★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK246 > 489.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相は日朝交渉やる気なし! 北とのパイプない北村内閣情報官を担当にすえ“北朝鮮にだまされない俺”キャンペーン(リテラ
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/489.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 18 日 15:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍首相は日朝交渉やる気なし! 北とのパイプない北村内閣情報官を担当にすえ“北朝鮮にだまされない俺”キャンペーン
http://lite-ra.com/2018/06/post-4074.html
2018.06.18 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし リテラ

     
        首相官邸ホームページより


 また安倍首相の“北朝鮮やるやる詐欺”が始まった。安倍首相は、16日に生出演した『ウェークアップ!ぷらす』(読売テレビ)で日朝首脳会談について「拉致問題の解決に資する会談にしないといけない」と述べ、前向きな姿勢をアピールした。しかし一方で、西村康稔官房副長官は17日朝、『報道プライムサンデー』(フジテレビ)に出演し、「(日朝会談を)8月や9月までにやるのは難しい」と漏らした。こちらが安倍首相の本音だろう。

 ようするに、日朝会談をやるというポーズはとっているものの、実際にやって全面解決ができなければ、政権に大きなダメージとなり、自民党総裁3選もおぼつかなくなる。そこで、9月の総裁選よりあと、できればもっと先に伸ばしていく作戦らしい。

 そして、この“やるやる詐欺”を隠すために、官邸はいま、御用マスコミに「拉致被害者を取り戻せるのは、これまで北朝鮮と渡り合ってきた安倍首相しかいない」というストーリーを拡散させるよう、大号令をかけている。

「たしかに、安倍首相の側近たちがここにきて一斉に『北朝鮮に騙されず交渉できるのは、安倍首相しかいない。小泉訪朝のときも安倍さんがいたから北朝鮮に騙されずに5人を取り戻せた』と、当時の安倍首相の活躍をやたら語り始めています。ようするに、今後、北朝鮮との交渉が遅々として進まない状況が起きても、それは安倍首相が北朝鮮に騙されないように慎重にやっているからだ、というエクスキューズに使うつもりなのでしょう」(全国紙官邸担当記者)

 賭けてもいいが、「正論」(産経新聞社)や「月刊Hanada」(飛鳥新社)、「WiLL」(ワック)などの応援団メディアは今後、必ずや「拉致問題を解決するのは安倍首相しかいない!」「安倍首相がいかに果敢に北朝鮮と戦ってきたか」とのキャンペーンを展開していくだろう。“拉致タブー”に縛られたテレビも、こうした大合唱を追従するはずだ。

 いや、すでにそれは始まっているのかもしれない。たとえば15日には、産経新聞が朝刊の一面で「北との会談 私の番だ」「私はだまされない」なる唖然とする大見出しを打った。記事によると、安倍首相が14日に「北朝鮮による拉致被害者家族会」のメンバーと官邸で面会した際、〈「私は北朝鮮にだまされない。1994年から拉致問題に取り組んできたが、何度もだまされてきた。北朝鮮のだましの手口は分かっている」と強調〉したという。なお、この面会自体は他紙も報じているが、安倍首相のこの「だまされない」発言を報じたのは産経だけだった。

■羽鳥慎一が紹介した安倍首相武勇伝を蓮池透氏が「真っ赤なウソ」と

 さらに15日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では、拉致問題の歴史を振り返る説明のなかで、2002年10月の拉致被害者5人の「一時帰国」について、MCの羽鳥アナウンサーがフリップを使いながらこのような解説を入れていた。

「安倍総理はこの当時、官房副長官でした。このときに、帰ってきた5人に対して『絶対に(北朝鮮に)戻したらだめだ』と。これを戻したら2度とあの5人は戻ってこないということで、安倍さんが結局、戻さなかったんです」

 前後の流れとは関係なく、帰国しなかったというエピソードが安倍首相の手柄としてわざわざ語られたのは、明らかに不自然だった。

 もし、安倍官邸が“やるやる詐欺”をごまかすために「拉致の安倍」エピソードを再び喧伝しようとしているのならば、あらためて釘を刺しておかなければならないだろう。実は、こうした安倍首相の北朝鮮武勇伝は、ほとんどが安倍氏自らが吹聴した自己宣伝のデタラメである。

 その典型が、前述の『モーニングショー』が紹介した「安倍首相が拉致被害者5人の北朝鮮への帰国を止めた」という話だ。

 たしかにこのとき、日本政府は当初、拉致被害者5人は一時的な帰国であり、その後北朝鮮に戻すと約束していたが、結果的に5人が日本に「永住帰国」する決断をしたという経緯があった。そして、マスコミでは「安倍官房副長官(当時)が止めた」という話がまことしやかに報道され、安倍首相自身もFacebookで“帰さないという自分の判断は正しかった”と書き込むなど、あたかも自分の手柄のように吹聴してきた。

 しかし、これはまったくの嘘である。このことを著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)のなかで告発したのは、当時、拉致被害者である蓮池薫さんたちと行動をともにしていた兄の蓮池透氏だ。透氏は今回、本サイトに改めてこう語った。

「安倍さんが弟たちを北朝鮮に返さないように説得したというのは、真っ赤なウソです。少なくとも弟を説得したのは私であり、安倍さんではありません。当時の官房長官だった福田康夫さんが朝日新聞のインタビューで、2002年の10月23日の夕方に安倍さんが官房長官室に飛び込んできて、『携帯で全員の確認を取りました。帰らなくてもよいということでした』という報告を受けたと言っているのですが、私や弟にそんな電話はなかった。そのとき私は弟たちと新潟の温泉宿にいましたが、安倍さんからの連絡なんてひとつもなかったんですから」

