★阿修羅♪ > 戦争b18 > 406.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
尖閣に迫る嵐、「終戦の日」の中国に備えよ 海警船の領海侵犯の次は「軍艦」か「上陸」か…試される日本 戦争解説
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/406.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 8 月 10 日 09:22:19: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 


中国新聞趣聞〜チャイナ・ゴシップス


尖閣に迫る嵐、「終戦の日」の中国に備えよ

海警船の領海侵犯の次は「軍艦」か「上陸」か…試される日本
2016年8月10日(水)
福島 香織

尖閣沖に中国公船。日本政府が抗議(写真提供:第11管区海上保安本部/AP/アフロ)
 日本の尖閣諸島海域に嵐が迫っている。台風のことではなく、8月5日午後、尖閣諸島領海に2隻の中国海警船と漁船が初めて侵犯してきた事件である。このとき、尖閣諸島の接続水域の中国公船の付近には230隻あまりの中国漁船があった。日本外務省は、この事実を確認し、中国大使館公使に抗議した。これは6月9日の尖閣諸島接続水域に軍艦が侵入して以降、中国が計画的戦略的に東シナ海・尖閣諸島に対してアクションを起こしているということであり、おそらく8月15日の終戦の日を一つのピークに、中国側は本格的に日本の出方を見定めていくつもりではないか。日本側に準備と覚悟はできているのか。

漁船を追う形で中国海警船が領海侵入

 今回の件を簡単に振り返る。

 日本の海上保安庁によると、5日午後12時15分ごろから、中国海警船2隻が相次いで尖閣諸島付近の領海内に侵入した。この2隻はともに機関砲を搭載する武装船である。まず、2隻のうち「海警33115」が12時15分ごろ領海に入り尖閣西北から西側を通り抜けた。続いて午後1時半から再び領海に侵入し、このときは約3時間航行したのち、領海外側の接続水域に抜けていった。続いて「海警2307」が午後3時45分ごろから、領海内を15分航行し接続水域に抜けた。ともに漁船を追う形で侵入したという。

 これら海警船は7月30日ごろから尖閣諸島付近にいた。これは今年に入って21度目の中国海警船の集団来航である。6日午前の段階で、中国海警船6隻が釣魚島の接続海域にいることが確認された。これら船のうち少なくとも3隻は外観から機関砲を搭載しているようだった。一般に中国海警船は3隻で行動することが多く、今回6隻の規模に拡大したのは、中国の挑発がそれだけエスカレートしたということだろう。しかも、周辺海域では230隻以上の漁船が作業をしていた。これほどの漁船が尖閣諸島周辺海域に集結していることも異例の出来事である。今回、領海侵入した海警33115、海警2307と、もう一隻の海警2166は8月3日以来、繰り返し接続水域を航行しているという。

 日本外務省アジア・大洋州局長の金杉憲治は、領海侵犯があった段階ですぐ、中国大使館の公使・郭燕に電話で「このような行動は、現場の緊張をさらに高める一方的な行動であり、受け入れることは絶対にできない」と抗議し、中国側は船を領海に入れないように、さらに接続水域から立ち去るように要請した。中国の日本大使館も中国外交部に対し抗議を表明した。

 日本政府としては、「中国海警船が漁船に囲まれて航行することは、日本の領海内で中国が法の執行行為をしているということになり、主権侵害に当たるとして、過去の接続水域侵入とレベルが違う」と判断。5日夕の抗議は、外務次官の杉山晋輔が、中国大使の程永華を呼び出して、「厳正なる抗議」にレベルアップし、「この挙動は日本主権の侵害であり、断固許すことはできない」とした。

中国の変わらぬ態度と増え続ける海警船

 これに対し、中国外交部報道官による中国の公式の態度は「中国側の釣魚島(尖閣諸島)問題においての立場は明確で、一貫している。釣魚島とその付属島嶼は中国の固有の領土であり、中国はこれら島嶼とその海域の主権について争う余地はない。同時に中国側はこの海域に関しては妥当な管理措置を取っているところである。我々は強烈に日本サイドが、双方の関係する原則の共通認識精神を守ることを希望し、冷静に事態を見つめ、状況を緊張、複雑化させる可能性のあるいかなる行動もとらないように希望する。そしてともに関係海域の安定のために建設的な努力をしよう」といつも通りであった。

