★阿修羅♪ > 日本の事件32 > 121.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
JR福知山線事故 歴代社長3人の無罪確定へ(原発大爆発でも同様?)
http://www.asyura2.com/17/nihon32/msg/121.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2017 年 6 月 13 日 16:27:17: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

法規定がなければ無罪、となるのか。この訴訟では責任を問われたのが運転手(死亡)と社長のみ、しかも関係者が次々に社長に有利に発現を翻す等、不透明な裁判過程も遺族の不信を招いた。
 同じ構造は原発爆発事故にも見られそうだが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011016061000.html
JR福知山線事故 歴代社長3人の無罪確定へ
6月13日 13時23分

12年前、兵庫県尼崎市のJR福知山線で107人が死亡した事故をめぐり、JR西日本の歴代の社長3人が強制的に起訴された裁判で、最高裁判所は、検察官役の指定弁護士の上告を退ける決定を出し、無罪が確定することになりました。
平成17年4月、兵庫県尼崎市のJR福知山線で、カーブにさしかかった快速電車が脱線してマンションに激突し、乗客など107人が死亡し、562人がけがをしました。

JR西日本の歴代の社長の井手正敬元相談役(82)と南谷昌二郎元会長(75)、垣内剛元社長(73)の3人は、検察の捜査の結果、不起訴になりましたが、検察審査会の議決によって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴されました。

裁判では、ATS=自動列車停止装置を設置させるべきだったかどうかが争われ、3人は無罪を主張しました。1審の神戸地方裁判所と2審の大阪高等裁判所は、いずれも無罪を言い渡し、検察官役の指定弁護士が上告していました。

これについて、最高裁判所第2小法廷の山本庸幸裁判長は「事故の前は、法律上、ATSの整備は義務ではなかったうえ、整備の判断は鉄道本部長に委ねられていて、3人が危険性に関する情報に接する機会は乏しかった」と指摘しました。そのうえで、「JR西日本の管内に2000か所以上ある同じようなカーブの中から今回の場所の危険性が高いと認識できたとは認められず、ATSの整備を指示する義務があったとはいえない」として、上告を退ける決定を出しました。

107人が亡くなり、JR史上最悪となった事故は、歴代の社長の刑事責任を問えないという判断が確定することになりました。
指定弁護士「コメントできない」
検察官役の指定弁護士の河瀬真弁護士は「決定内容は聞いたが、まだ決定文を見ていないのでコメントできない」としています。

遺族は
事故で長女を亡くした藤崎光子さん(77)は「最高裁で真実を知りたかったが、それがかなわなくて本当に残念です。この事故は、運転士だけが原因だとは思っていません。企業としても問題があったはずで、それを裁判で明らかにしたかった。二度と悲惨な事故を起こさないためにも事故原因の解明を行ってほしい」と話しています。

事故で長男を亡くした植木安さん(86)は「無罪になるとは思っていたが、いざ、なってみると引っかかるものがあります。社長たちは安心するだろうが、法律上のことではなく人間として反省してもらえればと思う。JRも、無罪になったからといって安心せず、これからも安全対策に力を注いでほしい」と話しています。

井手元相談役は
JR西日本の井手正敬元相談役(82)は、自宅のインターフォンごしにNHKの取材に応じ、「事故が起きたことについては大変申し訳ないと思っていますが、裁判所の決定については、そういう判断があったということで、淡々としています」と話しました。
また、「裁判というのは長いもんだなと思います。もうちょっと早く結論を出してほしかったという気はします」と述べました。

●裁判の経緯
今回の裁判は、経営トップの責任を問うため、遺族が検察審査会に審査を申し立てたことから始まりました。
JR福知山線の事故について、国の航空・鉄道事故調査委員会は死亡した運転士のブレーキ操作が遅れ、制限速度を46キロ上回るスピードでカーブに進入したことが原因と結論づけました。
現場の線路は、事故の9年前の工事でカーブの角度が急なものになりましたが、電車のスピードを制御するATS=自動列車停止装置は整備されていませんでした。

検察は、事故の4年後、カーブを変更した当時の安全対策の責任者だった山崎正夫元社長をATSの設置を怠ったなどとして、業務上過失致死傷の罪で在宅起訴しました。

しかし、神戸地方裁判所は、「事故の危険性を認識していたとはいえない」として無罪を言い渡し、1審で確定しました。

一方、検察は、井手正敬元相談役ら歴代の社長3人については「罪に問える証拠がない」として起訴を見送りました。

これに対して遺族は、「経営トップの責任を明らかにしたい」として検察審査会に審査を申し立てました。検察審査会は2度にわたって「起訴すべき」と議決し、3人は強制的に起訴されました。
しかし、1審と2審は刑事責任を問えないとして3人に無罪を言い渡し、最高裁判所で確定することになりました。
一方、遺族などからは、事故を起こした企業などの刑事責任を問える制度を求める声が上がっていて、新たな法律の整備を目指す団体を設立するなど取り組みを進めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)
・関連:
■JR福知山線脱線 「日勤教育」が事故要因 事故調最終報告書 [フジサンケイ ビジネスアイ]
http://www.asyura2.com/07/nihon26/msg/559.html
投稿者 white 日時 2007 年 7 月 08 日 15:48:56: QYBiAyr6jr5Ac
   
■福知山線脱線:どうして社長だけ起訴…遺族らの表情複雑(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/09/social7/msg/308.html
投稿者 そのまんま西 日時 2009 年 7 月 08 日 23:55:04: sypgvaaYz82Hc

■JR福知山線脱線:山崎前社長、11日判決(その1) 法廷、翻された供述 (なぜか社員は同証言?)
http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/128.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2012 年 1 月 13 日 22:02:16: N0qgFY7SzZrIQ
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月19日 10:37:22 : sXxBFDoOwQ : sOECURrn4oo[81]
この事件は、運転者のスピード超過が原因であり、そのような場合にも安全なようにATSの設置を努力すべきであるが、それは刑事訴訟の対象にはなりにくいだろう。むしろ、今回のことを契機に、安全に関する経営議論のできる部門を、さまざまな経営体に財務監事のような形で置く制度が、望まれるのではなかろうか。
 そして、福島原発のときのように、具体的に危険性が話題になったときに取締役会が無視してしまうことのないように、明確にその責任者を明らかにできるものにすべきであろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日本の事件32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日本の事件32掲示板  
次へ