■身内の自民党市議も「安倍さんは拉致被害者に一度北朝鮮に戻るべきだと話をした」

 透氏によれば、安倍氏は一貫して一時帰国した5名を北朝鮮に戻すとの既定路線を主張し、日本政府はスケジュールを変更できないものとして進めていたという。もし、安倍氏が政府方針に逆らってでも「帰さないという判断をした」というのならば、拉致被害者や家族に対して、その気持ちを暗に伝えたり意思確認するなど何かしらのアプローチがあってしかるべきだ。しかし、安倍氏はそうした行動を一切起こしていない。透氏が当時の状況を振り返りながら続ける。

「断言しますが、当時の安倍さんから『本当は、私は薫さんたちを北朝鮮に戻したくないと思っている』というような言葉を聞いたことは、一度たりともありませんでした。一度もです。弟にとっては、このまま日本に留まり親兄弟をとるか、北朝鮮に戻り子どもたちをとるか“究極の選択”を迫られたのです。生きるか死ぬかというような本当に大きな問題。私は弟を何度も必死で説得しました。それも弟のみならず、国家、マスコミ、多くの国民の皆さんを向こうに回しての本当に孤独な闘いでした。最終的に弟は『北朝鮮には戻らない』と決断してくれた。これは日本政府の方針に逆らうものでしたが、あえて本人の口からその意思を日本政府に伝えたのです。決して安倍さんに説得されたものでも、意向に応えたものでもありません。その葛藤のなかで、もし安倍さんが一言でも『北に戻したくない』と声をかけてくれていたら、どんなに救われたでしょうか。仮定のことを言っても仕方がないですけど、とにかく、安倍さんが弟たちを止めたというのは事実無根です。なのに、新聞でもテレビでもいまだに『安倍総理が戻さなかった』と言い続けている。マスコミの騙されかたをみていると心底残念です。私と弟の闘い、互いの苦悩の末やっとの思いで到達した“決断”を、自分の売名のために安売りすることは非常に不愉快で許されません」

 しかも、これは透氏だけが証言していることではない。安倍氏の身内である自民党所属の札幌市議・勝木勇人氏も、2003年1月30日の自身のブログで、当時の安倍氏の言動についてこのように記していた(後に掘り起こされ騒ぎになった後、現在は削除)。

〈(安倍晋三氏は)地村さんたちには、最初、「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」という話をしたそうです。しかし、地村さんたちは、この申し入れを断固拒否したそうです。「一度、戻ったら、二度と帰国はできない」ということだったそうです。「私(安倍)他、政府の人間がたくさん同行すれば、変なことにはならないでしょう」と言うと、「みんなで一緒に行っても、突然銃をもった者が部屋に入って来て、我々を引き離そうとしたら、どうしますか? 安倍さんたちは、その場で何ができますか? 自衛隊も一緒に行ってくれるなら話は別ですが、」と言われ、結局、彼らの言うとおりにしたそうです。〉(現在は削除)

 これは同年の1月14日に札幌で行われた「安倍晋三先生を囲む会」に出席した勝木市議が、その席で安倍氏自身が発言した内容として紹介しているものだ。つまり、当時、安倍氏は地村保志さんら拉致被害者に対して「とにかく一度北朝鮮に戻れ」と言ったことを自ら認め、しかも周辺に吹聴していたことになる。つまり、「安倍氏は一貫して5人を北朝鮮に戻すことを既定路線として主張していた」という蓮池透氏の証言にピタリと一致するのである。

■元公安で北とのパイプない“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官抜擢の理由

 しかも、安倍氏の拉致問題をめぐる“武勇伝”の嘘はこれだけではない。2002年9月、当時の小泉純一郎首相と金正日総書記による日朝首脳会談と平壌宣言をめぐっても、「安倍氏が『金総書記が謝罪しなければ席を立って帰国しましょう』と小泉首相に直訴した」なる武勇伝が新聞やテレビでばらまかれた。

 しかし、本サイトでも何度も伝えているように、これも事実ではなかったのだ。日朝首脳会談をセッティングし、会談にも同行した田中均・アジア大洋州局長(当時)が、後にフリージャーナリストの取材に対して、安倍氏が署名見送りの進言をしたと発言したことは「記憶にない」と証言している。田中氏はその際、そもそも金総書記が拉致を認めて謝罪しなければ平壌宣言に署名できないのは会談関係者全員の基本認識だったから、わざわざそんなことを言う必要もなかった、という趣旨の解説もしていたという。

「対北朝鮮強硬派」「闘う政治家・安倍晋三」の印象を与える、この有名すぎる逸話も、実のところ偽の情報だったのだ。しかも、その発信源は安倍氏本人だった。実は当時、官房副長官だった安倍氏は帰国後のオフレコ懇談で「僕が首相に言ったんだよ。共同調印は見直したほうがいいって」などと各社に語っていたのだ。このことは複数記者のオフレコメモからも確認されている。

 そして、安倍氏はこうした自己宣伝と同時に、日朝首脳会談実現の立役者である田中氏について「北朝鮮の意向で動いている」といったマイナス情報をリーク、世論を煽り、田中氏を悪者に仕立て上げ、拉致問題の主導権を自分の手に握ってしまったのだ。

 ようするに、拉致問題で一躍脚光を浴び、総理への階段を駆け上がった安倍氏だったが、実際にはあらゆる手柄を横取り・独り占めにし、でっち上げを拡散して、自分の権力掌握のために政治利用したにすぎない。その結果、拉致問題は安倍氏の意向どおり、圧力一辺倒になり、まったく解決のメドもたたないまま野ざらしにされてきたのである。

 そして、それから16年たったいまもまた、安倍首相は拉致問題を本気で解決するのでなく、情報操作を使ったごまかし、政治利用を行おうとしている。

 それは、これまで指摘してきた過去の北朝鮮武勇伝デマの再利用だけではない。安倍首相は日朝交渉の担当窓口に、なんと自らの最側近で、謀略情報操作を得意とする“官邸のアイヒマン”こと北村滋内閣情報官を抜擢したらしいのだ。