 このコメントに象徴されるように、尖閣諸島海域の中国海警船は立ち去るどころか増え続け、7日午後には13隻、過去最多に増えた。この日、午前10時ごろ、また2隻が領海に侵入、いったん外に出たが夕方にまた領海を侵犯した。これは2012年9月18日の尖閣諸島の国有化問題で日中関係の緊張がピークに達したころ、12隻の中国公船が尖閣周辺に集結した状況を上回る。

 日本側はこの日も大使に直接抗議したが、中国側は聞く耳をもたなかった。

 中国の強国化大国化シナリオの中に、釣魚島島嶼(尖閣諸島)奪取が組み込まれているのは周知のことだが、なぜこのタイミングで、これほどまで挑発をエスカレートさせているのかについては、冷静な分析が必要だ。タカ派の稲田朋美が防衛相になったことへの中国側の反応と受け取る人たちもいるようだが、私はやはりもっと中国の内政的要因ではないかと言う気がする。

軍権掌握の難航と日本の「見送り」が招く挑発激化

 党内部の情報にそれなりに精通している中国人知識人ですら、習近平政権は不確定要素、不安定要素が多すぎて、何をするかわからない、と評する。なぜ、今のタイミングかというのは、はっきりとはわからないが、南シナ海の情勢との兼ね合いのほか、習近平の軍権掌握が思いのほか難航しているということではないだろうか。

 軍権掌握は、習近平が基盤固めに絶対必要だとプライオリティ上位に置いているテーマであり、そのプロセスとして、南シナ海実効支配固めや、東シナ海で影響力拡大があると私はみていたが、習近平自身が思っているほど軍権は掌握できていないのかもしれない。習近平自身は軍権をきっちり掌握し、きわどい挑発をしながらも“寸止め”できると考えていても、実は習近平の方が軍に翻弄され、当初の思惑以上に急速なテンポで軍事挑発がエスカレートしているのかもしれない。

 振り返れば、これは6月9日に中国軍艦が初めて尖閣諸島接続水域に侵入したことからセットで考える問題だろう。このときは、ロシアの軍艦を追尾して侵入したような体を取って、日本側の出方を見た。このとき、日本の外務次官は深夜2時に中国大使を呼び出し「領海に入れば海上警備行動を取る」と警告したという。このとき、中国軍艦は日本領海まであと数キロというところまで迫ったが、領海侵入せず接続水域を出た。

 だがその後15日に、今度は鹿児島県口永良部島の領海に中国の海軍情報収集艦がインド艦艇2隻を追尾するかっこうで侵入。情報収集艦の目的はレーダーなどの情報集めであり、とても無害通航とは言えない状況であったが、日本側はこれを無害通航と判断して抗議を見送った。翌日の16日は同じ情報収集艦が沖縄県北大東島の接続水域に入ったが、これも抗議しなかった。口永良部島のケースは、海上警備行動が発令されても不思議ではなかったが、日本はそれをしなかった。しなかった理由ははっきりしていない。2015年9月、中国軍艦5隻がアラスカ沖の米国領海を侵犯したとき、米国は無害通航と判断したので、その例を見習ったのかもしれない。あるいは、戦闘状態を引き起こし得る海警行動を取れる自衛艦が近場になかったのかもしれない。

 いずれにしろ中国に対する結果的なメッセージとしては、中国海軍が領海を侵犯しても日本は海上警備行動を取らない、あるいは取れない、ということだろう。口頭では「領海に軍艦が入れば海警行動を取る」と言いながら、実際はそれができる覚悟が日本にまだないのだ、と中国は思ったことだろう。

