★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 472.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東電刑事裁判 旧経営陣に禁錮5年を求刑 指定弁護士 「何ら対策を講じなかった責任は極めて重い」と指摘 
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/472.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 26 日 19:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


東電刑事裁判 旧経営陣に禁錮5年を求刑 指定弁護士
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760511000.html
2018年12月26日 18時18分 NHK



福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、検察官役の指定弁護士が最終的な意見を述べる論告が行われ、「最高経営層にもかかわらず、何ら対策を講じなかった責任は極めて重い」と指摘し、3人に禁錮5年を求刑しました。



東京電力の元会長の勝俣恒久被告(78)、元副社長の武黒一郎被告(72)、元副社長の武藤栄被告(68)の旧経営陣3人は、原発事故をめぐって検察審査会の議決によって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴され、いずれも無罪を主張しています。

東京地方裁判所で開かれた26日の審理では、検察官役の指定弁護士が最終的な意見を述べる論告が行われました。

指定弁護士はまず、これまでの3人の主張について、「巨大な津波が到達するという計算結果に接していたのに、みずから情報収集することなく、『部下が報告してこなかった』と主張していて、責任を転嫁している」と指摘しました。

そのうえで、事故の3年前から2年前にかけて部下からの報告や会議で、巨大な津波が到達するという計算結果の報告を受けた段階で、津波の到達を予測でき、原発の運転を止める義務があったと主張しました。

そして、「漫然と運転を続けた結果、事故を引き起こした。万が一にもあってはならない事故を起こし、最高経営層にもかかわらず、何ら対策を取らなかった責任は極めて重い」と指摘し、3人に禁錮5年を求刑しました。

業務上過失致死傷の罪の禁錮刑としては、法律で定められた上限にあたります。

裁判は27日も開かれ、被害者の遺族の弁護士が意見を述べる予定です。

また、旧経営陣3人の弁護士らによる最終弁論は、来年3月に行われることになっています。

旧経営陣3人は無罪主張

旧経営陣の3人は10月に行われた被告人質問などで、いずれも無罪を主張しています。

武藤副社長の主張

このうち、武藤栄元副社長(68)は、事故の3年前の平成20年6月に、国の地震調査研究推進本部がまとめた津波についての見解「長期評価」に基づき、原発の敷地の高さを超える最大15.7メートルの津波が原発に到達するという内部の計算結果がまとまったことについて、部下から報告を受けたと認めています。

一方、その報告から1か月余り後に、専門家で作る土木学会にさらなる検討を依頼するよう指示したことについて、検察官役の指定弁護士から「津波対策を先送りにした」と指摘されています。

こうした指摘について、武藤元副社長は「長期評価の信頼性は専門家でも意見がばらつき、報告した担当者から信頼性がないと説明を受けた。土木学会にもう一度依頼することはごく自然であり、ほかの選択肢はない」としたうえで、「社内でわからないことは専門家の意見を聞くという手順を踏んで経営判断することが適切で、先送りと言われることは大変心外だ」と主張しています。

そのうえで、当時の国の長期評価は従来の研究を覆す新しい成果にあたるような信頼性のあるものではなく、巨大な津波は予測できなかったとして無罪を主張しています。

武黒副社長の主張

武黒一郎元副社長(72)は、検察官役の指定弁護士から最大15.7メートルの津波が到達するという計算結果について、事故の3年前の平成20年8月に武藤元副社長から報告を受けたと指摘されていることに対し、「報告を受けた記憶はない」と主張しています。

そして、「初めて報告を受けたのは平成21年の4月か5月ごろに別の部下から聞いた時で、『計算結果はあてにならずわからないことが多い』と説明を受けた。専門家に検討を依頼するのは当たり前だと思った」と述べています。

そのうえで、津波を予測して原発を止めるのは不可能を強いることだとして無罪を主張しています。

勝俣元会長の主張

勝俣恒久元会長(78)は、平成21年2月に開かれた社内の「御前会議」と呼ばれる会議で、元幹部から巨大な津波が押し寄せる可能性について報告を受けたと、検察官役の指定弁護士から指摘されています。

