★阿修羅♪ > 自然災害22 > 167.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
断層破壊! 相次ぐ茨城県震源の連鎖は首都直下型大地震に爪を伸ばす(週刊実話)
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/167.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 20 日 22:19:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

断層破壊! 相次ぐ茨城県震源の連鎖は首都直下型大地震に爪を伸ばす
http://wjn.jp/article/detail/8314507/
2017年08月15日 10時00分  週刊実話


 異常列島! まさに日本列島は天変地異に見舞われている。日本列島を呑み込んで動かない大型台風。不気味な地震は茨城県を震源として頻繁に起きている。8月2日には北部を震源としたM5.5と南部のM4.6、3日に南部でM4.5、5日は北部でM4.1といった具合だ。この揺れについて専門家の間では、M7以上の首都圏直下型巨大地震に結び付く可能性が指摘されている。

地震学の権威、武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏は言う。

 「今回地震が起きている辺りは、もともと地震の多発地帯。というのも、太平洋プレートとフィリピン海プレートが茨城県南部まで伸びてぶつかり合っているからです。一時少なくなってはいましたが、また戻りつつあると考えられます」

 加えて島村氏が懸念するのは、九州から関東にかけ日本列島を貫く大断層、中央構造線の活発化だ。

 「関東まで伸びる中央構造線が、首都圏にまで達しているのではないかという説もある。地下鉄工事などで深くまで掘削してみると、どうもそれらしきものが出てくるんです。中央構造線は熊本地震以来、活性化しており、6月25日に発生した長野県下の震度5の揺れも中央構造線上で起きた。その意味では、非常に気になります」(同)

 昨年4月の熊本地震発生当初から、中央構造線断層帯上での地震多発について多くの専門家が警鐘を鳴らしている。

 「熊本地震を受け、中央構造線沿いでの断層の破壊が進み、ボタンが一つずつ弾けるように今後10年でゆっくり関東の方まで地震の連鎖が広がる――そんな見方が強まっているのです。そのスピードは思ったよりも速く、今年6月20日、大分県と愛媛県に挟まれた豊後水道を震源としたM5の地震がありました」(サイエンスライター)

 約420年前の1596年9月1日、愛媛県を震源としたM7クラスとされる慶長伊予地震が起き、その3日後に大分県で慶長豊後地震(推定M7)、さらにその翌日に兵庫県で慶長伏見地震(同)が発生しており、これらも中央構造線に沿った連動地震という指摘がある。

 「長大な活断層群のうちのある部分で地震が起きたことは、同じようにエネルギーが溜まっているその隣の部分にとって“留め金が外れた”ことを意味します。つまり、地震が起きた部分の隣で地震が起きやすくなる。世界的にも、この種の“地震の連鎖”は経験しているんです。長野の地震も茨城の地震も、中央構造線が絡んでいるとなると、首都圏で直下型地震が起きる可能性がある。東京は堆積物が多いため、まだ状況ははっきりしないが、この際きっちり調査すべきです」(前出・島村氏)

 待ち受けるXデー! 最悪の事態に備えて常に警戒が必要だ。自分の身は自分自身で守るしかないのだから…。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[6347] dGFrZWQ0NzAw 2017年8月21日 08:53:32 : waTz8vuvjI : B1tXAzo@tss[4]
>長大な活断層群のうちのある部分で地震が起きたことは、同じようにエネルギーが溜まっているその隣の部分にとって“留め金が外れた”ことを意味します。つまり、地震が起きた部分の隣で地震が起きやすくなる。


このことのより直接的な影響は、311大地震の震源域の南北の両隣、つまり、北隣である東北北部から襟裳岬周辺、そして、南隣である関東平野の東方沖、この二つの地域で“留め金が外れた”ことを意味しているわけです。

島村氏、関東東方からの太平洋プレート沈み込みによる大地震に言及していただきたい。


2. 2017年8月21日 21:22:14 : trY2KTQMKc : p1iFKfdRv1s[17]
ブログ「法螺と戯言」からの転載(但し、同記事に掲載されている図版についてはブログ本文を参照されたい)
http://blog.livedoor.jp/oibore_oobora/archives/52090829.html
 これは早川氏の電離層異常から予測したとされる8月2日の北茨城地震について、微小地震の活動がその予測にレスポンスしているか否かを調査したものです。
しかし、早川氏がその予測をした時期と微小地震活動が即応したのか否かは定かでありません。HPを通じて問い合わせをしました。そかし、この窓口は早川氏の地震予測事業そのものに限るとの回答であり、地震学的疑問には対応していないことを知りました。
以下転載始め
%%%%%
 本年七月初旬から八月始めにかけての茨城福島界隈は、地震活動が活発であったらしいことが見えてきました。そうした地震環境のなかで、私がかねてより注目している「チバラギ地震」がつい先日の8月10日に起きています。近日中に、久しぶりにこの地震を考察します。
(図1:「チバラギ」地震を報ずるHinet)


2014年9月29日記事 http://blog.livedoor.jp/oibore_oobora/archives/51969818.html  で、チバラギ地震の特徴を書いていますので、ここではそれをくりかえしません。発生場所とその特異な発震機構は、太平洋プレートの抱え持つ傷とその「疼き」現象として、大いに本ブログ管理人が注目しています。

