★阿修羅♪ > 近代史3 > 193.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝鮮人は頭がおかしい _ あるのはウソだけのめんどくさい国
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/193.html
投稿者 中川隆 日時 2019 年 1 月 26 日 09:13:52: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

朝鮮人は頭がおかしい _ あるのはウソだけのめんどくさい国

朝鮮人は今も昔もクルクルパーだった

宮脇淳子 あるのはウソだけのめんどくさい国。韓国の異常さがよくわかる動画 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=LRWxkBoY4xo

じっくり学ぼう!日韓近現代史【CGS 宮脇淳子】 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%AD%A6%E3%81%BC%E3%81%86%EF%BC%81%E6%97%A5%E9%9F%93%E8%BF%91%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E3%80%90CGS+%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90%E3%80%91

【東京発信・cool eyes】歴史学者・宮脇淳子氏 朝鮮半島と満州の「なぜ」 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=xb2imC_A2Co


▲△▽▼

儒教、朱子学というのは、あくまで事大主義ですから、強いものには巻かれろ、逆に弱いものは踏んでもかまわないということです。
大人の前では、いつもきちんとしているけれども、弱いものとか子供の前では威張る。

これは中国でも同じことです。ですから日本が強くなって、中国にそして韓国に対処するようになれば、そこからはじめて対等な付き合いが始まることになるのです。日本が弱気で下手になって対応するので、中国も韓国も逆に強く出てきて、嘘のことでもそれを理由に自分の要求を突き付けてくるわけです。


李朝時代の朝鮮に君臨した支配層は、王族とこの両班でした。一方、江戸時代まで日本を支配していたのは、武士たちです。
 支配層の考え方や思想は、国全体の国民性に深く影響します。

 日本の武士たちは、忠実、誠実、勤勉、正直、勇気、先取性、自主独立等を人間の徳と考える人々でした。また「滅私奉公」という言葉があるように、私利私欲は悪であり、公に奉仕することこそ人の道という考えを持っていました。

 一方、朝鮮の両班の人々は、労働を蔑視し、「箸と本以外に重いものを持たない」といわれるほどの労働蔑視論者でした。彼らは、額に汗して労する農民たちをさげすみながら、その農民たちから搾取して自分たちの生活を支えていました。

 両班は、儒教の一つである朱子学を奉ずる人々でした。朱子学では、人間を「君子」と「小人」に分けます。小人とは一般の働く人々で、君子は、働かずに身を動かさないことが原則なのです。聖人君子は働いてはいけないとされ、彼らは極端に労働をさげすみました。

 スポーツも、彼らは忌み嫌いました。すなわち、本を読み、労働せずに暮らすのが彼らにとって正しい生き方なのです。怠惰と、異常に高い気位が彼らの特徴でした。その最高の美徳は、働かずに得る不労所得でした。両班の実態について、グレゴリー・ヘンダーソンは『朝鮮の政治社会』のなかで、
 「国家と民衆を食い物にして私腹を肥やすことしか考えていなかった」
 と記しています。彼らは「公」に奉仕するのではなく、私利私欲に生きる人々だったのです。そして、国内では極度に頭を下げる事を嫌い、少しでもプライドが傷つけられるような事になれば、烈火のごとく怒りだす人々でした。

 しかしその一方、両班は、中国に対しては「事大主義」(じだいしゅぎ)を通しました。事大主義とは、大きな勢力に逆らわず、ペコペコして、追従して生きる態度をいいます。

 一〇〇〇年にわたって中国の「属国」であった朝鮮では、宗主国・中国の意向にいつもペコペコして、年貢を納め、中国の要求には何でもお従いしますという態度がしみついていました。両班はその代表的な人々だったのです。

 中国に対するその卑屈な態度は、そのうっぷんを晴らすかたちで、国内では逆に、彼らの異常に高い気位となって現われていました。


自己批判をした韓国人

 この事大主義は、ほかにも、その後の韓民族の民族性の多くの源泉となりました。朝鮮の作家であり、思想家でもある李光洙(一八九二年〜?)は、李朝の成立によってゆがめられた韓民族の民族性を、次のような言葉で表しています。

「虚言、詐欺、相互不信、美辞麗句、空理空論、阿諛迎合、面従復背、大勢従応、無知、悪口、卑屈、臆病、無決断、反社会的利己心…」
 属国根性はこれらを韓民族に植えつけた、というのです。

 大東亜戦争後にも、韓国の優れたリーダーであった朴正熙大統領(一九七九年に暗殺された)は、自著の中で韓国人の民族性の欠点をきっぱり指摘し、自己批判をしました。彼は、韓国民が克服すべきものとして次の事柄をあげています。

1 事大主義
2 怠惰と不労所得の観念
3 開拓精神の欠如
4 企業心の不足
5 悪性利己主張
6 健全な批判精神の欠如
7 党派意識
8 特権・エリート集団意識

 いずれも、一見してかつての両班たちの伝統から来たものであることが、わかります。どんな民族にも、もちろん欠点はあります。日本人にもあります。しかし、韓民族が今日も持つこれらの欠点は、両班の精神性を受け継いだものであることを知る必要があるでしょう。

 これらは、日本統治時代に形成されたものではありません。それ以前からあったものです。そして、日本統治時代が短かったために両班の特質が消し去られず、それが今も韓民族の中に生き続けていることが問題なのです。


▲△▽▼


儒教の最大の欠点は「士太夫」は(肉体的に)働かない。むしろ働いてはいけないという価値観を造ってしまったところにある。

だから儒教の優等生である中国・朝鮮人は「働かなくても喰っていける」のが理想だと考えている。

かつては、ことさらに爪を伸ばして「食事(という労働)すら自分ではしない(出来ない)」という境遇を自慢したりもした。

今でもその傾向はある。
だから成功した老後は働かないのが当たり前で、はやく働かなくても良くなるように(今は我慢して)働いているだけなのだ。
http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/859.html#c5  


▲△▽▼


ダメダメ家庭の目次録 05年4月22日
韓国の高校の歴史教科書
http://kinoufuzenkazoku.hariko.com/05-04/05-04-22.htm

歴史を眺めていると、ちょっとおもしろいことがあったりします。

ある国が滅んだ後で、別の体制となるわけですが、その滅んだ国の形式的後継者と、実質的というか心理的な後継者が違っていたりする事態が発生することもあります。

たとえば、最近の例では、ナチスドイツの形式的な後継者は、昔の西ドイツという国でした。正式な名称はドイツ連邦共和国・・・今の統一ドイツがこの国です。しかし、実質的にはナチスドイツの後継者は東ドイツの方でしたよね?

ナチスドイツと東ドイツは、権威主義だったり、秘密警察が暗躍する恐怖社会だったり、反米というスタイルにおいても同じと言えるかも?
ナチスドイツは共産主義に反対する立場の政府で、東ドイツは共産主義社会という意味では、本来は全く反対の統治システムになるはずですが、実質的には同じ社会。

同じようなことが、日本でも言えます。

現在の日本は、かつての大日本帝国の形式上の後継者であると言えますし、元首である天皇は共通していますが、その統治形態としては実質的にはかなり違っています。

かつての大日本帝国の実質的な後継者は、むしろ韓国だったり、北朝鮮だったりするわけ。

それこそ、言論弾圧の統制社会だし、権威主義だったり、妙な民族主義があったりするでしょ?それに反米だし、秘密警察が大活躍。

それにコンプレックスが強く、ムダに「大」の字を使いたがるところとか。

「日本が大嫌い!」の韓国や北朝鮮は、大日本帝国の統治システムを十分に受け継いでいるわけです。

さて、メールマガジン「ダメダメ家庭の目次録」では、一種の総集編として、「作品の中に描かれたダメダメ家庭」というカテゴリーで、種々な「作品」の中に描かれているダメダメ家庭の具体的事例をピックアップしたりしています。

今回はその「作品」として「韓国の高校の歴史教科書」を取り上げます。

「オイオイ!!教科書が『作品』かよ?」
と思われる方も多いでしょう?

しかし、これがまた目眩がするぐらいに、ダメダメなスタイルが詰まった「作品」なんですね。

よく韓国や中国が、日本の歴史教科書についてイチャモンをつけて来ますよね?
まあ、どうしてそこまで「人のすること」に関心を持ったりするのでしょうか?これって典型的なクレーマーの所業でしょ?クレーマーは「自分がやらなければいけないこと」には関心がなく、「人のやっていることに文句をつける。」そのような習性があるわけ。

では、日本の歴史教育に文句を付けてくる韓国の方は、どのように歴史を教えているのでしょうか?
何も「あら探し」と言うわけではないにせよ、韓国の歴史教科書を読んでみるのも悪くはないでしょう。

ちなみに、歴史的事件に限らず、事件を記述するのには、一種の定石があります。
よく言う「5W1H」というヤツです。「いつ(=WHEN)」、「どこで(=WHERE)」、「誰が(=WHO)」、「何故に(=WHY)」、「何を(=WHAT)」、「どのように(=HOW)」の6つを中心に記述していくものです。

たとえば、日本の有名な歴史的事件である戦国時代の長篠の合戦を例にしてみましょう。

「いつ」は1575年。「どこで」は今の愛知県の長篠の地で。「誰が」は織田信長と武田勝頼が。「何故に」は、織田家と武田家の領土争いで。「何を」は、合戦をした。「どのように」は武田家の側は、伝統的な騎馬軍で、織田軍は先進的な鉄砲部隊で・・・という記述になります。

また、歴史的事件だったら、上記の記述の他にも、「その影響」という事項も付け加える必要があります。長篠の合戦においては、織田家は最大のライバルを打ち破って、天下付武への強力な前進となりました。勿論のこと、軍事的戦法の革新という影響もあります。

と同時に、歴史的事件の記述に際しては、重要なことがあります。
資料名です。

たとえば、織田家では正式な記録として「信長公記」という記録があります。当然のこととして武田家にも正式な記録があり、その資料に、この長篠の合戦の公式の記録が収められているわけです。

そのような正式な記録だけでなく、部下たちによる非公式な日記のようなものもあるわけです。それらの資料をつきあわせることによって、歴史的事件の全貌がわかってくることになる。

だから、歴史的事件をまとめた、いわゆる歴史書では、上記の「5W1H」だけでなく、その結果と影響に関する記述や、資料名についての記述も必要なわけです。それは歴史教科書のような類の歴史書でも全く同じです。

何もこれは日本だけでなく、世界の文明国には共通の発想です。文章の言語自体は違っていても、歴史を記述する文章の記述の仕方、考え方には大きな違いはありません。

ところが韓国の国定歴史教科書では、そんな文明国の基本的スタイルとは無縁なんですね。

たとえば、例に挙げた長篠の合戦を記述する場合では、片や鉄砲部隊という最新鋭の戦法。片や騎馬戦という伝統的な戦法。その違いを記述することが不可欠でしょ?

ところが、韓国の歴史教科書では、そのような歴史的事件を記述する際に「どっちの側に愛国心があったか?」と言った記述だったり、「どっちが正義なのか?」と言った記述ばかりで、事件についての5W1Hのような具体的で客観的な記述が少ないわけ。

「どっちが正義だったか?」なんて、判断する人によりけりでしょ?人にはそれぞれの立場があるわけですからね。それこそ長篠合戦で、織田軍は武田軍を「敵」だと思っていたのは当然ですが、「悪」だとは思ってはいませんよね?
その点は、武田軍だって同じ。織田軍を「悪」だとは思ってはいないでしょ?
ただ、己の使命と野心に従って戦っただけでしょ?
それが「もののふ」の生き様であり、死に様でしょ?

韓国の国定歴史教科書の記述は、まるで「スポーツ根性モノのマンガの原作」のような趣なんですね。客観的な記述ではなく、ひたすら「ウヮー!」という叫び声が聞こえてくるよう。

客観的に事実を記述するというより、作者の「思い」を伝えることに主眼があるわけ。そんな「作品」なんですね。

まあ、そんな本で歴史を勉強させられていたら、バカになるのも当然ですよ。

では、そのような作者の「思い」に満ちた、韓国歴史教科書という「作品」を、具体的に、客観的に検証してみましょう。

検証に当たっては、「教科書の記述の問題点」というカテゴリーと、「教科書の記述から浮かび上がる韓国人のメンタリティー」そんな感じで分類して記述してみます。

【教科書の記述の問題点】

1.年号が出てこない・・・この韓国歴史教科書では年号の登場が実に少ない。何ページにもわたって、○○年と言う具体的な年号が出てこないわけ。事件の羅列があっても、その事件が西暦何年のことなのか?記述されていないわけです。チョット日本の方には信じられないことでしょうね。だって「なくよウグイス平安京」で794年・・・なんて年号をゴロで覚えるのに苦労しましたものね。年号が出てこない歴史教科書なんてこの世に存在すること自体、不思議でしょ?

韓国の歴史教科書でも、ほんの少しは年号が出てきたりしますが、後で年表の形でまとめられていて、今現在記述している歴史的事件が何年に起こったのか?分らないようにできているわけ。

年号というものは、覚えるのは面倒ですが、歴史的事件の客観的指標としては重要でしょ?年号を覚えていると事件の順番が明確になると同時に、外国の同時期の事件と比べることもできる。この時代に外国はこんなことをやっていたのに「我々の国は遅れているなぁ・・・」などと感想を持つこともあるでしょう。しかし、年号が記述されないと「我々は先進的だ!」と記述されていると、思慮の浅い人は盲目的に信じてしまうんですね。

2.資料名が出てこない・・・この韓国国定歴史教科書では、出典の資料名がほとんど出てきません。もしかしたら朝鮮半島では、資料を作るという習慣がないのかもしれません。データーを取るという習慣の欠落については、後で触れます。この韓国歴史教科書では出典の資料名もなく、「我々は正しい!」の一点張り。まるでカルト宗教のような趣になっている。資料名が無いので、疑問を持った読者が自分自身で調べ直すこともできないわけ。

3.差別用語の乱発・・・高校生が勉強するというこの教科書には、意図的な差別用語が乱発されています。日本を「倭」とか言うのはともかく、ヨーロッパ人を西洋蛮人と書いたり、清を建国した女真族をオランゲという差別用語で呼んだり・・・まあ、こんな差別意識丸出しの本は、日本だったら発禁処分でしょうし、当然のことに、他の一般の文明国でも発禁処分は確実でしょう。そんなアングラ本程度の本が教科書なんですね。そもそも、ヨーロッパ人を示したいのなら、西洋蛮人と書くのではなく、単に西洋人とでも表記すればいいだけですよ。しかし、わざわざ「蛮」を入れて勝手に喜んでいるんですね。

4.漠然とした記述・・・たとえば、上記で年号が出てこないと書きました。しかし、歴史書なんだから当然のこととして、時期に関する記述もあります。そのような場合では10世紀中葉とかの記述になっていて、漠然としてあいまいな記述になっています。しかし、10世紀中葉なんて書かなくても941年とか明確に年号を書けばいいじゃないの?しかし記述が漠然としているので、作者が意図的に読者を誘導することができているわけです。

年号の問題だけでなく、資料名も「ある民政文書」とかの表記になっている。そんな表記にするより、「△△が○○年にまとめた、☆☆という資料」と記述するのが文明国の歴史書のスタイルでしょ?
それこそ「1920年代のはじめ、全国の青年運動は100余りあり」・・・などと記述されています。しかし、文明国の歴史書だったら「政府による1922年の統計では、全国の青年運動は105団体あった。」と記述するものです。どうしてそんなにあいまいに記述するのかなぁ?

5.政治家がなかなか登場しない・・・歴史書だったら、当然のこととして多くの政治家が登場するだろう・・・と思われるでしょ?ところが韓国の歴史教科書では政治家の登場が実に少ない。その代わりに政治論者が実に多く登場するわけ。「国家はこうあるべきだ!」とワイワイ論じる人は多く登場しても、実際に政治を運営する人が出てこない。

6.やたら「べき」論・・・上記の実際の政治家より政治論者の数が多いことと関係していますが、この韓国歴史教科書はやたら「べき」論が多い。「こうすべき」「ああすべき」と、やたら説教くさい。

7.法律名が出てこない・・・具体的な人名は多く出てきますが、法律名は出てこない。上記のようにすべて「べき」論で片付けているので、具体的な法律を制定するという形で、実際的に国家を運営する気がないわけですね。

8.個人的感想がいっぱい・・・教科書と言うものは客観性が第一と考えてしまうのは、文明国の常識でしょう。しかし、さすがに韓国の教科書は作者の主観的な「思い」が詰まっている。

たとえば「高麗時代の石塔は安定感が不足し、造形感覚面では新羅時代の石塔に比して多少劣る気がする。」なる記述があったりする。しかし、執筆者が「気がする」のは勝手だけど、教科書の記述として書かれても、読んだ側は何を理解すればいいの?

あるいは後に中国で清王朝を作った女真族との戦争では「意外にも」負けた・・・との記述があります。アンタが「意外」に思うのは勝手だけど、そんなことは教科書に書く内容ではないでしょ?
それとも「気がする」とか「意外にも」とかが、試験に出たりするのかな?

9.ヴィジュアルが少ない・・・上記の石塔に関する記述だって、文章にするより、それぞれの写真を載せればいいじゃないの?ところが韓国の歴史教科書はヴィジュアルが実に少なく、文字ばかり。まあ、その文字による文章も、やたら説教くさいわけです。画家についてウダウダ説明するより、その画家の作品を載せればいいじゃないの?しかし、そのような客観的な記述を放棄して、ひたすら作者の「思い」を書き込んでいく・・・それが韓国の歴史教科書のスタイルなんですね。

10.やたら民族意識・・・この教科書には「民族意識」という言葉が実に多く出てきます。逆に日本だとそんな民族意識なんて出てこないでしょ?まあ、大日本帝国の教科書なら出てくるかもしれませんが・・・
韓国の歴史教科書では「民族意識」「民族文化」・・・そんな言葉ばかり。
しかし、ではその「民族意識」って具体的にどんな意識なの?

教科書を読んでいても、さっぱりわからないんですね。

どうやら、私がよく書いていますが「集団的被害者意識」と「オレたちはすごいんだ!」というエリート意識の混じったもののようです。しかし、「オレたちはすごいんだ!」と思うのはいいとして、具体的に見てどの辺りがスゴイのか全然書いていないわけです。まさにカルト宗教のような趣になっている。

「オレたちはすごいんだ!」「オレたちはすごいんだ!」「オレたちはすごいんだ!」と連発するだけ。

そして、そんな「本来はスゴイはずの我々がうまくいかないのは、全部○○のせいだ!」と被害者意識になるわけでしょうね。

11.経済に関する記述が少ない・・・この教科書には経済的なマターに関する記述が実に少ない。やたら「べき」論をぶつ政治論者がワイワイ言うだけ。使用していた貨幣とか税制とか、生産技術など実際的な問題についてほとんど触れていないわけ。だから読んでいても当時の人の暮らしぶりなど全然わからないわけです。

12.都合の悪いことは書かない・・・「朝鮮半島の進んだ文物が日本に伝えられた。」この韓国の歴史教科書に頻発する文言です。しかし、先進的な文物って、具体的には何なの?それが書いていないんですね。しかし、ちょっと離れた箇所で貿易に関する文言があって、朝鮮から日本への輸出品は米、木綿、人参だったとか書いてある。米、木綿、人参かぁ・・・たしかに『先進的』だねぇ・・・。しかし、先進的という言葉と米、木綿、人参という具体例が離れて記載されているので、「素朴」な韓国の高校生だったらダマされてしまうんでしょうね。

あるいは豊臣の朝鮮半島の侵攻のあと、朝鮮がロシアと戦争して朝鮮の鉄砲部隊が大活躍したとの記述があります。その鉄砲はどこから来たの?そんなことも書いていないわけ。あるいは、その豊臣軍の侵攻の後の時期に、朝鮮の農業技術が飛躍的に向上したらしい・・・この韓国の教科書では、いつものように「農民の民族意識」云々で片付けられてしまっています。

しかし、現実的に考えると違うでしょ?豊臣軍の中で農民出身の足軽が、朝鮮半島の遅れた農業技術に見るに見かねて実地でレクチャーした、と考えるのが現実的な思考でしょ?違うのなら、データーとか資料を出さないとね。農民の民族意識がどのように農業技術の発展に貢献したのか?とかの資料があるとでも言うのかな?しかし、この韓国歴史教科書ではそんなマトモな疑問には答えてくれないわけ。

13.データーが載っていない・・・この教科書にはそれぞれの時代の人口とか、生産量とかのデーターがほとんど出て来ません。これは前記のように政治を運営する気がなく、政治を論じることにしか興味がないので、データーを取る習慣がないのでしょうね。

しかし、韓国の歴史で突然に豊富なデーターが出てくる時期があります。それは日本統治時代。この時代になると、韓国の人口とか生産量の詳細なデーターが出てくるばかりではなく、事件における年号や被害などの詳細なデーターも記録されている。この時代になって初めて「政治」が行われていたことがわかるわけ。

14.判断が先に来る・・・たとえば、韓国人による伊藤博文の暗殺事件がありました。日本だと「暗殺」という言葉で記述されますよね?ところが韓国の教科書では「処断」という言葉になっている。「悪をやっつけた!」というわけでしょう。この手の価値判断を伝えるのが教科書の役目と認識しているようです。しかし、それは文明国の歴史教科書ではないでしょ?読者が自由に考えることができなくなりますよね?

しかし、この手の判断が先に来る歴史教科書は、大日本帝国の歴史教科書がそうだったはずです。たとえば足利尊氏と後醍醐上皇が争った南北朝時代の記述において、足利尊氏は一方的に「悪」にされていたそう。
文明国の歴史書のスタイルだったら足利尊氏の政策と、後醍醐上皇の政策を記述することに重点が置かれることになります。まあ、こんな感じで判断が先に来るような教科書で歴史を学んでいたので、大日本帝国の人間はバカになってしまったのでしょうね。

15.具体例が乏しい・・・たとえば「ハングルは優秀だ!」そんな記述が多く出てきます。しかし、ハングルで書かれた「おもしろい文章」の作品名は中々出てこない。ひたすら「ハングルは優秀だ!」「ハングルは優秀だ!」それだけ。文明国の書物だったら、ハングルで書かれたおもしろい作品の写真でも載せるでしょ?ひたすら判断を押しつける形なんですね。美術でも文学でも具体的作品名がなかなか出てこないわけ。

16.感情的表現・・・教科書は作者の「思い」を伝えることが韓国での常識なので、作者の感情的な表現が頻発している。・・・日帝の悪辣な・・・とかの言葉が頻発。しかし、その日帝が何年にどんな法律を作ったのか?とは記述していない。ただ「悪辣」とか「冷酷」とかの扇情的で感情的な文言が並ぶだけ。


【教科書から浮かび上がる韓国人のメンタリティー】

1.内輪もめ・・・それこそ新羅、高句麗、百済以降も、半島の人はやたら内輪モメをしている。いつの時代もこの内輪もめの記述がいっぱい。それだけ、「小山の大将」になりたがるようです。以前にも書きましたが、会話のできない人間は「手下はいても、味方がいない。」もの。どうしても「自分が大将」になりたがるわけです。

2.情報軽視・・・当事者として政治を進める人よりも、傍観者として政治を論じる政治論者が威張っていられるのは、やっぱり当事者意識の欠如が社会に蔓延しているからですね。実際に政治を進めるとなると、情報を集めて、情報を分析して、政策を立案して、法律化して、周知させ、実行する・・・そんなプロセスが必要でしょ?単なる「べき」論では片付きませんよ。地道な作業が必要なんですね。

朝鮮の歴史では情報というかデーターを集めている様子がない。情報もないのに、どうやって政策を立案するの?この韓国歴史教科書では「儒教の教えに従って、『○○のような政策をすすめた』・・・」なる記述が多くあります。しかし、マトモな政府だったら儒教の教え以前に、国家の人口とか生産量とか周辺国に関する情報を集めるものでしょ?そんな情報軽視の姿勢だからこそ、歴史のデーター資料も少ないわけでしょうね。

3.原理主義・・・当事者意識がなく、傍観者然なので、現実無視で原理原則を押し通そうとする。そしてうまく行かなくなったら、「アイツが悪い!」と他者に原因を押しつけることになってしまう。しかし、現実を無視して自分の原理原則を押し通してしまっても、うまくいかないのは当たり前でしょ?

4.対抗心が強い・・・ダメダメ家庭ではやたら対応心が強く「アンチ○○」なんて発想をしがちであることは以前にも書いています。韓国人が「アンチ日本」の発想をするのは勝手ですが、韓国人同士でもやたら対抗心が強いわけ。儒教の流派同士で対抗したり、儒教と仏教で対抗したりと、そんな記述ばかり。対抗する以前に、民衆のことを考えてみるとかそんな発想が全然ないんですね。

政治対立、学問対立、宗教対立、地域対立、身分対立・・・そのような記述ばかりが多くなる。自分自身を主張する方法として、まず最初に「私はあの○○に対立している!」と一声あげるのが、韓国人の流儀のようです。スグに排除の論理が出てきて、「お互いが、得意分野で一緒に協力してやっていこう!」とは行かないわけ。

5.排他的な愛国心・・・民族意識という言葉がやたら頻発するのに、では「その民族意識って、具体的には何?」という質問には答えられない。しかし、そのように強圧的に民族意識を押しつけるので、どうしても排他的な発想になってしまうことになる。20世紀になってアメリカなどの海外に移住した韓国人もいたそう。それはそれで結構ですが、その移住した人は韓国に対する強い愛国心を持ち続けたそう。

韓国にシンパシーを持つのは当然として、そんなに強い愛国心を持つのならアメリカに移住しなければいいでしょ?海外でそんな、「オレたちはスゴイんだ!」というような排他的な愛国心を持っているから、関東大震災やアメリカのロス暴動で焼き討ちにあうわけでしょ?アメリカに移住したらアメリカに忠誠を誓えばいいじゃないの?ねっ?

6.身分秩序・・・・ダメダメ人間は人間を序列化することが大好きのようです。まあ、カルトではこの手の序列化が好きなのはオウム真理教でもありましたよね?韓国もオウム真理教と同じように、やたら細かく身分が別れている。それにその身分間の移動が不可能のようです。妾腹の子供は絶対に出世できないとかが、あったそう。あるいは男尊女卑なども・・・そのような秩序を「倫理的」措置などとも記述してある。そんな身分体系は制度かもしれないけど、倫理とは言えないでしょ?

7.理屈をこねくり回す・・・現実を無視して理屈をこねくりまわすことが大好き。そしてその理屈も、権威主義で、おまけにすべて善悪で片付けてしまうので、思考に広がりがないわけ。教科書におもしろい記述があります。李氏朝鮮時代の農民の離脱に関するものです。
「農民の離脱は名分上、民生を安定させなければならないという儒教の王道政治論にあわないだけでなく、現実的にも、国家の財政を危うくするものであった。」
・・・しかし、一般の文明国だったら、記述の順序が逆でしょ?儒教の名分などより、国家財政の方が重要でしょ?

8.知識欲が乏しい・・・理屈をこねくり回すことは好きでも、新たな知識を得ようとはしない。まあ、目新しい学説には興味を持つようですが、知識って学説だけではないでしょ?たとえば世界地図を韓国が入手したのは17世紀末。しかし、日本にはイエズス会の宣教師より16世紀には入手していますよね?だから豊臣軍による朝鮮侵攻は、最新鋭の軍事設備と、世界全体に対する豊富な知識を持つ日本軍と、軍事的にも知識的にも乏しく、ただ「オレたちはスゴイんだ!」と自画自賛しているだけの朝鮮軍の戦いだったわけ。20世紀での太平洋戦争では、日本の立場は全く逆になってしまいましたが・・・戦争の善悪はともかく、何事でも事前準備は重要でしょ?

9.何でも反対・・・今のイラクのように何でも悪く取り、反対するのが韓国人。日本統治時代に貨幣の共通化をやろうとしたら、それに反対し、ブチブチ文句を言っている。勿論デメリットもあるでしょうが、本来は韓国人自身で貨幣の共通化なんてやらないといけないでしょ?他人にやってもらって感謝するどころか、文句を言う始末。
それに、そんなに貨幣の共通化がイヤだったのなら、今からでも元のバラバラの状態に戻せばいいじゃないの?
反対することには熱心でも、「で、結局は、どうしたいのか?」という点は何も考えていないんですね。

10.危機意識が乏しい・・・自分自身を自分で守ろうという当事者意識がないので、危機意識もない。だから周辺国の情勢にも気を配らない。だから簡単に侵略されてしまう。中国とか日本にスパイくらい派遣して情報収集するのが、マトモな国でしょ?そんな当然のこともやっているそぶりもないんですね。それに危機感がないので、優秀な人間を抜擢する必要がない。だから社会も停滞する。

11.ダメダメの連鎖・・・根拠のない「オレたちはスゴイんだ!」という思いこみや被害者意識だけの人・・・それに人の話を聞き、相手に自分の意向をわかりやすく伝える意欲のない人間を相手にしてくれる人って、一体全体誰がいるの?結局は、相手をしてくれるのは自分の子供・・・というか子孫だけになってしまうわけ。だからこんな教科書を作って子供たちをダメにしたがるわけです。
もし韓国人の子孫がマトモな発想をしてしまったら、こんな教科書を疑問もなく読んでいるような祖先は相手にしませんよ。
ダメダメな人間は、そのダメダメな集団から脱却しようとする人間の行動を妨害するものなんですね。この教科書はそのような効果があるわけ。

12.クレーマー・・・具体的にモノを考える習慣がないし、他者に対して具体的な説明をする習慣が身に付かないので、他者と上手に会話することができないわけ。その上に被害者意識が加わるので、どうしてもクレーマーになってしまう。

「一体、どうして欲しいの?」
「一体、アナタたちはどうしたいの?」

そう聞いても答えられないものでしょ?

そもそもそのような具体的な思考をするようには訓練されていないわけ。
しかし、こんな教科書で勉強した人たちが、他者とどのようにコミュニケートするの?
まさにこの教科書のように、感情的なスタイルで文句を言うだけで終わってしまうわけ。だってクレームをつけることくらいしかネタもないでしょ?


【トホホな記述】

韓国の教科書には結構トホホな記述が多くあります。まあ、狙ったユーモアではないでしょうが、笑えますよ。

1.新羅の王様の記述・・・「王が自ら藩田を耕して農事の規範を示したりした。」・・・今でも将軍様が何かと模範をお示しになりますよね?

2.16世紀頃の農民の食料に関する記述・・・・「政府は雑穀、ドングリ、木の皮などを加工して食べる方法を提示した。」・・・今でもやっていますよね?

3.陽明学に関する記述・・・「理屈をこねくり回す」だけではダメだ!これからは知行合一(知識と行動が一体になること)の陽明学だ!と言うことで、李氏朝鮮時代に陽明学の研究が始まり、結果的に立派な陽明学の学問体系が完成したとのこと。しかし、そんな立派な学問体系に意味はないというのが知行合一の陽明学じゃあないの?日本の大塩平八郎のように実践してみたら?

4.文盲率・・・日本が統治を始めた頃の、韓国の文盲率は80%だったそう。日本統治前までそんな統計も無かったようです。しかし、80%が字を読めないのなら、日本語で教えるのも理にかなっていますよね?ちなみに日本が韓国人に行ったとされる創氏改名だって、それ以前はほとんどの韓国人は苗字がなかったのだから、当然といえば当然ですよね?それに強制ではないわけですし。だからこの教科書では、その法律名も年号も出てこないわけ。

5.税制・・・16世紀頃の韓国の税制は「租庸調」を基礎にしていたらしい。それって日本だと大化の改新で制定された制度でしょ?韓国人が経済的な面を全然考えていない人間であることが実によくわかります。1000年も進歩がないわけ。

6.満州開拓についての記述・・・韓国人は満州の開拓を行ったらしい。その記述が秀逸です。「現地土着民から圧迫を受けながらも、荒蕪地を開拓した・・・」とのこと。しかし、これって、まさに侵略じゃあないの?それこそ現地土着民に謝罪しないとね。


私は何も偏見を持って、この「韓国国定歴史教科書」を読んだわけではありませんよ。

この教科書は図書館などで借りることができると思いますので、読者の方々も一度、虚心坦懐にお読みになられると、興味深いと思います。

何でも韓国では教科書は、この国定教科書一種類しかないそうです。まさに大日本帝国そのものですよね?

こんな教科書で歴史を学んでいる韓国人が、「ああ」なってしまったのも当然と言えば当然。そんな「おバカ」な韓国人が選んだ大統領のノ・ムヒョン氏が「おバカ」なのも当然と言えば当然。

だいたい大統領になる前に一度もアメリカに行ったことがない、なんて文明国では考えられないことでしょ?

しかし、今まで検討してきた韓国の教科書から見て、そのような人間が大統領になってしまうことも理解できますよね?それに、私が提示したこの教科書の特徴を思い起こすとノ・ムヒョン氏の発言が実に理解しやすいでしょ?

