★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 417.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ TPPに代えて2国間で強く要求 
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/417.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 22 日 16:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

トランプ TPPに代えて2国間で強く要求
http://79516147.at.webry.info/201611/article_185.html
2016/11/22 13:33  半歩前へU


▼TPPに代えて2国間で直接交渉
 思った通りトランプは手ごわい相手だ。商売人の彼は転んでもただでは起きない。TPPを捨てる代わりに2国間の直接交渉を要求するという。トランプは自由貿易で「米国が損をしている」「雇用が失われている」、と思い込んでいる。

 日本に対してもこれまで以上の要求を突き付けてこよう。どこかの間抜けが、立った3、40分会話しただけで「トランプは信頼できる男だ」と言った。この軽薄なおバカが、だれか知っているか?と小学生に聞いてみたくなった。

*****************

 【11月22日 AFP】 トランプ次期大統領は21日、日米など12か国が署名したTPPについて、選挙戦の公約通り「就任初日に」離脱を通告する考えを明らかにした。

 トランプ氏は「貿易に関しては、わが国に災難をもたらす恐れがあるTPPからの離脱の通知を出すつもりだ。その代わりに、雇用と産業を米国に取り戻す公平な2国間貿易協定の交渉を進めていく」と言明した。

 トランプ氏は議会承認を必要としない大統領令で迅速に取り組む優先課題として、TPP離脱を含む6項目を列挙。

 「米国人労働者を損なっている」とする就労ビザ(査証)の乱用に対する調査を労働省に指示することや、「シェールエネルギーやクリーンな石炭を含む米エネルギー生産に対して設けられ、多数の雇用を奪っている規制」を撤廃することなども表明した。

 安全保障面では「米国の重要インフラをサイバー攻撃などあらゆる攻撃から守る包括的な計画の作成」を国防総省と統合参謀本部議長に求めるとした。

 「私の政策課題は単純な根本原則に基づくことになる。米国を第一に考えるということだ」。トランプ氏はそう強調した。


関連記事
トランプ氏、就任初日にTPP離脱へ 「代わりに2国間協定を交渉」(AFP)
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/440.html
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月22日 17:45:08 : GyvbtPDVlo : G8jjk_tpRok[1]
TPP、漂流へ=「日米FTA」の可能性−トランプ氏離脱宣言
時事通信 11/22(火) 13:00配信

 【リマ時事】トランプ次期米大統領が環太平洋連携協定(TPP)の枠組みからの離脱を宣言する意向を改めて表明した。

 米国が抜けるとTPPの経済規模は半分以下に落ち込み、関係者には「事実上の頓挫だ」「存在意義が薄れる」と失望感が広がった。トランプ氏の考えに沿う形で、日本と米国が2国間の自由貿易協定(FTA)を結び直す必要が出てくれば、TPP交渉以上に農産物などの市場開放を求めてくる懸念がある。

 トランプ氏が大統領選後初めて離脱に言及したことで、20日に閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)議長国を務めたペルーの政府筋は「極めて残念だ」と肩を落とした。ペルーも加わるTPP署名国は19日に首脳会合を開き、各国が早期発効に向けて国内手続きを進める意志を確認したばかりだった。

 今後、TPP署名国は、米国を除く11カ国による協定発効や、他の国を加えた新たな協定の構築など、TPPの枠組み見直しを想定した協議を本格化させる。合意内容を事実上修正する「再交渉」も視野に入れることになり、発効は数年先に遠のきそうだ。日本政府関係者は「米国がTPPに戻れる仕組みにすることも一案だ」と語り、トランプ氏の翻意になお期待を寄せる。

 トランプ氏は、多国間貿易協定のTPPに代わり、2国間協定に軸足を移すと明言。厳しい要求を相対で突き付けられる「日米FTA」は、日本が最も避けたいシナリオだ。トランプ氏が離脱を撤回し再交渉を行う場合でも、内向き志向が高まる米国内の世論や議会を説得するため、日本が新たな譲歩を迫られる可能性がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000059-jij-int

余りにも予想通り過ぎる。
安倍晋三の徹底した売国奴ぶりにはもう笑うしかない。
https://twitter.com/rappresagliamth/status/800957284629123072


2. 2016年11月22日 19:21:23 : Fd2ctwasJs : QsjUWBKxe8A[2]
http://www.seikatsu1.jp/policy/policy06

生活の党はFTA推進だから支持するべきだろう。


3. 2016年11月22日 20:14:01 : GyvbtPDVlo : G8jjk_tpRok[2]
トランプ次期大統領「就任初日にTPP離脱表明」
11月22日 10時51分

アメリカのトランプ次期大統領は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について「就任初日に離脱を表明する」と述べ、選挙戦で訴えたTPP協定からの離脱の方針を直ちに実行に移す考えを改めて示しました。

