★阿修羅♪ > 経世済民130 > 152.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格”(郷原信郎が斬る)
http://www.asyura2.com/18/hasan130/msg/152.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 18 日 02:04:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格”
2018年12月17日 郷原信郎が斬る


日産の代表取締役会長だったカルロス・ゴーン氏が、東京地検特捜部に突然逮捕され、3日後に開かれた臨時取締役会で解職された「日産・ゴーン事件」、起訴事実が、「退任後に別の契約で報酬を受領する合意」を有価証券報告書に記載しなかったという、犯罪に当たるかすら疑問な「罪状」にとどまることがほぼ確実となり、ゴーン氏を解職する「クーデター」を仕掛けた西川廣人社長ら日産経営陣の方が窮地に追い込まれつつある。

一方で、大阪地検特捜部の証拠改ざん問題など、一連の不祥事で、検察改革を迫られ、「引き返す勇気を持つこと」を強調した検察だったが、今回の事件での「大暴走」で「引き返す気」など微塵もないことを露呈した。検察独自の判断でゴーン氏を逮捕・起訴した以上、今後も、なりふり構わず、いかなる手段を使ってでも、有罪判決を得ようと「驀進(ばくしん)」を続けるであろう。

この事件については、逮捕直後に出した【役員報酬の隠蔽は、ゴーン氏主導か、会社主導か】以降、その時々の情報の制約の中で、私なりの分析・検討をしてきた。起訴事実が概ね明らかになったことを受け、12月14日には、【ゴーン氏事件、日産の「大誤算」と検察の「大暴走」の“根本的原因”】と題して、西川社長ら日産経営陣の「大誤算」の原因についても分析したことで、今回の「日産・ゴーン氏事件」の内容についての論評は、概ね書き尽くした感がある。

そうした中で、避けて通ることができないのは、今回の事件を、「日本社会」として、そして、「日本人」として問い直してみることである。

90年代末、日産は、それまでの「ぬるま湯」的な企業体質の結果、経営危機に陥り、倒産寸前の状況まで追い込まれた。メインバンクも救済を拒否、経産省からも見放され、世界の主要な自動車メーカーとの提携・統合を模索するも、手を挙げる企業はなく、万策尽きた状況の中、日産に救いの手を差し伸べたのがルノーであった。ルノーが、大株主のフランス政府からの資金も含めて8000憶円を出資し、日産は倒産を免れた。そして、ルノーから日産の経営者として送り込まれたゴーン氏が、大胆な経営改革でV字回復を遂げ、それ以降、概ね順調に、日産の業績は拡大し、直近の年度では、最終利益7500億円を計上するに至っている。

こうした中で、今回の「クーデター」が起き、ゴーン氏を代表取締役会長の座から引きずり下ろした西川社長は、ゴーン氏について、逮捕直後の会見で、「初期、非常に大きな改革を行った実績は紛れもない事実だと思う。その後については功罪両方ある」などと述べたのである。

あたかも日産という会社が、ルノーから融資を受け、それと同時に、ゴーン氏を経営者として雇って経営を委ねたというのであれば、まだわかる。しかし、そうではない。ルノーは、自らリスクを負って、倒産寸前の日産に巨額の「出資」をし、43%超の株式を取得し、親会社としてゴーン氏を経営者に送り込んだのである。日産社内には「ルノーからの8000億円は、もう返した」という声があるようだが、それは「融資」の場合の話であろう。出資者に対して言うことではない。

こういう日産側の行いは、日本社会では「恩知らず」と言って軽蔑されてきたのではなかろうか。

もう一つ、今回の事件をめぐっては、ゴーン氏の「高額報酬」批判に結び付けようとする論調が目立った。高額報酬を得ていた「強欲・ゴーン」から日産の経営者の地位を奪うことは無条件に正しいことであり、そのためには、検察の権力を使うことも是認されるという考え方だ。

私は、ゴーン氏を擁護しているわけではないし、「高額報酬」を評価する立場にもない。私が論じてきたのは、ゴーン氏について犯罪が成立するのか、それが、ゴーン氏のような立場の人を突然逮捕することを正当化できる悪質・重大なものと言えるのか、ということと、それをめぐる日産現経営陣の行動の正当性の問題であり、ゴーン氏が日産から得ていた高額報酬の是非とは全く別の問題だ。

ところが、ゴーン氏を逮捕した検察やそれを画策した日産経営陣を批判している私を、「ゴーン氏の高額報酬を擁護している」かのように批判する人がいる。ゴーン氏の報酬が、一般的な日本の大企業の経営者の報酬と比較して高額であったことが今回の事件に関連づけられ、それが問題の根本であるかのように考えられている。