この教科書を読んでいると、「作者」が頭から湯気を出して怒って書いているのはわかりますが、何が言いたいのかさっぱりわからない。それに・・・この本からどうやって試験問題を作るのかな?だってこの教科書には「客観」がなく「主観」だけなんですからネ。

他者に対して物事を伝えるのは、客観的な5W1Hを伝えることが先で、次に個人的見解でしょ?そのようなスタイルでないと、聞いている側の人間は、「この人・・・いったい何が言いたいの?」となってしまいますよね?
まさにこの教科書はダメダメの聖典と言えるくらいです。

この教科書は人にわかりやすく伝えようとする意欲そのものが無く、ただ自分の思いを勝手に言い放しているだけの本なんですね。

実際のダメダメ家庭に育った読者の方の中には、ご自分の両親の「語り口」を思い出す人もいらっしゃるでしょう。

この教科書の文章と、ダメダメ家庭でのおなじみのセリフ

「一体誰のためにこんな苦労をしたと思っているんだ?!」とか

「オマエのために人生を棒に振ってしまった・・・」

とは実に近い位置にあります。あるいは、「悪いのは全部○○のせいだ!」という犯人認定にも近い。まあ、そのグチや犯人認定を言う対象がどこになっているのか?

この点は、日本人には悲劇的なことですね。

日本の会話不全のダメダメ人間が往々にして、韓国にシンパシーを持っている例が多く見受けられるでしょ?会話のできない人は、会話ができなくてグチばかり言っている人間と一緒になって、自分自身もグチを言いたがるもの。

まあ、私がよく書いていますが、それってハエやゴキブリが腐臭に吸い寄せられるようなもの。

グチを言うことが、一時的な楽しみになっていることはわからないでもありませんが、自分自身の尊厳を大切にすることが、ダメダメからの脱却の第一歩でしょ?こんな「人の話を聞くつもりもない」人たちと一緒にいて何が楽しいのかな?

いずれにせよ、図書館で借りて、実際にお読みになってみることを是非お勧めいたします。

まあ、読んで不快になることは・・・請け合いますが・・・
韓国を考える際に参考になるだけでなく、日本のダメダメ家庭を考える際にも非常に参考になると思います。

(終了)
***************************************************
発信後記

メルマガの文章作成には、結構準備時間がかかったりします。
今回の文章だって、そもそもこの教科書自体が、日本語で500ページもあって読むのも大変。
ということで、取りかかった頃には中国や韓国での反日デモもまだ起きてはいませんでした。

今回のお題は、良くも悪くもグットタイミングになってしまいました。

多分、中国の教科書も、韓国と同じように異常な教科書なんだろうと思います。
だって、卒業した生徒があのザマなんですからね。

何も日本の教科書に問題が無いというわけではありませんが、韓国の教科書は100%の異常と言えると思います。というか、日本だったらこの執筆者は変質者扱いですよ。変質的なクレーマーが執筆した教科書で勉強?させられている韓国の生徒は、ある意味お気の毒ですが、そのうっぷんを日本に向けてくるのは、はた迷惑ですね。

以下に管理者による追加文章 (10年12月21日 アップ)

さて、本文においては、韓国の歴史教科書に表れている、韓国人のメンタリティーについて考えております。

私としては、何も韓国人の問題そのものを指摘したいと思っているわけではありません。

韓国人というスクリーンに映っているダメダメのメンタリティーを考えているだけです。

韓国人なり韓国の歴史教科書そのものに意味があるわけではなく、ダメダメの問題を映すのにあたって出来がいいスクリーンというだけです。

だから、今回言及したメンタリティーに近い様相は、別のところでも見えたりするもの。

それこそ、インターネットの掲示板において湯気を出しながら書き込んでいるような人間のメンタリティーと共通しているわけですし、別の国との共通性もあったりする。

それこそ、別のところでまとめておりますが、ヨーロッパのポーランドのメンタリティーとも実に近い。

あるいは、日本だと、茨城県の歴史を調べてみたら、なんとも、同じようなことをやっている。

ここで、その共通性をピックアップしてみましょう。

ちなみに、このようなメンタリティーは、水戸藩に関わる幕末での大事件である「天狗党事件」では典型的に見出されたりします。この「天狗党事件」については、皆さんも、例のウィキペディアでも使ってチェックしてみてくださいな。

ということで、茨城県と韓国の歴史において共通してみられるダメダメの様相をピックアップしてみましょう。

1. 対抗心・・・何かと言うと、スグに「あの○○に対抗する!」と息巻く。そして、それこそ平安時代の平将門のように乱をおこしたり、論争を起こしたりする。

2. 身近なものを否定・・・それこそ、「尊皇攘夷」だって、長州や薩摩のような外様の大名が言うのなら分りますが、御三家が尊皇攘夷というのはヘンでしょ?

しかし、自分の父親が嫌いなことを自分で認めたくない人間が、「お祖父さんは立派な人だった・・・」と過剰に言ったりする例があることを考えれば、その尊皇攘夷の心理的な意味も理解できるようになるわけです。より遠くのものを肯定することで、目の前のものを否定しているわけです。

3. 政治家よりも、政治論者・・・水戸藩には色々な政治論者が出てきますが、実際の政治家はほとんどいない。実際に出てくる政治家も、「善政を行った。」とかの漠然とした記述になって、「どんなデーターをもとに、どのような施策を進め、どのような効果を得たのか?」という点が出てこない。「べき論」を用い、現実を否定しているだけの学者さんが多いんですね。そして、現実否定的な主張をすると改革派とか言われてしまう。そんな流れは、韓国の歴史教科書ではおなじみのもの。

4. 各派対立・・・それぞれの考え方について、データーを取って検証するという発想がないので、「議論のための議論」になるばかり。だから、政治論者の各派対立が深刻になってしまう。だって、主義主張の有効性を検証しようがないんだから、論争になったら収まりようがありませんよ。

5. 内輪もめ・・・ということで、内部対立が頻発することになる。水戸藩の前の時代から、やたら内輪もめが多い。

6. 報復・・・内部対立が深刻化するので、自分の側が被害者だと確認する儀式としての報復行為が頻発し、その規模も過激になってしまう。親類縁者を皆殺しするという凄惨な報復行為が習慣化してしまう。

7. 芸術の不在・・・自分の内面を見るよりも、対立している相手方を見てしまうので、自己逃避が進行してしまう。だから、自分の内面を厳しく見つめた成果といえる芸術作品が生まれない。まあ、茨城県出身で有名な芸術家となると画家の横山大観くらいとなるわけですが、その名前の大観の中の「大」の字は、当人のコンプレックスを示すことが多いもの。大きいことを肯定したのではなく、「小さい自分がイヤ。」という二重否定的な心理状態につながることも多いんですね。そもそも、その大観の作品も、芸術的に見ると「悪くはない」と言った二重否定的な価値でしょ?

目の前の現実を踏まえ、自分の意向を自覚して、異なった見解を持つもの同士でも、会話によって合意形成を進めていくという発想がない。

現実無視のご高説を「べき論」で連呼するだけ。

そして、気に入らない相手に対しては、スグに武力に訴えることになる。
そして、武力に訴える自分に酔ってしまう。

それこそ、「桜田門外の変」もその典型と言えます。
茨城の歴史は、犯人認定と報復行為ばかりの歴史なんですね。

それこそ、「尊皇攘夷」だって、「悪いのは全部、今の江戸幕府のやつらだ!」とか「外国のヤツらが諸悪の根源だ!」という発想でしょ?
それはいいとして、「では、結局は、アンタたちはどうしたいの?」となってしまうでしょ?

まあ、そんなことばかりしているから、水戸藩は尊皇が実現された明治政府に対して人材を提供できなかったわけでしょ?敵が共通となっている時点では一緒にやれていても、達成目標を共有することはできないわけです。

クレームを付けることには優秀であっても、自分たちの理想を実現させるという肯定方向には何も貢献できない。

まるで、革命家チェ・ゲバラのできそこないが集まったような人物ばかりが登場してくる歴史なんですね。

ちなみに、私としては、何も茨城県の方を蔑視しているわけではありませんよ。
幸か不幸か、ダメダメを映すにあたって、優秀なスクリーンというだけです。
そして、その点について自覚できれば、現在茨城県にお住いの方がコケないように注意することができるわけですし、芸術家も出てくることにもなるでしょう。
R.10/12/21
http://kinoufuzenkazoku.hariko.com/05-04/05-04-22.htm


▲△▽▼

「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質 2018.4.16
https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/180416/wor18041616340011-n1.html?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link

福沢諭吉は朝鮮を見限った 近現代PL/AFLO

 韓国の不実はいまに始まったことではない。明治の傑出した知識人、福澤諭吉は当時すでにそのことを看破していた。「脱亜論」で彼はなぜ朝鮮を見限ったのか。いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。

 * * *

 《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)

 これは福澤諭吉の言葉であるが、まさに現在の日韓関係の本質を言い当てているではないか。ただし福澤は決して「嫌韓」論者なのではなかった。後で引く有名な「脱亜論」もそうである。彼は西洋列強のアジアへの帝国主義的な侵略にたいして、明治維新によって近代化の道を拓いた日本こそが、中国や朝鮮にたいして力を貸して共に連帯して抗すべきであると考えていた。

また亜細亜という言葉から中国(清朝)と朝鮮を同じく捉えていたのではなく、むしろ朝鮮をアジア同胞として清韓の宗属関係から脱却させ日本のように文明化させることの必要性を説き尽力したのである。李氏朝鮮の旧体制(血族や門閥による支配)のままでは早晩、清国やロシアの植民地となり、それはそのまま日本の国難になるからだ。

 李朝末期のこの腐敗した絶望的な国を変革しようとした開化派を福澤は積極的に支援し、そのリーダーであった金玉均らの青年を個人的にも受け入れ指導教育を惜しまなかった。また朝鮮に慶應義塾の門下生を派遣する行動を起こし、清朝の体制に取りこまれるのをよしとする朝鮮王朝の「事大主義」の変革をうながした。

 清仏戦争が勃発し、清国軍が京城から退却したのを機に開化派がクーデターを企てるが(甲申事件・明治十七年)、それが失敗に帰したことから、朝鮮における清国の影響力は決定的となった。福澤のなかにあった日本による朝鮮の文明化の期待も潰えた。


日本に十年余り亡命した金玉均も明治二十七年上海で朝鮮の刺客に暗殺され、その遺体は無残に切断され国中に晒された。福澤に「脱亜論」を書かしめたのも、朝鮮の開明派、独立派の人々への必死の支援がことごとくその固陋な中国従属の封建体制によって無に帰したことによるものだ。

 《我日本の国土はアジアの東辺に在りと雖ども、その国民の精神は既にアジアの固陋を脱して西洋の文明に移りたり。然るに爰に不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。》(「脱亜論」明治十八年三月十六日)。

 この近隣にある「二国」は、《その古風旧慣に恋々するの情は百千年の古に異ならず……教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として……道徳さえ地を払うて残刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し》

 ◆挑戦への絶望と苛立ち

 

 福澤の文章の烈しさは、そのまま朝鮮の開化を祈念していた彼の思いの裏返しの憤怒であった。しかし福澤は「文明化」自体に絶対的な価値を置いていたのではない。「脱亜論」の冒頭でも「文明は猶麻疹の流行の如し」といい、「有害一偏の流行病にても尚且その勢いには激すべからず」として文明化は利害相伴うものであることも語っている。


むろん福澤はアジアのなかで唯一文明化に成功した日本を正しい選択であったとしている。大切なのは西洋文明の波がかくも急速に高く押し寄せているときに、旧態依然の「外見の虚飾」を捨てない朝鮮の政体と人民への絶望と苛立ちをはっきりと表明してみせた言論人としての姿勢である。

 《左れば今日の謀を為すに我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興すの猶予あるべからず、寧ろその伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に従て処分すべきのみ。悪友を親しむ者は共に悪名を免かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。》

 当時も今も国際社会のなかで外交を「謝絶」することはできない。問題は「心に於て」、すなわち日本はユーラシア・中華帝国の膨張の現実を前にして、この世界史に参与すべく如何なる「思想」を自ら打ち建てるかである。


韓国に関していえば日韓基本条約(一九六五年)で国交正常化をなし、日本から韓国への膨大な資金提供もあり「漢江の奇跡」と呼ばれた経済復興を成し遂げたにもかかわらず、日本のおかげというその現実を認めたくないがために慰安婦問題や戦時徴用工などの「歴史問題」を繰り出し続けてやまない。その国家としての態度に日本は毅然とした「処分」を示さねばならない。韓国がやっているのは、福澤のいうまさに「外見の虚飾のみを事として」の「背信違約」の狼藉三昧である。

 かかる「悪友」への処し方を、われわれは今こそ明治国家の多極的な外交戦略と、その背後にあった福澤諭吉のような近代日本の思想的先達によくよく学ぶべきであろう。

 【PROFILE】富岡幸一郎●1957年東京生まれ。中央大学文学部フランス文学科卒業。在学中に執筆した「意識の暗室−埴谷雄高と三島由紀夫」で「群像」新人賞評論優秀作を受賞、文芸評論活動に入る。関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。近著に『虚妄の「戦後」』(論創社)がある。

 ※SAPIO2018年3・4月号


▲△▽▼


▲△▽▼


▲△▽▼

【在日外国人の犯罪率の日本人との比較(日本人を1とした場合)】
外国人全体・韓国朝鮮人・韓国朝鮮人以外の外国人比較 (平成18年の国籍別犯罪比率の計算から)
http://web2.nazca.co.jp/midorinosono/#433

                                 韓国朝鮮人
                                 を除いた
  国籍・国   外国人全体  韓国・朝鮮人    外国人    日本人
 犯罪の種類
  刑法全体    1.5       2.9       0.7      1
 凶悪犯全体     1.8       3.2       0.9      1
    殺人    1.7       2.8       1.1      1
    強盗    2.4       4.5       1.1      1
    放火    0.6       1.2       0.2      1
    強姦    1.8       3.0       1.1      1
  粗暴全体    2.3       4.5       0.9      1
    暴行    2.2       4.1       1.0      1
    恐喝    1.6       3.6       0.4      1
    詐欺    1.1       2.4       0.3      1
    横領    0.8       1.9       0.1      1
覚醒剤取締法    2.5       5.0       0.8      1

▲△▽▼

韓国で広がる盗撮ポルノ問題 対策の難しさ - YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=eu7LQ_ysHTo


韓国で広がる盗撮ポルノ問題 対策の難しさ 2018年12月6日

韓国で盗撮ポルノの問題が広がっている。パク・スヨンさんがその実態を教えてくれた。

女性、時には男性が更衣室やトイレに入る様子を、隠しカメラが撮影する。動画は撮られた本人が知らないまま、インターネットのアダルトサイト上で公開されるという。パクさん自身もかつて被害を受けた。

パクさんは今、他の被害者が公的に訴訟を起こし、被害者が受けるべき公正な対応を受けられるようにする支援をしている。

_____


韓国で流行する盗撮ポルノ、高まる懸念と進まない対策 2018年08月6日
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45054635
ローラ・ビッカー BBCニュース(ソウル)


この写真のような行為よりも、隠しカメラは発見が非常に難しい(写真はモデルによる再現)


この写真のような行為よりも、隠しカメラは発見が非常に難しい(写真はモデルによる再現)

初めて韓国の盗撮カメラについて聞いた時のことを覚えている。

ソウルに到着して間もない頃だ。友人とサイクリングをしていて、私は漢江沿いの公衆トイレに走っていった。

私が走ってトイレに入ろうとすると、「カメラが中にないかどうか確認して」と友人が叫んだ。私は振り返って笑った。でも、友人は冗談を言ったのではなかった。

たくさんの女性が、韓国で公衆トイレに入るときに最初にすることは、のぞき穴や隠しカメラがないか確認することだと語った。万が一の用心だ。

この国が、盗撮ポルノ流行と呼ばれる現象の真っただ中にあるからだ。

多くの韓国女性が、公衆トイレを使う際にはカメラがないか確認するのを習慣にしている

隠しカメラは女性の、そして時には男性の脱衣の様子、トイレに行く様子、もしくは衣料品店やジム、水泳プールの更衣室までも記録する。動画はインターネット上の期間限定ポルノ動画サイトに投稿される。

ソウルの活動家は今、盗撮を防ぐ対策をもっと取らないと、この種の犯罪が他国にも拡散する可能性が高く、止めるのが難しくなってしまうと警鐘を鳴らしている。

いわゆる盗撮ポルノが毎年6000件以上警察に通報されており、被害者の80%は女性だ。

被害を申告しない人がさらに数百人いるとの懸念もある。被害者の何人かは、友人だと思っていた男性から盗撮されている。

BBCは一人の女性に体験を聞いた。仮に彼女を「キムさん」と呼ぼう。キムさんはレストランで、テーブルの下から盗撮された。男性は小さなカメラで金さんのスカートの中を盗撮した。キムさんはそれに気付いた携帯電話を取り上げた。そこにはキムさんを映した他の動画もあり、男性たちの間で会話のネタになっていた。

「チャットルームを最初に見た時、本当に衝撃を受けた。頭が真っ白になって、私は泣き始めた」とキムさんは話した。キムさんは警察に行ったが、被害の説明はキムさんをさらに傷付けた。


「キムさん」はBBCに対し、金さんに対するプライバシー侵害の責任を金さん自身にあるとする人が怖かったと語った


「キムさん」はBBCに対し、金さんに対するプライバシー侵害の責任を金さん自身にあるとする人が怖かったと語った

「他の人はどう思うだろう? 警察官は私の服を露出しすぎと思うだろうか? それが私を安っぽく見せると? 私は考え続けた」

「警察署では孤独を感じた。全ての男性が私を肉のひと切れか性的な物体として見ているかのように感じた。怖くなった」

「誰にも言わなかった。責められるのが怖かった。家族や友人、周囲の人たちが、あの男性たちのように私を見るのではと恐れた」

男性が罰されることはなかった。

韓国に留まらない問題

韓国は世界で最も技術が発展し、デジタルで繋がっている国のひとつだ。スマートフォンの所持率では世界をリードしている。成人の90%近くがスマートフォンを1台持ち、93%がインターネットを利用可能だ。

しかしその非常な発展こそが、犯罪を発見し犯罪者を捕まえるのをとても難しくしている。

パク・スヨンさんは2015年、ハ・イェナという名前で、支援団体「デジタル性犯罪アウト(DSO)」を立ち上げた。 「Soranet」という最も悪名高いウェブサイトの1つの閉鎖を求める運動の一環だ。

Soranetは100万人以上の利用者を持ち、登場する女性に説明したり同意を得たりしないまま、数千件もの動画を撮影し、共有していた。同サイトの盗撮動画の多くは、トイレや店の更衣室で隠し撮りされたり、過去の恋人が報復のために投稿したりしたものだった。

動画に映っていた女性の何人かは、自ら命を絶った。


動画は消去されても別のサイトに投稿され続け、世界中のいたるところで見られるようになる


動画は消去されても別のサイトに投稿され続け、世界中のいたるところで見られるようになる

「動画の公開を停止させることは可能だが、本当の問題は何度も何度も動画が上がってくることだ」とパクさんは言う。

「流通が大きな課題だ。共有元のウェブサイトは、投稿された動画が違法に撮影されたものだと知らなかったと抗弁する。本当に? どうすれば知らないままでいられるのだろう?」

パクさんは流通者に的を絞りたいと望んでおり、そのためには国際的な取り組みが必要だと考えている。

「デジタル性犯罪は、韓国だけの問題に留まらない。スウェーデンでも、米国でも問題が起きている。ただ、韓国は技術的にとても発達していて、世界で最も速くアクセスしやすいインターネットがある」

「つまり、こうした女性に対するインターネット上の犯罪が最初に大問題となるのは韓国だということだ。この犯罪が他国でも大きな問題になるのはそう先ではない。だから、我々はこの問題を解決するため国際的に協力する必要がある」

韓国の警察は2つの基礎的な問題を抱えている。犯罪者の逮捕、そして訴追だ。

特別部隊が隠しカメラ発見のためソウル全域の公共施設を調査している。しかし、何も見つけられていない。


調査官のパク・グァンミさんは、犯人の中には、カメラを設置して数分以内に取り外してしまう者も時々いると語る
Image caption
調査官のパク・グァンミさんは、犯人の中には、カメラを設置して数分以内に取り外してしまう者も時々いると語る

調査官のパク・グァンミさんは、2年かけてソウルの龍山区にある1500以上のトイレを調べている。

BBCは、パクさんの捜索作業に同行した。パクさんは、カメラが設置されているかもしれない壁の穴全てを調べていると語った。

「こうした犯人を捕まえるのがどれだけ難しいか学んでいる。カメラを設置し、その後15分以内に持ち去る男性もいる」

それでも逮捕者は出ている。昨年通報のあった6465件で、5437人が拘束された。

しかし、刑務所に入ったのは119人だけ。逮捕者のうちわずか2%だった。

「ポルノの流通方法は進歩している」

多くの韓国人女性が、正義がなされていないと感じている。先にはソウル中心部で大規模な抗議活動があり、別のデモも予定されている。

パク・ミヘさんは、ソウル警察特別性犯罪捜査部隊の隊長だ。パクさんはBBCに対し、海外のサーバーを使っている犯人を追跡するのは難しいと語った。

「この種のポルノの流通は、海外では処罰されないことが多い。そのため、韓国では違法であっても、海外諸国で合法の場合や、海外サイトで流通された場合は捜査ができない」

「たとえ我々がウェブページを閉鎖しても、流通者はウェブアドレスを少しだけ変えて、サイトを再び開ける。我々はアドレスの変化全てを追跡し続けているが、流通方法は進歩し続けている」


隠しカメラの問題に対し対策を要求する大規模な抗議活動が起こっているImage copyright AFP/Getty
Image caption
隠しカメラの問題に対し対策を要求する大規模な抗議活動が起こっている

「こういった犯罪への刑罰も厳しくない。今のところ、違法動画の流通に対する罰は1年の禁錮刑か、1000万ウォン(約99万円)の罰金だ。刑罰の水準を上げるのは効果的だと思う」

「最も重要な点として、人々の認識を変えなければならない。この種の違法な犯罪を撲滅するため、人々は被害者への影響を知らなければならない」

すでに認識が広まっているとの反論もあり得る。数千人の女性が今週末、再び通りに出て、「私の人生はあなたのポルノではない」と叫ぶ準備をしている。このような抗議活動は今年4度目だ。

この高まる問題に対処するため、より厳しい刑罰、より高い告訴率、こうした犯罪を発見するより良い方法を警察がとると、女性たちは信じている。

それまでの間、盗撮されている可能性に備えて、我々は皆、更衣室を点検する。

(英語記事 South Korea's spy cam porn epidemic)
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45054635


____


韓国で盗撮が社会問題に、想像を絶する被害、トイレの壁は穴だらけ―中国メディア
Record china 配信日時:2018年8月7日(火) 23時10分
https://www.recordchina.co.jp/b631927-s0-c30-d0139.html


韓国で盗撮が社会問題になっている。被害は想像を絶するもので、至る所から盗撮が行われた痕跡が見つかるという。資料写真。


2018年8月6日、環球網によると、盗撮が社会問題になっている韓国のソウルで4日、7万人を超える女性たちが盗撮などの犯罪行為の根絶を求めてデモを行った。

記事は「韓国での盗撮被害は想像を絶するもので、至る所から盗撮が行われた痕跡が見つかるという」と紹介。ある地下鉄構内のトイレの壁には、「盗撮禁止」の張り紙が各所に貼られているといい、壁には盗撮に使われたと思われる指の先ほどの穴が無数に開いており、それらは紙やテープでふさがれているという。

こうした痕跡は店やレストラン、カフェ、駅、公園、大学の公衆トイレなど多くの場所で見つかる。韓国紙・朝鮮日報によると、盗撮犯罪は2012年の2400件から6465件にまで増えているという。

韓国のこうした状況は英紙も報じており、海外にまで伝わるようになっている。5日、韓国国土交通部は事態を重く見て、盗撮行為の抑止に向けて公共交通機関に対策強化を求めたという。(翻訳・編集/岡田)
https://www.recordchina.co.jp/b631927-s0-c30-d0139.html


▲△▽▼

名誉毀損で真実が罪に 「リベンジ訴訟」と闘う韓国社会
8/18(土) 12:28配信 AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000014-jij_afp-int
韓国ソウルでAFPの取材に応じるDさん(2018年5月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】韓国ソウルのある女性会社員が性的暴行の被害を警察に届け出ると、相手は名誉毀損(きそん)の法律を盾にさまざまな訴えを起こしてきた──。これが意味するのは、同国では真実が必ずしも防御策として機能するとは限らないということだ。


 身の安全のため「D」とだけ名乗ることを希望したこの女性は、AFPの取材に「彼は、次から次へと、さまざまな理由で私を訴えてきた。名誉毀損、侮辱、偽証、脅迫、そしてセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)まで」と話し、そして「何か月も、食べ物がのどを通らなかった。飲み物を口に入れることも眠ることもままならず。沼にはまって、抜け出せないようなな感覚に陥った」とその時の状況を説明した。
.

 その後、相手の男は強姦罪で有罪となり、実刑2年の判決を言い渡された。一方、Dさんへの訴えはすべて取り下げられた。
.

 だがDさんが体験した法的な「泥沼」は、韓国では珍しいことではない。この国では法律によって名誉毀損は犯罪となり、真実を話したことで他者の社会的評判に傷がつけば、それ自体が罪と見なされることもある。
.

 韓国では、性的虐待の容疑者が相手に沈黙を強いるか訴えを取り下げさせるために、逆に裁判を起こそうとするケースが後を絶たない。
.

 警察に被害届を出すこと自体は名誉毀損には当たらないが、被害者が公に訴え出ることで名誉毀損となる恐れがある。警察や検察によってケースが取り下げられるか、または被告が無罪となった場合、今度は冤罪(えんざい)にあたるとして、被害者側が訴追されることも考えられるのだ。


 韓国女性弁護士協会(Korean Women Lawyers Association)のソ・ヘジン(Seo Hye-Jin)氏は、「制度全体が女性を萎縮させてしまっている」と述べ、こうした状況が、性的虐待の容疑者にいわゆる「リベンジ訴訟」を起こさせる格好の材料を提供するものとなっており、多くの女性が泣き寝入りを余儀なくされていると指摘する。法律の専門家や女性団体の多くもこれと同様の見解を示している。


■警察も加害者に味方

 韓国はITや経済の面では発展しているが、社会的に家父長制の価値観が根強く、男女の賃金格差や企業の女性役員の比率では、経済協力開発機構(OECD)加盟国中でほぼ常に下位につけている。
.

 国連薬物犯罪事務所(UNODC)によると、韓国の殺人事件被害者のうち女性が占める割合は52%で、これは他国に比べて異常に高い数値となっているという。米国と中国はそれぞれ22%、女性に対する暴力で注目を集めることの多いインドですら41%だ。
.

 アジアを席巻する韓流ドラマでは、男性の登場人物が女性の登場人物よりも身体的に優位に立つ形で恋愛感情が表現されるというお決まりの展開があり、他国のファンからは「韓流ドラマの手首つかみ」と批判する声もある。
.

 しかし昨年以降、女性のセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を告発する世界的な「#MeToo(私も)」運動が韓国でも急速に広がりをみせており、政治・アート・教育・宗教界の有力者を告発する女性たちが次々と現れてきた。
.

 それでもDさんのケースでは、捜査を担当した警察官から、「前途有望な若い男性の人生を台無し」にしようとする「本当の狙い」は何なのかとの質問が繰り返され、また検察に対しても容疑者を訴追しないよう堂々と働き掛けが行われていたという。
.

 Dさんは仕事を辞め、警察と検察官、そして国立の人権団体にも苦情の申し立てた。すると、相手から立て続けに訴えを起こされ、そして加害者とその友人たちから容赦ない嫌がらせを受けた。
.

「彼らはブログとチャットルームを立ち上げ、私の名前をさらして公の場で辱め、悪意に満ちたありとあらゆる個人攻撃をしてきた」とDさんは話し、加害者の男がDさんと家族に対して日々、脅迫メールを多数送りつけてきたことを明らかにした。
.

 法律の不備をつくこうした行為は、なにも性犯罪に限ったことではない。建築事務所のある男性従業員は、ネット上で勤め先の給与遅配や不法行為について事細かに明らかにしたことが、雇い主に対する名誉毀損にあたるとして有罪となり、罰金を科せられた。また、美容整形外科医と術後ケア施設について低評価を書き込んだ女性たちが名誉毀損で訴えられ、有罪判決を覆すために最高裁での争いを余儀なくされたケースもある。


■合意の有無ではなく抵抗したかどうかでレイプを定義

 だが、たとえ裁判に持ち込んでも、韓国の法律はレイプの定義を、合意の欠落ではなく「暴力と脅しの手段」に基づき定めており、被害者に対してはレイプに抵抗したことの証明が求められる。そのため過去には、被害者は「十分に抵抗していなかった」とみなされ、原告の訴えが退けられたケースもある。
.

 韓国ウィメンズ・ホットライン(Korea Women's Hotline)によれば、現行法では、同組織に届く被害の訴えのわずか10%ほどしかレイプとして認められていないという。ジェンダーの平等に関する国連(UN)の専門家パネルは今年、韓国政府に対してレイプの定義を見直し、冤罪や名誉毀損訴訟の被害者を保護することを求めた。
.

 Dさんに乱暴行為を働いた男は服役後もDさんに対する訴訟を続けたが、2014年にストーカー行為と脅迫罪によって罰金刑を言い渡された。4年に及ぶDさんの試練はこれで幕引きとなった。
.

 以来Dさんは、自身が魔女狩りの犠牲者だったことから「魔女」と名乗り、虐待のサバイバーたちを支援する活動を続けている。
.

