★阿修羅♪ > 戦争b18 > 499.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる 発端は尖閣紛争?日本の動きが決着を左右する(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/499.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 24 日 00:18:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米首都ワシントンで行われた核安全保障サミットに出席したオバマ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(右、2016年4月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN〔AFPBB News〕


ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる 発端は尖閣紛争?日本の動きが決着を左右する
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47680
2016.8.24 古森 義久 JBpress


 米国と中国の間には戦争勃発の可能性があり、起きた場合、その展開は日本の動向に大きく左右される──。米国の大手安全保障研究機関、ランド研究所がこんな衝撃的な予測を打ち出した。日本の今後の対中政策や対米政策を考える上で、大いに注目すべき分析だと言えよう。

 ランド研究所は、安全保障や軍事の研究に関して米国で民間最大の組織と言われる。同研究所は、米陸軍当局からの委託で米中戦争に関する調査や研究を進め、その結果を7月末、約120ページの「中国との戦争」という報告書にまとめた。予測期間は2025年までとされている。

■米中戦争の勃発は十分にありうる

 同報告書の副題には「考えられないことを考える」とある。報告書はまず、「米中戦争は両国に与えるダメージがあまりに大きいため、起こり得ないとされてきたが、現実はそうではない」とし、誤算や事故による米中戦争の勃発は十分にあり得ると述べる。

 その背景としては、以下の骨子を記していた。

「米中両国は、軍事的な対決や衝突につながる地域紛争での対立案件を抱え、その地域周辺に大規模な軍事力を保っている。そのため両国は、偶発的な衝突や危機が勃発した場合、攻撃される前に率先して攻撃に出ることへの動機が両国いずれの側にも強く存在する。

 現実に両国は、陸海空、宇宙、サイバー空間などの広大な領域で、戦闘をするのに必要な兵力、技術、工業力、要員を十分に保有している。だから、米中戦争は単に『考えられる』というだけでなく、実際に起こり得るという思考が必要なのだ」

 こうした姿勢や認識は日本の常識からすると、非常に物騒にみえる。“好戦的”とさえ言える危険な発想とも思える。だが米国では、この種の戦争の予測的な総合研究は、「どのように防ぐか」という意図の下に常に続けられているのである。

■近い将来に戦争が起きた場合は米国が有利だが・・・

 同報告書は、米中戦争が勃発するきっかけとして以下のような事態を想定していた。

・東シナ海の尖閣諸島などをめぐる日中両国の軍事摩擦
・南シナ海での中国のフィリピンやベトナムへの軍事威圧
・北朝鮮の政権崩壊に伴う米中双方の朝鮮半島への軍事介入
・中国の台湾に対する軍事的な攻撃あるいは威嚇
・排他的経済水域(EEZ)や、その上空での艦艇、航空機の事故

 以上のような小規模な軍事的摩擦や衝突が米中両国の戦争へとエスカレートしうるという。さらに同報告書は、米中戦争の規模などは以下のようになるだろうと予測していた。

・米中戦争は非核の通常戦力による戦闘となる。
・戦闘では主に水上艦艇、潜水艦、航空機、ミサイルが用いられる。宇宙とサイバー空間も戦いの場となる。
・戦闘は東アジアで始まり東アジアで続くが、西太平洋の広大な地域も戦場となる。
・通常兵器での戦闘が激しくなっても、核兵器は使われないだろう。
・中国は米国本土への攻撃は行わないだろう。
・米国は逆に中国本土へ激しい攻撃を加えるだろう。
・地上戦闘はほとんど起きない。

 同報告書は以上のように米中戦争の特徴を予測し、さらにその戦闘の形態について、(1)短期で激烈、(2)長期で激烈、(3)短期で軽微、(4)長期で軽微――の4つのパターンを挙げていた。

 その上で、それぞれのパターンついて、経済や政治など非軍事面での両国の損失を推定し、戦争の帰趨までを予測していた。その予測によると、数日から数週間の「短期」の場合、そして今から近い将来に戦争が起きた場合には、米国が圧倒的に有利だとしている。

 一方、2025年に近い時期に米中戦争が起きた場合は、中国軍が「A2/AD」(接近阻止・領域否定)戦略の戦闘能力を着実に強化しているので、勝敗の決まらない膠着状態となる可能性が高いとしていた。