今回の事件を、そのようにとらえて良いのか。それは、我々「日本人の品格」にも関わる問題だ。

「経営者の報酬」をどう考えるか

役員報酬の隠蔽は、ゴーン氏主導か、会社主導か】でも述べたように、経営トップの報酬の問題は、「会社は誰のものか」についての考え方に大きく左右される。

「会社は株主のもの」であるとすれば、その利益に貢献した経営者には、それに見合う報酬が支払われるのが当然だということになる。一方、「会社は社員のもの」ととらえるとすれば、会社の利益は社員が働いて生み出したものなのだから、社員を代表する経営者の報酬も、社員と比較して相応の金額に抑えられるべきということになる。

そのような考え方の違いは、会社における経営者の役割の違いとも関係している。前者であれば、株主の負託を受けた経営者は、強大な権限を持ち、経営上の意思決定は、基本的にトップダウンで行われる。そして、それによる成果としての企業の利益も、経営者の判断によるところが大きいということになる。一方、後者の考え方の企業では、会社の意思決定は、基本的にボトムアップで行われ、経営者は、担当部門の意見の最終調整の役割を果たすに過ぎず、経営者の決断によって新たな意思決定が生じる部分は少ない。そのような役割であれば、経営者の報酬も、社員より相対的に多い程度に留めるのが自然だ。

つまり、経営者の報酬は、「株主中心の考え方」では、株主の利益への貢献に応じて与えられるものであるが、「社員中心の考え方」では、社員全体の働きと努力の総体によって生み出された会社の利益を、社員とともに配分するということになる。

戦後の日本では、「社員中心の考え方」が中心で、「日本的経営」「日本的雇用慣行」の背景ともなってきた。しかし、バブル経済崩壊後、欧米的な「株主中心的な考え方」が強まっており、企業経営の在り方や雇用慣行も大きく変わりつつある。

私自身は、「会社は株主のもの」という考え方を徹底する、いわゆるグローバリズムの信奉者ではない。「会社は社員やその家族のためのもの」という考え方は、日本企業の経営の中で、一概に否定されるべきものではないと考えている。

しかし、現実の問題として、経営者の報酬の問題の背景には、上記のような「会社は誰のものか」についての考え方の違いが根本的な問題として存在する。当該企業の中で、実際に、経営者の役割がどのように位置づけられ、どのようにして収益が生み出されているのか、ということを踏まえた上でなければ、その企業の経営者の報酬が相当かどうかを評価することはできないのである。

「経営者の高額報酬」は「悪」か

もう一つ重要なことは、経営者が高額報酬を受けること自体を、社会としてどう評価すべきかは、決して単純には言えない問題だということだ。

社員の多くが、劣悪な労働条件の下、低賃金で酷使される一方、経営者が法外な高額報酬を得ているという「19世紀的状況」が社会として是認できないのは当然だ。しかし、現在の社会においては、労働者も含め、国民全体に最低限の生活が保障されるのは、国の社会政策の問題であり、また、企業の中で、いかなる条件でいかなる労働が行われ、どのように給与が支払われるべきかは、国の労働法制を前提に、企業の雇用政策や労使関係の中で、その社員の就業条件として決定されるべきものである。そういう面での社員の労働と会社への貢献に応じた給与・報酬の支払が行われた後に、なお会社に残る利益のうち、どれだけを経営者に帰属させるか、というのが経営者の報酬の問題だ。

日産の場合、その会社に残る利益が数千億であり、その中から、経営者のゴーン氏に支払われていた報酬は、以前は毎年20億円であり、今回の問題は、退任後に支払われる予定であった各期約10億円という金額の開示の問題だ。

仮に社員が10万人だとして、10億円を平等に配分するとすれば一人年間1万円となる。それは、パチンコや飲み代ですぐになくなる金額でもある。一方、その10億円が経営者一人に支払われた場合、贅沢な暮らしのために湯水のようにカネを使う人もいるだろうが、それを社会貢献の原資にしようとする人もいるだろう。石油事業での巨万の富で設立されたロックフェラー財団や、最近では、世界中で貧困や飢餓にさらされた子供達を救う慈善活動を行う財団に巨額の資金を投じているマイクロソフト社の創業者のビルゲイツ氏などがその典型であろう。多くの国で、文化的遺産の多くが、事業で巨万の富を築いた事業家によって築かれてきたことも事実だ。

会社が事業で得た利益の中から、経営者に高額報酬を支払うことと、社員に賞与等で広く配分することのどちらを選択するかは、会社における経営者の役割と実際の貢献の評価に基づいて会社内部で適正な手続で判断されればよく、それに尽きるのであり、「どちらが正しい」という話ではない。ましてや、高額報酬自体が「悪」として非難されるべきことではない。

日本社会における「闇討ち」「奇襲攻撃」の評価

今回の事件では、高額報酬への「羨望」「不公平感」という庶民的感情を巧みに操って、「ゴーン批判」が増幅されたことで、西川氏ら日産経営陣が、検察の権限を恃んでゴーン氏を日産の代表取締役会長の座から引きずり下ろした「クーデター」が正当化され、それに呼応するように、マスコミと日本社会を挙げての「ゴーン叩き」が行われた。

