★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK253 > 357.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中間選挙を前にマイケル・ムーア監督が日本の民主主義に警告!「安倍もトランプみたいにおかしくなっているのか」(リテラ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/357.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 06 日 22:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中間選挙を前にマイケル・ムーア監督が日本の民主主義に警告!「安倍もトランプみたいにおかしくなっているのか」
https://lite-ra.com/2018/11/post-4357.html
2018.11.06 マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感 リテラ

     
     『華氏119』公式サイトより


 日本時間で今晩から投票がはじまったアメリカの中間選挙。情勢分析では上院は与党・共和党が過半数を維持するという見方が強い一方、全議席が改選となる下院は野党・民主党が優勢と伝えられている。しかし、共和党も追い上げており、2016年11月9日にトランプが勝利した大統領選同様、最後まで予断を許さない状況だ。

 トランプ政権の今後を左右する重要な選挙。無論、これは日本にとっても他人事ではない。それは外交の問題だけではなく、トランプが民主主義を脅かす存在だからだ。

 その事実を突きつけたのが、現在、公開されている映画『華氏119』を監督したマイケル・ムーアだ。

 マイケル・ムーア監督は先週2日、『報道ステーション』(テレビ朝日)と『NEWS23』(TBS)のインタビューに応じ、「民主主義は崖っぷちだ。車のハンドルを握るのは常軌を逸した男だ。私たちは崖っぷちにいるんだ。中間選挙の結果は私の生涯でも最も重要なものになる」(『報ステ』)と発言。同時に、それがアメリカにかぎった問題ではないことを訴えた。

「これはアメリカだけに起きている問題じゃない。例えば日本人は、国が国家主義に乗っ取られることについて、どれくらい警戒しているかな? 21世紀型のファシズムが世界の至るところで台頭しているのは恐ろしいことだよね」(『NEWS23』より)

 21世紀型のファシズム──。『報ステ』のインタビューでは、富川悠太キャスターが極右のジャイル・ボルソナロ氏がブラジルの新大統領に選ばれたことなどを挙げて「世界でナショナリズムが台頭してきている」と述べたのだが、これに対してマイケル・ムーア監督は「君は『ナショナリズムの台頭』と言ったが、『ファシズムの台頭』なんだ」と指摘。こうつづけた。

「(これは)21世紀型のファシズムだ。21世紀の指導者は銃や収容所に頼ることなく“人を従わせる方法”を編み出した。テレビやプロパガンダを使うことでね。トランプの場合は“恐怖”を用いる。『移民が群れをなして国境を越えて来る』『私たちの生活を奪い、女性を襲う』。極めて不快で恥ずべきことだが何百万人が引っかかった。今でもね」

“我々の権利が脅かされている!”と喧伝しながら、排外主義を煽り、弱者の権利を奪ってきたトランプ。だが、この「21世紀型のファシズム」をトランプよりも先駆けて実践した者こそ安倍首相だ。

 近隣国の脅威をしきりにわめき立てて国民に恐怖感を焚きつけてきたことはもちろん、自分の子飼い議員や応援団員を総動員して中韓ヘイトや生活保護受給者へのバッシングを振りまき、いかなる問題も自己責任だと攻撃する不寛容な社会をつくり上げた。それこそが安倍首相がやってきたことだ。しかも、安倍首相は、たとえば杉田水脈議員による“生産性がない”発言などのように、思想を同じくする者を代弁者に引き立てることで責任追及が及ばない手段に出ている。自ら弱者攻撃を躊躇うことなくおこなうトランプ大統領とはここが大きく違う点であり、より狡猾なのだ。

 さらにマイケル・ムーア監督は、トランプ大統領について「私たちの大統領は『自分は法律より上位だ』と信じ、法律を嫌い、民主主義を嫌っている」(『報ステ』より)と語ったが、これもそっくりな話だ。そう、「私たちの総理大臣は『私は立法府の長』と信じ、憲法を嫌い、民主主義を嫌っている」と簡単に置き換えられる。

