★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219 > 443.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国外交部「間違った歴史に固執する日本の方、良識を取り戻してほしい」=菅官房長官の発言に反発―アパホテル書籍問題
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/443.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 20 日 23:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

19日、中国外交部の華春瑩報道官は同日の定例記者会見で、日本のビジネスホテル大手のアパホテルが客室内に南京大虐殺を否定する本を置いた問題に関する菅義偉官房長官の発言に反発した。資料写真。


中国外交部「間違った歴史に固執する日本の方、良識を取り戻してほしい」=菅官房長官の発言に反発―アパホテル書籍問題
http://www.recordchina.co.jp/a161518.html
2017年1月20日(金) 12時20分 Record china


2017年1月19日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は同日の定例記者会見で、日本のビジネスホテル大手のアパホテルが客室内に南京大虐殺を否定する本を置いた問題に関する菅義偉官房長官の発言に反発した。中国外交部公式サイトが伝えた。

アパホテルの書籍問題に関して中国外交部は17日に「歴史に正視」するよう求め、翌18日に菅官房長官は「過去の不幸な歴史に過度な焦点を当てるのではなく、日中両国が国際社会が直面する共通の課題、そして未来志向に向けて取り組んでいる姿勢を示すことが重要だ」と指摘した。

菅官房長官の発言について意見を聞かれた華報道官は、「来た道を忘れないからこそ、未来の明るい道を歩ける。歴史を忘れるということは、罪と責任を否定し背くことであり重罪だ。間違った歴史に固執する日本の方に中国の南京大虐殺記念館の観覧を勧める。そこで良識を取り戻してほしい」と述べた。(翻訳・編集/内山)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月20日 23:17:18 : XQ1mjvIPMo : eWEHzvd873A[67]
南京事件に関する話で「過去の不幸な歴史」と言うからには南京事件を認めているということだ。であるならば、その対応をした上で「過去」としなければな。大体それは加害者が決めることではない。

また中国が問題視しているのは南京事件は存在しなかったと宣伝している者がいることであって、日本政府の態度ではない。国対国の話ではないのであるから、国としては遺憾でも表明しておけばいいのであって内容に踏み込むべきではないところ、トンデモ論を擁護するような発言をしたことは愚かにもほどがある。
馬鹿ではないのか。


2. 2017年1月20日 23:34:45 : 35EuUW7jDw : yWf3pgdtr88[37]
日本政府は南京事件の被害者(死亡者)人数について、中国のいう30万人

とうい数字は認めていない。

死亡者数について 数千人から 30万人まで 諸説あるようである。

虐殺否定説まである。

この辺はどの程度まで事実に近づけられるのだろうか。

中国は30万人と捏造するし、アパホテルはミニマム虐殺否定説

とても双方の数字はうまりそうにない。


3. 2017年1月20日 23:40:00 : ds2LYB1Qes : ffae8s@ODZ4[2]
もともと良識の無い国が言うな。

4. 中川隆[6190] koaQ7Jey 2017年1月20日 23:48:04 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6641]
>日本政府は南京事件の被害者(死亡者)人数について、中国のいう30万人
とうい数字は認めていない。

何か誤解してるみたいだけど


南京大虐殺直後に行われた欧米人の現地調査の結果が30万人殺害なんだよ。

事件直後は日本の外務省も大騒ぎになってたんだよ
広田弘毅は昭和天皇に掛け合って虐殺中止を嘆願したけど拒否されたんだ :


30万人殺害は長江デルタ 南京大虐殺で英記者電報

【ロンドン21日共同】1937年12月中旬に始まった旧日本軍による南京大虐殺から65年。当時、「長江(揚子江)デルタで市民30万人以上が虐殺された」と上海から打電しようとし、日本人検閲官に差し止められた英紙記者の電報記事コピーを21日までに共同通信が入手した。

犠牲者数について、中国側の公式見解は南京だけで30万人とするが、日本では数千人−20万人など諸説ある。

電報では、犠牲者「30万人以上」は、南京だけではなく、上海なども含む長江デルタ地域全体の数字として記されていることが確認された。

電報は38年1月16日付。書いたのは英マンチェスター・ガーディアン(現ガーディアン)紙の中国特派員ハロルド・ティンパリー記者(54年死去)。 電報のコピーは、英中部マンチェスター大学のジョン・ライランズ図書館書庫に保管されていた。

2002/12/21 09:31 【共同通信】


南京大学歴史学部博士課程指導教官で、南京大虐殺研究所副所長の張生教授を取材した際、昨年、米国立公文書館で南京大虐殺に関する資料を収集していたときに、極めて価値のある最高機密文書を発見したことを話してくれた。
日本の広田弘毅首相が1938年1月17日、東京から米国の日本大使館に発信した機密電報だ。米国はそれを解読していた。 (実際には広田自身ではなく、『マンチェスター・ガーディアン』の記者ティンパリーが書いたニュース)

電文の内容は

「数日前、上海に戻り、日本軍の南京とその他の一部地方での残虐行為に関する報道について調べた。信頼できる目撃者が直接数えた、また信頼度の極めて高い一部の人の書簡にもとづけば、それは十分に証明できるであろう。
少なくとも30万の中国平民が殺戮に遭い、その多くは極めて残虐で血なまぐさい虐殺だった」

というものだ。張生教授は

「これまでに収集した資料のなかでは、最も早く南京の30万人市民の殺戮に言及しており、証拠となるものです」

と指摘。さらに「米国や欧州などでも、第三者による史料の発見が相次いでいます。個人的な判断や細部の描写はやや異なるものの、南京大虐殺が一つの歴史事実であることは広く認められているのです」と強調した。
「北京週報日本語版」より2007年12月15日


ベイツは日本大使館に南京の惨状の報告を毎日のようにしており、その報告は日本外務省に届けられていた。
この報告を読んだ、広田弘毅の直属の部下、石射猪太郎は『外交官の一生』に

「南京は暮れの一三日に陥落した。
わが軍のあとを追って南京に帰復した福井領事からの電信報告、続いて上海総領事からの書面報告がわれわれを慨嘆させた。
南京入城の日本軍の中国人に対する掠奪、強姦、放火、虐殺の情報である」


と書いた。広田弘毅も同様の認識であったと見るほかない。

事実、アメリカ駐日大使ジョセフ・グルーは、外務大臣広田弘毅とベイツの報告について話し合っていた。その会見の様子はグルー自身がさらに南京のアメリカ大使館に電報で知らせ、ベイツもそれらの電報を直々に読んで確認していたのである。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%B3%B0%CC%B3%BE%CA%A4%AC%C3%CE%A4%C3%A4%C6%A4%A4%A4%BF%A4%C8%A4%A4%A4%A6%A4%CE%A4%CF%B1%B3


当時の外務省東亜局長・石射猪太郎は、1938年1月6日の日記に、

「上海から来信、南京に於ける我が軍の暴状を詳報し来る、掠奪、強姦、目もあてられぬ惨状とある。

嗚呼、之が皇軍か」

と記述している。

※元資料:石射猪太郎 『外交官の一生』 中公文庫P.332〜P333 (1998年)
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-496.html


チャンネル桜、文春・産経の関係者が今でも悪質なデマを流し続けているからこんな事になったんだよ


5. 2017年1月20日 23:57:40 : FCZwYG2MIo : MZVYbiI5hQM[2]
自己中な主張本を各部屋に置いておいたホテルが悪い。

聖書ぐらいならわかるが、他の書籍でも非常識。ましてや、だ。

それに対する、菅のコメントもまったくなってない。

どんな不祥事も「問題ない」で済む国内じゃあない。

日本訪問外国客に対する国際的問題だ。


6. 2017年1月21日 00:22:30 : ds2LYB1Qes : ffae8s@ODZ4[4]
中国は南シナ海から出ていけ!