そこには、日本社会の一つの「負の側面」があるように思われる。

今回ゴーン氏の逮捕・起訴の容疑とされたのは、2010年3月期に役員の高額報酬の個別開示制度が導入されて以降、実際の支払額が約10億円に低減され、約10億円を退任後に別の名目で支払うことの合意(計画)についての有価証券報告書での「開示」の問題である。

それが問題だというのであれば、退任後の支払の計画について、文書に署名までして認識していた西川氏が、「このような形で退任後に報酬を受け取るべきではない」と堂々とゴーン氏に意見を言い、取締役会で議論した上、自らの権限で開示すれば良かった。

ところが、西川氏らは、ゴーン氏についての社内調査を密かに行って、その情報を検察に持ち込み、ゴーン氏の「突然の逮捕」に至らせ、説明も反論もできない状況に追い込んだまま、直後の記者会見で「残念という言葉をはるかに超えて、強い憤り、落胆を覚える」などとゴーン氏を一方的に断罪した(この会見で、西川氏が、逮捕容疑の報酬額の虚偽記載のほかに、検察に情報を提供したと述べた「私的な目的での投資資金の支出」、「私的な目的の経費の支出」も、ゴーン氏側の弁解・説明を聞くこともなく「不正」と断定したものであり、検察が特別背任罪等で立件しないのであれば、「ゴーン氏の悪事」と決めつけることはできない)。

このようなやり方は、古くは日本社会でも、「闇討ち」「寝首を掻く」などという言葉で表現され、「卑怯な計略」とされてきた。しかし、武力で劣る側が、圧倒的に優位な敵を倒す方法として「奇襲戦法」が肯定されることもあり(織田信長の「桶狭間の戦い」など)、太平洋戦争の開戦の際に、大戦果を挙げて賞賛された「真珠湾攻撃」もまさに「奇襲攻撃」であった。

しかし、宣戦布告もしないままの「奇襲」は、卑怯なやり方として、相手方から大きな反発を受ける。実際に、真珠湾攻撃の「奇襲」が米国民の激しい怒りを買い、在米日本人に対する不当な扱いや、その後の戦争での日本への民間人をも対象とする攻撃の理由とされたことも事実だ。

「高額報酬=強欲」批判に表れた「日本社会の卑しさ」

今回、ゴーン氏に重用されて社長の地位につき、自らも直近の期では5億円近くもの高額報酬を得ていた日産社長の西川氏が、ゴーン氏に対して行ったのが、まさに「闇討ち」であった。しかし、それは「検察の正義」という“錦の御旗”に支えられて正当化され、マスコミは、「ゴーン氏高額報酬=強欲」と決めつけ、検察・日産側のリークによる「ゴーン叩き」報道に埋め尽くされた。20年前、ルノーが巨額の出資をして倒産の危機に瀕した日産を救い、ゴーン氏が大胆な経営改革で同社を再生させたことは「過去のこと」とされ、「強欲な外国人経営者が日本人社員・取引先から不当に収奪している」との見方ばかりが強調される。かつては「名経営者ゴーン」にすり寄り、取材していたはずのジャーナリストが、「ケチ」「せこい」などとこき下す。そこには、強者や富める者が一度その地位から転落すると、社会全体で、水に落ちた犬に石を投げるという、これまでも繰り返されてきた日本社会の「卑しさ」の一面が現れたように思える。

日産・ゴーン氏事件で問われる「日本人の品格」

2011年の東日本大震災における被災者たちの行動は、世界中から称賛と感動の嵐を巻き起こした。多くの国で、自然災害の後には暴動や略奪が大量発生し、社会が無秩序化するのに、日本では、そういった犯罪が全く起きなかったからだ。むしろ、日本人は平時以上に冷静に行動し、「助け合いの精神」を発揮した。

東日本大震災で全世界から賞賛され尊敬された「秩序正しく寛容な日本社会」と、今回の情緒的な「ゴーン叩き」「高額報酬=強欲」批判に見る「排外的で無慈悲な日本社会」との間には、大きな落差がある。

入管法改正による外国人労働者受け入れ拡大、2020年東京オリンピック・パラリンピック、2025年大阪万博等のイベントなどもあり、今後、我々日本人と外国人との接点が急激に増えていくことは必至だ。

今回の「日産・ゴーン氏事件」を、犯罪の成否、法的責任などとは別に、「恩知らず」、「闇討ち」、「卑しさ」という面から、「日本人の品格」が問われる問題として考えてみる必要がある。






























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. ぢっとみる[447] gsCCwYLGgt2C6Q 2018年12月18日 06:13:57 : LLC16YRhF6 : 2yUQTAqpjc8[447] 報告
自民党の皆さん!
NISSANを見習って「寝首を掻」いて下さい。

ゴーンは叩いても、
本当に叩かなければいけないヤツ(等)を叩かないなら、
それは正に「品格」の問題だ。

2. 2018年12月18日 07:14:46 : eUTpkAQIBY : _ykxv7Bctt8[1251] 報告
検察も、加計と並んで
安倍の「驀進の友」なのかねぇ。。
アクセルふかせとか言うし!

