★阿修羅♪ > 国際24 > 728.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
欧州の“智の巨人”が警告「EUは崩壊する!」(ハーバー・ビジネス・オンライン)
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/728.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 11 日 00:22:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

欧州の“智の巨人”が警告「EUは崩壊する!」
https://hbol.jp/180703
2018.12.10 及川健二 ハーバー・ビジネス・オンライン


「フランスの離脱」を掲げる政党代表が来日


フランソワ=アスリノ財務上級監査官・人民共和国連合代表

 10月、“欧州の智の巨人”と呼ばれるフランソワ=アスリノ財務上級監査官・人民共和国連合代表が来日し、早稲田大学や京都大学で講演した。筆者のアテンドで、小沢一郎・自由党共同代表、山本太郎・自由党共同代表、海江田万里・立憲民主党顧問、菅直人・元首相、大塚耕平・国民民主党代表らと精力的に懇談した。

 アスリノさんが日本に初めて来たのは学生だった1979年の夏。2か月ほどかけて日本を旅行した。それで日本が大好きになり、翌年の1980年から、東京の駐日フランス大使館の経済担当官として1年半滞在した。

 その後エリート官僚コースを歩み、1994年にエルヴェ=ドシャレット外務相に同行して来日、1996年にはジャック=シラク大統領に付き添って来日した。来日回数は6回で、今回は22年ぶりだった。ちなみに、エマニュエル=マクロン仏大統領は元財務中級監査官であった。官僚のキャリアとしては、アスリノさんのほうが上にあたる。

 アスリノさんは2007年、人民共和連合(UPR)を結成する。人民共和連合は欧州連合、ユーロ圏、北大西洋条約機構からのフランスの脱退と人民主権の奪回を目的に結成された。いわゆるフレグジット(Frexit=フランスの離脱)が目標だ。

 そのアスリノさんの日本滞在中に、インタビューを行った。

22年ぶりの日本はかつての活気を失っている

――久しぶりの来日ですが、感想をお聞かせください。

アスリノ:22年ぶりの日本ですが、やはり私の大好きな美しい文化と礼節を大切にする心をお持ちの方々の変わらぬ姿に愛着を覚えます。また同時に1980年代から見て、大きく変化した日本の姿にも気がつきました。当時は、東京でも多くの子どもたちの姿を目にするたいへん活気あふれる日本でした。

 しかし今回目にする日本は、かつての活気が感じられなくなっています。まさに想像以上の少子高齢化に少し驚いています。また、1995年当時の日本は、世界のGDP(国内総生産)の約17%を占める経済力を誇る国でしたが、今日ではその比率が5%台に減少しています。対して隣国の中国は、2%台から約15%に拡大しています。これは、緊縮財政と消費増税によって堅持されてきたデフレ化政策の当然の結果と言えるでしょう。

――日本は1997年の橋本政権以降、一部の例外はありましたが、緊縮財政・増税路線を踏襲してきて、20年以上デフレに苦しんでいます。なぜ日本は、そうならざるをえないユーロ圏でもないのに、緊縮財政・増税路線から逃れられないのでしょうか?

アスリノ:それは他でもない、OECD(経済協力開発機構)のウルトラ・リベラリズムの影響があるのです。日本は、OECDの中でももっとも成長率の低い国となっていますが、これは逆に言えば、日本がOECDの方針に最も従順に従う“優等生”として振る舞っているのです。

 日本の背後にはOEDCがあります。この機関は、いわゆる新自由主義の経済政策を実行するよう加盟国に圧力をかける役割を担っています。そしてOECDの背後には、アメリカの意向によって作り出されたグローバル戦略が働いているのです。

EU=白人のキリスト教国集合体はむしろ閉鎖的で人種差別的



――フランスには左派にも右派にもEU懐疑派がいますね。

アスリノ:しかし、他の政党はEUの改革を掲げているに過ぎません。極右政党である「国民連合(旧国民戦線)」のマリーヌ=ルペン党首も、「立ち上がれフランス」のニコラ=デュポン=エニャン党首も、今ではEU離脱を公約から外しています。EUの存在自体を疑問視していて、EUからの離脱、つまりフレグジットを公約しているのは我が党だけです。