■中国軍は日本の米軍基地や自衛隊基地も攻撃

 同報告書で特に注目されるのは、米中戦争の勃発と展開に日本が非常に重要な役割を果たすと強調している点である。具体的には、日本は次のような形で関与する可能性があるという。

・中国は尖閣諸島周辺における日本との対立で、米国の日米安保条約の誓約を過少評価し、尖閣で日中間の戦闘が起きても米軍は介入しないとみて軍事行動に出る可能性がある。

・中国は米国との戦争になれば、日本の米軍基地や自衛隊基地を攻撃する確率が高い。その場合、日本はほぼ自動的に米国と共に戦うことなる。

・北朝鮮が中国の「同盟国」として米軍や在日米軍基地にミサイル攻撃を加える可能性がある。その場合も、日本は米国の味方としての立場を明確にするだろう。

 このように同報告書は、米中戦争では日本が最初から米国の同盟国として戦う見通しが強いことを強調する。日本が集団的自衛権の一部行使を容認したことで、その展望はさらに現実的なものとなったとしている。

■日本の全面支援で膠着状態は米軍有利に

 同報告書は、米中戦争の勝敗の帰趨についても日本の動向が決定的な要因になり得るとして、以下のような点を強調していた。

・米中戦争において、米国の同盟国、友好国の動きはきわめて重要である。中でも日本の役割は決定的となる。特に2025年近くの米中戦争では、日本の潜水艦、水上艦艇、戦闘機、ミサイル、情報・監視・偵察(ISR)などの能力は米側にとって不可欠な基本戦力となる。

・米中戦争が長引けば長引くほど、日本の軍事的な対米協力の効果が大きくなる。日本の支援のおかげで、米軍は他の地域の米軍部隊を中国との戦争に転用する必要が減るだろう。中国軍にとって、日米連合の部隊と戦うことは困難になる。

・中国軍は2025年頃までには、年来の対米軍戦略の基本である「A2/AD」戦略の能力を大幅に高め、対米戦を勝敗のつかない長期戦に持ち込むことができるようになる。しかし、日本が米軍を全面支援することで均衡は変えられ、米軍は有利になる。

■米国の現実的な姿勢を認識しておくべき

 以上の日本に関する数々の指摘の中で、「米中戦争が、尖閣諸島をめぐる日中の対立から勃発し得る」という点は、現在の日本にとってきわめて深刻な意味を持つと言えるだろう。

 同時に、米中関係が表面的に経済交流などで協調的、友好的にみえても、水面下では最悪の状態にあり、米中戦争の発生も想定しているという米国の現実的な姿勢も、日本はしっかり認識しておく必要がある。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 大和狼[554] keWYYZhU 2016年8月24日 06:51:06 : 1hTYD6Y7o6 : OvL5FO82O2o[57]
孫咲きや、母系社会らシナ共産党匪賊よいしょもの言う事と違うなあ。

侵略覇権ヒットラー中華独裁者は東アジアの悪の根源だ。

尖閣への侵略は日米との全面戦争になる。

スプラトリー諸島の軍事施設は1発のミサイルで容易に破壊される。

ベトナムか近隣アジア国家がやるだろう。

緒戦で共匪に打撃を与えると中国国内の政治体制そのものが崩壊するだろう。


2. やもめーる[-170] guKC4ILfgVuC6Q 2016年8月24日 20:30:08 : ud13ABJlS6 : pXd9D95feQs[-124]
>>1ヤマト「嘘つき」狼
では安倍晋三のエセ「日本人」がこの国で
やろうとしていることは本当に平和を守ることか?
違うだろコイツこそがエセユダヤのケツ舐めであり
アジア分断を目論む獅子身中の虫だろう。
どこを見て中国がせめて来ると勝手な
妄想をしているんだ!!エセユダヤジャパンハンドラーズ
機関紙ウヨカスゴミ蛆産経かゴミ売りに洗脳されたか?(笑)
兎にも角にもお前は「大和」などと名乗る資格はない!!
エセキムチ朝鮮嘘つき狼に改名しやがれ!!(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
3. 2016年8月24日 20:36:47 : Wnc6oSvgYA : @SAV2f9Nl3c[154]
ペンタゴン 相手に媚びる お稚児さん

4. 2016年8月25日 12:26:58 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[14]
中国自滅と大和に異常反応を示すなあ、このヤモメール。

カッコ悪。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