バイクに乗れないヘタレを
ヘッドに置いた(象徴総長かいな?)
変な暴走族みたいな政権だよ

日本人の品格はおろか、知性も感性も
安倍一味が潰して回っている
麻生も菅も、ケケ中も

日本型の経営に戻すとか言って、
結局日産への天下り復活に涎垂らしてんだろ
今井は利権屋経産省のヘッド気取りの
安倍一味
豊田共々、原発輸出未遂5963夜露死苦!

3. 2018年12月18日 07:50:46 : EnPTEAGNyE : NmAfjPb6@p8[2] 報告
それは日本人じゃ無く、偽日本人+エセ朝鮮人の部落民だからと思わないと。

日本からも韓国からも軽蔑されるだけの人間モドキ共が今の日本を乗っ取り、今の日本をメチャメチャにしたという事。唾棄すべきこの人類共通の敵は、偽ユダヤの下僕になって日本を売ろうとしているのだ。

もっとも、おバカで脳天気な日本国民の責任も小さくは無いだろうね。

4. 2018年12月18日 12:05:56 : EghXnaq4bY : 3oTYH@I4nk4[17] 報告
>>3 能天気なことを言ってますね。

人のふり見てわがふり直せではないですか?

郷原氏の理路整然とした文章は、とても説得力があります。しかし、それは、それを認知できる人にとっての話でしょう。それを認知できない人があまりにも多いのが現状のようです。

郷原氏の立場では、推測でものが言えないのでしょうが、今回の奇襲攻撃は、今井某の描いた絵に従って行われたと私は思います。

5. 2018年12月18日 12:21:55 : mp6fw9MOwA : XTWWyuFax_s[197] 報告
国策捜査との疑いも囁かれている。
手口は陸山会事件と酷似している。
モリカケでは逮捕・起訴がなく、陸山会・ゴーン事件では合法なものを、違法にする罪を生み出す摩訶不思議な工作までしている。
これから、安倍政権が絡んでいると推認され、日本の品格を落しているのは日本人でなく、安倍政権というのが正しいだろう。
安倍政権は日本人が選んだので、日本人の品格が落ちているとの反論もありそうだが、罪を作ったり、無き物にする安倍政権なので、不正選挙で築き上げた政権と捉えれば、日本人ではなく、一部の集団が品格を下げていると言える。
6. 2018年12月18日 13:05:51 : o3QrDJ9g1w : 4hlkJk4rXAQ[365] 報告
まず、日産が外資の手、しかもゴミ同然のフランス資本の手に落ちた経緯を調べろ。品格?フランスにはあるように見えるのかね。

日産はあの時ルノーの傘下に落ちなくても問題なく今も存続しているが、ルノーはあの時日産に抱きつくことができなければ今頃はもう消えて無くなっている。技術も何も無い泡沫企業でフランス国営で息をついていただけの企業がなぜ日産(もとは日本の国策会社で兵器製造も手がけている)を手にできたか。

ゴーン逮捕に異を唱えた奴の名前のリストを作っているところだが、面白いリストになるだろう。工作員のあぶり出しに最適のトピックだ。

7. 2018年12月18日 15:54:33 : CRP3Nc9Gmg : fV914DoGYNQ[1] 報告
>仮に社員が10万人だとして、10億円を平等に配分するとすれば一人年間1万円となる。
>それは、パチンコや飲み代ですぐになくなる金額でもある。一方、
>その10億円が経営者一人に支払われた場合、贅沢な暮らしのために湯水のように
>カネを使う人もいるだろうが、それを社会貢献の原資にしようとする人もいるだろう。
>石油事業での巨万の富で設立されたロックフェラー財団や、最近では、世界中で
>貧困や飢餓にさらされた子供達を救う慈善活動を行う財団に巨額の資金を投じている
>マイクロソフト社の創業者のビルゲイツ氏などがその典型であろう。多くの国で、
>文化的遺産の多くが、事業で巨万の富を築いた事業家によって築かれてきたことも
>事実だ。

ここはおかしい。低額所得者が必ずパチンコや飲み代で消すわけではなく、
教育費に回す人も多いだろう。
仮にすべてがパチンコや飲み代で消えたとしても、次の使用者にお金が移る。
倫理的な良し悪しを抜きにすれば、経済的にはそれはお金が移動する状態なので
景気がいい状態、つまり経済的にはいい状態と解釈される。

だが、金持ちはケチなので集めるだけ集めて、その極一部しか社会に開放しない。
これは倫理的にも経済的にも悪い状態を作る。それが金持ちだ。金持ちは存在そのものが悪なのだ。むしろ、贅沢三昧で消費する金持ちは悪徳度が低いのかもしれない。
少なくとも、倫理的には悪でも、経済的には悪徳度は低い。