これに対し、勝俣元会長は被告人質問の中で、「元幹部の発言のトーンは非常に懐疑的に聞こえた。安全対策は社内の担当部署でしっかりやっていると考えていて、対策に疑義をはさむ状況ではなかった」と述べ、津波の到達は予測できなかったと主張しています。

そのうえで、「一義的には社内の原子力・立地本部でやっていくことが重要だと考えます」と述べ、業務上の決定権限がなかったとして、無罪を主張しています。

「事案の重さ反映した求刑」被害者遺族の代理人

裁判のあと記者会見した被害者遺族の代理人の海渡雄一弁護士は検察官役の指定弁護士による禁錮5年の求刑について、「同種の事案の中ではもっとも重い刑を求刑したという意味だと思う。法律家としては妥当なもので事案の重さを反映していると思う」と述べました。

また、26日の論告で、最高経営層だった3人は原発の敷地を超える高さの津波が到達する可能性があるという重要な情報の報告を受けた際にさらに情報を収集して対応すべきだったとして「情報収集義務」があったと指摘したことについて、強制起訴を議決した検察審査会に申し立てた住民の代理人の河合弘之弁護士はこの指摘を評価しました。

そのうえで、「たとえ会社の規定で責任者が部下だったとしても、経営者には、聞き捨ててはいけないことがあるということだと思う。これまでの大規模な事故では、会社の経営層はそんなことは分からないと逃げるのが常とう手段で、わからなければしかたないとして無罪になったり情状酌量されたりする例が多かったが、何かきっかけがあれば、さらにつっこんで聞く義務があるということになり、これが認められれば、大規模な組織での経営者の責任を追及しやすくなるだろう」と話しています。



東電元会長・勝俣恒久被告らに禁錮5年を求刑
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181226-00000032-ann-soci
12/26(水) 17:16配信 ANN



 東京電力の旧経営陣を巡る刑事裁判で、26日午後に検察官役の指定弁護士が禁錮5年を求刑しました。

 (社会部・古賀康之記者報告)
 指定弁護士が勝俣恒久被告ら3人に禁錮5年を求刑しました。その瞬間、3人は背筋を伸ばして厳しい表情で聞いていました。業務上過失致死傷の罪に問われた勝俣被告ら3人の有罪立証に向けて、指定弁護士はまず「情報収集義務」が3人にあったことを述べました。2007年以降、津波対策を行う部署が福島第一原発の敷地を超える津波がくることを想定し、勝俣被告らが出席する会議で随時、報告していたと述べて予見可能性があったと主張しました。さらに、「多重に対策が取ることができ、対策が完了するまでは原発の運転を停止する義務があった」と語気を強めて主張しました。そのうえで、勝俣被告ら3人に禁錮5年を求刑しました。この論告に対する弁護側の最終弁論は来年3月に行われ、これをもってこの裁判は結審する予定です。


























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[2408] kNSCqYLU 2018年12月26日 19:46:04 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[874] 報告

東電旧経営陣に禁錮5年を求刑 原発事故の強制起訴裁判
https://digital.asahi.com/articles/ASLDV42JZLDVUTIL00J.html?iref=comtop_8_05
2018年12月26日17時18分 朝日新聞


東京地裁

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の第35回公判が26日、東京地裁であり、検察官役の指定弁護士が論告求刑を行った。指定弁護士は「巨大津波の襲来を予見できたのに情報収集義務を怠り、何ら措置を講ぜずに漫然と運転を継続した過失がある」と述べ、元会長・勝俣恒久(78)、元副社長・武黒(たけくろ)一郎(72)、元副社長・武藤栄(68)の3被告にそれぞれ禁錮5年を求刑した。

 指定弁護士は論告で、最高経営層だった3人には極めて高度な注意義務があり、津波に関する報告があれば積極的に情報を集めるべきだったと指摘。2008年に国の地震予測「長期評価」に基づく津波対策をいったん了承しながら、津波予測が主要施設の敷地の高さ(10メートル)を超える「最大15・7メートル」になると聞いて「対策を先送りした」などと批判した。

