★阿修羅♪ > 国際22 > 579.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮の核放棄はリビア方式を念頭とボルトン! 
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/579.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 01 日 11:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

北朝鮮の核放棄はリビア方式を念頭とボルトン!
http://85280384.at.webry.info/201805/article_3.html
2018/05/01 08:06 半歩前へ

▼北朝鮮の核放棄はリビア方式を念頭とボルトン!

 米大統領補佐官のボルトンは、北朝鮮の核放棄の具体的方策について、リビア方式を念頭に置いていると強調した。

 NHKによると、リビア方式とは2003年に大量破壊兵器の放棄を表明し、実行に移したリビアを前例に、核の放棄を先行させ、その後に制裁解除などの見返りを与える考え方。

 リビアでは2003年の12月に当時のカダフィ政権が、核兵器や弾道ミサイルなどの大量破壊兵器の開発計画を放棄すると表明。IAEA(国際原子力機関)の査察チームを受け入れた。

 これを受けて、当時のブッシュ政権は2004年2月からリビアへの制裁を段階的に緩和。2年後の2006年には大使館を開いて国交正常化を実現した。

 ブッシュ政権でリビアの大量破壊兵器の放棄に軍縮担当の国務次官として関わっていたのがボルトンである。

 こんな一方的な提案を北朝鮮が受け入れるか疑問だ。金正恩は「体制の維持」の保証を求めている。これが確認できない限り、非核化には応じないだろう。

 国務長官のポンペオは、北朝鮮との交渉では「体制転換を求めない」と言った。

 いずれにしてもトランプと金正恩の初会談は予断を許さないものとなろう。



北朝鮮はリビア方式で非核化実現を ボルトン大統領補佐官
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180430/k10011423051000.html
4月30日 7時38分 NHK


動画→https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180430/k10011423051000.html

アメリカのボルトン大統領補佐官は、アメリカが求める北朝鮮の非核化について、かつて大量破壊兵器計画を放棄したリビアを前例に、国際社会の制裁を維持しながら北朝鮮が、まずは非核化を着実に実行することが欠かせないと強調しました。

ホワイトハウスで安全保障担当のボルトン大統領補佐官は、29日、アメリカのFOXテレビの「FOXニュース・サンデー」などに出演しました。

この中でボルトン補佐官は、北朝鮮が、核を放棄する重大な決断を実際に行ったか現時点ではわからないとしたうえで「米朝首脳会談で、北朝鮮側が核の放棄という決断の証拠を示せるのか確認したい。歴史的な合意となる可能性もあるし、ならない可能性もある」と述べました。

そのうえで、アメリカが求める北朝鮮の非核化について、2003年に大量破壊兵器計画の放棄を表明し、実行に移したリビアを前例に挙げ、国際社会の制裁を維持しながら北朝鮮が、まずは非核化を着実に実行することが欠かせないと強調しました。

そして、ボルトン補佐官は「リビアでは、アメリカとイギリスの監視団がすべての核関連施設への立ち入りを認められたので、リビアへの疑念が消えていった」と述べ、北朝鮮に対する国際社会の疑念を払拭(ふっしょく)するためにも、核開発計画の完全な申告と検証が重要だと説明しました。

一方、ボルトン補佐官は、北朝鮮に拘束されている3人のアメリカ人について、「トランプ大統領の最優先事項だ。解放すれば首脳会談に向けて誠意を示すことになる」と述べ、北朝鮮の決断を見守る姿勢を示しました。

「リビア方式」核放棄を先行

リビア方式とは2003年に大量破壊兵器の放棄を表明し実行に移したリビアを前例に、核の放棄を先行させ、その後に制裁解除などの見返りを与える考え方です。

リビアでは2003年の12月に当時のカダフィ政権が、核兵器や弾道ミサイルなどの大量破壊兵器の開発計画を放棄すると表明しました。

そして、放棄を表明した直後の2003年12月末にIAEA=国際原子力機関の査察チームを受け入れたほか、表明から1か月後の2004年1月には、遠心分離機など核兵器を開発するための機材や弾道ミサイルの開発を記した文書など、合わせて25トン分をアメリカ側に引き渡しました。