また、パチンコ屋も慈善事業しているが、それを認めるべきなのか?
ヤクザも慈善活動しているが、それで今までの行いをチャラにできるのか?
マイクロソフトも、ロックフェラーも、その資産の極一部を開放しているに過ぎない。彼らは狡猾なので、開放しないと、自分達の商品が売れなくなることを知っているから開放するのだ。

しかも、わずかに開放することによって、減税だの、名声だの、将来の市場開拓に
結びつけたりだの、している。純粋に慈善活動だけしているのではない。

金持ちというのは存在そのものが悪なので、
それを罪とするならば、法で禁止すればいいのだ。
最低賃金法があるように、最高報酬上限法を設ければいいだけだ。

報酬の上限を設定して、それに違反すれば逮捕すればいいのだ。
そういう法律も作らないうちから、恣意的に逮捕するのが悪いのだ。
金のあるなしではない。法のあるなしだ。

法もないのに強権逮捕する無法土人集団。それが特捜部だ。

8. 2018年12月18日 16:07:23 : yqylZ4l4OY : T91lPcWMtD8[2] 報告
勝ちそうな側に付いて、ワアワア煽り立てる。
これが日本メディアの特徴なのですかね。

1対1のケンカ仲裁ではマアマアや、ナアナアと
中身を知らずに、その場を収めるものです。

メディアの記者に有っても、対個人の仲裁程度の認識で
取材に当たり官房長官の会見を垂れ流すだけの記事では

読者視聴者離れが起きるのは当然。
郷原氏の分析に、地域経済に果たしたゴーン氏の視点を

分析した記事をメディアが何時書くのか待ちたい。

9. 2018年12月18日 16:18:37 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10092] 報告
「会社は株主のもの」この言葉がクセ者で外資系株主がもたらす害悪を隠蔽する目的でメディア上で多用されすぎているように感じられる。「会社は株主のもの」という言葉をわざわざ強調しなくても古くからある日系企業で創業者が自社株を大量に保有していることは珍しくなかったような気がするしそんな意味で別に特別視する事柄だとも思えない。それをなぜゴーンの日産やライブドア事件などにおいてだけ強調する必要があるのか。そちらが事の本質だろう。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理
10. 2018年12月18日 17:49:38 : QF1DZXV1o6 : wYJ4Jd7sEC8[3] 報告
郷原信郎

日産ゴーンの起訴話の中で
高額報酬自体が「悪」として非難されるべきことではない?

これはこの男がゴマカシ屋である証拠である

高額報酬のデドコロに言及しなければいけない。

トヨタ日産等の大手輸出依存企業は政権と癒着し悪法を立法させ
(社会保障と税の一体改革などの寝言にダマサレタ)
国民の税金をかすめ取っている。

消費税の戻し税からの高額報酬は品格以前であり
悪徳による重大犯罪。

何を斬る?これでは大根でも切れないだろう

11. 2018年12月18日 17:53:57 : Elio0nEowE : h2RZrOIR1F8[-660] 報告
> 「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格”(郷原信郎が斬る)

ゴーン氏逮捕について、フランスのメディアは「それ見たことか」と冷ややかな論調であり、
これまでにもゴーン氏の巨額報酬に対して批判的な記事を何度も発表してきた左派デジタル新聞メディアパールは、同日、『神聖不可侵と思い込んでいたゴーン氏の転落』というタイトルで、「これまでうまいこと疑惑をもみ消して来たが」で始まる手厳しい記事を発表。そして、過去のゴーン氏に関する数々の疑惑に言及した後、「経営者の給与を厳密検査して株主に情報を提供するコンサルタント会社Proxinvestが、ここ10年、ゴーン氏の給与が不透明なものであることを告発し続けて来たが、取締役会からなんの反応も得られなかった」とし、取締役会の怠慢を告発している。[1]

つまり、フランスのメディアは郷原信郎と違って“日本人の品格”ではなく、”ゴーン氏の品格”を問題にしている。

[1] ゴーン氏逮捕、フランスのメディアは「それ見たことか」と冷ややかな論調
https://news.yahoo.co.jp/byline/puradonatsuki/20181122-00105016/
プラド夏樹 | パリ在住ライター、ジャーナリスト
11/22(木) 8:03

ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の会長を兼務するカルロス・ゴーン氏が19日、金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された。ところで、フランスの一般メディアではどのように報道されているのだろうか?