 サテ本題に戻ります。早川氏が発生を予測したとされる8月2日早朝の地震に先立つこと約二週間前の7月20日に、いわきの北東、福島沖にM6.1の地震が発生しています。この界隈は2011年3月11日以後、地震活動がとりわけ活発になった地域ですから、こうして時間的に近接して顕著地震が起きることはさほど珍しいことではありません。
 早川氏の地震予測手法には、この7月20日の地震も関わっていたのではなかろうか?との推測がわきます。そこで二つの地域での地震活動を比較することにします。

 (図2:左@は早川氏が予測したとされる地震(黄色マーク)とその活動域、右Aは7月20日のM6.1の地震(黄色マークが多くの地震活動で隠されてしまっている)とその活動域。図内の矩形領域について以下でその発生状況を比較検討する。図に見るように二つの地震の活動域が重ならないように取られている。二回クリックすると拡大できます)

上記の二つの矩形ABCD,GHIJ内の地震活動を二つの視点から調べます。まずは辺AB,および辺GHからの距離と発生深さ、および発生時間の関係を調べます。 
(図3:矩形ABCD@,GHIJA内の地震活動、二回クリックすると拡大できます)

 8月2日の地震@はその発震機構解と関係付けられることを以前書きました。それを緑の矢印対で示しています。所が、7月20日の地震は深さ40kmで、Aの上図からは、地殻内地震ではなく、直接的に太平洋プレートの潜り込み運動の発現であることが、発震機構解からもわかります。
 となるとA上図で7月20日の地震より浅部の地震活動は、かなり特異であることが分かります。
いずれにしても、この二つの地震活動に挟まれる一帯がどうやら隆起をしていたのではなかろうか。それを引き起こしているのが潜り込む太平洋プレートの運動ではなかろうかとの想像にたどり着きます。

(図4:二つの地震活動域の活動状況、期間は2017年7月10日から8月2日午前2時まで@、同年7月10日から8月3日23時までA、二回クリックすると拡大できます)
170710histFI無題


 二つの地震活動の活発さは同程度であることが分かります。Aの活動(図4の下)は7月20日以前に既に始まっていたことを示しています。それが意味することは、この活動は7月20日の地震によって引き起こされたのではないことになります。そうではなく、7月20日の地震を引き起こすべく太平洋プレートが自らの上にのしかかっている陸部分に圧力をかけていたのです。その結果、陸部分に陸塊の隆起を伴う活発な小地震活動が励起された。この隆起は7月10日以前に始まっていた(データをそこまで広げればよいのですが、現時点では老いぼれの体力不足であります)。それが7月20日前までの高頻度の地震数であろうと思われます。Aでは7月20日以後地震数が急激に減少していることが見て取れます。一方@でも3日ほど遅れて地震活動が減少に転じます。これは7月20日の地震発生で陸にかかっていた応力が解放されたためと理解できます。応力解放後の約二週間後に8月2日の正断層地震が起きます(これ自体興味深い事ですが)。

 隆起する陸塊には引っ張り力が生じます。すなわち引っ張り力によるクラックが多数生じたはずです。そこから漏れ出る多様な物質、その中には荷電粒子も多く含まれるでしょう。早川氏の観測はそうした荷電粒子を間接的に計測していたということなのかなと考えています。
%%%%%転載終わり


3. 2017年8月23日 01:15:48 : QT4f6oj35U : MJ9FO4be7Qo[0]
これは間違いなく自民党の安倍の犯行だ。在日アメリカ軍単独ではない。

自民党清和会は犯罪者団体

沖縄並みのデモをやらないといけない


4. 2017年8月23日 19:44:14 : FjEcLXYuyU : dJnDHGpkIGM[91]

>“留め金が外れた”ことを意味します。
<その通りです。

だから、青森沖と房総沖辺りがやばいよやばいよ・・・!!!

手のひらで説明すれば、中の3本が跳ね上がり、親指と小指が引っかかったまま
“留め金が外れ”て跳ね上がろうとして待機中だった。

だから、北側も南側もアウトねぇ。

 ===========

 にも拘らず、青森県の地震保険の値下げはプロパガンダね。
新規の原発を2基も建設中だし、東通村には六箇所の施設より大きな収容施設を
建設した。アジア・アフリカや欧州の核のゴミを受け入れるためだ。
日本中で僅か3基しか新規建設してないのに、2基が青森だから、保険料を上げ
るとまずいっしょ・・・!!!

 ============

>2さん
>いずれにしても、この二つの地震活動に挟まれる一帯がどうやら隆起をしていたのではなか
>ろうか。それを引き起こしているのが潜り込む太平洋プレートの運動ではなかろうかとの想
>像にたどり着きます。

これは、 taked4700さんの別スレの言うとおりで、北側でも起きています。

南関東が先に動きそうですが、北東北は棄民党に初めから見捨てられてるんだろうなぁ。

捨てる方も酷いが、捨てられる方も、どっちもどっちかなぁ・・・


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