 Dさんは、「私のように、虐待された相手から訴えられた女性たちは大勢いる」と説明し、そして「私たちこそが被害者なのに、犯罪者として扱われることに怒りとフラストレーションを覚える」とその気持ちを口にした。【翻訳編集】 AFPBB News



▲△▽▼

被害者が責められる社会、韓国「#MeToo」火付け役女性の過酷な闘い
2018年10月21日 10:00 発信地:ソウル/韓国
http://www.afpbb.com/articles/-/3193743?cx_part=outbrain

韓国で検察庁内部のセクハラについて声を上げた検察官の徐志賢(ソ・ジヒョン)さん(2018年8月7日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP


国際女性デーに韓国の首都ソウルで開かれた、セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」の集会(2018年3月8日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP

【10月21日 AFP】韓国のセクハラ告発運動「#MeToo(私も)」の口火を切った徐志賢(ソ・ジヒョン、Seo Ji-hyun)さん(45)は、控え目で、ささやくような声で話すが、その行動が韓国女性に与えた影響は大きい。

 ソウルの検事だった徐さんは、同僚の父親の葬儀の場で、年上の同僚男性に何度も体をまさぐられた。苦情を訴えると、その後何年も検察庁で嫌がらせを受けるようになった。

 最終的に徐さんは今年1月、テレビで事実を公にし、涙ながらのインタビューが放映された。因習に逆らって、自身の経験を詳しく語る徐さんの声は震えていた。

 徐さんの行動は、経済や技術が発展した今も、社会に深く染み込んでいる家父長制の価値観が残る韓国で、前例がないことだった。そして徐さんの勇気ある行動を見て、他の女性たちもせきを切ったように自分の体験を語り始めた。

 数えきれないほどの韓国女性が、アート、教育、政治、宗教界の権力者たちによるレイプや性的不品行を訴えた。

 告発を受けた権力者には、元大統領候補から、世界中の賞を総なめにした一流映画監督、アジア全域で知られる俳優、ノーベル文学賞候補に何度も挙がり高く評価されている詩人などがいた。

 徐さんは自分が検察官だったことで、いっそう屈辱的な思いを味わったと、AFPの取材に述べた。徐さんが海外メディアのインタビューを受けるのは珍しい。

「検察官は正義を追求する仕事なのに、非常に恥ずべきことだと感じた。犯罪行為について堂々と意見を述べることさえできなかった」と徐さんは言う。

「テレビで話すことを決めた時は、これ以上耐えられない状態だった。結局、テレビで話したことが社会的自殺に等しい行為になってしまった。辞職して、残りの人生を世捨て人のように暮らす覚悟をした」

■被害者が責められる社会

 経済協力開発機構(OECD)の男女賃金格差および管理職に占める女性の割合調査で、韓国は常に最下位レベルに位置している。

 韓国女性の多くが職場でのセクハラを経験しているが、被害を受けた女性が声を上げると、「騒ぎを起こした」として厳しく非難され、社会的に葬られたり、解雇されたりすることも珍しくない。

 徐さんの一件は、エリートである検察官も例外ではないことを示している。

 徐さんは2004年に検察庁で働き始めて以来、日常的に男性の上司や同僚から、言葉や身体的な接触によるハラスメントを受けたと言う。葬式でセクハラを受けた後、上司に相談すると、セクハラの加害者である安兌根(アン・テグン、Ahn Tae-geun)氏に個人的に謝罪させると約束してくれた。だが、謝罪はなかった。代わりに徐さんは懲戒処分を受け、地方の小さな町での役職に降格された。

 その背後にいるのは安氏だと、徐さんは疑った。組織内で正式に被害を申し立てたが、検察庁を混乱させたとして叱責されただけだった。ヒエラルキー組織では、その組織への忠誠心が最も高く評価されるのだ。

 韓国の検察官のうち30%が女性だが、うち上級職に就いている女性は8%にすぎない。政府が今年実施した調査では、女性検察官の70%がセクハラまたは性的虐待を経験していると答えた。だが、被害に遭った女性検察官の多くは、キャリアが損なわれるのを恐れ、沈黙を守っている。

 韓国女性労働者会(Korea Women Workers' Association)が実施したさらに広範な調査によると、職場でのセクハラ被害を訴えた女性の65%近くが、キャリアが損なわれたと回答している。

 結婚して、子どもが1人いる徐さんは、事態を公にする勇気をかき集めるのに、8年かかった。

「多くの女性が私の行動から勇気を得たと感謝してくれた。女性たちは、私のことを知り、性的虐待を受けても声を上げられないのは自分のせいではなく、社会のせいだと気付いた」と徐さんは言う。

■「大きな代償」

 安氏は昨年、徐さんのセクハラとは関係ない汚職事件で解雇されたが、性的虐待については1年の時効が過ぎていたため、訴えられることはなかった。しかし、安氏は徐さんに復讐するために自分の地位を利用し、徐さんを低いポジションに追いやるよう上級検察官に圧力をかけたとして、職権乱用で告発された。

 だが、徐さんのインタビューが放映されると、支援が多く集まった一方で、女性たちからの非難も殺到した。

 さらに、徐さんに続いた女性たちの中には、加害者から逆に訴えられる例も出てきた。また、名乗り出るという恥知らずな行為をしたとして、個人攻撃を受けた女性もいた。

 元大統領候補、安熙正(アン・ヒジョン、Ahn Hee-jung)氏は、元秘書を繰り返しレイプしたとして訴えられていたが、先月無罪が確定した。裁判では、元秘書の女性が被害に遭った後も仕事を辞めなかったのは、「被害者らしからぬ」振る舞いだと言われた。

 さらに、安氏の側近の男性1人が、この元秘書の女性に関する1000件以上の匿名の中傷をインターネット上に投稿していたことも最近明らかになっている。

 徐さんも例外ではなく、「公表したことの大きな代償」を払っている。テレビのインタビューが放映されてからは病気休暇を取得しており、検察庁に戻ることはないという。

「だが、自分の行動を後悔はしてない」と徐さんは言う。「これまで長い間、性的虐待の加害者ではなく被害者が、非難され、辱められ、黙っているよう言われてきた。このようなことは、今、ここで、止めなければならない」 (c)AFP/ Jung Hawon

▲△▽▼


朝鮮人と結婚した日本人妻への陰湿なイジメ

朝鮮人と結婚すること自体が愚かな行為で、朝鮮人の親戚による日本人イジメは「陰湿」なんてもんじゃない。

朝鮮社会では女は「つまらない存在」で、他人の家庭で育った嫁など自分の一族ではないと考えるのが普通だ。ましてや、日本人妻ともなれば下女扱い。

「おぞましい朝鮮」について無知な日本人女性は、実際に体験して初めて気付く。

朝鮮人の舅や姑から、「夕飯は台所の片隅で食え」と命じられた日本人はショックを受けるし、祖先を祀る儀式の時など、訳の解らぬ“しきたり”や、やぼったい民族衣装、狂ったような踊りに没頭する親戚を見て心臓が止まる思いだ。

西歐人は誤解しているが、日本社会は昔から女性に寛容で、比較的自由が多かった。戦国時代に来日したルイス・フロイスが驚愕したのも当然である。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68751526.html


▲△▽▼

文尊師だか教祖は、韓国男はキリストの生まれ変わりだから、韓国男と結婚する女は幸福な人生が送れるとか言う教えを広めて世界中から韓国の結婚できない男達に女を与えている。

世界統一教信者の日本女性の多くが韓国男と結婚して韓国に住んでいる。


■■■韓国よ、私の姉を返せ!!!■■■
http://mimizun.com/log/2ch/ms/1003978299/


@すべての日本女性に対する心からの警告として、以下の体験記を記します。
断っておきますが、私がこれから述べることは、すべて真実です!!

私の姉、あの明るくて綺麗だった姉が、韓国と韓国人に関わってしまったせいで、事実上の奴隷として韓国に連れ去られてしまいました。
と言うと、皆さんは「そんな馬鹿な!」と思われるでしょうが、実は驚くほど巧妙な手口で、すでに何千人という日本女性が同じ目にあっているのです!
これからその卑劣な手口を明らかにし、すべての女性に対して注意を促したいと思います。
繰り返しますが、ここで語ることは真実の体験ですので、茶化したり、「スレ終了」とか「スレ放置」とか書き込んで、全女性に対する私の心からの警告を妨害しないようにしていただきたいと切に希望します。
あれはもう3年も前のことでした。
「韓国の人と友達になったんだ」
姉のこの一言がすべての始まりでした。
当時、大学3年生の姉は、校内のベンチに座っているところを在日韓国人の同級生に話し掛けられ、すぐに仲良くなったのです。
私もその人と何度か会ったことがあるのですが、最初に会った時は「礼儀正しくて感じのいい人だな」と思いました。
なんでも彼女は平和運動をやっている団体に所属しているということでした。


A今思えば、この時に気付くべきでした。
姉は彼女に誘われ、その団体の主宰している「カルチャー教室」に参加するようになりました。
姉の話によると、なんでも「平和について学ぶ」とかいう講座で、ビデオを繰り返し見て、その後に講義を聴くものだったそうです。
しかし、「平和について学ぶ」といっても、その内容は「日本人がいかに韓国人を苦しめたか」というものでした。
そのような内容のビデオを延々と見て、その後に「日本人がいかにその罪を償っておらず、無責任な対応に終始しているか」という話を団体のスピーチ係から聞かされるのだそうです。
ある日、姉は真っ青な顔で「日本軍は朝鮮の従軍慰安婦の人たち150人を並べて次々と首を切り落とし、その頭でスープを作って慰安婦たちに無理やり飲ませた……」と私に語りました。
私もその話にショックを受けたのですが、同時に「なにか大げさだな」と疑問に思いました。
そのカルチャー教室に出入りする内、次第に姉の様子が変わり始めました。
姉は、「日本人に生まれてきたことが恥ずかしい」とか、「日本人は今すぐ韓国人に償いをしなくてはならない」とか、「日本の今の繁栄はすべて韓国の人たちの犠牲の上に成り立っている」とか、切羽詰った顔でそう繰り返すようになりました。
そして学業そっちのけで韓国語の勉強を始めました。

B姉は「韓国に行って韓国語で韓国の人たちに謝りたい」と言っていました。
私はそんな姉を見て「そこまでしなくても」と思いましたが、一方で「国際交流できていいなあ」というくらいにしか感じませんでした。
ある日、姉から「あなたも韓国語を学びなさい」と言われました。
「なぜ?」と訊くと、「韓国語は世界の共通語であり、人類史上もっとも優れた言語だから」と言うのです。
私は「あれ?」と何か不審に思いました。
そこで姉の部屋をこっそり調べてみると、「原理講論」という本や「堕落論」なるパンフレットなどがありました。
それらの内容を読んで、思わず引きつりました。
なんと「日本は悪魔に支配された国であり、世界の盟主である韓国を苦しめた罪人である」とか、「日本はエバの国で、アダムの国である韓国に尽くさなければならない」とか、「南北統一後の韓国がアジアの中心となり、ひいては世界の支配者となる」とか、そのような狂った内容が書き連ねてあったのです!
このような気持ち悪い内容について、大学の先生に尋ねると、「そりゃ統一教会だ」と教えてくれました。
そこで統一教会について調べ、両親とも相談して、脱会するよう姉に対して説得を始めました。
しかし、すべては遅すぎました。
姉は大学を中退して今すぐに韓国に行くと強硬に言い張りました。
私たちが必死で引き止めると、「メシアであるお父様や、世界の盟主である韓国を侮辱する連中は悪魔だ!」などと逆に罵られました。
私も両親も泣きました。

Cそして、姉は突然、ソウルの合同結婚式に参加すると言って、ついに我が家を去ってしまったのです。私は、姉を誘った在日韓国人の同級生に抗議しました。
すると、彼女は一変して逆ギレしました。
私が「あなた統一教会でしょ?」と詰め寄ると、彼女は「え? 何よ、それ?」しらばっくれました。しかし「あの文鮮明(ブンセンメイ)といかいう教祖、気持ち悪い人ね」と言うと、「な、なんですって!!!」と顔を真っ赤にして口から泡を吹いて喚き散らしました。
やはり隠してはいますが、統一教会だったのです!
それからしばらくは、家族で泣いてばかりでした。姉の身が心配でした。
ほなくして姉から連絡があり、韓国の田舎に嫁いだとのこと。
とりあえずはほっとしました。
しかし、すぐに姉から「お金を送ってほしい」「何々(大抵は電化製品)を送ってほしい」という手紙が頻繁に来るようになりました。
どうやら、その田舎の“親戚”が姉を通じて我が家に「金をよこせ、物をよこせ」という要求をしているらしいのです。仕方がないので、家族は要求されるまま、送り続けました。
一体、姉が韓国でどんな暮らしをしているのか疑問だったので、とりあえず私が姉の様子を確かめるために韓国に行くことになりました。
その際、一人では危険だということで、八方手を尽くして、ソウル在住の日本人留学生Aさんを通訳兼ボディガードとして雇いました。

D私はそのAさんの案内で、姉の手紙に記されている住所をたよりに、韓国の田舎を訪れました。
そこは日本の田舎とは大違いで、道も舗装されていなくて、とても前近代的な農村でした。
その村の貧しい一軒に、姉がいました。姉は一応、私が来たことを喜んでくれました。
まだ20代前半の姉の結婚相手は、40歳は超えているとみえる農家の後継ぎで、どう見ても無教養な田舎のブ男でした。
その貧しい一家と私たちは、しばらく話をしました。
私は失礼と思いながらも、結婚に対してやんわりと異議を唱え、姉に日本に返ってくれるように頼みました。途端、通訳のAさんは真っ青になりました。
なんと、姉の結婚相手のブ男は「金を払ったんだから当然だ!」とうそぶき、下卑た笑みを浮かべながら「この倭女はいい体つきしているので、おれは得した」などと言っているというのです。
私はその男に対し殺意さえ感じましたが、姉の身を案じて、黙って耐えるしかありませんでした。
姉の返事も「日本人は韓国に償いをしなければならない」というもので、本人の話によると、朝から晩まで働いているそうです。
通訳のAさんは、その一家の話を聞いて「ほとんど奴隷状態みたいですよ」と私に耳打ちしてくれました。

E結局、私たちは成す術もなく帰るしかありませんでした。ソウルの空港で別れるまで、Aさんは私にいろいろな話をしてくれました。
例えば、ソウルには統一教会の日本人女性の奇妙な集団があって、朝早くから働いていることや、反日デモやパフォーマンスをしている(やらされている?)ことなどを教えてくれました。
さらに、私が従軍慰安婦の話をすると、Aさんは、日本の植民地時代を経験した年配の韓国人から「強制連行なんて嘘に決まってる」という話を聞いたと語ってくれました。
なんでも、あれは農村の貧しい一家が、生活のために自分の娘を朝鮮人の経営する売春業者に売り飛ばしたというのが真相で、それは日本を含め当時のアジアでは当たり前の現象であり、「日本軍がトラックを仕立てて娘を載せて拉致したなんて誰かの捏造だ、当時の誰もそんな光景を見ていないし、噂にも聞いたことがない」とその年配の韓国人は言ったというのです。
私は「だとしたら、従軍慰安婦問題というのは誰かが何かの目的で作り上げたものかもしれませんね」と言うと、Aさんは統一教会がその問題を利用しているという私の話に引っかかるものを感じたらしく、「例の従軍慰安婦の訴訟を担当している高木弁護士に近い知人がいるから、今度聞いてみる」と言
ってくれました。

Fこうして私は失意を感じながら帰国しました。私は家族には、とてもではあ
りませんが、姉の置かれた状況を正直に話すことは出来ませんでした。
私の印象では、姉は呈のいい召使として韓国に売り飛ばされたように思えました。
それからしばらく経った頃、姉から突然“親戚”の一人が日本に行くからめんどうみてやってほしいという連絡がありました。
私も両親もうんざりしたのですが、断れませんでした。そして、粗野なプータロー風の若い男が来ました。
その韓国人の男は、のっぺりした顔にまるでペンで一本の線を引いたような細い目をしていて、一見すると無表情に見えるのですが、感情の起伏が激しく、すぐに顔を茹でダコみたいに染めて怒鳴り散らしました。
とくに食事中に膝を立てて、クチャクチャと物凄い音を立てて食べ、「キムチはないのか!?」とか
「味が薄い!」などと、すぐに文句をつけてくるのには、あきれました。
言うまでもなく、私はこの韓国人の男が嫌で嫌でたまりませんでした。
ある時、「テンプラのつけ汁が薄すぎる! ケチってるな!? 客人であるオレ様を馬鹿にしてるのか!?」などと母に言いがかりをつけた時は、農薬でも飲ませてやろうかと真剣に考えたこともありました。
そして、常々目つきがヘンだと思っていたら、ある晩、そいつは部屋に忍び込んできて、私の口を押さえ、レイプしようとしました。私は悲鳴を上げ、男の顔を引っかきました。
私は男に力いっぱい殴られました。しかし、この件で激怒した父が男をたたき出してくれたので、結果的にホッとしました。

Gそんな折、ソウルの留学生Aさんから、驚くような連絡が来ました。以下に、Aさんから聞いた話を要約して書きます。
そもそもこの従軍慰安婦問題を社会的に提起したのは、「朝鮮と朝鮮人に公式謝罪と賠償をさせる」ことを運動の目標に掲げている「百人委員会」なる団体でした。
この団体の在日韓国人と日本人主婦が、「被害者を探しに」韓国に行き、そして“被害者”を見つけて、裁判に訴えさせたそうです。
しかし、その「性奴隷制度の被害者として最初に名乗りを挙げた勇気ある女性キム・ハクスン」なる人物は、実は日本軍兵士相手に売春して大金を稼いでいた単なる朝鮮人売春婦でした。
しかし、この「百人委員会」は、そういった元売春婦ばかり探し出して、日本政府相手に訴えさせ、それを国内また国際的に宣伝し始めたのです。
では、一体この「百人委員会」とはどんな団体なのか? 実は、統一教会の「アジア平和女性連合」という団体が母体となった二次団体だというのです! 
そしてその元売春婦の裁判を担当した高木健一弁護士も統一教会の信者であり、“被害者”を探しに韓国に出かけた日本人主婦もまた統一教会の人物だというのです!(むろん本人は否定しているそうです。しかしこれも統一教会の手口なのです。
外部の人間に「統一教会の信者か?」と聞かれると「違う」で押し通せと命令されているのです)。
彼らは「日本は悪魔の国で、メシアの国である韓国を苦しめた罪を償わなければならない」という統一教会の教義を信じて行動しているのです!

Hそしてさらに、文鮮明と金日成が和解した92年以降は、この従軍慰安婦問題に朝鮮総連系の在日も運動に関わるようになり、北朝鮮の“ニセ慰安婦”が続々と現れ、「日本兵は慰安婦の首を日本刀で切り落として、それを煮て、煮汁を飲まされた」などと国際社会に言いふらしているのだそうです。
では、そもそも統一教会がこの「性奴隷問題」をでっち上げたのなぜか? 理由は複合的で、日本と日本人の国際的信用を貶め、韓国に賠償金を払わせ、在日韓国朝鮮人の政治的立場を優位にし、さらに日本人女性を洗脳して「人身売買の商品」に仕立て上げるのが狙いだったのです! 
日本女性に贖罪意識を植え付け、「自分が似た境遇になることで罪の償いをする」と信じ込ませるトリックが含まれていたのです! 
Aさんによると、事実、私の姉のように、このトリックですでに数千人の日本女性が統一教会の「人身売買の商品」に仕立て上げられ、とくに需要の多い韓国の田舎に売り飛ばされたそうです!
私はこの話を聞いて、愕然としました。
さらに(Aさんとは別の人から)あの辛淑玉も統一教会系の団体の講演などを引き受けていると聞いて、在日韓国朝鮮人という人たちが信用できなくなりました。
どうやら、統一教会、その信者、朝鮮総連、在日人権運動家……等など、すべてグルだったのです! 本当は連中こそ、正義の仮面を被りながらその実、日本人女性を韓国の奴隷に仕立て上げるために活動している卑劣極まりない人たちなのです!

I現在、多くの日本人女性が、韓国人や在日のプロパガンダに引っかかってこの運動に協力していますが、とんでもない話です。
なぜなら、それは統一教会が今も行っている犯罪に加担することになるからです。
繰り返しますが、私の姉みたいに、韓国に「商品」として送られた統一教会の日本女性信者はたくさんいます。
もし私の話を疑うのでしたら、彼女たちがどんな悲惨な境遇でいるか実際に調査してください。
彼女たちが事実上、奴隷にされていることが分かります。
なぜこんな悲惨な話が日本のマスコミで報道されないのか、不思議で仕方ありません! 
本当に、朝日や読売や毎日といった大新聞は、どうしてこんな現代の人身売買を世間に明らかにしないのですか!? 一体なぜですか!? 
どうしてテレビは日本人が被害にあっている実情を取り上げてくれないのですか!? 本当になぜですか? なぜなのですか?
今この瞬間にも、多くの日本人の若い女性たちが、韓国の邪教に洗脳され、連れ去られ、一生、奴隷にされているのです! 私の姉を返してほしい!

Jとりあえず、我が家が体験した悲惨な話をここで終わりにしたいと思います。
私の体験談は、多くの日本女性にとって信じられない出来事でしょうが、すべて真実です!! 
私は日本人女性を待ち受けている恐るべき罠の存在を世間に知らしめたいと考え、ここに書き込みました。
おそらく在日の人や、韓国の大半の人は、まともな人なんだろうと思います。
ですから私の話を聞いて、全員に対して偏見を持つようなことはやめてほしいと思います。
しかし一部に、日本国と日本人に対して恐ろしい悪意を持ち、邪悪な行いを平気でする狂った人たちがいるのも事実です! そしてそういう行いがなぜか放置されているのも事実です。
たぶん、私の発言を信じたくない人もいるでしょう。
「証拠を出せ!」とか「どうせネタだろ!?」とか言われてまた傷つく思いはしたくありませんので、私はもうここには二度と現れるつもりはありません。
信じる信じないは皆さんの自由だし、マスコミに出ない私の話を疑うのも結構ですが、しかしこれだけは 言っておきます。すべて本当の話です!! 事実なんです!!
http://mimizun.com/log/2ch/ms/1003978299/


▲△▽▼

▲△▽▼

在日の日本人への拷問 2016-01-18 17:25:43 | 日記

北九州監禁事件では


大便排泄を1日1回に限定し

全裸のままトイレに座らせることなく、がに股で排便させてそれを観察した

勝手に漏らした場合、大便は口で食わせた

言うことを聞かなければ通電といって性器に電極を取り付け電機拷問を行った

一瞬で皮膚が熱傷で破れ脳まで衝撃が来て記憶を失うほどの拷問であったそうだ


朝鮮民族はこういうことを好むのである

ゆえに、監禁されれば飲尿食糞を余儀なくされ、監禁された日本人は
拷問されながら大小便を食べるという地獄の監禁拷問生活をおくる羽目になります


朝鮮人が残酷なのは当然で大陸の人は日本人とは文化背景が違います

チンギスハーンの拷問好きは有名ですし、中国も拷問文化でした朝鮮人の李氏朝鮮もそうです。よって在日に監禁されると大変なことになります


殴る蹴るの基本的なものから、

タバコの火を押し当てる、

ハンダコテで体中焼く、

尿道にマッチ入れて火をつける、

在日が起こした北九州監禁事件のように電撃を与える

大小便を食べさせる


など拷問の種類には事欠きません


女性であれば、激しく輪姦・撮影されたあげく、

全身にピアスを通され

穴という穴は拡張され、


在日が起こした女子コンクリ事件では

鉄アレイを膣と肛門にいれ蹴飛ばしていた有様です


在日を日本人と同じと思ってはいけません、農耕民族と大陸の殺戮民族では文化が違うのです


かわいい娘がいるとこうなります

全裸首輪で性奴隷家畜便器として完全監禁

少しでも反抗したらタバコの火を押し当てたりしていうことを聞かせます

何回も犯されてガバガバになり腕が入るまで広がりきります

尻の穴もそうなります、

栗には太いピアスがされるでしょう

SMビデオやスカトロビデオ撮影もあるでしょう、

厳しい拷問生活で かわいい娘は大便と小便を喜んで四つん這いのまま食べるようになります

こうして肉便器になり、最後は利用価値がなくなったらスナッフビデオといって
拷問して殺すところを撮影してお金にしますので、それからドラム缶でコンクリ詰めにします


【尼崎大量殺人】角田美代子4【コンク李ドラム缶死体】


角田美代子

これだけの凶悪事件を起こした重大犯罪人にしては、こいつの過去が一つも晒されていない。

犯人が日本人の場合は、親戚、何十年も前の同級生、会社関係、全てを晒して追及するハズ。

主犯格に韓国籍の李正則がいることから在日犯罪である事は間違いない。
報道機関、特にテレビメディアは印象操作や犯人隠避の罪で放送免許を剥奪するべき。


民事不介入を盾に見て見ぬ振りをしてきた警察もだらしないけど
所謂『被差別者』に対して強行な捜査をすると、人権派やマスコミがうるさいんだよね
こういう事件が発生するようなシステムが着々と作り上げられてきた


日本人なら微罪でも逮捕するのに、ZやBなら殺人などの重罪でも野放しって
なんかおかしくない?

この国は異常だと思う。


自分が住む部屋でよく殺すよなあ
その辺の神経がやっぱり日本人じゃないって感じ


一部報道では、女性親族が

「女の私からは言えないような猥褻な格好をさせられていた」

と言っていたな。


北九州監禁事件でも、松永太が、嫁の母親や、妹を 嫁の父や、妹の旦那の前で犯して、そのときに、

「私は、松永の性奴隷です。松永のチンポが欲しくてたまりません」

と何回も言わせていたらしいからな。

親族同士の暴力、性行為というのは、マインドコントロールの常套手段なんだろう。


尼崎のコンクリート殺人で捕まってだいぶたってるのに主犯の情報がほとんどでてこない

いつもなら犯人の過去を喜んで暴くマスゴミに在日か同和団体から圧力がかかってるのだろう

もう法律で本当の国籍、本名で報道するようにしないといけないな


☆在日につかまったら若い娘は、舌をかんで自殺するしかないのですね。
http://blog.goo.ne.jp/kimutamako1212/e/96a6656d746c7425de9a2d31c0b09e19


北九州一家監禁殺人事件では、松永太が、嫁の母親や、妹を 嫁の父や、妹の旦那の前で犯して、そのときに、

「私は、松永の性奴隷です。松永のチンポが欲しくてたまりません」

と何回も言わせていたらしい。

親族同士の暴力、性行為というのは、マインドコントロールの常套手段なんだろう。
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1350881970/


北九州一家監禁殺人事件 【監禁中の緒方一家、虎谷一家の待遇】


松永は精力絶倫。

一晩に三度、身体を求めるなどセックスが強く、女性器への入念な舌戯から多くの女性をセックスで溺れさせ、性奴隷にしてコントロールする才能を持つ。

きわめて強いサド志向 で、旦那の見ている前で人妻を犯すことが何よりの快楽。

抵抗できない旦那を前に、抱かれている人妻に何度も「松永の性奴隷である」と告白をさせ、また松永が 妻の媚態を指摘して、夫婦の絆・自尊心を崩壊させる。
また、家族間で近親相姦をするよう暗示(強要)して家族関係を崩壊させる。


・支配者・松永の武器は卓越した話術。相手を油断させ、信用させると同時に、恫喝する二面性によりマインドコントロール下におき支配する。

・ 支配するため「食事・排泄・睡眠・セックス」を重視した。通電により脳を空白にして新しい価値観を植えつける。それを持続させるには生理的欲求を管理・制限することが重要という結論を得たのであろう。

・食事は白米〜下痢便まで奴隷階層により違う。一例として、
食パンの耳だけ、
白米にラードまたは生卵、
具のない即席ラーメンだけ など。

・粗末な食事が日常化すると、おかずが一品増えただけでも感謝するようになった。

・食事は13分で食べ終えないと通電。

・最下層の奴隷に落ちると、下痢便を無理やり食べさせることもあった。

・排泄は一日一回。大便は便座に腰かけずに腰を浮かせて排泄。
小便はペットボトルに排泄。

・過酷な監禁生活が日常化すると、支配者・松永から優しい言葉をかけられると、奴隷たちは慰めになった。

・布団を与えず立ったままで寝かせる。

・家族間での会話は禁止。

・シャワー、歯磨きは何日も禁止。


・女性は松永と寝ると奴隷階層の地位が上がる(シャワー、歯磨き、ベットでの睡眠ができる)ため、自ら積極的に松永の性奴隷となった。

・近親相姦をさせ、行為中の写真を撮り、自尊心を剥奪する。特に主也は義理の母・静美、実 の娘・彩10歳とのセックスを強要された。


【監禁中の緒方一家、虎谷一家への虐待方法】

・ 主な虐待は通電。

コンセントからコードをワニクリップでつなぎ、性器・乳首に電流を流す。

通電されると、痙攣(けいれん)状態となり、ぐっ たりして意志がなくなる。

頭の中が真っ白になり、自分を失い、支配者の言いなりになる。

限度を超えると廃人寸前、糞尿の垂れ流し状態に なることも多々あっ た。


・常につま先立ちで深く腰を降ろす、土俵入りの力士の姿勢”そんきょ”を長時間にわたり命じられる。


【論告書より】

緒方一家の暮らしぶりは昼夜の逆転した生活。一家六人は台所で雑魚寝させられ、平均睡眠時間は3、4時間だった。

起きている間は台所に立ち続けなけていなければならない。

トイレの使用は松永の許可制で、しかも一日1回。

小便はペットボトルにさせられ、大便する際、便座に尻をつけることは許可されなかった。

食事はごく少量で一日1回。時間制限されたうえ食事する際は全員、床に尻をつけることも許されなかった。

違反すると通電暴行をあえて他の緒方一家の面前で行い、見せつけていた。

通電を受けているものをかばった者は松永の次なる対象とされた。松永は誉氏に塩を山盛りにした米飯を食べさせたり、優貴君をのぞく全員に対しサディズムの象徴ともいえる乳首や性器への通電行為を行った。


【緒方純子】

・1962年生まれ。元幼稚園教諭。短大を出て、1982年ごろから自宅近くの幼稚園に教諭として勤務。約3年で退職。

・松永より、胸に煙草の火で「太」と焼印を押し、太ももにも安全ピンと墨汁を使って同じく「太」と入れ墨を入れられた。

・松永と出会う前は、男性経験は一度だけ。男性が一方的に腰を振るだけで感じなかった。

・松永によりセックスに目覚める。以後、積極的に松永を求め、マインドコントロールとともに、 松永のセックスから逃れられない身体になる。

・悪質布団販売の事務員になり、この頃から従業員に通電など虐待に加担していた。


【緒方理恵子】

・98年2月10日(静美殺害から20日後)殺害。享年33歳。

・純子の妹。姉・純子より気が強く、美人。

・純子が殺人を犯したことを聞かされ、主也が交渉に乗り込む時には、すでに松永との愛欲に 溺れる身体になっていた。

・夫・主也が交渉に乗り込んだ際、逆に主也は松永に言いくるめられ、酒の勢いもあり、主也が理恵子を含む緒方一族の頭部を殴る。さらにその後、夫・主也は妹・純子、母・静江と共に 妻・理恵子の女性器に通電してしまう。

・酒に酔い、松永と意気投合した夫・主也に殴られ、通電に心が砕かれ、理性的で気丈な性格 が一転して松永に屈服し、さらに服従するようになる。

・ シャワー、歯磨きを許可され、優しく接してきた松永が寝室へ招く。主也のいる初夜の当初は夫への罪悪感、羞恥心から泣き震えていたが、やがて、女性器への舌戯の快楽に溺れるようになる。

妻の初夜の情事を目撃した主也はやめるよう反撃を試みるが、逆に純子に通電され主也は自尊心を砕かれる。快楽に溺れている中、そんきょの姿勢で見ている主也の前で自ら積極的に松永を求め、媚態をさらし、媚声を発するようになる。

・(主也のいる)初夜の後も、そんきょして屈服している夫・主也の前で、自ら松永を求める告白を何度もさせられる。

このように母・静美と同じ心理的変化を経て松永の性奴隷に変貌し、夫婦関係を破壊される。


・ 妹・純子、母・静美、少女A(仮称・虎谷礼子)はライバルとなり、互いに正妻の座を得ようとする。

正妻はセックスの前にシャワー、歯磨きを許可され、事後も殿様である松永とベットで睡眠。

側室に落ちると寝る場所がソファ、板の間、浴室、立ったまま寝ると、ランクが分かれる。 食事も差がつけられる。


・松永の指示で純子が母・静美、理恵子を全裸で仰向けに並べて寝かせ、同時に女性器へ通電されていた。


【少女A(仮称・虎谷沙織)】

・1981年生まれ。98年当時17歳。2010年現在29歳。

・小学生の頃から松永に犯され性奴隷に。そのため、緒方純子の虎谷沙織に対す る憎悪はすさまじく、最後まで最も仲が悪かった。

セックスに関しては松永の最もお気に入りだった。
https://docs.google.com/document/d/15THHgxepPxfB3ybRf3PWSJr0MA16MQGLq-jwZ651mMg/edit?pli=1&hl=ja


松永が特に好んだ虐待は通電である。松永は電化製品などに使われる電気コードを使う。途中で切った電気コードの被覆を剥き、その先端にワニ口クリップを付ける。そのワニ口クリップをターゲットたる人物の体に取り付け、電気コードをコンセントに抜き差しして電気ショックを与える。

手足の指が多かったが、何度も通電されることで常時火傷を負ったような状態になる。最初に殺された男性は肉が削げ、骨がむき出しになるような状態になっても繰り返し通電されていた。通電箇所は化膿し、体液がしみ出るなどして指同士が癒着して離れなくなったりした。


この通電でもっとも強力なのが、両乳首への通電と上下の唇への通電である。

両乳首へ通電すると、心臓にまで電気ショックが届き、心室細動を起こして心停止状態に陥ることがある。また、唇への通電は、湿った口内から脳幹、脳に電気ショックが伝わり、脳に異常を来すことになる。

最初の殺された男性、3番目に殺された緒方純子の母親は、腕が不自由になるほか、脳に異常を来し、正常な思考を保てなくなるばかりか、前後不覚の状態に陥ることになった。


この通電は、あらゆることへの罰として行われた。監禁している人間に与えられる食事は、1日1回、食パン8枚で、相撲のそんきょの姿勢を取って7分以内に食べなければならないなどというルールがあった。それを守れなければ通電だ。

また、松永は監禁して虐待している人に用便の制限をした。小便は決められた数のペットボトルに出し、大便は1日1回、松永の許しを貰ったときだけできた。万が一大便を漏らしてしまった場合、その大便を家族が見ている前で食べさせられ、汚れたパンツはきれいになるまで吸わされることになる。

それ以外にも、松永は就寝の自由も奪った。監禁されている人は狭い風呂場などに押し込められ、体育座りのまま寝かされた。
また、日中は全員台所に何時間も立たされた。


松永のその虐待は緒方純子の一家7人のうち、緒方純子の妹の4歳の息子以外に全て行われ、9歳の長女の例外ではなかった。

この北九州の監禁・殺害事件でもっとも忌まわしきところは、通電という恐怖で緒方の家族を支配した松永が、家族通しで殺人をさせたことにある。特に、緒方純子の妹の娘は、母親殺しと父親殺しにも荷担させられた。家族で家族を殺した後は、残された家族に殺された人物の解体をさせる。体を解体し、肉をそぎ落とし、内蔵を取り出してバラバラにした上で、人体を鍋で煮込んだりミキサーにかけるなどさせる。

このとき、松永は一切何も手伝わない。ただ指示をしているだけ。

ただ、なぜ一家が松永にいいように支配されたのかという疑問がどうしても残る。

きっかけは、松永と緒方純子の詐欺や暴行などの犯罪を隠すためであった。松永にいいように操られていた緒方純子が罪を犯したかのように松永に言い寄られ、いいとこの旧家である緒方家はそれをひた隠しにしようとして、松永に取り込まれた。

全財産を奪われた挙げ句に、金が調達できない用済みと見なされてからは、次々と殺されるハメになった。緒方純子の妹の夫は、元警察官であったにも関わらず、松永に支配され、洗脳され、奴隷となった。
http://subzero.iza.ne.jp/blog/entry/906887/


詳細は

北九州一家監禁殺人事件
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/478.html

尼崎ドラム缶事件 現在までに判明した事実
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/454.html

女子高生コンクリート詰め殺人事件
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/458.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-11307] koaQ7Jey 2019年3月21日 13:11:16 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[699] 報告


ホテル客室に隠しカメラ、1600人の盗撮映像をネット中継 韓国
2019.03.21 Thu posted at 10:09 JST



カメラはテレビや壁のコンセント、ヘアドライヤーホルダーの中などに隠されていた/South Korea National Police Agency



ソウル(CNN) 韓国の警察は20日、ホテルの客室にカメラを隠して利用客1600人あまりを盗撮し、ネットを通じて有料で生中継していたとして、男2人を逮捕したと発表した。

警察によると、盗撮は韓国の10都市にある宿泊施設30軒の42室で行われていた。警察は、逮捕された男とは別の2人についても関与を調べているが、ホテル側が加担した形跡はないとしている。

韓国では、今回のような犯行に使われた小規模ホテルはモーテルやインなどと呼ばれる。

カメラはテレビや壁のコンセント、ヘアドライヤーホルダーの中などに隠され、撮影した映像はインターネットで中継されていた。

中継サイトには4000人以上がメンバー登録しており、うち97人は月額44ドル95セント(約5000円)を払ってストリーミング映像のリプレーなどの追加機能を利用していた。このサービスによる昨年11月〜今年3月までの収益は6000ドルを超えていたという。

韓国では監視カメラや盗撮に関して深刻な問題を抱えている。2017年は警察に通報があった盗撮などの件数が6400件を超え、12年の約2400件から大幅に増えた。

昨年はソウルなどの各都市で女性たちが抗議運動を展開、「私の生活はあなたのポルノではない」と訴えた。

こうした声に応えてソウルでは女性査察官の部隊が設置され、市内2万カ所あまりの公衆トイレを定期的に点検して盗撮カメラを探し出している。

2. 中川隆[-11042] koaQ7Jey 2019年3月31日 17:31:04 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[981] 報告

韓国の異常な反日行動の根底にある観念とは - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=xqo0k-CIaWY

2019/03/30 に公開


慰安婦、徴用工、レーダ照射、天皇謝罪要求・・・
日本人には理解できない韓国の異様な反日行動。
しかし、彼らには彼らの「正義」がある。
その根底になるものを読み解くと・・・
韓国、北朝鮮のウォッチングを
40年以上続けてきた榊淳司が解説。

関連ブログ
http://www.sakakiatsushi.com/

3. 中川隆[-10637] koaQ7Jey 2019年4月24日 11:48:58 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1433] 報告

2019年04月24日
韓国の労働文化と労働者 肉体労働より失業がマシ?