ドッグファイトの次は…終戦の日を警戒

 そして次に6月17日の尖閣諸島付近の上空で日中戦闘機の異常接近事件である。これは領空で起きた事件ではないということと、特定秘密という建前で、日本は完全に隠蔽しようとした。だが実際に起きたのは、事実上の日中戦闘機による“ドッグファイト”であり、日本側パイロットはミサイル攻撃されるのではないかと恐怖を感じてフレア(赤外線ミサイルを外すためのデコイ)を発射し空域離脱を余儀なくされるという一側触発の事態であった。

 この事実は、航空自衛隊OBの元空将・織田邦男が6月28日になってウェブサイト記事上で公表し、産経新聞などが後追いで報じたが、官邸サイドは事実でないと否定。一時、織田記事と産経新聞はねつ造、デマだとまで批判されたが、その後、中国国防部が中国の応対(攻撃)機動と自衛隊機のフレア発射離脱を事実として発表し、織田記事を裏付ける形となった。

 この中国側の発表では日本側自衛隊機が先に攻撃機動(火器管制レーダー照射、ロックオン)を取ったので中国機が応戦機動を取ったということになっているが、これは日本側にすれば、領空に近づく戦闘機があればロックオンして対象の所在やヘッドの向き、スピードを測定するのは当たり前のこと。織田によれば海上の艦隊のロックオンと戦闘機のロックオンはかなり意味が違い、戦闘機のロックオンは相手を攻撃するためだけではなく、相手機を認識するためであり、攻撃を避けるためにも必要という。日本側からみれば、自衛隊機はスクランブル任務としての通常の行動をとったが、中国機は機首を自衛隊機に向けて攻撃機動に入ったため、自衛隊機がフレアを使って空域を離脱した、という織田記事とほぼ同じ内容になる。

 参院選で忙しかったのかどうかは知らないが、日本が隠蔽を図ろうとした結果、中国はこの情報を中国に有利な形、つまり@自衛隊機が先に挑発したA中国戦闘機が自衛隊機でドッグファイトに勝った、という形で発信し、国内の戦意高揚・世論誘導を利用しただけでなく、日本の世論にもマイナスの影響を与えている。情報戦でも、日本は中国に後れを取ることになった。しかも、日本は中国の脅威を直視しなければならないこの状況で、自衛隊の情報漏えいの犯人探しの方を重視し、官邸と防衛の最前線との間にある不信感の払しょくにいまだ何ら、努力をしていない。

 中国側はというと、こうして、海と空から段階を踏んで、日本の応対を瀬踏みしつつ、今回、中国公船による尖閣諸島領海侵犯を決行した。だが、日本側は、相手に痛くも痒くもない抗議を繰り返すだけである。このままであれば、中国にこのペースで行ける!とメッセージを与えてしまい、近い将来、中国は軍艦による尖閣領海侵犯まで起こすかもしれない。あるいは中国海上警察による尖閣上陸か。あの海域に漁民や海警船が居残っているのであれば、8月15日という、日本にとって喪に服す日を狙って何か、アクションを起こす可能性もあるだろう。

 中国が尖閣奪取シナリオをどこまで考えているか、について一つヒントになることがある。8月5日の香港フェニックステレビの国際情報番組で、今回の事件についてキャスターが「中国の戦略の方向性としてはどうしたらよいですかね」との質問に対して、復旦大学歴史学教授・馮偉がこう答えていた。

「恐れていること」を直視し、自ら備えよ

 「特に強調したいことはですね、2013年5月の日本産経新聞が報じたことです。つまり、中国が釣魚島の実行支配を奪取するならば、おそらく武装民兵と解放軍が漁民に成りすまして釣魚島12カイリ内に入ったあと、軍事行動を取るだろう、と。日本が一番恐れていることは、漁民が本物の漁民でないことなんですね。この情報が鍵だと私は思います。中国の取るべき行動は、日本が最も恐れていることをすればいいんです…」

