★阿修羅♪ > 戦争b18 > 602.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界最大の脅威は米国にほかならず、朝鮮だけでなく露国や中国も核戦争で脅す「成ならず者」国家(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/602.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 09 日 23:26:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

世界最大の脅威は米国にほかならず、朝鮮だけでなく露国や中国も核戦争で脅す「成ならず者」国家
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609090000/
2016.09.09 23:16:41 櫻井ジャーナル


 東アジアは言うに及ばず、全世界にとって最大の脅威はアメリカである。自国の軍隊を使って侵略することもあるが、NATO軍、アル・カイダ系武装集団、ネオ・ナチなどの手先を利用することも少なくない。各国に築いた手先のネットーワークを使ってクーデターも繰り返してきた。

 アメリカ支配層が最終的に使う脅しの手段は核攻撃。本ブログでは何度も書いてきたように、第2次世界大戦後、アメリカは先制核攻撃を計画している。例えば、JCS(統合参謀本部)は1949年に出した研究報告の中で、ソ連の70都市へ133発の原爆を落とすと想定、54年にSAC(戦略空軍総司令部)は600から750発の核爆弾をソ連に投下、118都市に住む住民の80%、つまり約6000万人を殺すという計画を考えていた。そして1957年初頭には300発の核爆弾でソ連の100都市を破壊するという「ドロップショット作戦」が作成されている。(Oliver Stone & Peter Kuznick, “The Untold History of the United States,” Gallery Books, 2012)

 テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授によると、ライマン・レムニッツァーJCS議長やSACの司令官だったカーティス・ルメイを含む好戦派は1963年の終わりにソ連を先制核攻撃する予定だった。その頃にアメリカはICBMを配備でき、しかもソ連は配備が間に合わないと見ていたのだ。この攻撃を成功させるためにもキューバを制圧し、ソ連の中距離ミサイルを排除する必要があった。1963年11月、この計画にとって最大の障害だったジョン・F・ケネディ大統領はテキサス州ダラスで暗殺され、暗殺の背後にソ連やキューバがいるとする噂が流されたが、新大統領のリンドン・ジョンソンはFBIからの情報もあり、核攻撃を承認していない。

 そして現在、アメリカはロシアや中国に対し、自分たちに従属しなければ核戦争を始めると脅しているのだが、効果はなく、アメリカの好戦派は挑発をエスカレートさせ、核戦争勃発の可能性は高まっている。戦争ビジネスや巨大金融資本を後ろ盾にし、ネオコン/シオニストやイスラム同胞団とも緊密な関係にあるヒラリー・クリントンが大統領になった場合、かなり危険な状態になるだろう。

 そうした中、先制核攻撃の放棄をバラク・オバマ大統領は考えたようだが、断念したという。アシュトン・カーター国防長官やジョン・ケリー国務長官を含む政府高官の反対、あるいは日本や韓国の首脳から懸念が表明されたことなどが理由として挙げられている。こうしたアメリカの動きに呼応するかのようにして、9月9日に実施されたのが朝鮮の核実験だ。ちなみに、アシュトン・カーターは好戦派として有名な人物で、2006年にはハーバード大学で朝鮮空爆を主張している。

 1963年や83年などに核戦争の可能性は高まったが、そうした時期に比べても、今は非常に危険な状態にある。そうした状況になった最大の原因はソ連の消滅にともない、アメリカ支配層が自分たちを「唯一の超大国の支配者」だと思い込んだことにありそうだ。

 1991年12月にソ連が消滅したことを受け、1992年の初めに国防総省で作成されたのがDPGの草案。旧ソ連圏、西ヨーロッパ、東アジアなどの潜在的なライバルを潰し、ライバルを生む出すのに十分な資源を抱える西南アジアを支配すとしていた。この草案は国防次官だったポール・ウォルフォウィッツを中心に作成されたことから、「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」とも呼ばれ、今でもその方針に従ってアメリカ政府は動いている。

 このドクトリンが作成された2年後、国防大学のスタッフだったマイケル・グリーンとパトリック・クローニンがカート・キャンベル国防次官補を介してジョセフ・ナイ国防次官補やエズラ・ボーゲルに会い、日本が自立の道を歩き出そうとしていると主張、そして1995年に発表されたのが「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」。1997年には「日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)」が作成された。