韓国では工事現場ではたらくのは「とてもみっともない」ので若者は無職の方が良いと考える


画像引用:https://pbs.twimg.com/media/BZfw4AECUAAq5v-.jpg

韓国のサラーリマン事情

韓国はデフレではないが日本のデフレ不況時に似た状況で、労働環境が悪化しています。

失業率は5%で若者は10%以下くらいだが、統計の取り方もあるし実際はもっと深刻になっている。

どこの国でも「失業者」は良くて失業保険を申請した人で、失業保険を受給した人数の場合もある。


日本の場合を考えてもそんな人は少なく、政府が発表する2倍以上は就職していない人が居る。

さらに不況下では非正規労働が増えるので、月に何回働いたら就労なのかという定義もあります。

月に1回でも働いたら失業者ではないのか、また最低賃金以下の労働でも失業者から外してしまう事がある。


こうした事を考えれば韓国の本当の「失業している人数」は5%の数倍だろうと推測できます。

韓国には終身雇用という文化が無く、大企業の正社員でも20代から30代が最も高給で、40代以降で給料が減っていきます。

昇進すれば長く働けるが韓国企業の8割は財閥系なので、昇進できるのは経営者一族とつながっている人だけです。


大卒でサムスンのような有名企業に就職し順調にキャリアを積んでも、40代や50代で解雇される人が多い。

日本では配置転換したり子会社に出向させるが、競争が厳しい韓国ではそんな「執行猶予期間」はない。

韓国ではエリート社員でも40代で解雇され、再就職先でも50代で解雇され、その先の就職先でも60代で解雇される。


韓国の外国人労働者

60代以降は清掃とか軽荷物の配達など、高齢者向けの仕事について一生を終える。

日本では一度有名企業に就職してしまえば、リストラやミスを犯さなければ定年まで居残る人が多いが、韓国では少ない。

定年退職して高額な退職金を受け取る事も無いので、価値観は今すぐ実績を上げて報酬を受け取ることだけになる。


韓国には終身雇用がないと同時に新人を育てる習慣もなく、どうせ20年で解雇するから教えてもしょうがないという考えです。

会社に一生涯所属するのは財閥の経営者一族と取り巻きだけであり、他は全て「契約社員」のようなものです。

韓国では今人が余っていて失業者が多いのだが、不思議なのは日本より熱心に外国人労働者を受け入れている事です。


話によると韓国は外国人労働者受け入れの先進国だそうで、大成功しているそうだが、それならどうして失業率が悪化したのか。

人手不足で外国人を受け入れるのは分かるが、人が余っていて失業率が高いのに、外国人労働者をどんどん増やすのは利口ではない。

韓国は伝統的に肉体労働を卑しむ文化があり、道路工事や建設現場で外国人が働いている一方で、韓国の若者は無職でぶらぶらしている。


韓国人は「汗水流して卑しい仕事をするより、働かない方が上だ」と思っているようで、この国に未来があるとはなかなか思えない。

韓国の外国人就労者数は約100万人で、就業者数2600万人の約4%が外国人となっている。

日本の外国人就労者数は約127万人で就業者数が6700万人なので、労働者の1.9%が外国人となっている。


韓国にはいわゆる高度人材の外国人もいるが、多くは道路工事など韓国人が嫌う職業についている。

ひまでぶらぶらしている若者が工事したらどうなのかと誰もが思うが、韓国人はそう思わない。
http://www.thutmosev.com/archives/79638111.html

4. 中川隆[-10450] koaQ7Jey 2019年5月15日 17:20:22 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1844] 報告

2019年05月15日
文大統領から離れる韓国メディアと役人 「沈む船からは逃げる」

親北外交への批判なのか、文大統領に北朝鮮国旗をつけた聯合ニュース

この後担当者は解任された


画像引用:http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/04/Yonhapnews.jpg

韓国大統領の運命

このところ朝鮮日報のような韓国政府の御用メディアが、文大統領への批判報道を強めている。

韓国は大統領の権限が非常に強く、新大統領には「右へならえ」で一斉によいしょするので知られている。

これは官僚や役人や国民も同じで、新大統領が就任すると全国民が皇帝を迎えたローマ市民のようにひれ伏すことになっている。



だからこそなのか新大統領は必ず旧大統領の腐敗などを追及し、逮捕して裁判にかけ、刑務所に入れるのも恒例になっている。

大統領が変わると別の国になったかのように、全メディア、全役人、全国民が一斉に前の大統領を批判し始めます。

韓国には「落ちた犬はたたけ」という諺があるほどで、一度権力の座から落ちた人を徹底的にたたきます。


官僚やメディアにとって、大統領が就任直後は崇めひれ伏すが、そのままでは大統領が変わった時、自分が叩かれる側になる。

沈む船から逃げるという事なのか、「ある時点で」彼らは大統領に見切りをつけて叩き始める。

朴槿恵大統領の時も、李大統領でも、盧大統領の時もある時期から叩かれ始めています。


そのある時期は朴槿恵大統領はセウォル号事件で就任14か月目、李大統領は就任3年目の2011年だった。

朴槿恵も李明博も盧武鉉も支持率が落ちると反日で人気回復を図り、李明博は有名な「日王(天皇を見下す表現)が土下座するなら謝罪させてやってもいい」という発言になった。

韓国では威勢の良い反日発言で支持率が上がるのだが、その後不人気は加速して最終的に退陣して逮捕される。


文大統領の支持率は最近、ボーダーラインの40%を少し上回るレベルに下がり、40%を割ると官僚や司法警察は守る側から「たたく側」に転身する。

すると今まで文大統領がやってきた「前大統領の腐敗追及」は自分が追及される番になる。

沈む船から逃げる文大統領の支持者

金大中大統領は例外的にうまく行き、退任後も逮捕されなかったが3人の息子が収賄などで逮捕されている。

韓国人で唯一ノーベル平和賞受賞者なので、対外的な世間体を重視し逮捕しなかったと見られる。

韓国大統領が逮捕を逃れる唯一の方法は、ノーベル平和賞受賞なのかも知れない。


そのためなのか文大統領は就任以来日米関係を足蹴りしても北朝鮮と親しくし、2018年のノーベル平和賞で「南北受賞」を狙っていたと言われている。

あの金正恩と文大統領が2人でノーベル平和賞を受賞するつもりだったようだが、残念ながら受賞できなかった。

韓国のマスコミは大統領に絶対服従するきまりだが、記者が大統領に食って掛かることが2度あった。


一度目は女性記者が経済政策失敗を追求し、韓国史上初のできごととして物議を醸した。

19年1月10日の記者会見で、自信満々に経済の「成果」を語る文大統領に反論し「その自信はどこからくるのか」と言った。

5月9日のインタビューではKBSテレビの司会者が「だから独裁者と言われている」と発言し、これも大きな話題になっている。


文大統領の経済政策は高い失業率を招き、以前から大手メディアの批判対象になっていた。

最近では人気回復のために始めた反日外交も、経済に打撃を与えているとして公然と批判されている。

政府御用新聞の朝鮮日報や連合ニュースですら「政府は対日関係を改善するべきだ」と社説で訴えているが、大統領は聞く耳を持たない。
http://www.thutmosev.com/archives/79836005.html

5. 中川隆[-10289] koaQ7Jey 2019年5月20日 17:24:32 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2046] 報告
韓国ホテルに隠しカメラ、カップル800組超の盗撮映像を生配信
〔AFP=時事〕(2019/03/22-12:29)

【ソウルAFP=時事】韓国・ソウル警察庁は21日、ラブホテルにスパイカメラ(隠し撮り用小型カメラ)を設置して盗撮した映像をインターネットで生配信したとして、男2人を逮捕、さらに別の2人の事情聴取を行っていると発表した。被害に遭ったカップルは800組以上に上るとされ、盗撮が大きな問題になっている同国でも最大規模の事件となった。

(写真は「私の生活はあなたたちのポルノじゃない」書かれたプラカード、韓国で行われた盗撮の抗議デモで)


 警察によると、男4人はラブホテル30軒の計42室にスパイカメラを設置。レンズの直径はわずか1ミリほどで、ドライヤーのホルダーやコンセント、テレビ機材の中に仕込まれていた。

 3か月間に、カップル800組以上の性交などの様子が盗撮されていたという。
 盗撮映像は、海外サーバーで運営されている定額制ウェブサイト上に24時間配信され、会員数は約4000人。中には月額5万ウォン(約5000円)の追加料金を支払い、特別編集した「限定」コンテンツをリピート再生できるサービスを利用していた会員もいた。4人は計700万ウォン(約70万円)を稼いだとされる。

 韓国では、主に男性が女性をスパイカメラで盗撮する「モルカ」が学校やトイレなどで横行しており、当局はその対策に追われている。
 2017年には関連犯罪で5400人以上が逮捕されたが、うち収監に至ったのは2%にも満たないという。

 昨年にはソウル市内で、「#MeToo(私も)」運動の一環として盗撮に抗議する集会が複数開催され、数千人の女性が参加した。【翻訳編集AFPBBNews】

6. 中川隆[-9871] koaQ7Jey 2019年6月01日 15:56:12 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2485] 報告


2018-11-08
死刑の代わりに現場射殺している国は本当にあった!
http://vergil.hateblo.jp/entry/2018/11/08/230042


日本で死刑が執行され、これをEUなどから非人道的だと批判されると、お前たちは犯人を死刑にする代わりに現場で射殺しているではないか、殺しているのは同じなのに偉そうに説教するな、と「反論」する人たちが必ず湧いてくる。

武装した凶悪犯を正当防衛や緊急避難の目的でやむなく射殺するのと、既に捕えられ、抵抗する手段を一切持たない囚人を刑罰として処刑するのとではまったく意味が違うのだが、この二つの区別がつかない困った人たちが、どうやらこの国には大量にいるらしい。


殺したいが、捕まえて裁判にかけても死刑にはできないからここで射殺(簡易処刑)してしまえ、なんて、そんな野蛮な国などあるはずがない・・・と思っていたのだが、いろいろ調べているうちに、そんな国が本当にあったことが分かってしまった。

この点については、自説を撤回しなければならない。

といっても、それは死刑制度を廃止してしまったヨーロッパの先進国などではない。73年前まで東アジアに実在した、「大日本帝国」という国である。

1910年、大日本帝国は、それまでもさんざん内政干渉や武力介入を続けてきた隣国朝鮮をついに「併合」し、植民地化した。当然ながら、国を奪われた朝鮮の人々は激しく反発し、民族の独立を回復しようとした。

1919年3月、宗教指導者らによる独立宣言を契機に、独立を求める大規模な示威運動が始まった。「3・1運動」である。[1]


(略)一月二二日徳寿宮に幽閉されていた高宗(李朝第二六代の王)が急死したことも、朝鮮人の民族的感情をたかめていた。葬儀の日は三月三日と定められ、参列のため全国から多数の人びとがソウル(京城)に集まってきた。
 この機会をとらえ、天道教の第三代教主孫秉熙らは、キリスト教徒・仏教徒と協議したうえ、三月一日ソウルで独立宣言を発した。各教団の組織などをつうじて計画がつたえられていたため、ソウルのパゴダ(塔洞)公園には数万の民衆があつまり、大極旗をかかげ、「独立万歳」を叫びながら、市街をデモ行進した。運動はたちまち全土に波及し、五月末までに示威回数一五四二回、延べ参加人員二◯五万人にたっし、鴨緑江をこえて間島や沿海州にもおよんだ。


 日本側は憲兵警察・軍隊を出動させ、在郷軍人や消防隊なども動員して、運動をきびしく弾圧した。このため、最初は平和的示威であった運動も三月中旬から激烈な闘争や蜂起へと転化し、かま・くわ・棍棒で武装した朝鮮人が、官公署を襲撃する事態となり、その数は合計二七八か所にたっした。
 原内閣は四月四日、内地から歩兵六大隊および憲兵・補助憲兵約四一五名を朝鮮に派兵することを決定して、武力弾圧を強化した。

闘争とか蜂起と言っても、一方は鎌や鍬程度しか持たない民衆、他方は近代兵器を装備した軍隊なのだからおよそ勝負にならない。実際に行われたのは、日本の官憲・軍隊によるほぼ一方的な殺戮である。この武力弾圧による朝鮮人側の被害は、殺された者7,509名、逮捕された者46,306名、焼かれた民家715戸、教会47と伝えられている。[2]

まだ中学生のときにこの三・一運動に参加して自らも逮捕・勾留された経験を持つ、ある朝鮮人革命家は、後に次のように語っている。[3]


(略)死刑になったものはなかった――死刑にするような合法的な口実がなかったのだ。「われわれはただ朝鮮独立のため闘うのであり、反日本の立場ではない」とデモ参加者たちが公然と強く唱えている限り、朝鮮の法律では死刑にできない。死刑は殺人の場合以外適用できないから、日本人は逮捕する代わり民衆を街頭で殺した――うまい手だ。

典型的な簡易処刑ではないか。しかも、死刑制度を廃止したために凶悪犯を逮捕・起訴しても死刑にはできないから殺しているのではなく、死刑制度はあるのに微罪すぎて死刑になどできないから殺しているというのだから、なお悪い。

「裁判抜きの簡易処刑」を非難する皆さんは、なぜこの卑劣な国を非難しないのだろうか。

[1] 江口圭一 『日本の歴史(14) 二つの大戦』 小学館 1993年 P.81-82
[2] 同 P.82
[3] ニム・ウェールズ 『アリランの歌 ―ある朝鮮人革命家の生涯―』 岩波書店 1987年 P.79
http://vergil.hateblo.jp/entry/2018/11/08/230042

7. 中川隆[-9235] koaQ7Jey 2019年7月07日 04:41:21 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3445] 報告

日本語使い日本人装う?
2019/7/6 21:02 (JST) ©一般社団法人共同通信社


 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは6日、ソウル郊外の京畿道安山で慰安婦問題を象徴する少女像に日本人とみられる男性4人が唾を吐いたとの通報を受け、警察が捜査を始めたと報じた。しかしその後、全員が韓国人だったと判明。うち1人が日本語を話すといい、日本人を装った可能性がある。

 聯合によると4人は20〜30代。うち1人は警察の調べに「酒の勢いで少女像に唾を吐き、様子を動画で撮影した」「日本語が話せるため、制止する市民に日本語を使った」と供述した。

 警察は4人の行為が像の管理者や元慰安婦の女性らへの侮辱に当たるとして、侮辱容疑で立件する方針。

8. 中川隆[-8870] koaQ7Jey 2019年7月24日 07:41:24 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3838] 報告

宮脇淳子 あるのはウソだけのめんどくさい国。韓国の異常さがよくわかる動画 - YouTube
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90+%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%84%E5%9B%BD

【東京発信・Cool Eyes】第16回 歴史学者・宮脇淳子 朝鮮半島と満州の「なぜ」 - YouTube
https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%83%BB%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90%E6%B0%8F%E3%80%80%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E3%81%A8%E6%BA%80%E5%B7%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%8D

じっくり学ぼう!日韓近現代史【CGS 宮脇淳子】 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%AD%A6%E3%81%BC%E3%81%86%EF%BC%81%E6%97%A5%E9%9F%93%E8%BF%91%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E3%80%90CGS+%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90%E3%80%91


宮脇淳子 朝鮮を語る - YouTube
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90+%E6%9C%9D%E9%AE%AE

宮脇淳子 韓国を語る - YouTube
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90+%E9%9F%93%E5%9B%BD

韓流ドラマはSF・ファンタジーの世界 ~ 朝鮮史の真実【CGS宮脇淳子】
https://www.youtube.com/watch?v=z3UjCOXvFDQ

なぜ今、日韓近現代史なのか?~昔も今も韓国は韓国【CGS 宮脇淳子】
https://www.youtube.com/watch?v=qwyDpOJh1ig

さくらじ#50 大人気!宮脇淳子講座、韓国に挑む!?
http://www.youtube.com/watch?v=XpRj8TW1bo8

9. 中川隆[-8925] koaQ7Jey 2019年8月05日 07:12:20 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3806] 報告

韓国「ゴリ押し」外交、世論を焚き付け米国にすがる戦術を元駐韓大使が大解剖
元・在韓国特命全権大使 武藤正敏
8/5(月) 6:01配信 ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190805-00210754-diamond-int

日本政府が韓国をホワイト国のリストから除外する閣議決定を受け、文在寅大統領は臨時閣僚会議を開いた 


 日本政府は2日、韓国を輸出の優遇措置を適用する「ホワイト国」のリストから除外する決定を行った。これに危機感を覚えた韓国政府は、この数週間、あらゆる手段を使って、この決定を阻止しようとしていた。


 そして除外決定後の韓国の反応を見ると、私がこれまで韓国との交渉で経験してきた「ゴリ押し」そのものであり、交渉で両国間の利害を調整しようなどという意志が全く感じられないやり方を、ところ構わず展開している。そうした韓国の典型的な外交交渉とはどういうものか、これを受け日本はこの問題にどう対応していくべきか、考察してみたい。

● 韓国の外交交渉の典型的パターンとは

 韓国の典型的な外交交渉のやり方は、次の2つのパターンである。

 (1) 日本との交渉の際、日本に要求する内容を事前にリークし、それによって世論の流れをつくる。次に、韓国の世論が強く求めていくこと、つまり譲れない一線を日本に迫ってくる。その一方で、日本が要求することは「世論が受け付けない」「司法当局に影響力を行使できない」など様々な理由をつけて拒絶する。

 こうしたやり方をするため、これまでの交渉で韓国が日本の要求を大幅に受け入れたことを、私は記憶していない。韓国は、自身の要求を一部譲歩したくらいである。世論を背にする交渉は立場が強くなるが、逆に譲歩の余地を狭め、妥協を難しくする。現在はまさにこのような状況にある。

 (2) 米国などを利用し、日本に圧力をかけるとともに、国際会議に出向き日本批判を繰り返す。慰安婦問題などが典型的な例であるが、日本の雰囲気はもはやこのような韓国の小細工は受け入れないほど、韓国に対して厳しくなっている。

 今回の韓国の外交交渉のやり方は、まさにこれだ。日本はこうした小細工に屈していては、今後とも韓国との関係は公平なものにならないであろう。
.

● 国内世論を交渉の道具に 韓国の外交手法を大解剖

 今回の韓国がとった外交手法を整理してみたい。大きく3つある。

 (1)「ホワイト国」除外反発祭りの演出

 ●日本製品の不買運動

 韓国では、日本製品不買運動に賛同する人が当初の40%台から60%台へ跳ね上がり、盛り上がりを見せている。この数字は、必ずしも積極的に不買運動に賛同する人でばかりではないが、韓国にはこうした運動に対し、反対と言えない雰囲気がある。

 韓国には、日本の措置に対する有効な対応策がなく、不買運動によって日本企業に損失を与えられることを印象付けようとしている。ただ冷静に見れば、日本製品の韓国への輸出は全体の数%に過ぎず、それほどの被害を与えるものではないとも聞く。

 ●ローソクデモ

 7月27日の土曜日から、ソウル中心部の広場でローソクデモが繰り広げられ、「安倍政権にノーと言おう」とのスローガンの下、初日には主催者発表で5000人が結集した模様である。2日目の3日は同1万5000人という(朴槿恵弾劾のときは、初日2万、2日目20万と急増)。

 このデモを主導したのは、親北朝鮮系の学生団体「韓国大学生進歩連合」であり、これに民主労総、全教組などが加わった596団体であるといわれる。これは朴槿恵政権弾劾を主導した勢力である。彼らが乗り出したことで、今後毎週、土曜日に集会を開き、8月15日の光復節に向けて相当な盛り上がりを見せ、過激化していく可能性がある。

 これに対する対策としては、朴槿恵氏の弾劾に向けてデモの効果が増してきたときと比べ、日本の反応が少ないと思わせることである。その意味で、日本のマスコミにはあまり騒がないでもらいたい。ただ、感情的な韓国でそれがどの程度効果を発揮するか未知数である。

 ●日本旅行・交流の中止

 さらに、日本への旅行のキャンセル、日本の地方交流中止の動きが広がっており、実際に対馬や鳥取など韓国人観光客でに賑わってきた地域では、すでに大きな痛手を被っているところもあるようである。

 こうした地域には、観光客の多角化も容易には実現できないところもある。できれば日本人観光客がもっと訪れ、支援していきたいものである。

 ●文大統領による日本非難と対抗措置

 「ホワイト国」除外の決定後、文在寅大統領は閣議を主宰し、テレビの生中継で「極めて無謀な決定だ」と非難し、「状況を悪化させた責任は日本政府にある。今後起きる事態の責任も全面的に日本政府にあることを警告する」として日本を非難した。さらに「日本に対する相応の措置を取る」と述べた。

 これを受けて洪楠基(ホン・ナムギ)経済副総理兼企画財政相は「韓国も優遇対象から日本を外し、輸出管理を強化する」と表明したが、日本を優遇措置から外してもそれほど実効性があるものではない。文大統領の発言は、韓国国民の反日の雰囲気を結集することにあると見るべきであろう。それはまた、与党の研究機関が「反日は来年の総選挙に有利」と予想したように、国内政治的な観点でも見る必要がある。

 韓国で日本への不満が高まることで、自身の無策に対する韓国国内の批判をそらし、さらに一層の反日の動きを盛り上げることで、日本に与える実害を印象づけようとしている。同時に、日本のマスコミ、地方政府、経済界に、安倍政権への働きかけを促し、「ホワイト国」から韓国を除外する決定への反発を、日本で盛り上げようとするであろう。日本のマスコミの一部や地方政府には、韓国の反応に逐一反応するところもあるが、それは韓国の思う壺である。


さらに、今韓国で取り沙汰されているのは、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の廃棄である。しかし韓国政府の中で、北朝鮮に関して最も詳しい徐薫(ソ・フン)国家情報院長が否定的なように、これは日本に実害を与えるというよりは、韓国の安保を一層危険に晒すばかりでなく、米国の不興を買うことになりかねない。

 日本にとって最悪の事態は、こうした韓国の日米韓連携離れが米国の韓国離れとなり、在韓米軍の縮小につながるときである。

 韓国はこれまで、常にこうしたやり方で日本の譲歩を求め、そして多くの場合日本が妥協してきた。しかし、これでは日韓の健全な関係はあり得ない。特に今回の件は、日本の安全保障を左右する輸出管理の運用の問題である。ここは毅然と、世論を巻き込んだ韓国の圧力をはねつけることが肝要である。

 日本にとっても経済的損失はあるが、韓国にとっての損失ははるかに大きい。だからこそ韓国は、必死にあらゆる手段を使って、「ホワイト国」除外の決定を撤回させようとするのである。

 (2) 国際法違反状態を無視

 日本が韓国に求めるのは、韓国が国際的な約束に反した行動を取っている徴用工問題への対応である。文大統領は徴用工問題に対する最高裁の判決は尊重するとし、日本の要求を門前払いしている。

 文大統領は「加害者の日本が大声を上げる状況を決して座視しない」「我々は二度と日本に負けない」などと挑戦的な発言を行い、日本の要求は全く考慮しない姿勢を堅持している。

 日本の要求をはねつける際に決まって言うのは、韓国世論が受け付けないということである。ただ、徴用工問題に関して最も強硬なのは文大統領であり、国民世論ではない。文大統領は国民世論を焚き付けているのである。

 韓国は常に、世論の声をバックに日本の要求をはねつけてきた。韓国は日本の歴史教科書は批判するが、反日的な記述で溢れている韓国自身の教科書を是正する気配はない。竹島問題にしても、韓国は領土問題を歴史問題にすり替え、日本の言い分には一切耳を傾けない。経済関係にしても、韓国側は貿易赤字の是正は求めるが、福島産の水産物について日本への配慮は一切ない。これらについては、いずれも韓国の国内世論を理由に挙げている。

 韓国のみが要求を突きつけ、日本の要求はねつける、これでは友好国の対応とは言えない。

 (3)国内世論の焚き付け

 外交交渉は相手のあるものだ。これをうまくまとめようとするときには、国内世論の説得が極めて重要である。時として、外国との交渉よりも国内の説得の方が困難なこともある。外国との交渉をまとめようとするときには、効果的な事前の根回しが不可欠である。

 たとえば徴用工問題だが、韓国のマスコミは徴用工に関して同情的な論調を繰り広げている。このときに日本との関係を重視するのであれば、日韓国交正常化交渉における経緯を国内でも説明し、韓国政府としての責務を果たしていくことで、国内の世論を静めるのが筋である。しかし、韓国政府がやっていることはそれとは真逆で、世論を焚き付けるだけである。

 外交交渉が困難なものであればあるほど、冷静さが求められる。冷静に交渉を行い、相手から、交渉によって最大限の譲歩を獲得したとして説得するのが常套手段である。国内世論を盛り上げることは、自らの立場をより困難なところに追い込むだけである。

 文政権は、表面上は外交的努力を尽くしているというが、実際には日本に譲歩を迫っているだけであり、日本と真摯な交渉をしようという意志は微塵も感じられない。文政権は強硬姿勢を振りかざし、支持率が若干向上しているが、日本から一切の譲歩を得られない場合、政権に対する批判は高まって行こう。一時しのぎの強硬策では、韓国は困難に陥るばかりである。


● 米国はじめ諸外国を 巻き込み日本非難を展開

 韓国は、日本との交渉で思うようにいかない場合、米国および国際会議の場を利用して日本非難を繰り返してきた。

 慰安婦問題では、米国議会にロビー活動を仕掛けるとともに、米国各地に慰安婦像を設置し、在米韓国人を使って各地の地方政府に働きかけ、国際会議の場を利用して、日本の歴史歪曲、元慰安婦に対する冷たい姿勢を訴え続けてきた。

 今回の輸出管理の運用変更についても、同様な手法で日本に圧力をかけようとしている。

 米国に対しては、日本の輸出管理の変更は徴用工問題への報復だとして、日本の非友好的態度は日米韓の連携を揺るがし、GSOMIAの破棄にも至る可能性があると脅迫している。これを受け、ポンぺオ長官はARF(東南アジア地域フォーラム、地域安保を話し合う)の場において、日米韓会合を開催し、仲介に出るとの見方があった。

 しかし、実際には「日韓両国が協力して前に進むことを促したい」と述べただけのようである。日米韓会談が2日午後になった時点で、日本が仲介に応じないとの意思が確認できていたのではないか。また河野大臣との事前の接触でも、仲介の動きはなかった。

 仮に仲介するとなれば、事前に説得するのが常套手段である。しかし、日本が今回の措置をあくまでも安保上の懸念によって行っていること、日本が譲歩することはあり得ないことを理解したということであろう。日本は、韓国が輸出管理の適正化をいかに怠っているか、不適切な事案とはどのようなもので、日本の信頼をいかに失っているか、韓国には言わなくとも米国には説明しているであろう。

 こうして、日本は2日に淡々と韓国を「ホワイト国」から除外する閣議決定を行った。

 これは正しい選択である。そもそも韓国はGSOMIAを破棄するなどと言って米国の同情を買おうとした。しかし、韓国は昨年9月に米国との十分な事前調整もなく、北朝鮮と軍事合意を行い、38度線沿いの偵察飛行をやめている。さらに徴用工問題で日本の信頼を決定的に損ない、日米韓の連携を崩している。韓国は自らの安保を危険に晒す行動を取っているのである。

 米国にとって韓国は、面倒くさい相手と映っているだろう。日韓関係修復のために日本が譲歩して欲しいとの気持ちはあるかもしれないが、韓国がいかに滅茶苦茶な国かは、ポンぺオ長官が一番よく知っているはずである。

 韓国はまた、この問題を場違いなWTO一般理事会に持ち出して、日本を非難し、さらにはARFやRCEP(東アジア経済連携交渉)の会合においても日本を非難した。

 そもそも韓国を輸出管理体制の中に入れるよう支援してきたのは日本であり、それ以外にも国連の場などで韓国を支援してきたが、韓国がこうした行動を続けるのであれば、それらももう終わりである。日本が韓国の非難に対し、いちいち説明をしなければならないのは面倒であるが、これも韓国の行動にら端を発していることであり、このような行動を繰り返す韓国は一層の不利益を被るかも知れない。
● 韓国の嫌がらせに対しては 日本全体で対応を

 韓国はこのように、日本政府と交渉をするときはあらゆる手段を使って嫌がらせをしてくる。

 日本は冷静であるべきで、韓国のこうした行動にいちいち反応し、日韓関係を修復すべきだとマスコミなどで論じることは、韓国の強硬手段を増長させるだけで逆効果である。韓国のこれまでの行動を見るに、今辿っている道はいつかは通らなければならないプロセスであるように思う。

 今、韓国がしようとしていることは、戦後の日韓関係の基盤を覆し、かつ日米韓の連携を壊そうとすることである。この際、日本にとっての不利益は甘受し、日韓関係の在り方を見直すことは、日本の将来にとって必要不可欠なことではないだろうか。

 韓国の不買運動は、全体の売り上げから見てほんの数%の問題である。ただ、対馬や鳥取の観光など大きな被害を受けるものもある。それについては、日本全体でこうした地域への観光を増やす運動を繰り広げるなど、サポートを増やしていってほしいと思う。

10. 中川隆[-8869] koaQ7Jey 2019年8月06日 12:04:25 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3863] 報告
韓国株・為替ともに急落 日韓経済戦争の「戦犯」文在寅に保守から「やめろ」コール 2019年8月5日
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08051703/?all=1

「日本を倒せ!」と雄叫びをあげる韓国。だが、「無謀な経済戦争」を起こした文在寅(ムン・ジェイン)大統領への恨み節も漏れてくる。8月5日には株式、為替ともに急落した。迷走するこの国はどこに行くのか――。韓国観察者の鈴置高史氏に聞いた。


「盗人」日本と戦え!