 つまり、マイケル・ムーア監督によるトランプ大統領の批判は、そのまま安倍首相や日本に置き換えて考えることができる。それくらい“狂った状況”だということだ。

■マイケル・ムーア「安倍もトランプみたいにおかしくなっているのかい?」

 実際、マイケル・ムーア監督は、トランプ大統領と安倍首相の関係について言及し、こうも語った。

「2人が一緒にいるときはいつも、トランプは『安倍(首相)がどれだけ俺のことを好きか見てみろ』って感じだ。彼は、トランプがいかれたやつだってことは分かってるんだよね?」
「トランプは彼が大好きなんだ。なぜなら、安倍(首相)はいつもトランプにニコニコして何か贈り物をしている。確認したいんだけど、彼もおかしくなってるのかい?ってこと。トランプにあれだけ構って……。もし安倍(首相)の態度を真に受けるなら、彼はトランプを称賛し、強い指導者として憧れているように見えるね」(『NEWS23』より)

 トランプに対して犬のように尻尾を振って、いつも貢ぎ物を怠らない。マイケル・ムーア監督が安倍首相に“まじかよ”という反応を見せるのも無理もない話だが、さらにこの国が「おかしくなっている」のは、その差別主義丸出しの「いかれた」トランプ大統領と「仲が良い」とアピールする安倍首相に、誰も何も突っ込まないどころか、「これで日米関係は安泰だ」「さすがは外交の安倍」などと評価する声が大きいことのほうだ。

 事実、『報ステ』のインタビューでは、「君たちの総理について教えてくれよ」「安倍総理はどうなんだ? 本当にトランプの友人なのかい?」と逆取材をするマイケル・ムーア監督に対し、富川キャスターは苦笑いを浮かべるだけだった。前述したように、現実的には「ファシズムの台頭」であるにもかかわらず、それを富川キャスターが「ナショナリズムの台頭」だと述べたように、アメリカとは違う“忖度”というどうしようもなさも日本には問題としてある。

 この、トランプと安倍というファシストをのさばらせてしまっているアメリカと日本の似た状況。一体、この最悪の事態をどう乗り切るべきなのか。マイケル・ムーア監督が『華氏119』のなかで訴えるのは、投票によって変えよう、ということだ。

 映画のなかでも言及されているが、2016年大統領選本選での投票数はヒラリーが6600万票を集めたものの、選挙人制度によって6300万票とヒラリーよりも得票が少なかったトランプが大統領になった。しかし、このとき棄権した人は、なんと1億人。つまり、“投票へ行かない1億人が本質的には最大政党”なのだ。

■マイケル・ムーア「投票率が低い日本やアメリカでは、民主主義は生き残れない」

 6300万人の投票で多くの人が望んでいない無茶苦茶な政策が推し進められてしまうアメリカの現実は、安保法制や共謀罪など国民の世論調査で大半が反対の意思を示しても強行採決され、国民の大半が納得していないと答えている森友・加計問題など疑惑の説明責任から逃げつづける日本の現実と軌を一にする。だからこそ、マイケル・ムーア監督は、日本にもこう呼びかける。

「テレビの前の人たちも『きっと良くなる』と願うだけだろう? でも希望だけでは何も実現しない。希望は行動ではない。必要なのは行動であり、みんながそれに加わることだ。投票率が低い日本やアメリカでは、民主主義は生き残れないよ」(『報ステ』より)

 絶望の淵に立たされているアメリカと日本。しかし、それでもアメリカはまだマシなのかもしれない、と思わされることがある。というのも、アメリカでは国民皆保険や教育無償化、銃規制の強化など社会主義的な政策に賛同する若者たちの動きが活発化し、草の根の運動を展開しているからだ。

 なかでも注目を浴びているのは、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏。彼女はプエルトリコ出身の母とサウスブロンクス出身の父をもつ、ヒスパニック系の候補。29歳の元ウェイターで、いまだ学生ローンを支払っているという政治経験のない“一般市民”だった。だが、2016年の大統領選挙の民主党予備選でヒラリー・クリントンと戦ったバーニー・サンダース候補の選挙スタッフとなり、今年6月、中間選挙に向けおこなわれた民主党予備選に出馬。民主党重鎮の現職下院議員を破るという快挙を果たし、一躍有名人となったのだ。