アメリカのトランプ次期大統領は、就任から100日以内に取り組む政策課題について動画のメッセージを21日、みずからの政権移行チームのウェブサイトに掲載しました。

この中で、トランプ氏は「私の政策課題はアメリカ第一主義という原則に基づいている」と述べたうえで、国内の雇用拡大を重視する考えを強調しました。

そして、来年1月20日の就任初日に着手するものとして、まず、貿易政策を掲げ、「アメリカにとって大きな災難となるおそれがあるTPP協定からの離脱を表明する。代わりに、アメリカに雇用を取り戻し、産業を復活させる公平な2国間協定の交渉を進める」と述べました。

TPP協定に署名した12か国は19日、ペルーで開いた首脳会合で、協定の発効を目指して各国が国内手続きを進めることを確認し、アメリカのオバマ大統領も「TPPの重要性について今後も国内での理解を求めるべく尽力を続ける」と述べました。

しかし、トランプ氏はこうした動きにかまわず、選挙戦で訴えたTPP協定からの離脱の方針を直ちに実行に移す考えを改めて示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161122/k10010779751000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_013


4. 2016年11月23日 11:37:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7278]
2016年11月23日(水)
トランプ氏「TPP離脱」
大統領就任当日 「2国間協定進める」

 〖ワシントン=遠藤誠二〗ドナルド・トランプ次期米大統領は21日、来年1月20日の就任当日に提示する政策概要を説明したビデオを発表し、選挙時からの公約であった環太平洋連携協定(TPP)交渉からの撤退を正式に表明しました。TPP離脱に言及したのは、選挙後では初めてのことです。

 トランプ氏は、TPPについて「米国民の産業と雇用を回復させるため、私は政権移行チームに対し、就任のその日に大統領令で実行する行動のリストを作成するように指示した」「貿易に関しては、わが国に災難をもたらす恐れのあるTPPから撤退する意向の通知を行う。その代わりに公平な2国間貿易協定を進める」と明言しました。

 TPPをめぐっては、推進する安倍晋三首相が17日に訪米、トランプ氏と会談したばかり。TPPの主要メンバーである米国の次期大統領が明確に撤退の考えを明らかにし、2国間貿易協定にかじを切る姿勢を示したことで、数年間にわたり続いてきた多国間貿易交渉は破たんする可能性が現実味を帯びてきました。

 トランプ氏はTPP以外に、シェールガスや石炭などエネルギー生産に対する規制の撤廃、米国人の雇用を損なうすべてのビザの悪用の調査、政府関係者のロビイスト転身の禁止なども表明しました。これらはTPP交渉撤退とともに、連邦議会の承認を必要としないものです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-23/2016112301_02_1.html


5. 2017年1月15日 16:50:38 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6458]
World | 2017年 01月 14日 07:35 JST
関連トピックス: トップニュース
TPPは「終焉」、2国間交渉に注力=トランプ氏顧問

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170113&t=2&i=1168680453&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED0C1A1
 1月13日、トランプ氏の政策顧問は「TPPは終焉を迎えた」とし、2国間の貿易協定交渉を迅速に進めていくことを明らかにした。写真はトランプ氏、トランプタワーのロビーで撮影。(2017年 ロイター/Shannon Stapleton)

{ワシントン 13日 ロイター} - トランプ次期米大統領が脱退の意向を示している環太平洋連携協定(TPP)について、トランプ氏の政策顧問は「TPPは終焉を迎えた。これ以上強調しきれないほど明らかだ」と述べ、2国間の貿易協定交渉を迅速に進めていくことを明らかにした。

トランプ氏が次期国務長官に選んだティラーソン氏は11日、TPPに反対しないと述べた上で「合意事項が米国の利益に最大限かなうのかどうかについて、トランプ氏と見解を共有するところもある」としている。

これについて12日夜に電話インタビューに応じた政策顧問はティラーソン氏は自由貿易について私見を述べたにすぎないと説明。次期政権は多国間貿易協定を結ばないと強調。「2国間交渉の進展に目をむくことになる」と語った。

英国は欧州連合(EU)離脱後に米国との二国間貿易協定を結ぶことに強い関心を示している。政権移行チームの報道官らは、さらなるコメントを求めたロイターの取材には応じなかった。

政策顧問はまた、中国に対する巨大な貿易赤字を減らすため、中国を為替操作国に指定し、中国製品に高関税を課すことも除外しないと明言した。為替操作国の指定の時期については、さらに問題を精査する必要があるとして憶測を避けた。

その上で、新政権が米国の製造基盤を「空洞化」させた中国の幾年にもわたる貿易政策を転換させる決意があると述べた。

さらに「中国が米国に経済戦争を仕掛けているという米政権の視点を理解しなくてはならない。中国はすでに我々と貿易戦争をしている」と語った。

http://jp.reuters.com/article/tpp-trump-idJPKBN14X2K0


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