7. 2017年1月21日 03:03:57 : 3Ty0YaRJqg : ZSis7NhDONo[1]
1950年、朝鮮動乱に世界の注視が向けられている最中、

チベット解放という名の侵攻を行った。

人民解放軍は富裕層や地主らを公衆の面前で銃殺に処し、あるいは生き埋めにし、

僧侶も撲殺・焼殺するなどしてチベット人を根絶やしにしようとした。

犠牲者は、なんと120万人に及ぶ。

こんな国が何言っちゃってんの。

良識を取り戻してほしい?

どの口が言っとんじゃい!



8. 2017年1月21日 03:28:19 : 3Ty0YaRJqg : ZSis7NhDONo[2]
>4

初期の報道としては、南京陥落半年後に、英国の『マンチェスター・ガーディアン』紙の中国特派員ハロルド・ティンバリーが、日本軍の暴行批判記事を書いた。この記事は記者が一度も南京に行かずに書いた伝聞記事だった。それを基にティンパーリは、昭和13年(1938)7月に『戦争とは何かー中国における日本軍の暴虐』を発行した。

ティンパーリは本書に、ベイツ教授の主張を掲載した。ベイツは「非武装の4万人近い人間が殺された。そのうち約3割は非戦闘員だった」と主張した。ここに4万人殺戮説が唱えられた。

ティンパーリは、中国国民党宣伝部に雇われたエージェントだったことがわかっている(立命館大学・北村稔教授)。国民党国際宣伝部は、宣伝目的のために、ティンパーリに『戦争とは何か』の執筆を依頼したのだった。そのうえ、ベイツ自身も、国民党中央情報部顧問だったことがわかっている。


9. 2017年1月21日 06:33:31 : hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU[115]
これはアパホテル構内を中国並みの言論弾圧地域にすべきかどうかの闘いですね

話は政治関係なのでCharlie Hebdo弾圧よりクラスは上じゃないかな
日本の言論の自由派が立ち上がらないのがおかしい

聖書も含め、ほとんどの書物は思想の表明なのだから


10. 2017年1月21日 07:33:02 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[143]
南京はでっち上げだ!

ふざけるな!


11. 2017年1月21日 07:48:55 : 35EuUW7jDw : yWf3pgdtr88[38]
4>>間違ってるよ!!

 ハロルド・テインバリ−は新聞記者ではない、 新聞記者を装ったスパイ
 である、 30万人は宣伝活動 即ち偽情報である。


 8さんの言うように ハロルド・テインバリ−(ガ−デイアン紙)は中立的

 な新聞記者ではなく、国民党宣伝部の下部組織で働き、そこで月給千ドル

 で働く宣伝部員、情報宣伝活動を行う工作員であったことが判明している。


 30万人は宣伝工作活動、捏造・ウソ・作り話である。


12. 2017年1月21日 08:32:51 : vQCBtRkqOs : ybcFbnDz6oc[9]
従軍慰安婦も南京大虐殺も福島甲状腺癌も広島長崎大虐殺、大阪東京空爆大虐殺もナティス虐殺もなかった

13. 2017年1月21日 08:44:11 : 35EuUW7jDw : yWf3pgdtr88[39]
(補足) ハロルドテインバリ−が 国民政府財政部長 宋子文から月給千ドル
  
  (現在の貨幣価値で 月給175万円) の報酬で合意し 反日プロパガンダ

  を行った。

  ここで、中国側は反日宣伝には中国人表にでるのではなく、欧米人に宣伝をや

  らせる方が得策であり、信憑性がでると考え実行したようである。
  
  以上、ウイキペデイアを参照した。


14. 中川隆[6192] koaQ7Jey 2017年1月21日 08:58:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6643]
>ティンパーリは、中国国民党宣伝部に雇われたエージェントだったことがわかっている(立命館大学・北村稔教授)。


それが悪質なデマなんだよ:

北村稔はデマを流していた
http://seesaawiki.jp/w/nankingfaq/d/%B9%F1%CC%B1%C5%DE%A4%AC%A5%C6%A5%A3%A5%F3%A5%D1%A5%EA%A1%BC%A4%E9%A4%CB%CB%DC%A4%F2%BD%F1%A4%AB%A4%BB%A4%BF%A4%C8%A4%A4%A4%A6%A4%CE%A4%CF%B1%B3


北村稔の嘘

国民党国際宣伝処の処長・曾虚白の自伝によって、国民党がティンパリーとスマイスに金を払って本を書かせていたことが明らかになった。中立の立場で書かれたとされる『戦争とは何か』と『南京地区における戦争被害』は、実は国民党の戦時宣伝戦略によって執筆されたのである。この2冊によってありもしない「日本軍の暴虐」が世界に知れ渡ることになってしまった。

『曾虚白自伝』

かくして我々は手始めに、金を使ってティンパーリー本人とティンパーリー経由でスマイスに依頼して、日本軍の南京大虐殺の目撃記録として二冊の本を書いてもらい、印刷して発行することを決定した。

(北村稔『「南京事件」の探求』p43より)

真実は

この「ティンパリー陰謀説」にはまったく妥当性がない

まず問題は、南京事件から半世紀以上も過ぎてから書かれた『曾虚白自伝』の信憑性である。事件発生時は上海にいたティンパリーがなぜか南京で事件を目撃していたことになっているなど、記憶違いによる事実誤認が存在する。本を書かせた前提となる部分から怪しいのである。
最も重要なのは「金を使って本を書かせた」という部分である。事件当時に出版された『戦争とは何か』中国語版の訳者言では、ティンパリーが本を書き始めた後に買い取って翻訳したとされている。同様に当時の秘密書類である「中央宣伝部国際宣伝処二十七年度工作報告」(中国第二歴史トウ案館所蔵)にも、ティンパリーとスマイスの書いた本を買い取り印刷出版したとある。
つまり自伝の「金を使って本を書かせた」という話は誤りで、実際は「書かれた本を買い取った」という因果関係だったのである。ティンパリーらの本は日本軍の非道さを世界に知らしめるという意味で大きな成功を収めたのだから、それを誇りたいという思惑があったのかもしれない。自伝を史料として利用する場合、特に自己の業績に関する部分には検証が必要なのである。

次に『戦争とは何か』自体についてだが、これは戦争の忌まわしさを訴えることを目的としてティンパリーが編集した、南京における暴虐事件の記録である。主要部分は南京にいたベイツとフィッチのレポートであるので、ティンパリーがどう依頼されようが書けるものではない。
ティンパリーはベイツと何度も手紙をやり取りし、編集方針について協議しているが、そこに日本軍に対する悪意や、事実の歪曲を疑わせるような文言はない。あくまで事実に基づいて日本軍の悪行を告発するというのがティンパリーの方針だったのである。

余談ではあるが前述の曾虚白も、国際宣伝を実効あるものにするための原則として以下の3つを挙げている。
1.絶対に嘘を言って人を騙したり、誇張してごまかしてはならず、事実に基づいて本当のことを言ってこそ真に人を動かすことができる。
2.敵の残虐さを曝露し、これを広く宣伝して国際的な同情と援助を獲得するようにする。
3.最も重要なことであるが、共同抗敵の連合戦線を作るようにする。
これを額面通りに信用できるかどうかは不明だが、ティンパリーに金を渡して本を書かせたと主張している人物でさえ、事実に反したことを書かせたとは言っていないのである。

仮に本の出版に国民党が関わっていたとしても、その内容に不審な点が何もない以上、陰謀論を持ち込む余地は皆無である。ティンパリーの『戦争とは何か』が事実に反することを書いているといったことを証明できた人間はいない。ただティンパリーは怪しい、疑わしいと陰湿なイメージ操作をしているだけなのである。