 アメリカの民主党はリベラルの政党と言われながらも、ヒラリーやオバマのように「中道」を打ち出してきた。しかし、そうやってエスタブリッシュメントに迎合するのではなく、弱者の暮らしに重きを置いた政策を掲げ無党派層の求心力を高めようという動きが、アメリカの民主党内部では起こりつづけ、実際に若者を惹きつけている。──これこそが、アメリカにはあって日本にはまだない動きだと言えるだろう。最大野党となった立憲民主党にしても、枝野幸男代表は自分たちを「リベラル」「弱者の味方」と宣言することもできず、逆に「真の保守」などと右傾化の風潮に媚を売っているありさまだ。

「実力者や独裁者が国を牛耳るのを、人は望むだろうか? 望むわけがない。これまでにない危険な時代だ。本当にそう思っている」(『報ステ』より)とマイケル・ムーア監督は言う。果たして、中間選挙でアメリカはどのようなジャッジを下すのか。あらゆる意味で日本の未来にかかわるこの選挙結果を注視したい。

(編集部)



















関連記事
「華氏119」が語りかける重い課題 ― 「民主主義は再生できるか」(澤藤統一郎の憲法日記)
http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/284.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 大慈大悲[176] keWOnJHllN8 2018年11月07日 00:12:42 : 85ELaYYcbE : SXcZ1wS6qfE[1] 報告
今日、アメリカの大統領が大手新聞の世論調査が捏造だとか、不正選挙(ILLEGAL VOTING)を厳罰にするとツイートしてる。

https://mobile.twitter.com/realDonaldTrump/status/1059470847751131138

こんなことを堂々とつぶやける状況に希望をもちたいです。

安倍とトランプ一緒にするなって。

ナショナリズムの台頭って、グローバル資本の台頭についても語ってくれよ。
報ステもリテラも半歩前とかも馬鹿じゃないの。

華氏119って911の暴露が含まれるマイケルムーアの命ごいかと思ったが違ったのか。それともなにか隠されてる?

2. 2018年11月07日 02:23:24 : rwgORSmgTI : ySbarMWNCPU[574] 報告
安倍晋三に関して

「・・・おかしくなっているのか」ではなく、「前からおかしいのだ!!!」

それが分かっていないマイケル・ムーア監督は大したことはない。

3. 2018年11月07日 06:30:01 : FziqEkusgw : AuiTAtsOKe4[3] 報告
 1氏も2氏も、「華氏119」を観ましたか?

 阿修羅にあった別の「華氏119」の投稿に絡んで、かの罵愚氏とわたしはやり合ったが、やり取りの中で、あ〜だこ〜だ述べていた罵愚氏がこの映画を観ていないことが分かって、論戦もどきは尻すぼみで終わった。

 川端康成にしても村上春樹にしても、彼らの著作を読んでみないと論じ合うことはできない。「華氏119」もそう。

 この投稿記事でもわかるように、トランプの出現による「21世のファシズム」が驚くほどいまの日本に似ていることが分かる。日本同様、選挙に行かないアメリカ人が多いのには驚きだったが…。

 もし、まだ観ていないのだったら、鑑賞をお奨めする。報道ステーションの富川もムーア監督のインタビュー前にこの映画を観ていたのかどうか?

4. 2018年11月07日 07:58:48 : gvlgytUDHo : uYXOujKeYWg[1] 報告
>3

いや、マイケル・ムーアも反骨っぽいポーズを採っているけれど、映画も全て信じるのは疑問があると思う。

選挙に行かないアメリカ人が多いというけれど、それじゃ、大統領選ではヒラリー婆が勝っていたという事になる。低投票率が組織票で下回る=限りなくクロに近い不正 というものになりはしないか?