 EUは機能不全に陥っている。「出るしかない」というのが私の主張です。欧州統合のプロジェクトはそもそも実現不可能でした。言語や宗教、経済が異なる28か国を統治するには、各国の利益に合わず、市民が望まない政策を押しつけるという反民主的で独裁的な手法にならざるを得ない。

 つまり、ブリュッセル官僚がEUの実権を握り、市民が望みもしない政策を押しつけてくるのです。フランスはアフリカ諸国などとグローバルな関係を築いてきたのに、白人のキリスト教国が集まるのは閉鎖的で人種差別的とも言えますね。

 さらに、仏独の和解で欧州の平和が保たれてきたと皆が言いますが、21世紀の今日、対独戦争はあり得ません。逆に欧州が一つにまとまることで、中東やロシアとの亀裂が生まれているのが現状です。

ユーロからの離脱は、最も有効な経済再興策

――それにしても、なぜにEUからの離脱・フレグジットなのでしょう。

アスリノ:経済学者ジャック=サピールの試算をもとにすると、ユーロからの離脱はもっとも有効な経済再興策です。同時にきわめて有効な失業対策であるのです。理由を説明しましょう。ユーロからの離脱によって独自通貨が発行でき、フランスが自由な通貨政策を取ることが可能となれば、現在ある400万人規模の失業者を200万人以下に減らすことができるのです。

 アベノミクスが異次元の金融緩和をやったように、フランスでも通貨発行権を取り戻して金融緩和し、刷ったお金で財政出動して失業対策や社会保障にお金をまわせばよいのです。ユーロ圏は対GDP比の3%以下しか赤字国債を発行できない。金融緩和もフランス独自には出来ない。EUにいる限り、緊縮財政・増税路線にならざるを得ないのです。だからこそフレグジットなのです。

失われてしまった政治・経済・外交上の主権と自由を回復する



――最後にうかがいます。これから、どのようなEUを目指していくのでしょうか?

アスリノ:多様な文化、社会、歴史を持つEU諸国が、独自の特性を活かしながら、互いの連携と協力を進めていける国際関係が重要なのです。一律に均質化する必要はないのです。それこそが多様性の尊重ではないでしょうか。

 民主的な意志を無視し、一律のルールによって縛られてしまう現在のブリュッセル官僚による中央集権・ユーロ体制から離脱する必要があります。2016年6月のイギリスの有権者によるEU離脱を決めた国民投票の結果に従ってイギリス政府によって進められているブレグジット(Brexit=イギリスの離脱)へ向けての歩みは、フランスが見習うべき民主的な手続きです。

 通貨発行権だけではありません。現在失われてしまった政治、経済、外交上の主権と自由を回復しなければなりません。だからこそフレグジットなのです。安倍首相は再登板するとき、「日本を取り戻す」とおっしゃったそうですね。それに倣えば「フランスを取り戻す」のが私たちの目標です。

 財政・金融・外交・安全保障の主権を取り戻す必要があるのです。フレグジットは排他的でもなく、きわめて現実主義的な政策です。徹底したリアリズムに基づきます。フランスが主権を回復してこそ、明るい未来が見えてきます。


<質問/及川健二(日仏共同テレビ局France10日本支局長)、翻訳/荻野文隆(東京学芸大学特任教授)>















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月11日 02:11:06 : pBnHco5TK6 : DqhdFICXG70[1] 報告
リップサービスで安倍を上げ上げしている点を除けば、概ね正しい。

>これは、緊縮財政と消費増税によって堅持されてきたデフレ化政策の当然の結果と
>言えるでしょう。
>――日本は1997年の橋本政権以降、一部の例外はありましたが、
>緊縮財政・増税路線を踏襲してきて、20年以上デフレに苦しんでいます。

ここは最も正しい。
日本ではいまや、最も左といわれているエコノミストや政党、政治家も
ほぼ誰も指摘しないが、これは最も正しい見識だ。
少子高齢化は結果であって、原因ではない。原因は政府のデフレ化政策だ。

>アベノミクスが異次元の金融緩和をやったように、フランスでも通貨発行権を
>取り戻して金融緩和し、刷ったお金で財政出動して失業対策や社会保障に
>お金をまわせばよいのです。