「この人事には、我々も驚きました。北村氏は元公安でむしろゴリゴリの反北朝鮮ですから、対話のパイプなんてもっているはずがない。むしろ、北朝鮮の反感を買うだけ。にもかかわらず北村氏を日朝交渉担当にしたのは、いろんな北朝鮮に関するいろんなマイナス情報をマスコミにリークさせて、拉致解決できなくてもやむなしという空気を作るためじゃないのか、といわれています」(前出・全国紙官邸担当記者)

 この国はいつまで、嘘つき首相に騙され続けるのだろうか。

(編集部)



































































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年6月18日 16:00:50 : PUYP2IdToQ : @OuULWfcwHU[3]
はっきり言って安倍は悪人なんです、そんな奴を総理大臣にしておくことこそが間違っているのです。早く逮捕して投獄しましょう。

2. 2018年6月18日 16:07:07 : Elio0nEowE : h2RZrOIR1F8[11]
> 「みんなで一緒に行っても、突然銃をもった者が部屋に入って来て、我々(地村さんたち)を引き離そうとしたら、どうしますか? 安倍さんたちは、その場で何ができますか? 自衛隊も一緒に行ってくれるなら話は別ですが、」と言われ、結局、彼ら(地村さんたち)の言うとおりにしたそうです。〉

つまり、地村さんたちは拉致被害者を帰国させるには軍事力が必要だと云った。
もし、日本に国民の生命と財産、領土を守る軍事力があれば北朝鮮人が日本にやってきて、日本国民を拉致することはあり得なかった。
拉致は日本の主権の侵害であり、軍事力による報復を受けても当然の侵略行為である。

「憲法9条が日本の安全を守っている」は現実を無視した妄想である。
憲法9条を改正し、外国の侵略に対して軍事力で撃退できるようにすることは必須であり、安倍首相の憲法9条改正は速やかに行われるべきである。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

3. 佐助[5713] jbKPlQ 2018年6月18日 16:45:22 : RbPZf2tsH6 : K9EhTpDjOxI[132]
拉致は,手柄を横取り利用していることが見え見え。
拉致を利用し,ミサイルの国難から,なんとか朝鮮戦争の特需で,景気を回復させようと妄想するが,平和的革新的なカリスマが登場で,これから残る経済現象の停滞は免れない。

嘘つきは,安倍の得意技で,だますのが生まれながらにして優れている。バレるとこの野郎,「馬鹿野郎・こん畜生・地獄へ行け・殺してやる」という叫びを、脳の内部や外部に発声させる。そして、思わず手足が動き、相手の頬を叩き蹴り上げ突き飛ばし、反省や沈黙や絶交したりする。籠池氏がよい事例になる。

しかも手柄を横取り・独り占めにする。この野郎は安倍だけではない,エリートや大企業の多数派になる。しかしライン化され仕事も作業も単純なので,30歳過ぎるただのと阿呆になる。

この憎悪を意識的に止めることはできず、憎悪を無意識に発射した後に「そんなことは、自分には関わりがないことだ」と発想を切り換えるか、「それはそれでよかったんだ」と、自分にとってプラスなんだと、楽天的お人好し的に思考する以外にない。

日本人の古きマジックに期待する軍国主義者は,朝鮮人シナ人や反対理論するとすぐにバカにして追い払う。ハゲタカには敬意を払い,しかもヒット商品を生むと,我こそは,仲間だとスッポンのようにしがみついてくる。酷いやつになると,手柄を横取りして出世する,あきれると言うか,こんな奴が多くいる日本列島。政治や大企業だけでなく官僚にも多いな。こんな卑怯なやつ。


4. ボケ老人[3096] g3uDUJhWkGw 2018年6月18日 17:23:18 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[190]
>2.h2RZrOIR1F8:憲法9条を改正し、外国の侵略に対して軍事力で撃退できるようにすることは必須であり

この手の論陣を張る人たちにいつも感じる疑問は
では9条を改正すれば、拉致は解決し、侵略の心配をせずに済むとする根拠のなさ
まさに、寝言でしかない。

憲法9条の心髄は日本の侵略戦争を禁止し、他国の戦争に巻き込まれることを防ぐということである。
小泉がイラク派兵するまでは十分に機能していた。

憲法9条を改正して戦争できるようにすれば、水戸黄門の印籠のように「ハハーッ」と他国が跪くとでも?
ならば、米国に「ハハーッ」と跪く敵対勢力がどれほどあるのか?

さらに、憲法9条があるためにと、他国の脅しの前に縮み上がる政権が、9条がなくなれば雄々しく立ち上がるというのか。

     

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

5. 2018年6月18日 18:25:33 : ihutp7zGUQ : ssr7j7LEG9k[6]
>>2さん
> 日本に国民の生命と財産、領土を守る軍事力があれば北朝鮮人が日本にやってきて、日本国民を拉致することはあり得なかった。

米国は拘束された3人の米国人解放のために軍事力を使ったのですか?解放は交渉の結果でしたが。


6. 2018年6月18日 18:30:56 : Elio0nEowE : h2RZrOIR1F8[13]
>>4. ボケ老人[3096] g3uDUJhWkGw 2018年6月18日 17:23:18 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[190]> では9条を改正すれば、拉致は解決し、侵略の心配をせずに済むとする根拠のなさ
まさに、寝言でしかない。

>>2
「9条を改正すれば、拉致は解決し、侵略の心配をせずに済む」とは書いていない。
書いたのは
「もし、日本に国民の生命と財産、領土を守る軍事力があれば北朝鮮人が日本にやってきて、日本国民を拉致することはあり得なかった。」である。
ボケ老人だから二つの文章の違いが分からない?
日本語が理解出来なければ日本の大学の入試には合格できないだろう。
まさに、寝言でしかない。 

> 憲法9条の心髄は日本の侵略戦争を禁止し、他国の戦争に巻き込まれることを防ぐということである。

憲法9条の心髄は日本をアメリカの支配下に置くことである事は、衆知のこと。
昔、アメリカは日米安保条約の成立のために吉田首相に憲法9条の改定を要求したが、吉田首相は断った。

> 小泉がイラク派兵するまでは十分に機能していた。

憲法9条は北朝鮮が自由に日本人を拉致出来るには十分に機能していた。

> 憲法9条を改正して戦争できるようにすれば、水戸黄門の印籠のように「ハハーッ」と他国が跪くとでも?