マイケル・ムーアだって世界的映画人として生きるには、ある程度おべっかとか、取引はしてると思う。ハリウッド俳優達は、アメリカ支配層によって出世させられたのが多いので、トランプ批判が多いのはその為で、そうやってガス抜きか、支配層の宣伝マンに扱われている。

多少は参照にしても、ムーアよりも信じるべき著名人はいるのではないか。

5. 2018年11月07日 08:03:16 : gvlgytUDHo : uYXOujKeYWg[2] 報告
マイケル・ムーアはこういうものを取り上げたらどうか? http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/366.html

だから、ガス抜き役でしかないと思う。

6. 2018年11月07日 08:57:56 : FziqEkusgw : AuiTAtsOKe4[7] 報告
 4氏へ。3です。

 確かにそう。本にしろ、映画にしろ、綴られたもの、描かれたものをすべて信じてしまう必要はない。何割かは信じ、何割かは疑い、自分でも調べ、自分なりの考えを導き出すのが大切。
 こうした指摘、うれしく思います。

 あなたが言われる通り、トランプが勝っていなければ、ヒラリーが大統領になっていた。ヒラリーが勝っていれば、ムーアはまた違った映画を作っていたかもしれない。いや、既に「華氏119」でも、ムーアはトランプに対するよりも、クリントン夫妻(もちろんヒラリーを含む)、オバマに対する批判も描いていたと言っていい。
 それがトランプの出現を許した。

 「リベラル」に括られていても、ウォール街に緊密で、格差社会における1%の部類に入る“ブルジョア・リベラル”に対するアメリカ国民の反発も、ムーアは言いたかったのだと思う。クリントン夫妻はまさにそれを象徴するエスタブリッシュメント。選挙で棄権した1億人すべてが、だからヒラリーに反発したというわけではないにしても…。
 ムーアが望んだのはサンダースだったのでしょう。

 こんな映画を観ながら、翻っていまの日本はどうなのだろうと考える時間にしたらいいと思うのですが…。

7. 2018年11月07日 10:40:19 : gEvvBXP04Q : _dq4J4lMe5Y[1] 報告
トランプ氏は真正国士にして正統な意味での国民保守政治家でしょう。

腐敗臭撒き散らしての何十周遅れのグローバリスト、純度120%の売国買弁
の鼠輩、ゲリチョンとは立脚点が真逆過ぎですわ。

その辺りが見えないところ、ムーア監督も相当ヤキが回ってますわ。

8. 2018年11月07日 10:48:05 : TEP0lrfN2c : sM0qsxBZlcY[1] 報告
「不満を言うだけでは世界は変わらない」池上彰氏が語るアメリカ政治のうねり〜映画『華氏119』インタビュー〜 (1/2)
https://blogos.com/article/335859/
9. 2018年11月07日 12:30:33 : PlotaAJEMw : XGJDAdI07m8[8] 報告
今度から、マイケル・ムーアの事を「アメリカの天木直人」と呼んでもイイですか?

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。
10. 2018年11月07日 13:40:16 : u6MRNLG24Y : Gd2oPZtHuH8[6] 報告
大マスコミもトランプ憎し一色で凄いよな。
そして、阿修羅掲示板ですら大マスコミに同調してトランプ憎し一色。
改めて大マスコミの影響は半端ないわ。
11. 2018年11月07日 15:56:54 : RLRvWaOozg : zdJmYNDwZWs[149] 報告
Qanonのネトウヨ工作員がマルチアカウントで涌いている。いつもの不正選挙虫のクズだろう。
12. 2018年11月07日 15:58:57 : FziqEkusgw : AuiTAtsOKe4[10] 報告
 大マスコミもトランプ憎し一色ですか?

 ネットのニュースでどこか(共同通信だったかな)が「共和党、上院勝利」なんてとんでもない見出しを付けていたが、「共和党大敗北」でしょう。
 上院の改選議席数35のうち、たった8か9しか獲得できなかったのだから。
 非改選分の“貯金”があって、共和党は上院の過半数を辛うじて確保した格好になったが、これで「上院勝利」なの? 35分の8か9だよ、獲得できたの。

 で、下院の方は完敗。民主党が8年ぶりに過半数確保。

 日本のメディアがトランプ憎し一色だったら、「共和党、大敗北」とか「トランプに打撃」って、トランプたたきの見出しがもっと躍るでしょうに。

 トランプにのめりこむ安倍に忖度しているんじゃないの、日本のメディアは。

13. 2018年11月07日 17:41:16 : EVbcd1k4rE : 0Epjc85n3gY[8] 報告

ムーアは、ISILを作ったのがオバマとヒラリーだってことを知らんのかね? それと、
ISのバグとお友達のマケ犬は脳腫瘍で死んだとされているけど、刑死したとの情報もある。
ホントはどうなのか、調べてみたら?

