★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 391.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「TPPを自由貿易協定として報道するのは、大嘘。:川内 博史氏」 
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/391.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 22 日 00:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「TPPを自由貿易協定として報道するのは、大嘘。:川内 博史氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/21157.html
2016/11/22 晴耕雨読


https://twitter.com/kawauchihiroshi

野党4党の共通政策に、エネルギー問題(原子力発電への対応)は、何がなんでも一致点を見出だし、入れるべき。


そして、消費税率への対応。


安倍内閣は、アベノミクスの是非を問うと言いながら、内実は消費税率引き上げ先送りを争点に国政選挙に圧勝してきた。


次も、やるかもしれない。


対抗策が必要。


TPPを自由貿易協定として報道するのは、大嘘。


加盟国の関税や制度を同じにして、その国の歴史・伝統・文化等に基づく関税や制度を認めない「不自由」な協定を自由貿易協定とは言わない。


逆に、国民の生活を守る為に、関税や制度を、適正な範囲で独自に決めることを「保護主義」とも言わない。


>LeJobard 経済学を知らない人はこういうことを言う。法律用語の善意/悪意を善人/悪人と混同して叩くようなもの。


貿易協定の自由の定義と、経済学の「自由」の定義は別です。


WTO協定総会が貿易協定における「自由」を定義しているのを御存知ですか?


マスコミの嘘に騙されないようにしましょうね。


日露の12月の下関会談に向けて大詰めに入っているようだ。


これまでの安倍さんとプーチンさんの約束は@経済協力はするA領土問題は進展を目指す、となっている。


@は「する」と言い切りAは「目指す」と、微妙な言い方。


「進展させる」と「進展を目指す」では大きな違いがある。


注目したい。


共同通信論説委員の米国大統領選に関する論説。


「待っているのは、手痛いしっぺ返しである」という結びの言葉に、マスコミは、権力構造における支配者側に立っているのだなあ、ということが透けて見える。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月22日 08:46:25 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7310]
ニュース速報:就任初日にTPP離脱を指示する─トランプ次期米大統領=ビデオ
http://jp.reuters.com/

2. 2016年11月22日 09:01:05 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7309]
=====================================
===========================================================================
World | 2016年 11月 22日 08:41 JST
関連トピックス: トップニュース
トランプ次期米大統領、就任初日にTPP離脱指示へ

http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20161121&t=2&i=1162582354&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPECAK1FY
11月21日、トランプ次期米大統領は、TPPからの離脱など来年1月20日の就任初日に実行する政策を示したビデオを公表した。ニューヨークで9日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

⁅ワシントン 21日 ロイター⁆ - トランプ次期米大統領は21日、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱など来年1月20日の就任初日に実行する政策を示したビデオを公表した。

TPP離脱以外には、政府による規制縮小のルール策定、ビザ(査証)悪用に関する調査の指示、シェールオイルやガス、石炭を含めたエネルギー生産に関する一部規制の撤廃が含まれる。

http://jp.reuters.com/article/trump-withdraw-tpp-idJPKBN13G2L8
===========================================================================


3. 2016年11月22日 09:18:15 : kGdfjTUYJg : XVJet2wl4JM[1]
総理、行き損
ざまあ

4. 2016年11月22日 11:16:28 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7301]
Domestic | 2016年 11月 22日 10:11 JST
就任初日に「TPP脱退通告」

 ⁅リマ共同⁆米国のトランプ次期大統領は21日発表したビデオ声明で、来年1月の就任初日に「環太平洋連携協定(TPP)からの脱退の意思を通告する」と述べた。TPP参加国は19日の首脳会合で、発効に向けた国内手続き加速を確認したが、トランプ氏が改めて脱退を宣言したことで、協定の発効は絶望的との見方が広がりそうだ。

 トランプ氏が大統領選後にTPP脱退を明言したのは初めてとみられる。

 トランプ氏はTPPについて「わが国にとって潜在的な災難となる」と強調。米国に雇用や産業を取り戻すためにTPPに代わる「公正な2国間の貿易協定」を締結するとした。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016112201001285


5. 2016年11月22日 12:20:43 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7300]
Domestic | 2016年 11月 22日 11:47 JST
就任初日にTPP脱退通告へ

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20161122&t=2&i=1162595931&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016112201001365.-.-.CI0003
就任初日に「TPP脱退通告」

 {リマ共同}米国のトランプ次期大統領は21日発表したビデオ声明で、来年1月の就任初日に環太平洋連携協定(TPP)脱退を通告すると表明した。選挙戦中に脱退を表明していたが、大統領当選後に明言したのは初めてとみられる。TPP参加12カ国は19日の首脳会合で国内手続きの加速で一致したが、トランプ氏の意思が変わらなかったことで、発効は極めて困難との見方が広がりそうだ。