関連リンク
ティンパリー『戦争とは何か』出版経緯
http://sengosekinin.peacefully.jp/data/data8/data8...
『曾虚白自伝』引用の問題点
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924...
Timperley,"What War Means"原資料の著者について
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924...
『ティンパーリーの謎』を嗤う その1
http://www.nextftp.com/tarari/timperley.htm
『ティンパーリーの謎』を嗤う その2
http://www.nextftp.com/tarari/timperley2.htm

参考記事

●H・J・ティンパリー編『戦争とは何か――中国における日本軍の暴虐――』(『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』収録)

●洞富雄『南京大虐殺の証明』p40-48

●「ティンパレーとベイツの『戦争とは何か』の出版をめぐる往復書簡」(『南京事件資料集[1]アメリカ関係資料編』収録)

●井上久士「南京大虐殺と中国国民党国際宣伝処」(『現代歴史学と南京事件』収録)


15. 2017年1月21日 09:04:55 : lcHHgDGazE : 2_smTqy1h8Q[7]
スガ官房長官の発言に対する中国外交部の対応。
どう考えても中国の方に一理あるよね。
日本は歴史を正視できない情けない国になってしまった。
恥ずかしい限りである。

16. 2017年1月21日 10:15:48 : ZDik5VHbEM : 871E_dPFWeA[2]
12. 2017年1月21日 08:32:51 : vQCBtRkqOs : ybcFbnDz6oc[9]
▲△▽▼
従軍慰安婦も南京大虐殺も福島甲状腺癌も広島長崎大虐殺、大阪東京空爆大虐殺もナティス虐殺もなかった<<

そう言ってるのはあんただけだ。

12. 2 vQCBtRkqOs : ybcFbnDz6oc[9]
▲△▽▼
従軍慰安婦と南京大虐殺はでっち上げだと言ってるだろう。

頭おかしいだろう。放射能にやられたのか!?


17. 2017年1月21日 11:02:33 : JW4kQkOW9o : dSI7DqbtatE[284]

アパ叩き・DHC叩きの原因が判明=通州事件の告発

beチェック
1 :Ψ:2017/01/21(土) 00:57:36.55 ID:3al2+kf7.net[1/2]
 
アパが攻撃されるのは本で通州事件に言及してるのが原因らしい
DHCも通州事件の告発に注力してるから急に叩かれ出したよね…

【DHCシアター】『やらまいか−真相はこうだ!』#19
通州事件〜中国人の残虐性を知れ〜
https://www.youtube.com/watch?v=VRpWLm6Ulbg

【DHCシアター】堤堯『著者に聞く』#11 ゲスト:加藤康男
『慟哭の通州 昭和十二年夏の虐殺事件』
https://www.youtube.com/watch?v=4kP8WPsULKI

高山正之【Front Japan 桜】民族淘汰としての性暴力
https://youtu.be/vMhC-J4vviQ?t=34m56s

南京の資料に通州の写真使ったりしてるからな。

嘘で建国した中国もそろそろ限界なんじゃね?

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1484927856/抜粋


18. 2017年1月21日 11:50:36 : 35EuUW7jDw : yWf3pgdtr88[40]
14>> 

「余談ではあるが前述の曾虚白も、国際宣伝を実効あるものにするための原則として以下の3つを挙げている。
1.絶対に嘘を言って人を騙したり、誇張してごまかしてはならず、事実に基づいて本当のことを言ってこそ真に人を動かすことができる。
2.敵の残虐さを曝露し、これを広く宣伝して国際的な同情と援助を獲得するようにする。
3.最も重要なことであるが、共同抗敵の連合戦線を作るようにする。
これを額面通りに信用できるかどうかは不明だが、ティンパリーに金を渡して本を書かせたと主張している人物でさえ、事実に反したことを書かせたとは言っていないのである。」


 上記に額面とうりに信用できない、といってるではないか、不明ということは
 ウソ、だましがあったと言えるだろ。

 なぜ、金を、大金を渡してテインバリ−に本を書かせたのだ、大金積まれれば
 反日宣伝書く、その可能性は大いに考えられるよ。それだけでね。

 それこそ不審な点があるというべきなんだよ。
 君は中国共産党の言い分を信じたい気持ち強いようだけどね。 


19. 中川隆[6205] koaQ7Jey 2017年1月21日 12:08:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6656]
>>18

僕は北村稔のティンパリー批判がすべて悪質なデマだと言ってるだけだよ:


北村稔「『南京事件』の探求」批判
 1.『探求』序論 に示された枠組みの問題点         2003/09/19
 2.『ティンパリーの謎』 を嗤う−その1             2003/10/21
 3.『ティンパリーの謎』 を嗤う−その2             2003/11/07
 4.空前の大姦淫の否定を批 判する              2003/09/25
http://www.nextftp.com/tarari/index.htm


20. 中川隆[6206] koaQ7Jey 2017年1月21日 12:20:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6657]

北村稔とか秦郁彦は歴史学会では誰にも相手にされない改竄・捏造の常習者だから、信じるとえらい目に遭うよ

21. 2017年1月21日 12:36:06 : 35EuUW7jDw : yWf3pgdtr88[41]
19>> テインバリ−の元ねたは 米国人宣教師マギ−の話、マギ−フィルム

 などが南京大虐殺の論拠にようであるが。

 マギ−証言、マギ−フイルム両方とも南京大虐殺の証拠にはならないとされる。

 マギ−が実際に見たのは一人が殺害される現場だけ。マギ−フィルムなるものも

 あいまいなもので証拠にはならなかった。

 テインバリ−の元ねたそのものがあてにならないのではないか。

 北村稔氏をウンヌンする以前の問題ではないかと言いたい。


22. 中川隆[6210] koaQ7Jey 2017年1月21日 12:51:43 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6661]
>>21
そもそも南京事件の調査報告はテインバリ−の元ねたにした物以外は存在しないんだよ

日本軍が資料をすべて処分して言論統制を徹底的に行ったからね

しかし、元日本兵の証言が沢山残ってるからテインバリ−の正しさが証明されているんだ:


南京事件資料集
http://www.geocities.jp/kk_nanking/


23. 大和狼[691] keWYYZhU 2017年1月21日 13:43:35 : ENgFawNsjY : mKogao5kbhw[2]
おい、中川。元日本兵の証言って↓ これだろ。
偽造資料、ニセ証言者たち


田所耕三
秦賢介
中山重夫
曽根一夫
東史郎
船橋照吉
『南京戦・元兵士102人の証言』に登場する102人の元兵士

など、多数…

これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。

東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。支那じゃ未だに真実扱い

中山重夫…戦車段列から処刑を見たと吹聴していたが場所時間がコロコロ変わったのでうそがばれた

永富博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明

舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するというカッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×

曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、秦郁彦も騙された

田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状

太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった

富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた

上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」でしかもそんな命令が出たという史料は一切無し

匿名・仮名証言の嘘の例
『南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて――元兵士102人の証言』というトンデモ本は匿名(仮名)の証言集だが、バレバレの嘘だらけ。
例えば、南京で強姦しまくったと証言した鬼頭久二(第16師団歩兵第33連隊 第1大隊)(仮名)は、計算すると南京戦当時11歳だったことになるが、帝国陸軍に11歳の少年兵は居なかった。


24. 2017年1月21日 14:45:47 : hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU[119]
欧州のユダヤ人「虐殺」が600万人ということになっていて、
南京の「虐殺」が30万人ということになっていることからして、

中国人の思考方法がユダヤ人と同じであるならば、
南京では欧州でのユダヤ人死者の1/20くらいは死人が出たのかもしれない

と考えると、欧州で実際に死んだユダヤ人+ジプシー+共産主義者+犯罪者(病死を含む)の数を計算すれば南京の死者数(兵士を含む)も計算可能なのか


25. 中川隆[6216] koaQ7Jey 2017年1月21日 15:34:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6667]
>>23
身元を明かすと殺されるから本当の事は言えないんだろ