 このシナリオが実行されたとき、日本はどのように対応するか、準備はできているだろうか。

 日本ではタカ派女性議員の稲田朋美が防衛相になったことで賛否両論の声が出ている。問題視する側は、この人事が中国や韓国を刺激し、日本の安全保障を危うくすると危惧しているのだろう。また、8月15日に現役防衛相として靖国神社に参拝するかどうか、そして参拝したことで、尖閣海域に集結する漁船や中国海警船のさらなる挑発行動を引き起こすのではないかと気にする人もいるだろう。だが、中国の尖閣周辺におけるアクションは、別に稲田をターゲットにしたものでもないだろうし、日本の防衛相がタカ派であろうがハト派であろうが、そのシナリオが変更されるものではない。

 それよりも、必要なのは、この危機的状況に際して、防衛の最前線と官邸と国民が危機感を共有し、法律上に不備があれば素早くこれを是正し、情報の風通しと信頼を再構築して、来る危機シナリオを想定して、実力を増強し、どう乗り越えるかを考えることだろう。多くの人は忘れがちだが、もともとの領海が3カイリだったのは大砲の射程距離が3カイリだったことに由来する。主権は軍事力によって担保されるという基本を忘れて平和を語ることはできない。

新刊!東アジアの若者デモ、その深層に迫る
『SEALDsと東アジア若者デモってなんだ! 』

日本が安保法制の是非に揺れた2015年秋、注目を集めた学生デモ団体「SEALDs」。巨大な中国共産党権力と闘い、成果をあげた台湾の「ひまわり革命」。“植民地化”に異議を唱える香港の「雨傘革命」――。東アジアの若者たちが繰り広げたデモを現地取材、その深層に迫り、構造問題を浮き彫りにする。イースト新書/2016年2月10日発売。

このコラムについて

中国新聞趣聞〜チャイナ・ゴシップス
 新聞とは新しい話、ニュース。趣聞とは、中国語で興味深い話、噂話といった意味。
 中国において公式の新聞メディアが流す情報は「新聞」だが、中国の公式メディアとは宣伝機関であり、その第一の目的は党の宣伝だ。当局の都合の良いように編集されたり、美化されていたりしていることもある。そこで人々は口コミ情報、つまり知人から聞いた興味深い「趣聞」も重視する。
 特に北京のように古く歴史ある政治の街においては、その知人がしばしば中南海に出入りできるほどの人物であったり、軍関係者であったり、ということもあるので、根も葉もない話ばかりではない。時に公式メディアの流す新聞よりも早く正確であることも。特に昨今はインターネットのおかげでこの趣聞の伝播力はばかにできなくなった。新聞趣聞の両面から中国の事象を読み解いてゆくニュースコラム。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/080800059


 

戦争について根源的に解説した本が欲しい!

絶賛!オンライン堂書店

『戦争とは何だろうか』/『それってキセキ GReeeeNの物語』
2016年8月10日(水)
ザ・絶賛エディターズ
私の編集した本読んでください!
『戦争とは何だろうか』西谷 修著、ちくまプリマー新書
担当: 鶴見智佳子 ちくまプリマー新書編集部

『戦争とは何だろうか』西谷 修著、ちくまプリマー新書
担当: 鶴見智佳子 ちくまプリマー新書編集部
 ちくまプリマー新書は、高校生から読める新書シリーズです。
 その一冊として『戦争とは何だろうか』は刊行されました。

 著者の西谷修さんは哲学者です。『夜の鼓動にふれる――戦争論講義』(ちくま学芸文庫)では、“理性、秩序、啓蒙といった西洋思想における「光」の外には、非理性、無秩序、野蛮、暴力などの「闇」が蠢く。戦争は闇が支配する「夜の世界」の現象、近代の理性が沈む夜だ”と書いています。じっくり読むにはお薦めなのですが、やはりちょっと難しい。将来を担う若者たちに、今、戦争について考えるきっかけとなる本はできないものか…。戦争について根源的に解説した本が欲しい、そう思ってこの本を企画しました。

 戦後70年が過ぎ、日本では、既に若者の親である私たちも戦争を知り(体験して)ません。祖父母が幼いころに体験したかどうか…。そのくらい昔の話となりつつあります。

 もちろん日本以外では、世界中さまざまなところで戦争は起きています。私たちが実感できないくらい遠いところで起きていたりするのでニュースで読んでもピンとこない人がほとんどではないでしょうか。

 パリやブリュッセルなどでテロリストによる殺傷事件も起きています。テロリストたちの行為と戦争はどう違うのでしょう?