――「ホワイト国」の指定を外された韓国が異様に反発しています。

鈴置: 8月2日午前10時過ぎ、日本政府が閣議で輸出管理の緩い「ホワイト国」――新しい呼び方は「グループA」――から韓国を外す決定を下しました。

 すると、4時間後には文在寅大統領がテレビ中継に登場。「盗人猛々しい」と日本を罵倒したうえ、「日本は我が経済に打撃を与える意図を持つ。相応の措置を断固としてとる」と宣言しました。

 大統領は「我々は2度と日本に負けない」「挑戦に打ち勝ち、勝利の歴史を国民と共にもう1度、作る」とも呼びかけました。「気分はもう戦争」です。

 同日、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官も日本を韓国版「ホワイト国」――輸出優遇措置の対象国から外すと発表しました。また韓国政府はWTO(世界貿易機関)に日本を提訴する準備を着々と進めるとも明かしました。

 国会は全会一致で日本非難決議を採択。「市民」は連日、反日デモに繰り出しています。日本製品不買運動も盛り上がっています。政府に近い左派メディアはもちろん対日非難一色です。

保守系紙も「卑劣な日本」

 ハンギョレの社説「ついに“破局”を選んだ安倍、“国家力量”総結集し対抗しよう」(8月2日、日本語版)は「日本との戦い」に向け、国民の団結を強く訴えました。

 東亜日報や朝鮮日報など保守系紙の社説も、日韓の経済戦争の原因は日本にあると断じました。

 東亜日報の「自由貿易を踏みにじった日本、断固として対応するものの妥協の道を開いておかなければ」(8月3日、日本語版)は次のように書きました。

・日本の今回の措置は、世界の自由貿易秩序に対する挑戦だ。貿易の武器化は、密接に関係する世界的な分業体系を崩壊させる卑劣なやり方だ。

 朝鮮日報の「四方から押し寄せる複合危機、克服できなければ未来はない」(8月3日、韓国語版)の第1段落目の最後の文章が以下です。

・あらゆる風波の中でも何とか築いてきた両国の友好関係を、一瞬にして破局に追いやった日本の経済報復を慨嘆するほかない。


93%が「文在寅が始めた戦争だ」

――国を挙げて「日本との戦争」で盛り上がっているのですね。

鈴置: ええ、表面は。でも、新聞記事に寄せられる読者のコメント欄を見ると、全く異なる世界が垣間見られるのです。

 先ほど引用した朝鮮日報の社説「「四方から押し寄せる複合危機、克服できなければ未来はない」」(8月3日、韓国語版)。

 読者のコメントはほとんどが「こんな状況に陥ったのは文在寅のせいだ」と主張するものでした。掲載されて24時間後までに寄せられた読者のコメントは231件。うち、大統領を支持したのはたった8件です。

 一方、大統領が日本との紛争を起こした、と指摘するなど、政権批判のコメントは215件に上りました。何と93・1%です。退陣を求めるものも22件ありました。「文在寅は安倍に心から謝罪せよ」と主張するコメントさえあったのです。

 なお、どちらとも分類できないコメントが3件、削除されたものが5件でした。

 政権批判が手ぬるい、と朝鮮日報を非難したコメントも目につきました。「周辺の4カ国が一斉に圧迫してきた」と朝鮮日報は悲鳴をあげています(「日・ロ・中・朝から袋叩きの韓国 米韓同盟の終焉を周辺国は見透かした」参照)

 先の社説も日本のホワイト国除外を軸に、「袋叩きにされる韓国」を論じましたが、自分の国の責任は一切問わず、危機に当たって団結しようと呼び掛けるのが主眼でした。そんな朝鮮日報の腰の引けた姿勢に、政権に批判的な韓国人は怒ったのです。

実名で語れば「親日派」認定

――保守系紙の読者コメント欄ですから、政権批判が多いのでしょうね。

鈴置: もちろんそうです。ただ、韓国や日本のメディアで報じられる青瓦台(大統領府)や韓国の役所、国会、市民団体の「日本が悪い」「日本と戦え」といった大合唱とは、あまりにかけ離れているのです。

「日本との約束を破った文在寅にこそ問題がある」と言ってくる韓国人もいます。が、相手が親しい日本人だから、そう言うのだろうな、と思っていました。しかし、そうした意見が「うちうち」でも、これほどに語られているとは。驚きました。

 この社説だけではありません。「ホワイト国から除外」以降は、保守系紙の関連記事の読者コメントの90%以上が政権批判なのです。

 朝鮮日報の「安倍、1月から準備を指示、永田町には『100件の報復リストあり』」(8月3日、韓国語版)などです。

――なぜ、政権批判が読者コメントに留まっているのでしょうか。

鈴置: 表立って政権批判すれば、「親日派」のレッテルを貼られてしまうからです。そこまでいかなくとも「内部対立を起こし、日本を有利にする」として、「売国奴」のレッテルを貼られるのは確実です。

 だから組織も個人も、実名を出す時は「日本が悪い!」と叫ぶしかない。一方、読者コメントは無記名ですから、本音が書ける。

安倍が怒るのは当たり前だ

――韓国人の本音は「文在寅が悪い」と見て良いのですか?

鈴置: 保守のかなりの部分はそう考えています。コメント欄には「日韓正常化交渉の際の合意や慰安婦合意を破った文在寅に安倍が怒るのは当たり前だ」といった意見が溢れています。

 証拠がもう1つあります。ハンギョレの「ついに“破局”を選んだ安倍、“国家力量”総結集し対抗しよう」は国民の団結を強く訴えた社説と紹介しましたが、こんなくだりもあるのです。

・日本が7月初めに半導体材料の輸出規制を下した時のように、韓日貿易戦争の勃発責任を安倍ではなく文在寅政府のせいにする一部野党と保守マスコミの無分別な行動がこれ以上あってはならない。
・日本の代わりに韓国を批判することに没頭する一部勢力の態度は、国民の審判を受けるだろう。

 韓国人のかなりが「文在寅が悪い」と考えていることを左派も十分、分かっている。だからハンギョレも、それが「文在寅政権打倒」運動につながらないよう「戦争勃発の責任を文在寅に向けるな」と予防線を張っているわけです。

「言うだけ番長」で墓穴

――事実は無視して「日本が悪い」と叫ぶのが韓国人と思っていました。

鈴置: その認識は基本的には正しい。ただ、自分に不利益が及ぶとなると、話は別です。2019年第1四半期に実質GDPがマイナスになるなど、韓国経済は不振に陥っています(「ウォン安が止まらない韓国、日米との関係悪化で“助け舟”も絶望的の自業自得」参照)

 そんな時に日本にケンカを売って、国の中核産業である半導体を文在寅政権は揺るがせた(「輸出規制に文在寅は打つ手なし、日本を非難するほど半導体は『韓国離れ』の皮肉」参照)。

 頼みの米国との関係も最悪で、今回は助けてもらえない(「日・ロ・中・朝から袋叩きの韓国 米韓同盟の終焉を周辺国は見透かした」参照)。

 かといって「日本に勝つ」策があるわけではない。そこで文在寅政権は勇ましいことを言って国民の離反を防いでいる。「言うだけ番長」です。

 しかし、言えば言うほど、大騒ぎするほどに韓国の半導体産業の先行きに疑問が持たれてしまいます(「輸出規制に文在寅は打つ手なし、日本を非難するほど半導体は『韓国離れ』の皮肉」参照)。文在寅政権は墓穴を掘っているのです。

韓国の通貨スワップ
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08051703/?photo=2


おカネが逃げ始めた

――本当に、墓穴を掘っていますね。

鈴置: そんな「危ない」国からはおカネが逃げ出します。「ホワイト国(Aグループ)の適用除外」が決まった8月2日、KOSPI(韓国総合株価指数)は前日比19・21ポイント安の1998・13と、心理的抵抗線の2000を割りました。

 週明けの8月5日も続落。51・15ポイントも下げ1946・98で引けました。毎日経済新聞は「通貨危機の悪夢が浮上」(韓国語版)との見出しで急落を報じました。

 ウォンも売られました。 8月2日の終値は9・5ウォン安の1ドル=1198・00ウォン。その流れを引き継ぎ、8月5日には「防衛線」と見なされた1200ウォンをあっさり突破、17・15ウォン安の1215・15ウォンを付けました。

 韓国は2008年と2011年の通貨危機の際、日本、米国、中国から通貨スワップを結んでもらい――つまり、ドルを借りてしのぎました。

 今は、日本はもちろん米国や中国とも関係が悪化しています。韓国は通貨面でも孤立無援と市場は見なしています。

――韓国紙は「中国との間で通貨スワップを結んでいる」と書いています。

鈴置: 韓国銀行は中国との通貨スワップを延長したと主張していますが、中国の金融当局はそれを確認していません。記者団の質問にも「韓国に聞け」と言うだけです。

 韓銀のホームページにも、本来は載るはずの「延長のお知らせ」が出ていないのです。市場は「中韓スワップ」の存在に極めて懐疑的です。

経済が悪化しようと和解しない

――では、韓国は日本に白旗を掲げるのですか。

鈴置: 今の段階で、その可能性はまずありません。「日本に勝つ」と宣言した以上、文在寅政権は白旗を掲げるわけにはいかないからです。

 この政権は50%前後の比較的高い支持率を誇っている。その自信からも、また、支持者をつなぎとめるためにも、日本にスワップなど求めず、徹底的に戦うでしょう。

――韓国の左派は通貨危機の危険性に気づかないのでしょうか?

鈴置:左派の中にも分かっている人はいます。でも、それを言い出すと「日本に譲歩してスワップを結んでもらおう」という方向に話が進みかねない。

 ハンギョレの社説「ついに“破局”を選んだ安倍、“国家力量”総結集し対抗しよう」が「『経済に打撃が大きいから、どうにか和解しよう』という方式で安易に軋轢を縫合してはならない」と書いています。そうした空気が生まれるのを阻止する狙いでしょう。

奈落の底に落ちて行く

――結局、韓国はどうなるのでしょうか。

鈴置: 通貨危機に向け、ひた走る可能性が増しました。1997年の通貨危機のデジャヴです。韓国は当時も外交的に孤立し、危機に直面しても誰からも助けてもらえなかったのです(『米韓同盟消滅』第2章第4節「『韓国の裏切り』に警告し続けた米国」参照)。

 保守系紙の読者コメントからも「1997年の再現だ。通貨危機に陥る」との悲鳴が聞こえてきます。しかし、そうした声は「表」では語られません。その結果、韓国はずるずると奈落の底に落ちて行くのだと思います。




▲△▽▼



「中二病」が昂進して日本を見下す韓国 2018年11月5日
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11050631/?all=1

妄想外交

 文在寅政権になって以降の韓国外交についての評価は、立場によって様々だろう。同じ韓国国民であっても、南北統一を志向する人たちにとっては望ましい方向性なのだろうが、その危険性を憂慮している人たちも少なくない。

 日本やアメリカにとって、韓国が北朝鮮に性急なまでに接近していることは、決して歓迎すべき事態ではない。問題は、韓国が自国のポジションや国益を冷静に考えたうえで外交をしているのか怪しい点だろう。朝鮮半島情勢を長年取材してきた鈴置高史氏は、新著『米韓同盟消滅』で、韓国の近年の外交を「妄想外交」と断じたうえで、その起点は「朴槿恵前政権にあった」と述べている(以下、引用はすべて同書より)。

「韓国の外交的な自爆は朴槿恵政権に始まった。米国と中国の間で等距離外交を展開し双方を操ったうえ、両大国の力を借りて日本と北朝鮮を叩く――のが朴槿恵政権の基本戦略だった。もちろんそんな、自らの力量を顧みない、妄想に等しいやり口が国際社会で通じるわけがなかった」

 この「等距離外交」に対して米国は韓国を裏切り者と見なし、同盟解消まで考え始める。一方、中国はと言えば、米国という後ろ盾を失った韓国に対して恫喝外交に出る。こうした状況は北朝鮮にとっては都合の良いものであった。

 普通に考えれば、軍事力や経済力ではるかに及ばない米中を手玉にとるようなことが韓国にできるはずはないのだが、なぜか彼らは自分たちが主導権を握って外交を進められると考えていた。だから「妄想に等しい」と鈴置氏は指摘するのだ。

中二病

 自分たちの身の丈も考えずにいる彼らは、どこか「中二病」の青年のようだ――といった評を紹介すると、「韓国差別だ」「ヘイトだ」と言う向きもいるかもしれないので、念のために申し添えれば、これは韓国紙「中央日報」に掲載された論考である。(2016年4月11日)。

 この記事のタイトルは「疾風怒濤の大韓民国」。執筆者は同紙の裴明福(ペ・ミョンボク)論説委員。ここではまず韓国の現状を以下のように規定している。

「満たされない欲求に対する不満が膨らみ、未来に対する不安に抑圧されている韓国社会の姿は、典型的な思春期の青少年の姿だ」

 そして、こう続ける。

「大韓民国が『中二病』をほうふつとさせるほどの疾風怒濤の思春期を経験しているが、必須の発達段階として受け止めて無事に過ごせば、成熟した先進社会に進入できる」

「中二病」という言葉は、日本から輸入したもので、意味も同じ。中学2年生前後の背伸びしがちな言動や自意識過剰な想像を揶揄した言葉である。裴論説委員は、いずれこの病から脱して成熟するだろう、と述べているが、裏を返せば現在は中二病の真っ只中にある、と認めていることになる。


もはや反日ではない

 ではいつから彼らは中二病になったのか。鈴置氏によれば、韓国人の自画像が変化したと専門家の間で話題になったのは、21世紀に入ったころからだという。それまではどんなに下手でも、外国人が韓国語を少しでもしゃべれば「お上手ですね」と褒められていたが、その頃からは「韓国語が下手ですね」と言われるようになったのだ。

 きっかけはアジア通貨危機の際にIMFから借りていたドルの全額返済を2001年に済ませたことだった。このあたりから、韓国は「世界で最も優秀な民族」という自画像を持つようになった、というのが鈴置氏の見立てだ。

 さらにその翌年には、サッカー日韓ワールドカップ開催を実現させ、韓国代表は世界4強入りも果たす。韓国人は「我々には恐ろしいまでの潜在力がある」と言い出した。こうなると、もちろん日本なんか目ではない。それまでの「反日」から一歩進んで日本を下に見る「卑日」の傾向が出てきたのもこの頃からだ。

『米韓同盟消滅』には、「韓国が日本より上」と韓国人が信じる理由が列挙されている。日本人読者にとっては不愉快かも知れないが、一部を抜粋してみよう。

・日本が「失われた20年」や大震災で経済力を失い、国内総生産(GDP)世界3位に落ちる一方、韓国は経済危機から劇的に回復し世界10位圏に

・現代自動車グループの生産台数がホンダを上回り世界4位になった
・2010年にG20首脳会合を開催し日本の2019年に先駆けた
・2011年に二重国籍を認めたが、日本は認めていない
・2017年に朴槿恵大統領を平和的なデモで弾劾することに成功したが、政治意識の低い日本では安倍政権を打倒できない

 この種の「韓国は日本よりも上」といった主張をしているのは、ネット民などではない。有力紙や「国際政治学者」までもがこうした主張を繰り返しているのだ。鈴置氏は、こう分析する。

「韓国人はもう『反日』ではない。彼らを突き動かすのは『日本を卑しめたい』との衝動なのだ」

「貧乏な国」を見下す

 実はこのようになる可能性は、鈴置氏ら朝鮮半島専門家の間では予想されていたのだという。もともと韓国のメディアなどには「自分達よりも劣っている」と考える国に対しては、露骨に見下す性質があったからだ。戦前や戦後まもなくの話ではない。鈴置氏は、こんな最近のエピソードを紹介している。

 2010年のサッカーW杯・南アフリカ大会を前に、東亜日報はこんな見出しの記事を掲載した。

「サッカーも上手い韓国、サッカーだけ上手いウルグアイを鍛えてやろう」

 記事には「世界に君臨したウルグアイのサッカーは1960年代以降、経済危機と共に実力も急激に落ちた」ともあった。ネット掲示板の匿名の書き込みではない。有力紙に堂々とこんな記事が載っているのだ。鈴置氏は、韓国紙の記者に「この見出しはひどい」と言ったが、「貧乏な国を貧乏と言ってどこが悪い」と反論されたという。

 さすがに海外から非難の声があがったか、同紙は電子版の見出しを穏当なものに修正したが、それは記事掲載から1年も経ってからだった。

 これは東亜日報だけの傾向ではない。ライバル紙の中央日報にも「サッカーしか知らない南米の三流国」といった驚愕の表現が躍り出ることもあった。おそらく日本では一般紙はおろか、スポーツ紙や週刊誌でもこんな表現は使えないし、使おうという記者もいないだろう。

 こうした「自分たちよりも下」と見た国に対する姿勢を、現在の韓国は日本に対しても取るようになっている、というのが鈴置氏の見立てである。

 もちろん、クラスメイトの誰かが中二病になっても、仕方のないことなのと同様、他国の人たちが自らのことをどのように考えようが自由である。しかし問題は、そうした自己像をもとにして外交政策を取っている可能性が高いことだろう。

 鈴置氏は、韓国の「中二病」的な体質は当面変わらないだろう、と見ている。結果として、客観情勢とは関係なく、願望をもとにした「妄想外交」路線が続くリスクは消えない。その点を日本は警戒し続ける必要があるのではないだろうか。

デイリー新潮編集部

11. 中川隆[-8850] koaQ7Jey 2019年8月08日 12:47:11 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3882] 報告

韓国はどうなるのか? 2019年08月07日
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-831.html


 韓国の対日行動は完全に一線を越えて、国際関係の常軌を逸した暴走といってよい。

 この問題は、本当に根深くて、すでに古墳時代・奈良時代から起きている問題だと黒鉄ヒロシが言っているとおり、日朝史の最初から最後まで似たような問題が続き、福沢諭吉も脱亜論で、朝鮮民族の本質的問題と指摘している。
 https://www.news-postseven.com/archives/20180416_657811.html

 【《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)】

 まるで、文政権が当時から続いていたかのようで、そもそも西郷隆盛の征韓論も、不誠実な李朝の姿勢と、朝鮮民衆の置かれた悲惨な境遇に激怒して持ち出したものだが、結果、これは西南戦争を招き、西郷の命を奪うものになってしまった。
http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/2222.html

 韓国政府の日本に対する姿勢には、本能的ともいえる日本への対抗意識と見下しがあって、「自分たちの方が上だ」という儒教的、長幼序列主義の立場から、日本に対して「韓国を敬え」という潜在意識を国民全体で共有しているため、「弟の分際で、兄に対して偉そうな口をきくな!」という傲慢さが、いつでもついて回っている。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-810.html

 全体に、こうした儒教的洗脳が背景にあるのだが、一方で、文在寅という、合理的な判断能力を欠いた人物が、大統領に就任してしまったため、とんでもない国際的軋轢が続くようになった。
 
 ここでウィキを参考にして、歴史的な日韓対立問題を振り返ってみよう。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%95%8F%E9%A1%8C

 韓国政府の対日政策で、日本が困っている諸問題。

 @ 韓国政府が、自国文化の保護のため、また大日本帝国の朝鮮併合影響で国民感情を害するとして、日本の漫画や映画、音楽など大衆文化を規制している問題である。規制法的根拠は、朝鮮併合が植民地支配を想起させることが「公序良俗に反する」という排他的なものとなっている。

 戦後、李承晩政権以来、韓国では日本文化の移入が厳禁されていて、映画・ドラマ・漫画・書籍などが、自由に見られるようになったのは、1998年、金大中政権以来で、本格的開放に至ったのは、2010年以降である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E8%A1%86%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%B5%81%E5%85%A5%E5%88%B6%E9%99%90
 まだ全面開放に至っていない。

 A 竹島問題。1905年の島根県への編入以降は日本が領有し、島根漁民の主要漁場となっていたが、1952年1月18日、韓国の李承晩大統領の海洋主権宣言の翌年1953年に韓国の武装市民が武力制圧し、1956年には韓国政府に引き渡した。

 日本政府は1954年、国際司法裁判所に裁定を求めたが韓国政府はこれに応じず、警備隊を常駐させたり、500t級船舶が利用できる接岸施設を作るなどしている。
 竹島漁業に関係して、韓国に殺害された島根県漁民は50名を超えている。

 2004年1月に獨島切手を日本の抗議を無視して発売、2005年3月には島根県議会が竹島の日条例を成立させた。

 B排他的経済水域と大陸棚延伸に関わる問題
 1978年に、日韓両政府は肥前鳥島沖から済州島沖にかけて東シナ海に埋蔵されているとされる石油および天然ガスに関して、これを両国が分かち合うべく日韓大陸棚協定(日韓大陸棚共同開発協定)を締結し、現在に至る。

 しかし、2006年6月に開かれた日韓間の排他的経済水域(EEZ)境界線画定交渉において、韓国政府が同様に岩として基点にしていなかった竹島を、従来主張していた鬱陵島から変更すると主張したため、日本政府も対抗して日本側のEEZの基点として肥前鳥島を主張する意向を韓国側に伝えたとされている。さらに、韓国は協定海域を韓国単独のEEZだと主張していて、2012年に国連大陸棚限界委員会に沖縄トラフまでの大陸棚延伸を申請した。

 C日本海呼称問題
 韓国が日本海 にかえて「東海(トンヘ)」を国際的名称にすべきだと主張している問題。 韓国の主張する「東海」とは韓国からみて東の海というところから来ているものである。韓国は、黄海を「西海」と呼んでいるが、これについては主張していない。

 D歴史教科書問題
 韓国が、日本の歴史教科書を批判している問題、教科用図書検定制度において影響をもたらすことも多く、「内政干渉だ」「自国の歴史を正しく学べない」と反発する声が高まっている。

 E韓民族優越主義者による主張問題
 日本文化は全て韓国が起源であるとする主張が、歴史的史料や物証等が乏しいかまたは全く無い状態で、主にインターネットを通じてなされ問題となっている。その例は武道・茶道・侍・日本刀・ソメイヨシノ等多岐におよび、国際的に日本文化が取り上げられると、それらの起源は韓国であると主張をする傾向がある。

 F朝鮮半島から流出した文化財の譲渡要求
 19世紀に朝鮮半島から日本に流出した文化財の多くは、現在も日本の博物館や図書館に保管されている。これらの文化財を韓国に譲渡することを韓国の市民団体などが強く求めている。

 しかし、1965年の日韓基本条約において、韓国政府が1400点の文化財の返却と引き換えに、文化財の請求権を放棄していることや、日本にある朝鮮半島の文化財が略奪されたものであることが立証できないため、日本政府は韓国政府に返還する義務はない。
 しかし、対馬の仏像窃盗問題では、日本からの盗品を返還しないと裁判で決定している。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E9%A6%AC%E4%BB%8F%E5%83%8F%E7%9B%97%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 G韓国による日本海への毒劇物の廃棄問題
 韓国が毒劇物を入れたポリタンクを日本海に廃棄し、日本海沿岸の地域に漂着してくる問題。1999年ごろから始まり、2017年2月から3月にかけては行われた調査では約6000個以上が確認されており新潟県では500個のポリタンクが確認された。

 日本政府は国際会議や外務省、環境省を通じて韓国側に抗議しているが、韓国側は全く応じないため、環境省が年間50億円をかけて廃棄処理を行っている。ポリタンクに詰められている薬品は韓国のり養殖で網の洗浄用に用いられている「過酸化水素水」が多く、韓国のり養殖の市場が大きくなったことが原因であると報じられている。

 知的財産権侵害問題
H韓国では、以前からTV番組・歌謡曲等の日本が著作権を所有する著作物の不正コピー・盗用・盗作等が横行している。
 韓国は中国と共に日本の知的財産権の侵害が深刻化しており、知財紛争が頻発している(例:日本製イチゴ新品種の無断栽培問題など)。また、シャインマスカットやミカンなどにも無断栽培が広がっているため、対抗措置がとられるようになってきている。

 韓国併合合法不法論争
 I1905年の日韓保護条約、1910年の韓国併合について一般に韓国では当初より無効であったとの主張を行っており、合法であったとする日本側学者との間で論争となっている。

 第二次世界大戦の賠償問題
 J第二次世界大戦の対日講和条約(サンフランシスコ条約)の14条では、日本の賠償対象国を「日本が占領し損害を与えた連合国」と規定しており、韓国はこの対象に入らないが、1965年の日韓基本条約による国交正常化交渉中に韓国は賠償を要求、日本は名目上「独立祝賀金と途上国支援」として要求に応え8億ドル(当時)に及ぶ有償無償金を供与した。

 これにより、韓国は対日賠償権を放棄し、個人への賠償も完全解決したとして財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定が締結された。
 しかし、その後、韓国は盧武鉉政権時に、慰安婦などの一部個人に対する補償は対象外であったとの声明を発表、以降、韓国政府はこの方針を踏襲している。日本政府は、上記協定により、日韓間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決したとしている。

 聴取不能問題
 K 日本のラジオ放送において、特に日本海側で日本のラジオが韓国のラジオの混信で聴取不能になる。このため、各放送局では韓国からの電波混信対策を行っている。(例を挙げると琉球放送のFM中継局の設置など)

 漁業問題
 L日韓漁業協定の日韓暫定水域を韓国漁船が占拠し、韓国漁船が立ち入りを禁止されている日本の排他的経済水域へ侵入し、海産物の乱獲を繰り広げており、日本海側の漁業従事者に深刻な打撃を与えている。

 2000年以降、水産省による外国漁船の拿捕件数で韓国は全体の5割から9割を占めている。2005年12月6日、韓国海洋警察庁が海上保安庁に対し、日本領海における捜査権の譲渡を要求したが、海上保安庁は「捜査権の譲渡は主権侵害にあたる」として拒否した。

 徴用工訴訟・レーダー照射問題
 M2017年に文在寅政権が誕生すると、2018年に入り慰安婦問題日韓合意が破棄されたり、徴用工訴訟問題や日本の自衛隊機に向けて射撃レーダーが照射される韓国海軍レーダー照射問題が発生。

 最近の問題は、まだ記憶に新しいので、詳細に書く必要は感じないが、もっとも大きな問題は、徴用工賠償問題で、日韓合意を勝手に変更したことで、日本が、ホワイト国除外など、本格的な対韓制裁行動に出ていることである。

 これに対し、韓国は国家の総力を挙げて反撃に出ていて、これこそ戦争だとの韓国側の決意表明も連日報道されている。

 日韓経済戦争が勃発? 憲法9条では対処できない「次世代の戦い」7/11
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65810

 日韓問題は、行き着くところまで行かないと解決できないという緊迫感は、誰でも実感するところで、現段階で、日韓問題修復は、絶望的に困難というのが共通認識である。 
 ところが、日韓の本当の支配者は誰なのか? という視点で、これを見ると、もう落としどころの筋道ができあがっているように思える。
 そもそも、儒教によって洗脳された序列差別主義で空威張りする国民性は、1000年以上にわたって朝鮮民衆を拘束してきたのだから、今更、上から指図したって簡単に変えられるものないことは誰にでも分かる。

 しかし、戦後の韓国を定めてきたのは、実はCIAである。
 KCIAがCIAの下請機関であることは誰でも知っているが、同時に、宗教団体であった統一教会もまたCIAの下部機関であった。
 教祖の文鮮明は、CIAに逆らったためにヘリを撃墜されて殺されたとの噂まである。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-341.html

 韓国の本当の支配者は、CIAであり、アメリカである。アメリカの意思を無視した韓国政権を、アメリカが許すはずがない。それは日本と同じである。
 日本でも、アメリカから独立した政策を実現しようとした田中角栄や、米国債を売り飛ばしたいと脅した橋本龍太郎が、どんな運命に至ったかが知られている。
 同じように、アメリカにとって不都合な文在寅政権が、これ以上、日韓関係を破壊して、北朝鮮・ロシアに接近してゆく姿を指をくわえて見ているはずがない。

 「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でアメリカから警告
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12603.php

 そこで、文在寅が政権から転落してゆく要素があるのか調べてみると、あるどころの騒ぎではない。
 文在寅は、初期段階を超えた中程度の認知症であることが明らかになりつつあるのだ。
  
ムンさんの認知症は本当なのか検証してみた!
 https://www.youtube.com/watch?v=x7eystCRepI

 上の動画を、認知症の専門家に見せたなら、全員びっくりして、今すぐ引退させて施設に収容しないと大変なことになると、口を揃えるだろう。

 [韓国ニュース]文在寅(ムンジェイン)が認知症である八つの証拠。YongYongTV
 https://www.youtube.com/watch?v=vZM9GaIJ_vs

https://www.youtube.com/watch?v=eNzYAJckj4E

 ここまで絶望的な証拠が出てくると、もう文在寅が韓国大統領としての職務を遂行できる資質があると思う者は皆無だろう。
 当然ながら、CIAは、これらの情報を利用して、文を追放するのは確実である。
 それは確実に迫っていて、文が認知症のせいで対日政策を暴走したとのプロパガンダが、これから大量に出てくるだろう。

 そこで、「日韓対立は文在寅の認知症のせいでした」という結末が語られて、親日的な時期韓国大統領が出て、再び、北朝鮮との対立構造を作りだす図式が用意されているように思われる。
 現段階で進展しないのは、反日洗脳を受けずにいて、韓国民から人気のある適任者が、まだ見つからないからではないだろうか?