米北会談が可能になったのは、金正恩がアメリカの軍事力に「ハハーッ」と跪いたからなことは明らか。

> さらに、憲法9条があるためにと、他国の脅しの前に縮み上がる政権が、9条がなくなれば雄々しく立ち上がるというのか。

独立国で憲法9条がない国は他国の脅しの前に縮み上がることは無い。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

7. 2018年6月18日 18:51:52 : Elio0nEowE : h2RZrOIR1F8[14]
>>5. 2018年6月18日 18:25:33 : ihutp7zGUQ : ssr7j7LEG9k[6]
> 米国は拘束された3人の米国人解放のために軍事力を使ったのですか? 解放は交渉の結果でしたが。

「日本に国民の生命と財産、領土を守る軍事力があれば北朝鮮人が日本にやってきて、日本国民を拉致することはあり得なかった。」の何処にも「軍事力を使え」とは書いてない。
日本語の文章を理解できないのですか?
書いた文章を歪曲し屁理屈で攻撃するのが仕事ですか?

拘束されていた米国人3人はアメリカ国内で拉致されたのでは無い[1]。
北朝鮮国内で逮捕されている。
それ故、日本人拉致とは根本的に異なる。

もし、米国人3人が米国内で拉致されていたら、アメリカは主権の侵害として北朝鮮を攻撃する正当な権利を持つ。
北朝鮮が日本人を平気で拉致したのは、アメリカのような軍事力を持たなかったからである。
自国民を守ることの出来る軍事力があれば拉致は起きず、軍事力を行使する必要も無い。

[1] 北朝鮮、拘束米国人3人解放 米朝首脳会談を前に
http://www.bbc.com/japanese/44063806
2018年05月10日

解放された3人は
◾ キム・ハクソン氏は2017年5月、「敵対行為」の疑いで拘束された。同氏は自分をキリスト教伝道師だとし、平壌科学技術大学(PUST)で実験的な農場を始めようとしていると説明していた。
◾ トニー・キム氏はキム・サンドクという名前でも知られ、キム・ハクソン氏と同じくPUSTで勤務していた。トニー・キム氏は2017年4月にスパイ容疑で拘束された。韓国メディアによると、同氏は北朝鮮の人道支援にかかわっていたという。
◾ キム・ドンチョル氏は60代前半の牧師。2015年にスパイ容疑で拘束され、その後10年の重労働刑を言い渡されていた。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

8. 新共産主義クラブ[6482] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年6月18日 18:59:39 : POZjRfxucw : mym1y3rXRt8[6]
>安倍首相は日朝交渉の担当窓口に、なんと自らの最側近で、謀略情報操作を得意とする“官邸のアイヒマン”こと北村滋内閣情報官を抜擢したらしいのだ。
>「この人事には、我々も驚きました。北村氏は元公安でむしろゴリゴリの反北朝鮮ですから、対話のパイプなんてもっているはずがない。むしろ、北朝鮮の反感を買うだけ。にもかかわらず北村氏を日朝交渉担当にしたのは、いろんな北朝鮮に関するいろんなマイナス情報をマスコミにリークさせて、拉致解決できなくてもやむなしという空気を作るためじゃないのか、といわれています」(前出・全国紙官邸担当記者)
 
 
 安倍首相は、北朝鮮からの情報収集や、北朝鮮との水面下での交渉に、公安畑の警察官僚を多用している。
 
 首相動静で、警察官僚の石川正一郎・内閣官房拉致問題対策本部事務局長の安倍首相との単独での面会回数を数えてほしい。
 
 安倍首相は、拉致担当大臣や外務官僚よりも、警察官僚の石川正一郎との面会の頻度の方が高い。
 
 しかも、常に、首相と一対一で会っている。
 
 また、警察官僚の石川正一郎は、北朝鮮とのストックホルム合意がおこなわれたスウェーデンでの会談の事前協議にも派遣されている。
 
 
◆ 「拉致問題」進展へ外務省が焦るワケ
(zakzak,2015.03.31)
 
 内閣官房拉致問題対策本部事務局(石川正一郎局長・81年警察庁入庁)の参事官レベルも極秘裏に訪朝した事実がある。
 
https://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150331/plt1503310830001-n1.htm
 
◆ 石川正一郎
  
2011年3月22日 - 警視庁公安部長
2013年4月5日 - 神奈川県警察本部長
2014年4月1日 - 内閣官房副長官補付内閣審議官(内閣官房拉致問題対策本部事務局長) 
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E6%AD%A3%E4%B8%80%E9%83%8E
 

9. 2018年6月18日 19:21:52 : ihutp7zGUQ : ssr7j7LEG9k[8]
>>2さん、5ですが、そうでしょうか?金委員長が米国の圧力に恐れ入って交渉に応じたのなら、そもそも米国人を拘束するなんて「恐ろしい」事はしないでしょう。それに北朝鮮に自国民を拘束されている国は他にもありますが、それらの国には「憲法9条」はありません。

10. ボケ老人[3097] g3uDUJhWkGw 2018年6月18日 19:25:01 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[191]
>6.h2RZrOIR1F8:憲法9条の心髄は日本をアメリカの支配下に置くことである事は、衆知のこと。

説明できない奴の逃げ口上に過ぎない。
しかも、言葉も間違えて、少しは日本語を勉強しな。
そんなことでは【日本の大学の入試には合格できないだろう】
衆知:多くの人々の知恵、衆知を集めると言うように用いる。
周知:広く人の間に知れ渡ること。周知の事実などとつかう