 テロリストは悪いやつ?
 戦争は人殺しだからいけないこと?

善いか悪いかは、とりあえず置いておく

 戦争が善いか悪いかを考える前に、戦争そのものについて考えてみないと、今世界で起こっていることが理解できないのでは?

 そもそも、戦争は喧嘩とか領地の奪い合いとかとはどう違うのでしょう? 人同士ではなく、国同士だと「戦争」なのでしょうか? でもテロリストとの戦争では、相手国(敵国)がいわゆる国家ではありません。

 本書では、世界のあり方を変えてゆく大きな要因でもあった戦争について、善し悪し抜きに考えています。

 善し悪し抜きにというのがポイントです。戦争は立場が違えば善し悪しが全く違ってしまいますし、愛憎や犠牲などを伴う戦争についての議論は、昔ながらの戦争のイメージに引きずられがちだからです。

 現在の戦争がどのようなものか理解するために、私たちはどのような事態を「戦争」と呼んでいるのか、戦争は国家や国民や産業やメディアとの関係でどのように規定されてきたのか、人々の生存のあり方とどう関係しているのかをたどっていきます。

 17世紀後半、ヨーロッパに「国家」が誕生した頃の宗教戦争から20世紀に入ってすべての主要国家を巻き込んだ世界戦争、そして総力戦となり核兵器の使用まで至ってしまった戦争、そして冷戦、冷戦の「解凍」によって世界はひとつの秩序にまとまった……かに見えたところでテロとの戦争が始まりました。

 もう対岸の火事ではあり得ません。将来はどうなるのか? 子どもたちが戦争に行く国になってしまうのか……。真剣に考える時です。

 軍事力で平和は守れるのか? 歴史をふりかえり「戦争」とは何なのか、そして改めて平和について考えてみたい、その時の基本図書となるべき1冊です。

そんな私が「やられた!」の1冊
『それってキセキ GReeeeNの物語』 (小松成美著・KADOKAWA)

『それってキセキ GReeeeNの物語』 (小松成美著・KADOKAWA)
 自分の担当したものとはだいぶ趣の違う本ですが…、ここのところで一番やられた1冊はこれです。

 500ページに及ぶ大著なのですが、あっという間に読了。GReeeeNの大ファンというわけではないのですが、小松成美さんの書く物語(GReeeeNは顔出し名前出しNGなので、これはノンフィクションではなく青春「小説」なのです)というところに惹かれて読み出しました。

 GReeeeNというグループができるまでの話というよりも、4人の男子の成長の物語として面白かった。あまり勉強せずに中高時代を過ごしながら、最終的には歯学部へ入学して国家試験にも合格するって……というより、それを見守っていた親たちがすごい。息子のいる私としては、こんなに自由に子どもたちをさせておけるだろうか?と。

 「……お前は自由になりたいと言うが、本当の自由とは何だ。好きな世界で生きることが自由なのか。そう思っているのなら、お前は本当の自由を知らない。自由には、自由に振る舞うための命懸けの覚悟が必要なんだぞ」

本気の親たちがいて、本気の子供たちがいる

 これは、家を出る息子に心臓外科医の父親が言ったセリフとして登場します。命懸けの覚悟と言うと大げさに聞こえますが、医者という人の生き死にに日々直面している仕事だからこその本気の言葉。