 トランプ氏は声明で来年1月20日の大統領就任から100日以内に実施する政策を説明。TPPについては「われわれの国にとって潜在的な災難となる」と述べ「脱退の意思を(他の参加国に)通知する」とした。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016112201001285


6. 2016年11月22日 12:45:49 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[327]
TPPとは、大企業のための大企業による政治で、国民を貧困化させることで、国民は政府の人権無視の政策でも何でも依存しなければ生きていけないようにする一種の独裁政治を目指している。それはグローバリズム=一国主義政治である(国境を無くし、安い賃金で外国人労働者を使う、企業の外国流出をさかんなる)。これで大儲けするのは大企業から莫大な献金で買収される政治家たち。

米国はNAFTA(TPPの縮小版)の結果、この十数年間で製造企業を中心に70,000企業が海外に移転、大格差社会を生んだ。今米国社会は、労働者や大学教授に至るまで非正規やパートの雇用形態が多い.自活できなくて5人に一人が何等かの救貧援助を受けているそうだ。

トランプ氏はそんなアメリカを憂い、雇用の確保、雇用を奪う不法入国者の取り締まり強制などで、経済復興を掲げて当選した愛国主義者。彼は、米国の貧困の原因はNAFTAだと言って憚らない。だからTPPには絶対反対なのだ。


7. 2016年11月22日 12:52:06 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7296]
2016年11月22日(火)
主張
TPP国際協議
安倍首相は異常な固執やめよ

 安倍晋三首相が、アメリカ・ニューヨークでのトランプ次期米大統領との会談や、ペルー・リマでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、環太平洋連携協定(TPP)参加12カ国の首脳会議など、一連の会合を重ねました。異常に目立つのは首相のTPP発効への固執です。アメリカのトランプ氏が大統領選中TPPへの批判を公言するなか、リマでの一連の会合でもアメリカ抜きの経済連携協定づくりを模索する発言などがあったといわれます。日本国内でもTPPに同意が得られていないのに、国際協議で発効に固執する首相の態度は異常です。
発効の見通し立たない

 「自由貿易こそ世界経済成長の源泉」「TPPは自由で公正なルールにもとづく経済圏を作り出す」―安倍首相は一連の協議などでこうした発言を重ねたと伝えられます。日本、アメリカなど12カ国が参加し、関税などを原則撤廃するTPPの発効を最大限もてはやしたものですが、相手側からの反応は決して芳しいものではありませんでした。

 アメリカのトランプ氏はもともとTPPが国内を「空洞化」し、雇用などを破壊するとして反対してきました。オバマ現大統領は署名したものの、トランプ氏は大統領に就任すれば「離脱」すると発言しており、安倍首相との会談でも、トランプ氏を説得しようという首相の思惑通りには進まなかったとみられています。TPPは日本だけでなくアメリカも批准しなければ発効せず、その見通しはたっていないのは明らかです。

 リマで開かれたAPEC首脳会議では、首脳宣言に「あらゆる形態の保護主義に対抗する」ことを盛り込んだものの、同時に開かれたTPP参加12カ国の首脳会議では発効に向けた国内手続きを進めるとしただけで、共同宣言も発表することができませんでした。

 参加国の中でも国内の手続きを見送っている国や、「アメリカ抜き」の協定を求める声も出ています。首脳会議で「このままではTPPが完全に死んでしまう」とまで言って各国に批准を求めた安倍首相の態度は、TPP参加国からも全面的に支持されていません。

 安倍首相をはじめ、日本政府にはオバマ米大統領が任期中の年内に開かれる米議会でTPPを批准してもらうという“期待”もありましたが、リマではオバマ氏との本格的な会談も開かれませんでした。トランプ氏が所属する共和党が多数になった米議会は年内批准に賛成しておらず、アメリカの批准頼みの安倍首相の計画はここでも破たんしています。
国内の同意抜きの暴走

 もともと国内ではTPPへの反対がますます広がっているのに、日本が率先して批准すれば発効を促進できるといい続けてきた安倍首相の態度は、国民の意思にも民主主義にも反しています。

 関税や非関税障壁を原則撤廃するTPPは、日本の農業だけでなく「食の安全」や医療、保険、雇用など国民の暮らしに全面的に影響します。多国籍大企業が投資先の国を訴えることができるISDS条項など、国の主権そのものを破壊してしまう危険があります。

 国民の利益にならない協定を国民の同意抜きに強行するのは許されません。まず審議中の参院で徹底審議のうえ、廃案にすべきです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-22/2016112201_05_1.html


8. 2016年11月22日 22:21:07 : vBTjEdYKcv : cs6b1E4V17o[7]
TPP等の「域内」自由貿易協定は、戦前の「ブロック経済」そのものw

その「ブロック経済」が利害の対立を招き、大戦の原因となった

TPP推進が、自由貿易なんて言っているのは大間違い

そんな嘘話では騙されないよ 笑


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