★阿修羅♪ > 経世済民129 > 667.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界経済、10月の予測より悪化している公算−IMF専務理事  19年リセッションないBR ECB長期資金供給オペ再開ない
http://www.asyura2.com/18/hasan129/msg/667.html
投稿者 うまき 日時 2018 年 11 月 29 日 17:28:19: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

(回答先: 米景気の山は来春か、ドル円が失う上昇力 日銀は超長期債の買い入れ縮小か パウエル・プット米株式市場を救う−これが最後にな 投稿者 うまき 日時 2018 年 11 月 29 日 17:20:26)

世界経済、10月の予測より悪化している公算−IMF専務理事
Andrew Mayeda
2018年11月29日 11:47 JST
• 相当なリスクが顕在化し一層の暗雲が垂れ込めつつある時期
• 最近の関税を反転させ、新たな貿易障壁を回避することが不可欠

Christine Lagarde
Photographer: Justin Chin/Bloomberg
世界の経済成長は1カ月半前の予想と比べても一段と減速している可能性があり、悪影響の大きい貿易戦争を各国が直ちにやめる必要性を裏付けていると国際通貨基金(IMF)が28日指摘した。
  IMFは世界の成長予測を10月に下方修正したが、週末にブエノスアイレスで開催される20カ国・地域(G20)首脳会合を控え公表した報告書では、見通しがさらに悪化していることを最近の統計が示唆しているとの分析を示した。
Slipping a Little
The IMF cut its 2018 GDP forecast for the world, euro area and emerging markets

Source: International Monetary Fund's October World Economic Outlook
  ラガルドIMF専務理事は報告書に関連したブログ投稿で、「歴史的な基準に照らせば十分に長い堅調な成長が続いてきたが、今は大きなリスクが顕在化しつつあり、暗雲が垂れ込めつつある時期に直面している」と記した。
  同専務理事は特定国の名指しを避けながらも、最近課せられた輸入関税を解除するよう各国首脳に呼び掛け、「貿易障壁引き上げは関与する全員にとって最終的に自己破壊をもたらすことわれわれは知っている。最近の関税を反転させ、全ての国が新たな貿易障壁を回避することが不可欠だ」と訴えた。
  また、景気が一段と軟化した場合に対応できるよう可能な範囲で支出を削減するよう各国に促し、利上げについて各中央銀行は「漸進的でコミュニケーションを重視し、データに応じた道」を歩む必要があるとも論じた。
原題:Global Economy May Be Slowing More Than Expected, Lagarde Says(抜粋)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-29/PIXMU16S973801?srnd=cojp-v2

 

ECB、12月に長期資金供給オペ再開を発表する公算小さい−関係者
Jana Randow、Carolynn Look、Piotr Skolimowski
2018年11月28日 22:58 JST
• 政策委員会、議論の大半を償還金再投資の戦略に割く見通し
• 依然として年末での資産買い入れ終了を確認する方向
欧州中央銀行(ECB)が12月の政策委員会会合で、銀行向け長期資金供給オペの再開を発表する公算は小さく、依然として資産買い入れの終了を確認する見通しだ。事情に詳しいユーロ圏の関係者が明らかにした。
  このような内部議論は部外秘であることから匿名で語った関係者によると、12月の政策委員会では議論の大半が満期を迎えた債券の償還金再投資に充てられる見通し。ECBの報道官はコメントを控えた。

  ユーロ圏では軟調な経済指標が相次ぎ、イタリアの金融市場が圧迫を受けていることから、域内経済の健全性やECBの対応を巡り臆測が流れている。エコノミストの一部は、景気の軟化局面を乗り切るためECBが新たな長期資金供給策を打ち出すと見込んでいる。
  ECBは12月13日の政策委員会会合後、最新の経済見通しを公表する。
原題:ECB Is Said to See No Need for New Long-Term Loans in December(抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-28/PIWO5B6S972E01?srnd=cojp-v2


 


「19年にリセッションはないと賭けてもいい」ブラックストーン社長
Shelly Hagan、Sabrina Willmer
2018年11月29日 11:30 JST
ボラティリティーの高まりがチャンスを提供とグレイ社長
19年の不動産についてはやや横ばいか非常に低い伸びを予想

米ブラックストーン・グループのジョン・グレイ社長は、エネルギーのような一部資産クラスの価格が下落する状況で、ボラティリティーの高まりがチャンスを提供していると指摘した。

  ブルームバーグが28日にニューヨークで主催した「ザ・イヤー・アヘッド」サミットで、グレイ社長は「多くの資産の価格が動いている。より面白い投資環境になりそうだ」と語った。