 もし出てくるとしたら、いったい誰なのだろう?
 少なくとも、文の一党=韓国民主党も一緒に追放したいという思惑があるだろうから、保守政党のカリスマが出てくる可能性が強いと思われるが、今の段階では、不明である。 おそらく、統一教会の関係者であり、安倍晋三との協力関係を築く者になるだろう。

 なお、先に竹島上空をロシア機が侵犯して、韓国軍が砲撃したとの報道がなされた。
https://www.sankei.com/world/news/190723/wor1907230027-n1.html

 これが、実は、韓国とロシアの密約において、竹島の領有権を確立するための「やらせ」であったとの指摘もある。
 これで360発の実弾射撃を行ったわけだが、こうした事実の積み重ねが、領有の既成事実化に貢献するという仕組みである。

 これが事実だとすれば、認知症の文の背後に、相当な知恵者が控えていることになる。 この背後霊こそ、時期韓国大統領なのか? もちろん韓国ロビーである安倍の友人なのだろう。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-831.html

12. 中川隆[-8676] koaQ7Jey 2019年8月25日 19:11:08 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4073] 報告
2019年03月22日
ホテルの宿泊客1600人がこっそり盗撮されライブストリーミングされていたことが韓国で発覚
https://gigazine.net/news/20190322-south-korea-spycam-live-streamed/

近年は小型で高性能なカメラによる盗撮被害が多発しており、「民泊サービスのAirbnbを利用したら部屋に隠しカメラが仕掛けられていた」といった事例も報告されています。特に韓国では隠しカメラによる盗撮が社会問題化しており、「宿泊施設に仕掛けられたカメラで撮影された1600人もの映像がライブストリーミングで配信されていた」という事件が発生したと報じられました。

South Korea spycam: hundreds of motel guests secretly filmed and live-streamed online - CNN
https://edition.cnn.com/2019/03/20/asia/south-korea-hotel-spy-cam-intl/index.html

韓国では隠しカメラによる盗撮被害が年間6000件以上も届けられており、「盗撮先進国」ともいえる状態だそうです。盗撮された映像はポルノサイトなどで共有されることもあるため、公共施設の利用時には隠しカメラが仕掛けられていないかのチェックが欠かせないとのこと。

盗撮先進国の韓国では公共施設利用時に隠しカメラのチェックが欠かせない - GIGAZINE



そんな中、韓国にある30の宿泊施設のうち42部屋に隠しカメラを仕掛け、合計1600人もの宿泊客を盗撮していたとして2人の男が逮捕されました。警察はほかにも事件に関係した人物がいるとして捜査を進めていますが、宿泊施設の運営者が直接盗撮に関わっていたとは考えられないとのこと。

警察によると隠しカメラはテレビや壁に設置されたコンセント、ヘアドライヤーのホルダーなどに仕掛けられており、撮影した映像はインターネット上にライブストリーミング配信されていました。配信サイトには4000人もの会員が登録しており、そのうち97人は特定のライブストリーミングをもう一度再生できるオプションなどをゲットするため、月額44ドル95セント(約5000円)を支払っていたそうです。2018年11月から2019年3月までの間に、サイト運営者は6000ドル(約67万円)もの売り上げを得ていたとみられています。



隠し撮りの被害に苦しむ韓国の女性たちは2018年にソウル中心部で大規模なデモを行い、「私たちの人生はあなたのポルノではない」と抗議の声を上げました。韓国政府もこの事態を重く見ており、警察の特別チームが市内の公衆トイレを定期的に検査したり、盗撮に対する刑の厳格化を検討したりといった動きも出ているそうです。2018年には盗撮映像が多くアップロードされていたポルノサイト「Soranet」が閉鎖され、運営者が4年の懲役刑を宣告されています。

その一方で、盗撮映像をインターネット上にアップされた女性は心に大きなダメージを負ってしまうと、女性の盗撮映像をインターネット上から削除する専門家であるLee Ji-soo氏は述べています。「私のクライアントの多くが、『死んでしまいたい』『家から出られない』といった悲痛な叫びを訴えています。盗撮映像の被害者らは、道行く人々がどこかのポルノサイト上で自分のことを見たのではないかと感じているのです」と、Ji-soo氏は語りました。
https://gigazine.net/news/20190322-south-korea-spycam-live-streamed/

13. 中川隆[-8603] koaQ7Jey 2019年8月29日 11:17:33 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4149] 報告

2019年08月29日
結局、朝鮮を助ける日本 / 自ら貧乏くじを引く日本人(前編)
黒木 頼景
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68778358.html


南鮮の没落を無邪気に喜ぶ保守派知識人
Moon & Kim 1Moon & Trump 1


  最近、「南鮮がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄する !」との報道を受けて保守派知識人や雑誌があれこれ騒いでいる。雑誌『正論』の9月号は、「韓国崩壊寸前」という特集を組んでいたし、『Hanada』10月号は「韓国という病」を目玉にしていた。ライバル誌の『WiLL』10月号は『Hanada』に負けまいと奮闘し、「No韓国 絶縁宣言!」というタイトルを以て対抗した。また、それと並行して「さよなら韓国 !」という別冊まで出している。しかし、こうした“保守派”雑誌でも、肝心な争点は避けていた。すなわち、南鮮人の「来日」、あるいは日本への移住・避難である。

  南鮮批判を得意とする保守派国民は、「韓国の反日侮蔑発言」や「韓国経済の低迷」ばかりに目を奪われ、日本がどのような“危機”に曝されるのか、という論点を見逃している。なるほど、南鮮が日本との情報共有を遮断すれば、南鮮軍は偵察衛星からの情報に疎くなり、軍事的窮地に陥るかも知れない。だが、それは文政権の方針であり、ひいては南鮮国民の意思である。南鮮が北鮮に吸収されるのは地政学的な脅威だけど、我々には文在寅を排除することはできないし、南鮮人にクーテータを嗾(けしか)けることもできない。正式な「軍隊」を持たない日本としては、南鮮が既に支那の勢力下に入ったと考え、対馬海峡が新たな38度線になったのだ、と自覚するしかない。言うまでもなく、「自分の身は自分で守る」のが国際政治の常識だし、昔の日本人もそう思っていた。丸腰になれば平和が訪れると考えるのは日本人くらいだ。今回の件について言えば、南鮮の将来は絶望的である。そもそも、米軍が見捨てる南鮮を我々が助ける事はできないし、また無理に助けようとすれば、日本が厄介な泥沼に嵌まってしまうから、ここは賢く最初から傍観した方がいい。

Koreans 3211Koreans 1231


(左 : 日本文明に浴さない昔の朝鮮人 / 右 : 感情的な朝鮮人の群れ)

  朝鮮人というのは、「馬鹿の10乗」というか、矛盾を矛盾と思わない自己中心的民族で、論理性とか誠実性(integrity)というものが全く無い。というか、それが何なのかすら解らない低級な種族とも考えられる。朝鮮は悲惨な時代があまりにも長すぎた。朝鮮文化と言えば、クズ野菜を利用したキムチくらいしかなく、あとは人糞を使った薬とか、苦痛に堪える処世術くらい。これほど“みすぼらしい”民族も珍しいけど、そんな民族が我々の隣国に住んでいる、という方が問題だ。共産主義に鈍感な朝鮮人が、栄養ドリンク無しでも元気になれるのは、日本に対して恨みをぶつける時だけ。日本人からすると、「他に楽しみはないのか?」と訊きたくなるが、彼らの眼中には我々の姿しかない。まぁ、日本人は何を言っても反論しないし、毎回「そうだよねぇ〜」と愚痴を聞いてくれるから、どうしても我々に対して甘えたくなる。それに、日本への憧れが極端に強いぶん、我々に対する嫉妬心や対抗心も激しい。一方、支那人に対しては別の態度を取る。朝鮮人は支那人の前では至って従順だ。どれほど馬鹿にされても怒らない。もし、支那人に対して生意気な口を利いたら、思いっきり棍棒でぶっ叩かれる。だから口答えは禁物。大昔から朝鮮人は支那人にド突かれてきたから、野蛮人の恐ろしさを身に沁みて分かっている。(支那人の仕置きは容赦ないからねぇ。)

  日本のマスコミや評論家は、何が何でも「朝鮮第一」。徳島に行っても阿波踊りじゃなくてアリラン祭。甲子園で高校野球となれば、通名を持つ朝鮮系選手の応援だ。いしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」を聞いても、「釜山の夜景だって綺麗だぞ」と反論する始末。朝鮮人のどこが素晴らしいのか解らないが、井上陽水が名曲『傘がない』を唄えば、あの連中は「朝鮮学校の生徒はどうなんだろう? 傘を寄贈しようかなぁ〜」と考えてしまう。それはともかく、地上波テレビは南鮮側からのGSOMIA破棄に関し、「てえへんだぁ〜、どうしよう?!」と南鮮側を心配しているが、一般国民にしたら「それがどうしたんだ? 自衛隊の方は一向に困らないぞ」と言いたくなる。だいたい、自衛隊が南鮮側から如何なる機密情報、ないし軍事的メリットを得るというのか? 我が国は米軍から情報をもらっているので、三流国の南鮮軍と手を切っても大丈夫。日本人は対馬か竹島に出かけて笑顔を示し、目くじらを立てた朝鮮人に向かって「じゃあね、バイバイ!」と言えばいい。NHKや朝日新聞、フジテレビの連中と違って、一般の日本人は「朝鮮人と係わらなくて済むんだ」と思えば、何となく嬉しくなる。

  TBSとか共同通信の反日左翼は胃が痛くなるほど南鮮人を心配しているが、正常な日本人は晴れ晴れとした気持ちになり、酒やご飯がいつもより美味(おい)しくなる。そもそも、朝鮮人が「困った状態」になるのは、歴史上、別に珍しい事ではない。朝鮮は常に「不幸な状態」にあるのが自然だ。日本統治が朝鮮史上“稀に見る”黄金期であったから、朝鮮人は“つい”日帝時代と比較して、「あぁ〜あ、どうしてこうなっちゃうんだろう?」と嘆く。一度「幸せ」を味わった乞食民族は、それが脳裏に焼き付いてしまい、ちょっとした不景気や軍事的脅威でも大騒ぎする。言っちゃ悪いが、朝鮮人には李朝時代が似合っているんじゃないか。昔は、日本の乞食より貧しい朝鮮人が普通で、支配者に隷属するのが当たり前だった。両班が不正行為をはたらき、庶民から金を巻き上げるのも“恒例行事”で、朝鮮の政治が腐敗するのは自然の法則だ。朝鮮人は否定するが、細部にまで気配りが行き届いた行政とか、厳粛で公平な裁判、希望に満ちた未来、というのは日本人がもたらした文明である。ところが残念なことに、敗戦で日本人が去ってしまったから、朝鮮半島は“昔の朝鮮”に戻ってしまった。今さら批判しても始まらないが、「韓国は大変なことになる!」と騒ぐジャーナリストや大学教授は、朝鮮人の行動様式を理解していない愚者である。どんな肩書きを持っていようが、単に朝鮮の過去を知らないだけ。朝鮮史に詳しい専門家が見れば、「朝鮮人らしい例の愚行かぁ・・・」と呟くはずだ。

日本へ押しかけてくる朝鮮人

Koreans 8Koreans 99


(写真 / 日本にやって来そうな朝鮮人のタイプ)

  とにかく、我々が早急に態度を決めなければならないのは、如何にして朝鮮人の入国を阻むかだ。朝鮮人の頭には、「困った時は日本人に頼るべし」という考えが常にある。普通の日本人からすれば、「何いってんだ、この野郎 ! あれだけ日本人の悪口を世界中にバラ撒き、嘘八百のイチャモンをつけて罵倒したのに、朝鮮が厭になったから、という理由で日本に移住してくるなんて言語道断。冗談じゃない。図々しいにも程がある ! どのツラ下げて日本に来るんだ? テメエらなんか、絶対入国させないからな !」と言いたくなる。気の短い江戸っ子なら「つべこべ抜かすとひっぱたくぞ ! おととい来やがれ ! さぁ、とっととけえれ(帰れ)!」と怒鳴りつけて、門前払いにするだろう。しかし、日本語を理解できないボンクラ鮮人だと、キョトンとした顔で「あなたの言っていること、じぇんじぇん分かりません。ワタシ、二日前にここへ来たことはありませんよぉ〜」と答える。こんな鮮人に会えば、少年ジャンプで頭をひっぱたきたくなる。(UFCのスティーペ・ミアシッチみたいな格闘家消防士がいれば、膝蹴りか右フックを頼むんだけど。堀口恭司や所英男じゃ心が優しすぎる。) 日本人の感覚だと、あれだけ日本人を侮蔑すれば、いくら困っていても日本へ移住するなどできないし、恥ずかしさで足が重くなる。

  ところが、朝鮮人はスキップするほど足が軽く、平気な顔でやって来る。朝鮮人に「恥」という概念は無い。彼らは「韓国の景気が悪いから日本の会社に就職した」とか、「北鮮との併合は嫌だから日本に住むことにした」、あるいは「大阪に親戚がいるので、それを頼りに来日しました」と口にする。こんな言い草を聞けば、大抵の日本人は堪忍袋の緒が切れて、「ふざけんな ! このド阿呆!」と机を叩くだろう。たぶん、「お前らは散々反日を叫び、天皇陛下の御真影や日の丸を燃やしてきたじゃないか ! そして、ありもしない従軍慰安婦を言い立てて、アメリカにまで慰安婦像を設置し、戦後賠償まで求めてきた。条約を結んでもそれを破棄し、政府間の合意を作成しても、時が過ぎればと引っくり返す。もうウンザリだ。お前らとは係わりたくない !」と言うはずだ。しかし、朝鮮人の精神構造は日本人のものとは根本的に違っている。「あれはあれ。これはこれ」というのが朝鮮人や支那人の考え方だ。朝鮮人は自分の都合によって言論と態度を変えてしまうし、過去との一貫性が無くてもいい。「二枚舌じゃないか!」と怒るのは、日本人の倫理観があまりにも高すぎるからで、アジア人に我々の水準を要求するのは端っから無理だ。

  日本人は根が優しいので、冷酷な現実から目を背けてしまうが、世界中の民族が全て平等ということはない。率直に言えば、朝鮮人というのは民族序列の中でも底辺に属する劣等種族だ。こんな民族に国籍や入国を許す方がおかしい。「区別」を「差別」と勘違いしている日本人は結構多く、誰にでも入国を許すのがいいと思っている。だが、現実を見てみよ。差別なんか堂々と罷り通っている。例えば、高級なディスコやナイト・クラブでは、入り口のところに用心棒と審査係がいて、入店するお客を選んでいる。ハンサム青年やセクシーな女性はウェルカムだが、雰囲気を損なうダサイ奴やブスは入店拒否。民間の娯楽施設だって来場者を選ぶのに、日本国は反日分子でも、放火魔、強姦魔、詐欺師、窃盗犯、ヤクの密売人でもOKだ。防諜組織を持たない日本は、移民や難民に紛れて潜入する工作員にも鈍感で、国内に危険分子が増えることに気づかない。たとえ、派遣された破壊工作員じゃなくても、勧誘されてスパイの代理人や協力者になる者だっているだろう。だから、もっと入国条件を厳しくすべきである。

  また、厳しい入国審査を経た者であっても油断はならない。というのも、帰化鮮人の子供や孫が北鮮のエージェントになるケースだってあるからだ。例えば、普通の帰化鮮人三世が国会議員となり、政治献金を集めて行くうちに北鮮や支那の協力者になる場合だってある。それに、帰化鮮人の手引きで北鮮に渡った日系議員が女を斡旋されて、金王朝のエージェントになる虞(おそれ)だってあるはずだ。朝鮮人の味方をする石破茂を見れば分かるじゃないか。「拉致議連」の会長を務めた中山正暉(まさあき)も同類で、彼が平壌訪問から帰ってくると、急に態度を変え、あろうことか拉致事件を疑う態度を示し、すっかり北鮮の擁護者になってしまった。朝鮮人の女にメロメロとなった前原誠司や、朝鮮人の秘書を抱えてニヤついた小沢一郎たって同じ穴のムジナだ。自民党には朝鮮人の犬がウジャウジャいる。例えば、 小泉純一郎首相は北鮮を訪問した時、ありもいない日本の罪を認めて1兆円以上の経済援助を約束してしまった。こんな取決めは決して赦せない。小泉総理は本当に日系の日本人なのか? 彼の父親である鮫島純也(小泉防衛長官)は謎めいた人物で、 どんな家系なのか、彼の両親や祖父母はどんな人物だったのか、さっぱり分からない。これじゃあ、蓮舫と同じだ。公職者は日本の命運を左右するから、三代か四代前の祖先を全て公表すべきである。

Koizumi Junichiro 3Koizumi Junya 1Koizumi Junya 2Bok 1

(左 : 首相になった小泉純一郎 / 新人議員時代の小泉純一郎 / 父親の小泉純也 / 右 : 南鮮大統領の朴正熙 )

  日本人が国防意識を放棄・喪失してから久しい。敗戦後の日本人は軍隊を持たない、核兵器の開発をしない、僻地の国土を守らない、拉致された国民を見殺しにする、など唖然とするほど情けない状態になっているが、もっと恐ろしい病気に冒されている。すなわち、国民の遺伝子を守らないという怠慢病だ。沖縄や対馬、竹島、北方領土などが侵食されても平気な日本人は、民族的遺伝子の変質に気づかない。一部の国民は、出生率の低下には多少の関心があるものの、朝鮮人や支那人との混血で日系人が減っているとは思っていないのだ。敗戦後、朝鮮人は確実に増えている。闇市で儲けた朝鮮人は祖国に帰らず日本に居坐った。さらに、大量の朝鮮人が朝鮮戦争を嫌って日本へ潜り込み、在日鮮人と化して子孫を増やし、結婚や帰化申請で「日本国民」になっている。官報を見れば分かるけど、南北を問わず在日鮮人は次々と日本国籍を所得し、日本名に切り替えて「日本人」のように生きてきた。今では、かなりの国民が朝鮮人の血統に属し、日本人意識を失っている。こうなれば、日本の国土が昔のままでも、そこに暮らす国民の“質”が変わっているのだから、侵略を受けたのと同じである。

  南鮮経済が傾き、北鮮へと靡けば、小賢しい朝鮮人はいち早く国外脱出を図る。移住先は米国が理想なんだけど、トランプ政権で段々と難しくなっているから、直ぐ近くにある「甘っちょろい日本」へ逃れるのがベストだ。なんと言っても、日本には同胞が大量に住んでいる。それに、人種的にも見分けがしにくいから、あからさまな差別に遭わなくてすむ。普段、朝鮮人は鼻水を垂らしながら反日を叫ぶが、心の底では日本文化に憧れており、日本に来ると反日言説は何処へやらで嬉しくなる。まぁ、いくら南鮮のTVドラマや歌謡曲が「ウリジナル(独創)」と称しても、所詮は日本のコピーでしかないんだから当然だ。彼らは中々認めないけど、アメリカと比べれば日本は断然暮らしやすい。建前では「朝鮮人差別がある !」とわめくが、実際はたいしたことがなく、日本企業に勤めれば実力次第で出世できるし、失業したって社会福祉が充実しているからハッピーだ。

Korean baby 1Korea 03

(左 : 朝鮮人の赤ん坊 / 右 : 朝鮮でよく見かける露天商)

  平和ボケの日本人には、民族の存続という意識が無く、「今が楽しければ、それでいい」という考えの人が多い。グローバリスト教育のせいか、「日本語を話せれば誰でも日本人」という考えが各世代に浸透している。「インド系でもアフリカ系でも、日本国籍を持っていれば日本人よ」と思う人が増えてきた。しかし、正常な日本人なら本能的に「日本人の血統でありたい」と望むんじゃないか。心の奥でアジア系混血児に違和感を持つ人は、今でもかなり居ると思う。一般人は口に出さないが、「朝鮮系の子孫は、ちょっと嫌だなぁ」と思う人は結構いるはずだ。

  昭和の頃だと、娘が連れてきた交際相手に不審な点があると、親は興信所に調査を依頼したものである。人権屋の学者は綺麗事ばかり並べているが、我が子の将来と家門の誇りを大切にする人は、大金を払ってでも探偵に相手側の素性を調べさせていた。もし、交際相手が“いかがわしい”奴なら、娘に諦めるよう説得するし、相手方の両親に圧力を掛けて破談に持ち込むことさえ厭わない。ところが、リベラル教育を受けた現在の親は、左翼学者が吹き込む「個人の自由」とやらを鵜呑みにする。子供が紹介する恋人がどんな人間であっても、「本人の意思だから」と諦め、渋々ながらも受け容れようと考えてしまう。本当に悲しい時代となってしまったが、巷の一般人が「血統」を気にするのは、飼っている犬や猫だけで、自分の子孫となる家族の血筋はどうでもいい。でも、自分の娘が産む赤ん坊より、ペットショップで購入する猫ちゃんの方に、厳しい注文があるなんておかしいよねぇ〜。人間の赤ん坊は成長すると、鏡に映った姿を自覚するんだぞ。

  後編に続く。 
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68778358.html

14. 中川隆[-8558] koaQ7Jey 2019年8月30日 22:23:21 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4194] 報告
【怒っていいとも】part17-@ もう崩壊寸前か…韓国スペシャル! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=cttgiv-w-Og

8月29日収録

【出演者】
・加藤清隆(政治評論家)
・高橋洋一(嘉悦大学教授)
・山口敬之(ジャーナリスト)

15. 中川隆[-8546] koaQ7Jey 2019年9月02日 18:14:49 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4212] 報告

2019年09月02日
韓国は李氏朝鮮の末期に似てきた


日本は朝鮮が列強殖民地になるのを恐れ、近代国家になるよう警告した。

朝鮮指導者は清やロシアに日本征服を依頼し日清日ロ戦争を起こした

画像引用:日清戦争の全容に迫る!【3】日清戦争の原因A朝鮮半島の混乱と巻き込まれる大国http://tetsu-log.com/nisshinsensou3-190622-2.html


韓国という国家はなぜ感情的なのか

韓国は19年8月に日本との軍事情報協定GSOMIA破棄を決めたが、その理由として日本が無礼だったからと説明している。

なんでも8月15日の政府主催反日集会で「日本が望むなら協議しても良い」と発言したのに、日本政府が反応しなかったのが無礼だと言う。

さらに文大統領側近は2018年2月の平昌五輪の時から日本に不信感を持ち、今回の破棄に至ったと説明している。





平昌五輪とGSOMIAの関係が分からないが、高官の説明によると17年から18年にかけて北朝鮮は日本海にミサイルを撃ちまくっていました。

韓国は平昌五輪の南北共同開催を模索するほど親北路線に入れ込み、平昌五輪も南北統一のための重要イベントと位置付けていた。

一方日本はミサイルを連射する北朝鮮への敵視を強め、平昌五輪直前にJアラート避難訓練を実施した。


文大統領はこの避難訓練を平昌五輪の妨害、嫌がらせと捉えて強い不信感を抱いたという。

隣りに泥棒が住んでいるので避難訓練をしたら、どろぼうの親戚から逆恨みされたような話です。

GSOMIA破棄に米ポンペオ国務長官が「失望した」と表明したところ、韓国政府は米大使を呼んで「失望した」と発言しないよう要請した。


もっとも重要な同盟国の大使を呼んで、発言に抗議するのは異例にして異常で、韓国政府に異常事態が起きていると察知できる。

最近の文大統領の言動や韓国政府を見ると、李氏朝鮮の末期によく似てきたと思います。

李氏朝鮮は王から外交使節までいちいち感情的で論理的ではなく、周辺国すべてと敵対して滅亡しました。

ロシアに日本征服を依頼した朝鮮

李氏朝鮮は他の朝鮮と区別する呼称で国名は朝鮮、1388年に李成桂が建国したのが始まりとされています。

それまで高麗は元(モンゴル)の属国だったが、元の命令で明と戦うべく出兵し、裏切って明に味方した。

元から明への時代の変化をうまく利用して独立したが、結局のところまた明の冊封に入り属国になった。


半島の歴史のおかしさは、それから1800年代まで500年間なにもせず属国の身分に安住した事で、おかしな国民性が文化にまで昇華した。

朝鮮半島に独立国家が存在したのは西暦663年以前の新羅、百済、高句麗までで、その後は中国の冊封に組み込まれています。

しかも西暦400年頃の神功皇后三韓征伐から663年の白村江の戦いまでは、半島南部は日本の支配下に置かれ、北部は大陸国家の影響下にあった。


その後大陸国家が滅んでは独立するが、すぐ他の大陸国家に臣従するというパターンの繰り返しでした。

秦、隋、唐、宋、元、明、清と大陸国家が変わるたびに一瞬だけ独立するが、また新しい国の属国になりました。

こんな事を2000年も繰り返したので、むしろ独立は不安であり、独立してどう振舞えば良いのかも分からない。

李氏朝鮮末期と似てきた韓国

日本で1868年に明治維新が起こり、これからは文明開化だと言って急速な近代化を始めた。

だが隣の朝鮮は1000年以上眠ったままで、このままではロシアか欧米列強の植民地なるのが懸念された。

日本は朝鮮人の身を案じたのではなく、朝鮮半島がロシアや欧米の植民地になれば、日本は包囲され防衛できなくなるという事でした。


日本は繰り返し朝鮮に警告したが聞き入れなかったので、朝鮮を占領して欧米に占領されないようにしようというのが「征韓論」でした。

当の朝鮮は欧米列強による脅威が理解できず、「日本がいじめている」と思って逆にロシアや清に助けを求めました。

属国朝鮮を失うのを恐れた清がまず手を出してきたので日清戦争で打ち払い、次いで朝鮮を植民地にしようと目論んだロシアも日露戦争で打ち払った。


日本は善意で朝鮮に警告してやったのに、清とロシアに日本征服を依頼した朝鮮に国内世論は沸騰し、日韓併合に至りました。

日清戦争から日韓併合まで「朝鮮は諸悪の根源である」というのは日本の全国民が一致した世論でした。

現代の韓国政府もアメリカや中国やロシアや欧米、国連などに日本の悪口を言いふらして「日本を滅ぼしてくれ」と依頼しています。


ちなみに鎌倉幕府と元が戦った元寇も、元の属国だった高麗(朝鮮)が元をそそのかして日本征服しようとした戦争でした。

1000年経っても文化や行動パターンは何も変わらないものだと感心します。
http://www.thutmosev.com/archives/80856901.html

16. 中川隆[-8536] koaQ7Jey 2019年9月03日 19:06:37 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4228] 報告

2019年09月03日
恥ずかしい民族に属して / 自ら貧乏くじを引く日本人 (後編)
黒木 頼景
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68778824.html


朝鮮人に生まれてしまった

korea 075korea 052
( 左 : 朝鮮人の老人 / 右 : 子供を背負う朝鮮人の母親 )

  敗戦後、日本に居残った朝鮮人や朝鮮半島から密入国した不逞鮮人は、いったい何名いたのか? 彼らの多くは不法状態のまま子孫を増やし、その2世、3世、4世はあたかも「日本人」のように偽装して暮らしている。そればかりか、図々しい在日鮮人は、日本人と結婚したり、帰化申請を行って「日本国民」になっていた。密入国者の分際で日本国籍を獲得するとは、全く以て腹立たしい。(特別永住者の子孫は祖父母と同じく、世襲の特権を維持している。) 本来なら、日本政府が在日鮮人を家族ごと片っ端から拘束し、輸送船に放り込んで強制送還させるべきだった。ところが、「日帝による植民地支配」とか「朝鮮人の強制連行」といった嘘が罷り通っていたので、朝鮮人問題は誰もが避ける“タブー”となってしまい、大量の在日朝鮮人がヌクヌクと暮らせる日本になってしまった。洗脳プロパガンダとは本当に恐ろしいものである。

  現在の日系日本人は日本国籍を取得すれば「日本人」と思っているが、果たして「朝鮮系日本人」は日系人と同じく、自然な愛国心を持っているのか、甚だ疑問である。我々はあまり意識していないが、帰化朝鮮人や日鮮混血児の祖父母というのは、紛れもなくチャキチャキの朝鮮人で、日本の歴史や伝統を共有する仲間ではない。日本で生まれ育った日鮮混血児は、自分を友達と同じ「日本人」と思っているが、重大な相違点を見落としている。それは、自分が朝鮮人の血統に属し、朝鮮半島に沢山の「同胞」を持っているという事実だ。確かに、彼らの多くは朝鮮語を話せないから、祖国との絆や鮮人としての自覚は薄く、何となく「遠い国」と感じている。ところが、父(あるいは母)の実家に行けば、朝鮮語を話し、朝鮮人の顔をした伯父や叔母、まだ会ったこともない従兄弟が“ごまん”といるのだ。こうした血縁者を見れば、「私は半分“朝鮮人”なんだ」との認識が生まれてくるに違いない。

  だが、彼らは同時に毛細血管が萎縮する程の恐怖を覚える。というのも、自分の体に朝鮮人の血が流れているとなれば、反日を叫ぶ南鮮人に対して露骨な嫌悪感を表せないし、友人と一緒になって日本の国益を擁護すれば、必然的に「民族を裏切る者」となってしまうのだ。日系人の友達は文在寅政権を見ると、「ふてぶてしくて下品な人ねぇ〜。わたし大嫌い !」と躊躇なく言えるが、朝鮮系の「日本人」になると、何となく気持ちが淀んでしまい、さっきまで動いていた口が徐々に重くなる。これが鮮人意識に目覚めた混血児になると、日頃の鬱憤が爆発し、「日本側にだって落ち度があるんじゃないのか?!」と反撥するようになり、「日系人」が不倶戴天の敵となってしまうのだ。しかし、日本政府を嫌う混血児の心には、南鮮への愛情よりも、朝鮮人に生まれた悲哀と屈辱感の方が強い。日本で南鮮人が非難されると、まるで自分が非難されたかのように感じてしまい、「朝鮮人だからといってバカにするな !」と叫びたくなる。本心では南鮮側の愚行に気づいているものの、「面子」が邪魔をして、それを口にすることができない。朝鮮人は根っからの「見栄っ張り」である。彼らが時折、信じられない行動を起こすのは、「火病」と「面子」が連動して暴発するからだ。

  一般の日本人は敢えて言わないが、朝鮮人には全く魅力が無い。NHKは盛んに「お隣の韓国」と宣伝するが、大半の日本人は南鮮人を友人とも隣人とも思っていないはずだ。だいたい、朝鮮語を学んだ日本人は、過去70年間でいったい何人いるんだ? 筆者が高校生の時、優秀な受験生は皆揃って英語を勉強していた。もし、英語の他に専攻する外国語があるとすれば、先ずフランス語かドイツ語だった。「朝鮮語を勉強したい」という生徒なんて存在しなかったし、もしいたら「どうして? 何か特別な事情でもあるのか?」と皆が尋ねてしまうくらい、奇妙で馬鹿らしい言語であった。昭和の頃だと、ハングル文字なんて誰も書けないし、教師から説明されたって「何か、ドンブリの絵柄みたいだなぁ」と笑ってお終いだ。筆者は10代の頃、言語学の知識が無かったけど、担任の教師から楔形文字とかキリル文字について教えてもらったことがあるので、ハングルはモンゴル文字の変形のように見えた。もし、漢字から作った表音文字なら、日本の片仮名みたいになるはずで、あのようにヘンテコな文字にはならない。「朝鮮人は蒙古人の子分だから、親分の文字を真似たんじゃないか?」というのが大方の推測だった。

  明治以来、「近代化(西歐化)」がブームとなっている日本では、イギリス人やドイツ人の親を持っていると結構な自慢となる。しかし、朝鮮人の親から生まれた“日鮮ハーフ”なんて「誇り」ならない。何しろ、「朝鮮人」といえば、「不逞鮮人」か「第三国人」を連想するのが普通で、世間にはびこる朝鮮人を見渡しても、「しょうもないロクでなし」か「賭博業者」、「ひがみ屋」、「賤民」、「藝人」といった連中が主流だ。拙書『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』で紹介したけど(第5章)、敗戦後の朝鮮人なんか窃盗犯や闇業者でなければ、テロリストやゴロツキだった。(在日鮮人の親が筆者の本を読めば、「なんだ、このヘイト本 !」と怒り狂って焚書にするだろう。「歴史的事実」は否定しがたく、痛いほど胸に突き刺さる。) 朝鮮半島では珍しくないが、米軍将校や警察官を襲撃する一般人なんて、まともな日本人じゃ想像がつかない。

  一方、イギリス人や西歐系アメリカ人だと、かなりイメージが違ってくる。例えば、イギリス人の母親を持つ友達の家に行くと、アングロ・サクソン系の婦人がウエッジウッド(Wedgewood)のティー・カップに紅茶とミルクを注いでくれて、上品な甘さのクッキーを添えてくれたりする。まっとうな西歐人の家庭だと、クリスマスになれば樅(もみ)の木を飾ってケーキを食べているし、結婚式となれば、日本人が憧れる白いドレスを着て、ゴシック様式の聖堂に赴く。日本の若い女性なんか、キリスト教徒でもないのに、神父や牧師の前で永遠の愛を誓ったりするけど、いったい誰に誓っているのか? 信じてもいないイエズス(救世主)に「誓います !」なんて、信念を貫く人なら絶対にできない。ここでは関係ないけど、先月、小泉進次郎は滝川クリステルと軽井沢の教会で極秘に結婚式を挙げたそうだ。(だたし、これは「日刊スポーツ」や「スポニチ」の記事だから、どこまで本当なのか疑問である。) 筆者は政治家の個人情報に疎いので、小泉議員がキリスト教徒だとは知らなかった。麻生太郎や石破茂がキリスト教徒なのは知っていたが、まさか進次郎がキリシタンだったとは。

  話を戻す。日本人は小学校から大学まで、飽きもせず英語を勉強しているが、大半の人が目指しているのはアメリカの中西部に住む白人やブリテン島のアングロ・サクソン人が口にする標準英語であろう。公立学校の授業はともかく、自腹で英会話を習おうとすれば、ほとんどの日本人は西歐系白人の先生を選ぼうとする。実際には、俳優のユアン・マクレガーとかキャメロン・ディアスは無理だけど、出来るだけ彼らに近い容姿の講師を求めようとするはずだ。(筆者が英会話業界の話を聞いた「英語教師」は、ドイツ人の美人教師だった。彼女によると、日本のビジネスマンは別段ブリティシュ・アクセントに“こだわらない”そうだ。確かに、ゲルマン系美女を前にした「個人レッスン」じゃ気にならないよねぇ〜。) またもや脱線したが、英語を話す母親といっても、「ピジン・イングリッシュ」を喋るインド人やフィリピン人じゃガッカリする。やはり、英国のサセックスやケント、ノーフォークといった地域の出身で、中流家庭のクィーンズ・イングリッシュを喋るイギリス人じゃないと。女優のキーラ・ナイトリー(Keira Knightley)やエミリー・ブラント(Emily Blunt)の英語は、何となく響きが良くて、聞いていても心地が良い。その他、試しにユーチューブでダイアナ・モズリー(Diana Mitford Mosley)夫人を検索し、彼女の英語を聞いてみてはどうか。ニューヨークの黒人が話す下層民英語とはかなり違うぞ。

Diana Mitford 3korea 057korea 068


(左 : 「モズリー夫人」となったダイアナ・ミットフォード / 中央 : 犬を可愛がる朝鮮人女性 / 右 : 頭にカゴを載せ、乳房を露わにする朝鮮人女性 )
   
  日本人は結構、イギリス文化に興味を示す。例えば、伝統を重んずる英国だと、パブリック・スクールの制服も品が良く、日本人の女子高生にとっては憧れの的である。都会にある有名私立学校では、イングランドの制服を真似て保守的なデザインのブレザーにチェックのスカートなどを売り物にするそうだ。本来なら、教師の質やカリキュラムを重視すべきなのだが、やはり私立学校にとって人気が命なので、「我が校の制服は英国風ですよぉ〜」と宣伝するらしい。幼い子供に読み聞かせる絵本だって、定番の『ピーター・ラビット』や『くまのプーさん』、『スノーマン』、あるいは「マザー・グース」のハンプティ・ダンプティをモデルにした創作絵本とかが好評である。まともな母親で、朝鮮の昔話を教材にしたり、子供が寝る前に朝鮮の子守歌を聞かせてやる日本人がいたら驚きだ。筆者は朝鮮好きの母親なんて 聞いたことがないぞ。

