★阿修羅♪ > 戦争b19 > 186.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国戦闘機、注目は20より10? 初披露J-20の陰に隠れた最新主力機J-10Bの「実力」(乗りものニュース)
http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/186.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 19 日 14:32:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国戦闘機、注目は20より10? 初披露J-20の陰に隠れた最新主力機J-10Bの「実力」
http://trafficnews.jp/post/60238/
2016.11.19  関 賢太郎(航空軍事評論家) 乗りものニュース


中国広東省南部の珠海市で2016年11月に開かれた「エアショーチャイナ」。初披露されたステルス戦闘機J-20が話題を独占した感がありますが、その陰にかくれてしまった最新鋭主力戦闘機J-10Bこそ、実は中国機の今後を占う重要な機といえるかもしれません。


■J-20初披露の陰で

 2016年11月6日(日)から11日(金)にかけ、中国の経済特区である珠海において、中国国際航空航天博覧会「エアショーチャイナ」が開催されました。今年で第11回目となる「エアショーチャイナ」は、東アジアにおいて最も大規模な航空・防衛見本市のひとつであり、主に中国製の武器・航空機メーカーを中心に多数の出展者を集めました。

 なかでも中国国産のステルス戦闘機である、成都飛機J-20が飛行展示を行い、初披露されたということもあって、日本でも多くのメディアにおいて報道されました。

 J-20は、中国における戦闘機開発技術の最先端にある機種ですが、まだ実用レベルにはないとみられます。一部では来年にも配備という観測もありますが、J-20は初飛行からわずか5年しか経過していません。

 たとえば、アメリカのF-35は2006(平成18)年の初飛行から実戦配備まで9年を要しました。またロシアのT-50は2010(平成22)年に初飛行し、本来ならばすでに実戦配備されている予定でしたが、開発の難航でスケジュールは遅延しています。アメリカやロシアといった世界のトップ2ですらこの状況なのですから、それよりもはるかに後方をゆく中国のJ-20が、仮に実戦配備されたとしても、本当に実用レベルの能力を備えるようになるのはまだ当分、先になるでしょう。


中国空軍の新鋭戦闘機J-10B。先進的なセンサーを持ち、さらに航空自衛隊F-2とは比較にならないほど多彩な対地攻撃兵装が特徴的(関 賢太郎撮影)。

 一方、J-20の陰に隠れてしまいほとんど話題にならなかったものの、「エアショーチャイナ」においてはもうひとつの中国製戦闘機、成都飛機J-10Bも公開されていました。J-10Bは現在、中国空軍に実戦配備済みの最新鋭主力戦闘機であり、実用化のめどが立たないJ-20よりもはるかに高い能力を持っていると推測されます。


■J-10Bは本当に三菱F-2を上回るのか

 J-10Bは既存のJ-10Aを原型に再設計されており、J-10Aから大きく性能向上を実現していることはほぼ確実です。J-10AとJ-10Bの、見た目上の最も大きな違いは「DSI」と呼ばれる、ステルス性の考慮された空気取り入れ口にありますが、両機の本質的な違いは機体の「中身」にあります。

「J-10Bは日本の三菱F-2を上回る」

 ある成都飛機の重役はこのように述べ、J-10Bに対する強い自信を露わにしています。


 J-10Bは単発エンジンの近代的なカナード付き無尾翼デルタ機であり、かなりコンパクトにまとめられている(関 賢太郎撮影)。

 J-10Bは中国国産戦闘機として初めて、新世代の戦闘機用レーダーである「AESAレーダー」を実用化しました。AESAレーダーはF-2にも搭載されているので、この点はほぼ同等といえますが、J-10Bにはさらに、F-2には無い「赤外線捜索追尾装置(IRST)」(赤外線を放つ対象を探知、追跡する機能を備えたシステム)を搭載しており、また空中早期警戒機と情報共有を行うデータリンクシステムを備えていると推測され、情報収集のための手段をF-2よりも多く持っています。戦闘機同士の空中戦は「先手必勝」であり、情報収集手段、特にネットワーク能力の差は決定的な要因にもなり得ます。

 とはいえ、実際にJ-10BがF-2を上回っているかどうかは疑問です。いくら新機種のスマートフォンが高性能であっても、インストールされているアプリが古ければその性能を十分に活かせないのと同じように、現代の戦闘機はミッションシステムのソフトウェアが勝負だからです。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月19日 15:57:52 : U9dppXdDTQ : bc3vRehiMsw[32]
J-10、この1年間で墜落事故が4件もあるんだよね。
例の女性パイロットが乗っていたのもJ-10。

2. 2016年11月19日 18:21:13 : gvfha0lwqU : AvU1f4xHgHM[1]
F2も大きな事故起こしているだろ
最近はF15が大きな事故を起こした

3. 2016年11月19日 20:00:48 : U9dppXdDTQ : bc3vRehiMsw[33]
まあまあ w
事故の原因だけど、エンジン性能や操作性などの問題に加えて、「強軍路線」を掲げる習近平指導部が、空軍や海軍の飛行訓練に高い難度と訓練時間の大幅な増加を要求しているためといわれている。

4. 2016年11月19日 20:48:24 : EOXZRDSzLM : uypfXXFTIns[1]
中国製は耐久性が無い。

見てくれは良いがすぐ壊れる。


5. 2016年11月20日 08:26:35 : jfPVdal3xs : cMwq7STlZwA[1]
>>4
他人のことのように自分のことを言うwwww

6. 2016年11月20日 14:03:29 : VjV6Yq60Jk : aemEDjBUu7A[9]

写真の戦闘機は日本の駄作だった艦爆彗星だろ。


7. 2016年11月21日 01:01:28 : 15lng7bsSw : GHTelca29wA[29]
現代の戦闘機はミッションシステムのソフトウェアが勝負だからです。
>>

それなら中国の圧勝だ。
ソフト制作を支える人材の厚みが日本とは比べ物に成らないほど分厚い。
お話にならない。


8. 2016年11月24日 22:03:57 : Fah0hJ1OoQ : lyXfpypUZgI[2]
カナダは、ポンコツF−35の購入を、中止。

当方が聞いてるJ−20の評判と余りにもかけ離れた記事だ。

中国の技術力を侮らない方が良い。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b19掲示板  
次へ