★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 390.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今になっても石原慎太郎の「高説」を垂れ流す産経新聞−(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/390.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 21 日 23:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

南スーダンでのPKOに向け陸上自衛隊11次隊の先発隊が出発。家族らに見送られる隊員=20日午前、青森空港(三尾郁恵撮影) :産経新聞


今になっても石原慎太郎の「高説」を垂れ流す産経新聞−(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1spajfi
21st Nov 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


きょう11月21日の産経新聞が、その一面で「日本よ」と題する石原慎太郎氏の主張を掲載していた。

 「気の毒な日本の自衛隊」と題するその主張は、

一言で言えば軍隊として認められないまま危険な職務に従事させられる自衛隊に同情するものだ。

 南スーダンへの駆けつけ警護派遣のタイミングに合わせて、

産経はこの石原氏の主張を掲載したに違いない。

 その主張の当否についてはここでは問わない。

 私がここで書きたいのは、この期に及んで、

石原慎太郎氏がまだこのような「高説」を臆面もなく書いているということだ。

 それを産経新聞がありがたく一面で掲載していることだ。

 石原慎太郎氏は豊洲の盛り土問題で自らの責任を回避した。

 しかも、こともあろうに高齢と健康上の理由で、証言を拒否した。

 その時点で石原慎太郎氏は、政治家としても言論人としても、いや一人の良識な人物としても、終わったのだ。

 それにもかかわらず、この期に及んでもまだ自らの主張を吐く。

 それを産経新聞がありがたく取り上げる。

 そんなことが通用するほど国民は、馬鹿でも、寛容でもない。

 まもなく、石原慎太郎の連載は産経新聞から消えるに違いない。


            ◇

【石原慎太郎 日本よ】「モルヒネ」すら携帯できぬ衛生兵 気の毒な日本の自衛隊
http://www.sankei.com/column/news/161121/clm1611210004-n1.html
2016.11.21 08:00 産経新聞

 私が長らく住んでいた逗子市はごく小さな町でひと頃タクシーの数も僅かなもので、そのせいか運転手はほとんど高齢者ばかりだったが、ある時珍しくごく若い運転手に乗り合わせた。私が訳を尋ねたら、実は彼は以前習志野の空挺(くうてい)隊の隊員だったが、かつて北富士での大演習の際パラシュートで降下した時運悪く着地地点が突出した岩で足を骨折してしまい、その場での応急の手当てが間にあわず身体が不自由となり退官して今は仕方なしにこんな仕事をしていますという。これは実は極めて重大かつ象徴的な挿話で日本の自衛隊の置かれた危険かつ不運な立場を表象していると思われる。私の主治医の佐々木医師はかつては首都圏随一の救急病院を仕立てた院長で救急治療の権威だが、彼の知見では日本の自衛隊の医療体制は極めてお粗末なものでその象徴的事例として自衛隊の衛生兵はなぜかモルヒネを携帯していない。こんな事例は世界中のどの国の軍隊でも在り得ぬことで、件(くだん)の元自衛官の悲惨な末路がそれを証していると思われる。

 ベトナム戦争を題材にした映画でもよく見られるように、アメリカの軍では衛生兵どころか普通の兵隊までが戦場ではモルヒネを常時携帯しているようで、敵の地雷を踏んで片足がふきとばされた仲間に軍服の上からいきなりモルヒネを注射してしまい暫時苦痛とショックを抑えてヘリで野戦病院に搬送する。

 それがこの現代で戦に臨む軍隊の最低限だろうが、この動乱の時代に集団的自衛権を認め同じ価値観を抱く友国と共同の作戦に臨まざるを得まいわが国の自衛隊が戦場での最低限の医療の保証もなしに現地に赴かざる得ないという実情を隊員やその家族国民全体にどう釈明できるというのだろうか。

 自衛隊の衛生兵が常時モルヒネを携帯できない訳は厚生労働省の縦割り行政の悪弊のせいでモルヒネという強度な麻薬を医師以外の民間人には携帯させぬという制約によるものだ。自衛隊の軍医までが戦闘の第一線に同行する訳はない。政府は近々の政情の極めて不穏な南スーダンに集団的自衛権にのっとって自衛隊を派遣するようだがああした異常な状況下にある国でもしも一人でも自衛隊員に戦死者が出たならば世論は沸騰し自衛隊そのものの存続に支障をきたしかねまい。

 そうした懸念の中で私が思い出すのは私がかつて自民党の外交調査会会長を務めていた時カンボジアでの初の選挙の管理指導に赴いていた民間隊員の一人がポルポト派のテロに遭い死亡し、急遽(きゅうきょ)対策会議が開かれた際に出席した外務省の役人がまず事実の説明報告の際に、『いや、これが民間人で良かったですが、これが正式の自衛隊員だったらえらいことでした』とぬけぬけと発言し私が激怒したものだった。