本多勝一も かつら被って変装しないと表を歩けなくなっていた


26. 中川隆[6217] koaQ7Jey 2017年1月21日 15:38:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6668]
南京大虐殺や731部隊の生体解剖の首謀者は昭和天皇だったからヤクザを総動員して真実を語る人間を始末してたんだ

帝銀事件も731部隊の元隊員が犯人だったから冤罪事件をでっち上げて捜査を中止させたんだ


27. 中川隆[6218] koaQ7Jey 2017年1月21日 15:45:20 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6669]
>>23 みたいなのは殆どが文春・産経が流したデマで捏造されたものだから信じない方がいいよ

28. 中川隆[6220] koaQ7Jey 2017年1月21日 16:57:58 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6671]

>>23 みたいに証言が捏造だと騒いでいる捏造派が捏造したデマを流しているんだよね:

栗原証言は脅しや懐柔により、捏造派により捏造されまくります。
その結果、史実派は栗原証言が使えなくなります。

父は65連隊だったので洞富雄氏、藤原彰氏、本多勝一氏の指導と協力の下に小野賢二氏が、65連隊の下級兵士を中心に陣中日記の収集を行ないます。
そして栗原証言と符合する数々の日誌や証言を集めます。

平成16年に父が亡くなり、父の遺品から捏造派などの多数の手紙や資料が見つかり、捏造派が栗原証言を捏造したことが確定的になりました。

その他もろもろなのですが、それで今日、「南京」は日本軍による組織的大虐殺であったことが確定的になったのです。

戦史部では永久に認めないでしょうけど。
投稿: 核心 | 2008.08.10 18:22
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2008/04/nnn08_b9e2.html


29. 中川隆[6221] koaQ7Jey 2017年1月21日 17:01:58 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6672]

昭和59年(1984年)の8月10日に本多勝一氏から父に電話があったときに、父に相談され「歴史的なことなので事実を正確に話しておいたほうがよい。」とアドバイスをしました。

それで父は正直に幕府山の捕虜の殺害について話をしました。

ただ、私は朝日ジャーナルの記事は仮名になっていましたので殆ど読んでいませんでした。

そうしたら捏造派が父を取り込もうとあの手、この手を使ったものですから家には捏造派と史実派の資料や書簡などが溜まってしまったのです。

基本的に全資料は中国側に寄贈する予定なのですが、両国の歴史認識を埋めるべく書き込みをしています。


投稿: 核心 | 2008.08.19 17:28
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2008/04/nnn08_b9e2.html


30. 中川隆[6222] koaQ7Jey 2017年1月21日 17:08:23 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6673]

なぜ虐殺捏造派は捏造するのか?

核心さん、こんにちは。
いつも貴重な書き込みをありがとうございます。

ところで、基本的な質問で申し訳ないのですが、
なぜ捏造派は捏造するんでしょうね。

捏造して得をすることってなんなんでしょう。
あるいは逆に真実を暴露することのデメリットは…。

双方とも単に人間の感情の問題なのでしょうか。
それとももっと政治的なものなのでしょうか。
世の中の、この問題に関するケンカを見ていると、
まずは単純な感情問題なのかなとも感じられますが。
私が関わっている古い捏造文書(偽書)などには、
差別やその裏返しの民族的プライドが見え隠れします。
そして、底流する天皇の存在、宗教的軋轢…。
どれもあまり理論的ではなく、結局感情的にも感じられます。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.08.24 17:31


捏造派は基本的に日本の右翼と保守勢力です。

彼らの一義的目的は「憲法9条を変えずに、国際紛争において武力行使のできる国にする。」です。

自衛隊員が殺害されても1億円が支払われる世の中ですから、「南京」なんて、真実を知る機会の無い、多くの国民にはどうでもいいことなのです。
そんな手順で日本の武装化を進めているなんてことは夢想だにしないでしょうから。


投稿: 核心 | 2008.08.24 18:38

「南京」の否定は純粋にプロパガンダです。
プロパガンダと歴史学では歩み寄りの余地は全くありません。
プロパガンダは基本的に政界、経済界をバックにしてメディアが行いますから、無くなることはありません。
一般的な国民には実態が分かりませんから、子供の喧嘩のように見えるだけです。

私も東史郎氏の裁判の原告団団長が板倉由明氏と知るまでは、東氏を大いに馬鹿にしていましたから。
原告団団長が板倉氏であることをメディアはまあり伝えてませんでした。
板倉氏は父に何通もの手紙を寄こしている有名な「南京」の捏造家です。
板倉氏が原告団団長であることを知っていたら私の裁判の見方を変わっていました。
(東氏は最高裁まで行って負けています。)

百人斬り訴訟の原告団団長は我が家に三度は来られた、ゼンボウの捏造記事の阿羅健一氏ですから、捏造派は負けて当然です。

投稿: 核心 | 2008.08.24 20:13

私の父(栗原利一)は超貴重な証言を行なっています(ただ、正直なだけだったのですが。)。

一つは「あれほどのことは両角さんじゃなきゃできねえ。」。
大湾子の1万3千5百人の捕虜の処分は両角氏ほどの地位になければ指示できない、と言っているのです。

もう一つは「南京警察の服を着たのも2千人いた。」。
警察官はシビリアンです。
便衣兵もなにも関係ないのです。

これを全てを知った上で旧軍関係者や防衛省関係者が否定してくる、これが「南京」です。

投稿: 核心 | 2008.08.26 23:32
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2008/04/nnn08_b9e2.html


要するに、昭和天皇が虐殺の首謀者だとわかると困るんだよね


31. 2017年1月21日 19:29:06 : UzMuEv4khI : pzFC3IWA1@E[6]
中国に 幼児の如く あしらわれ

32. 2017年1月21日 21:42:32 : 7mM3w4FB2g : zbt0vd6WE7k[69]
戦前とは違う事を考えてないのか
国土は原発だらけだし、少子化、半永久に続く福島原発処理と放射能汚染、政治軍事はアメリカの支配下だし
おまけに親ロシアのトランプ
ロシア、トランプアメリカ、中国は戦勝国だ
国連では今も敵国のままだ
安倍君の対中向けの東南アジア外交は失敗だらけ
まあ竹槍精神はどうしようもないか

33. 野良じろう[16] luyXx4K2guuCpA 2017年1月22日 01:04:47 : u7U8QCGDYo : i3WHNduB_jU[1]
中川さんはバカと悪(ヨースルニ見え透いた噓つき)とよくわたりあっておられますね。ちゃんとしたスタンスを守っていて清々しいのは確信があるからでしょう。
 さて本論へ。渡部ショーイチセンセは40〜50人くらいはあったかもと言っていますが、南京戦に動員された兵力量は約20万で、城内に突入したのが7万5千と考えられています。日本兵は一体何をしに南京まで行ったのですかね?まさかピクニックだったのですか?
三笠宮さんが証言された通り、中国戦線では初年兵に度胸を付けさせる手っ取り早い方法として捕虜や農民を柱に括り付けて銃剣で刺突させるののが慣行であったと。
小生はそれを確かめてみたのですが、南京戦に動員された京都の師団の兵士の息子は「父は夜に呼び出され竹やりで木にくくられた若者を刺殺させられたと言っていた。まあ、竹やりで30万人は殺せないとおもいますがね。」でした。もうお一方は昭和19年に動員された方で、「我々もさせられたのですが、その頃にはもう捕虜も取れないので、一人を木に括り付け、10人が刺突したのです。私は4番目だったので、もう死んでいました。銃剣の先が背中に出て、人間てこんなに軟らかいのかとおもいましたね。」
まあ、子供にも言えなかった兵士がほとんどだったはずですが、中国の日本兵が上から何を強制されていたかわかるはずです。
南京には20万人が動員され、柳川兵団では「女子供も容赦するな」の厳命が下っていたのです。南京が抵抗を続けるなら毒ガス攻撃を行う手はずになったいました。外人らは心配していたのですが、使わなくてよかった。もし使っておれば、米軍は容赦なく最初から南方作戦や日本本土攻撃に使用していた。重慶無差別爆撃を口実に東京大空襲をやった国ですからね。マッカーサーは日本兵を捕虜にせず皆殺しにしたのです。「正義の暴力」こそアメリカです。


34. 大和狼[694] keWYYZhU 2017年1月22日 06:39:21 : ENgFawNsjY : mKogao5kbhw[5]
この阿修羅のどこからかの引用。
南京は南京虫の捏造だよ。
南京たますだれ!