おバカさんに国語の講釈はこれくらいにして
憲法9条が日本をアメリカの支配下に置くことという馬鹿々々しい解釈を説明してご覧。
逆に、憲法9条のために、米国が自衛隊員をパシリに使うことができなくてヤキモキしていることがが分からないなんて、本物のアホウだね

    

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

11. 2018年6月18日 20:25:33 : FihR7U8hTQ : 4Cn8SwptRF0[739]
どこまでも汚い安倍晋三
顔を見なくてすむようになる日が待ち遠しい

12. 2018年6月18日 20:53:21 : zR4h5ru1Qc : zseo4CzTyds[91]
第九条変えても、日米地位協定、安保、敵国条項を放置した状態では、独自交渉など出来ない。アメリカや国連にいいように使われるだけ。
世界中、厭戦ムードが高まっているし、金だけじゃなく命も差し出せ。ついでに、不要な兵器売りつけてやるから、処分(この場合の処分には戦争参加も含まれる)も頼むわってなるのがオチだね。

13. 2018年6月18日 21:55:25 : Elio0nEowE : h2RZrOIR1F8[15]
>>10. ボケ老人[3097] g3uDUJhWkGw 2018年6月18日 19:25:01 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[191]

>6.h2RZrOIR1F8:憲法9条の心髄は日本をアメリカの支配下に置くことである事は、衆知のこと。

確かに「衆知」は「周知」の間違いでした。

>>6
>「9条を改正すれば、拉致は解決し、侵略の心配をせずに済む」とは書いていない。
書いたのは
「もし、日本に国民の生命と財産、領土を守る軍事力があれば北朝鮮人が日本にやってきて、日本国民を拉致することはあり得なかった。」である。
ボケ老人だから二つの文章の違いが分からない?
日本語が理解出来なければ日本の大学の入試には合格できないだろう。
まさに、寝言でしかない。

上記の文章に関する反論が無い。
ボケ老人は文章を故意に歪曲する嘘吐きである事を自ら認めたのですか?

> おバカさんに国語の講釈はこれくらいにして
憲法9条が日本をアメリカの支配下に置くことという馬鹿々々しい解釈を説明してご覧。
逆に、憲法9条のために、米国が自衛隊員をパシリに使うことができなくてヤキモキしていることがが分からないなんて、本物のアホウだね

例えば下記[1]に、「戦勝国・連合国の一方の雄としてのアメリカは1945年以来、日本の永久武装解除」とある。憲法9条は「日本の永久武装解除」のためにぴったりの条項である事は本物のアホウでも分かるはず。
しかし、>>6 に書いたようにアメリカは日米安全保障条約締結時には、憲法9条の改正を日本に要求した。
それ故、「米国が自衛隊員をパシリに使うことができなくてヤキモキしていること」も周知のこと。
ボケ老人は>>6 の文章も理解できなかったのですね。

結論 >>2 に書いたように
「憲法9条が日本の安全を守っている」は現実を無視した妄想である。
憲法9条を改正し、外国の侵略に対して軍事力で撃退できるようにすることは必須であり、安倍首相の憲法9条改正は速やかに行われるべきである。

[1] 日米安保条約の批判は不可欠だ ー 全野党共同のために
http://www.asyura2.com/15/senkyo195/msg/465.html
投稿者 一隅より 日時 2015 年 10 月 25 日

戦勝国・連合国の一方の雄としてのアメリカは1945年以来、日本の永久武装解除 → 占領から引き続いての駐留継続。これにより日本列島を、極東・アジア・東半球支配秩序維持のための根拠地と化すこと → その同じ目的と必要のため、今度は日本の武装解除方針の変更。警察予備隊のち自衛隊の創設 → 「米日同盟」強化。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

14. ボケ老人[3100] g3uDUJhWkGw 2018年6月19日 09:48:18 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[194]
>13.h2RZrOIR1F8:書いたのは「もし、日本に国民の生命と財産、領土を守る軍事力があれば北朝鮮人が日本にやってきて、日本国民を拉致することはあり得なかった。」である。ボケ老人だから二つの文章の違いが分からない?

これが、屁理屈であることが分からないかい?
日本は既に北を上回る軍備を備えている。
拉致を許したのは国境警備を疎かにし、アメポチ防衛に徹したことによるものだ。
不足していたのは軍事力ではなく、国民の生命と財産、領土を守る政府の気概がなかったということだ。
しかも、これを憲法9条の所為と卑怯にも責任回避する。
これらの理解ができていないと(13)のようなコメとなる。

>13.:ボケ老人は文章を故意に歪曲する嘘吐きである事を自ら認めたのですか?

歪曲と嘘の具体的な事例は?
日本語を理解できない貴君の妄想かナ

>6.:憲法9条の心髄は日本をアメリカの支配下に置くことである事は、衆知のこと。
昔、アメリカは日米安保条約の成立のために吉田首相に憲法9条の改定を要求したが、吉田首相は断った。

この前段と後段で支離滅裂な意味の通らないコメ
日本を米国の支配下に置くことと憲法9条の関連性の説明がない。
これを周知のことと逃げている。
にもかかわらず、米国の要求を吉田首相が断ったとは、一体どういう繋がりがあるのか。

極東委員会(対日理事会)発足直後からマッカーサーと国務省の米国政界での勢力争いのために、GHQが大きく方針を変えた。
当初、GHQ民生局とマッカーサーは米国内では到底できない民主主義の理想を日本社会で実現しようとした。
この中には日本の永久的武装解除、米国の保護国化も当然含まれているが
1945年9月9日『日本管理方針』を発表し、1946年2月12日『松本私案』を退けてマッカーサー素案を提示した。
マッカーサー素案の受け入れを渋る幣原喜重郎に対し、『それならばGHQが直接日本国民に問う』とまで詰め寄った。
GHQが白い羽の天使だったわけではないが、マッカーサーの対日占領政策が一般の日本国民には受け入れられているという自信の表れだ。