>「イスラム国を作ったクリントンとオバマ!」トランプ次期大統領
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a6c13c0400dab84d67f6313f4a3daf21
>ISISのボスはモサドのエージェント 〜マケインとバグちゃんはお友達!
http://ameblo.jp/002ameblo/entry-11913964100.html
_______________________________________

加えて、殺人鬼のヒラリーが予備選のインチキでサンダースを破ったこと、本選でもインチキで大統領になろうとしたことを知らんのかね。軍産の手下である嘘メディアの捏造支持率をもとに、票を盗んで大統領になるのがアメリカの民主主義だとでも言うのかい? アホちゃう? そんなことより、クリントン邸の殺人事件、ウラニウム・ワン売却事件でも調べておくれ!

取りあえずムーアは、満場の聴衆で溢れていたトランプ大統領就任式を見るべきだ。
そしてブッシュ政権時、米軍がイラクに投下した劣化ウラン弾による惨状を取材すべきだろうさ。
でもって、金づるのソロスから距離を置き、オリバーストーンに学ぶべきだろう。健闘を祈る!

_______________________________________

>サンダースの集会__数千人の聴衆で溢れんばかり。 
https://www.commondreams.org/sites/default/files/sanders-portland-3562.jpg
>ヒラリーの集会__すごい!100人位は、いるかも?http://www.afpbb.com/articles/-/3078544
>屋外競技場(?)のトランプ(数万人) VS 小さな集会所のヒラリー(100人?)
https://twitter.com/trump2016donald/status/646456684106391554
>【 爆笑!!! 】親玉の不正選挙が失敗しました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51996114.html
テネシー州のローカルTV局が大統領選の結果をうっかり映してしまいました!

>クリントン・エステートは正式に犯罪現場である・・・!
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/7c7be1cfd939f105f06ba350d6c85db1

>ドナルド・トランプ新米大統領の就任演説__嘘メディの報道と異なり、超満員!
http://lovetrumpjapan.oops.jp/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e5%b0%b1%e4%bb%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac/

>響堂雪乃 著「略奪者のロジック」第6章 戦争・・・イラク戦争とは何だったのか?
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/182.html#c23〜24
>ファルージャ総攻撃の記録
http://www10.plala.or.jp/shosuzki/edit/neareast/iraq/falluja/fallujanews.htm
>ひどすぎる兵器「白リン弾」https://matome.naver.jp/odai/2138120566200481201
________________________________________

14. 2018年11月07日 17:50:46 : EVbcd1k4rE : 0Epjc85n3gY[9] 報告
>>11

○国家は、あらゆる立派な職業から弾き出された屑(クズ)によって統治されている。
ジョルジュ・デュアメル(フランスの作家)

クズ総理の応援団方ですか? 
クズ総理がインチキ選挙のニセ総理ではないという根拠をお示しください。

>あまりにも対照的な、枝野コールと逃げ回る国難のアベ: https://imgur.com/a/99SNP
・民衆は怒りに燃え、枝野コールの渦。まさに、チャウシェスク政権崩壊の革命前夜!
・あまりにも寂しい街外れ・田園を背景に懲りずウソ吐く国難デンデン。逃亡先を物色中!