三谷老人の話は2時間にわたった。

侵略戦争の加害者、被害者、反省者としての三谷氏の人生を貫いていたのは、激しい移り変わりを経てきた歴史そのものであり、そこには痛ましい過去と厳しい現実があった。「真実を守ること。100歳まで生きて果たしたい唯5一の使命です」
〜以下略〜

46. 2015年9月21日 03:48:41 : EUz5kKhHwk
三谷翔氏についてこう書いてあった↓

                 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>こいつも日本軍の南京入場のころはまだ軍人になってないという事実が判明した。

________

南京大虐殺(詳細)
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/yougo/nankin_daigyakusatsu_shosai.html

〜一部抜粋〜

●簡単に言うと、これは日本が侵略戦争をしたという支那の国民党と共産党のプロパガンダである。


35. 大和狼[695] keWYYZhU 2017年1月22日 06:47:10 : ENgFawNsjY : mKogao5kbhw[6]
上に紹介したURLから

デマであるその他の証拠
支那大陸で残虐行為が行なわれたとすれば、赤十字があったので、日本政府に抗議が殺到したはずなのに、そうした事実が一切ない
当時、日本に対して「大虐殺」を批判した国は一国もない
南京を攻略後、蒋介石は漢口(ハンカオ)へ移っているあいだに約200回、外国人記者と会談しているが、1度も「虐殺」に言及したことがない
共産軍の毛沢東も、ひと言も「南京事件」に言及していない
何十万人も殺すのは決して無差別に行なえることではなく、統制の取れた状態でなければ実行不可能である。当時の司令官であった松井石根陸軍大将は、敵味方の別なく将兵に対する慰霊に熱心だった人で、虐殺行為を命じるような人では決してない
また、当時の中華民国の公式文書には南京で大虐殺があったことなど書かれていない。また、国際連盟理事会の決議にも「大虐殺」はまったく出てこない
証拠写真とされているものは数多くあるが、信憑性のあるものは一つもない
支那共産党の教科書にも長い間「南京大虐殺」なるものは出ていなかった。しかし、ケ小平が支那共産党の最高実力者になると「南京大虐殺」が突如出てきた
南京占領の最高司令官だった中支那方面軍司令官・松井石根陸軍大将は、日本軍が南京に入城する前に次のように言っている。
「これからは敵の首都に入るのである。世界中が注目しているのだから、後ろ指さされるようなことをしてはならない」
また、国民党軍に向かっては「南京防衛の見込みはないのだから、降参してオープン・シティにせよ」と勧告している。しかし、国民党軍はそれを拒否したのだが、蒋介石も南京防衛司令官の唐生智(とうせいち)も敵前逃亡してしまい、南京の防衛軍は大混乱に陥ってしまった。残された兵士たちは敗残兵となるため、日本軍は残敵掃討(正規の戦闘の一部なので敵を殺しても国際上問題とはされない)までやらなければならなかった。
南京城のすぐ東側には中山陵(ちゅうざんりょう)という高台があるが、松井大将は中山陵に大砲を上げることを禁止した。そこに大砲を引き上げてそこから城壁や城内に砲撃すれば有利なのだが、中山陵には孫文の記念碑があるため松井大将は遠慮したのだ。それほどまでに気を使う司令官が「大虐殺」を命令するだろうか。組織的にやらなければ大虐殺など絶対にできない。
松井大将は東京裁判の法廷で「南京大虐殺」なるものは戦後アメリカ軍の放送で初めて知ったと述べている。

現在では、東中野教授や北村稔教授らの綿密な研究によって虐殺など無かったことが証明され、それまで「大虐殺」の証拠とされていた写真もみなデッチ上げられたものであることが判明している。

日本の教科書にも、宮沢談話で近隣諸国条項が制定されると、ほとんどの教科書に「南京大虐殺」が取り上げられ、中には支那共産党が言い張る「30万人の虐殺」まで書く救いようのないほど馬鹿な教科書会社も出現した。

「大虐殺」といわれるにもかかわらずこれがもとで戦後に戦犯として処刑された人数はたったの5人だけである。うち3名は、マスコミの戦意高揚記事による不運な犠牲者だった。
「南京大虐殺」のシンボルとされてしまった向井・野田両少尉は「東京日日新聞(現・毎日新聞)」の「百人斬り」の記事を根拠として処刑された。

  「百人斬り」

なぜ支那人はありもしないことが明白な「南京大虐殺」をでっちあげたのか。それは反日運動を愛国運動へのテコとして民力を結集させるためだった。そもそも「大虐殺」は支那有史以来の年中行事で、戦争が起こるたびに西安大虐殺、洛陽、開封、揚州・・・大虐殺が繰り返されてきた。「大虐殺」は支那伝統文化として常識になっており、日本軍の悪逆非道ぶりを宣伝するためには、それ以上に説得力のあるものがなかった。

日本軍による「南京大虐殺」などなかったことは明白だが、日本政府、官僚、政治家がはっきりと反論しないため、今でもあったという噂は世界に広まっており、驚くべきことに日本でも信じている者がいる。それを事実として教えている反日教師がいるのも大きな原因の一つである。


36. 2017年1月22日 08:44:29 : SJ65uRvabo : RF_pcEK0Z4c[2]
大和狼は大和オオカミ少年と改名でもしたらどうかね?

ウソやデマを振り回してるから、相手にされないのだよ。安倍晋三も「中国が攻めてくるぞ〜!」とデマばっか振り回して、どこの国からも相手にされていない現実を見てるのか?

アッパラパーホテルに何度か泊まって洗脳されたと思えそう。


37. 2017年1月22日 09:35:14 : lcHHgDGazE : 2_smTqy1h8Q[8]
大和狼必死だなぁ!!
よく眠れたのかぁ?

➀日本兵による南京虐殺があったこと
Aかつて日本はアジアに対して侵略戦争を行ったこと。

この二つは誰が何といっても消し去りようのない「事実」なんだよ。
嘘八百並べて否定しようとしても「無理」なんだな。
結論はすでに出ているんだ。
今日は日曜日。どこかに散歩にでも行ってゆっくり寝たほうがイイよ。
眠れないと妄想が肥大化するだけだからね。(笑)


38. 2017年1月22日 09:57:55 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[149]

   >>35. 大和狼 >共産軍の毛沢東も、ひと言も「南京事件」に言及していない。当時の中華民国の公式文書には南京で大虐殺があったことなど書かれていない。


   >>35の大和狼が知らないだけだ。南京虐殺事件の翌月には中国共産党刊行の週刊誌に書かれている。しっかり勉強してくれ。

   中国共産党週刊誌『群衆』民国27年(1938年)1月1日
   《人類共棄的敵軍暴行    沿京滬線尤其是在南京城市的大屠殺開了人類有史以来空前未有的血腥残暴獣行紀録 這不僅是向中国全民族宣戦也是向全人類宣戦敵人的兇悪残忍血洗了人道正義引起了全世界全人類的憤怒仇恨》