ところが、マッカーサーと国務省の対立、反マッカーサー勢力の対日理事会(極東委員会)の活動とが相まって、マッカーサー自身が対ソ前線司令長官になるに及んで、対日政策を大きく変更した。
日本の社会改革よりも対ソ、対中の不沈戦艦日本列島へと再軍備を促したのだ。
これに吉田茂が抵抗したということだ。
憲法押しつけ論を否定し、当時の日本人の大半が憲法を歓迎したということだ。
しかし、憲法改正とは異なり、民生局GSではなく、参謀部G2が牛耳るようになって、警察予備隊の結成命令等々にみられるように、有無を言わさぬ押し付けへと変化したのだ。

ここまでを勉強すると(13)の貴君のコメが理解できる。
違うかね。

【「憲法9条が日本の安全を守っている」は現実を無視した妄想である。】
そうかね
日本を侵略しようとする勢力には効果が薄いかもしれない。
しかし、日本が他国の戦争に巻き込まれることに対しては十分な威力を持っていた。(過去形)
小泉の海外派兵や安倍の戦争法が成立するまでは。
これは実績が示している。
朝鮮戦争にもベトナム戦争にもアフガン戦争にも湾岸戦争にも参戦せずに済んだ。
今現在でも、米軍が自衛隊を自由使用することに対する防波堤の役を一定程度は果たしている。
だからこそ憲法改正しなけれならないと安倍が焦っているのだ。

【外国の侵略に対して軍事力で撃退できるようにすることは必須】
軍事力でなく政治力だ。あえて外交力とは言わない。
兆を超える請求書を突きつけられながら、一切口出しできず、蚊帳の外の政治力の無さが一番問題なのだ。
既に日本は世界有数の軍事力を持っている。
最高司令官は安倍総理大臣ではなく、在日米軍司令長官だが(安保条約を調べてごらん)

足りないのは政権の『国民の生命と財産、領土を守る』気概だ。
だから
種子法廃止(農家に採種することを禁止してカーギル、モンサント等から種子購入させる)、水道インフラをウォーターバロンに捧げる、海外投資家(巨大法人)の意を受け働き方改革を強行採決する等のポチ政治
これが問題なのだ。

    

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

15. やめてーや[148] guKC34LEgVuC4g 2018年6月19日 13:57:55 : CUehrJ6Rds : uxjfOnC_yCM[149]
「この国はいつまで、嘘つき首相に騙され続けるのだろうか。」

リテラはこう結ぶ。だが、答えは、「これから先もずーと」としか言えない。

何から何まで嘘と、ごまかしと、強弁。これがまかり通り、日報隠蔽、公文書改竄、モリカケ。民意の沿わない法律の強行。国民がNOを突き付け政権が何回も転覆しても不思議ではない事態が次々に生起しながら、なお事態は粛々と進む。

これだけ悪辣を極めた森かけ問題も、NOを突き付けることなくどうやら沈静化し、何の問題もなかったかのように推移しそうだ。そして、あべ3選。国民にとっては悪夢のような日々がこれからも続くことになるが、国民には、それを押しとどめる力も、気もなさそうに見える。

そして、気が付けば憲法に保障されていた筈の様々な権利が次々に剥ぎ取られた地獄のような世界が待ち受ける。そんな構図がほの見えてきた。

溌剌とした人権が悉く抑圧され、反体制的な言辞の表明やネットへのアクセスが大幅に規制される中国、ロシア。そんな中でもどっこい人々は楽し気に生きている。北朝鮮ほどはひどくないんだから、それでもいいじゃん。もとよりそんなことに興味ないんだし。

それが国民の太宗であれば、しょうがないわな、てなところか。


16. panbet37[734] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2018年6月19日 16:46:09 : Cwzb6FQB8E : 6NLaG0dd3bg[4]
   誰もかれも、日本も世界もだまし続けている卑劣漢、犯罪者の安倍晋三がよくいうよ。一刻も早く、刑務所に入ってほしい。神様、仏様、なぜこんな悪人が罰せられないんですか。

17. 2018年6月19日 16:51:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-1872]
新しい共認勢力

336577 朝鮮半島の平和と安定は、軍産複合体にとっての悪夢
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 18/06/19 PM00

トランプ大統領は、アメリカの軍産複合体の圧力に従うような行動をとっていると見せかけて、民族派のプーチン・習近平の路線に乗り、朝鮮半島の平和と安定の道=軍産複合体の利権崩しの一歩を踏み出した。巧妙な策である。

このような世界の支配構造の変化に気が付かず、未だにアメリカの軍産複合体だけを向いているため、世界からそっぽを向かれる安倍政権は哀れである。
////////////////////////////////////////////////////////
「平和と安定」は軍産複合体にとっての悪夢(リンク)

平和と安定は市民にとっての幸福だが、戦争産業にとっての悪夢である。和平について語るとき、この根本を忘れてはならない。

トランプ大統領と金正恩委員長による歴史的な首脳会談が実施されたことについて、共同宣言にCVID=complete, verifiable, and irreversible dismantlement=「完全な、検証可能で、不可逆的な核廃棄」が盛り込まれなかったことを非難する言説が流布されているが、この主張そのものが和平の成立を妨害するためのものであることを認識しておく必要がある。

日本は憲法で「戦力の不保持」を明記しておきながら、安倍内閣は軍備増強にひた走っている。朝鮮半島の平和と安定そのものが、日本の軍備増強の必要性に対する根本的な疑問をもたらすものであることから、安倍首相も小野寺防衛相も必死の形相で軍備増強の必要性が低下しないことを強弁している。この事情は米国の軍産複合体にとっても、まったく同じである。軍産複合体の「飯の種」は戦争である。「平和と安定」こそ、軍産複合体にとっての悪夢なのである。