  翻って、朝鮮文化だと幻滅する場合が多い。日本の名門校は西歐風の制服にするけど、朝鮮学校(単なる私塾)では見るのも嫌な「チマチョゴリ」ときている。ガッカリするというよりも恥ずかしい。日本文化に染まった朝鮮人娘だと、野暮ったいチマチョゴリを目にすれば「何かの罰ゲーム?」と眉を顰めたりする。現在の南鮮人は歴史を捏造して、色鮮やかなチマチョゴリを着ているが、昔の朝鮮には染料技術がなかったから、大抵は白地のボロ服といったところだ。しかも、乳房を丸出しにして街を歩いていたんだから、現在の在日鮮人は顔から火が噴き出すほど恥ずかしくなる。日本の歴史教科書では、両班の女性しか紹介されないが、乳出しチョゴリの庶民を暴露する写真など一枚も無い。日本の歴史教育は、不都合な歴史を隠蔽することに特徴がある。こんな状態だから、日本の子供が無知蒙昧になるのは当然だ。言うまでもなく、下層民のババアが萎れた乳房を出して、それを赤ん坊が吸っている写真など放送禁止。たとえ、深夜のBS 放送でも流すことはできない。

korea 062korea 054korea 056


(左 : 乳房を出したチョゴリ姿の朝鮮人 / 中央 : 赤ん坊に授乳する朝鮮の中年女性 / 右 : 老婆の体を洗ってやる朝鮮人男性)

  日本に住み着いている中高年の朝鮮人は、さしたる根拠も無く「朝鮮民族は偉大だ! 我々は日本人に文化を教えてやったんだ !」と若者に説教するが、日本や歐米の文化を知ってしまった在日3世や4世、5世には、五月蠅(うるさ)い雑音でしかない。だいたい、そんなに立派な民族なら、どうして愛する祖国に戻らず、いつまでも「下劣な日本」に居坐っているのか? それに、朝鮮文化など所詮、アジアの辺境に住む弱小民族の風俗でしかない。もし、朝鮮服がご自慢なら、どうして日本に住む鮮人女性や米国へ留学した朝鮮人はチマチョゴリを着て生活しないのか? 鮮人学生の多くは鉱山労働者が穿いていた作業パンツ(ジーンズ)を愛用し、偉大なる民族が作った朝鮮服はクローゼットに永久保存。いつでも取り出せるのに、なぜか授業やパーティーで着ようとしないのだ。乗っているクルマもBMWとかGMのピックアップ・トラック、トヨタのカムリなどで、たまに南鮮の「現代(ヒュンダイ)」を買う変人がくらい。でも、お金に余裕があり、「選択の自由」が生じてくると、真っ先に購入しようとするのはドイツ車とか日本車の方である。

濃厚で生々しい本家のコリア

korea 083korea 082


(写真 / 戦後の南鮮の風景)

  日本で生まれ育った在日鮮人や帰化鮮人は、昭和の頃に撮影された朝鮮の写真を見るのが嫌いだ。というのも、そこには“いかにも”朝鮮人らしい朝鮮人が映っているからだ。いくら日本統治によって多少文明化されても、一般庶民には朝鮮人気質が色濃く残っており、「さすが後進国 !」と呆れることが少なくない。朝鮮について話すと長くなるから詳しく述べないが、隠れた名著『ディープ・コリア』(青林堂 1994年)から、興味深いエピソードを幾つか紹介したい。この本は元々1987年にナユタ出版から刊行された紀行本で、そのオタク性が好評だったのか、1994年に青林堂から再出版されている。ただし、現在は絶版だ。主文は音楽評論家の湯浅学が書いており、漫画家の根本敬と船橋英雄(写真撮影)が協力者となっている。

  たぶん、この三人が朝鮮各地を廻って、様々な出来事に遭遇したんだろうが、読んでみると驚きかつ呆れてしまうエピソードが満載だ。日本人の読者なら大爆笑なんだが、朝鮮系の読者が目にすれば気分を害する代物である。とにかく、朝鮮人には奇人変人が多く、やる事なす事、日本の常識から大きく外れているのが特徴だ。昔、『ポールのミラクル大作戦』というアニメがあったけど、そんなファンタジーの世界と違い、朝鮮半島はリアルな怪物屋敷である。現在の日本人が旅行すれば、「行かなきゃよかった」と感想を述べるだろう。こんな賤民が嘗ての「日本国民」だったなんて、鳥肌が立つほど恐ろしい。

Korea of 1970sKorea 07


(写真 / 1970年代の南鮮社会)

  湯浅氏一行は朝鮮に着いたとき、自称フリー・ガイドの尹松淑(ゆん・そんすく)に出逢い、エロ話しを堂々と口にするこの現地人に南鮮各地を案内してもらったそうである。フランスとかイタリアといったヨーロッパを旅行すれば、現地の郷土料理に舌鼓を打つのが普通だが、朝鮮半島の場合は別らしい。腹が減った湯浅氏らは、釜山の街でしょぼくれた食堂に入ったという。そこで彼らはアナゴの刺身を食べたそうだが、これがとてつもなく酷かった。とにかく骨っぽく、噛むのに一苦労。ところが、ガイドの尹松淑はガツガツ、くちゃくちゃと口の中で噛み砕くと、口の中に残った骨をペッペッっと床に吐き捨てた。これって、日本の旅館で鶏の手羽先を食っている支那人とソックリだ。支那人も食堂の床に骨とか皮を吐き捨てるから、清掃係の従業員は堪ったものではない。まぁ、支那人の子供が床に小便や大便をしないだけマシなのかも。(『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』、pp.111-112を参照。)

   朝鮮料理と言えば、例のキムチが定番だ。湯浅氏もキムチを注文したのだが、出てきた白菜のキムチは殊のほか不味かった。何でも、「この世のものとは思われぬ不味さ」であったという。ちょっと信じられないが、「小便臭く、苦くて酸っぱい上に辛い」そうだ。まるで、「口の中にゴミが残るような代物」であったという。(『ディープ・コリア』、p.49) 湯浅氏は遭遇しなかったが、「ウジ虫入りキムチ」じゃなくて良かったじゃないか。意地悪な朝鮮人だと、日本人に出すキムチに唾や鼻水を混ぜる奴がいたりするので要注意。

  日本で食べる朝鮮料理は、日本人好みに改良されているので、本国の料理とはかなり違っている。(肉にタレをつけて食べるのは日本式であるという。) 湯浅氏は本場の朝鮮料理を経験するうち、「“不味さ”にも種類がある」と解ったそうだ。例えば、朝鮮料理には「爽やかな不味さ」があると思えば、「体力を消耗させる不味さ」があったりする。また、「胃が逆流する不味さ」とか、「唾液が引っ込んでしまう不味さ」、「舌がしびれる不味さ」、「歯が溶けそうな不味さ」、「浮浪者のように横たわる不味さ」などがあるらしい。(上掲書、p.50) いやぁ〜、本場の朝鮮料理はバラエティー豊だ。

  朝鮮半島では、料理ばかりか、食べる人まで個性的だ。湯浅氏らは大通りに出て、繁華街を散策し、夕食を取るためにプルコギ屋(焼肉店)に入ったそうだ。入店時、彼らの隣には家族連れが食事を楽しんでおり、ハゲ頭の父親が大声で怒ったり笑ったりして、料理を食っていたそうである。だが、その食い方がおぞましい。野獣並みの食いっぷりを見せるハゲ親爺は、肉片が残る大鍋にキムチと白飯をぶち込むと、ギュっと握ったスプーンでかき回し、グチャグチャと混ぜた。何となく想像がつく。しばらくすると、この父親は鍋に顔を近づけ、一気に赤茶色の肉御飯をかっ込んだそうである。(即席ラーメンを鍋のまま犬食いする朝鮮人だから、多少のマナー違反はしょうがないのかも。) だが、このオヤジ、食いながら喋っていたので、口から米粒が飛んでくる。(p.92) これまた、いかにも朝鮮人らしい。朝鮮語を喋るだけでも下品だなぁと思えてくるのに、こんな食い方じゃゾっとするよねぇ〜。

朝鮮のホテルはひと味違う

korea 089Korea today


(左 : 頭にカゴを載せてモノを運ぶ朝鮮人女性 / 右 : 現代南鮮の住宅事情 )

  日本人観光客からすると、朝鮮には素晴らしい光景より不愉快な体験の方が断然多い。一般人との接触ですら厭なときが少なくない。湯浅氏達が釜山からバスで順天(スンチョン)に向かう時だった。バスは満員で、車内はなぜかニンニク臭く、その臭いがバスの中に充満していたという。(p.82) これは解る気がする。朝鮮人の臭いというのは独特だ。湯浅氏一行が高速バスのバスターミナルでウロチョロしていると、カモを見つけたと思ったのか、朝鮮人のポン引きがどこからともなく近づいてきたそうである。彼の口臭も、これまた、かなり強烈だという。この朝鮮人が「どこから来た?」と尋ねたので、湯浅氏は「日本(イルボン)から」と答えたそうだ。すると、「おう、しゃぺんか。いい娘いるよ !」と誘ってきた。しかし、彼が「いえ、結構です」と断ると、この朝鮮人はクルっと態度を変え、犬を追い払うように右手で「あっちに行け」というジェスチャーを見せたという。(p.82) バス停に売春業者がうろつくなんて・・・。もうコリアはコリゴリだ。

  1990年代前半くらいまでか、朝鮮の名物や輸出品といえば売春婦であった。特に、1970年代から80年代、南鮮旅行する農協青年団とか出張サラリーマンは、買春が目的の人が多く、手軽で安い「本番」を求めていたらしい。湯浅氏一行は釜山に着いたとき、どこか泊まれる宿はないか、と街中を探したそうである。彼らが通称「ミドリ町」という地区に足を伸ばすと、そこには売春宿が多く、「Love House」といった看板を掲げる店まであったらしい。毎度のことだが、日本人が街中をうろつくと、どこからともなくポン引きのババアが近寄ってくる。こうした客引きは、ためらう日本人に向かって、「売春婦たちはピルを飲んでいるから大丈夫だ」と交渉するそうだけど、本当に信じたらヤバいことになる。たぶん、ポン引きたちが“売り”にするのは、コンドーム無しの本番なんだろうけど、恐ろしい性病(エイズ、淋病、梅毒)のことは頭に無いんじゃないか。(昔、筆者がある建設業者のオっちゃんと雑談したとき、彼は南鮮での「女遊び」をニャニャしながら話していた。その後、しばらくすると原因不明の病気に罹り他界。あんなに健康な人だったのに、急に「難病」に罹るなんて。奥さんは病名については黙秘。可哀想なんだけど何となく奇妙だ。)

  当時、釜山駅近くの連れ込み宿だと、料金は3,000ウォン(約560円)くらいであったというから格安である。これなら、スケベな日本人が大量に南鮮へ殺到したのも当然だ。ところが、湯浅氏らが大邱の「ロイヤル・ホテル」に泊まろうとすると、フロントにいる丸顔の鮮人から、「1部屋9,000ウォン」と告げられたそうである。ちょっと高いと思ったが、湯浅氏らは泊まることにし、ボーイに連れられ部屋に向かうことにした。日本の帝国ホテルやプリンスホテルでは絶対にあり得ないけど、朝鮮人のボーイは湯浅氏らに娼婦を斡旋したそうだ。もちろん、彼らは断った。ただし、彼らも朝鮮の売春産業には興味があったらしく、隣の部屋で派遣された鮮人売春婦が入り口のところで値段を交渉する場面を伝えていた。「やっぱり !」と言っては何だが、朝鮮人の出張売春婦は結構客と揉めるらしい。翌日、湯浅氏氏がチェック・アウトすると、フロントには別の朝鮮人が坐っていて、丸顔の男とは違い「2人で2万ウォンです」と言ってきた。湯浅氏が「昨日のフロントマンは9千ウォンと言ったのだが」と事情を説明する。しかし、このフロント係は謝罪せぬばかりか、「オンドルの部屋は高いんです」と反論し、高額な料金を請求したそうだ。(p.61) いかさま師並の言い草だが、こうした朝鮮人に「正直」や「公正」を求めても無駄である。湯浅氏は不本意ながらも、言われた通りの金額を払ったそうだ。

  日本人が思い描く「ホテル」と朝鮮での「ホテル」は根本的に違っていた。湯浅氏らが光州(クァンジュ)に到着した時のことだ。駅の近くで安い宿を探したところ、やっと見つかったのはいいが、その宿泊所がこれまた酷かった。一応、オンドルはあるが、部屋には小さな窓が一つだけ。しかも、泊まった部屋がトイレの横にあったので、強烈な臭いがする。そして、トイレの横には風呂場らしきものがあるが、湯船の代わりに大きな甕(かめ)が一つあるのみ。これで一部屋8,000ウォンであったという。(p.86) 「そんな、べらぼうな・・・、ぼったくりじゃないか !」と言いたくなるくらい、湯浅氏らが泊まった宿は酷かった。とにかく、こうした宿には用心が必要だ。例えば、夜になって寝ようとしたとき、明かりを消したら恐ろしい虫が現れてきたり、と様々な恐怖が待っている。

  朝鮮のホテルには、お化け屋敷にも劣らないビックリ仰天のサプライズがいっぱいだ。例えば、西橋洞にある第一ホテルでの出来事は恐ろしかった。湯浅氏は宿泊したホテルで布団を使うべく、従業員に「布団を貸してくれ」と頼んだそうだ。すると、従業員は「わかりました」と答え、しばらくすると部屋に持ってきてくれたそうである。ところが、湯浅氏が布団を床に敷くと、この布団が矢鱈と臭かった。何と、この布団にはウンコが附いていたのだ !! ギャャ〜ア〜 !! 湯浅氏は堪らずこの布団を畳み、即座に従業員を呼びつけた。湯浅氏と彼の仲間は「どうしたんだよ」と全員で例の「ウンコ」を指さした。というのも、全員で指摘しないと朝鮮人は理解しないからだ。もう、一々面倒くさいのが朝鮮人である。 詰問された従業員は「う〜ん」と言って困っていたが、とりあえず直ぐに取り換えてくれたので良かった。あまりにも生々しいので述べたくないが、湯浅氏によると、このウンコは親指くらいの大きさで、ベチョっと附いていたという。(p.329) こんな話を聞くと、悪夢にうなされそうだ。

朝鮮にある「味わい深い喫茶店」


Korea 036Korea 042


(左 : 伝統を重んずる朝鮮人 / 右 : 現代の自由な朝鮮人)

  1970年代の南鮮でも、一応喫茶店くらいはあったそうだが、「日本と同じかなぁ」と思ってはならない。文明国「コリア」のコーヒーは格別である。ある日、湯浅氏らが駅前の茶房に入って、コーヒーを注文したそうだ。ところが、運ばれてきたコップには溶けきらぬインスタント・コーヒーとミルクの粉が浮いており、これまた適当にぬるい。湯浅氏らは我慢して飲んだそうだが、朝鮮での出来事だから、一々目くじらを建てても無駄なんだろう。

  その後、彼らが駅前の休憩所でジュースを飲んでいると、ETのキャラクター附ベルトを締めた少年(6歳くらい)がやって来て、湯浅氏が食べているパンや菓子を無心してきた。この少年、ニコニコとした笑顔を見せるが、その服は埃(ほこり)まみれ。しかも、洟垂(はなた)れ小僧らしく、テーブルにジュルジュルと鼻汁が垂れてくる。「おい、こらっ !」と叱りたくなるが、貧乏鮮人の子供じゃ仕方がない。湯浅氏はパンとカッパエピせんを呉れてやったという。少年は優しくされて嬉しかったのか、湯浅氏に馴れ馴れしくなり、寄りかかったり、手を引っ張ったりしたという。だが、その手は真っ黒だった。(p.88) ホント、「我慢」の修行をしたい人は朝鮮に行くべきだ。

  意外や意外、1980年代の朝鮮人もコーヒーにはうるさかった。麗水という漁村を散策中、湯浅氏ら一行は「ブラック&ホワイト」という名の喫茶店に入ったそうだ。彼らが席に就いてメニューを見ると、色々な種類のコーヒーが載っており、「ブルーマウンテン」とか「キリマンジャロ」、「モカ」と書いてあった。普通の店では「コッピ(インスタント・コーヒー)」と「ホンチャ(紅茶)」しかないのに、この喫茶店では様々な種類があるんだから凄い。当時の南鮮では、ソウルにある大きなホテルでないと、こんな贅沢は味わえなかったそうである。しかし、湯浅氏には合点が行かなかった。彼は「なんで、こんな漁村の喫茶店で・・・」と不審に思ったそうだ。

  ともかく、湯浅氏一行は、それぞれ「俺はキリマンジャロ」、「じゃ、俺はブルーマウンテン」と給仕に頼んだそうである。すると、注文を受けた朝鮮人のボーイは、レジにいる店主の方へ向かい、二人でゴニョゴニョと相談していた。少しすると、「喫茶店のマスター」と思われる男は、カウンターの中に入り、注文されたコーヒーの準備に取りかかった。湯浅氏達は「コーヒーの豆でも挽いているのかなぁ・・・」と思いつつ、しばしの間待つことにした。そして、ようやく注文したコーヒーが運ばれてきたのだが、一口飲んでみると、何てことはない只のインスタント・コーヒー。説明するまでもなく、即席コーヒーの粉をコップに入れて、お湯を注いだだけの代物ときている。「なんだよぉ〜」と愚痴をこぼしたくなるじゃないか。

  なるほど、店のメニューには色々な銘柄が書いてある。だが、その種類とはインスタント・コーヒーの「銘柄」で、サイフォンもドリップも関係ない、只の粉コーヒー。つまり、店のオヤジが粉コーヒーのメーカーを「豆の種類」にすり替え、勝手に粉を調合して「キリマンジャロ」とか「モカ」と称していたのだ。(p.299) 湯浅氏の推測によれば、この“創作コーヒー”の中身は「マックスウェルの粉コーヒーが3割で、ネスカフェの粉が7割」といった“混合物”である。店のオヤジは配合の仕方で様々な「ブレンド・コーヒー」を作ったつもりなのだが、飲んでみると、どれも同じで、単なるお湯で割ったインスタント・コーヒーに過ぎない。さすが、朝鮮人 ! やることが違う ! ただし、「This Is Korea !」と喜べないところが、これまた朝鮮らしい。

  朝鮮では喫茶店ばかりが“香ばしい”場所ではない。湯浅氏らは清州(チョンジュ)に赴き、動物を売っている店を訪れた。しかし、そこは「ペット・ショップ」という名称とは程遠い場所であった。外の路地には金網のカゴがいくつも積み重なっており、その中には痩せこけた動物が詰め込まれていた。生後1~2ヶ月ほどの犬は、荒縄で杭に繋がれており、可哀想という感情しか湧いてこない。まるで、食肉市場だ。しかも、こうした「ペット・ショップ」は動物の鳴き声でけたたましく、インコやニワトリも“取り揃えている”から、店からは異臭がプンプン漂ってくる。また、「商品」を展示する檻が酷い。こうしたケージは金網なので、上の猫が大便をすると、床から素通りとなり、下に居る猫の頭に落ちたりする。その他、20匹ほどのウサギが詰め込まれたケージを覗くと、その中から仔犬がひょっこり顔を現す。店の主人は種類に関係なく、「ペット」を売っているようだ。(p.199.) ちなみに、朝鮮では犬を滅多打ちにしてから殺し、その肉をバーベキューにしたり、鍋で煮込んだり、と調理方法も様々だ。朝鮮人の中には、犬の頭を焼酎に漬けて、その酒を「精力剤」として飲用する人もいるらしい。

ギョっとするコリア体験

Korean prostitutes 2Korean prostitutes 4


(左 : 南鮮の風俗街 / 右 : 引退した朝鮮の元売春婦)

  『ディープ・コリア』には、湯浅氏一行の体験談ばかりではなく、別の日本人が遭遇した出来事も紹介されている。例えば、漫画家でAV男優の平口広美は、南鮮へ風俗取材に出かけたとき、ポン引きのババアに出逢ったそうだ。彼はこの鮮人老婆に身を任せ、その案内に従って路地を歩くと、地元の漁師が“馴染み”とする売春宿に辿り着いた。でも、朝鮮での風俗業だから、何か揉め事が起こるのはいつものこと。ババアが彼に「いい娘だよ」と斡旋する娼婦だが、その顔をよく見ると、丸眼鏡をかけた出っ歯のブス。セックスアピールというものが全く無く、マグロ同然だったという。しかも、この鮮人娼婦ときたら最悪で、客の要求を厭がるくせに、何かと言えば金(カネ)、カネ、カネの一点張り。平口氏は「ふざけんなよ!」と激怒。しかし、長時間の「ふっかけ」と「値切り」に疲れた彼は、「発射」せぬまま売春宿を後にする。

  ところが、朝鮮劇場はここで幕引きとならない。平口氏が売春宿を後にしようとすると、母屋の方から、主人とおぼしき親爺が怒鳴り声を上げていた。そこで、平口氏が何気なく中を覗くと、その主人には臍(へそ)から下が無い。彼はあたかも象印ポットのように床に置かれていたのだ。(p.276) まるで、映画の『13日の金曜日』か『キャリー』みたいなラスト・シーンだけど、朝鮮人にはタフな人が多い。体が半分でも、口だけは一人前(いっちょまえ)だ。日本のお化け屋敷よりも、朝鮮の売春宿の方が怖かったなんて、江戸川乱歩の小説よりも斬新だ。

  朝鮮の仰天エピソードを語り出すとキリが無い。帰化鮮人は朝鮮の過去をバラされると、ムカムカと怒り出すが、怒りの矛先は日本人じゃなく、日本に住み着き離れようとしなかった祖父母に向けるべきだ。日本で生まれ育つから恥ずかしい思いをするのであって、祖国の朝鮮で育てば、どんなに惨めな歴史であっても苦にならない。周りが朝鮮人だらけなんだから、みんなで「昔は大変だったね」で済む話だ。先進国の日本で暮らすというのは、良いことばかりではない。在日鮮人や帰化鮮人の多くは日本人を憎んでいるけど、本当に酷いことをしたのは、出稼ぎ目的で日本に潜り込み、戦後になっても故郷に帰らなかった在日1世のジジイやババアである。帰化鮮人は日本人による差別を糾弾するが、迷惑を被っているのは日本人の方だ。朝鮮人は日本人女性の子宮に精子を注入し、朝鮮人の遺伝子をまき散らしている。つまり、日本人は朝鮮人と性交することで、日系人の数を減らし、朝鮮人は日本人と交わることで混血児を増やしていのだ。

  恐ろしい結果なんだけど、朝鮮人は着実に日本で子孫を増やしている。やがて、朝鮮系が総人口の2割を超え、3割、4割と増えて行くだろう。さらに、こうした混血児に支那人とかフィリピン人が混ざるから、日本は確実にアジアの一部となる。地理的には日本列島と朝鮮半島は海で隔離されているが、遺伝子的には「陸続き」となっている。日本の保守派知識人は、南鮮が北鮮化したことで「あちらも大変だねぇ〜」とせせら笑っているが、彼らは日本が朝鮮人の植民地になったことに気づいていない。「このままだと韓国は没落しますね」と評している保守派は、日本人の肉体的変質を自分の目で確かめてみるべきだ。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68778824.html

17. 中川隆[-8475] koaQ7Jey 2019年9月08日 00:16:17 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4299] 報告

 韓国は日本に戦争を仕掛けそうな雰囲気 2019年09月07日


最下層の白丁階級は、街頭で両班階級に殺害されても文句一つ言えない奴隷身分であった。両班階級の若者は、町中で、下級階級の娘たちを強姦し放題であった。これが現在に至る韓国の強姦天国社会をもたらしている。

 「韓国人は夢に生きる人々」

 と言われるのは李朝社会以来のことで、朝鮮民族の基本的な価値観が、儒教から来ている「見栄とメンツ」観念に支配されていて、いつでも自分たちを尊大・過大評価し、「自分たちは優れている」という妄想を心の支えにして、他人を見下し続けてきたことの反映である。

 このあたりの発想は、韓国を嫌悪し続ける日本の右翼とも共通したもので、いわば「同族相哀れむ」とか、同じ欠点を共有する者への骨肉の争いに類するものである。
 右翼が韓国人を嫌う本当の理由は、その本質が似ているからである。

 日韓問題の本質も、韓国人が、「自分たちが日本人よりも優れている」との根拠のない強固な自尊心を守ろうとして、さまざまのウソを捏造し、求めるべき価値を見失っていることから起きているのであって、韓国民族の内部で肥大した自尊心によって創造された妄想の真偽を追求する思想運動が起きなければ、このまま愚かな韓日戦争に向かって突っ走ってゆくのではないかとさえ思わせる。

 朝鮮・韓国社会での最大価値は、自分が厳格な階級差別の上位に位置できるかというもので、他人を蹴落として、自分が差別の序列の上位にいるという自己満足を得ることに生涯の努力を費やす人生観なのである。

 北朝鮮では、現在でも人々を51階級に分類して、明確な差別社会を作っている。韓国では見かけの上で、階級差別はないように思えるが、実は、昔の両班・良民・中民・白丁という階級差別が、今では学歴や、財閥企業内の地位に置き替わったにすぎない。
 https://globalethics.wordpress.com/2014/03/21/%EF%BC%88%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%82%92%E9%80%83%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BA%BA%E3%80%85%EF%BC%9A%EF%BC%93%EF%BC%89%EF%BC%95%EF%BC%91%E3%81%AE%E9%9A%8E%E7%B4%9A%E3%80%80%E3%80%8C%E5%87%BA%E8%BA%AB/

 岸信介や槇枝元文らが、1960〜70年前後に、「北朝鮮帰還事業」というのを推進して、10万人の在日朝鮮人を「希望に満ちた社会主義の国」北朝鮮に送ったのだが、たどり着いた祖国=差別の帝国は、まさに地獄であった。
 在日帰還者は人間扱いされず、耕運機がわりの労働力として奴隷のように使役され、不満を漏らした者は片っ端から強制収容所に送り込まれて殺されていった。
 https://biz-journal.jp/2019/02/post_26842.html

 韓国でも本質的に同じ差別体制があって、祖国韓国に帰還した在日者は、激しく差別され、見下され続けた。
 1950〜1980年代に韓国に帰還した多くの在日青年が、根拠のないスパイ容疑をかけられ、死刑にされた者も多かった。
 当時の韓国は、保導連盟事件に見られるように、朴正熙政権によって、反体制派に対する凄まじい弾圧があって、400万人を超える人々が殺戮されたといわれている。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%B0%8E%E9%80%A3%E7%9B%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 韓国・北朝鮮は、権力という虚構を愛し、人を愛さない国である。優しさのない国といってもいい。そして、歴史の真実を歪曲し、自分たちの優越妄想だけにしがみついて、他人を攻撃することだけに生涯を捧げ、ときには抗議自殺までしてみせる。
 かの国には「優しさ」という価値が、どこにも見当たらない……。

 一方で、在日朝鮮・韓国人は「夢追い人」の真価を見事に発揮し、戦後日本社会に溶け込んで光輝くスターであり続けた。
 私の子供の頃、朝鮮・韓国人は、今のネトウヨが口に出すように「チョン公」などと蔑まれ、銀行や上場企業などは絶対に雇わず、一般的な就職口を閉ざされていたが、一方で、土建業界・パチンコ業界・プロスポーツ界・芸能界・暴力団だけは、実力で這い上がってゆける社会であって、これらの業界の主役は、今でも在日者ばかりである。

 私の子供の頃からの大スターといえば、力道山・大山枡達・大木金太郎・金田正一・張本勲・都はるみ・和田アキ子らで、彼らを排除したなら、戦後芸能スポーツ格闘文化そのものが成立しないほどである。
 土建・暴力団業界だって、例えば山口組は篠田組長以外の大半の幹部が在日者で、稲川会も同じ、政界だって、隠されているだけで、祖父・両親世代が養子縁組などで氏姓が変わった者の多くが在日者である。(小泉家)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

 彼らは、与えられた職業以外では生きて行く道がないから、必死になって戦い抜き、多くが社会の勝ち組に君臨している。
 共通しているのは、「一所懸命思想」であり、これはツングース系民族の特徴であって、拠点を作って守り抜き、何事にも全力で必死になって立ち向かうのである。
 こうした思想性は、江戸期に徳川幕府によって導入された朱子学(儒教)にも共通している。

 儒教思想を背景にした特異な民族性が成立した事情は、おそらく南北朝時代に成立した李氏朝鮮王朝=李成桂の導入した儒教(朱子学)の思想体系によるものだろうと思う。
 李氏朝鮮の特性を一言でいい表すなら、たぶん「差別社会」になるだろう。

 李氏身分制度は、世界でもカーストよりも苛酷な身分制度である。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E8%BA%AB%E5%88%86%E5%88%B6%E5%BA%A6

 最下層の白丁階級は、街頭で両班階級に殺害されても文句一つ言えない奴隷身分であった。両班階級の若者は、町中で、下級階級の娘たちを強姦し放題であった。これが現在に至る韓国の強姦天国社会をもたらしている。
 こうした極端な身分差別制度は、1910年の朝鮮併合から、総督府(日本)によって禁止されたが、日本が統治を離れたら、再び、昔の差別秩序が復活しているともいわれる。

 「白丁」は律令制における身分の一種で、日本では「無官の人」を意味するのだが、李氏朝鮮では、「奴隷」を意味する言葉になった。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%B8%81

 それは、諸説あるが、濊族(エベンキ)の不潔で残酷な習慣から、強烈な差別意識が始まったともいわれる。最初に差別の対象になったのが濊族であったといわれている。
 彼らは、唐の文化的影響を受けた女真族に比べて、あまりにも残酷で文化的洗練に欠けていたのだ。
 しかし、非常に戦闘力に長けていたので、やがて李氏の武家階級に昇る者も多かった。

 2000年以上前に、高句麗(満州南部)の周辺には、ツングース語系騎馬民族がたくさんいたのだが、高句麗の北側には鮮卑・扶余の女真族がいて、高句麗や南下して百済を作った。
 やがて百済は強大化し、それ以前までの馬韓・辰韓を滅ぼした。

 これは現在のキルギスタン地方にあった弓月という国から移動してきた民族のように思われ、やがて、日本人の源流にもなっている。
 なお、韓という語は、ツングース語における汗=王を意味している。
 これが「失われたユダヤ十支族のうちエフライム族」と指摘する人もいる。

 ツングースは、先祖地や先祖の著名な王を名字にする習慣があるので、女真族の名字は、先祖地の「弓月」であったり、先祖である秦の始皇帝から「秦=ハタ」という氏姓を使用した。
 日本書紀に、弓月氏(秦氏)が大量に日本列島に移民した記事がある。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E6%9C%88%E5%90%9B

 高句麗の東側には、濊・渤海といった地域に、ツングース語系のエベンキ族(オロチョン族を含む)がいて、この民族は、完全な狩猟漁撈民族で、とても残酷だったとの記録が残っている。
 この濊人が、奈良時代までに、朝鮮半島西部に移動し、唐の支援を受けて高麗・新羅などの国を事実上乗っ取ったように思われる。現代韓国人は、この濊族=エベンキ族の末裔であるとのDNA上・民俗学上の証拠がある。
 http://check.weblog.to/archives/4051080.html

 鎌倉時代の元寇では、主役は元帝国の役人に指揮された高麗人(濊族)であり、対馬住民や福岡沿岸住民に対する凄まじいまでの残酷な攻撃が記録されている。
 また渡島アイヌのユーカラにも、エベンキ=オロチョンが襲撃してくる残酷な記録が口伝で残されていた。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87

 私は、現代韓国人に「優しさ」という価値観が大切にされない事情の背景に、エベンキ族の民族性があるのではと疑っている。

 三韓のうちの馬韓・辰韓は百済に吸収されたが、弁韓は、私見ではあるが倭の一部だったと考えている。 
 辰韓は「秦の始皇帝の末裔」であるとの伝承をもっていた。これが秦河勝ら秦氏の源流民族であると考えて間違いないと思う。

 馬韓・辰韓を引き継いだ百済王国は、武寧王の時代に、国ぐるみ日本列島に引っ越して大和朝廷を成立させたというのが、私の推理である。
 記録がないのは、藤原の不比等や天武天皇が、百済の痕跡を消すための焚書を行ったからと考えている。

 残念ながら、韓国人が主張するように、日本人は韓国人の末裔ではない。辰韓の秦氏は間違いなく日本騎馬民族の源流に位置しているが、その血筋は、高句麗女真族であり、現代韓国人のようなエベンキ族末裔とは異なる。
 韓国人と日本人は、明らかに民族が異なっていて、その大きな特徴は、韓国人に日本人のような「優しさ」が欠けていることだ。

 韓国人は、日本人を上から目線で見下し、「自分たちの方が、すべてにおいて上なのに、なんでも日本が優位にある」という現実が断じて許せないのである。
 この民族的怒りを共有していることが、「反日姿勢」の根底にある。だから、歴史を捏造してまでも、自分たちの優位性を主張し続け、日本人による過ちを千年前に遡ってでも糾弾し続けるのだ。

 こうした反日洗脳は、我々の想像をはるかに超えて強固なものになっていて、韓国民の多くが「日本に戦争を仕掛けて韓国の優位性を思い知らせる」という決意に固まっているとさえいわれる。

 良心的な韓国人青年であるウオーク君のコンテンツによれば、韓国では、東京を爆撃するための軍備を昨年から推進しているそうだ。
 https://www.youtube.com/watch?v=bP7oITneaFY

 これには私もびっくりしたが、彼はネトウヨや右翼系の反韓勢力ではなく、内容を聞いていれば、理路整然とした信頼性の高いコンテンツを発表し続けていて、とても参考になる。

 こんなに反日に凝り固まって、軍事攻勢の準備まで行い、しかも全韓国の半数以上が、対日宣戦布告に賛成しているようでは、残念ながら、軍事衝突にまで発展するしかないだろう。

 日本人は、メディアが、そうした反韓報道を抑制していることもあり、ウオーク君が暴露したような対日戦争準備など報道されていないから、韓日戦争は、日本人にとって青天の霹靂のように勃発するのではないだろうか?