これを受けて、アメリカの当時のブッシュ政権は2004年2月からリビアへの制裁を段階的に緩和。2年後の2006年にはリビアをテロ支援国家の指定から外し、大使館を開いて国交正常化を実現しました。

当時、ブッシュ政権でこのリビアの大量破壊兵器の放棄に軍縮担当の国務次官として関わっていたのが、ボルトン大統領補佐官です。ボルトン補佐官はリビア方式に基づいて、まずは北朝鮮が核開発計画の完全な申告と査察などの検証を受け入れるよう主張しました。

しかし、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は「段階的で歩調を合わせた措置を講じれば朝鮮半島の非核化の問題は解決できる」と先に述べるなど、米朝の同時並行的な措置を主張していて、立場の大きな違いが浮き彫りになっています。















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月01日 15:24:55 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[643]
ほなら、イスラエル方式はどやろ。

攻撃して様子を見て、逃げずに切れられたらハルマゲドンやな。
「ならず者国家の米国」がハルマゲドンになるんやよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%89%E3%83%B3


2. 2018年5月01日 17:36:51 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[305]
そもそもの疑問として、
北朝鮮との平和条約を結ぶための条件としてその様な事を迫る根拠はちゃんと有るのだろうか?
だだアメリカが後出しで自分達の都合よい条件を根拠も無しにただ押し付けているだけではないのだろうか?
詳しい方が居ましたら解説を願いたい。

何の根拠を持ってアメリカは平和条約を結ぶための条件として北朝鮮に核の放棄を迫る権利が有るのか?


3. 仁王像[2120] kG2JpJGc 2018年5月01日 19:55:05 : IrQU9sXroA : 3mJMXYArlAo[1]
(ボルトンとハサミは使いようか)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/351.html#c1

4. 2018年5月01日 20:30:40 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[312]
このような意見も有りますが。
北朝鮮を捨ててイランを取りに行ったアメリカ?
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/827.html#c1

5. 仁王像[2122] kG2JpJGc 2018年5月01日 20:51:15 : IrQU9sXroA : 3mJMXYArlAo[3]
 >>4

 ご紹介のコメントには同意できません。(その理由は繰り返しません)


6. 2018年5月02日 08:47:45 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[313]
>>5さん
返事を頂き有り難うございます。
確かに米国は大きな戦争をやり続けるけの余力はないと思います。
しかし大きな戦争を誘導する程度の軍事力は未だ持っていると思います。
それを理解している上層部は、長期の戦争を避け短期の決戦、を目論んでまた性懲りも無く無分別なイザコザを起こすのではないかと心配をしております。

絶対に戦争はやらない、出来ないと言う自信が有れば中東で起きているような挑発は控えるのではないかと思う。
イスラエルはアメリカをバックに戦争をやりたがっている、いままでアメリカは適度にその手綱を締めていたと思うが、最近の動きを見ていると、それならお前ら勝手にやれ、アメリカは知らんぞ、みたいな立場を取っているのではないかと思う。

イスラエルはアメリカの承諾はもらった、知らんと言ってもいざと成ればアメリカも無視は出来ず同調せざるを得ない、やった者勝ちだ。
そうは問屋が卸さないよ--アメリカ、そんな思考戦も有れば良いのですが。

戦争をやりたい連中は借金が有るのか、それともぼろ儲けを出来る見込みがあるのかは知らないが、とにかく戦争をしようと見境無く思考を張り巡らしているかの様に思います。

平和の為の武力、そのタガが緩み脅しや、略奪の武力と大きく変質している様に思う。やれば自滅の道しかないと思うが、シロアが言っているのも似た様な感じに思う。


7. 仁王像[2124] kG2JpJGc 2018年5月02日 12:50:07 : mysPWLFytZ : 6i__pbMsPtQ[2]
(米国は、もはや数百人〜千人単位の米兵を殺すことはできない)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/582.html#c6

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