ただし、老婆心で指摘させてもらうとすれば、安倍と違って、本当にこれを実行した場合、上手く行ってもスポンサーの手下のマスコミの集中攻撃を浴びて、赤字財政を財政ファイナンスで埋めていると批判され、富裕層によるハイパーインフレ攻撃に晒される恐れがあることを、留意しておく必要がある。
あるいはマスコミに嘘で固められて、マクロンと同じように暴動を起こされて、
政権を放逐されてしまうだろう。
マスコミや金持ちに蔓延るゼニゲバ新自由主義者との戦いは、一筋縄ではいかないのだ。
〜自らの手で民主党を破壊し自業自得で苦しんでいる愚かな国民より〜

2. 2018年12月11日 06:18:32 : 8xYbMmzqCk : ZRmW11HLoAk[48] 報告
 日本を取り戻すってなんの御冗談を。安倍や麻生らは日本を売り渡して私腹を肥やしてるんです。見る目がないのでは? 
3. 2018年12月11日 10:00:36 : wTqrxDwRMY : vEeN2335v8Q[1809] 報告
 
 EUは ドイツだけが 得をする仕組みだよね〜〜〜

 ===

 ただ ドイツは 稼いだ金を そのたの弱小国に 貸し付けていて(焦げ付いていて)

 実質的には 美味くはいっていない

 ===

 日本でも 東京は 黒字(儲かっている)が 地方は 赤字だよね〜〜

 だから 東京の金を 地方に バラ撒いたほうが よいのではないか? って言われている

 ===

 つまり 金は 一極集中するのだから その金を 拡散するしくみが必要なのだ

 ドイツが 東京だとすれば イタリア・スペインは 島根や岩手・青森 などに匹敵する

 ===

 愛は だから マイナス金利で 借金の棒引きシステムが 有効だと 20年も前から主張している
 

4. 2018年12月11日 12:37:57 : wTqrxDwRMY : vEeN2335v8Q[1810] 報告

 単に 数学の話として  

 常に 「+」となる所と  常に「ー」となる所が 存在して

 常にマイナスであれば それは 常に プラスの所が「譲歩」しなければ 

 経済は 回って行かない

 ===

 江戸時代に 両替商が 膨大な金額を 大名に貸し付けた結果 大名は返済が不可能になった

 徳川幕府は 最大の両替商を取りつぶして 多くの両替商の借金を 徳政令で チャラにした

 つまり 巨大なプラスは 巨大なマイナスと同様に 存在することができないのだ

 ===

 つまり プラス金利には マイナス金利が ペアで 存在しなければならない
 

5. 2018年12月11日 13:41:38 : gWkOLM6URM : F1S@TwM8cGA[1] 報告
>2

単に見る目がないのとはちがうんでは?むしろ言ってるのは皮肉な褒め殺しに聞こえますよ。前段では間接的に批判してますからね。

上品なエリートさんだから「アメポチの売国馬鹿」なんて言わないだけでしょ。

まあ、安倍でなくてもそうなる、ってこともあるかも知れんけど、あんなにこの国の将来も考えずに嬉々としてはやらんわな。


>日本は1997年の橋本政権以降、一部の例外はありましたが、緊縮財政・増税路線を踏襲してきて、20年以上デフレに苦しんでいます。なぜ日本は、そうならざるをえないユーロ圏でもないのに、緊縮財政・増税路線から逃れられないのでしょうか?

>アスリノ:それは他でもない、OECD(経済協力開発機構)のウルトラ・リベラリズムの影響があるのです。日本は、OECDの中でももっとも成長率の低い国となっていますが、これは逆に言えば、日本がOECDの方針に最も従順に従う“優等生”として振る舞っているのです。

>日本の背後にはOEDCがあります。この機関は、いわゆる新自由主義の経済政策を実行するよう加盟国に圧力をかける役割を担っています。そしてOECDの背後には、アメリカの意向によって作り出されたグローバル戦略が働いているのです。

6. 2018年12月11日 19:00:14 : 82xViKsNP6 : jGZW8kme9gs[25] 報告
崩壊に 向かう時期だよ EUは
7. 2018年12月12日 15:18:23 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[822] 報告
ご本人には何の罪もないが「知の巨人」て、...何?