15. 新共産主義クラブ[-3222] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年11月07日 18:29:14 : LxS3t93X1U : aZG2kYJTIIc[16] 報告
 
 リチャード・コシミズは、創価学会が、選挙での創価学会員への締め付けで、投票用紙をスマホで撮影させて提出させる行為をカモフラージュして正当化させるために、不正選挙論を展開していたのだと思う。
 
 「日刊ゲンダイ」が創価学会の投票用紙の“証拠写メ”強制を報じた直後に、リチャート・コシミズは wordpress 上のプログを閉鎖していることとも整合する。
 
 リチャード・コシミズのブログが、創価学会の投票用紙の“証拠写メ”強制の証拠とされることを避けようとしたのではないか。
  
 
◆ 投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ(日刊ゲンダイ) 
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 26 日 11:40:55
http://www.asyura2.com/18/senkyo251/msg/335.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去の多重コメント、場違いコメント多数でアラシ認定。
16. 2018年11月07日 19:15:45 : o4ZxWSpuaU : GJN2zyS682U[68] 報告
トランプの 遥か上行く 安倍こそが
17. 2018年11月07日 20:41:39 : IRy10PDeCM : nwNA9wApMtY[1] 報告
トランプの為に実験アベ総理。

でしょ。

日本で試してるんじゃない?

18. 2018年11月08日 13:44:37 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[36] 報告
アメリカで台頭する「民主社会主義」 中間選挙への影響を
危惧する反トランプ派 Text by 相馬佳
https://newsphere.jp/politics/20180724-3/

このような白人福音派に加担するかのような
記事を載せておいてどの口が言うという感じだよな

>アメリカでは最近、このように一部の白人が
>何の理由もなく黒人を警察に通報する事件が
>頻発している。そのたびに私たちは人種差別が
>また堂々とまかり通る世の中になってきている
>現実を突きつけられるのである。
https://newsphere.jp/national/20180813-3/

もし中間選挙で民主党が勝利したら、
一番困るのは民主党かもしれない 渡辺将人
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58275

19. 2018年11月08日 13:52:19 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[37] 報告
>だが、アフリカ系、女性、LGBTなどの有権者の「反トランプ」が
>何より頼りだ。支持基盤の怒りを受け止めてあげれば彼らの票は
>獲得しやすい。しかし、そうした勝ち方をすればするほど、
>各集団は見返りを求め、公共の利益を目指す
>「市民の連帯」から遠ざかる。

北海道大学准教授の渡辺将人が言う「公共の利益」とは
何だろうか。カショギ事件で武器取引を優先して
事件を強引に収束させることか。
「他に優先することはあるだろう?」そう言いたいのか。

20. 2018年11月08日 14:04:06 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[38] 報告
>>8
逆に言えばアメリカは直ぐに行動を起こすからこそ
「問題が先鋭化」するとも言えるだろう。
トランプ派ガー、社会主義者ガー、富裕層ガー、
中間層ガー、下層ガー、ではない。

一度「深呼吸をする」之だけで
充分なのにな。

21. 2018年11月08日 14:16:48 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[39] 報告
>不満を言うだけでは世界は変わらない

日本で支配しているのは「空気」。掴み処のない空気。
アメリカはそうではなくて主張が全面に出る。
「分断社会」という言葉はアメリカメディアで
頻繁に使われており共和・民主両党の議員も使って
止まない言葉だがこれはつまり主張が全面に
出る為に「各々の世界」が異なるということ。
壁が築かれるようなものと同義であり
他方で日本は場の空気で何とか
一つの世界を演出している。

池上は煽るが上記を理解しているとは思えない。

22. 2018年11月08日 14:23:46 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[40] 報告
両者共に全く相容れない存在で隠すこともしないから
暴動にも直ぐに発展する。アメリカは直情的な
ヤンキー国家な側面を多分に持っている。
これだけは確かである。
23. 2018年11月08日 14:31:49 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[41] 報告
主張が強ければ強いほど他と交われなくなる。
アメリカだと殺人に発展するのも日常茶飯事。
当然トランプもとい大統領も事件を非難するが
メディアからは又は最近だとユダヤ人団体から
「扇動してきたトランプに責任がある」と
責め立てられている。

「裁判長」が存在しないのだよな。

「俺が法律で俺が裁判長だ」これが最も端的に
表れているのがブッシュ・ジュニアでありトランプ。

24. 2018年11月08日 14:37:58 : bCmXUtJugA : UHZwc5sJE_M[42] 報告
そう日本は空気で支配されているからこそ
自民党支配がまるで何処かの共産国家みたく続いたのだろう。
閉鎖性・多様性というのは一長一短。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK253掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK253掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK253掲示板  
次へ