  グレイ氏は資産価格の下落にもかかわらず、米経済の成長が来年も続くと考えている。

ブラックストーン・グループのジョン・グレイ社長は、ボラティリティーは「一般的には良いことだ」と語る

出所:ブルームバーグ)
  同氏は「金利上昇が景気を減速させることはあり得る」としながらも、銀行のレバレッジ拡大などリセッション(景気後退)を引き起こす要因を示すような兆候は表れておらず、「19年にリセッションはないと賭けてもいい」と述べた。

  さらに米国の不動産は「サイクルのより成熟した部分」に属するが、物件不足を理由に住宅市場に強気だと発言。19年全体の不動産については「やや横ばいか非常に低い伸び」になると予想した。

原題:Blackstone’s Gray Says He’s ‘Willing to Bet No Recession in ’19’(抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-29/PIXJC56S972H01?srnd=cojp-v2  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年11月29日 21:23:13 : ZzavsvoOaU : Pa801KbHuOM[163] 報告
2018年11月29日 Philip Georgiadis and Paul Hannon
ブレグジットに大きな山場、相場波乱はあるか
メイ英首相
Photo:Reuters
 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、市場にとっては12月11日が新たな正念場となる。

 英議会はこの日、テリーザ・メイ英首相が欧州連合(EU)との間で合意した離脱暫定案について採決を行う。承認されれば、英国は秩序だった離脱に向けて進み出す。

 だが、否決されればどうなるか。2度目の議会採決から無秩序な離脱、国民投票の再実施まで、さまざまな選択肢が考えられる。解散総選挙の実施もあり得るだろう。

 市場は2016年6月に実施された国民投票の結果を完全に読み間違えた。ポンドは投票後の数日で13%急落。予想外の結果に海外市場にも影響が波及し、米国債やドルに逃避買いが膨らんだ。

 投資家は今回、少なくとも1回目の議会採決では否決されると予想している。どの程度秩序だった離脱となるかを測る目安となっているポンド相場はここ数週間、EU側との暫定合意が近いとの度重なる発表を受けても、ほとんど値上がりしていない。

 ブラックロックのポートフォリオマネジャー、ルパート・ハリソン氏は「議会で承認される確率は50%未満」と見る。

 与党・保守党内では、仮に11日の議会採決で否決された場合、金融市場が大きく混乱し、2度目の議会採決で支持に回るよう政治家に圧力がかかるとの見方も出ている。一度目の採決で否決された場合には、21日以内に2度目の採決が実施される可能性がある。こうしたシナリオは、米議会が金融危機が深刻化していた2008年10月に、不良資産救済プログラム(TARP)を否決して株式相場の急落を招き、その後承認を余儀なくされた経緯に重なる。

 だが英市場については、不安定な展開にこそなっても、政治家に圧力をかけるような方向に動くかは不明だ。ポンドは2016年の住民投票後に売り込まれたが、政治的な環境が大きく変わることはなかった。

 その理由の1つには、ポンド安が株式相場の押し上げ要因となることが挙げられる。英国の主要株式指数であるFTSE100種総合株価指数はドルで収益を稼ぐ多国籍企業を中心に構成されるため、ポンドが下がれば、それだけ為替の恩恵を受ける。

 英国債相場は、政府財政に直接的な影響を与えるため一段と重要だが、これまでのEU離脱交渉の過程では底堅い動きを見せている。離脱の是非を問う住民投票当日の夜、ポンドや世界の株式市場が大きく下げる中で、英国債利回りは低下(価格は上昇)した。

 アリアンツ・グローバル・インベスターズの投資ストラテジスト、アンカトリン・ピーターソン氏は「不透明感が増すほど、英国債利回りに下押し圧力がかかる」と指摘する。

 一部では、1回目の議会採決で合意案があまりに圧倒的多数で否決され、第2回投票が検討さえされない状況になりかねないとの懸念も出ている。

 前出のハリソン氏は「無秩序離脱に陥る公算はなお小さいとの見方が大勢で、市場はすぐにはその可能性を織り込まないだろう」とし、「これはかなり危険な状況と言える」と話す。

 こうした状況を踏まえると、仮に議会採決で承認されれば、市場にとっては最大のサプライズとなる可能性があり、投資家があわてて弱気なヘッジ取引をカバーしようと動く中で、相場のボラティリティーが高まるだろう。

 ブルーベイ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、マーク・バスゲート氏は「市場はおそらくリスクに対して慢心しており、市場のボラティリティーが想定以上に高まる可能性がある」と述べる。ポンドのインプライドボラティリティー(予想変動率)は足元で上昇しているが、2016年の国民投票前の水準は依然、大きく下回っている。

 また結果がどちらに転んでも、年末年始の休暇シーズンで商いは細る傾向にあるため、相場の動きは一段と増幅されるかもしれない。バスゲート氏は「市場は流動性が下がる12月に正念場を迎えることになる。双方向において相場が振れの大きい展開となる余地は極めて大きい」と語る。
https://diamond.jp/articles/-/186923

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民129掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民129掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民129掲示板  
次へ