★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219 > 152.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日米関係に異変?トランプ・安倍会談の日程がいまだに決まらない理由 アメリカが日本を試している?(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/152.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 14 日 10:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日米関係に異変?トランプ・安倍会談の日程がいまだに決まらない理由 アメリカが日本を試している?
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50711
2017.01.14 歳川 隆雄ジャーナリスト 「インサイドライン」編集長 現代ビジネス


■色好い返事がこない!

安倍晋三首相は1月12日午前、羽田空港から政府専用機でフィリピン、オーストラリア、ベトナム、インドネシア4カ国歴訪に発った。帰国は17日である。

しかし、安倍外交について言えば、不思議なことに現時点で最大の関心事である安倍首相とトランプ次期大統領の会談日程が確定していない。

確かに、20日正午(米東部標準時間)に第45代アメリカ合衆国大統領に就任するドナルド・トランプ氏が新政権の残る主要閣僚人事、主要政策の確定、諸外国首脳からの会談要請などで超多忙であり、日程調整に時間がかかることは理解できる。

それにしても、である。米大統領選直後の11月10日の電話会談、同17日のトランプタワーでの会談を通じて安倍、トランプ両氏はケミストリー(相性)が合うことが判明、大統領就任直後の日米首脳会談実現で一致していた。

こうして在米日本大使館の佐々江賢一郎大使自らがトランプ氏の長女イバンカさんの主人であり、大統領上級顧問就任が発表されたジャレッド・クシュナー氏に接触して日程調整を続けてきた。

さらに訪米した河井克行首相補佐官(外交担当)が6日夜(日本時間7日昼)、マイケル・フリン次期大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した際にも早期の日米首脳会談で一致している。

しかし、色好い返事が来ないのだ。

その理由を考えてみたい。その解はトランプ次期大統領が11日午前11時(日本時間12日午前1時)に当選後初めて行った記者会見にあるように思われる。

■一体、なにを考えているのか

いったい何なのか。トランプ氏は通商・貿易・外交政策に関する発言の中で中国、メキシコを改めて批判しただけでなく、ロシアと日本も槍玉に上げたのだ。対日貿易赤字の問題で日本は2回名指しされた。

そしてメキシコでの新工場建設計画の撤回を発表したフォード・モーターと、米国の工場への新たな投資計画を発表したフィアット・クライスラー・オートモービルズに対して謝辞をあらわした。

だが、トヨタ自動車の豊田章男社長が9日午後(日本時間10日未明)、デトロイトで米国に今後5年間で100億ドル(約1兆1700億円)を投資すると表明したにも拘わらず、記者会見でトヨタへの言及はなかった。

トヨタがメキシコでの新工場建設計画中止を言明しなかったからだろうか。そもそも自由貿易の原則やWTO(世界貿易機構)のルールからして、メキシコ進出継続を曲げないトヨタやゼネラルモーターズ(GM)の方が「正論」である。

トランプ次期大統領を筆頭に、通商貿易政策を担うピーター・ナバロ次期国家通商会議(NTC)議長やロバート・ライトハイザー次期米通商代表部(USTR)代表に対して「正論」は通じない。むしろフォード、クライスラー、そして日産のカルロス・ゴーン社長ように「巧論」で臨まなければならない相手なのだ。

それは良い悪いの問題ではない。想起すべきは、1月5日午後1時過ぎ(日本時間6日午前3時過ぎ)にトランプ氏がツイッターで「トヨタ批判」を発信したことだ。

その直前の5日午後に都内のホテルで開かれた経済3団体の新春祝賀会に出席した豊田章男社長が記者の質問に対してメキシコ進出に変更はないと回答し、それを米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が報じた直後のことだった。
 
豊田氏発言にいち早く反応したということだ。では、その企図するものはいったい何だったのか。

26、27日のいずれであれ、安倍首相はトランプ大統領と会談する際に「お土産」を持って来いという「警告」だったのではないか。それは@日本の安全保障担保としての米国製軍需品購入、A通貨(円)安批判への防御としての米国債購入、B日米財政パートナーシップ構築のための米国インフラへの投資―である。
 
安倍首相が与し易い相手と考えたに違いないトランプ次期大統領に「正論」が通じないとしても、彼の本質は「究極のセールスマン」であるから、日本が優良な顧客になるしか当面のトランプ対策はないのかもしれない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月14日 12:12:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6468]
2017年1月14日(土)
首相外遊 30社引き連れ
石炭火発トップセールス
温暖化対策に逆行