 「周辺事態法」が成立する前年、1998年にアメリカでは金正日体制を倒し、朝鮮を消滅させて韓国が主導する新たな国を建設することを目的とした作戦、OPLAN 5027-98が作られている。この年の8月、朝鮮は太平洋に向かって「ロケット」を発射、翌年の3月には海上自衛隊が能登半島の沖で「不審船」に対し、規定に違反して「海上警備行動」を実行した。

 1999年になると、金体制が崩壊、あるいは第2次朝鮮戦争が勃発した場合に備える目的でCONPLAN 5029が検討され始めた。日本は朝鮮戦争に備えるためにアメリカ軍が日本や太平洋地域に駐留することを認めたという。なお、この5029は2005年にOPLAN(作戦計画)へ格上げされたという。このほか、朝鮮への核攻撃を想定したCONPLAN 8022も存在している。

 2003年3月にアメリカ軍はイギリス軍などを引き連れてイラクを先制攻撃するが、その頃に空母カール・ビンソンを含む艦隊が朝鮮半島の近くに派遣され、また、6機のF117が韓国に移動、グアムには24機のB1爆撃機とB52爆撃機が待機するという緊迫した状況になった。

 こうした動きを韓国の盧武鉉やアメリカ支配層の一部がブレーキをかけるのだが、その盧大統領は2004年3月から5月にかけて盧大統領の権限が停止になり、08年2月には収賄容疑で辞任に追い込まれた。次の大統領は軍需産業と結びついている李明博だ。

 2009年7月に作成されたアメリカの外交文書によると、韓国の玄仁沢統一相はカート・キャンベル米国務次官と会談、朝鮮の金正日総書記の健康状態や後継者問題などについて説明した。なお、この文書は2010年11月にWikiLeaksが公表している。

 玄仁沢統一相の説明によると、金総書記の健康は徐々に悪化、余命はあと3年から5年だとしたうえで、息子の金正恩への継承が急ピッチで進んでいると分析していた。金総書記は2011年8月に死亡している。

 この会談で玄統一相は朝鮮が11月に話し合いへ復帰すると見通していたのだが、実際は10月に韓国の艦艇が1日に10回も領海を侵犯、11月に両国は交戦、話し合いどころではなくなった。玄統一相の分析が正しいなら朝鮮が自ら軍事的な行動に出る可能性は小さく、同相もそうした流れを望んでいるように読めるのだが、そうした流れを止めるようなことを韓国軍はしている。

 そして2010年3月、韓国と朝鮮で境界線の確定していない海域で韓国の哨戒艦「天安」が爆発して沈没する。米韓が合同軍事演習「フォール・イーグル」を実施している最中の出来事だった。この沈没に関して5月頃から韓国政府は朝鮮軍の攻撃で沈没したと主張し始めるが、CIAの元高官でジョージ・H・W・ブッシュと親しく、駐韓大使も務めたドナルド・グレッグなど、この朝鮮犯行説に対して疑問を投げかける人もいる。

 そして11月には問題の海域で軍事演習「ホグク(護国)」が実施され、アメリカの第31MEU(海兵隊遠征隊)や第7空軍が参加したと言われている。そして朝鮮軍の大延坪島砲撃につながった。

 1990年代にはアメリカの情報機関とも緊密な関係にあるとされている某宗教団体から多額の資金が朝鮮へ流れ込んでいると言われているので、アメリカと朝鮮が敵対関係にあると単純には言えないのだが、2000年頃からアメリカが朝鮮で戦争を始めようと考えていることは確かだろう。そうなれば、戦果は中国や日本を含む東アジア全域に広がる。見方を変えると、朝鮮はアメリカにとって重要な「火種」だということだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月10日 20:28:22 : gNM94mG1C2 : XuXldcAHKSA[2]
忙しく 正恩脅す ならず者

2. 嫌韓[10] jJmK2A 2016年9月11日 12:24:40 : i95VBSW21o : KhsBJxLBF4Y[2]
現在、核を使う勇気のある国はやけになった北朝鮮ぐらい、
他の国は核など使えない。
他の国が核を使えば報復の嵐となり世界が滅びる。

それと、アメリカが良識ある平和を愛する国とは思わないが、
チベット、ウイグルで人権を蹂躙し、
誰が考えても異常と思える南シナ海での領海主張と軍事行動のシナを
置いておいて、邪悪一番とは言えないでしょう。