   (日本語訳)人類のともに斥けるべき敵軍の暴行  南京・上海沿線、とりわけ南京市の大虐殺は、人類有史以来空前未曾有の血なまぐさい残虐な獣行記録をつくることとなった。これは中国の全民族に対する宣戦にとどまらず、全人類に対する宣戦でもある。敵の凶悪な残忍さは、人道と正義を血で洗い、全世界・全人類の憤怒と憎悪をよびおこした。(井上久士氏訳)

   中国共産党の毛沢東が直接事件に言及しなかったとしても、それを事件が「なかった」根拠には出来ないだろうが。わかったかな。




39. 2017年1月22日 10:01:32 : buOG1wdmaE : doKYEPg@tug[86]
日本の極右タカ派の人たちは大手メデイアでの発言や講演や主張や論文や著書などで〈太平洋戦争は日本の自存、自衛とアジア解放の聖戦であり非はない。日本軍は侵略や蛮行などは一切していない。」とか「反省する点があるとすれば、「戦争に負けたことだけだ」などと超強気です。何とその考えを「歴史戦争だ」と称して世界へ発信しようとさえしているので彼らの反省は全く期待薄と思う。

40. 2017年1月22日 11:37:12 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[150]

   >>35 大和狼  >松井大将は東京裁判の法廷で「南京大虐殺」なるものは戦後アメリカ軍の放送で初めて知ったと述べている。


   松井石根は南京虐殺のそのとき、つまり37年12月17日に南京に入城し7日ほど滞在している。その状況からみて知らないはずは無い。しかも松井は自分の軍隊を統制し南京の市民を保護する義務と、その権限を持っていたのだ。

   自分の指揮する軍隊を統制できず、何が起きているかを知らないような指揮官がいたから、日本軍による「南京虐殺」が起きたともいえる。




41. 大和狼[698] keWYYZhU 2017年1月22日 13:54:57 : ENgFawNsjY : mKogao5kbhw[11]
誰が必死だと!?(笑)中国工作員5毛もらって必死に打ち消しか。もう信じ込まされる日本人は残り少ないぞ。

また引用
上記のように、南京大虐殺や731部隊などについて、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

和久希世さんのご主人に懺悔話をした南京帰還兵は所属部隊や名前が不明なため、その証言は嘘を確認することすらできない検証不可能な証言(しかも伝聞)だ。

このように所属部隊も名前も不明な元日本軍将兵の証言を真に受けて「残念ながら、日本兵が相当の悪事をやったのは、確かだったと思います。」などと言ってはいけない。

ニセ証言者たちが現れる理由にはいろいろと考えられる。

6年前に私は「Yahoo!掲示板」で「反日日本人の種類」について投稿したが、今でも大筋で合っていると思うので次に掲載する。
、千田 夏光、吉見義明、家永三郎など)

2.賠償訴訟が増えれば増えるほど仕事が増えたり買収されたりして収入が増える弁護士や判事など。

3.洗脳された人達。

「洗脳」、「認罪運動」
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo7.html

中国帰還者連絡会(中帰連)とホラ話「三光」
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo8.html

米軍捕虜19名も洗脳されて嘘の供述書を書いた
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo9.html

4.支那人や朝鮮人が言うことに反論などせず、反省することが善人になることだと勘違いしている単なる馬鹿。

5.学校の先生やテレビや新聞が言っているのだから嘘の筈がないと思い込んでいる未熟な連中。

6.共産革命を夢見る共産主義者(ただし、この連中は1や2や3に分類された連中とダブることが多い)。
日本は残虐な侵略者だったと日本人の脳に刷り込むことによって憲法9条の改正や核武装を阻止し、二度と戦争が出来ない国にしておくことが目的。
チベットや東トルキスタンのように、人民解放軍による開放を受け入れ易い状態にしておくため。

7.強制連行があったことにしておかないと日本に住み難い日本人成りすましの在日朝鮮人と魂を入れ替えられない帰化人。

8.統一教会や創価学会のような朝鮮人教祖を信じている連中(信者)。

9.支那で商売をしたいために支那共産党の要人に賄賂をばら撒き、奴らの犬に成り下がっている企業経営者たち(伊藤忠商事の藤野文晤、ファーストリテイリングの柳井正など)。

10.支那依存企業の役員に就職を希望している外務省チャイナスクールや支那に利権を有する政治家たち。
━━━━━━━━━━


上の「反日日本人」のうち、今回テーマにしている「懺悔する支那帰還兵」に関係する可能性が高いのは「3.洗脳された人達」かもしれない。

そこで、支那共産党による、いわゆる「戦犯」(正確には「違法に拘留した捕虜」)への洗脳についての説明を紹介する。

以下「あやしい調査団・ 満洲どよよん紀行」撫順2(戦犯管理所と戦犯裁判)より抜粋
中共建国の翌年の昭和25年(1950年)、日ソ友好条約の締結時、一部の捕虜はスターリンから中共にプレゼントされ、撫順に収容された。

いよいよ、後日、彼ら自身に「鬼から人間に戻った」と言わしめる洗脳が始まったわけである。

戦犯の処置は新中国の重要な国家政策として周恩来が直接指揮をとり、管理は司法部ではなく公安部が担当した。公安部長の羅瑞卿は、延安で多数の日本兵捕虜を洗脳して、日本軍の正面に送り出してきた捕虜政策のエキスパートであった。

一方ハルピンの尉官級以上の人たちも「学習」が続けられ「総括書」を書かされた。これは、学習して得た共産主義の認識に基づき、過去の自分を自己批判しろということである。
罪は重くても完全に共産主義思想になったものは許す。逆に軽微な罪行でも思想を改造できないものは重く処罰する、としつこく繰り返された。

中共側は共産主義思想に転向してこそ初めて過去の旧思想時代の犯罪を自供できる、と主張していた。
つまり「思想改造」と「認罪」の同時工作であり、中共国内の反革命分子に行使した方法と同じであった。

尉官以上の人が取り調べを受けたのに対し、下士官・兵は坦白大会の方法がとられ、自分たちで自らを洗脳していった。
ソ連のラーゲリに居た頃も下級兵士ほどアクチブになり易かったのだ。

「認罪運動」
そして本格的な取り調べが開始された。「坦白するものには軽く、逆らい拒むものには重く」という取り調べの方針が告知され、そのスローガンは所内の至る所に掲示された。これをきっかけに「認罪運動」というものも始まった。

「私はこんな酷いことをした」と戦犯全員の前で自白する発表会がもたれた。
この「坦白大会」には、中共党幹部も同席し、管理所の洗脳工作経過を視察するものであったが、戦犯達も自分が何を要求されているのかが判り、いよいよ追いつめられていった。

認罪学習は、徹底して行われた。みんなでしつこく何回も何回も犯罪行為を確認し、自己批判・相互批判が繰り返された。
「学習」とは言うものの、罪の自白とつるしあげ合戦である。「なんだ、それぐらい、俺なんかもっと凄いもんね」「お前、それぐらいじゃ足りんだろう」などとエスカレートしていったのだった。

工作員(取調官だが、なんともストレートな名前である)は、一人ひとりについて何年もかけて集めた証言、告発書をもとに尋問した。つまり、罪状は最初から決まっており「自白すれば軽く、拒めば重く」と言われれば、工作員の言うままに合わせるしかない。
毎日呼びだされ、尋問を受ける。尋問というより説得であった。総括書は出す度に点検され、ここが違うとか、こう書けとか注文された。
相手の予定調書と違ったことを自白すればそれは自分がウソや間違いを言っていることになるのだ。

こういう経過で、日本語にはない罪行や、中共側のでっち上げや過剰な言い分まで認めざるを得なかった。
とにかく、一日でも早く日本に帰りたい、そのことしか頭になかった。

また、中共側は余計な自白を歓迎した。
本人の罪状だけでなく、伝聞した日本軍の罪状まで採集していった。

戦犯たちは総括書という形で、文章にして提出した。当然、文章の巧拙や想像力の大小によって、罪業に迫力の差がでてくる。
文章の上手い戦犯はほめられ、他の戦犯の文章指導や代筆までやり、悪鬼そのものの日本軍が作成されていった。

