★阿修羅♪ > 戦争b18 > 869.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<南スーダンPKO>国連部隊、出動せず…救出要請を拒否 21:32毎日新聞  
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/869.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 10 月 25 日 22:39:40: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

<南スーダンPKO>国連部隊、出動せず…救出要請を拒否
21:32毎日新聞

 【ヨハネスブルク小泉大士】南スーダンの首都ジュバで今年7月、政府軍と武装勢力との大規模な衝突が発生した際、国連の平和維持活動(PKO)部隊が、政府軍兵士の襲撃を受けた外国人援助関係者らの救出要請に応じなかったことが、米NGOの報告書で判明した。日本政府がPKOに参加する陸上自衛隊部隊への任務付与を検討する「駆け付け警護」の典型例だが、政府軍相手に戦闘となることを懸念して出動しなかったとみられ、現場での任務遂行の難しさが改めて浮き彫りになった。

 問題の襲撃は政府軍とマシャール前第1副大統領派の部隊の戦闘が激化していた7月11日午後に発生。政府軍の兵士約80〜100人が、外国人援助関係者らが滞在していたジュバ市内の宿泊施設に侵入した。

 「紛争地域民間人センター」(米ワシントン)の報告書によると、兵士たちは少なくとも5人の外国人援助関係者の女性を集団でレイプしたほか多数の人々を殴打するなどし、南スーダン人記者1人が、前副大統領の出身民族ヌエル人であることを理由に射殺された。この間、援助関係者らは、国連南スーダン派遣団(UNMISS)や米国など各国大使館に何度も電話などで救助を要請。UNMISS司令部は中国やエチオピアなどのPKO部隊に出動を求めたが、拒否されたという。
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20161026k0000m010068000c.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月25日 22:42:50 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3007]

>少なくとも5人の外国人援助関係者の女性を集団でレイプしたほか多数の人々を殴打するなどし、南スーダン人記者1人が、前副大統領の出身民族ヌエル人であることを理由に射殺
>中国やエチオピアなどのPKO部隊に出動を求めたが、拒否

わかり易いサンプルだな


2. 2016年10月25日 23:18:01 : OiG59OU8sK : miVfOG0N040[5]
内戦とはいえ、要するに民族紛争であり首を突っ込んでどうにかなるものではない。

現地国連PKOの主要部隊の中国やエチオピアが出動を拒否するのは仕方がない。

南スーダンには欧米の軍隊は国連PKOで入っていないが、それはアフリカの内戦の混沌さを身を以って味わったトラウマがそうさせている。

有名なのはブラックホーク・ダウンという映画にもなった「モガディシュの戦闘」がそれである。


3. 2016年10月26日 07:14:49 : t5ctTupM5A : R2LqBeRBPUY[3]
上記コメントの分析どおり、現地は指揮官次第。
冷静に情報分析している欧米はPKO派遣していない。

政権の選択肢は二つ。
南スーダン自衛隊は即撤収。

11次隊は派遣しない。
以外に無い。


4. 2016年10月26日 07:19:47 : 9QewkUGcqk : 4QXc8C8kgnU[58]
なるほど、行っても撤退する時以外は立て籠もって外に出ないということもありうるわけか。

5. 2016年10月26日 07:27:58 : F9uwab2vpM : sUT3eqZW4IE[33]
この話を拡散させたいですね。

こんなとき自衛隊ならどうするか、と。


6. 2016年10月26日 07:56:51 : XYOQrIlviY : XcGYRph1Mjw[5]
自衛官が殺されるのをじっと待っている奴が政府なんだから、きっと「少し多めに殺されても仕方が無いが全滅はまずいな」なんて思いながら撤退しないでいるんだろう。

7. 戦争とはこういう物[1533] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年10月26日 09:43:13 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[175]
敵味方など不明確な戦地においては、「訓練」で想定するような単純な構図は有り得ない。「かけつけ云々」などと、実戦経験と既成事実の為に犠牲になる隊員が気の毒でならない。
 「ベソかき小母さん」は、一度でもこうした現場を体験したことがあるのか?

8. 2016年10月26日 13:29:54 : 7rKHn5KGiM : H3BigMCMRII[2]
>>7
>犠牲になる隊員が気の毒で

なにを心にも無いことを。左翼は普段「自衛隊廃止」とか「無防備都市」とか戯言言ってるにもかかわらず、こんな時だけ愛国の母っぽいこと言っても、一般国民には説得力皆無だぜw

日本国民も自衛官も、表立って言わないけれども、軍人(自衛官)に対して、一貫した考えを持っている。それは「仕事(役割)をきっちりと果たす」ということ。また、そう期待すること。そして、その仕事には、死ぬリスクをとることも当然含まれており、そのことも百も承知しながら、仕事を成し遂げること期待している。

これが日本国臣民の「銃後の心構え」であり、戦場に兵士(自衛官)を送り出す為に、実際に兵士(自衛官)の家族親族友人全員が、既に常に意識して持っている考え方だ。きっと、こうした考え方は、日露戦争以来の日本軍属の伝統だろう。