3. 2016年9月12日 14:41:25 : VNHnDzIceE : Kv2auTt6ZMs[2]
アメリカの2枚舌、3枚舌外交には、日本人の良識と常識では対処できない。
北をけしかけてミサイルや核実験を派手にやらせるなんて、朝飯前だろう。
緊張を作り出す悪役ボンボンにこずかいやって延命させている。
この猿芝居、そろそろ飽きましたな。

4. 2016年9月12日 16:40:57 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8345]
好戦狂らの新たな謀略劇

最近、米国がわれわれに対する新たな謀略劇を演出するのに取り掛かった。

「米国人大学生拉致説」をはじめ、わが共和国を狙ったとんでもないデマを引き続き流しているのがまさにそれである。

自分らの「北朝鮮自由連合」と南朝鮮の「拉北者家族会」のような謀略団体の有象無象を推し立てて、12年前に中国で失踪した米国人大学生が「北朝鮮に拉致されているようだ」だの、何のと言いふらした。

それに関連する「決議案」の議会通過を求めるインターネット「署名運動」の開始をけん伝する中、西側メディアを推し立てて米中央情報局(CIA)のデータベースから入手した「機密文書」であることをうんぬんして「米国人の行方不明者数百人が北朝鮮の監獄に閉じ込められている」というたわごとも並べ立てた。

デマの出発点にCIAとその手足である対朝鮮謀略団体が大挙出演したという事実だけでも、われわれは今回の謀略劇の目的と全貌をすでに把握してあまりある。

その形式と手口を見ても、ヒトラーファシスト徒党をしのぐ悪らつな心理・謀略戦として、国際舞台で高まるわが共和国の尊厳をき損させるためのもう一つの政治的挑発である。

「うそも百回つけば真実に信じるようになる」と言っていたファシズム狂信者の教理と、「核恐喝をもってしても遂げられなかった『勝利』を放送、出版物がもたらした」という自分らの反ソ謀略経験をまたもや盗用しようとしたが、今回の詐欺劇は始めからがねつ造であることをそのままさらけ出した。

「事件」を報じた米国のメディアさえ「驚くべきこと」と疑問を表して、中国当局がすでに事件当時に問題の対象者が川におぼれて死亡したと結論した事実をそのまま伝えた。

ある「脱北者」が米国人大学生を平壌で見たという謀略家らの宣伝とは違って、「失踪者」の母はメディアの報道を盲目的に信じないということを前提にし、米国務省は初めに証拠がない、中国当局と協議中であるという立場にとどまった。

そのような中、米国の謀略団体が「米国務省と情報当局が日本、南朝鮮などと関連調査を調律している」と唱えているのを見れば、「調査」の方向がどこへ流れるかは火を見るより明らかである。

上記のように、今回の謀略劇は米国の政策シナリオによる対朝鮮圧殺騒動の連続であり、新たな戦争挑発の前奏曲である。

物理的戦争手段の全面稼働に先立って心理・謀略手段の稼働が絶頂に達するのは現代戦争の一般的常例として、こんにちの謀略戦は明日の物理的実戦を告げる先制攻撃行為と同じである。

世界最大の核打撃手段が集結、対峙して臨戦状態を維持しており、戦争防止のいかなる法律的・制度的装置もない朝鮮半島は今、戦争状態に置かれていること同様である。

朝鮮半島の情勢が刻一刻戦争へと突っ走っている今のような時期に、米国がとんでもない心理・謀略戦に執着するのはまさに、侵略戦争の火をつけるのに必要な口実を作り出そうとすることにある。

しかし、米国は誤って判断している。

われわれには敵のいかなる挑発も断固と、そして一撃のもとに打ち破ることのできる朝鮮式の対応方式がある。

今回、われわれが行った核弾頭爆発実験も堂々たる核保有国であるわが共和国の戦略的地位をあくまでも否定しながらわれわれの自衛的権利の行使に悪らつに言い掛かりをつける米国をはじめとする敵対勢力の脅威と制裁騒動に対する実際的対応措置の一環である。

敵が侵すなら、われわれも立ち向かって打撃する準備がいつもできている。

わが軍隊と人民の超強硬の意志は、確固不動である。

朝鮮中央通信

http://www.naenara.com.kp/ja/news/news_view.php?0+96610
http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