監禁されるとその苦痛や憤り、自己崩壊から逃れるため、加害者の立場に自分を置こうとする場合がある。
相手側の一員になった気持ちになるのだ。

撫順に収監された戦犯の中で、下士官・兵などは特に戦争犯罪など起こしていない人ばかりである。
理由もなく6年も監禁されたのに、自ら戦争犯罪人を認める自白をし、そのうえ不起訴になったら中共の温情に感謝する、看守達と抱きあって泣いたりしたのだ。


このように、撫順戦犯管理所に収容された日本軍将兵たちの6年間は「坦白大会」などの「認罪運動」による「洗脳」の日々だった。


42. 2015年2月28日 06:16:04 : qQ1Pal0iVM
10万人20万人40万人は無い、という事でいいんだな、中国紅衛兵。


43. 大和狼 2015年2月28日 06:49:46 : 4bXKnGQAUaNEQ : qQ1Pal0iVM
3/3【討論!】南京の虚構を暴く![桜H24/3/17]: http://youtu.be/soBmChuHDhM
超限戦】報道スペシャル−中国プロパガンダ写真の真実[桜H24/2/4]: http://youtu.be/_djUwHFV0yE

チャンネル桜で悪いがね。
ネトサヨ=バカでアホ嘘つき 中国共産党=汚い
ウソに騙される良心的自認サヨ=日本の害悪

世界平和の敵は何だと思う?
ウソと?やらせによる憎悪、憎しみでしょう。

日本人の日本国は平和主義、人道主義、戦争放棄、友愛友好 =フランス革命の憲法
私は安倍の積極的軍事主義には反対だ。国賊的だ。

中国共産党、朴クネはウソと捏造で自国民と世界に日本に対する憎悪を掻き立てている。最初に日本軍は残虐で日本は侵略植民地支配国であったと教育されれば人間誰だってそう思い込む。
教育は洗脳の場である。
罪悪感を抜け切れない日本の子弟はそのような意識を持つ必要はない。

日本国、大和の国の歴史は(自分で)調べれば調べるほど素晴らしいものだ。
世界はそれを認めて来たところだ。

日本人よ誇りを持て。胸を張れ。
勤勉と努力を怠るな。政治を見張り、個人、家族の自由、権利のために、権力の搾取 を亡くすることだ。


44. 2015年9月21日 03:05:17 : EUz5kKhHwk
保守速報

211【動画】南京日本兵の証言
http://hosyusokuhou.jp/archives/31096534.html

 南京日本兵の証言 (動画2本)

実際の当時の南京の映像を用いて大虐殺はなかったことを証言している


42. 2017年1月22日 17:32:43 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[629]

>>35さん、>>40さん、

横から失礼しますが、

>>35さんが、紹介されたサイトは、「いわゆる南京虐殺の詳細」と称するいわゆる右翼の宣伝サイトで、その根拠となる一次資料もなく、「南京虐殺はなかった」理由なるものが列挙されています。それで、

「松井大将は東京裁判の法廷で「南京大虐殺」なるものは戦後アメリカ軍の放送で初めて知ったと述べている」。

の根拠は、そこではわからないのですが、私見によれば、その根拠は、松井石根の東京裁判宣誓口供書の以下の部分だと思われますが、

 「予は、南京陥落後、昭和13年(1937年)2月まで上海に在任せるが、その間、昭和12年12月下旬、南京においてただ若干の不法事件ありたりとの噂を聞知したるのみにて、何等斯る事実につき公的報告を受けたる事無く、当法廷において検事側の主張するが如き大規模なる虐殺暴行事件に関しては1945年終戦後における米軍の放送により初めて之を聞知したるものなることを茲に確言す。
 予は右放送を聞きたる後、我が軍の南京占領後の行動に対して調査を試みたれども、当時の責任者は既に死亡し、又は外国において抑留処罰せられ、諸書類はことごとく焼却せられたる為、10年前の過去にさかのぼりて、当時の真相を仔細に吟味証明することを得ざれども、予は南京攻略戦闘に際し、支那軍民が爆撃、銃砲火等により多数死傷したることは有りならしむも、検事側の主張する如き計画的又は集団的に虐殺を行いたる事実は断じて無しと信ず。
 日本軍幹部が之を命じ、又は之を黙認したりというごときは、はなはだしく事実を誣ゆるものなり。」(法廷証第3498号)。

なるほど、確かに松井はそう述べているのですが、松井は被告なのですから、罪状について必ず真実を述べているとの保障はありません。むしろ死刑判決を控えた被告としては罪状否認を行う方が自然です。

じっさい、東京裁判の裁判記録は膨大ですが、その裁判記録を研究した歴史学者のうち右派の秦郁彦でさえ、その著書『南京事件』(中公新書)において、松井のその宣誓口供書の矛盾点に傍線を引いて、松井大将は「事件を知っていたようでもあり、知らないと主張しているようにもとれる。責任問題がからむので、ノラリクラリと逃げているようにも見える」と評しています。

したがって、松井の東京裁判における宣誓供述書だけで松井の南京虐殺の認識を判断することはできません。松井の南京虐殺発生後の客観的状況を当時の日本政府や軍中央との関係において見ていく必要があります。虐殺が日本政府や軍中央において認識され、問題にされ、その対処を行い、関係者の処分を行っているのであれば、松井が「「南京大虐殺」なるものは戦後アメリカ軍の放送で初めて知った」などということはあり得ないのです。

松井自身が、その宣誓供述書で述べたように、日本政府と軍が敗戦時に証拠隠滅をおこない「諸書類はことごとく焼却せられたる為」戦後の調査は困難ですが、その証拠隠滅を免れ絵生き残った日本政府や軍の公文書私文書がかなり発見されており(旧陸軍士官の親睦団体である偕行社による調査(証言や文書収集の呼びかけ)も貢献して)、日本側一次資料で南京虐殺についての日本政府と陸軍中央の動きが明らかになっています。

それは、以下のとおりです。

南京虐殺については、発生直後から報告され、政府、軍部の上層部はそれを認識していました。具体的には発生と同時に南京の日本領事館から外務省に報告が送られ、それらは陸軍省、海軍省へ送付されています。

当時外務省東亜局長であった石射猪太郎は、戦後1947年東京裁判において、弁護側証人として以下の証言をしています。

「(1937年)12月13日頃、わが軍が南京に入場する、そのあとをおってわが南京総領事代理(福井敦氏)も上海から南京に復帰した。同総領事代理から本省への最初の現地報告はわが軍のアトロシテーズ(残虐行為)に関するものであった。この電信報告は遅滞なく東亜局から陸軍省軍務局長宛に送付された。当時、外務大臣はこの報告に驚きかつ心配して、私に対し早く何とかせねばならぬとお話があったので、私は電信写はすでに陸軍省に送付されていること、陸海外三省事務当局連絡会議の席上、私から軍当局に警告すべきことを大臣にお答えした。
その直後、連絡会議が私の事務室で行われ(中略)、その席上、私は陸軍軍務局第一課長にたいし右アトロシテーズ問題を提起し、いやしくも聖戦と称し皇軍と称する戦争においてこれは余りにもヒドイ、早速厳重処置することを切実に申し入れた。同課長もまったく同感で、右申し入れを受け入れた。
その後いくばくもなくして在南京総領事代理から書面報告が本性へ到着した。それは南京在住の第三国人で組織された国際安全委員会が作成した我軍アトロシテーズの詳報であって、英文でタイプされてあり、それをわが南京総領事館で受付け、本性に輸送してきたものである。私は逐一これに目を通し、その概要を直ちに大臣に報告した。そして大臣の意を受けて、私は次の連絡会議の席上、陸軍軍務局第一課長にその報告を提示し、重ねて厳重措置方要望したが、軍はもはやすでに現地軍に云ってやったとの話であった」。(桐富雄『日中戦争 南京大虐殺事件資料集 第1巻』青木書店 1985年)