 4人の出会いや音楽の繋がりや曲を作って詩を書いて、デビューして……というグループの軌跡ももちろん面白い。

 でも、本気の親たちがいて、その親に認めてもらうためにもちゃんと音楽やってここまできたぜって話がすごかった。

 全部読んでから音楽を聴くとまたまたジーーーンと胸に響いて、音楽って素晴らしいなぁ、本って素晴らしいなぁと思った1冊です。

鶴見智佳子(つるみ ちかこ)
 筑摩書房に入社して早25年。文庫や単行本の編集部を経て、現在「ちくまプリマー新書」編集部。担当書籍に『絶叫委員会』(穂村弘)、『買えない味』(平松洋子)、『あなたの話はなぜ「通じない」のか』(山田ズーニー)など。ちくまプリマー新書では『気ままに漢詩キブン』(足立幸代編著、三上英司監修)、『「奇跡の自然」の守りかたーー三浦半島・小網代の谷から』(岸由二・柳瀬博一)、『おとなになるってどんなこと?』(吉本ばなな)など。

このコラムについて

絶賛!オンライン堂書店
本の面白さを一番よく知っているのは、その本を仕掛け、書かせ、売る人、あるいは、他人の作った本に心から嫉妬している人。つまり、書籍の編集者だ。このコラムでは、ベストセラーを生んでいる編集者諸氏に、自ら手がけた本と、他の方の手になるお薦め本を紹介してもらいます。自分の仕事も他人の本も絶賛!オンライン堂へようこそ。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/15/233582/080900024/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月10日 09:24:16 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2215]

尖閣が取られるのは時間の問題だよ

2. 2016年8月10日 10:11:28 : AUeoX7Cj6o : hd1yLOXechc[2]
もともと、尖閣問題を顕在化させたのは菅内閣のとき。ヘリコプター事故を起こしてアップアップしていた海上保安庁が局面打開のため、普段は単に追い払っている尖閣周辺の中国漁船を強引に拿捕したのが発端。強硬派の前原国交大臣が無謀にも拿捕のOKを出したのだ。結果は捕まえてはみたものの腰砕けで那覇地検の判断で不起訴・無罪放免ということで民主党政権の評価を著しく下げただけ。
中国強硬派と言われた小泉内閣でもしなかった拿捕という愚かなことを海上保安庁の起死回生戦術とも知らずに乗ってしまったのだ。これで、海上保安庁批判は収まり、その後の緊張の高まりで保安庁予算・人員は大幅に増え、この対外強硬路線は保安庁としては大成功となった。
しかし、日本としては中国といらぬ緊張を高めただけで、何のメリットもなく、それまで静かに実効支配していた尖閣列島を国際的係争の島として国際的に知らしめることになっただけ損をした。
日本の中国漁船拿捕で始まった係争が、その後は拿捕できず単なる抗議だけとは、チキンな対応。完全に負けている。何度、大使を呼びつけて抗議しても、何の解決にもならず、国際的に非常識な国と思われるだけ。中国からすれば、ますます折れにくくなり、長引けば国際的に係争の島とアピールできるだけ有利な状況。

3. 2016年8月10日 15:13:29 : 7mUKwc0Zqc : qmI25C_pdy4[6]
カタールのネット放送局なんぞは日本が支配権を失ったって書いてあるぞwww。
シンガポール、ストーレートタイムズはこのまま対立を続けるならいずれ日本は中国の属国確定って墨櫃大書してる。
みんな産経やテレビに頭を冒されてるから自分たちの立ち位置が分からなくなってるんだよ。
滅びるまで治らないだろう。
この福島って女も産経をリストラされた奴だろうw

4. 2016年8月11日 01:26:08 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[88]
はい、尖閣は接収済み。

口先内閣終了。

沖縄も差し出すだろ。


5. 2016年8月11日 22:54:44 : ExkUXiF7Xk : nLWL3FUyf4k[3]
その海上保安庁の浅知恵も中国公船が増えて来ると役立たずになる。
武装した海警船が増えると海保の船の数では対応できなくなる。
で自衛隊の出番になるんだが防衛大臣がネトウヨ狂人で自衛隊最高指揮官の内閣総理大臣がネトウヨ兼頭が変だから、勝負は見えてる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