く努力をするべきだ。その上で選挙で民意を問う。採決はその後にすれば、結論がどちらでも国民は納得する。安倍首相は、米露に媚こびる前に国民のほうを向いた政治を行なわなければならない。

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元幹部官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して2011年退官。著書『日本中枢の崩壊』(講談社)がベストセラーに。近著に『国家の暴走』(角川oneテーマ21)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月15日 12:59:00 : FVzCfUgVOV : 6jDOCMbq0T4[1]
意味不明です
北方領土問題解決にグローバリストは一番邪魔です
そもそも問題の根っこにグローバリストがいます
日米同盟解消が北方領土返還に繋がるが、安倍はしません
グローバリストのお犬様なので

自分がロシアの立場だったらと考えられない日本ってなんなのだろうか
どう考えてもロシアの姿勢は正しい
返還・共同領有したいのに、ロシアはできない
なぜなら相手国の管理者が敵対国だから
理解不能な喧嘩を売ってくるキチガイの金魚の糞に、なんで譲らなきゃいけないのかと


2. 2016年11月15日 14:26:53 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[181]
1. 素晴らしいコメントです。

[拍手]

Songcatcher.


3. 2016年11月15日 15:00:59 : 3ah459lR8Q : BQKXrt2t@gY[442]
古賀さん、最後ばっちり締めたね。いいね!100点。

4. 2016年11月15日 15:59:21 : pDF1XAqy8w : 35ImwhGbFho[1]
犬が腕組みをするんじゃない

5. 2016年11月16日 01:39:40 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1199]
  北方領土の件は、一理あるかも知れないが、安倍首相は、TPPのメリットに安全保障面を必ず付け加えているところを見ると、加盟国間における武器、兵器の売買、供与の自由化が有るのではないか。
   例えば日本が米軍から買い込んだ大量の、使い切れないような兵器は、いずれ近隣諸国に転売しなければ、とてもでは無いが持て余すだろう。
   しかも、オスプレイ一機60億円を200億円など、通常相場の数倍の価格で購入契約をしているようであるから、この負債を取り戻すためにも、貿易自由化は不可欠であろう。
   一説にはTPPは中国包囲網とも言われており、そうなれば余計に納得が行くのである。
   中国脅威論を互いに共有し合えば、TPP加盟国は一層、武器弾薬、兵器の売買に抵抗が無くなるだろう。
   辺野古や高江に米軍基地と称して巨大基地建設も急いでおり、県知事や住民の異議や反対を蹴散らかし、武装公務員を投入してまでも強引に基地建設しているところをみると、米軍基地というよりも、日米共有の巨大兵器の駐機庫兼展示場兼試用会場兼訓練場とするのではないか。
   巨大兵器は操作にも熟達する必要があり、例えばオスプレイは単なるヘリとは違い、航続距離や収容能力からいっても戦闘機並みであるところ、かなりの入念な訓練が無ければ操作は難しいのではないか。
   とすれば、米軍基地としながら米軍のコンサルの下で、購入を促した国には訓練を施さねばならないだろう。
   そのコストもさることながら、とにかく関税の掛からない状態で、車ならぬ兵器も売買出来なければ、いわば持ち腐れとなろう。
   死の商人とは良く言ったものだが、真に危険なビジネスを、TPPを端緒に始めよう、という事ではなかろうか。
   
   

6. 唐行きさん[811] k4KNc4KrgrOC8Q 2016年11月17日 05:44:27 : oPZGM4HvVI : PqrVcYT13xI[90]

「米犬」には、「エサ」はあげない、「エサ」を見せつけて「尻尾」を振らせるだけ!

さすがっ、「世界」の「プーチン」!

「どアホ」は、「犬」よりも「IQ」が「低い」、「正真正銘」の「世界」の「どアホ」!

「よだれ」が「タラタラ」!

「尻尾」を「ビュンビュン」!

「プーチン」の「お手」の「指令」に、すぐに「お手」!

つまり、「遊ばれて」いるだけ!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