 しかしそれは案外政府の本音ともいえそうだ。これでもし南スーダンなり他のどこかでの集団安保のための作戦行動の中で派遣されている自衛隊に戦死者が出たならばせっかくの集団的自衛の体制は大きく毀損(きそん)されかねまい。それを防ぐためにもモルヒネの不携帯も含めて、総体的に野ざらしに近い状態に置かれている日本の国軍のより安全の確保のためにすべき努力を速やかに講じることこそが不安定極まる今日の世界の中で日本の孤立を防ぐために絶対に必要と思われる。

 第一に、今の自衛隊に欠けている交戦規定の設立が肝要に違いはない。かつて紅海の出口のソマリアの海域に出没するに悪質な海賊制圧と管理を請われて日本の海上自衛隊が出動した際野党のある議員がこれを違法と非難しその監視のためと焚(た)き付けて一部の民間人たちがピースボートなるものをしたてて現地に赴いたのはいいが、現地での余りの危険による不安に駆られ厚かましくも彼等自らが非難している自衛隊に保護を求めてきたものだった。

困惑した艦長が本省に相談したらなんとその返事が、交戦規定の無いままに『警察官の職務遂行規定に倣って、禁錮五十日に相当する相手の行為に対しては発動せよ』との返答だったそうな。どこの国の軍隊が警察を見習って戦闘しなくてはならぬという滑稽に晒(さら)されながら戦うことがあるものだろうか。因(ちな)みにかつて、自衛隊には確たる交戦規定がないのでこれをすみやかに作成してほしいと建言した当時の統幕議長は時の防衛庁長官金丸信によって文民統制違反として更迭されてしまったものだった。

 こうした世界に例を見ない条件下で場合によっては命がけでの行動を義務づけられている我が国軍の不安をいかに取り除いて彼等に国家の名誉を負託するかを熟慮するかは国民の義務に他なるまいと思うのだが。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 罵愚[4341] lGyL8A 2016年11月22日 04:15:41 : ACqL1yDR8U : LK1p3ItR4b4[91]
 押しつけられた平和憲法の欠陥だよ。欠陥憲法の改正こそが急務だ。

2. 2016年11月22日 13:34:32 : 8H6mkZOM7A : Mj2YlqSBANA[46]
1さん
大丈夫か?
押し付けられたっていつの話だい?
70年前に生きていたのかい?
昔話がお好きだねぇ(笑)

そんなに嫌ならとっくの昔に憲法なんて国民が変えちまってるだろ?
変えてないってところが大事な事実なんだよなぁ
変えなくても国民は幸せだったんだよ
国民の幸せが国に取ったら一番なんだが、
1さんには国民の幸せが嫌なんだろうね。
あんたもその幸せのおこぼれで生きてきたんだがね。
そうじゃやなかったらあんたなんか、もはや戦地で戦死してらぁ

石原もバカだねぇ!
命を懸けて行かなくてはいけない任務を与えた安倍が悪いんだが、
そんなことは口が裂けても言わない・言えないで、
かわいそうな自衛隊員!というだけだ。
金まみれの、中途半端な生きざましかしてこなかった結果が、
晩節を汚しただけ。


3. 2016年11月23日 04:14:44 : EX8z64MXxw : f2IJYGNbbNU[1]
1.罵愚はHNを「馬鹿」に変えた方が良い。押し付け憲法?平和憲法を提案したのは日本人。当時の首相だ。歴史も知らなきゃ、直近のニュースも知らないらしい。
お前等の敬愛する朝鮮カルト統一の安倍は、見境いもなく仇敵ロシアにケツ差し出した挙句足蹴にされ、勝手にご主人様と仰ぐアメリカ様にはいち早く「朝貢」のために馳せ参じたのにゴルフクラブは受け取ってもらえず、TPPでハシゴを外され、やる事なす事グダグダ。
お前等が憲法変えたいと思っても、ご主人様アメリカが許さないだろう。馬鹿なごアベ将軍様に馬鹿な支持者がいる限り今の憲法は変えられない。

4. 罵愚[4351] lGyL8A 2016年11月25日 05:21:43 : nTmvzWtkoA : fOBW8@Q_ZmQ[4]
 『国際法違反の押しつけ憲法』は、このボードでは、すでに結論が出た話題だと思うがね。

5. 2016年11月25日 07:22:11 : ZuwPHkztK2 : UMWESj6LJEg[4]
『国際法違反の押しつけ憲法』なんて借り物の罵声なんだろ?w

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