慎重、かつ冷ややかな反応

メディア上では右派左派を含め、全体的に冷ややかな論調だ。フランスの庶民はもともと「億万長者アレルギー症」なうえに、折しも先週末に17日に、ガソリン価格高騰と購買力低下に反対する「21世紀の一揆」と呼ばれるデモが全国的レベルで起き、約28万人が「車がなかったら仕事に行けない、でもそうしたら食えなくなる!」と各地の主要道路を占拠して国中を大渋滞に陥れたばかりである。国民の頭に血が昇っている、そんな週末明けに届いたゴーン氏逮捕に関する報道には、左派・右派を問わず、「どうせそんなことだろうと思ってた」感が漂う。

19日、右派フィガロ紙でさえ『栄光の頂点でなぎ倒されたゴーン』というタイトルで記事を発表。サブタイトルは「金欲と権力欲という2つの欠点の代償を支払う羽目に」というものだ。本文では「ゴーン氏は古代ローマ史に通じていたから知っていたはずだ。歴代の皇帝たちはいつも裏切り者ブルータスが現れるのを恐れていたことを。栄光の頂点にありながら、この月曜日、その最も忠実な側近であった日産自動車社長西川広人氏が放った矢に倒れた」と。

これまでにもゴーン氏の巨額報酬に対して批判的な記事を何度も発表してきた左派デジタル新聞メディアパールは、同日、『神聖不可侵と思い込んでいたゴーン氏の転落』というタイトルで、「これまでうまいこと疑惑をもみ消して来たが」で始まる手厳しい記事を発表。そして、過去のゴーン氏に関する数々の疑惑に言及した後、「経営者の給与を厳密検査して株主に情報を提供するコンサルタント会社Proxinvestが、ここ10年、ゴーン氏の給与が不透明なものであることを告発し続けて来たが、取締役会からなんの反応も得られなかった」とし、取締役会の怠慢を告発している。

実際、フランスの大企業経営者が巨額報酬を欲しいままにしている理由に、経営者の給与を定める取締役員会において、従業員代表が役員の1/3(ドイツでは1/2まで)までしか占めることができず発言力が少ないこと、そしてまた多くの場合、役員というのが経営者とナアナアの関係にある人物という実態がある。「今回、私の昇給に挙手してくれたら、次回は君のところの取締役員会で君の言うとおりにするから」というようなことになりがちなのだそうだ。

20日夕方に発売された中道左派ル・モンド紙経済版(21日付け)の一面見出しは、『ルノー:パリはゴーン時代を終え、後継者を準備』。『太陽王の転落』とタイトルした記事では、2016年にヴェルサイユ宮殿のグラン・トリアノンで開かれたゴーン氏の再婚パーティーの場面の描写から始まり、「今や財政不正の疑いで東京の拘置所に捕らわれた王様は裸だ。日産自動車の後継者、西川広人会長は、ゴーン氏をあらゆる罪で告発し、なかでも、ヴェルサイユ宮殿でのパーティー費用を会社に支払わせたことを非難している。日本で大人気だったゴーン氏だが、ルイ14世が言ったとされている、『私が役職に就けてやった者は恩知らずな振る舞いをするようになり、残りの100人は不満を漏らす輩になる』という言葉を思い出すべきだった」と皮肉っている。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

12. 2018年12月18日 18:49:52 : lWUCfj8NHI : iqR9GZ7aFkc[36] 報告
郷原はフェアーでリベラルだと思っていたがいつから変節したのだろう。
「日本人の品格」を問う前にゴーンの品格を問わなければならない。

たかが雇われ経営者が立て直しが成功したとされて分をわきまえず他の日本の大企業のCEOをはるかに超える報酬を得ていてさらにそれに倍する報酬を得ようと画策したのだから。

13. 2018年12月18日 19:46:39 : 82xViKsNP6 : jGZW8kme9gs[217] 報告
あるように 見せてもいつか ないとバレ
14. 2018年12月18日 21:07:53 : rbhaj3dglo : R@Tegl9WJiI[7] 報告
>>3,5 御意!

この国は朝鮮・田布施の犯罪者が支配しており、
民主主義は贋作、支持率は捏造、選挙はスターリン方式である。

日本語もままならず、ミエミエのウソを吐き続ける睾丸にムチのアベは、日本人ではない。
日本を売り、日本国民を地獄へ突き落す人間のクズは日本人ではない。

そんなクズ集団が暴政を繰り返すのは、選挙で勝つことが決まっているからだ。
そして特捜部は、CAIの手先であり、犯罪者のための冤罪製造装置である。


>安倍晋三・昭恵夫妻は朝鮮人である
http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/790.html
>経団連と東レは朝鮮人 崔定征 通名 榊原定征に乗っ取られた! 消費税増税と法人税減税 血税泥棒 國賊 パソナ竹中平蔵 ハニートラップの舘 仁風林 小野寺五典 米倉弘昌とモンサント
http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2115315.html

>今の自公のやり方を見よ 「次の選挙で落選する可能性」を考慮に入れてると思うか?
https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/6ca5pf/
>何度も言うが、元凶は不正選挙だhttps://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/6exmxv/
現在の政治状況で有効なカードは「不正選挙の追及」「国際的な選挙監視団の招聘」以外にない。もちろん自民党は汚物だし、野田は豚だが、安倍に文句を言うヤツも、野田や「民進党の心ある議員」にアドバイスをするヤツも、不戦選挙の追及を柱に立てないのなら、共謀罪の成立や現支配体制の補強に寄与しているのと変わらない。プロレスでヒールに野次を飛ばそうがベビーフェイスの戦い方に文句をつけようが、筋書きを変化させることなどできはしないだろう。

