★阿修羅♪ > 戦争b17 > 878.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国軍の大部隊がインド北部に侵入!中国兵約250人が東カメン地区に居座る!日本の領海侵犯とほぼ同時期、領有権を主張!
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/878.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 16 日 01:33:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国軍の大部隊がインド北部に侵入!中国兵約250人が東カメン地区に居座る!日本の領海侵犯とほぼ同時期、領有権を主張!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12046.html
2016.06.15 22:49 情報速報ドットコム



中国軍


中国軍がインド北部に侵入 領有権主張、日米との連携強化に反発か
http://www.sankei.com/world/news/160615/wor1606150032-n1.html
 中国兵約250人は、州西部の東カメン地区に侵入し、約3時間滞在した。中国兵は3月にも、中印とパキスタンが領有権を主張するカシミール地方でインドの実効支配地域に侵入し、インド軍とにらみ合いになっていた。アルナチャルプラデシュ州への侵入は、最近約3年間、ほとんど確認されていなかったという。

 9日は、中国海軍が艦船を尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域で航行させた時期と重なる。インドは10日から日本近海で、日米とともに海上共同訓練「マラバール」に参加していた


インド 中国 地図
https://www.google.co.jp/maps/place/


以下、ネットの反応


















最近は妙に中国軍の動きが活発化しています。日本に対しても尖閣諸島侵入や鹿児島県近海への接近をしており、軍事的な圧力が相次ぎました。軍艦の種類も徐々に強化されている印象で、将来的な軍事行動を視野に入れている動きだと言えます。

インド領内に侵入したのは日本の騒動とほぼ同時期となっていることから、日本とインドの連合を警戒しているのかもしれません。日本とインド、アメリカの3ヶ国で軍事訓練もやっていますし、ちょっときな臭い情勢になって来ました。


中国軍の戦車部隊訓練など 海外メディアに初公開(14/07/22)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月16日 21:11:28 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1680]

中国も内憂外患だからなw

2. 2016年6月17日 04:28:58 : Tp1lv5sRfU : vaj5Efxs0rQ[2]
 地図見てから言え、このバカマスゴミ!
あそこは未確定地帯だらけで頻繁に中印両国兵士の出入りがある。
頃日は仕方ないんでお互いにレクに招待し合ってるよ。

3. 2016年6月17日 07:13:15 : 694ENOyseM : Q4rH_gqACJI[107]
しょっちゅう争いがあり、まだ未確定地域だ。かつてはソ連との間でも領土を争っていた。事変にもならぬ小競り合いはしょっちゅうだ。パキスタン、インド間でも同様で、正直他国の知ったことではない。知恵遅れがキャアキャア騒いでいるのは歴史的推移を知らないからか。

なお9条は自国を制する規範であり、他国がどうであろうと厳守する。中国がコワイか?何の関係もないくせに。それにしても毎度のことだがTwitterのネトウヨ萌えアニメヲタのキモいガキどもはどうにかならんのかね。豆鉄砲を撃ったこともない奴が軍事だの愛国だの、滑稽なんだよ。

戦争は常に敵より味方によって殺される率の方が高い。例えば徴兵、例えば移動の禁止、例えば情報制限。戦争とは国民の人権を蹂躙しその資産を奪うことを目的で起こす混乱のことだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