 フィリピンを皮切りに豪州、インドネシア、ベトナムを回る12日からの安倍晋三首相の外遊に、各20〜30社が同行することが分かりました。本紙の取材に、外務省が概要を明らかにしました。火力発電の関連企業が多く含まれ、石炭火力発電の輸出を進める安倍政権の意向がうかがえます。(佐久間亮)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-14/2017011401_03_1.jpg
 安倍政権は、原発と石炭火発をトップセールスの柱と位置付けます。5日の日本電機工業会と電子情報技術産業協会の合同新年会で世耕弘成経済産業相は「電力産業が海外展開するスタートの年にしたい」とあいさつ。東京電力と中部電力が出資する火力発電会社・JERAの幹部を安倍首相の外遊に同行させると明言しました。

 本紙の問い合わせにJERAは、豪州とインドネシア訪問に同行すると回答しました。JERAによる火力発電輸出は、安倍政権の東電再建計画の柱にもなっています。

 インドネシア訪問に同行する伊藤忠と電源開発は同国のバタン石炭火発に、丸紅は同じくチレボン石炭火発に、IHIと住友商事もロンタール石炭火発の建設に関与。環境団体は、バタンとチレボンでは強制的な土地収用や深刻な人権侵害が起きていると批判しています。

 フィリピン訪問には日立製作所、ベトナム訪問には三菱重工業が同行。両国では日立と三菱重工の合弁企業・三菱日立パワーシステムズが石炭火発の受注拡大を目指しています。

 安倍政権の石炭火発輸出政策は、地球温暖化対策に逆行するとして世界から厳しい批判を浴びています。

 トップセールスを掲げる安倍政権の外遊には、これまでも多くの大企業や経済団体幹部が同行。2013年のトルコ訪問では、同行した三菱重工が原発輸出の大筋合意にこぎつけました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-14/2017011401_03_1.html


2. 2017年1月14日 15:28:45 : xAeDGUee2Y : WNYpjlEtIgg[1]
トランプ自身も大統領に当選したことには驚いた筈で、演説集会が盛況で手応えを感じてはいたろうが、当選するとはだ。
この当選で生来傲岸不遜・唯我独尊気味の素質が開花したのだ。
今後は行き当たりばったりの政策に終始することになる、無事に四年間を過ごせるとは思えない。 ましてや再選など有り得ない。
だが今月20日の就任後のトランプと今迄の体制派連中との戦いはミモノだ。
その方に俺は興味があるね。

それにしても遅ればせながら落選の会見をしたヒラリーの凋落した素顔は70老婆そのものだったな。
女を漁るしか能の無かった亭主の行状に目をつむり、ひたすら自身の政治能力を最大限に発揮しようとして、成功の寸前に大落下した訳だ。

ところでグータラ国のオシメ坊やは世界各国を駆け巡りその存在を世界にアピールしているが空しいことだな、急性下痢症で常に替えのオシメを大量に持参する随員に同情する。
オシメ坊やが実権を持ってから3、4年になるのかな、イヤハヤとしか言いようがない。


3. 新共産主義クラブ[2943] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年1月14日 15:38:43 : fFg6BEaQs6 : pNHrYqbya48[37]
>不思議なことに現時点で最大の関心事である安倍首相とトランプ次期大統領の会談日程が確定していない。
 
 
 安倍晋三には、国会の解散の日程に迷いがあるんでしょうね。
 
 安倍晋三としては、総選挙の直前に、トランプ大統領に会いたい。
 

4. 2017年1月14日 17:53:45 : vTYEtTd4cc : iFsRUROyKqQ[346]
トランプは全く安倍の事を相手にしていないようですね。

5. 2017年1月14日 19:55:45 : HrFTRFNcGS : QtQYPlSKr2A[300]
「首相外遊 30社引き連れ」
そりゃ自民への献金が増えるはずだ!
安倍に取ったら金がすべて。
キモイんだよね

6. 嫌韓[696] jJmK2A 2017年1月15日 10:24:13 : N7tSgu6uuI : KVJ3xB3yQic[4]
長渕剛が歌っていただろう。

■アメリカの大統領が誰になろうとも、凶と出るか吉と出るかって、
 そりゃ俺達次第じゃねぇか。 
 今日もマスメディアの誰かが、無責任な話ばかりしている。

トランプは商売人だ、駆け引きも上手い。
これに簡単に乗るマスメディア、情けなし。

トランプは政治の素人だ。
安倍首相は、もう少し、トランプが世界情勢に理解を深めた後に
会った方が良い感じはするが・・・


7. 2017年1月15日 16:56:28 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[848]
トランプにとっちゃ日本の企業がアメリカの経済にどう貢献しているか、その具体的数値に興味はない。

これだけ我々は貢献しているのだからといわれても、だから感謝しろというのかと問い返してくるだろう。

そんな事よりこれから先日本からいくら引き出せるかに関心がある。

今までもそうだったのだから。

その時々で要求にはほぼ完ぺきに近い形で応えても更なる要求を突き付けてきた。

トランプの出現で歯止めがかかる事はない、一層拍車がかかるのは間違いない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK219掲示板  
次へ