 起訴状によると、3人は原発の敷地を超える高さの津波が起きる可能性を予測できたのに安全対策を怠り、11年3月の東日本大震災に伴う原発事故で、避難を余儀なくされた双葉病院(福島県大熊町)の入院患者ら44人を死亡させるなどしたとされる。(阿部峻介)













2. 赤かぶ[2409] kNSCqYLU 2018年12月26日 20:00:40 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[875] 報告


3. 2018年12月26日 22:20:13 : WRWvZr5gi6 : @X44Br45lG4[123] 報告
最低で無期懲役が相当。東日本の放射能汚染は300年以上続く。
4. 赤かぶ[2410] kNSCqYLU 2018年12月27日 01:11:34 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[876] 報告





5. 赤かぶ[2411] kNSCqYLU 2018年12月27日 01:25:34 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[877] 報告





6. 2018年12月27日 06:36:54 : IwwGhQiSl6 : Wya9xGoTVvg[68] 報告
無期懲役が妥当、国権が彼らを守っているのは許せない。もちろん財産も全部没収だ。
7. 2018年12月27日 07:53:55 : l8Cr0Ctak2 : Aldptgp2Iuc[2] 報告
東電の存続、福一爆発に投入した
国費の回収も絡んでくる裁判に!。
8. 2018年12月27日 09:16:55 : JIY1sdNlGo : co7U_wqZ@s0[182] 報告
今の経営者も原発再稼働に反対する人をデマにより弾圧している。裁判官も同様に再稼働に賛成だ。一部の弁護士以外はまだ腐った主張をしている。

日本の原子力村はまだ狂ったままだ。

9. 赤かぶ[2414] kNSCqYLU 2018年12月27日 11:04:08 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[880] 報告




東電3被告 禁錮5年求刑

強制起訴裁判 「原発 漫然と運転継続」

東京地裁

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-27/2018122701_02_1.html
2018年12月27日 しんぶん赤旗

 東京電力福島第1原発事故をめぐって、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の旧経営陣3人の第35回公判が26日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれ、検察官役の指定弁護士は「津波対策を完了するまで、原発の運転を停止する義務があったのに、漫然と運転継続した」として、勝俣恒久元会長(78)、武黒一郎元副社長(72)、武藤栄元副社長(68)に、いずれも禁錮5年を求刑しました。

 論告で指定弁護士は、2002年7月に公表された国の地震予測「長期評価」について「科学的な裏づけがあり、信頼性が高かった」と指摘しました。これに基づいて東電が08年3月に、福島第1原発に最大15・7メートルの津波が襲来するとの計算結果を得て、社内の担当グループは津波対策を検討していたと強調。当時、原子力・立地本部副本部長だった武藤被告は同年7月末、担当グループが津波対策を進言したのに、対策を先送りする誤った指示をしたと述べました。

 翌09年4〜5月には本部長だった武黒被告も「15・7メートル」の説明を受け、勝俣被告も09年2月の「御前会議」で「14メートル程度の津波」について知っていたと主張。「敷地を超える津波を予見できたし、事故の発生を予見できた」と述べました。

 指定弁護士は、3被告は最高経営層であり、万が一にも事故を起こさない義務があったとして、「情報収集義務」があったのに怠ったなどと過失を主張しました。

 起訴状では、3人は大津波による原発事故を予見できたのに漫然と原発の運転を継続し、長時間の避難を余儀なくさせた双葉病院(福島県大熊町)の患者ら44人を死亡させたとしています。これまでの公判で、3被告側は無罪を主張しています。










10. 2018年12月27日 19:22:36 : UPaJl6yzxQ : Sabv9K00ubk[103] 報告
●東電らしく電気椅子に座らせろ
【東京地裁】東電原発事故裁判、勝俣元会長ら3人に禁錮5年求刑 傍聴席から「勝俣、寝るな!!」のヤジも
http://my.shadowcity.jp/2018/12/post-14525.html

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