むかし田中角栄をありもしない容疑で散々ののしった婆さん顔のあの男
について「知の巨人」という形容があった。
 
 小沢連中もこんな外国人を連れてくる余裕があるなら国内でやれるこ
とがほかにあるだろうよ。どうせ連れてくるなら「世界の選挙は不正で
成り立っている」と証言するくらいの人間を連れてきたらいいだろうが。

 この頃は小沢にも野党の誰にも期待しない。
この国の政治は(国として独立させてもらっていないために)内側からは絶対に動かすことができないとわかっているからだ。

「知の巨人」だと。
なーにが。
宣伝してるメデイアの連中も翻訳した外語の教師もいい加減だよな。
本人はネット情報じゃ分かり切った事言ってるだけだ。
鼻で笑うワ。


8. 2018年12月13日 00:41:04 : Y39wSRqLeI : 3bT_bLdiPpU[287] 報告
フランスが緩和?
冗談もいい加減にするんだな!

米国債回収目的に、
パリが暴動騒ぎで分弾圧に晒されている。 

フランスが米国債回収特化の緩和をしたら

それこそ、
デモ量産を喰らい、
フランスが分解させられる。

彼はネオコンの使者、
読むだけ毒、

正解はすでに出してある。

http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/717.html
フランス全土が怒りに震える「黄色ベストデモ」という“階級闘争” これは国民からの正当な異議申し立てだ(現代ビジネス)
*10
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/715.html
欧州問題、パリ暴動の遠因 直因は米国債であり
元凶は「米国債暴食のネオコンのねずみ講住宅政策」

これで、今米国が金融封鎖とされてブラック雇用で格差拡大で路上生活者急増との未曾有の社会問題に発展。、

フランスを含む「欧州全土」が米国と同時並行でネズミ住宅を移植され、
リーマンショックで壊滅、―――

以来欧州が米国債回収目的の国家分弾圧を仕掛けられ、

フランスもブラック雇用と格差拡とのダブル被害から国家分断、―――それに追い討ちの、「独マケル首相の難民受け入れ」から――――
移民問題が「欧州全土」に広がり、

フランスも欧州も暴動多発シンクロの分断争議に絡まれて、ーーーーー米国債回収圧とのダブルパンチ。

日本も米国債回収緩和でブラック雇用で格差分断社会に
更に移民投入で、国家騒乱 国家分断予定済みで―――――米国債回収圧。
と、

全ては、
リーマンショック後の
米国債の回収圧被害であり

その全てを
新自由主義=グローバリズムや「デープステイト=Q」に責任転嫁との

ネオコンの責任転嫁クーデター ???    

新自由主義「NWO」はグローバリズムと同義でどちらもネオコンが生みの親。

最近ではデープステイト=Qを表に出して
ネオコン=新自由主義「NWO」=グローバリズム=デープステイト=Q ――となっている。

ネオコンが米国債の悪用乱用で世界経済に大穴を開けてしまい

ネオコンの大穴隠し、大穴埋めに、かっての仲間や外国に責任転嫁させようと、
トランプに、「孤立、排他、極右を振付けて」

トランプ代行で「ネオコン」のグローバリズムや NWO「新自由主義」叩きとのマッチポンプ。

斯様な経緯で

米国債が世界で排他危機の 包囲危機となって、
米国債の包囲打開に、

トランプがネオコン代行で世界に排他政策、分断政策を仕掛けている
日産問題もパリ暴動も 直近の中国ファーウエイ副会長問題もしかりで
これと同根。                

全ての問題は米国債につながる。


9. 2018年12月13日 01:00:57 : gVnIXvIHiW : YJEn@UVpyOE[20] 報告

アベノミクスが異次元の金融緩和をやったように、フランスでも通貨発行権を取り戻して金融緩和し、刷ったお金で財政出動して失業対策や社会保障にお金をまわせばよいのです。ユーロ圏は対GDP比の3%以下しか赤字国債を発行できない。金融緩和もフランス独自には出来ない。EUにいる限り、緊縮財政・増税路線にならざるを得ないのです。だからこそフレグジットなのです。

フランスが緩和?
冗談もいい加減にするんだな!

米国債回収目的に、
パリが暴動騒ぎで分弾圧に晒されている。 

フランスが米国債回収特化の緩和をしたら

それこそ、
デモ量産を喰らい、
フランスが分解させられる。

彼はネオコンの使者、
読むだけ毒、

正解はすでに出してある。
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/715.html
*10

10. 2018年12月13日 12:26:44 : 96RCmMSGLg : aijb@BelkcQ[1] 報告
頭悪そうだな。言ってることも頓珍漢。
自分でアフリカか、離島にでも引っ越せばすべて実現できるぞ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