朝鮮半島の平和と安定を実現するには、北朝鮮の金正恩委員長と米国のトランプ大統領が直接会話をして、和平を前進させるしかない。「圧力」の強化が北朝鮮の対応の硬化をもたらすことは、これまでの歴史が証明してきたところである。

そして、北朝鮮は単独で抵抗を示してきたのではなく、中国、ロシアが後ろ盾になって抵抗を続けてきた。簡単にねじ伏せられる相手ではないのである。この問題に対して、米国のトランプ大統領が積極果敢な行動を示した。この点に対する評価をしないのは、メディアが巨大資本の意向によって支配されているからである。

北朝鮮には北朝鮮の立場と主張がある。この点を理解しなければ、外交交渉など成り立ちようがない。相手が絶対に呑めない条件を突き付けて、この条件を呑めなければ軍事行動に踏み込むとするのは、「交渉」でなく「恫喝」である。

日本が日米戦争に突き進んだことについて、米国からの「恫喝」があったために日本はやむなく戦争に突き進んだのだと主張している者が、北朝鮮に対して一方的な要求を突き付けて、これを呑まない限り和平はないと主張していることが興味深い。

拉致被害者の家族は、これまでの安倍政権による「圧力一点張りの外交姿勢」に根本的な疑問を抱いている。第2次安倍内閣が発足して5年半の時間が経過したが、この間に拉致問題は「1ミリも前進してこなかった」のだ。

その、最悪の状況に大きな変化を引き起こしたのは、韓国の文在寅大統領である。文大統領の「対話路線」に対して、強硬な批判を浴びせてきたのが安倍首相である。本年開催された平昌五輪では、韓国の文在寅大統領が積極果敢な行動を示し、南北朝鮮の「対話」機運を一気に上昇させた。これを契機に南北の対話が急進展し、それが米朝首脳会談開催という偉業をもたらす伏線になった。

この間、日本の安倍首相は一貫して批判と非難に満ちた言動を続けてきたのである。トランプ大統領は「対話」を軸に北朝鮮の譲歩を引き出し、北朝鮮に対して体制保証を与える代わりに、朝鮮半島の非核化を求める姿勢を鮮明に示した。同時に米国と北朝鮮との間の「戦争状態」にも終止符を打つ方向性を示している。

トランプ大統領のこの行動が絶賛されないのは、この方法が、現実に朝鮮半島の平和と安定をもたらしかねない潜在力を有するからなのである。つまり、朝鮮半島の平和と安定を絶対的に敵対視する勢力が厳然と存在するのである。米国の軍産複合体にとって、朝鮮半島の平和と安定は悪夢以外の何者でもない。

安倍政権が軍事支出増大に傾斜しているのは、軍事支出増大が政治権力仁とっての巨大利権を意味するからに他ならない。軍事支出における「価格」は市場価格ではない。人為的に決定される「法外価格」であって、その価格のかなりの部分が政治家への「キックバック資金」になる。だからこそ、利権政治勢力は軍事支出増大を追求するのである。

こうした邪(よこしま)な勢力が「平和と安定」を敵対視している。こうした本質を正確に理解せずに、トランプ大統領が主導する和平交渉の進展に対するメディアの攻撃的な姿勢を理解することはできない。主権者はメディアによる「印象操作」に誘導されてはならないのだ。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=336577

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

18. 前河[378] kU@JzQ 2018年6月20日 00:59:40 : AIIfKHKDEM : DjexWojT6rw[31]
なんだかやり合うだけ不毛なやり取りになりそうだから、何番かは言わないが、9条と拉致を強引に結びつける暴論言う奴が現れたな。

9条と拉致なんて無関係に決まってんだろ。

戦争出来る国の国民も拉致してる訳だから。これだけで、反論の余地がない。

拉致問題の最大の懸念は、政府の人権問題に対する鈍さと無責任さにつきる。。あれだけの数の

あれだけの数の行方不明者がいて、ずっと気付かずにいた。気付いてからも有効な策を講じず、事実上の容認・黙認と言われても仕方がない姿勢を続けた。

拉致が防げなかった最大の要因は、脇の甘さだ。公安でも何でもいいが、国を守る特別な情報機関が、目を光らせる必要があった。拉致など他国がするはずがないという根拠のない楽観主義。

軍隊や自衛隊など発想が違う。ガードする対象がまるで違うだろう。

日本政府のスパイなどに対する危機意識、無責任さが酷すぎる。

さらに、やる気がない。本気度が足りない。安倍の「北敵視一辺倒政策」が拉致被害者帰国を阻害してきたのは明らかだろう。ただ敵だ敵だと制裁してるだけど帰ってくるはずがない。バカ過ぎて怒りを覚えるな。

勿論、あんな国と仲良くしろとは言わないが、裏取引や経済支援を駆け引き材料にでもして、アメとムチでやるべきだったろう。

拉致被害者会に限っての帰国要請もおかしい。可能性のある被害者の数を調べ北に返還を要求。向こうは支援(金)が欲しいだろうからチャンスでもある。

誰が交渉しても何人かは帰って来るのではないか?問題は人数でしょう。


19. ボケ老人[3104] g3uDUJhWkGw 2018年6月20日 08:08:08 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[198]
>18.前河:拉致被害者会に限っての帰国要請もおかしい。可能性のある被害者の数を調べ北に返還を要求。向こうは支援(金)が欲しいだろうからチャンスでもある。

この通りなんです。
日本政府が北による拉致事件の全貌を把握することなく
小泉が政権浮揚の劇場設定をして見世物にしてしまったのです。

拉致被害者の人数も把握できずに北とどうしたら交渉できるのか
拉致被害者の中の声の大きいほうだけを取り上げて、政権浮揚の役に立たなければ、口先だけで実際の行動はせず放ったらかし。

竹島問題も同じです。
日本固有の領土などと口先だけで一切の行動(外交交渉)を取らない。
年に一度か月に一度か知らないがfaxを一枚送りつける
これが外交か?