要するに、貴様の意見は、野球選手に「ボールが頭に当たったら危険だから、グラウンドに選手を出すな」と言うようなぐらい、愚かで的外れな意見なんだよ。

わかったら、とっとと予備自衛官にでも応募して来い。


9. 2016年10月26日 18:33:18 : 3VaZrn66V6 : fceh0z09f_k[1]
実は

スーダンに石油や鉱物資源が出ることがわかってからここに外国勢力が介入しその利権に現地の有力者がついて権利を主張し始めてから政情がおかしくなったのだ。
スーダンの北側はほとんどがイスラム教徒だったが南側にはキリスト教徒も結構いた。部族もさまざまだ。石油や鉱物資源の利権はかつては欧米の石油メジャーや企業の独坦場だったが、ここは中国も食い込んでいた。そのため欧米メディアは中国がダルフールで悪いことをしているとこれ宣伝に努めていた。それでもスーダン政府を完全に味方にすることはできず、くみし易い南の部分の権利を確保し南スーダンという国を作った。(ある意味でっち上げだ)やっかいなことに鉱物資源は北と南の境界付近に多くあるらしい。中国もここでは簡単には引かず現在もPKOに大量の人員を送り込んでいる。ここでも金が利権が民族間の対立を煽っているのだ。

きれいごとではないのだ。どこでも部族民族対立の背後には欧米資本がいるのだ。


10. 母系社会[1249] leqMbo7Qie8 2016年11月18日 20:52:03 : RncqGiPIOI : PoTA8VUkzkk[1]

●戦闘が起きたら、兵士は動くものは敵兵と見なして全て撃つ。つまり、軍隊の近辺に居るのは非常に危険であり、これは日本が侵略された場合の自衛隊も同じである。

だから、南スーダンの自衛隊が「駆けつけ警護」などしたら、無関係な市民を射殺してしまう可能性が高いが、その場合、補償をどうするのか?するのか、しないのか?

補償しないのであれば、益々自衛隊は憎悪されて危険になるが、補償しても、ネコババされて遺族に届くとは限らないから、やはり、憎悪されるかもしれない。また、誤射した自衛隊員の処置はどうするのか?殺人罪で起訴?

●これは、日本有事の場合も同じ。有事の場合、国民が自衛隊の基地に逃げ込むのは危険。なぜなら、軍事基地は第一の攻撃目標であり、敵から攻撃される可能性が高いから。

それで、日本が侵略された場合、日本国民は敵軍だけでなく、自衛隊からも離れていなければならない。

つまり、自衛隊の部隊が近くに存在しようがしまいが、国民は非武装でいなければ攻撃されるので、自衛隊が自分の住む都市に逃げ込んだり、場合によっては通過することも拒否した方が良い情勢になる場合さえもあるのが戦争の現実である。

なぜなら、自衛隊は撤退のための通過だけのつもりでも包囲されて、やむなく都市で戦うことになることもあるから。そうなれば、都市民は無差別攻撃されて、アレッポやモスルのような地獄を味わうことになる。

しかも、敵軍は自衛隊は市民を盾にしている、非人道的な軍だ、卑怯な軍だと世界中に宣伝され、ISのような極悪軍と見なされて、殲滅すべきということになってしまう。

●それで、都市に住む住民は、戦争が起きる前から、つまり、今から「戦時国際法」によって攻撃が禁止されている<無防備都市宣言>をした方が良い。

自衛隊も、事前に<無防備都市宣言>をした都市を通過したり、立て籠もる計画は避けて、防衛計画が立てられる。自衛隊側も、直前に<無防備都市宣言>をされても困るのである。

★自衛隊の防衛戦争を妨害したくない真の愛国者は、<無防備都市宣言>運動をして、事前に<無防備都市宣言>する都市と、しない都市を明確にした方が良い。そうしないと、直前に<無防備都市宣言>する都市が現れ、自衛隊は防衛計画を見直さなければならず、大混乱に陥る。

●自衛隊のような通常の軍(常備軍)は、第一に政府(日本の場合は天皇も)を守る組織であって、米軍でさえも、米国民を守り切ることは出来ない。

どこの国の軍も政府を守るのが第一。そして、どんな国の軍であっても、軍が守る政府が国民を守ることしか期待することはできない。

軍に国民を守ると期待する方が誤っているのであり、自衛隊も血税でウソを宣伝せず、真実を伝えるべきだ。

●かつて、天皇の軍である関東軍が満州の日本人を見捨てて逃げ、戦後に大非難されたが、実は、国民を捨てて逃げた関東軍は「正しい」のである。旧日本軍は天皇を守るのが第一の任務であり義務だから、満州の日本人を救うためとは言え、勝手に全滅する可能性が高い戦争をするのは任務・義務違反であり、絶対に許されない行為である。旧日本軍は全滅する場合も、天皇の許可が必要である。

これは、現在の<政府と天皇のための軍>である自衛隊の場合も同じで、国民を救うために、勝手に全滅することなど、したくても不可能である。それでも自民党とネトウヨは国防軍にすると言う。

★自民党とネトウヨの言う<国>とは、政府と天皇のことであって、国民ではない。

もし、本当に国民を守る軍を建設するなら、国民の半数は軍人にしなければならないだろう。すると、日本は戦う前に破綻してしまう。しかも、国民の半数を軍人にしても、国民を守れるとは限らない。

★だから、国防軍などウソで、政府軍(日本の場合は政府天皇軍)なのである。

★そもそも、有事には米軍が自衛隊を指揮する。自民党やネトウヨは、他国が指揮する軍が日本の国防軍だと真顔で言うので、笑うしかない。

★中国やロシア、北朝鮮も含めて「東アジア平和条約」を締結し、東アジアで戦争が起こらないようにするのがベストである。

無防備都市宣言
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%98%B2%E5%82%99%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%AE%A3%E8%A8%80

ならない。同じである。しかし、


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