>米国の国益を損なう者は検察に抹殺される “My Name is“TABOO” 2011/06/14
http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63978332.html
 東京地検特捜部は旧日本軍所有の貴金属や軍事物資の接収、対GHQテロ防止を目的に編成された「隠匿退蔵物資事件捜査部」@が前身であり、戦後66年間にわたり米国諜報機関の下部組織として連綿とその役割を果たしてきました。つまり、検察とは米国とエスタブリッシュメント(日本在住支配者集団)の暴力装置です。
 いまなお検察内部で「A」と通称される隠語はAmericaを意味します。これにかかわる裏歴史を綴るならば一大叢書となりますので割愛しますが、知られたところでは中東と直接資源外交を行いロックフェラーの逆鱗に触れ失脚した田中角栄、郵政民営化を対日金融支配であると看破し、マスメディアで警告を発したがため痴漢冤罪逮捕となった植草一秀など、米国の国益を損なう輩が検察により抹殺されることはほぼ常識として語られます。・・・


15. 2018年12月18日 21:13:27 : rbhaj3dglo : R@Tegl9WJiI[8] 報告

この痴性が日本の総理で(↓)
http://blog-imgs-74.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20150224173803569.jpg

こんな選挙遊説で自民圧勝など、https://imgur.com/a/99SNP

天が落ち、地が裂けても、太陽が海に沈んで「ジュ!」って言っても、あり得ないだろう。

16. 2018年12月18日 22:43:40 : ilJSHK3wFg : KcxsNYas5Us[262] 報告
郷原の品格が試されています。

変質したのかな? 郷原ちゃん。

犯罪者ゴーンにえらい肩を持つ出ないか?

日本検察・特捜はしっかり仕事しています。任せましょう。

17. 2018年12月19日 00:51:53 : YKNVfhumKQ : 10pfvNjEzuc[3] 報告
株価暴落。
もう仕返しされてる、ロスチャ子分ゴーンさんに手出しした馬鹿な李晋三。
あんなひどい逮捕拘禁を世界中に連日報道されると、
世界中の経営者の憎しみを日々積み重ねているのがわからない李晋三。
すがとか国際感覚無さそうだからな。
全ての日本側の登場人物が半島臭だからね、西川等。
東芝をまず原子力買収損失で嵌めた今井、そしてサムスンへ売国。
味をしめて今回かな。
もっとも日本人も今空っぽすぎる、源平藤橘を引っ張り出してアイディンティティの再構築が必要、バカ麻生お前の実家のすぐそばにいるんだぞ。
18. 2018年12月19日 03:05:42 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3777] 報告
   新聞紙上で、日産は歴代独裁者がトップに立っているとあった。そういえば、ひと悶着有った際に、ニュースで日産社長の名前が記事になっていたような記憶がある。
    そして、ゴーンも同じく独裁者だった、としている。
    独裁者による経営というのは一体どのようなものだったのか。
    記事では、策略を使って現社長を追い落とすなど内紛を起こした者を独裁者としているようだが、日産は有志会社などでは無く株式会社では無かったのか。
    株主による投資資金で資本を得て経営が成り立つのが株式会社であり、それには株主総会での株主による真摯な提言や批判が必要不可欠だろう。
    ところが、従前は、株主総会といえば総会屋を前面に出し、彼らに異議なし、と声を立てさせるシャンシャン総会で、あっと言う間に総会を終えていたのが大企業群である。
    かつ企業同士が株を持ち合い、経営不振であっても表面的には順調であるかのように互いに大企業同士で支え合っていたのである。
    例えばこれらを是正しようとした社内の正義感溢れる真の企業人を追い出すような策略を施して社長の地位に座り、周辺の誰の意見も聞かずに会社の資金を勝手に動かせば独裁である。
    しかしながら、そうした傾向よりも、むしろ総会屋というその筋の者を駆り出すのも財界集団、株の持ち合いも財界集団だとすると、一人の人間の独裁というよりも、高度経済成長のどさくさに紛れ、株主や従業員が本来得るべき利益を財界全体で収奪したというのが事実ではないのか。
    現在に繋がる日産社長の殆どが独裁者であり日産は独裁者によって経営が為されて来たのでありゴーンもそれに連なると記事はいう。
    ならば、何故歴代社長が誰一人逮捕拘禁されなかったのか。
    今回会長候補の一人として元経済産業官僚である社外取締役が名指されているが、株主の意見を排除したシャンシャン総会、株の持ち合いによる甘えた経営も、自民、財官の護送船団方式による、物言う労働者や株主の排除が根底にあり、だからこそ、どこからも批判を受けずに独裁経営が続いていたのではないのか。
    何人もの歴代の社長が独裁だったそうだ。ならばもっと早くに逮捕、拘禁していれば、海外から助っ人を呼ばねばならないような日産の破綻状況も無かったろう。
    外国人を招聘して起死回生を図り、一息ついた今になって、外国人CEOは報酬が多過ぎ、独裁者であり、日産の従業員や株主への背任だとして逮捕、拘禁するに至らなかったと言っても過言では無い。
    