このうち、「軍はもはやすでに現地軍に云ってやった」ことの中には、参謀総長閑院宮載仁親王から中支那方面軍に1938年1月4日付けで下達された訓示を、中支那方面軍参謀長塚田攻少将から各部隊に向けて下達した「軍紀風紀に関する通牒」があり、それは以下の通りです。

「軍紀風紀において忌まわしき事態の発生近時ようやく繁を見、これを信ぜざらんと欲するもなお疑わざるべからざるものあり、惟うに一人の失態は全隊の真価を左右し一隊の過誤もついに全軍の聖業を傷つくるに至らん。(中略)軍紀を厳正にし戦友相戒めてよく越軌粗暴を防ぎ、各人みずから矯めて全軍放縦を戒むべし」。(『続・現代史資料(6)軍事警察』)

さらに陸軍上層部の南京虐殺認識について傍証を続ければ、

当時陸軍軍事課長であった田中新一大佐は、詳細な『支那事変記録』を記していて、その中で、1938年1月12日の陸軍省局長会報において、中国戦線から帰国した陸軍省人事局長阿南惟幾少将が中支那方面軍の軍紀について次のように報告したと述べています。

「軍紀風紀の現状は皇軍の一大汚点なり。強姦、略奪たえず、現に厳重に取り締まりに努力しあるも部下の掌握不十分、未教育補充兵等に問題なお絶えず」。(『支那事変記録 其の四』防衛研究所図書館蔵)

また、当時陸軍省兵務局防諜班長であった宇都宮直賢少佐はその回想録において、陸軍中央の南京虐殺対応について以下の通り記しています。

「南京の暴行残虐事件についても私は帰京後に聞いた。(中略)私は参謀本部の本間(雅晴)第二部長、渡(左近)支那課長、米(アメリカ)班の西(義章)班長以下に会ってこれらの事件の対策について諮問におよばずながら応えいろいろ進言した。
米班長で大本営参謀の西中佐(31期陸代同期)が実地調査のため直ちに南京へ急行することとなり、広田大佐と協同して事件の究明と解決に努力した。次いで杉山陸相の要請で、本間第二部長も急遽南京に向かい事情調査を実施することとなった。
南京の暴行虐殺事件のニュースについては、日本側はこれを発表することを禁止したが、全世界に知れわたって轟々たる非難の的となったことはまことに遺憾千万だった」。(『黄河・揚子江・珠江 − 中国勤務の思い出』 非売品 1980年)

ここにある本間雅晴参謀本部第二部長の調査結果を受けて、陸軍中央は松井石根中支那方面軍司令官の不作為による南京虐殺発生を確認、松井を処分する方針となったが、それはあくまでも内部処分の形(直接その責任を問わない)をとり、1938年2月14日松井を中支那方面軍司令官から解任して日本に召還しました。

このようなことなかれ主義的処分には陸軍中央内部にも不満が残り、田中隆吉は1939年に1月に兵務局兵務課長となって以後憲兵隊の調査報告書の提供も受けて、松井石根ら中支那方面軍幹部を軍法会議にかけて裁くように提案したが、参謀総長らに拒否されたといいます。(『東京裁判資料 田中隆吉尋問調書』大月書店 1994年)

一方松井も、南京虐殺が国際的な非難をあびて自分の更迭につながるであろうことは認識していたと見えて、1938年2月7日に行われた慰霊祭(1973年12月18日の第一回とは別の2回目)において、全部隊長を集めて行った訓示でみずからの悲憤の心中を吐露しています。それを目撃した上海派遣軍参謀課長飯沼守少将はその日記に以下の通り松井の言葉を記しています。

「南京入場の時は誇らしき気持ちにて、その翌日の慰霊祭(1973年12月18日の第一回)またその気分なりしも、本日は悲しみの気持ちのみなり。それはこの50日間に幾多の忌まわしき事件を起こし、戦没将士の樹てたる功を半減するにいたりたればなり、何をもってこの英霊に見えんや」。(「飯沼守日記」『南京戦史資料集』偕行社 1989年)

さらに、この南京虐殺は南京に総司令部を置いた中支那派遣軍幹部の間では歴代一大不祥事として語り伝えられていたようで、昭和天皇の末弟である三笠宮崇仁はその自叙伝において次のように述べています。

「1943年1月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に赴任しました。そして1年間在勤しました。その間に私は日本軍の残虐行為を知らされました」。(『古代オリエント史と私』学生社 1984年)

以上、見たように、南京虐殺発生は、その直後より日本政府と陸軍中央に認識され、その調査のために将官まで派遣され、その調査に基づいて松井石根の「不作為による南京虐殺発生」が確認され、その処分としては軍中央においては軍法会議も考慮されながらも、結局は内部処分とされ、松井は中支那方面軍司令官から解任されて日本に召還されました。また、松井自身もそれを悔いて「本日は悲しみの気持ちのみなり。それはこの50日間に幾多の忌まわしき事件を起こし、戦没将士の樹てたる功を半減するにいたりたればなり、何をもってこの英霊に見えんや」との部隊長訓示を行っています。

南京虐殺発生後の日本政府と陸軍の認識と対処と処分がこうであれば、また、松井自身が処分されそれを無念に思っていたことをみれば、松井が南京虐殺を終戦まで知らないでいたことはありえません。

以上、日本側一次資料に基づいて、「松井大将は東京裁判の法廷で「南京大虐殺」なるものは戦後アメリカ軍の放送で初めて知ったと述べている」のであれば、それは死刑判決を前に罪状認否で否認を選んだということで、それは嘘であることを論証しておきます。

>>35さんも、「南京虐殺はなかった」との主張において、「松井が知らなかったと証言している」などというそれ自体が真実である保障が一切ないようなものでなく、当時の日本政府や軍の公文書や松井自身や松井の周辺の高級軍人たちが当時残した記録のような客観的な一次資料で論じてもらいたいものです。

以上、>>35さんの議論が、怪しい右翼サイトのデタラメを転載するばかりで、その論拠となる一次資料が全くないことに、懐疑と不信がありますので、>>35さんの猛省を願って一言言わせていただきます。


43. 2017年1月22日 21:29:20 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[151]

   >>42さん。東京裁判での「南京事件」についての松井発言に関する資料を詳しく紹介していただきまして有難うございます。

   今回のアパホテルに限らず、近頃歴史の事実を曲げたり隠したりする連中が増えてきました。結局、今の日本を支配している安倍らに迎合、追随しているのだと思います。

   若い人が間違いを信じて誤った判断をすると大変です。今後もいろいろと教えてください。




44. 大和狼[719] keWYYZhU 2017年1月30日 20:41:59 : 1QnAUNrrX2 : GoZ6rOhxkkA[4]
↑ 南京は嘘だと言う意見はいくらでもある。
本当だと言い張るあんたらイチイチかまってるのも馬鹿馬鹿しいが、あんたら90歳以上の当時の現役兵士でもなければ、軍幹部でもないだろう。

普通の日本人なら持ち出しようもない当時の中国共産党新聞など持ち出して、あんたら中国共産党でなければ日本共産党員でしかないな。

安倍の支持率70%とか言ってるぞ。

あんたら日本共産党が南京あったあったと囃している限り普通の日本の国民の支持は得られないんだよ。

安倍の勝共連合に負けるな。

あんたらのそういう南京はあったあったという主張言うその政治的立場をはっきり述べてから意見を言えよ。

朝鮮成り済ましか?

南京嘘の12の証拠だとよ。さっきネットで見たばかりだが。

http://www.history.gr.jp/nanking/reason11.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK219掲示板  
次へ