 日本人の多くは、ネトウヨのように反韓感情は持っていないし、ましてや、韓国国民の多くが対日軍事侵攻を支持していることなど想像もしていない。
 しかし、文在寅の姿勢から考えて、自分たちの根源的な誤りを、戦争という混乱にすり替えることも十分に予想し、覚悟すべきではないだろうか?
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-862.html

18. 中川隆[-8463] koaQ7Jey 2019年9月10日 17:39:23 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4317] 報告

2019年09月10日
韓国はなぜ歴史偽造するか? 誇れる歴史がないから作るしかない

朝鮮王の正式な身分は中国の地方役人より下で、土下座で迎えなくてはならなかった。

2千年間もこうした屈辱に耐えた劣等感が、今日の韓国人をつくった


画像引用:107年後に原版で公開される朝鮮王の肖像写真 : Korea.net : The official website of the Republic of Koreahttp://japanese.korea.net/NewsFocus/Culture/view?articleId=103807

日本と朝鮮の成り立ちの違い

韓国が主張している、というより喚き散らしている歴史問題のすべてが嘘であることが知られるようになった。

韓国人は嘘つきだとか言っても仕方が無く、どうして韓国人はそのような事を言うのかの解明が重要です。

韓国を含む半島の歴史は日本や中国や欧米と決定的に違うことがあり、1948年まで一度も「国」だったことが無かった点でした。




話は日本の弥生時代に遡り、紀元前1000年頃に福岡市の海岸に数十人ほどの渡来人が上陸し、初めて水田を作りました。

彼らの出身地がどこかは不明だが、地理や技術から考えて半島南部の住人か、大陸から半島を経て九州に移住してきた。

その頃は縄文時代末期で九州北部の人口はゼロに近く、渡来人は争う事もなく定住し、縄文人ともうまくやっていたようです。


縄文人は多種雑多な人種をそう言っているだけで日本列島のすべて、台湾や半島やシベリアにも縄文人に近い人たちが住んでいた。

大陸に続いて半島と日本でも農業が始まり、人口が爆発的に増加したことで小集団はムラになり、やがてクニから国家になった。

人口でいうと縄文末期に日本列島で10万人以下だったのが弥生時代に50万人、飛鳥時代に100万人に達した。


今のような「国家」ができるには人口100万人が必要で、それより少ないと中央集権国家にはなりにくいとされている。

日本と半島の人口比は縄文時代から日本の方が多く、弥生時代には2倍、飛鳥時代には3倍の差がついていました。

日本列島は西暦500年までにヤマト国家が統一したのに対し、半島は統一国家がないまま3つか4つの国家に分裂します。

中国皇帝の永久属国だった朝鮮

半島北側はたいてい中国王朝の支配地で、南側は独立色が強いが日本の影響下にあり、海は倭寇(日本の海賊兼海軍)が支配していました。

大きな変化があったのは西暦391年頃で半島北側は高句麗、南側は新羅と百済に分割していました。

記紀によれば神功皇后は半島に出兵し、半島三国を打ち破って支配下に置き、約260年間統治しました。


半島三国は日本に従いながら大陸の唐にも臣従し、621年頃に百済・新羅・高句麗が皇帝に朝貢した記録が残されている。

朝貢とは中国の領土の部下たちが皇帝に贈り物をする行為で、朝貢した国は実際には「国」などではなく中国の自治体に過ぎない。

日本は朝貢を拒否し対等な外交であると主張したため、皇帝が激怒した事件が607年の遣隋使・小野妹子でした。


それまで日本は中国皇帝に対して、立場を明確にしない事でうまく付き合ってきたが、聖徳太子の国書には「日本の天子から中国の天子へ」と同格である事が明記されている。

この時から日本と中国は対等になり、中国の地方自治体の半島国家より遥かに格上になりました。

皇帝との問答は日清戦争で清国が亡びる1912年まで続き、現在もどちらが格上か対等かのような対立が続いている。


聖徳太子から半世紀ほど後の660年に日本の属国だった百済が唐に滅ぼされ、663年白村江の戦いで日本は半島の支配権全てを失いました。

唐が半島を統一し新羅は名目上統一国家になったが、実際には皇帝に朝貢し冊封を受け入れる「地方自治体」になりました・

冊封とは皇帝に領土を差し出して家臣になる代わりに、自治体の長として身分を認めてもらうという取り決めです。

韓国人の強烈な劣等感の源

日本と朝鮮はどちらが格上かで絶えず揉め、曖昧にしておくことで最低限の国交を保ってきました。

もし本当の事を認めてしまうと大和朝廷と中国皇帝は対等で、朝鮮王は中国の地方役人に過ぎないので、朝鮮王は日本の地方役人と同格になってしまう。

半島国家は有史以来ずっと大陸皇帝に服従していたので、独立したのは1897年ですがこれも日本帝国の「地方自治体」のような存在でした。


本当に独立したのは1948年の大韓民国だが、国名で分かるように伊藤博文が作った「大韓帝国」のコピーに過ぎません。

わが民族はずっと中国の家来でしたなんて情けない歴史は子供に教えられないので、「人類の起源は韓民族だった」ような歴史を作りました。

本当の歴史が惨めであればあるほど、輝かしい歴史を創作しなくては韓民族の偉大さを教えられないのです。


日本統治前の李氏朝鮮はアフリカ以下の世界最貧国だったが、1945年には日本以外のアジア最先端地域になっていました。

これも教えられないので「日本は酷いことをした」事にし、李氏朝鮮は日本より繁栄していたが日本が奪った事にしました。

1945年に日本から独立したらすぐ北と南が戦争を始め、朝鮮半島は焦土になり再び世界最貧国に落ちぶれた。


この時救ってくれたのがまた日本だったのだが、これも子供に教えられないので「日本の妨害を跳ね除けて経済発展した」と教えています。

結局有史以来本当の半島には、子供に教えられるような歴史がひとつも無いので、嘘を作らないと歴史が無いのです。

李氏朝鮮以前の半島では中国皇帝の家臣だったので、中国の歴史を韓国の歴史として教えていました。


日本や中国には最初の国ができた時から国書として歴史があるが、韓国には無いので「輝かしい歴史」を作ろうとします。

ところが実際には惨めて子供に話せないような歴史しかないから、なんでもねつ造に走ります。

ここに韓国人や半島人の強烈な劣等感の源があり、日本人や中国人には理解できない心情です。
http://www.thutmosev.com/archives/80922162.html

19. 中川隆[-8446] koaQ7Jey 2019年9月13日 09:00:50 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4339] 報告

 韓国人が1950年代以降、受け続けている歴史教育を概括的にいうと、

 【李朝以降、朝鮮には「大韓帝国」という立派な独立国家があって、善政が敷かれ、国民は豊かな生活を謳歌していた。

 その素晴らしい国に、19世紀末に、突然、日本人がやってきて軍事力で朝鮮を占領し、文明を破壊し、資源を略奪し、植民地に変えた結果、朝鮮民衆は、幸せな生活を壊され、日本人の奴隷としての塗炭の苦しみに追い込まれた。

 朝鮮は、古代から優れた民族で、文化的にも高く、日本人に文字をはじめ文明を授けた。】

 というところで、こうした歴史観を、5歳くらいから、「パブロフの犬」のように、繰り返し繰り返し、教育によって洗脳され続けるのである。
 これでは、半数以上の韓国人が、「日本を懲らしめる」と、反日姿勢に凝り固まるのも当然だろう。

 https://news.livedoor.com/article/detail/12846317/

 https://ncode.syosetu.com/n4357cw/73/

 実際のところは、どうか?

 日清戦争の勝利を受けた下関条約で、それまで清の冊封体制隷属国であったのを、日本の介入によって独立させたのが大韓帝国で、李氏の血統を残して、日本皇室の血を入れるため、梨本宮方子が李垠=李朝27代=大韓帝国初代に政治的に嫁がされた。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%96%B9%E5%AD%90

 18世紀の韓国は、ソウルでさえ、トイレのない家が大半で、道端がトイレ代わりになり悪臭に満ちていた。つまり、公共インフラらしき道路も上下水道もほぼ存在しなかった。およそ、文明国とはいえない現状はイザベラ・バードの探訪記にも詳しく書かれている。
 https://www.youtube.com/watch?v=iWk3YmWQL5w

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%B4%80%E8%A1%8C

 為政者の両班階級は、とても残酷が好きで、激しい階級差別と奴隷制度があった。両班と手先は底辺の民衆を捕らえては拷問にかけ殺害したり強姦したりが日常茶飯だった。
 https://hinode.8718.jp/photo_korea_torture.html

 李朝は、見栄ばかりで無能な官僚によって自滅し、欧米が植民地にするために虎視眈々と侵攻を準備している現実を知り、日本政府は慌てて朝鮮を自国領とする工作を開始した。
 それまで、文明らしい文明の存在しなかった朝鮮社会に、短期間で近代文明のインフラを構築し、李朝下の奴隷制度や、「試し腹」といわれる近親相姦を禁止した。
 https://leisurego.jp/archives/236281

 日本が朝鮮社会を近代化したのは紛れもない事実である。その結果、わずか30年で、ソウルは見違えるような近代都市になり、世界のあらゆる文明都市と比肩しても見劣りしないまでになった。
 https://www.youtube.com/watch?v=RMe07oF02Fg

 https://www.youtube.com/watch?v=iWk3YmWQL5w

 20世紀初頭、大韓帝国には小学校が40校しかなかったが、1940年代には1000校を超えている。
 http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htm

 この結果、大半の朝鮮人は、日本人に対して、台湾と同様に、近代文明をもたらした日本に対し、強い好感を抱いていて、反日思想はほとんど存在しなかったともいえる。
 この時代、1920〜30年代は、朝鮮の被差別下層大衆にとっては、日本社会は憧れの別天地であり、賃金が日本人の半分であっても、年間5万人もの人々が我先に日本に移住しようとした。
 徴用工・慰安婦問題には、こうした背景がある。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E5%BE%B4%E7%94%A8

 しかし、日本が世界を相手に第二次世界大戦に突入すると、様相が一変し、1944年からは、徴兵代替としての強制徴用が開始される。
 戦争中の朝鮮民衆に対する扱いは、日本人でさえ450万人もの犠牲者が出たことから類推できよう。

 日本人は一等国民、朝鮮・台湾人は二等国民と区分され、日本人は生活を追い詰められるほどに朝鮮人を敵視し、友好的な姿勢を失っていった。
 こうした差別姿勢は、私の子供時代、1950・60年代ですら「チョンコロ・チャンコロ」などの差別用語が残るほど顕著であった。

 すでに何度か書いたが、在日者は激しく差別され、まともな就職口はなく、唯一、プロスポーツ、芸能界、土建業界、ヤクザ社会、博打や歓楽街などの享楽業種のみに従事するしか生きてゆく手段がなかった。
 日本社会を熱狂させた、戦後、芸能界、プロスポーツ界のスーパースターの大半が在日者であった。
 力道山(金信洛)はもちろんだが、月光仮面のモデルも、原作者によれば大山倍達(崔永宜)だったそうだ。
 芸能界に至っては、今でも圧倒的な在日者の世界である。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

 当時の朝鮮・韓国人に対する差別の風潮を、私は、大阪西成区に類似した名古屋市中村区で、幼い頃から見聞きし続けた。
 同級生にはパチンコ産業開拓者であった正村の娘がいたし、歓楽街の頂点だった大門という赤線地帯を支配していたのは、大半が在日系ヤクザであり、同級生にも必ずたくさんの在日者がいた。
 彼らが、一様に在日者特有の差別を受けていた事実を私は目撃し続けた。
 だから、事情を知らない軽薄なネトウヨが、「在日差別は存在しなかった」などと主張するのには、怒りと軽蔑以外の印象はない。

 だが、韓国本土の日本敵視は、李承晩時代から激しさを増した。
 それは、おそらく、戦時中の強制徴用労働者に対する人権無視の奴隷扱いに対する怒りが根底にあったのは間違いない。
 日本人が韓国人と同等の待遇だったというのは、真っ赤なウソである。それは、例えば松代の天皇防空壕問題や雨竜ダム問題、など全国各地で、朝鮮人に対する虐待や虐殺があり、私の若い頃は、それを直接目撃した人もたくさん生きていて、証言している。

 https://www.christiantoday.co.jp/articles/23704/20170503/matsushiro-daihonei.htm

 https://toyokeizai.net/articles/-/185509

 http://eigyou.korea-np.co.jp/j-2008/06/0806j0121-00001.htm

 https://johonage.exblog.jp/13655715/

 これほどの国ぐるみの憎悪を引き起こすほど、戦時中の朝鮮人に対する扱いは苛酷だった。
 「日本人と同等だった」と主張する者は、「日本人は偉大な民族だ」と勘違いしているネトウヨばかりで、実態をカケラも知らない者ばかりである。
 だいたい、今でもネトウヨが「チョン」という蔑称を多用している現実から歴史に向き合ってみたらいい。
 
 しかし、一方で、韓国人による大韓民国発足後の歴史歪曲も甚だしいものがある。
 冒頭に紹介したように、「大韓帝国は素晴らしい国で、文化も高く人々が幸福な生活を送っていたのを日本人がやってきて、ぶち壊した」という主張も、ひどいウソであることは、上の方にリンクしたイザベラバードの紀行文を見れば一目瞭然だ。

 李朝も大韓帝国も文化的に極めて素養の高い国で、日本人に文明を教えた。
 古代でも、百済は王仁という博士を日本に派遣し、言語や、あらゆる文化を教授した。 https://www.shoai.ne.jp/hirakata-s/minwa/f151001/f151001.html

http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-867.html

20. 中川隆[-11007] koaQ7Jey 2019年10月08日 10:02:12 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1826] 報告

2019年10月07日
韓国のことわざで知る韓国人の精神世界 泣く子は餅を貰える

韓国人は日韓が兄弟と言いたがるが「弟の死は肥やし」という諺がある


画像引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-1c-80/x1konno/folder/1132244/37/37009537/img_4?1348059988

諺を知ると韓国を理解できる?

韓国には「川に落ちた犬はたたけ」という諺(ことわざ)があり、落ちた犬は権力を失った権力者を指している。

韓国は1500年間に渡って中国皇帝に臣従し、朝鮮王も皇帝が任命し王朝の代替わりで権力が激変した。

韓国は日本のような封建国家ではなく中央集権国家だったので、中央の権力者が代わると下々の権力者も変わる。




現代では特に大統領の権限が大きく、これは李氏朝鮮の朝鮮王や日本統治時代の朝鮮総督から来ている。

絶対王政を敷いていた朝鮮を統治するには朝鮮総督は絶対権力者でなくてはならず、強大な権限を持っていた。

現在の韓国政府は朝鮮総督府の機構をそのまま受け継いだので、大統領は朝鮮総督と同じく強大な権限を持っている。


韓国には李氏朝鮮から伝わる面白い諺が多く、韓国人の精神世界を良く表しているので並べてみたい。

「泣く子は餅を一つ余計にもらえる」、ごね得という事で韓国があらゆる国際会議や日本との交渉でゴネるのは1500年の伝統からでした。

「飢えた犬は打たれてもうれしがる」、犬関係が多く、腹を減らしたら何でも嬉しいという良く分からない諺。


「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ」、他人の不幸は嬉しいという心情を表している。

「他人の家の火事見物をしない君子はいない」、同様に他人の不幸は嬉しいシリーズ

「弟の死は肥やし」 「母親を売って友達を買う」韓国人にとって家族とはこのような存在らしいです。


「営門で頬を打たれ、家に帰って女房をたたく」「女は三日たたかないと狐になる」、妻に当たるような諺が多い

蛇の頭より龍の尻尾になりたがる韓国人

「他人に背かれる前に自分から背く」、裏切られる前に裏切ってやるという先手必勝

「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける」、犬はいつもこんな役回りで最後に食べられてしまう

韓国の諺とされているが実際には無いのは「嘘も百回言えば真実になる」などで、日常生活に関係する描写が含まれていない。


諺は多くの人が共感して代々受け継がれていくので、共感する要素がなければ次の世代に伝わらない。

良い諺も(たまに)あり「小さいトウガラシは辛い」、人は見かけによらないとか小さくても凄いという意味

「行く言葉が美しければくる言葉も美しい」、自分が敬意をもって相手に接すれば相手も自分に敬意を払うという諺で、韓国人はこれを壁に貼って復唱したほうが良いでしょう


「始めれば半分終わり」韓国人はなんでも最初威勢が良いが続かないので有名で、竜頭蛇尾に終わりやすい

「歳月が薬」、時間が経てば問題は解決するという諺で、韓国人はこれも壁に貼った方が良い

「一つ笑うと若返り、ひとつ怒ると老いる」、常に怒っているのでかなり老けている筈です


「龍の尻尾になるより、蛇の頭の方が良い」、実際の李氏朝鮮や韓国はずっと「竜のしっぽ」指向で、今もサムスンに入社するか公務員になるのが若者の夢です。

日本の諺は仏教から来たような道徳心を説くものが多いが、韓国や朝鮮では他人を欺くものが多い。

家族への冷たさが目を引き、親や兄弟を犠牲にして自分が利益を得るパターンも見受けられる。
http://www.thutmosev.com/archives/81162769.html

21. 中川隆[-10514] koaQ7Jey 2019年10月28日 15:54:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2359] 報告
【緊急特番!「おおきなわ」#93】
脱北青年が出演!韓国で反文在寅デモに立ち上がった理由を激白[桜R1-10-27] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2_yuyBAZQDE


司会:我那覇真子(「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員・チャンネル桜沖縄支局キャスター)

ゲスト:
 篠原常一郎(ジャーナリスト)
 サイ・ランケン(脱北者)

22. 中川隆[-11252] koaQ7Jey 2019年11月03日 12:03:41 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1642] 報告


東海アマブログ 儒教国は見栄とメンツだけで成立している。中身は空っぽ、本当に何もない…… 2019年11月01日
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-922.html

 世界の儒教国は、創始国である中国を中核に、朝鮮(韓国)・日本・ベトナムであるといわれる。厳密にい言えば、儒教文化の影響は、さらに周辺国であるモンゴルや、インドシナ半島にまで広がっているのだが、それらには、共通した文化と価値観がある。

 これらの国の価値観は、「権力の体裁」を第一義に掲げる。中身なんか、どうでもいいから、まずは格好をつけるので、儒教国では「門」を大切にする。これは、訪問者に対して、国家のコケオドシを示す関門である。

 北京天安門・南京中華門・ソウル南大門・ハノイ東河門、沖縄の守礼門も琉球王国が冊封国家だった時代の名残だ。

 日本でも、たくさんの門文化が残されている。広義の意味では、浅草寺の宝蔵門もそうだし、皇居の大手門、桜田門なんかも同じだ。

 日本全国、少しでも「格式」を重んじる施設や役宅には、必ず立派な門を作ることになっている。

 これは、江戸時代初期に家康によって儒教朱子学が導入され、国家権力への服従を洗脳するために全国に広められたことで、「門の文化」が拡大したのだ。

 外国で、この種の儒教文化に似た門といえば、フランス・イタリアの凱旋門くらいで、他の諸国では、ほとんど見かけない。
 エトアール凱旋門は、ナポレオンがローマ帝国の復活を夢見て、その権威を模倣して作らせたものだ。

 ローマ帝国では、他国を侵略して領土を拡張する戦争に勝利することを権威づけるために、たくさんの凱旋門を建設した。
 侵略と領土拡張が国是だった時代の産物である。これも、儒教国と同じで「国家の威信=コケオドシ」を見物人に思い知らせるための仕掛けにすぎない。

 こうした独裁国家の権力者は、自分にどれくらい権力が集中しているかを見せたがるので、中央集権的な発想が、都市の文化にちりばめられるのだ。

 この種の古代中央集権都市の場合、必ず、王宮から放射状に地方に向かう道が作られ、「すべての道はパリに通ず=ローマに通ず」といった、いわば蜘蛛の巣に似た、都市空間としては、合理性に欠けた使いにくい市街地道路が成立するのが特徴である。

以下はパリ中心部
 
kodaitosi1.jpg

ローマ中心部
 kodaitosi2.jpg


 秦は BC200年代に成立した統一中華王朝だが、全国制覇のための巨大インフラ=馳道も、中央集権国家の特徴としての蜘蛛の巣道路になっている。
 kodaitosi3.jpg


 これは現代のソウル地図だが、古代のパリ・ローマ・秦の都市道路と実に似ている。市街地も統一性がなく、乱雑で分かりにくく、ネットで検索しても、良い古代地図が出てこない。おそらく記録文化も未熟だったのだろう。
 
kodaitosi8.jpg

これに対して、中央集権思想ではなかった古代都市、例えば、京都=平安京はどうか?

 kodaitosi5.jpg

 以下は古代奈良=平城京の地図
 
kodaitosi6.jpg


 実に合理的な、使いやすい道路で、方向さえ間違えず、距離感覚があれば、誰でも間違えずに市街地を自由に通行することができるという点で、パリやローマ、ソウルとはエライ違いだ。

 こんな分かりやすい都市の生産性が、蜘蛛の巣都市に比べて、どれくらい高いか、誰でも容易に想像することができるだろう。

 権力の見栄とメンツを全面に押し出した儒教思想の都市は、実に使いにくそうだが、民衆の幸福を前提に考えられた仏教思想の都市は、まるで正反対に使いやすそうだ。

 平安京・平城京は、1400年くらい前に作られているが、もう、この頃から、「日本の日本らしさ」が成立していて、現代に繋がっていると考えるべきだ。

 このモデルがあったから、日本中の都市も、碁盤型の使いやすい市街地になっている場合が多い。

 以下は、茶人武将、金森長近が建設した高山市の旧市街図
 京都市街地構成の影響を強く受けている。この種の使いやすい古都市は、ほとんど現代に至っても繁栄が継続している。
 
 kodaitosi7.jpg

 だいたい、古代都市の市街地設計思想を見れば、その国家の行く末まで想像がつくのだが、ここでは、儒教を国是に選んだ朝鮮半島では、こうした見栄とメンツしかない中央集権思想の行き着く先として、悲劇的な事態がたくさん生まれている。
 その最大のものが、南北分断で、名曲イムジン河に歌われている通りなのだが、フォークルがこの素晴らしい歌を紹介しようとしたら、在日韓国人が、さんざん儒教的イチャモンをつけて、結局、長い間、お蔵入りになってしまった。
 https://www.youtube.com/watch?v=1-eJDL3zLCQ

 実は、私が今日、どうしても書きたかったことは、以下の問題である。

 韓国古里原発1号機、廃炉は決まったけれど解体技術・設備・廃棄物処理場はなかった (朝鮮日報)
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/31/2019103180083.html

 まあ、簡単にいえば、儒教国らしく、「国家の見栄とメンツ」に執着するあまり、「トイレなきマンション」を建設してしまい、ウンコを処理する場所がなくて困っているという問題を、とうとう、これまで隠し続けてきた朝鮮日報が記事にするようになった。

 「解体技術・廃棄物処理施設や技術がない」どころの騒ぎではない。韓国の原発は、我々の想像を超えた恐ろしい欠陥に満ちていて、崩落したソウル聖水大橋や三豊デパートと、まるで同じ、手抜きと、技術不足、劣化のカタマリであって、いつフクイチのような巨大放射能事故を起こすか分からない。
 むしろ時間の問題というべきである。

 韓国、古里原発の現状
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-712.html

 5月10日、メルトダウン寸前だった韓国・霊光原発
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-date-20190522.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/?mode=m&no=582&photo=true

 おまけに、韓国の原発群は、大半が日本海沿岸に設置されていて、事故を起こして放射能が放出されると、韓半島ではなく、日本列島を放射能が直撃するように配置されているのである。

 これは、おそらく原発立地時の政治判断として、韓半島東岸に設置すれば、季節風の風向きから、韓半島は被害を免れて、日本が汚染されることを前提に計画されたのだろう。韓国の凄まじい反日洗脳ぶりを見れば、そうした思考回路が容易に分かる。

 上のブログに書いたように、ハンビッ原発の加圧式原子炉建屋の凄まじい欠陥ぶりをみる限り、韓国原子力産業には、まともなコンクリート施工能力が元々存在しなかったのである。

 ただ「自分たちは優れている」と見栄を張りたくて、無知と未熟に満ちたデタラメ原発を建設してしまったのだ。

 その結果として、パラオのKBブリッジ崩落事件や、ラオスのダム崩壊災害を引き起こしている。
 https://matome.naver.jp/odai/2142750855049583301

 https://news.yahoo.co.jp/byline/dandoyasuharu/20190601-00128245/

 これらは、いずれも、国際入札で、鹿島建設の半額の工事費と期間を提示しながら、まともな建設能力がなかったために、崩壊を引き起こしたが、建設主体の韓国企業=SOCIO社は、聖水大橋工事と同系列だったが、事故後は故意に倒産させて賠償責任を逃げてしまっている。

 後に、日本がODA友好資金から橋を架け直したのだが、鹿島建設は、残された基礎コンクリートの粗悪さに驚き、まず、これを撤去し、基礎杭から作り直さねばならなかったと語っている。

 こうした、韓国企業の一連の事故を総括してみれば、その根幹に、儒教思想による「見栄とメンツ」だけの価値観が存在していて、物事を真面目に貫徹することなどに関心はなく、自尊心を満足させることだけが価値観の第一義になっている思想が明らかである。

 儒教というのは、ウソで固めた権力の装飾なのだが、実は、日本国自体が儒教の強い影響にあり、やはり国家権力のコケオドシばかり大切にする思想に満ちている。

 このために、日本自体が、原発を運営する実力もなく、廃棄物を処理できる技術もなく、安全に運営する設備も作らないまま、2011年の凄まじい原発巨大事故を引き起こしてしまった。

 韓国を嗤いたくとも嗤えないどころか、日本の儒教思想が、安倍晋三や竹中平蔵によって愚かな消費増税を行うことで日本国民を困窮させ、国家の滅亡さえ引き起こそうとしている現実に、我々は気づくべきである。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-922.html

23. 中川隆[-15262] koaQ7Jey 2019年11月26日 20:58:49 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2341] 報告

2019年11月26日
息を吐くように嘘をつく韓国、GSOMIA、ローマ教皇、米大統領発言も創作


韓国は毎日違うウソをつき、一つでも日本が否定しなければそれが本当になるという外交戦術を行っている


画像引用:https://pbs.twimg.com/media/EJ98n5hUwAAq2Lw.jpg

息を吐くように嘘をつく国

韓国政府がGSOMIA破棄と撤回を表明した過程で、様々なウソをつき日本側を騙そうとしていた。

GSOMIA破棄破棄表明は2019年8月23日だったが理由は日本の輸出規制への制裁としていて、始まりから嘘でした。

日本が半導体3品目の韓国への優遇措置を撤廃したのは2019年7月4日、それまで韓国だけを特別に優遇していました。




半導体素材は軍事転用も可能な「軍事物資」だが韓国は日本から輸入したものを無断で北朝鮮や中東やアフリカの独裁国家に転売していました。

その密輸現場を押さえたのが2018年12月20日のレーダー照射事件で、写真には北朝鮮の工作船がはっきりと映っています。

密輸相手の北朝鮮工作船が故障したため韓国海上警察が救助し、韓国軍艦が警備していたのです。


むろん日本側はこれを知っていて、哨戒機でビデオ撮影したら韓国軍艦はいわゆるロックオンしてミサイル誘導レーダーを照射しました。

完全な国際法違反だが韓国は「レーダー照射していない」と言い、日本に謝罪を要求してきました。

この後も韓国は日本海や西海で北朝鮮へのセドリを繰り返したので、日本はまず半導体3品目の優遇措置を撤回し他国と同等にしました。


これを韓国は経済制裁だとして国連総会などで日本への制裁を呼び掛けるなどした。

日本側は次に19年8月28日にホワイト国から韓国を除外し、グループBに落とした。

従来はホワイトとその他だったが、ABCに替えることで韓国が最下位にならないよう配慮したと見られる。


これも韓国は日本による経済制裁だとしてWTO提訴の手続きをし、また国連などで日本制裁を呼び掛けた。

外国首脳の発言を創作する国

GSOMIAが失効する11月22日の当日、失効6時間ほど前に韓国政府は「終了の停止」という奇妙な発表をした。

韓国は8月23日にGSOMIA破棄を表明してからずっと、日本が輸出規制を撤回すればGSOMIA継続を「検討しても良い」と言っていた。

ここでポイントになるのは日本がホワイト国と半導体素材の優遇を回復しても、韓国はGSOMIA継続を「検討する」だけで良いという点です。


実際に失効が近づくと韓国政府は「日本が輸出規制解除を約束した」というニセニュースを流し始めました。

ニュースを先に流すことで相手に認めさせ、後から事実を作るのは韓国では普通に行われている。

2013年1月29日にミャンマーのアウンサンスー・チーが訪韓して朴槿恵大統領と会談しました。


この頃アウンサンスー・チーはミャンマーの民主化を達成した女神として人気絶頂で、全世界が称賛していました。

アウンサンスー・チーは「過去の誤りを認めないものは同じ誤りを犯すことになる」と従軍慰安婦への反省を拒む安倍首相の対応を批判した。

ところがこれは韓国政府と韓国マスコミが仕立て上げた「発言」で、後にも先にもスーチーが慰安婦について発言した事は一度もない。


2014年4月25日にはソウルで朴槿恵と会談したオバマ米大統領が「慰安婦の話を聞き、再調査するべきだ」と日本批判の発言をした。

ところがこれも韓国政府と韓国マスコミが創作した「発言」で、実際にはオバマは「慰安婦の話は疑わしいから再調査が必要だ」慰安婦はウソだと言っていたのです。

2014年8月18日にはソウルを訪問したローマ教皇が教会で自称従軍慰安婦を抱き合って祝福をささげている。


これはローマ教会は断固拒否していたのに当日突然慰安婦数人を「乱入」させ、しかも慰安婦であることを隠して「障害者の老婆」を装って祝福させた。

韓国政府とマスコミはその写真とビデオを世界に配信し、「ローマ教皇が慰安婦を祝福し日本を非難した」と解説を付けた。

ローマ教皇は帰りの飛行機でも被害にあっていて、韓国マスコミと韓国政府関係者だけが搭乗し、やっていない記者会見を開いたと報道された。

韓国の『連合ニュース』は教皇が慰安婦で日本を非難したと報じたが、不思議な事にその場に居たはずの他のメディアは報じていない。

ローマ教皇は慰安婦との対面を拒否したが、「高齢の障害者」と騙して祝福させ、日本を非難した事にした(2014年8月18日)


Papa-Corea_151
引用:http://www.ilpost.it/wp-content/uploads/2014/08/Papa-Corea_151.jpg


GSOMIA破棄でも連日のウソ

韓国は2019年11月22日にGSOMIA終了の停止という宣言をしたが、これは協定上は無効で「終了」「継続」のどちらかしかない。

一方的に「継続しないが終了もしない」と言っているのだが、こんなのは日本は無視して「GSOMIAは韓国の破棄で終了しました」と宣言すれば良い。

11月22日の発表前に韓国はメディアを通じて「日本が制裁解除を約束した」というニュースを流したが、日本政府は即座に否定しています。


夜8時ごろに韓国は終了の停止を表明したが、この時も韓国メディアを通じて「日本が制裁解除と引き換えにGSOMIA継続を要請した」と嘘をつきまた日本側は即座に否定した。

11月23日に韓国政府は、日本が合意より先にマスコミを通じて発表したと抗議し、「日本政府が謝罪した」と発表したが、これも日本側は即座に否定した。

24日になると韓国政府は「日本が制裁解除を約束した」と再び繰り返し、また日本側は即座に否定した。


こうした事を毎日繰り返すことで、そのうち一度でも日本が否定しなければ、そのウソが実現し本当になる。

アメリカに対しても韓国政府は「GSOMIA破棄をアメリカが事前に了承した」と嘘をつき、国務長官や駐韓大使が否定している。

それでも韓国は「アメリカは『絶対に破棄してはならない』と言わないことで事実上破棄に賛成していた」と言い返し、アメリカ側は断固としてこれを否定した。


韓国とつきあうのは毎日こんなやり取りを繰り返すことで、相手が毎日ついてくる嘘を一度でも否定しなかったら「日本が認めた」事にされる。

こんな国からは大使を引き上げてビザ免除も廃止したほうが、安全保障上良いでしょう。
http://www.thutmosev.com/archives/81579592.html

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史3掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
近代史3掲示板  
次へ