19. 2018年12月19日 10:30:56 : FFdpf94dSs : elBC3mcLAbw[7] 報告

森友問題においては=一切、財務省批判ならびに^^

財務省ではなく=官邸を追求しようとする野党側を支持する事で^^

(安倍官邸から=財務省に圧力があったはず)との^^

↑まったく証拠に基づかない=論説を展開した=郷原弁護士であったが^^

今回は=極めて適切な評論を為していると言える^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

20. 2018年12月19日 10:33:41 : FFdpf94dSs : elBC3mcLAbw[8] 報告

ゴーン氏が^^

仮に悪いとして=も^^

この=日本の司法の在り方というものは=国際社会の一般常識に照らして^^

まったく正当性を欠いている←と、しか言えない^^

ゴーン氏が=悪いなら^^

ルノーが要求する=株主総会を=開いた上で^^

株主が=背任と認定するかしないか←この方が=上位の判断であることは明白である^^


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

21. 2018年12月19日 10:39:24 : FFdpf94dSs : elBC3mcLAbw[-12] 報告

しかも^^

ゴーン氏が=粉飾決算に当たる←財務諸表の改竄を命じた←として^^

西川社長は=リアルタイムで、その時の(犯罪事実とされる記載行為の)執行者である^^

司法取引とは^^

犯罪執行者が=犯罪事実を告白することによって=真犯人の散逸を幇助することを回避し^^

真犯人の=身代わり犯罪を=他者が引き受けることで←真犯人そのものが逃げ切ることを^^

↑封じる目的で=法制化されたものであるが^^

この場合^^

官僚が=企業を乗っ取り、官民共同体を生成させようとの^^

国家社会主義化に=司法取引を=利用しようとしているフシがある^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

22. 2018年12月19日 10:41:09 : FFdpf94dSs : elBC3mcLAbw[-11] 報告

極めて=危険なことであり^^

国際機関は=この問題を=放置することなく^^

日本官僚が=再び、主権を振るって=軍国主義化しようとするのを^^

制止の上=戦犯を=処分すべきである^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

23. 2018年12月19日 10:43:56 : FFdpf94dSs : elBC3mcLAbw[-10] 報告

モリカケcoup d'Étatによって^^

官僚の力を=殺ごうとした安倍政権は^^

官僚・野党・マスコミ3者連合軍によって=実権を喪失し^^

官僚機構に=支配されてしまったので^^

官僚・野党・マスコミ3者連合軍による=警察権の絶対主権化は^^

再び=戦前の特高警察の域(超危険水域)に=到達している感がある^^


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

24. 2018年12月19日 13:46:59 : DuWp6G79SH : gIMPlHQf04w[367] 報告
安倍晋三に品格を求める酔狂な人も居るんですかね。
25. 2018年12月19日 14:34:53 : mqbpM16S4Q : jG@A@kd2mLM[12] 報告
郷原先生は、カルロスゴーンより日本人のほうが品格がないと言いたいのでしょうか?
日本人の一般庶民よりカルロスゴーンの方が1000倍以上品格ないというのは事実ではないでしょうか?
日産の利益は労働者が稼ぎ出したものですから、労働者への還元を最優先にすべきでしょう。経営者が私利私欲を最優先したら批判されるのは当たり前ですよ。
フランスのメディアですら、強欲ゴーンを批判していますよ。

ゴーン氏逮捕、フランスのメディアは「それ見たことか」と冷ややかな論調
https://news.yahoo.co.jp/byline/puradonatsuki/20181122-00105016/

26. 2018年12月19日 14:49:46 : d38tddxvBY : bnrRXeaKAvU[1] 報告
>>25
この場合、郷原氏も勘違いしていますが、被疑者の品格は関係ないのです。
被疑者が例え本当に魔女であっても、魔女裁判をしてはいけないというのが、
先進国の品格です。
日本人は、自分でものを考えない馬鹿ばかりなので、マスコミがこれが正義といったり、ブロガーがこれが正義といえば、簡単に騙されて、一緒になって普段の鬱憤を晴らすために、リンチし始めます。土人の様です。
土人は魔女裁判や欠席裁判が大好きなので、人格が劣っているのです。
ゴーン氏の品格とは別個に劣等民族なのです。
27. 2018年12月20日 00:29:24 : AgIM1bieyo : EoyJ@BSJr7k[7] 報告
検察の暴走は許せないが、

しかしただそれだけで
なぜ突然「日本人の品格」まで批判しなければいけないのか?

論理が飛躍しすぎている。

これが法曹関係者の発言とは思えない。

この郷原という男も怪しいといわざるえない。

28. 2018年12月21日 02:22:16 : EghXnaq4bY : 3oTYH@I4nk4[25] 報告
>>27
検察の暴走を支持する日本国民が多いから、「日本人の品格」が問題になっているのでしょう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民130掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民130掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民130掲示板  
次へ