『日本が納得する拉致問題の解決ができない限りびた一文資金援助しない』
これが唯一日本の取れる方策なのだ

米朝交渉など他国同士のことに過ぎない。
しかも、蚊帳の外に放っぽり出されて金だけ出せと恫喝されて
唯々諾々と従う安倍売国奴

北とのルートは北京大使館経由のfaxだけだと
ふざけるなと言いたい。

    

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

20. 前河[384] kU@JzQ 2018年6月21日 00:37:43 : EFZoSRsoM6 : @jzNEm14tc8[23]

ボケ老人さん、9条が拉致の原因になってるという意味不明コメへの論破お疲れ様です。

ただ、憲法の話を無理矢理にこじつけるコメは.他の板でも出てきているので、もしかしたら、今の憲法をけなせという指令がネトサポの上から出てる可能性がありますね。改憲につなげたいからでしょうが、ネトサポの低レベル論法だと逆効果の可能性が……w


言われたことは確かにその通りだと思います。

拉致の全貌は無視で、声の大きい順に取り戻し点数稼ぎなら、安倍のための交渉に過ぎない。こんなアホに引っ掛かって支持率が上がってるなら悲しい現状。引っ掛かるなよ浅い奴ら。

家族や関係者が事情(家族が亡くなられてる等)があって声を上げられない拉致被害者の家族もいるでしょうに、そっちは無視か?ならあまりに残酷、非人道主義。

国側がちゃんと調べろって話。

確かに小泉も上っ面イメージだけ気にし中味のない政治家。よく恥ずかしげもなく本なんて出せると思う。いきなりの無謀な規制緩和(規制緩和自体はいいが、やり方がマズイ)で、自殺者多数。彼に責任はあると思いますね。

竹島も私も変だなあってずっと思ってきた。解決する気がないように見える。働きかけをしてないですよね。faxですか?酷いな、投げてしまってるのも同然。外交努力しろよって話ですね。

ボケ老人さんが言われる様に、安倍は口先だけっていうのが最悪。

国を本当に守ると言うなら、日本の領海内の北のイカ釣り漁など、ほっとくはずがない。今は取り締まってるのか、今までかなりの期間は無視してましたからね。

しかも武装した船員もいたらしく、明らかな侵害行為。逮捕しなければならないのにこれを放置してきた責任は大きい。

何が改憲で日本を守るだ。現状、日本を守れてないだろこの政権は。

守る気がこんな国を守れていない無責任な奴に憲法改正などとんでもない。馬鹿に力を与えてはダメなのだよ。


家の門は開けっ放し、ドアの鍵も掛けない。そんな一軒家の庭に浸入したコソ泥を無視しながら、一家の主が家族に「いいかお前ら、怪しい奴が我が家を攻撃しそうなら、門の外であっても先に攻撃する様に我が家のルールを変えるぞ」と言ってるようなもの。間抜けで支離滅裂。これが今の安倍政権だろう。

北のパイプがないのも、拉致被害者の事を軽視してきた証拠。その気があれば裏ルートの二つや三つは出来てたはず。外交ないからルートないって、あまりにバカ過ぎでしょう。北のためでなく被害者のために無理矢理にでもルートは確保すべき。外交のいろはのいもわかってない

もう、身勝手さと青臭さでうんざりですね。


21. 前河[385] kU@JzQ 2018年6月21日 00:52:02 : EFZoSRsoM6 : @jzNEm14tc8[24]
20ですが、入力ミスで文章がおかしくなってしまった箇所があるので、そこだけ訂正します。すみませんでした。

>守る気がこんな国を守れていない無責任な奴に憲法改正などとんでもない。馬鹿に力を与えてはダメなのだよ。

これ酷いな。「こんな国」ではないですよ。安倍政策でなければ「いい国」なんで。訂正文は以下の通り。

>こんな「国を守れていない無責任な奴」に憲法改正などとんでもない。馬鹿に力を与えてはダメなのだよ。

でした。


22. 罵愚[6219] lGyL8A 2018年6月21日 05:21:31 : hSHzTJuc3o : CIATOpkDXl4[212]
 拉致事件は日本と呼ぶ主権国家の主権侵害の典型例だし、その原因の根底には欠陥憲法があるのは明白だろう。安倍政権の拉致解決への努力が、その結果はどうであれ、国民の「平和憲法は欠陥憲法」の認識を巻き起こす予想は、あるよ思うよ。
 自衛権は放棄しても、警察権だけで対応できたという詭弁は、戦後史のなかでは、もはや説得力をもたないと思うよ。パヨクの総連擁護は、もはや「朝鮮嫌い」を助長するし、改憲論議を加速させる事実に気づかないかなぁ?

23. ボケ老人[3109] g3uDUJhWkGw 2018年6月21日 08:36:38 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[203]
>22【罵愚】拉致事件は日本と呼ぶ主権国家の主権侵害の典型例だし、その原因の根底には欠陥憲法があるのは明白だろう。

明白などと実態の伴わない言葉でごまかすのはやめて
具体例を出したらどうかな
憲法の何が欠陥で、これがために、拉致被害に対応できない何が具体的にあったのか

拉致問題が解決しないのは
このスレの表題の如く、安倍に解決する気がないからだ。
付け加えると解決する気がなかったのは民社党も自社さ政権も同じだが。
日本国憲法とは何の関係もない。

『日本が納得する拉致問題の解決ができない限り、びた一文資金援助しない』
これが唯一日本の取れる方策なのだ。

        
    

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

24. 罵愚[6221] lGyL8A 2018年6月22日 11:34:09 : hSHzTJuc3o : CIATOpkDXl4[214]
 そりゃぁ、順序が逆だろう。自社さ政権だろうと、三バカ政権だろうと、安倍政権だろうと、やる気はあっても、自衛権を放棄した欠陥憲法の下では、外国船舶や領土に警察権を行使できないのは当然だろう。
 ボケ老内閣ならやるかね(笑)?

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK246掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK246掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK246掲示板  
次へ